老後 2000 万 円 問題。 老後2,000万円不足問題を最新情報で計算すると1,500万円になる事実と独身は1,400万円|株JIN

老後2000万円問題 「単身者」の場合はいくらになるのか

老後 2000 万 円 問題

老後に2,000万円が必要といった情報が話題になりました。 一律ではない多様な生き方が選択できるようになりつつある昨今。 人が安心して一生涯生きていくためには、資金がどれだけ必要なのでしょうか。 萩原博子著『おひとり様でも、一生お金に困らない本』より、老後に向けて知っておくべき生活の考え方をご紹介します。 現状把握していくら必要なのか試算する まずは、現状を把握しながら、老後にいくら必要かを計算し、対策を考えていきましょう。 15ページより引用 多くのメディアに出演している著者ですが、経済事務所勤務後は1982年から経済ジャーナリストとして活躍してきました。 家計運営のノウハウをわかりやすく伝えてくれる名手として、定評があります。 多様な生き方が認められるようになってきた現代ですが、その分だけ前例がないため、新しい情報を常に収拾して、老後に備えていかなくてはなりません。 まずは、現状把握が大事であると著者はいいます。 65歳を定年として日本人女性の平均寿命である87歳までの22年間に必要な生活費は、毎月15万円かかるようです。 そこに家賃、医療費、介護費などを加えると、老後に必要な金額はなんと7,500万円程度なのだとか。 そして、既にある貯蓄 平均額 やもらえる予定の年金、退職金などを鑑みると、人によって差はあるものの、だいたい3,700万円くらい必要になってくるといいます。 老後に必要な資金は、もしかすると2,000万円どころではないのかもしれません。 生活のダウンサイジングをする それでは老後どころか、今の生活もあやうくなってしまうので、支出を減らすために、節約できるところはなるべく切りつめるよう「生活のダウンサイジング」をはじめましょう。 23ページより引用 3,700万円をこれから貯蓄するにあたって、すぐにできることとして何があるのでしょうか。 それは生活のダウンサイジングであると著者はいいます。 極端に贅沢をしているわけではなくても、収入と支出がほぼ同じで、貯蓄ができないと考えている人は多いのではないでしょうか。 大切なのは、予算を先に決めてその中に収まるようにやりくりすることなのだとか。 最初は、まず食費が削りやすいようです。 たとえば、食費が現在35,000円だった場合は、30,000円に見直し。 家賃や公共料金も、生活スタイルに合わせてダウンサイジングしていくなど、まだまだ見直す余地があるといえるでしょう。 また、自分へのご褒美という感覚は必要ないと著者はいいます。 頑張ったご褒美といって予定外の出費をちょくちょくしていては貯まらないのは当然です。 老後の安心を得るということ自体が最大のご褒美であると心得ておく必要がありそうです。 長く働くことを視野に入れる 支出だけではなく、収入の見直しも必要です。 仕事の形態や方法が多様化している昨今、10年後、20年後ともなれば、人と会わずに仕事が成り立つ傾向はさらに強くなることでしょう。 だとしたら、物価が高い都会に住むことなく、地方に移住するといった方法もあるといえそうです。 都会は何かとお金がかかるものです。 また、地方は仕事がない、給料が下がるといった心配も考えられますが、パソコンがあれば人と対面しなくても成立する仕事もたくさんあります。 だとしたら、地方の実家に戻ったり、お金がかからない地方に移住するということも視野に入れていくことができそうです。 また、そもそも働く期間を延ばせば、収入も増えると著者はいいます。 65歳から以降にどう働くかということを早くから考えておくことで生涯年収も上がっていきます。 さらに、「繰下受給」で年金の受給開始年齢を下げることによってもらえる額も増えていきます。 大切なのは、何歳の段階でも支出より収入が多いことを意識しておくことなのだとか。 早いうちから現状分析して備えつつ、長く働き続ける生き方を視野に入れておきたいものです。

次の

炎上する「老後2000万円」報告書問題、最悪なのは麻生大臣だ

老後 2000 万 円 問題

1.老後資金2000万円問題とは? 「 老後資金2000万円問題」とは、公的年金だけでは老後の資金が2000万円不足するとの金融審議会(内閣総理大臣、金融庁長官および財務大臣の諮問機関)の報告書「高齢社会における資産形成・管理」が出たところから始まりました。 老後資金が2000万円不足するという数字の根拠は、総務省の家計調査の結果に基づく単純な試算で、主に年金収入に頼る高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上・妻60歳以上)が30年間生きると仮定して「月5万円」「30年で2000万円」不足するというものです。 「公的年金だけで暮らせないなんてヒドい」、「2000万円なんてとても準備できない」などという悲観的な方から政府への批判が噴出しました。 スポンサーリンク 2.公的年金だけでは、老後資金が2000万円不足するのか? 実は、以前から 公的年金の給付水準は、現役世代の所得に対して5割程度になると示されています。 つまり、公的年金の所得代替率が5割であれば、現役引退後は現役時代の所得の5割以下で生活できなければ、公的年金だけでは老後資金は不足し、資産を取り崩す必要があるということになります。 現役を引退したからといって、いきなり生活水準を5割も落とすことは難しいでしょうから、ほとんどの方にとっては、公的年金だけでは老後資金が不足する事態が発生します。 また、今回の問題では、「老後資金2000万円」という数字だけが一人歩きしていますが、 全ての方の老後資金が2000万円不足するというわけではありません。 2000万円も不足しない方もいれば、不足額が2,000万円を超える方もいます。 金融庁の別の試算では老後資金の不足額は、1500万円~3000万円ともされています。 高齢者世帯の生活を1つのパターンに当てはめることはできません。 モデルケースのように夫婦2人の場合だけでなく、未婚で1人暮らしの方もいますし、サラリーマンで厚生年金の方でけでなく、自営業で国民年金の方もいます。 また、65歳以降も無職ではなく、仕事を続ける方もいるでしょう。 2000万円という数字は、あくまでもモデルケースでの老後資金不足額ということを認識しておく必要があり、今回の問題で、老後資金に不安を感じた方は、ご自身の不足額を計算する必要があります。 まずは、「 ねんきん定期便」や「 ねんきんネット」を使って、ご自身が受け取れるであろう公的年金の額を把握することをおすすめします。 そして、総務省の家計調査の結果や現在の生活レベルを参考に、老後にどの程度の生活を維持したいかを考え、必要生活費である支出と公的年金等の収入の差額を出せば、老後に不足する1ヶ月あたりの額が出ます。 スポンサーリンク 3.「人生100年時代」に公的年金は老後資金の柱となる? 「 老後2000万円問題」で、公的年金だけでは老後の生活は成り立たない。 よって、公的年金は破綻していて保険料を支払う意味はないと結論付けることは早計です。 公的年金だけでは老後生活が成り立たないとしても、 公的年金は老後資金の柱であることに変わりはなく、公的年金は破綻していて保険料を支払う意味がないという間違った認識をしないようにして頂きたいと思います。 公的年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)は、終身年金です。 終身年金は、年金受給者が死ぬまで年金を受け取ることが可能です。 例えば、老齢基礎年金は、満額で月約6. 5万円しか受け取れないと批判されることがありますが、「人生100年時代」といわれている状況の中、終身で年金を受け取り続けることができるという点では非常にありがたい制度です。 また、 公的年金は物価にスライドする仕組みがあります。 物価の上下に合わせて年金額も増えたり減ったりするようになっています。 物価が上がると、実質的にお金の価値が下がるので、年金額が上がらないと、年金受給者の暮らしは苦しくなります。 マクロ経済スライドの導入により、物価が上がるほど年金額は上がらない仕組みになっていますが、全く物価にスライドしない民間の個人年金保険に比べると、非常にありがたい仕組みです。 4.老後2000万円問題で不安を感じたら何をすべきか? 老後2000万円問題で、老後生活に不安を感じた場合、何をするべきでしょうか? ・なるべく長く働くことを考える まず、考えるべきことは、なるべく長く働くことです。 少しでも長く働いて、労働収入が入ってくる状態を長くし、 無職で資産を切り崩して生活する期間を短くすることが重要です。 なるべく長く働くためには、健康を維持することも重要ですし、労働力として必要とされるスキルを磨くことも重要でしょう。 自己投資をして、健康面やスキル面を上げることにより、収入が公的年金だけという期間をなるべく短くする努力をすることが肝要となります。 ・資産運用を考え、お金にも働いてもらう なるべく長く働くことが重要となりますが、健康の問題などで、思ったより早く引退しなければならない事態が発生するかもしれません。 そのような時のために 資産運用も考えるべきです。 老後資金確保のために貯蓄を思い浮かべる方が多いと思いますが、将来のインフレリスクを考えると、貯蓄のみに偏るのは危険です。 インフレとは物価上昇により、お金の価値が目減りすることを指します。 例えば、日銀が目標にしている物価上昇率年2%が達成され続けたとすると、物価の上昇により30年後には、お金の価値が約半分になってしまいます。 よって、貯蓄だけでなく、資産運用も考えるべきです。 資産運用というと、大きな額の元手がないと始められないと考えている方が多いですが、資産運用は小さい額からも始められます。 投資初心者は、大きな額から始めるよりも、少額積立投資からスタートした方が、大きな損を抱える可能性は低くなります。 例えば、退職金を受け取って初めて資産運用を始めるという方で、退職金の全額を株式や投信信託などに投入するという事例がありますが、そのようなことは絶対に避けるべきです。 昔に比べて、 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)や つみたてNISA(少額投資非課税制度)など、少額から積立投資が始められる制度が充実しています。 まずは、税制上優遇されている制度から活用し、少額の積立投資を始めてはいかがでしょうか? 例えば、つみたてNISAは月額の投資額上限が約3. 3万円ですし、サラリーマンの方の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、月1. 2万~2. 3万円が拠出額の上限と、手軽に資産運用を始められる額です。 『』 『』 『』 ご自身が長く働くことを考えるとともに、お金にも同じように働いてもうことを考えることも重要でしょう。 なお、死亡保障が必要という方には、 変額保険で死亡保障を確保しながら、資産運用するという手段もあります。 スポンサーリンク 公的年金の不足は、生活費の節約で乗り切れるのか? ネット上の書き込みを見ていると、現役時代の収入に比べて公的年金の収入が減るのであれば、生活費を節約して乗り切れば問題ないと思っている方がいますが、その考え方は危険です。 公的年金の給付水準は、現役時代の収入の5割程度になるとされていますが、所得代替率5割が保証されているわけではありません。 つまり、年金の財政状況や今後の経済情勢などによっては、所得代替率が4割や3割になる可能性もゼロではありません。 所得代替率が5割であれば、節約で乗り切れるかもしれませんが、所得代替率が4割や3割になった時に生活費の節約だけで乗り切れるでしょうか? 主な収入が公的年金になった場合、当然のことながら生活のレベルを下げ、生活費を節約することは必要だと思います。 しかし、生活費の切りつめだけでは乗り切れない可能性があることを認識しておくべきです。 スポンサーリンク まとめ 「年金は100年安心」はウソだったのかという議論がありますが、「100年安心」とは、100歳まで安心して公的年金で暮らせるという意味ではありません。 年金制度が100年存続されるという意味です。 「100年安心」という言葉だけが注目され、あたかも100歳まで公的年金で安心して暮らせるという誤解を生みつつも、国はそれを明確に否定することなく、正確な意味を説明することを怠ってきたといえます。 老後資金は公的年金だけでは足りない可能性があることは、既にほとんどの方が気付いていたことだと思います。 しかし、実際にいくら足りないかを計算することは、意識的に避けてきたのでしょう。 具体的な額を出すことは、非常に怖いことですし、国にとっては不都合な事実でしょう。 しかし、不都合な真実が明らかになったわけですから、老後資金準備にもっと関心をもつべきです。 老後資金は公的年金だけでは足りない可能性はありますが、老後資金の柱は公的年金であることを認識しつつ、なるべく長く働くことを考える。 そして、お金にも働いてもらうために、まずは積立投資から始めることをおすすめします。

次の

「老後2000万円」問題、ホントにそんなに必要? 新聞報道から読み解く: J

老後 2000 万 円 問題

そして仮に、自らの金融資産を相続させたいということであれば、金融資産はさらに必要になってくる 敢えて解説はしたくありませんが、生活費補填に2千万円、リフォームもして、ハイクラスの老人施設を利用して子どもに介護の負担をかけず、なお、子どもにもお金を残さなくてはならない、という内容です。 これが金融庁の考える「平均値」ということらしいのですが、この試案の中で、年金額の減少の見込みと共に、自分でも老後に備える「自助」が大切と訴えたために、皆が不安に駆られることとなったのです。 老後の生活費は月26. 4万円? 細かい生活費の内訳はというと、審議書の資産では、 老後の生活費は、年金と社会保険などで20. 9万円。 それに対して、支出は、食費は、税金、光熱費などを合わせた額が、26. 4万円。 マイナス分が、5. 5万円、これが月々の赤字となってしまいます。 その年数分を計算したものが、20年で1300万円、30年で2000万円になる、なので、老後は2000万円の資産が必要という計算です。 そしてこのままだと、次の参議院選挙に影響するとして、政府側はそれに反論、麻生太郎金融担当相が、上の報告書を「受け取らない」と述べるに至りました。 老後不足分は7700万円との試算も この問題を受けて、朝日新聞は他の試算を記事にしました。 ニッセイ基礎研究所が試算 ニッセイ基礎研究所研究所に試算してもらうと、65歳まで働いたサラリーマンと専業主婦の2人世帯の場合、 現役時代と同じ生活水準を保とうとすれば、年収300万円未満の世帯で1800万円、1200万円以上の世帯で7700万円など、年収が増えるごとに必要額も大きく膨らむ。 山形県のFPの試算では不足額は2500万円 さらに、山形県のファイナンシャルプランナー林正夫さん(57)は、大企業に勤めた人が多い都市部と違い、県内の年金額は1万数千円少ない可能性が高くなるといいます。 その金額で計算した場合は、毎月の赤字は7万円、20年で約1700万円、30年で約2500万円足りない計算になるとしました。 こちらも朝日新聞記事が掲載しています。 「公的年金だけで食べられる」東洋経済誌 これに対して、東洋経済の経済コラムニスト、大江英樹氏は、審議書の数字は、「今までも一般的にいわれてきたことであり、とくに目新しいことは何も言っていません」として、いまさら不安になるようなことではないと警鐘を鳴らします。 () 要約すると、 ・老後2000万円というのは、あくまでも平均値なので、人それぞれ ・食べていくだけなら公的年金だけでも可能。 つまり、年金が賄うのは、あくまで生活のベースのところであり、それ以上の「余剰」の部分は、自信の貯えによるべき」という意見でした。 終りに 老後に2000万円必要だとしても、退職間近だったり、既に退職をしていれば資産を増やす方法とてありませんので、今となってはあるだけの金額で暮らすほかはありません。 また、政治の問題はともかくとして、金融資産の問題は個人差があります。 いったいどれだけのお金があれば老後が安泰なのかを知るのには、平均値だけに頼らずに、まずは今、どれだけの生活費で暮らしているのか、老後は老後で生活費はいくらぐらいになりそうか、そこを考えることから始まります。 一度自分自身でも、調べてみる必要があると思います。

次の