にんに君。 三浦春馬さん死去、多部未華子との「オリンピックカップル」もう見られず 約4年ごとに映画で共演、「君に届け」から3度: J

小関裕太・木村達成・生田絵梨花、ミュージカル『四月は君の嘘』から2曲披露

にんに君

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 練習すら制限される中、できることを模索する選手たちの「いま」をオンライン取材などを通じ、紹介する。 小学5年生のけんたろう君から、悲痛の声が上がった。 「コロナで練習も試合もなくなった。 けがもしてしまって……」 5月下旬、プロバレーボール選手の柳田将洋(27)がオンラインで開いた講習会でのことだった。 「戻ったら絶対、けがをする前以上に成長しようと思った」。 柳田は自らの経験を話し始めた。 昨春、左足首を骨折し、その直後にプレーしていたポーランドから帰国。 約3カ月を棒に振った。 「今は先が見えないけれど、こうやってけんたろう君に会えている。 こういう時だから得られているものを考えて」とアドバイスを送った。 講習会は、柳田の武器サーブに特化したオリジナルのもの。 「利き手側に体をひねって球にパワーを伝える」「サーブはトスで6、7割が決まる」。 自分で作ったプレゼンテーションの資料を使い、子どもの頃の自分の動画を見せながら、基本を説いた。 寄せられた子どもたちの動画も解説し、質問に丁寧に答えた。 約40人を相手に、柳田は1時間半、熱弁を振るった。 「バレーボーラーだからバレー….

次の

君(キミ)とは

にんに君

俳優のさんが18日、亡くなったことがわかった。 30歳。 所属事務所が発表した。 これを受け、関係者やファンから続々と追悼のコメントが寄せられている。 訃報が報じられると、同じ事務所の声優・は自身のツイッターで「悲しみで息が詰まる。 ご冥福をお祈りします」、人気ユーチューバーのも「三浦春馬さん。 昨年一緒に飲みながら語った時、『YouTuberって仕事大変だよね、ヒカキン本当頑張ってるよ』と褒めてくださいました。 優しい方でした。 ご冥福をお祈りします」と追悼。 HIKAKINは自分と三浦さん、俳優のとの3ショット写真を載せた。 そして、三浦の代表作とも言える映画『君に届け』で主題歌を担当したのも「君に届け歌わせていただきました。 曲が流れた瞬間から今日一番強い風が吹いた。 色んな人の想いが天国まで届いていますように」とつづった。 ファンからは「余りにも驚きすぎて今頃、涙が止まりません。 なぜ、どうして、それしか頭にありません」「涙が止まりません」「まだまだこれからを期待していた俳優さんでした…とても残念です。 心よりご冥福をお祈りします」「言葉になりません。 めちゃくちゃショックです」と追悼とともに悲しみの声が広がっている。 なお、所属事務所のサイトは「三浦春馬に関するお知らせ」と更新し、「弊社所属の三浦春馬が、2020年7月18日に亡くなりました」と発表しており、「自殺とみられる」と一部では報じられているが、発表では「ファンの皆様、関係者の皆様におかれましては、ご心配、ご迷惑をお掛けしておりますが、詳細に関しましては、現在確認中であり、改めてご報告させていただきますので、何卒ご了承の程宜しくお願い申し上げます」としている。 三浦さんは1990年4月5日生まれ、茨城県出身。 1997年にNHK朝の連続テレビ小説『あぐり』でデビュー。 映画『恋空』で『日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞。 その後、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』、『ごくせん』等で一気に知名度をあげる。 2017年にはNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演。 映画『君に届け』、『永遠の0』、『進撃の巨人』、『銀魂2 掟は破るためにこそある』など多くの話題作に出演していた。

次の

君が世界のはじまり : 作品情報

にんに君

解説 2019年の国会で不正会計疑惑を質す姿が注目を集めた政治家の小川淳也を17年にわたり追いかけたドキュメンタリー。 2003年、当時32歳で民主党から衆議院選挙に初出馬した小川は、その時は落選するも、05年の衆議院選挙において比例復活で初当選。 09年に政権交代が起こると「日本の政治は変わる」と目を輝かせる。 しかし、いかに気高い政治思想があろうとも、党利党益に貢献しないと出世はできないのが現実で、敗者復活の比例当選を繰り返していたことからも発言権が弱く、権力への欲望が足りない小川は、家族からも「政治家に向いていないのでは」と言われてしまう。 17年の総選挙では希望の党に合流した前原誠司の側近として翻弄され、小池百合子代表への不信感から無所属での出馬も考えた小川だったが、前原や地元の盟友・玉木雄一郎への仁義というジレンマに悩まされ、背水の陣で総選挙にのぞむ。 映画では「シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録」「園子温という生きもの」、テレビでは「情熱大陸」「ザ・ノンフィクション」など、数多くのドキュメンタリーを手がけてきた大島新監督が、17年間追い続けた小川の姿を通して、日本政治の未来を問いかけていく。 2020年製作/119分/G/日本 配給:ネツゲン スタッフ・キャスト 五回も当選していながら、つまりそれだけの時間、永田町の魑魅魍魎を目の当たりにしていながら、こんな真っすぐで純粋な国会議員がいるのか。 それは、初当選当時と今と、加齢分しか顔つきが変わっていないことで察しがつく。 呆れた笑顔でいながらもしっかりサポートする家族の表情でもわかる。 小泉総理のときの民主党、民進党、希望の党、そして無所属。 その経歴だけを追えば、まったくもって信用ならない道筋でしかない。 それだけ僕には日本の野党という存在に不快感があるというということ。 だからといって自民党が最善ではない。 野党が不甲斐ないのだ。 政策で対峙せず、あらを捜し、足を引っ張るだけ。 真っ当な正論も、薄ら笑いで簡単にあしらわれるって相手にされてないってことでしょう?それを不甲斐ないと言わずしてなんと言おうか。 その、野党のいち議員を追ったドキュメンタリ。 「中道を目指して」という政治姿勢には、片方に寄り過ぎる危険臭もないし、他者の意見を受け付けない融通の無さもない。 「試練やなあ。 」と半ベソでつぶやきながらも、どこか自分の逆境を楽しんでいる素振りさえある。 嬉しそうに、というよりは、運命を受け入れているという風体で。 だからこそ、彼は、常に自分に足りないものを意識し、人の話を聞きながらしっかりと腹に落とし込み、素直に涙を流すことができる男のようだ。 それゆえにこちらも爽やかな涙を流せる。 国会議員でありながら、4万7千円のアパートにいまだ住み、好物の安い油揚げを美味しそうに食べる。 彼のような政治家が増えればいい、とまでは言わない。 だけど、国政にはこんな政治家もいる多様性は必要だと思う。 こんな男が総理になれるかって? なれるわけがないだろう。 ひとえに純粋すぎる。 だけど、かつて芥川龍之介は言った。 「ゲーテになることをきまり悪がっていては、ゲーテの御者にさえなれない」と。 大島監督がフォーカスする人間に惹かれ、彼が長期密着してきた人物に興味関心があり鑑賞。 強い地位と発言権の会得に邁進するだけで何十年も苦闘させるこの国の政界。 確かに、政治家は強かな人間こそ務まるのでしょう。 51対49の論理で、51の側が49の思いを背負う覚悟を…印象的な言葉に象徴される純粋な思想や覚悟・行動に、今からでも声援を送りたくなる。 ボンボンやエリートさんの生活を連想していた後に映し出される、凡そ代議士らしからぬ質素な生活こそ、この家族の純な願いを想起させるのだ。

次の