背中 が 痛い 右上。 右の肩甲骨あたりや背中痛いと感じたら?!

ピリピリ!チクチク!背中のしびれの原因は病気?かゆい、痛い、場合は・・・

背中 が 痛い 右上

さ~て、今回ご紹介する症例は、 寝ると3時間位で 背中の痛みが 出てきて寝れないという女性 が 佐賀市からお見えになる内容です。 気になっているあなたは 是非読んでくださいね! こんにちは。 「家庭の医学 in 久留米」 を運営している 福岡県久留米市と東京都中央区で 病院では治らない症状を改善しまくる トータルケア太陽の中尾和人です。 さて、 今回の 「家庭の医学 in 久留米」は 「寝ると背中が痛い」 というテーマでお届けいたしますね。 同じように寝ると背中に痛みを 感じている方の お役に立てるのでは ないか思います。 福岡県久留米市の整体師が診た! 【寝ると背中が痛い理由について】 福岡県久留米市の整体師: 「こんにちは。 今日はどうされました?」 寝ると背中が痛い患者様: 「背中が痛いんです。 」 福岡県久留米市の整体師: 「今も背中は痛いんですか?」 寝ると背中が痛い患者様: 「いや?こんな風にじっとしていて そんなに背中の痛みは感じません。 」 福岡県久留米市の整体師: 「では、どういう時に 背中が痛いんですか?」 寝ると背中が痛い患者様: 「寝ると背中が痛くて、 3~4時間位しか寝れません。 」 福岡県久留米市の整体師: 「寝るとって、 どういう体勢で寝るんですか?」 寝ると背中が痛い患者様: 「仰向けで寝ると痛いから、 横向きで寝ています。 」 福岡県久留米市の整体師: 「いつから背中は痛いんですか?」 寝ると背中が痛い患者様: 「1~2週間前からです。 」 福岡県久留米市の整体師: 「病院には行かれたんですか?」 寝ると背中が痛い患者様: 「前に同じように背中が痛く なった時にあったんです。 その時は整形とか行ったんですけど、 あんまり変化が なくて、そのままに してたら、治ったんですけど…。 」 福岡県久留米市の整体師: 「わかりました。 じゃあ診ていきましょうか?」 検査中 福岡県久留米市の整体師: 「うわ~背中が張ってますね~?」 寝ると背中が痛い患者様: 「そうです。 背中のそこら辺が痛いんです。 」 福岡県久留米市の整体師: 「骨盤もこう触ると 痛みがあるんですかね?」 寝ると背中が痛い患者様: 「はい。 なんか響くと言うか痛いですね。 」 福岡県久留米市の整体師: 「大体、仕事は何なんですかね?」 寝ると背中が痛い患者様: 「塾なんですけど・・・」 福岡県久留米市の整体師: 「あ~立ってる事が多いんですか?」 寝ると背中が痛い患者様: 「立ってるのと座ってるのが 半々くらいですかね~。 」 福岡県久留米市の整体師: 「これは右足で 立ってるんじゃないですか?」 寝ると背中が痛い患者様: 「はい。 気付くと右足で立ってます。 」 福岡県久留米市の整体師: 「そこら辺からも背中の痛みは きているようですね。 背中の痛みは 背骨が相当にズレていて、その骨を 支える 筋肉がパンパンですから、 そこを調整しますね。 でも、背中の痛みは元々は その立ち癖で骨盤がズレて それを補正しようとして、 背骨が捻じれてズレている ので、 骨盤をして背中の骨を調整しますね。 」 寝ると背中が痛い患者様: 「はい。 お願いします。 」 施術中 福岡県久留米市の整体師: 「痛くなかったでしょう?」 寝ると背中が痛い患者様: 「はい!全然! なんか背中が伸びたみたい!?」 福岡県久留米市の整体師: 「そうでしょう? 後ろに引っ張られてますね?」 寝ると背中が痛い患者様: 「はい。 何か背中が伸びて、 今までと感じが違います。 」 福岡県久留米市の整体師: 「では、仰向けに寝てみて下さい。 」 寝ると背中が痛い患者様: 「はい。 あっ? さっきより全然痛くありません。 」 福岡県久留米市の整体師: 「そうですか。 よかったですね。 後は その立ち癖を何とかしましょうね?」 寝ると背中が痛い患者様: 「がんばって気をつけてみます。 」 と、ここまでが、患者様と 私との問診のやり取りです。 寝ると背中が痛いというのは、 寝た時に骨に相当な 圧迫する力が 加わっていたためでした。 どういう圧か?というと 仰向けに寝ると背中の骨が 真っ直ぐになるのは想像できる と思います。 その時に背骨が前にズレていて 真っ直ぐになる際、ひっかかって そこに圧力がかかっているのが 寝ると背中が痛い原因です。 これは放置しておくと、 痛いのはもちろんなんですが 背中が曲がったり、猫背の原因や 内臓問題を 引き起こす事になって しまう可能性があります。 この前に出てしまった 背骨を動かして 元の位置に戻してあげると 嘘のように背中の痛みは 消えることが多いです。 ただ この背中の骨を動かすのが テクニックとして高い技術 になります。 変に揉んだり、押えたりせずに 一瞬でテコの原理を使って 戻します。 だから 妙にされると怖いですし 痛みも改善しないので 寝ると背中が痛いという方は 当院で調整を受けてみて下さい。 痛みは出てきた結果です。 その時だけでなく、全体を診て、 身体の調子を整えていきましょうね! さて、 今回の 「家庭の医学 in 久留米」は 「寝ると背中が痛い」 というテーマでお届けいたしました。 同じように寝ると背中が痛いと 感じている方は 背骨のズレが原因 なのかもしれませんよ。 同じようなご経験でお悩みのあなた! 是非、痛みの原因発見と解決の当院へ ご連絡下さい。 当院は、病院では治らない症状でお悩みのたくさんの方にご来院いただいております。 身体の構造を解剖的観点から論理的にアプローチするのはもちろん、心が身体に及ぼしているものをセッションを通して、または栄養面から診たりと、その方にあったトータルケアをあらゆる方面から探り、健康へのアドバイスを行っております。 もっと言うなら人生を生きる喜びを思い出して欲しいとそう思っております。 福岡県久留米市・筑後・八女・佐賀県鳥栖市にお住まいの方、東京都を初め関東近隣にお住いの方で病院でも治らず、もしくは病院に相談する内容でもないようなことでお困りの方は、4万人を超える臨床経験がありますので、安心してあなたのお悩みをお聞かせ下さい。 なお、電話、メール、コメントでの症状に関するご相談には応じておりませんので、ご理解のほどをよろしくお願い致します。 あなたと出会い、笑顔を取り戻してくださる日を心より楽しみにしております。

次の

ストレスが原因?背中の痛み|息苦しい、右側・左側だけ痛い…何科を受診?

背中 が 痛い 右上

この記事の目次• 息を吸うと背中が痛む原因 「背中の痛み」と言っても、痛む場所や程度もいろいろあります。 まずは、考えられる原因と、その症状について見ていきましょう! それぞれの症状や痛みの特徴から自分に発生している可能性が高い問題について明らかにしていきましょう。 肋間神経痛 肋間神経痛の場合、息を吸うと「ピキッ」という鋭い痛みが走ります。 また、背中だけではなく、人によっては、肋骨周りや心臓の近く、脇腹など、痛む場所が異なります。 初めは特定の箇所のみに痛みが発生していますが、放置しているとだんだん痛みを感じる箇所は広がっていくでしょう。 痛みは突然やってくることが特徴ですので、何かの拍子にいきなり背中や胸付近に神経系の痛みが発生したときはこの症状が発生している可能性が非常に高いでしょう。 肋間神経痛は、外傷やウイルスなどによる帯状疱疹、内臓疾患、あるいはストレスなどが原因で、骨や筋肉が、背骨から肋骨まで通っている神経を圧迫することで、痛みを引き起こします。 多くの場合、原因となっている症状(外傷や内臓疾患など)が治ると、肋間神経痛も自然と良くなることがほとんどですが、「胸膜炎」が原因となって肋間神経痛をお越している場合は要注意です。 左右に身体を曲げてみて、【痛くない側】に身体を曲げて痛みが増す場合、胸膜炎のおそれがありますので、早めに医師の診察を受けましょう。 肋間神経痛については、を参考にしてください。 気胸 肺に穴が空いてしまう、という病気があります。 深呼吸をした時に背中寄りの胸部で痛みが発生します。 特に痛みが強くなるのは深呼吸時の他に、かがんだときに息を詰めるなどした体勢、肺や胸部を圧迫する姿勢などの場合に痛みが強くなります。 鈍痛というよりも、まさしく息を詰める様な痛みで刺す様なチクチクした痛みが特徴です。 気胸は痩せ型で高身長の人に発生しやすい病気にあります。 肺の上部に存在しているブラという小さな気泡が破裂してしまうことで、そこから胸郭槽に空気が漏れ出してしまい肺や心臓を圧迫して胸膜が引っ張られて痛みが発生しています。 殆どの場合が自然気胸と呼ばれるもので、放置していても1週間〜2週間ほどで痛みは収束して穴も塞がり、漏れた空気も自然に吸収されて完治します。 しかし再発率が非常に高いので再び痛みに見舞われる事があります。 漏れ出た空気が多かったり、穴が大きいと手術で空気を抜かなくては行けません。 いつまでも我慢していると、肺が漏れでた空気に圧迫されて半分以下に萎んでしまったり、心臓が圧迫されて更なる痛みへと発展します。 朝起きた時に息が急激に苦しくて救急車を呼ぶなどの事も起こりえます。 レントゲンを取って検査する必要がありますので、大きめの病院での検査を受診しましょう。 椎間関節症 首には、7つの椎骨からなる「頚椎」と呼ばれる骨があります。 7つの椎骨は、「椎間関節」によってつながれており、この部分にはたくさんの神経が集まっているため、非常に痛みに敏感な場所です。 何らかの原因によって、この部分に負担がかかりすぎると、首を動かしたり、息を吸うだけで首にほど近い背中に痛みを感じることがあるのです。 とくに、頚椎の5~7番目までのいずれかの関節を傷めた場合に、肩甲骨付近の背中上部に痛みを感じることが多いようです。 椎間関節にダメージを与える原因は、猫背や肥満、運動不足、あるいは咳のしすぎなど、いろいろありますが、比較的若い人に多く見られるというのも特徴です。 猫背の人や姿勢が悪化している人にも発生しやすい問題ですので整体などに行ったり、普段から姿勢を正しておくことが症状の予防に有効です。 また、椎間板の血行不良や栄養不足にならないようにしっかり栄養の摂取や、運動などでの筋肉の凝りの解消なども有効になります。 腰で発生するヘルニア等は比較的若い世代に多い問題になりますが、椎間板や頚椎で発生するヘルニアなどの症状は50代以降をすぎ、高齢者になると発症者が増加する問題でもありますので、予防を心がけていきましょう。 胸椎前方変位 背骨を横から観察したとき、連続する骨が緩やかにS字にカーブしているのは、多くの人がご存知のことでしょう。 猫背の人は、胸が背中の方へ引かれ、身体の内側に向かって背中が曲がっています。 「胸椎前方変位」は、その逆のパターンと考えるとわかりやすいかもしれません。 バレエやダンスをしている人によく見られるのですが、胸を突き出すようにして、背骨が後ろへ反ってしまっている状態を言います。 身体の柔らかい人や、事故などの衝撃でなる場合もあるようです。 圧迫感によって呼吸ができなかったり、深呼吸をすると背中と胸が同時に痛む、または仰向けで寝ることができない、といった症状が見られます。 初期症状としては、背中の緊張感や凝り、突っ張りなどを長期間感じてからそれが痛みに変わるという経過を辿るので、これに近い症状を感じている場合はこの問題が発生しているかもしれません。 膵臓、心臓、胃の疾患 背中の左側だけが痛む場合、膵臓疾患、狭心症、心筋梗塞、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など、身体の左側にある臓器に疾患がある可能性も考えられます。 この場合、背中の痛みだけでなく、吐き気や頭痛、胸やけ、便秘や下痢などの症状も合わせて発症することがあります。 筋肉疲労や、無理な姿勢などで背中の左側のみが痛むこともありますが、吐き気などの症状が見られるときは、早めに病院で診察してもらうことをおすすめします。 内科での検査を受けても構いませんが、吐き気などの症状が発生している場合、専門家となる病院は消化器内科や胃腸科などの科で受診したほうがより詳しく病気を探る事ができるでしょう。 内蔵に発生している病気や炎症などから背中や胸など関係ないと思われる部位に痛みを発生させるのは関連痛と言います。 筋膜などが突っ張って痛みが他の臓器などを飛び越えて出てくるので、直接関係ないと思われる部位に問題が発生している可能性もあるということを認識しておきましょう。 肝臓、胆嚢の疾患 背中の右側だけが痛む場合、、肝臓がん、、、胆管がんなど、背中の右側にある臓器に疾患がある可能性も考えられます。 とくに、肝臓はかなり進行しなければ症状が出ないことが多く、「沈黙の臓器」とも言われており、背中の右側の痛みは、肝臓疾患を発見するバロメーターでもあります。 肝炎や肝臓がんが背中の痛みの原因になっていると、発熱や嘔吐などを併発する場合があります。 風邪とよく似た症状なので、自己判断で放置してしまったり、病院でも誤診されることがあるので、気になる場合は慎重に診察してもらいましょう。 また、背中の右側の痛みに加え、油っぽい食事の後にお腹の違和感や痛むといった症状がある場合は、胆嚢炎や胆石の疑いがあります。 背中の左側の痛みと同様、筋肉疲労や無理な姿勢などが原因になることもありますが、内臓の不調を併発しているときは、早めに医師の診察を受けましょう。 また、肝臓や胆のうと言った部位が弱っていると、腎臓にも影響して尿検査などでも異常が発生する事があります。 腰痛が発生している場合にも、肝臓や胆のう、腎臓と言った部位に炎症などが発生している可能性がありますので、注意しましょう。 息を吸うと背中が痛むときの対処法 背中の痛みが長期に渡って続くときは、内科や整形外科もしくは消化器内科や胃腸科での早めの診察をおすすめします。 ここでは、比較的症状が軽い場合に、自分でできる対処法をご紹介します。 どの対処法が有効かどうかで体に発生している問題についてもなんとなく判断することが出来ます。 以下の対処法を試しながら痛みや苦痛を和らげて、出来るだけ早めに病院での検査を受診してください。 温める 筋肉疲労や肩こりが背中の痛みを引き起こしているときは、患部を温めて、血行を良くすることで、痛みを和らげることができます。 お風呂にゆっくりと浸かったり、温湿布や貼るカイロなどを上手に使って身体を温めてあげましょう。 また、食事も、身体を冷やさない食べ物を摂ることをおすすめします。 血行改善に効果のあるしょうがや、人参、ごぼう、かぼちゃなどを積極的にメニューに取り入れてみましょう。 しかしもし炎症などが発生していて痛みがでている場合には温めることが逆効果になってしまう事もあります。 ですので、もし痛みが逆に強くなってしまった場合は冷やして対処するようにして、早めに病院を受診してください。 特に内臓系に発生している炎症の場合には1日1時間でも早い治療が早期完治に繋がります。 冷やす 怪我や、重たい荷物を持ち上げたことがきっかけとなって、背中に痛みが生じた場合は、患部の炎症を抑えるため、冷却湿布や、ハッカ油を使って冷やしてあげるのが効果的です。 入浴時にも、あまり熱めのお湯に浸かるのではなく、ぬるめのシャワーに留めておくのが良いでしょう。 患部を冷やすときは冷やし過ぎに注意してください。 冷やしすぎてしまうと血行不良の問題に繋がりますので、そうなるとなかなか痛みが改善しない事になります。 タオルや氷などを使用する場合10分冷やしたら30分〜1時間以上時間を開けて数回に分けて冷やすようにしましょう。 また、冷やす場合についても。 筋肉の凝りや血行不良などが原因で痛みが発生している場合は冷やすことが逆効果となり、症状を悪化させてしまいます。 冷やすか温めるかの判断が難しい場合は、あまり急激に対応せずに、徐々に温度を変化させて痛みの変化の度合いを確かめながら対処していくようにしましょう。 ストレッチ 怪我や骨の異常による背中の痛みにおいては、自己判断でむやみにストレッチすると、悪化する場合があるので、先に病院で診察する方が安心です。 しかし、筋肉疲労やコリが痛みの原因となっているときは、ストレッチをして肩周りや背中をほぐすことで、痛みを和らげることができます。 <背中と肩のストレッチ>• 両腕を上げ、右腕の肘を曲げ、左手で右腕の肘をつかみます。 左手で、右肘を左に引っぱります。 余裕があれば、右肘を下に押し込むようにしてみましょう。 反対側も同じようにストレッチします。 <背中上部~中部のストレッチ>• 両腕を、前ならえをするように、肩の高さまで上げて手のひらを組みます。 その状態から、おへそを覗き込むように、頭を下げて背中を丸めます。 組んだ両手を誰かに引っぱってもらうイメージで、グーっと前へ伸ばします。 肩甲骨の間が伸びているのを感じながら行いましょう。 <背中の横側と脇腹のストレッチ>• 両腕を上げ、右手で左手首をつかみ、上へ軽く引っぱります。 その状態から、息を吐きながら、ゆっくりと右側に身体を倒します。 左足に体重をかけるように倒すと、自然に身体を傾けることができます。 反対側も同じようにストレッチします。 ここにあげた全てのストレッチは、立った状態でも、椅子に座った状態でも行えます。 自分が無理なくできる方を選んで、あくまで、気持ち良いと感じられるところまで伸ばしていきましょう。 お風呂上がりなど、身体が温まっているときに行うと、より効果的です。 痛みによって、息を吸いづらいときは、「息を吐く」ことを意識しながら身体をほぐしていくことをおすすめします。 背中の痛みにおける予防法 日頃の心がけで、背中の痛みを防ぐことができます。 そのためには、やはり、筋肉を緊張させたり、硬直することがないよう、血行を良くすることがポイントです。 どうしても健康な内は欲にかまけて好き放題に生活をして乱れた生活習慣でもお構いなしに毎日を過ごしてしまいますが、そうならないように自制心を持って体を管理することが重要です。 また問題発生の初期の初期に現れる体からのサインなどについても敏感に感じ取っておいて早い段階で整えるということも意識的に行えるようにしましょう。 ストレッチ 先に述べた、対処法のストレッチは、予防にも効果的です。 お風呂上がりなどに、身体の筋肉をほぐす習慣をつけると、寝付きも良くなります。 また、デスクワークなど、同じ姿勢のまま長時間過ごすときも、時々ストレッチすることを意識すると、気分もリフレッシュし、集中力も高まります。 背中の肩甲骨付近に肩こりによる痛みが発生しやすい悩みを抱えている人は特に有効なストレッチ法を幾つか持っておくと有効でしょう。 ストレッチ1 手を前に組んで前、上へと背伸びをします。 5秒間ほど体勢をキープして深呼吸を行います。 後ろでも手を組んで胸を張って伸びをします。 これも5秒間ほど行いましょう。 3セットするだけでも効果があります。 ストレッチ2 腕を背中側に回して肘の角度を90度に曲げて、肩と掌を後ろに引きます。 上と下の両方を行って肩甲骨付近をひきつけます。 このストレッチは寝違えの首の痛みなどが発生しているときにも有効な方法になります。 ストレッチ3 胸を張って肩甲骨を思いっきり中心に寄せます。 背中の筋肉がつらない程度に3〜5秒間キープして一気に力を緩めます。 これを3セットほど繰り返しましょう。 これらのストレッチは座りながらでも、場所を取らずに行えるストレッチですので仕事の合間などに小まめに休憩やリフレッシュがてら行ってみてください。 リラックスした状態で行うことで効果は上がります。 身体を冷やさない 冷えは、コリを招くだけでなく、様々な不調を招く原因となります。 肌着などで調節して、体温を必要以上に奪われないよう心がけましょう。 その他にも、トマトや白砂糖、コーヒーなどの身体を冷やす食べ物を取り過ぎない、冷たい飲み物はできるだけ避けるように気をつけることも大切です。 また、身体をキツく締めつける洋服や下着も、血行不良による冷えを招きます。 自分の身体に合ったサイズで、スムーズに日常的な動作ができる衣類を身につけて、血行不良を未然に防ぎましょう。 ストレスを溜めない ストレスは、精神面のダメージだけでなく、痛みや不調になって身体に現れます。 とくに、肋間神経痛の場合は、ストレスがピークに達したときに、痛み始める…という場合もあるようです。 身体に痛みが生じると、さらにストレスを増大させる悪循環に陥ります。 そのような状況を避けるためにも、普段から、ストレスに負けない、しなやかな心身をつくることが大切です。 ストレスを感じても、すぐにニュートラルな状態に戻せる方法を知っておくことは、ストレスフルな現代社会の中で、健やかさを保つ何よりの方法かもしれません。

次の

「背中が痛い」誕生日に急死の阿藤快さん、予兆? 出演の医療番組でも指摘されていた(1/6ページ)

背中 が 痛い 右上

それほど激しい痛みはなく、以下の様な症状が見られます。 筋肉痛のような鈍い痛み、うずく痛みを感じる• 背中の張り、コリ、だるさ、重さなどの違和感を感じる• 背中の筋肉が硬くなっている 初めは背中や腰まわりに軽い痛みを感じたり、背中がなんとなく疲れる、だるい、重苦しい感じがする、いつもよりこっている、などの不快感を感じます。 放置していると徐々に痛みが強まっていく傾向があり、突然強い痛みに襲われることもあります。 病院で診察を受け、X線撮影(レントゲン)でも背骨や神経に異常がなく、血液検査による内臓疾患も見当たらなければ、多くの場合 「筋筋膜痛症候群(きんきんまくつうしょうこうぐん」と診断されます。 難しい病名ですが、筋肉疲労による痛みの総称です。 一般的な肩こり、腰痛などもこれに分類されます。 1.「過度の運動」や「運動不足」 背中の筋肉「背筋」を使う運動をたくさん行うと、筋肉疲労による痛みを引き起こします。 いわゆる筋肉痛です。 背筋は普段の生活でも常に使われていますが、物を引っ張ったり、持ち上げたり、前かがみの姿勢をする時に特に負荷がかかります。 若い頃から部活動やスポーツをあまりしていなかったり、運動嫌いの人、運動不足の人ほど背筋が弱く、少しの運動で痛みが起こりやすくなります。 2.肩・背中・腰回りの筋力不足 背中の筋肉が弱い人は、日常生活において姿勢を維持するだけで筋肉が疲労し、背中や腰の痛みを起こします。 また、背骨は首から腰にかけて伸びており、首・背中・腰の筋肉で背骨をまっすぐにして姿勢を維持しています。 首や腰の筋力が弱いと、その分を背中の筋肉でカバーしなければならず背中の筋肉が傷みやすくなります。 筋力をつけることは、単に大きな負荷に耐えられるだけでなく、筋肉の収縮作用により血行が良くなる効果も期待できるため、背中の痛みの防止に役立ちます。 3.「不適切な姿勢」と「同じ姿勢の継続」 背中を丸めた前かがみの姿勢や中腰の姿勢は、背中と腰への負荷が特に大きく、筋肉が大変疲労します。 腰が弱くなることで更に背中の負担が増す悪循環にも陥りやすくなります。 また、例え姿勢が良くても、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、同じ姿勢を長時間続けると、筋肉が長時間緊張した状態になり、更に皮膚と筋肉が圧迫されて血行も悪くなるため、肩・腰・背中に疲労がたまります。 特にパソコンを使った仕事は、視神経と筋肉の緊張が長時間続き、ストレスも大きいため要注意です。 4.腰痛・肩こり 肩こりや腰痛になると、間接的に背中の痛みを発症しやすくなります。 は背中痛の原因として非常に多くみられるものです。 首から背中上部にかけて痛み、悪化すると背中や腕の痛み・しびれ、頭痛や吐き気などの症状が出ることもあります。 腰痛持ちの人は、普段の生活で無意識に腰をかばった動作をすることが多く、腰の負担を減らしつつ姿勢を維持するために背中の筋肉が酷使されます。 その結果、背中の痛みを生じやすくなります。 5.背中の冷え・更年期障害 背中が冷えると、血行(血液の流れ)が悪くなり、筋肉のコリやこわばりの原因になります。 エアコンの冷風や冷え性などによる以外にも、更年期障害やストレスによるホルモンの乱れ・減少によっても起こります。 (参考:) こうした危険因子については、別項で更に詳しく解説しています。 日常生活いおいて背中に負担となるような姿勢は動作は極力避けつつ、シップを貼って痛みがひくまで安静にしたり、マッサージを受けるなどの対策で治療できます。 また、背中痛が慢性的なものにならないよう、予防も含めて自分の生活習慣を見直しましょう。 軽めの運動やストレッチを習慣づけて運動不足解消したり、背筋を鍛えるトレーニングを行ったり、普段の姿勢に気をつけ、1時間に一度は姿勢を変えたり休息を取るなど、筋肉の緊張をほぐす対策が有効です。 運動やトレーニングをする場合は、最初から一生懸命やりすぎると、かえって筋肉痛になってしまいます。 症状が良くなってから、小さな負荷で少しずつ継続して行うことが大事です。 腰痛や肩こり、姿勢の悪さ、ストレスなどが原因となっている場合は、こうした要因を取り除くことが先決です。 根本的な原因が解消されない限り、薬やマッサージで一時的に症状がよくなっても、すぐに痛みが再発する可能性が高いです。 自分の体の状態や普段の生活を振り返ってみて、何が背中によくないのかしっかりと把握した上で改善を図りましょう。 激痛をともなう「ぎっくり背中」 背中のこりが現れ、徐々に痛んでくる「筋肉痛」のような症状以外にも、突然前触れもなく背中に" 足をつったような" 強い痛みを感じるケースがあります。 日常の何気ない動作をした瞬間に突然背中に激痛が走り、その発症の仕方がぎっくり腰に似ているため、俗に 「ぎっくり背中」と呼ばれることもある症状です。 頭、腕、肩、腰などを少し動かしただけでも強く痛むため、夜も寝返りがうてず、咳やくしゃみの振動でも痛みが走ります。 ぎっくり腰と同じで、入浴時は体への負荷が減るため症状が和らぐという特徴があります。 軽めの筋肉痛や筋肉疲労でも、何度も繰り返していると背骨に無理がかかり、ぎっくり背中やなどを発症しやすくなります。 痛みがひどい場合は椎間板の変性も同時に進んでいると考えたほうが良いでしょう。 たかが筋肉疲労と甘く見るのは禁物です。 痛みをこじらせないうちに、早めに予防と治療の措置をとりましょう。 安静にしたり、マッサージや鍼(はり)治療を受けるといった方法は、筋肉を休ませたり血行を良くすることで、現在表面に出てきている痛みを解消したり和らげる効果はあります。 しかし慢性痛に対しては、あくまでその場しのぎの一時的な処置であり、数日で痛みが戻るようになります。 完治のためには、背中の負担となっている悪い生活習慣の改善を図ることが必要です。 運動のしすぎが原因であれば、痛みがよくなるまでは運動を控えめにしたり、安静を保つことが必要です。 運動不足が原因なら、安静やマッサージによって症状が和らいできたら、小さな負荷によるトレーニングやストレッチ、軽めの運動が効果的です。 姿勢の悪さが原因と考えられるならば、姿勢の矯正や作業合間の休憩やストレッチで背中の緊張をほぐすことを習慣づけるよう努力しましょう。 慢性化した痛みは解消まで時間がかかるため、すぐに結果を求めず、焦らずに少しずつ体質や環境を改善してゆきましょう。 「ぎっくり背中」のような、激しい痛みをともなう症状が出た場合は、症状がおさまるまで数日安静を保つのが基本ですが、1週間経っても全く症状が改善しなかったり、日常生活に支障をきたすほど症状がひどい場合は、別の病気や障害が潜んでいる可能性もあるので、できるだけ早く整形外科を受診しましょう。 症状が更に進行しているため、治療にはより長い期間が必要となります。 加齢に伴う自然な老化現象の一つでもあるため、無理に完治は目指さず、少しでも痛みが和らげばそれで十分と考えたほうが良い結果をもたらします。 前向きな気持ちになったり、運動やマッサージによって心地よさを感じることで、快楽ホルモンが分泌され、痛みが和らぐ効果があることが科学的に証明されています。 逆に、完全に痛みが消えないと納得できないといったふうに神経質になってしまうとよくありません。 悩みやストレスは体の機能を調節する自律神経などの働きを鈍らせ、痛みを増幅させてしまいます。

次の