ベナン 人 芸能人。 ハーフタレント一覧を年代別表示。超大物タレントも実はハーフだったことが判明。

ハーフのスポーツ選手で活躍してるのは誰?黒人が多い?親の国籍を調査!

ベナン 人 芸能人

この項目では、国について説明しています。 南北に長く、西に、北西に、北東に、東にと接し、南はのに面する。 公式の表記は、 Republic of Benin(リパブリック・オブ・ベニン)。 これに因む通称は Benin( ベニン)。 の表記は、 ベナン共和国。 通称、 ベナン。 かつては英語発音または読みから、 ベニンとも表記された。 しかし、現在では現地の発音により近い ベナンという表記が浸透し、それを受けて例えばがカナ表記のガイドラインを「ベニン」から「ベナン」に変更するといった動きがあり、このためこの傾向はさらに促進されている。 これには、ナイジェリアの Benin やと区別するという意識もあると思われる。 のからの独立当初は ダホメ共和国。 ダホメは国土南部の限られた地域を指す名称であり、北西部のや、北東部のを含めるには不適切だったので、ダホメーが面していたに因み国名を決め、に が成立した。 その後、政策の放棄と共に現在の国名となる。 ちなみにベナンのであるフランス語では hは発音されないため、ダホメー Dahomey は ダオメに近い発声となる。 歴史 [ ] ベナン人民共和国の国章(1975年-1990年) 植民地化以前 [ ] 17世紀ごろには、現在のベナンの海岸部にはウィダーやポルトノボ王国などいくつかの都市国家が栄えており、それより内陸のの居住地区であった周辺にはが成立していた。 ダホメ王国は18世紀に入ると海岸部のウィダーを占領して、ウィダーにある領などの人商人を主な相手としてを行い、これを主な収入源にして銃火器を輸入し、に現ナイジェリアのによって服属させられたものの、その後もを通して周辺の国を軍事的に攻撃して繁栄した。 ダホメ出身のフォン人の奴隷は、のフランス領の共同体の中で文化的なを握り、フォン系のがを担うなどの出来事があった。 に入ってヨーロッパ諸国によるアフリカの本格的な植民地化が進むと奴隷貿易が徐々に廃止され始めたため、ダホメ王国の財政基盤に影響が及んだ。 1818年にダホメ国王に即位した王はオヨから独立しダホメの最盛期を現出するが、彼は奴隷貿易を推進する一方でこの新しい動きにも対応し、の原料となるの大量生産を行い、これをなど欧米諸国に輸出する ことで勢力を維持した。 しかしの中でフランスの進出が進み、1882年にフランスが海岸部を保護領化するとフランス・ダホメ間の対立が激化し、1890年に開戦した ()及び ()によって、最終的にはにフランスに征服された。 フランス領ダホメ [ ] ダホメ敗北後、フランスはさらに北部へと進出していき、、この一帯はフランスのの一部である、(-)となった。 第二次世界大戦後、フランスは徐々にダホメの政治参加を拡大していった。 1946年には本国議会への代表選出と自治議会設立を認め、1958年にはフランス共同体内の自治共和国となった。 ダホメ共和国 [ ] に自治共和国から(-)として、初代大統領のもとで完全独立した。 しかし、北部の ()を基盤とするマガ、南部のを基盤とする、同じく南部のフォン人を基盤とするの三者による激しい政争が続いて政情は混乱し、にはがを起こして政権を奪取。 この時はソグロはすぐに民政移管を行ったものの、以後も三者の政争はやまず、その混乱をついたクーデターも頻発した。 結局この混乱は、の建国後5度目の政変で政権が成立したことで安定へと向かった。 ベナン人民共和国 [ ] ケレク政権は1975年11月に国名をに改称し、内政的には ()(PRPB)のに基づく路線を標榜、外交的にはに近づいた。 ベナン共和国 [ ] しかし、ケレク政権は経済運営に失敗し、民主化運動の高まりの中で2月には国内各勢力の代表者を招集して「国民会議」が開催された。 会議ではのイシドール・ドゥ・スーザ議長の下で民主化移行政府の設立が決定され、ケレクの職権が大幅に制限されるとともに、暫定政府首相にはが選出された。 この結果民主化が急速に進み、3月には国号をベナン共和国に改称し、12月には、、を骨子とする新憲法が国民投票で制定された。 翌年の大統領選挙ではケレク政権は敗北して退陣、変わってソグロが大統領に選ばれ、議会もソグロ派が多数を占めた。 ソグロ政権は経済成長を実現したものの政権運営は不安定なものであり、の大統領選挙ではケレクが大統領に復帰した。 2001年の選挙でもケレクは再選されたが、3選禁止規定を順守して次の大統領選には出馬せず、の選挙ではが当選し大統領となった。 2016年の選挙では、が大統領に選出された。 政治 [ ] 詳細は「」を参照 南はに面しており、海岸線に沿って広く砂州とが発達する。 砂州が続くため良港には恵まれていないが、コトヌーには港が築かれ交易・経済の中心となっている。 人口は南部に集中しており、コトヌーのほかにも首都ポルトノボなどの都市が存在する。 海岸から北に向かうにつれて標高は徐々に上がっていくが、全体的に国土は平原か緩やかな丘陵からなっており、国土中央部付近でも標高はそれほど高くならない。 中央部には分水界が走っており、これより南は大西洋に、北はニジェール川水系に属する。 北部はほとんどがと半乾燥の高地である。 国土北端にはが流れており、ニジェールとの国境をなしている。 また国土北端には世界遺産であるが存在し、広大な自然保護区となっている。 ベナンの気候は、南部は高温多湿であり、一年に二度の(4〜7月と9〜11月)が存在する。 北上するに従って雨量が減少していき、北部では雨期は年に一度となる。 ただし全般的に降水量は多く、北端の一部を除いて年間降水量は1000mmを超える。 南部および中部は(Aw)に属し、北部の一部分のみが(BS)に属する。 経済 [ ] 最大の都市 ベナンの経済は低開発であり続け、国民の大半が従事するに依存している。 北中部におけるや、南端部における用のなどの輸出用農業生産のほか、自給作物としては国土全域でが栽培され、北部ではや、、南部ではなどが栽培される。 主要輸出品は綿花であり、2016年度のデータでは綿花輸出は総輸出の43%を占めている。 通貨はと連動するである。 世界屈指の埋蔵量を誇るに面しているが、の開発は停滞している。 に小規模なが開発されたものの、採掘の不調により委託を受ける鉱山会社は数度変更され 、産出は中止された。 2013年時点では、ベナンでは原油は産出されていない。 石油製品の国内消費量の大部分は、隣国のナイジェリアに頼っている。 ベナン経済のナイジェリアに対する依存度は高く、同国の経済状況や外交政策はベナン経済に大きな影響を与えている。 ベナン経済における貿易の割合は高く、中でもナイジェリアとニジェール向けの貿易は重要である。 いったんベナンへ輸入されたものが周辺諸国へ再輸出されることも多く、ナイジェリアとの間では正規の貿易のほか密輸も盛んにおこなわれている。 ベナンはの一員である。 コトヌー湾にはベナン唯一の海港と、国際空港であるが存在する。 コトヌー港の港湾収入はベナン経済にとって重要である。 現在新港がコトヌーとポルト=ノヴォの間に建設されている。 ベナンは2車線のアスファルトで舗装された道路で隣国のトーゴ、ブルキナファソ、ニジェール、ナイジェリアと結ばれている。 携帯電話サービスは全土を通して様々な業者により、利用可能である。 ADSL接続は一部地域で利用可能である。 ベナンは1998年から衛星接続によって、2001年から単線の海底ケーブルによってインターネットと接続しており、データの値段は非常に高額である。 代替として2011年のの開通が予期されている。 ベナンは植民地時代に建設された路線を維持しており、独立直前の1959年には北のニジェール政府との共同出資でが設立された。 その後、2015年にはベナン鉄道へと改組された。 この鉄道は主要貿易港であるコトヌーと北部の玄関口であるパラクーの間を結んでいる。 ベナンにおける鉄道輸送は国内輸送よりもニジェール向けの国際輸送の割合が高い ことに特色があり、終点のパラクーからはトラック便によってベナンの北の国境であるへと運ばれ、ニジェール川を越えてニジェールの南の国境であるからニジェール国内へと運ばれる。 このルートはニジェールの主な輸送ルートとなっており、ベナン経済にも重要な役割を果たしている。 国際関係 [ ] 旧宗主国フランスとは、社会主義政権時の1977年に起きたクーデター未遂で短期間関係が悪化したほかは、常に良好な関係を維持している。 しかしベナンに最も大きな影響を及ぼすのは東隣の大国ナイジェリアであり、同国の通商政策はベナン経済に直接大きな影響を与えている。 1983年にはナイジェリアが国境封鎖と禁輸を行ったためにベナン経済は大きな打撃を受け 、2019年にも国境封鎖と禁輸によって同様に打撃を受けた。 ニジェールとは貿易ルートを通じて経済的に結びつきが深いが、かつてニジェール川の中州である ()をめぐって対立しており、2001年には(ICJ)への提訴が行われ、2005年にはレテ島のニジェール帰属と国境線未画定地域におけるベナン側寄り裁定を組み合わせた判決が行われた。 日本との関係 [ ]• 在留日本人数 - 96人(2016年10月現在)• 在日ベナン人数 - 74人(2016年12月現在) 駐日ベナン共和国大使館 [ ]• 住所:東京都文京区春日一丁目11-14 S. ビル8階• アクセス:・4a出口、または3番出口• 詳細は「」および「」を参照 のによれば、ベナンの人口の42. キリスト教はベナン中部から南部とアタコラ県のオタンマリ郡にかけて信仰されている。 しかしながら、ヴォドゥンと ()は信仰され続け、ヴォドゥンとオリシャのがキリスト教の中に組み込まれてさえもいる。 は主にとの商人によって現在のベナンに相当する地域にもたらされた。 現在ではアリボリ県、ボルグー県、ドンガ県などで、ヨルバ人の中で同等に信仰されている(彼等はまたを信仰する)。 土着信仰には、の信仰、の ()信仰や信仰、のヴォドゥン信仰、その他の宗教が存在している。 ベニン湾に面するの街はベナンのヴォドゥン信仰の中心となっている。 で信仰されている黒人宗教として知られているはのフォン人の信仰が発祥であるとされ 、それがの広がりや後の()の移動とともにの、、、へと広がったと言われている。 社会主義政権時代にはヴォドゥン信仰は封建遺制であるとして厳しい統制下に置かれていたが、民主化後ベナン政府は文化復興の一環としてヴォドゥン信仰への規制を撤廃し、には当時の大統領とベナン政府によってウィダー92というヴードゥー芸術・文化祭が開催された。 1997年には政府によって毎年がヴォドゥン祭りの日に制定され、以降この日は国を挙げてのヴォドゥン休日となっている。 教育 [ ] 詳細は「」および「」を参照 教育制度は小学校6年、中学校4年、高校3年、大学3年であり、法制上となっているのはにあたる小学校6年間のみである。 近年公立学校の授業料が無料化されたことから、就学率は上昇に転じているものの、未だ子供は重要な労働力であると共に、学校自体が無い地域も多い為、高度な義務教育は達成されていない。 教育言語はで行われる。 2002年のセンサスによれば、15歳以上の国民のは34. 主な機関としては、やが挙げられる。 日本との関わりでは、の元付き人・タレントで、2012年にベナン駐日に就任したにより、やアフリカではまだ珍しいであるが設立されている(2003年9月)。 たけし日本語学校は、2003年に最初の卒業生ローソン・レオポルトを輩出したのを皮切りに、現在に至るまで多くの卒業生・日本留学生を輩出している。 2012年現在の在日ベナン人の多くは、たけし日本語学校の卒業生である。 たけし日本語学校では、・、漢字、書道などが教授されており、初級でN4、中級で日本語能力試験N2合格を目標として授業が行われている。 しかしベナンはもとよりアフリカで最初の日本語教育の専門学校であるため、運営は難航しており、教室などの施設が受講希望者に対して圧倒的に不足していて数千人の受講希望者が待機する状態となっている。 カリキュラムも編成途上であり、上級コースは未だ開設されていない。 2010年以降、たけしの協力要請を快諾したにより、田中が経営するのにおいてベナン人を農業研修生として受け入れている。 文化 [ ] 詳細は「」を参照 ベナン国内には、のリストに登録されたが1件()、ニジェールおよびブルキナファソとの共同登録であるが1件()存在する。 1985年にアボメイ王宮群が登録されて以降、ベナンの世界遺産は長らく1件のみであったが、ニジェールのみの登録となっていたが、隣接するベナン・ブルキナファソ両国を含む形で2017年に拡大された。 - 1990年から1991年まで首相、1991年から1996年まで大統領を務めた。 - 軍人。 クーデターを経て大統領に就任。 - 銀行家。 第4代大統領、第10代アフリカ連合総会議長を務めた。 - の指導者。 父、イポリト・ゴー( Gaou Guinou)は、のアラダの首長であったが、奴隷として()に連行された。 文化人 [ ]• - 日本のタレント・批評家・ベナン大統領特別顧問・駐日特命全権大使。 - 日本のタレント。 - アメリカのダンサー・俳優。 - シンガーソングライター。 その他 [ ]• - のの父親。 脚注 [ ] []• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 484、朝倉書店• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 484-485、朝倉書店• 「ベナン共和国 基礎データ」日本国外務省 令和元年10月28日 2019年12月17日閲覧• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p303 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「ベナン共和国平成11年度食糧増産援助調査報告書」p3 平成11年3月 国際協力事業団 2019年12月17日閲覧• 「ベナン共和国平成11年度食糧増産援助調査報告書」p3 平成11年3月 国際協力事業団 2019年12月17日閲覧• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p303 二宮書店 平成30年1月10日発行• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 489、朝倉書店• 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p163 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷• 「西アフリカ主要国の石油と天然ガス動向 - 石油エネルギー技術センター」(JPECレポート2015年度第5回)平成27年5月28日 2019年12月18日閲覧• 「西アフリカ物流実走調査(2)アフリカの非公式貿易を象徴するベナン経由の取引」JETRO地域・分析レポート 2018年12月26日 2019年12月18日閲覧• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 487、朝倉書店• 「西アフリカ物流実走調査(2)アフリカの非公式貿易を象徴するベナン経由の取引」JETRO地域・分析レポート 2018年12月26日 2019年12月18日閲覧• , 2009年3月22日閲覧。 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p303 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「世界の鉄道」p337 一般社団法人海外鉄道技術協力協会著 ダイヤモンド・ビッグ社 2015年10月2日初版発行• 「世界の鉄道」p337 一般社団法人海外鉄道技術協力協会著 ダイヤモンド・ビッグ社 2015年10月2日初版発行• 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p. 487、朝倉書店• 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p162-163 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷• 「西部・中部アフリカ」(ベラン世界地理体系9)p162 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2017年1月15日初版第1刷• 「ナイジェリアの国境封鎖、ベナン経済に影響」JETROビジネス短信 2019年10月10日 2019年12月18日閲覧• 「国際裁判による領域紛争の解決 最近の国際司法裁判所の判例の動向」p13 酒井啓亘(国際問題No264 2013年9月)2019年12月18日閲覧• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p303 二宮書店 平成30年1月10日発行• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p303 二宮書店 平成30年1月10日発行• United States September 14, 2007. This article incorporates text from this source, which is in the. 「諸外国・地域の学校情報 ベナン共和国」日本国外務省 平成29年11月 2019年12月17日閲覧• 「諸外国・地域の学校情報 ベナン共和国」日本国外務省 平成29年11月 2019年12月17日閲覧• 2009年5月31日閲覧• , 2007年9月30日閲覧。 Accessible at , 13 minutes into MP3, accessed 30 March 2008• 「第41回ユネスコ世界遺産委員会について(概要)」p3 文化庁記念物課世界文化遺産室 平成29年7月 2019年12月17日閲覧 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ベナンに関連する および があります。 参考文献 [ ]• 「ラテンアメリカにおけるアフリカ系文化」子安昭子、高木綾子訳『ラテンアメリカ人と社会』、編、、1995年10月。 外部リンク [ ]• (フランス語)• 日本政府• (日本語).

次の

西アフリカ諸国では安全な国ですが注意は必要!ベナンの治安情報

ベナン 人 芸能人

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 的であり、で書き直す必要があります。 ( 2010年8月)• した節があります。 ( 2010年8月) ゾマホン・ルフィン 生誕 Zomahoun Idossou Rufin 1964-06-15 (56歳) ・ 国籍 出身校 総合人間科学研究科専攻単位取得退学 職業 、、運営者 活動期間 1998年 - 影響を受けたもの 活動拠点 受賞 国民栄誉賞 公式サイト ゾマホン・イドゥス・ルフィン( Zomahoun Idossou Rufin、 - )は、・の(駐日本国ベナン共和国) 、の。 1998年、系列のバラエティ番組『』に留学生としてレギュラー出演。 外国人タレントとして当初はに所属していたが、後にに移った。 21世紀になってからはの設立および運営、のアジア・オセアニア関連大統領特別顧問と、駐日特命全権大使を兼務していた。 2016年、ベナンの大統領がに交代したことに伴って年内で駐日大使を退任した。 幼少時にの洗礼を受けているカトリック信者()でもあり、本名のルフィンはである。 来歴 [ ] 幼少期 [ ] 6月15日にの(後のベナン共和国)・イガンガン村で、公務員の父の下、10番目の末っ子として生まれる。 しかしベナンは乳幼児死亡率が高い国で、一家も裕福であるとは言えず、先に生まれた子供は2人を残して皆ゾマホンが生まれる前に死んでしまったという。 父は厳格で非常に怖い存在であり、ゾマホンは常に敬語を使って会話をしていたという。 15歳の時に父が病気で急死し、ゾマホンはの父方の叔父の下に移り中学校に通う。 当時のベナンにおけるは有料であったが、父がに熱心で貧しい生活ながらも力を入れて子ども達をに通わせたため、ゾマホンは好きになる。 は優秀で、に当時ベナン唯一のであった国立ベナン大学(現)に合格したが、はもちろん、を買うお金にさえも困っていた。 日本への興味、中華人民共和国への留学 [ ] ゾマホンが日本に興味を持つようになったきっかけは、中学時代に授業で「は、で最も野蛮で恐ろしいだ。 1938年に、で大勢のを虐殺した()」 と、非常に野蛮な国だと教えられたことであった。 しかし、高校生の頃に日本がベナンとは比べものにならない程のであることを知り、やがてへ行ってみたいという気持ちにつながっていった。 ベナン大学在学中はを学び 、に興味を持ったことから、にのに国費留学した。 学業の傍ら、諸国のの専属通訳や、たちの車の清掃などのをして得たお金を、母国の親族に送金していた。 大学では、中国文化と中国語を専攻し、やの思想を学んだ。 中国でのクラスメートは日本人が多く、彼らとの交流を通じて日本に行きたいという思いをさらに強めた。 来日 [ ] 課程修了後、北京語言学院のクラスメートの親に保証人になってもらい、に自費留学生として来日。 東京都・小岩にある学旺日本語学校(現・東京日英学院)に通いながら、の把手部品の製造工場、語学講師、引越し屋など数多くのをこなした。 午前中はに通い、その他の時間はアルバイトに充てたため、睡眠時間は通常でも1日3〜4時間、少ない時は1〜2時間という生活を送る。 生活費を切り詰めるため食事は1日1食で、公園などの水のみで生活した時期もあったという。 このような生活がたたりになったこともある。 また、留学の際に保証人となった高橋政昭の経営の工場で、作業中に激しい眠気が襲い、左手の人指し指を切断してしまう。 病院での入院費その他の諸費用は、全て高橋が負担した。 そのためゾマホンは著作の中で高橋を「私にとっての神様です」と敬しており、また、最初のページに「故・高橋政昭・氏に捧ぐ」と書いている。 また、ゾマホンが「日本とベナンの間の掛け橋になりたい」という夢を掲げるようになったのも、高橋の影響であるという。 2月、大学院博士前期課程(修士課程)に入学した。 修士論文のテーマは、「母国ベナンにおける普及問題点〜日本と中国を比較して〜」 であった。 出演時の発言が「変なアフリカ人」キャラとして認知され、以降は同局でレギュラー化された『』に稲川素子事務所所属の外国人タレントとして出演した。 『ここがヘンだよ日本人』では独特の口調と、議論が白熱する際のエキセントリックなリアクションで瞬く間にお茶の間の人気を博し、様々な番組にコメンテーターとして出演。 さらには建設などの的な活動をはじめ、自著を出版するに至る。 を尊敬しており、オフィス北野への移籍後はに所属する。 たけしのをしているので、たけしの横で見切れる形でテレビ画面に映る事がある。 また、たけしの協力を得て、母国ベナンに学校を作る計画を実現した。 しかし、こうした活動で著名になった為に、日本人による詐欺被害にあったり、マスメディアで様々な虚偽の内容の報道をされたり激しいバッシングを受けたりする事もあり、それが数度に渡り続いたせいで一時期日本人に対して人間不信状態に陥った事もあると、二冊目の自著「ゾマホン大いに泣く、みなさま心よりありがとう」(刊)にて告白している。 付『』紙上で、従来「」の芸名を使用していた・前が今後は政治家として本名で活動を行っていく方針を表明している事に伴い、ゾマホンが「 二代目そのまんま東」の名前を襲名することがたけしより発表された。 しかし、「そのまんま東」の芸名に関しては東国原のイメージが強く定着していることや、本人も「ゾマホン」の名称が広く知られていることから、この襲名が一般に定着しているとは言い難く、たけし本人も「ゾマホン」と呼んでいる。 また、と一緒に「ゾマホンズ」という名のお笑いコンビとしての活動も行っていた。 の「Yes We Can. 」の物真似の直後にの「ノッチでーす」の物真似をするというのを持ちネタの一つにしていた。 駐日ベナン大使就任に伴い、オフィス北野から離れた。 それに伴い「二代目そのまんま東」も返上することになり、「そのまんま東」の名跡は空位となった。 略歴 [ ]• 1987年 ベナン国立大学(現・国立アボメ-カラビ大学)専攻卒業• 1993年 (中国)修了(学位取得)• 1994年 学旺日本語学校入学• 1996年 学旺日本語学校卒業• 1996年 上智大学大学院研究生入学• 1997年 上智大学大学院(社会学)入学• 1999年 上智大学大学院博士前期課程(社会学)修了• 1999年 上智大学大学院博士後期課程(社会学)入学• 2001年 (国際青年会議所)より「世界最優秀青年賞」受賞• 2002年 ベナン共和国・受賞• 2002年 NPO法人IFE及びIFE財団設立• 2004年 ベナン共和国・特別顧問就任• 2006年 ベナン共和国・大統領特別顧問再任• 2006年 上智大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程単位取得退学• 2007年 二代目「そのまんま東」を襲名• 2008年 所属のと共に、お笑いコンビ・を結成する• 2009年 ゾマホン名義のCD「」()で歌手デビュー。 CD売上金のほとんどはベナンに寄付した• 2009年 社会貢献支援財団により、「社会貢献者表彰」受賞• 2011年 同年12月14日に行われたベナン共和国政府閣僚理事会において、同国首相 ()によりゾマホンの新ベナン駐日大使への就任が提案され、同日ベナン政府により閣議決定された• 2012年 8月2日、皇居にて新駐日ベナン国大使として、信任状捧呈を行った。 両国の関係発展に尽力し、の誘致にも協力した。 2012年 と結婚。 2016年 駐日大使離任• 2019年 ベナンの国民議会選挙への出馬予定であったが、投票日の3週間前に所属していた政党「新興ベナンのための力」(FCBE、現職の大統領タロンに反対の立場)が候補者を擁立できなくさせられた。 この間、自宅の敷地に潜んでいた不審人物が警察に射殺される騒動が起きたほか、政権側からの嫌がらせを受けている。 その後都内でタロンと面会し、「おまえは俺に徹底的に反対してる、でもね、俺はやりたいことはぜったいやるよ」と言われた。 人物 [ ] 母語であると、、、、の6か国語を操る。 大の好きであり 、来日当初から近所の「白鷺湯」 という銭湯にほぼ毎日のように通っていたという。 口癖は「人生甘くない」。 ゾマホンの道徳論及び考え [ ] 以下、ゾマホンの論や、様々な物事に対する考え方を、特に本人がはっきりと明言している事のみ、箇条書きにて列挙する。 項目を設けて整理してあるが、内容によっては2つ以上の項目に該当し、重複しているものもある。 日本観 [ ]• がないにもかかわらずが先進国になっている理由は、「」にある。 母国では考えられない。 国を発展させ先進国にするには、教育が必要不可欠である。 明治時代に日本が義務教育を開始したのは素晴らしい政策である。 江戸時代との日本人は素晴らしい。 特に外国に対してをした。 結果的にのにならなかった。 また、鎖国政策をしながらやなどを設け、教育が大事にされた。 それが国の発展に繋がった。 日本という国は、素晴らしい国である。 特に日本のは素晴らしい。 私でもとを持っていれば、日本全国を安心して移動することができる。 それは他の先進国では不可能なことである。 この日本の「安全さ」は何よりも価値が高いものである。 安全というのは、ゾマホンにとって非常に大切な事で、人間社会にとって必要条件であると考えている。 日本の子供達は、外国人(特に)のように、髪を染め、を履く。 それは良くない。 日本人は、欧米しか知らない。 世界を知ろうという気持ちが全く無い。 日本で伝わっているアフリカの情報の多くは間違いである。 本当のアフリカを知ってもらいたい。 経済的にも困っておらず、技術も備わっていて力のある日本のマスコミがそれをしない現状は日本国民を馬鹿にする最低の行為である。 日本人は自分たちもマスコミに騙されないよう「本当に知りたいものは、自分の目で見て確かめる」ということを忘れないで欲しい。 について高い関心を持ち、「、を分からないと、世界は平和にならない」と考えている。 ゾマホンがベナンで建てた日本語学校では毎年8月6日と8月9日には黙祷が捧げられている。 国家・アフリカ [ ] 国• 自身の国のを尊重しなければならない。 アフリカ• 国を発展させる為にや個人から援助してもらうのは良くない。 民間の投資を促進して欲しい。 国を発展させる為のを先進国から学ぶべきである。 アフリカ人であれ - アメリカやヨーロッパで会えるは、黒人の顔をした。 しかし、大切なのは、純粋な黒人。 純粋な黒人に学ぶことはたくさんある。 中国留学中にの思想に非常に共鳴した。 何故ならば、彼の考えは、自分の為に努力するのではなく、公の為に、みんなの為に努力するという考え、それが自分の考えと同じだからである。 また日本では批判もあるが、アフリカではは尊敬されている人物である。 アフリカが中国と同じく植民地化という運命をたどった為に、黒人を非常に大事にした。 それが毛沢東を愛する理由である。 教育普及・医療・福祉・環境への取り組み [ ] ゾマホンは、ベナンを始めとしたアフリカ各国の様々な問題(主としてやの促進、の復旧等)の解決のためにはどうするべきかと高校時代から悩んできたという。 識字率の低さこそがベナンの発展の遅れの最大の原因になっていると考えたゾマホンは教育の重要性を痛感し、当初は「日本とベナンの間の掛け橋になりたい」という理由で、私財を投じて母国ベナン共和国に日本語学校を設立しようとしていた。 しかし、ベナン北部のあまりの発展の遅れや初等教育が普及していない現実から、識字率を上げなくては日本語学校に通う学生もおぼつかないとして、小学校建設に転換した。 同時期に河出書房新社から刊行していた「ゾマホンのほん」の印税の全てと、自身のやテレビ出演で得た私財を投じて、2000年4月、コロボロルに「たけし小学校」を開校。 この際、子供の働き手が失われるということで親達による暴動が起きたが、ゾマホンの「このままだといつまで経ってもこの苦しい生活から抜けられない」という説得から理解され、結果的には、親達が学校の工事に手を貸すまでになった。 2001年4月にはチチャクに「明治小学校」とボルグー県キカに「江戸小学校」開校。 2003年9月にはコトヌー市に「たけし日本語学校」開校。 たけし日本語学校では、日本語教育を行うだけではなく、文化交流や技術移転などを目的としている。 さらには同校はすべて無料で授業を行っているという。 また、ベナンに対して医療援助も行っているという。 日本で自身の貯金で医薬品等を安く買い、帰国時などに無償で病院などに配るなど、教育という枠を超えた社会福祉活動も実践している。 これらの功績により、2001年に世界最優秀青年賞( JCI )、2002年にベナン共和国国民栄誉賞を受賞。 2001年に世界最優秀青年賞を受賞した際に財団を設立する事を勧められて、「IFE財団」という名の財団を設立し、責任者にゾマホンが就任した。 「IFE」とは、ベナンの現地語で「愛・分かち合い」等の意味で、その財団を通じ、教育・医療の普及や貧困・の撲滅、日本の援助を実際に国民の手に届ける為の活動、人権・民主化の促進など、ベナンやアフリカ諸国を中心に国際社会全体への福祉活動をも実践している。 また、同時に当初の目的であった日本とベナン、そして、アフリカ全体の交流もその財団にて実践している。 それら財団の運営費は全て、ゾマホン個人で支払っているという。 また、日本でもゾマホンの活動を支援するための「IFE」が設立され、ゾマホンの活動を支える活動を行っている。 また、来日当初、日本とベナンの間に直接的な国交は存在しなかったが、ゾマホンのテレビ出演がきっかけとなって正式な国交が樹立し、日本にベナン大使館が設立されるといった、名実共に日本とベナンの架け橋となった功績も残している。 『』によれば、ベナンにあるかつて「 アフリカの」と呼ばれたのあるの水質浄化の活動をしている。 ビートたけしはゾマホンのベナンでの教育活動を支援しており、に放送されたに出演したたけしは、賞金1000万円を獲得したらベナンに学校を建設するための資金として全額を寄付すると宣言しクイズに臨み、たけしは見事1000万円を獲得。 応援団としてたけしの挑戦を見守っていたゾマホンは小切手を手渡されるとたけしを「神様です」と呼び、感激のあまり床にひれ伏した。 2009年4月19日に放送された系の特番ではたけしが子供の費としてタレントに1万円の寄付を呼びかけ(これで1年分以上の給食費になる)、の知り合いに作ってもらった子供の顔写真入りカードを渡した。 所ジョージも「たけし小学校」にスクールバスやランチプレートを贈るなどの支援を行い、ランチプレートを丁寧に洗い、破れ掛けた包装用のビニール袋に入れて大切にしている子供の姿を見た所は「もっと良いカバーを作ってあげれば良かった」と想像以上に喜んでくれた子供に感心していた。 その他、たけしに頼まれたがベナンに渡って畜産を教え、「ベナン支社」の看板を掲げているほか、たけしと親交が深いもベナンに渡り、たけし小学校の子供たちとオブジェの製作を共同で行った。 著作 [ ]• ゾマホン・ルフィン「ゾマホンのほん」 1999. ゾマホン・ルフィン「ゾマホン、大いに泣く」河出書房新社 2000. 共著「目覚めろ日本人!!! ここがヘンだよ日本人」河出書房新社 2002. 社会科学研究所、上智大学社会正義研究所編「日本における正義:国内外における諸問題」御茶の水書房 2003. ゾマホン・ルフィン、小国秀宣「ゾマホンも知らないゾマホンの国」 2005. シングル曲 [ ]• 「」(2009年5月13日) 出演 [ ] バラエティ [ ]• ここがヘンだよ日本人• (2010年5月20日、) - ゲスト• (2010年6月12日、) - ゲスト• シリーズ(2007年 - 、テレビ朝日系)• シリーズ(2008年 - 、系)• (2017年2月6日 、系) - VTR出演 ドラマ [ ]• (2007年) 映画 [ ]• その他 [ ]• (2013年3月2日)• ベナン共和国の大統領と共に出演。 脚注 [ ]• 【日本国外務省】2012年8月2日付• TOUTE l'INFO AU BENIN 2009年9月4日. 2011年12月19日閲覧。 TOUTE l'INFO AU BENIN 2011年3月4日. 2011年12月19日閲覧。 朝日新聞デジタル 2020年1月7日. 2020年2月11日閲覧。 ソフトブレーン株式会社 2009年9月4日. 2011年2月17日閲覧。 ゾマホンのほん• 2011年12月18日. 2011年12月19日閲覧。 TOUTE l'INFO AU BENIN 2011年12月15日. 2011年12月19日閲覧。 NEWSポストセブン 2019年6月11日. 2020年2月11日閲覧。 福井新聞コラム 2016年12月4日付• iLOUD. 2011年2月17日閲覧。 ゾマホン・ドットコム. 2011年2月17日閲覧。 きときとアフリカ 2010年5月29日. 2011年2月17日閲覧。 ソフトブレーン株式会社 2009年11月13日. 2011年2月17日閲覧。 iLOUD. 2011年2月17日閲覧。 ゾマホン・ドットコム. 2011年2月17日閲覧。 ソフトブレーン株式会社 2009年9月18日. 2011年2月17日閲覧。 ソフトブレーン株式会社 2009年10月2日. 2011年2月17日閲覧。 ソフトブレーン株式会社 2009年10月16日. 2011年2月17日閲覧。 外部リンク [ ]• - 2013年4月1日 公職 先代: 駐日ベナン共和国大使 2012~2016年 次代:.

次の

ハーフのスポーツ選手で活躍してるのは誰?黒人が多い?親の国籍を調査!

ベナン 人 芸能人

在日韓国人の芸能人 実は在日韓国人もしくは在日韓国人ではないかと噂されている芸能人を紹介する。 現在、芸能人の中には、沢山の在日韓国人がいる。 勿論、本名の韓国名で活動する芸能人も沢山いるが、芸名以外でも完全に書類上まで日本人名の人が多い。 在日韓国人には「通名」という制度があり、自分の好きな日本名を自由に使える。 今日、佐藤さんでも、明日は山田さんになれるのだ。 手続きは書類一枚で済む。 公共の手続きにも使える名前だ。 しかし、この制度には問題があるとのことで、つい最近から、通名は1件だけ、変更不可になったという。 国と国との問題があるため、事務所側から、カミングアウトしないように言われている例もあるらしく。 そのため「え?あの人が?」となる訳だ。 今回は、在日韓国人であった芸能人もしくは在日韓国人と噂されている芸能人を紹介したいと思う。 最近、肉体を鍛え、ボディビル大会ではすっかりお馴染みの金子賢。 かれは俳優だが、ドラマでお目見えすることは、この所ほとんどない。 金子賢は、本名「キム・ヒョン」金子賢というのは通名なのか、芸名なのかは定かではない。 金子賢は、ブログで在日韓国人だということをカミングアウトしたが、実はその前に、Twitterに上げた航空券を持った写真に本名が写り、そこで騒ぎになった。 現在、韓国と日本が微妙な関係であることから、初めて知った人には、かなりの衝撃があったのだろう。 しかし、本人には隠す意図は全く無かったと、すんなりとカミングアウトしてしまった。 現在でも、そのTwitter画像が、他のユーザーによって、Twitter内を彷徨っている。

次の