終身保険 契約者変更。 生命保険の契約者を名義変更した場合の税務

法人で契約した保険契約を代表者などの個人に名義変更した場合

終身保険 契約者変更

終身保険に子供名義に途中で変更することで税金対策になる、といったことを聞いたことがある方もいらっしゃると思います。 終身保険とは、被保険者が死亡または高度障害状態になったときに決められていた受取人が保険金を受け取れる保険で、満期がない、つまり一生涯保障される死亡保険です。 さらに、終身保険は解約時に、解約返戻金を受け取れます。 多くの場合、短期払いや一時払いで保険料の払込を満了した以降に、解約すると、今まで支払った保険料総額よりも大きな金額が解約返戻金として受け取れます。 そんな終身保険ですが、子供名義に途中で変更することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。 実は、 相続税対策に繋がるのです。 この記事では、どうして子供名義に変更することが相続税対策や贈与税対策につながるのかについて説明します。 ぜひ最後までご覧ください。 契約者を子供名義にしても、子供が保険料を支払えないのでは?と疑問に思う方も、なかにはいらっしゃるかもしれませんが、契約者と保険料負担者は必ずしも一致する必要はありませんので、契約者は子供で、保険料負担者は親という契約形態は認められています。 なお、終身保険の場合、被保険者と受取人を同一人物にすることはできません。 なぜなら、被保険者が死亡した場合に受取人が死亡保険金を受け取ることになるからです。 子供名義の終身保険としてよくある契約形態が、• 「保険料負担者:親、契約者:子、被保険者:子、受取人:子の妻など」• 「保険料負担者:親、契約者:子、被保険者:親、受取人:子」 二つ目の契約形態の場合は、どのようなメリットがあるかわかりやすいかと思います。 それは親が保険料を支払いながらも、被保険者である親が亡くなった時に、受取人である子供が死亡保険金を受け取れるというメリットです。 この記事では、1のケースを取り上げます。 具体的には、 「契約者:親、被保険者:子、受取人:親」の終身保険に対して、保険料の払込完了後に契約者を途中で子供名義に変更する、つまり「契約者:子、被保険者:子、受取人:子の妻など」に変更することで、相続税対策となる仕組みを解説します。 ぜひ最後までご覧ください。 親が終身保険の保険料を短期払いにして、払込完了後に子供に契約者変更すると、どうなるでしょう。 子供にとっては親から死亡保障をプレゼントされたことになります。 それだけではありません。 もし、 子供がその契約を解約した場合に、解約返戻金としてお金が受け取れるのです。 しかし、このまま何も考えずに、解約した場合は、贈与税がかかってしまいます。 というのも、親が支払っていた保険料の分の解約返戻金(親が払込満了している場合は全額)には、贈与税扱いとなるからです。 そこで、複数の終身保険を利用すれば、贈与税がかからないようにする裏技もあります。 贈与税は110万円までは基礎控除があり、贈与税がかかりません。 そこで解約返戻金が110万円以下の終身保険に 複数加入し、それぞれ全て子供名義に変更するのです。 こうすることで、子供は1年間のうちに解約返戻金が110万円超えない形で、一部の終身保険を解約していくことで、贈与税がかからずにお金を受け取れます。 一種の贈与税対策となるのです。

次の

終身保険で契約者変更したら贈与税はかかる?

終身保険 契約者変更

<目次>• 終身保険の保障(保険)期間 保障される期間は、終身という言葉が表す通り一生涯です。 被保険者が死亡するまでです。 すなわち、途中で解約しなければ一生涯保障されます。 終身保険の保障内容 終身保険は、死亡時および所定の高度障害状態になった時に保険金が支払われ、それ以外の保障が必要な場合は特約を追加します。 以前は、終身保険が主な契約(=主契約)で、その他、短期間大きな保障を確保するための定期保険特約、入院時に給付金が支払われる入院特約などがつくタイプが販売されていました。 しかし、これはあくまで特約であり、終身保険の保障は死亡および高度障害のみです。 補足ですが、現時点で定期保険特約や入院特約をはじめ様々な特約がついている保険に加入している場合は、確認が必要です。 現在は、定期保険や入院をカバーする医療保険に関しては、別々に契約するのが一般的です。 保障内容も大きく変更され、保険料も安くなる傾向にあります。 以前の保険では、終身保険の保険料払込期間である60歳、65歳で定期保険特約が終了してしまうのが一般的でした。 入院の保障は特約の場合、おおむねどの会社の商品も80歳まで継続できますが、「終身保険の保険料払込期間終了時に、それ以降の保険料を一括で支払う必要がある」などの条件がつく場合もありました。 定期保険(収入保障保険等も含む)や入院の保険(医療保険、がん保険等)については再度確認し、自分の希望にあった物を選んで下さい。 単体の定期保険なら70歳や80歳でも加入できる商品もあります。 「終身」と名前があっても、保険料のほとんどが掛け捨てで短期の、解約返戻金の無い保険に充てられてしまっているケースがあります。 終身保険の保険料の払い方 終身保険の保険料の払い方は、保険期間が長いこともあり、いくつか用意されています。 一度に支払ってしまう「一時払い」、「月払い」、「年払い」、そして契約する側から見れば一時払いと同じように感じるかもしれませんが、「全期前納払い」があります。 全期前納払いとは、一生涯保障を継続するために必要な保険料を、年払いなり月払いの保険料の「全期間の保険料」をあらかじめ保険会社に預けてしまい、保険会社が毎月、毎年、保険料に充ててくれるという払い方です。 したがって、死亡時や高度障害時に受け取る場合は、保険金に加えて未経過期間の保険料も戻ってきます。 これが一時払いとの大きな違いです。 保険料の払込期間が設定できる 一生涯保障が続く終身保険ですが、保険料は短い期間で支払え、任意に払い込みの期間が設定できるのです。 保険期間より短く払う短期払いは、10年、15年、20年、もしくは60歳まで、65歳までといった形で設定できるようになっています。 ただし、いずれも保険会社によっては細かく設定できない場合がありますので、確認が必要です。 終身保険の解約返戻金はどれくらい? 終身保険は、解約すると支払った保険料が戻ってきます。 保険会社、契約時の年齢や性別などによって異なりますが、多くの場合、短期払いや一時払いで保険料の支払いが終われば、支払った保険料の総額に近い、もしくはそれよりも多い解約返戻金を受け取ることができます。 そして、以後解約返戻金は解約しない限り、増え続けます。 保険料払い込み期間中に解約した場合は、解約返戻金が支払った保険料を下回る可能性が大きいと覚えておいてください。 終身保険は教育資金の準備にも使える 終身保険は、学資保険と同様、教育資金の準備方法としても利用できます。 学資保険の機能は、教育資金を貯めることに加え、親に万一のことがあった場合、保険料が免除となり満期保険金が保険期間満了時に支払われるというもの。 現在、多くの人が学資保険でお子さんの教育資金を作っています。 そこで、学資保険の代わりに終身保険の貯蓄性を使うと、同じような効果が得られます。 被保険者は、父親で契約します。 終身保険の払込期間は10年、15年といった短い期間で設定できるので(保険会社によって払込期間は異なります)、お子さんの卒業・入学を想定して、払込期間が終了する年数で設定すれば、支払った保険料以上の解約返戻金が受け取れます。 もし、親に万一のことがあった場合も、一般的な学資保険に比べて大きな保障が得られるのも魅力の一つといえます。 老後の生活資金の準備にも 勢いが止まらない少子高齢化により、日本の公的年金制度は数十年後に限界がくると考えている方は少なくありません。 公的年金に頼れないとなると、自助努力で老後の生活資金を準備する必要があります。 まだ、20代、30代の方には老後の生活資金などピンと来ないかもしれませんが、40代、50代にくらべ、公的年金がより厳しくなるのは間違いありません。 しかし、20代、30代には時間があります。 時間を味方にすることにより、多くの老後の生活資金を作ることができます。 終身保険は老後の生活資金の準備としても利用することが可能です。 投資信託などの運用手段にくらべて、お金を殖やすという点では劣りますが、リスクをとった運用には抵抗があるという方、普通預金や定期預金は利回りが低いけれど、他に方法が思いつかないという方には、一考の価値があるでしょう。 預金と異なり、死亡保障がついている。 そして、預金と異なり、お金を使う場合は、契約者貸し付けや解約といった手続きが必要となるため、使いにくいという心理的な効果もあります。 解約してお金を受け取ってしまえば、死亡保障も同時になくなるため、これもブレーキになるでしょう。 結果として長期間でお金を貯めるには好都合な特徴を持っています。 終身保険のデメリットは? もちろん、デメリットもあります。 払込期間が終わる前に中途解約すると、支払った保険料よりも解約返戻金が少なくなってしまいます。 終身保険を使った資産形成のデメリットは、この点につきます。 払込期間が終わるまで払い続けられる額の保険料で加入するようにしましょう。 契約者貸付制度も これは終身保険に限ったことではありませんが、終身保険のように、解約返戻金のある保険には、解約返戻金の範囲で一定の金額まで契約者が保険会社からお金を借りることが可能です。 解約とは異なり、借入利息2~4%(保険会社や金融情勢によって異なります)さえ支払えば、契約内容は変更せず死亡保障もそのままにお金が借りられます。 急な出費等にも対応できます。 ただし、決して低くない金利です。 長期間返済できなければ契約内容を見直した方がよい場合もあるので、注意してください。 生命保険は目的を明確にして加入する 終身保険だけではなく、全ての金融商品にも言えることですが、終身保険を利用する際は目的を明確にすることです。 終身保険は他の金融商品にはない機能があります。 家族に対する保障なのか、相続対策に利用するのか、資産運用の一つと考えるのか、検討した上で加入することで、終身保険の持つメリットが十分に生かされるでしょう。 【関連記事】•

次の

父が契約した保険、契約者を自分に変更したい

終身保険 契約者変更

生命保険に関して まだまだ分からないことも多い中、死亡保障の名目で加入している人も多いと思います。 大体が、 変更することもなく受け取るといったことになりますが、どうしても変更が必要な場合、条件によっては、税金がかかることがあります。 え?嘘!?そんなの知らなかったでは済まされないのがお国のお金事情。 あなたもどうなるか知り、いざいというときに対応できるようになることがベストです。 今回は、生命保険の契約者の変更についてお話します。 何も知らないままでいると思わないところでお金がかかってくるので、きっちりと理解しておきましょう。 ちなみに、生命保険の契約者を変更しただけでは特に課税はされません。 ご安心を。 契約者を変更したとき将来に税金がかかる主な2つのケース 死亡保険金を受け取ったとき まず契約者を変更していたときには、死亡保険金を受け取る際にかかってっくる税金が異なってきます。 保険を解約して解約返戻金を受け取ったとき 契約者が死亡後、保険を解約してあなたが解約返戻金を受け取った場合は、贈与税が課せられます。 ものすごいややこしい話ですが、迂闊に契約者を移動するといざあなたが保険受取人として受け取るときに厄介な税金がかかってきます。 やはり契約者が存命中は変更しないほうが懸命と言えそうです。 最後に、契約者変更についての重要はお話があるので合わせて覚えておきましょう。 知っておこう!生命保険の契約者の変更は税務署に知られる! 平成30年1月1日分の契約者変更分から その変更は、これまでだと契約者変更の話は保険会社内で済んでいたのですが、 平成30年1月1日分の契約者変更から、税務署に契約者の変更告知がいくようになります。 つまり税金絡みでなにか漏れがあれば、税務署の方にあなた保険の契約者を変更されてますね、税金まだですよと言った具合に言われる可能性も出てきます。 そうはならないように、このことも合わせて覚えておきましょう。 ややこしい税金や生命保険のお話は詳しくはFPさんに相談しましょう。 まとめ 今回は生命保険の契約者の変更についてお話してきました。 存命中でも契約者の変更はできますが、 一度契約者の変更をしてしまうと、もし万が一の場合になった場合は、何かしらの税金が課税するようです。 もし 契約者の変更をするときには、亡くなってからしたほうが懸命です。 ただでさえ、保険に入っていてもそれほど知り尽くした人はそういません。 余計なことをするよりも、加入するときに一度納得行くまで相談してからしたほうがいいでしょう。 そして、平成30年以降は、契約者の変更の告知が税務署にも届け出がされるので、何か合った場合は税務署からも連絡が来ます。

次の