猫 保険 安い。 ペット保険

【多頭飼いの方必見!】ペット保険が割引される多頭飼い割引プランを徹底比較

猫 保険 安い

このシステムの場合は、業界に参入するには免許が必要となり、扱える商品は限定されません。 少額短期保証会社は、飼い主が支払う保険金が、損害保険会社と比較をすると安いのが特徴で、人間側の負担が少ないのです。 業界に参入するのは登録制で、免許が必要な場合よりも比較的簡単なのですが、扱える商品が短期、掛け捨て、少額に限定されます。 猫の保険には、あとで保険料を請求して保証してもらう方法と、病院の窓口で、保険では負担されない自己負担額だけ支払う方法があります。 窓口で負担額だけ支払う方法のほうが、面倒がなくて良いと言われてます。 の保険比較サイトで、我が家の黒猫モモ3歳の、種類と年齢を入れて保険料を試算してみたら、一番保険料が安かったのは、ガーデンの50%の治療費保証割合で、月々820円でしたが、ここは多頭飼い割引をしていて、一頭につき900円の割引をしてくれるようですが、いろいろと調べていくと、猫の条件によっていろいろとプランがあり、かなり面倒な感じは否めません(汗)。 そして、2006年4月までは、いわゆるペット共済というシステムは、運営を監督する官庁がなかったので、規制する法律もありませんでした! そのため、まがいのお金の集め方をしていたので、トラブルが急増していたのですが、2006年4月に法律が改正され、最初に書いたとおり、精度が出来たので、共済などもの監督下に置かれています。 猫の保険の仕組みは?対象動物は? そもそも、ペット保険などの仕組みはどうなっているのでしょうか? 基本的には助け合いの精神が根本にあります! みんなが少しずつお金を出し合って、保険会社がその資金をプールし、病気をしたり、怪我をしたりした動物がいると、そこから保険金として動物病院でかかる費用を負担してくれます。 そして、猫の保険は加入後待機期間という、その間に病院で病気を発症した場合、保険金が下りない期間が設けられていて、これは各会社によって期間は違います。 例えば一般的には加入後の待機期間は30日、がんなどの病気なら120日となっていて、審査がおりて契約を開始しても、この期間は補償されません。 理由は、実は兆候が事前にあったのに、保険に加入して、その後病院に連れて行くといったずるをする人がいるからです。 保険会社も商売ですから、こういった待機期間を設けて防衛しなければなりません。 加入対象も、各会社によって違いがありますし、になっている場合加入できないところもあります。 猫の保険に加入するときに健康診断を行うかどうかも、各会社によって違います。 そもそも猫には公的な健康保険がありませんし、治療費もかなり高いので、もし仮に大きな病気を発症した場合、治療費に悩まされることになりますから、日本でも年々猫の保険を必要だと判断して入るべきか悩んだ後、結果的に加入する人はどんどん増えているようです! 猫の保険に入るべきかどうかは、まさに一緒に暮らす人間の判断に委ねられるという話になります。 外に出ていく猫がいる場合、いつ事故にあったり怪我をするかわかりませんし、室内飼いの猫だからといって、怪我をしないとは言い切れません。 心配しはじめたらキリがないのですが、愛猫のために保険に入るべきかどうか悩むところですね! しかも、保険に入ったところでプランによっては100%の保険料が保証されているわけでないので、ここも入るべきかどうかという判断材料になり、必要かどうかと問われると、必要ないとは言い切れないと答えるしか無いのかなというのが現状でもあるようです。 それでは、猫が保険に入ったときのメリットとデメリットをご紹介しておきます。 猫の保険安いものはあるの? 猫の保険は、条件やプランなどによって安いものもありますが、どんな内容の保険をつけるかによって金額なども変わってきます! そして、安い保険料のものは、補償金額が100%でないものも多いので、よくプランを比較して、これならばというものをご自身で見つけていくしかなさそうです。 猫の保険に関して個人的見解! 黒猫モモを拾ったときから、猫の保険は必要なのかな、入るべきかと考え続けて気づけば3年! もし入るべきと思うのなら、そろそろ考えて決めてしまわないとどんどん年齢を重ねていってしまうので悩みどころですが、獣医の見解だと、6歳の健康診断をパスしたら、加入をしたほうがいいかもということです。 理由は、猫は7歳を過ぎた頃からぐっと病気を発症しやすくなるからだという話のようです。 個人的には、毎月数千円を掛け捨てにするのなら、それを、もしものときのために猫用貯金として積み立てておくほうがいいのかなとかいろいろと考えてしまいます。 北区赤羽で税理士をされている方の見解を読んで、個人的にやはりまずは積立貯金からがいいのかなとも考えてしまいました。 記事はこちらになりますので、参考にされてください。 うーん、悩みどころですが、現在ペット共済へ資料請求をしていますので、資料が届いたら、またいろいろと考えたいと思います。 基本的に猫も人間と同じ哺乳類ですから、食事の内容に注意して、ストレスを与えないようにしたりすれば、黒猫のモモの場合、以外は花丸マーク付きの健康優良児と言われたばかりですし、ダイエットは順調に進み、ここもクリア出来ますから、病気の発症の心配はないと、個人的に国から難病指定をされている疾患を自力で治してきた経験からも、そう思っているのですが、人生は何が起きるか分からない面も多々あります、もう一度じっくりと検討しながら、どうするか決めていきたいと思います。 ペット共済の資料などが届いたら、また追記をしていきます! 届きました~ゆっくり目を通して検証しますね あなたは猫の保険に関しては必要で、入るべきだと思いますか、要らない派? もしよろしかったら、などをお寄せくださると参考になります。 ~追記~ 共済の資料などを見て検討していきましたが、結局どちらでもいいなというのが個人的見解になりました! 毎月掛け捨てで安心感を得るか、その分猫用の医療費として貯金をしておくかは、人それぞれだと思います。 ナナ(2017年9月現在1歳)が来年2歳の誕生日前に健康診断を受けさせて、その結果を見て決めていこうと思います。

次の

【持病あり】すでに病気でも入れる可能性が高いペット保険はこの5つ!

猫 保険 安い

もしもの時に…大切な我が子と飼い主を守ってくれるのが「ペット保険」 ペットには健康保険がないため、治療・手術に数十万~数百万円かかることも珍しくありません。 その高額な治療費を50〜100%の割合で補償してくれるのが「ペット保険」です。 猫ちゃんやワンちゃんは「痛い・つらい」とは、言葉にはできません。 自分のお財布事情のせいで、大切な家族の命が救えなかったとしたら、後悔してもしきれませんよね。 ペット保険は大切な家族を守るのと同時に、私たち飼い主を経済的に・精神的にサポートしてくれるのです。 絶対入っておくべき!ペット保険おすすめランキング【総合編】 ペットの寿命も年々長くなり、うれしい反面、高齢化に備えるためにもペット保険の需要はますます上昇。 どの保険に加入していいのか迷っている飼い主さんのために、人気のペット保険を比較して、総合的にランキング。 ペット保険選びの参考にしてみてください。 その他映画やレストラン、レジャー施設の割引待遇あり 加入者の口コミ評判 「1回の支払いに限度がないので、高額な手術や通院も安心です」 「いろいろと比較したけど、この保険料でこの補償内容!いちばんいいと思います」 「小型犬に多い膝蓋骨脱臼が対象になっているのが良心的だと思います。 「プラン70」は70%補償・年間70万円まで 1日の支払限度額 制限なし 1年間の支払回数の制限 制限なし 運営会社の信頼性 自動車保険で有名なアクサダイレクトが運営 会員特典 24時間ペット健康相談サービス(通話料有料) 加入者の口コミ評判 「補償内容や回数制限がないところが気に入って加入しました」 「有名な保険会社がやっているということで安心できました。 保険金の振り込みまでもスピーディでした」 「保険料と保険金のバランスがとれていて気に入っています」 「いろいろな割引制度があるので、工夫すれば保険料はもっと安くなると思います」 フリーペットほけん(FPC) 月額保険料 犬/1,590円 猫/1,590円 補償内容 手術/入院/通院/終身継続なし 50%補償プランのみ。 電話の対応も感じがよかったです」 ニーズ別ペット保険ランキング 【総合編】だけではなくニーズに合わせたランキングも紹介しています。 ペット保険選びに重要なこととは? 総合第1位は「げんきナンバーわんスリム」(ペット&ファミリー少額短期保険)。 理由は 保険料が安いだけでなく補償が手厚いこと、1日あたりの限度額や年間支払回数の制限がないこと。 制限がないことにより長期の入院や通院が必要な場合や高額な手術が必要なときでも安心。 また終身継続ができるのも魅力です。 加えて、 犬に多い股関節脱臼や膝関節脱臼・膝蓋骨脱臼(亜脱臼を含む)の治療費も補償されますが、これも良心的。 保険によってはこれらの病気は、補償の対象外となっているからです。 ペット保険は継続するためにも、保険料が安いほうがベター。 ですが、補償が手薄になってしまうのでは加入した意味がなくなってしまうことがあります。 保険料が数百円の保険もありますが、実は非常にお金のかかる通院・入院が補償外がほとんどなので注意が必要です。 補償と保険料のバランスは、保険を選ぶ上でもっとも重要。 ペット保険の選び方・基礎知識 「ペット保険」は広まりつつありますが、どんな役割があるのかはっきりわからないという方もいるのではないでしょうか。 犬や猫をはじめ動物は人間のように医療保険がききません。 そこでカギを握るのがペット保険。 加入すると、ペットがケガや病気になったときに医療費を一部負担してもらえるので、飼い主の金額負担が軽くなります。 会社によって、対応している病気が異なるので、内容を把握したうえで加入するようにしましょう。 ペット保険のメリットや補償内容を紹介しています。 タイプ別おすすめペット保険ランキング 愛するペットに何かあったときのために、安心して任せられるペット保険会社を選びたいですよね。 補償内容の充実度や月々支払う保険料は各会社によって異なります。 「ペット保険はどれも同じ」だと思わず、備えておきたい内容があるかどうかチェックすることが大切です。 手厚い補償があり無理せず続けられる保険会社は?ペットの種類別、運営会社の信頼性、保険料や補償内容など、それぞれの観点から、おすすめの保険会社をランキングにしています。 人気ペット保険一覧 保険に加入する前に欠かせないのは、「プランの内容をしっかりチェックすること」。 手術だけを保険の対象としているプランや、通院から手術まですべてを対象としているプランがあります。 補償の割合もプランによって異なるので把握しておくのがベスト。 長い目で見たときに一番お得な保険は何か?自分のペットにはどの保険が合っているか、照らし合わせてみましょう。 人気の高い14社のペット保険会社の特徴と口コミをまとめています。 【犬種別】注意すべき病気をチェック ペットの中でも特に人気が高い「犬」。 家族同然で過ごしている方も多いのではないでしょうか。 愛犬がもし病気になってしまったら早く気づいてあげたいですよね。 犬種やサイズによってかかりやすい病気は異なります。 「様子が変だな?」と感じたとき、正しい検査を受けられるように、犬種別・大きさ別に気を付けたい病気をチェックしていきましょう。 【猫種別】注意すべき病気をチェック 犬と同じくペットとして飼われている割合が高い「猫」。 猫は犬に比べて病気にかかりにくいため、保険料は比較的抵額。 特に雑種は病気にかかりにくく、寿命が長いといわれています。 人気の高い純血種で病気の少ない猫を飼うには?病気にすぐに気づいてあげられるには?猫の種類別に気を付けるべき病気の基礎知識をまとめました。 こんな症状が見えたら要注意 愛するペットが病気になったらすぐに見つけてあげたいですよね。 そのためには、犬や猫特有の病気や原因、症状を知っておくことが大切です。 どんな犬や猫も、体調を壊したり、ケガをしたりすることは起こり得ること。 特に生まれたばかりの子猫や子犬、年齢を重ねた子猫・子犬は注意が必要です。 早期発見できるように、病気にいち早く気づける症状とその原因を調べてみました。 犬猫だけじゃない、小動物の飼い主も保険をチェック! ペットは犬や猫だけじゃありません。 ウサギやフェレットなど小動物を飼っている方も多くいます。 小動物はデリケートで体が弱く寿命も短いものが多いです。 しかも犬や猫に比べて治療費が高いと言われています。 愛するペットを守るために小動物の飼い主の方々も病気や医療費、保険についてしっかり学びましょう。 また、信頼できる会社が運営しているかどうか、うれしいサービスがあるかなどもしっかりチェックしましょう。 【このサイトについて】 個人運営しているサイトです。 それぞれの保険にかんする最新の情報は各公式HPからご確認ください。

次の

安い料金でお得!犬・猫のペット保険格安ランキングBEST3

猫 保険 安い

この記事の目次• 猫のペット保険料最安値ランキング 今回のペット保険は、各社同じようなプランで、猫ちゃんの条件も同じ場合での比較をしてみました。 年齢によって、保険料の上がり幅も違います。 保険会社を選ぶときの参考にしてみてください。 以下を条件に、ペット保険10社を「安い順」に徹底比較します!• プラン70(もしくは補償内容が相当するもの)• 子猫(生後2か月・オス・MIX)• 月々の支払い(年払いではない)• インターネットで申し込み(不可の場合は郵送申し込み)• 同じような内容のプランの中で、保険料を安く抑えたい方にはおすすめです。 また、アクサダイレクトは、人間の保険なども扱う保険会社の大手なので安心感があるというのも魅力ですね。 特典として、 365日24時間の獣医師の無料の電話相談ができるので、猫ちゃんの様子がおかしいと思ったらいつでも利用できるので心強いです。 ただし、デメリットもあります。 慢性的な病気の補償が制限されたり、更新時にかかった病気を治療対象外になったりすることがあるようなので、加入前には必ず確認しましょう。 免責金額があることを除けば、支払回数や治療1回あたりの 支払金額制限なしなので、1年間での制限金額内なら何度でも保険金が支払われます。 10歳以上の保険料が変動せず、終身継続可能なので安心です。 休日・夜間など時間外診療も補償対象となっており、他のペット保険に比べて、保険対象になる病気が多いので、幅広くカバーできます。 免責金額があるので、どちらかというと大きな病気やケガに向いていると言えるでしょう。 また、 完治しない慢性疾患に対しては一生涯で制限がかかってしまうことがデメリットです。 さらに、完治をしたと診断されなければ限度日数と限度額がリセットされないので、注意が必要です。 歯科治療は保証対象なので、高齢になってからの安心感はあります。 車イスの補償やペットセレモニー費用特約も任意で加入できますが、ペット保険という意味合いでの加入だと、大きな特典ではないかもしれません。 メリットとしては、100%保障プランがあるので、制限金額内であれば全額補償されることです。 また、待機期間がないので、すぐにも適用させたい!という飼い主さんにはおすすめです。 膝蓋骨脱臼、歯肉炎・歯周病も保険対象です。 また、 慢性疾患でも翌年度になれば限度額が更新されるのは大きなメリットです。 無事故割引制度、インターネット割引、マイクロチップ割引、多頭飼い割引など割引制度をうまく活用することで、保険料を安く抑えることも可能です。 デメリットとして、年齢ごとの保険料の上がり幅が大きめです。 ずっと保険料が上がり続けることと、継続は20歳までなので、長期的に考えて加入したほうがよさそうですね。 免責される(補償されない)病気やケガが多い(歯周病・歯肉炎は対象外)のもデメリットです。 小さな病気で病院にかかっても、保険の力を発揮しにくいです。 歯科治療は保険適用外ですし、高齢でも加入できるが更新の上限も16歳までなので、猫ちゃんが完全室内飼いの場合は、寿命も長いケースが多いので、かなりデメリットだと言えます。 補償の回数や1日の限度制限なしですが、歯科治療は保証対象外です。 また、慢性疾患の場合、翌年度も限度額が更新されないので、ペット保険としての魅力は少ないでしょう。 終身での継続可能で、限度額まで回数・1回あたりの制限なしなので、安心して病院にかかることができますね。 獣医師の電話相談が無料という特典もあるので、積極的に利用しましょう。 膝蓋骨脱臼と誤飲は補償対象ですが、歯科治療は保険適用外なので、注意が必要です。 年間限度額を超過すると保険が失効することもあるので、どれくらい保険金の支払いがあるのか常に意識する必要があります。 ただし、15歳以降は大きく保険料が上がるので、それも考慮した上で加入しましょう。 多頭割引、インターネット契約割引、福祉割引など割引制度を利用して保険料を安く抑えることもできます。 保障割合が100%ですが、限度額があるのがデメリットです。 子猫に多い誤飲は補償対象なので、問題ありませんが、歯科治療、膝蓋骨脱臼は保険適用外です。 慢性疾患の場合、保険適用外になる可能性ありますので、完全室内飼いの猫ちゃんの保険としてはあまりおすすめしません。 加入が7歳までなので、早めに加入することが必要ですが、終身での継続可能です。 限度額まで回数・1回あたりの制限がありませんし、毎年支払い限度額がリセットされるので慢性的な疾患にも対応できる強みがあります。 11歳以降になると保険料が変わらないのが魅力です。 一部の対応病院では保険料の窓口清算ができるようなので、かかりつけの病院が対応できれば大きなメリットになりますね。 デメリットとしてはインターネット申し込み不可ですので、保険適用開始までかなり時間がかかります。 その場で保険金がおりるので、お財布に優しい保険ですね。 高齢でも加入できますし、終身継続可能なので、高齢で加入を考えているのであれば、アイペットはおすすめです。 デメリットとしては、保険料の上がり幅が大きく、高齢になるほど保険料が高いので、子猫のうちから加入する場合は、かなりの金額を支払うことになります。 免責される(補償対象外となる)病気やケガが少ないので、どちらかというと高齢の猫ちゃん向けと考えた方がよさそうです。 保険金の支払い請求方法が豊富なのも魅力です。 LINEでの保険請求ができるというのは驚きですね。 獣医師の電話相談が無料、迷子捜索サポートサービス利用可能など保険以外の特典もユニークなものがあります。 免責される(補償対象外となる)病気やケガが少ないので、子猫から高齢猫ちゃんまで幅広い年齢に対応できます。 加入可能年齢が8歳未満なので、早めの加入が必要です。 デメリットとして、内容や特典が充実している分、保険料が高いです。 また、治療回数が多いと保険料の割り増し制度がありますので、病気がちな猫ちゃんにはあまり向いていません。 保険料も思ったより高くなった!ということもあり得るということです。 ペット保険の内容 ペット保険は、いろいろな保険会社が商品としています。 プランや支払う保険料、補償の範囲、1日の限度額や免責金額など、各社同じようなプランでも内容をよく確認すると、全く違う内容であることもしばしばあります。 途中で別の保険会社に変更することもできますが、新規加入の条件なども各社違うので、加入をする場合はなるべく早い方がいいでしょう。 以下は、よくあるペット保険内容の解説です。 ほとんどの会社が50%、70%のプランを扱っています。 中には、80%、90%、100%のプランを提供する会社もあります。 プランの名称を割合で記載していない会社もありますが、おおよそ上記の割合で設定されています。 例えば、病院で10,000円の治療費がかかった場合、70%プランだと保険会社が70%負担、飼い主(保険契約者)が30%負担となります。 金額としては、飼い主が 3,000円の負担ということになります。 例えば、「 年額70万円まで」、「 1日10,000万円まで」などです。 限度額を超える保険料は支払われませんので、飼い主の負担となります。 限度日数や回数を超える保険料は支払われませんので、飼い主の負担となります。 免責金額を超えた金額分が保険料支払いの対象になります。 例えば、プラン70%、免責金額3,000円の場合で、治療費が10,000円だったとすると、10,000円から3000円を除いた金額、つまり7,000円が保険対象金額です。 その70%が保険会社の負担となるため、飼い主は7000円の30%、つまり2100円を負担します。 免責金額3000円と自己負担金額2100円で5100円が飼い主負担になります。 免責金額の設定をしているプランは小さな病気よりも、大きな病気や手術などで効力を発揮します。 ペットがご近所の人などにケガをさせてしまった場合などに、保険が支払われる追加のプランです。 通常のプランに組み込まれているものもあります。 葬儀代や診断書などの保険がおりる特約もあります。 50%プランの場合なら、保険料を安く抑えることもできますが、補償内容は薄くなります。 慢性的な疾患がある場合は、その疾患に関する治療費は、保険支払い対象外になることもありますので注意が必要です。 その後、領収書などを添付して書類で保険の申請をする会社が多いです。 一部窓口精算ができる保険会社があります. 保険料が上がったから、他の会社に変更しようとしたときには、他の保険会社の新規加入年齢を超えているということもありますので、あらかじめチェックしましょう。 まとめ 今回は保険料が「安い順」で比較してみましたが、アクサダイレクトのペット保険が第1位でした! しかし、ペット保険は、ずっとお金を払って加入し続けるものですし、加入した後では、保険会社を変えるのも難しい場合もあるでしょう。 これから加入を考えている飼い主さんは、しっかりと比較し納得のできる保険を選びましょう。 すでに加入している飼い主さんも、今加入している保険が最適なのか再検討してみるのもいいでしょう。 あなたの猫ちゃんにピッタリの保険は見つかるといいですね。

次の