企業型確定拠出年金 ideco 移管。 iDeCo(個人型確定拠出年金)の移管手続きで失敗や損をしないために知っておきたいこと

会社が企業型を導入し、iDeCoを移換しろと言われました。これって損ですよね。

企業型確定拠出年金 ideco 移管

個人型確定拠出年金の口座を移管する流れ 前置きが少し長くなりましたが、実際に口座を移管する流れを紹介していきます。 ちなみに手続きをするには「基礎年金番号」が必要になります。 年金手帳に書かれていますが、会社に預けているという方は会社担当者に聞くのも一つですし、「」で調べ方を紹介しています。 ちなみに、申し込み時はわからなくても構いませんが、後からは必要になるので今わからない方はとりあえず申し込みをしておいてあとから確認して連絡(入力)すればOKです。 ちなみに個人型確定拠出年金の移管手続きにおいて移管元となる金融機関への連絡は一切必要ありません。 移管先のみの連絡だけになります。 1)移管先の運用期間に申し込みを行う まずは、個人型確定拠出年金の資産を移したい先の金融機関に「個人型確定拠出年金を移管したい」と伝えて書類を送ってもらいます。 オンラインで申し込みができる場合は、専用のフォームや移管専用の選択肢が用意されていることが多いです。 楽天証券の場合は下の画像のような画面が表示されるので、移管(個人型確定拠出年金の金融機関変更)であれば右下を選択しましょう。 一方で企業型確定拠出年金を利用されていた方が会社を退職するなどして、口座の残高を個人型確定拠出年金(iDeCo)に移すという場合は左側です。 ちなみに、下記の記事でも取り上げましたが、企業型確定拠出年金は退職後に放置している人が少なからずいらっしゃるようです。 そのままにしていると年々残高が減っていくだけなので早めに手続きしましょう。 2)届いた必要書類に記入して返送する 変更先の証券会社から運営管理機関変更届が届きますので必要事項を記入して返送します。 このとき、運用管理機関変更によって運用している商品はすべていったん現金化されます。 また、「配分指定書」といって運用している個人型確定拠出年金の財産をどのように配分するかを指定する書類についても記載して返送します。 ちなみに配分指示を行わなかった場合は最も基本的な元本保証型商品(預金)に振り分けられるのが一般的です。 3)移管手続きが進められる 以上で手続き自体は終わりです。 完了までは2か月~3か月程度の期間を要することになります。 運営管理機関を変更する際の注意点、デメリット 個人型確定拠出年金の運営管理機関を変更するときには以下の点に注意が必要です。 移管元金融機関の運用商品はすべて現金化される• 移管手続きの完了まで2~3か月の期間が必要になる 運営管理機関によって取り扱っている運用商品は異なるため、移管時はいったんすべてが現金化されてから移管となります。 その売却の際に売却益があるような場合でも個人型確定拠出年金(iDeCo)なのでもちろん課税はされません。 そのため、大きな影響はないのですが、2~3か月の期間中に相場が変動してしまうことがリスクですね。 その間に相場が上がってしまえば、再投資するときに高値で買うことになります。 もちろん、その逆で相場が安くなって得をすることもあるわけですが……。 手数料の高い運用管理機関から移管するメリット じゃあ、そんなデメリットもあるのにわざわざ移管する必要があるの?というお話にもなりますよね。 移管するメリットがあるかどうかは、現在ご利用中の運営管理機関と移管先の手数料を比較してみるとわかりやすいです。 個人型確定拠出年金の運用においては「国民年金基金連合会手数料」「事務委託金融機関手数料」「運営管理機関手数料」の三つの手数料が月額でかかってきます。 そのうち運営管理機関手数料以外は固定です。 iDeCoの手数料 手数料額(月額・税込) 国民年金基金連合会手数料 103円 事務委託金融機関手数料 64円 運営管理機関手数料 金融機関により異なる。 決して看過できるコスト差ではありません。 ちなみに、この手数料の差はあくまでも総額です。 実際には毎月の積立額から差し引かれることになるので運用期間中、複利効果で悪影響を与えることになります。 するとどうなるか?運用期間が長くなれば長くなるほどマイナスの悪影響を与えます。 運用管理手数料が与える個人型確定拠出年金へのマイナス影響 運営管理機関手数料の複利的マイナス効果シミュレーションしてみましょう。 毎月2万円の積立をするとします。 年間の平均運用益をやや低めに3%と仮定します。 運用管理手数料+諸手数料が最安の167円と最高の617円とで運用年数ごとにどれだけの差が出るかを示したのが下記の表です。 これが複利の力です(逆方向に動いてますけど)。 参考: このコストの差が運用管理機関を変更する一番大きなメリットです。 また、運用商品においても、銀行は証券会社よりも圧倒的にレベルが低い(商品数が少ないうえ、扱っている投資信託の手数料も高い)といった形になっているので、おすすめしません。 ちなみに、商品別でみたら、楽天証券で扱っている「たわらノーロード日経225(信託報酬:0. 2106%)」と十八銀行で扱っている「日経225ノーロードオープン(信託報酬:0. 864%)」ともせっかくだから比べてみましょう。 10年運用 20年運用 30年運用 手数料167円+信託報酬0. こうした手数料や取り扱っている投資商品についてのデータは現在ご利用中の証券会社・銀行のホームページで確認できるはずです。 もしも、高コストの証券会社・銀行でiDeCoを運用しているなら移管することをお勧めいたします。 もっと詳しい比較データを見たいというかたは「」でも実際のデータをもとに、個人型確定拠出年金(iDeCo)のサービスを提供している会社を詳しく比較しています。 結論から言うと、運営管理機関手数料が無料のSBI証券か楽天証券にしとけって話になるんですけどね……。 以上、iDeCo(個人型確定拠出年金)の移管手続きで失敗や損をしないために知っておきたいこと.

次の

確定拠出年金を企業型から個人型(iDeCo)へ移管する ~ 楽天証券で運用指図者になる

企業型確定拠出年金 ideco 移管

iDeCoに加入されていた方 就職(転職)先で、企業型確定拠出年金に加入される方 就職(転職)先の企業型確定拠出年金に移換 加入者資格の喪失、及び資産の移換の手続きが可能です。 移換する場合は、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者の資格を喪失することになりますので、速やかに「」に、加入者の資格を喪失した理由及び喪失年月日を証明する書類を添付して、運営管理機関にご提出ください。 この場合、個人型確定拠出年金の資産を就職(転職)先の企業型確定拠出年金に移すことができます。 詳細な手続きは、就職(転職)先の人事・労務等のご担当の方にご確認ください。 企業型確定拠出年金規約でiDeCoへの同時加入が認められている場合は、iDeCoに引き続き加入することも可能 就職(転職)先の企業型確定拠出年金規約で、個人型確定拠出年金への同時加入が認められている場合は、引き続き、個人型確定拠出年金への加入者として掛金を拠出することができます。 企業型確定拠出年金とは別に、加入中の個人型確定拠出年金を継続する場合は、国民年金の被保険者種別、又は登録事業所の変更の手続きが必要です。 第1号加入者又は第3号加入者の方が厚生年金の適用事業所に就職した場合は、国民年金の種別が第1号被保険者又は第3号被保険者から第2号被保険者に変わりますので、「」に、就職(転職)先が記入した「」を添付して、運営管理機関にご提出ください。 第2号加入者の方が厚生年金の適用事業所に転職した場合は、「」に、転職先が記入した「」を添付して、運営管理機関にご提出ください。 就職(転職)先で、企業型確定拠出年金に加入されない方 iDeCoに引き続き加入が可能 国民年金の被保険者種別、又は登録事業所の変更の手続きが必要です。 第1号加入者又は第3号加入者の方が厚生年金の適用事業所に就職した場合は、国民年金の種別が第1号被保険者又は第3号被保険者から第2号被保険者に変わりますので、「」に、就職(転職)先が記入した「」を添付して、運営管理機関にご提出ください。 第2号加入者の方が厚生年金の適用事業所に転職した場合は、「」に、転職先が記入した「」を添付して、運営管理機関にご提出ください。 就職(転職)先に、確定給付企業年金がある方 確定給付企業年金へ移換が可能な場合もあります iDeCoに加入していた方が就職(転職)し、就職(転職)先に確定給付企業年金制度があった場合、確定給付企業年金の規約において、確定拠出年金の個人別管理資産を受入れることが可能と定められている場合に限り、iDeCoで運用していた個人別管理資産を就職(転職)先の確定給付企業年金へ移換することが可能です。 移換の可否については、就職(転職)先企業の担当部署にご確認ください。 国民年金第1号被保険者(自営業者等)になられた方 iDeCoに引き続き加入が可能 国民年金の被保険者種別の変更の手続きが必要です。 第2号加入者又は第3号加入者の方が国民年金の第1号被保険者(自営業者等)になられた場合は、「」を、運営管理機関にご提出ください。 国民年金第3号被保険者(専業主婦等)になられた方 iDeCoに引き続き加入が可能 国民年金の被保険者種別の変更の手続きが必要です。 第1号加入者又は第2号加入者の方が国民年金の第3号被保険者(専業主婦等)になられた場合は、「」を、運営管理機関にご提出ください。 企業型確定拠出年金に加入していた方 (転職先で企業型確定拠出年金に加入される方を除く) 企業型確定拠出年金からiDeCoに移換 企業型確定拠出年金の加入者資格の喪失、及び資産の移換の手続きが必要です。 企業型確定拠出年金に加入していた方が、企業型確定拠出年金のない企業等に転職したとき、役員就任等で企業型確定拠出年金の対象者でなくなったとき、退職して国民年金の第1号被保険者(自営業者等)又は第3号被保険者(専業主婦等)になったときは、企業型確定拠出年金の資産を個人型確定拠出年金(iDeCo)に移す手続きが必要です。 手続きは、「」に掲げた機関で取り扱います。 選択した運営管理機関にご連絡いただき、「」を、運営管理機関にご提出ください。 また、個人型確定拠出年金に加入し、掛金を拠出することができます。 個人型確定拠出年金に加入する場合は、併せて加入申出の手続きが必要です。 「個人型年金加入申出書」に所要の書類を添付して、運営管理機関にご提出ください。 厚生年金基金、確定給付企業年金に加入されていた方 厚生年金基金、確定給付企業年金からiDeCoに移換 就職(転職)する前の企業の厚生年金基金又は確定給付企業年金を脱退した方が、次の要件を満たす場合、厚生年金基金又は確定給付企業年金の脱退一時金相当額を、個人型確定拠出年金(iDeCo)に移すことができます。 個人型確定拠出年金の加入者であること• 厚生年金基金又は確定給付企業年金の脱退後1年以内に、移換元の厚生年金基金又は確定給付企業年金に移換を申し出ること 加入申出及び資産の移換の手続きが必要です。 手続きは、「」に掲げた機関で取り扱います。 選択した運営管理機関にご連絡いただき、「個人型年金加入申出書」に所要の書類を添付して、運営管理機関にご提出ください。 また、「」に移換元の厚生年金基金又は確定給付企業年金から証明を受け、運営管理機関にご提出ください。 企業年金連合会からiDeCoに移換 企業年金連合会に年金給付等積立金がある方が、次の要件を満たす場合、企業年金連合会の年金給付等積立金を、個人型確定拠出年金に移すことができます。 個人型確定拠出年金の加入者であること• 個人型確定拠出年金の加入者の資格を取得してから3ヵ月以内に、移換元の企業年金連合会に移換を申し出ること 加入申出、及び資産の移換の手続きが必要です。 加入申出の手続きは、「」に掲げた機関で取り扱います。 選択した運営管理機関にご連絡いただき、 「個人型年金加入申出書」に所要の書類を添付して、運営管理機関にご提出ください。 個人型確定拠出年金への移換の手続きは、企業年金連合会で取り扱います。 企業年金連合会 企業年金コールセンター 電話:0570-02-2666 PHS・IP電話からは03-5777-2666(受付時間 平日9:00~17:00) 自動移換された方 企業型確定拠出年金に加入していた方が、転職・退職等により、加入者の資格を喪失した場合、6ヵ月以内に、個人別管理資産を個人型確定拠出年金(iDeCo)又は他の企業型確定拠出年金に移換、若しくは脱退一時金の要件を満たす場合に請求の手続きを行わなかった場合、その資産は、国民年金基金連合会に自動移換されます。 自動移換された場合、次のデメリットがあります。 確定拠出年金への移換等の手続きをお取りください。 資産の運用がされません。 管理手数料をご負担いただきます。 自動移換中の期間は、老齢給付金の受給要件となる通算加入者等期間に算入されません。 そのため、受給可能年齢が遅くなることがあります。 自動移換された場合、次の手数料をご負担いただきます 手数料を、自動移換された資産からご負担いただきます(資産が0円の方のご負担はありません)。 国民年金基金連合会は、特定運営管理機関として、日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社に、次の業務を委託しています。 自動移換者の方の氏名・住所等の記録管理• 脱退一時金・死亡一時金等の請求にかかる事務• 個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金への資産移換にかかる事務• 自動移換者の方からのお問い合わせの窓口• 3月末に当年度分をまとめ、4月に資産から徴収させていただきます。 企業型確定拠出年金の加入者が退職し、別の企業に転職した場合、転職先の企業に企業型確定拠出年金制度があるかによって、手続きの内容が異なります。 転職元の企業型確定拠出年金で積み立てたを移換し、iDeCoの加入者として掛金の拠出を希望する場合は、「個人型年金加入申出書()」と「個人別管理資産移換依頼書()」を運営管理機関等にご提出ください。 また、iDeCoにおいて掛金の拠出を希望しない場合は、個人別管理資産の運用だけを行うことも可能ですので、「個人別管理資産移換依頼書()」を運営管理機関等にご提出ください。 次の要件に全て該当する場合、脱退一時金を受給することができます。 なお、企業型確定拠出年金又はiDeCoの加入者資格を最後に喪失した日が平成28年12月31日以前の方は、脱退一時金の受給に経過措置が認められています。 手続きは、「運営管理機関一覧」に掲げた機関が承ります。 選択した運営管理機関等にご連絡いただき、手続きをお取りください。

次の

会社員を辞めたら、企業年金をiDeCoに移せるの?

企業型確定拠出年金 ideco 移管

2017年1月に個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入対象者が拡大されたことにより、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者数は増加の一途を辿っています。 現在、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入している人にとって、今後「転職」した場合どう手続きをしたらいいのか? また、転職後も加入をそのまま継続できるのか、気になりますよね。 そこで、この記事では、「 転職の際の個人型確定拠出年金(iDeCo)の手続き方法と注意点」について、• 転職時の個人型確定拠出年金(iDeCo)の手続きパターン• 転職時の個人型確定拠出年金(iDeCo)の取り扱い方法 以上を中心に解説します。 この記事を読んでいただいたら、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入後、転職する際の参考になるかと思います。 ぜひ最後までご覧ください。 会社員から自営業者に転職する場合、現在加入している個人型確定拠出年金(iDeCo)を継続するためには条件があります。 農業者年金の被保険者ではない• 国民年金の保険料を免除されていない• 国民年金第1号被保険者である 以上が、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入・継続できる自営業者の条件となります。 それでは、会社員から自営業者に転職する手続きの場合、公的年金区分が第2号被保険者から第1号被保険者に変わるため、運営管理機関に「加入者被保険者種別変更届」を提出しなければなりません。 自営業者の場合、受け取れる国民年金の額は少ないですが、個人型確定拠出年金(iDeCo)での月々の拠出限度額が6万8,000円と、第2号被保険者・第3号被保険者と比べて高いというメリットがあります。 会社員から民間のサラリーマンに転職する場合、注意しておかなければならないことがあります。 それは、転職先の企業によっては、個人型確定拠出年金(iDeCo)とは別に、企業型確定拠出年金 企業型DC を実施している場合があるからです。 転職先の企業が、企業型確定拠出年金 企業型DC を実施していない、または企業型DCへの加入の選択が任意であれば、現在自身で加入している個人型確定拠出年金(iDeCo)の継続が可能です。 そのような場合には、転職先の事業主の証明を取得し、「加入者登録事業所変更届」と「第2号加入者に係る事業主の証明書 共済組員用 」を運営管理機関に提出し手続きを行います。 しかし、転職先の企業が企業型確定拠出年金 企業型DC の加入を必須としており、個人型確定拠出年金(iDeCo)への同時加入を認めていない場合には、現在加入している個人型確定拠出年金(iDeCo)を継続することはできません。 そのような場合には、「加入者資格喪失届」を運営管理機関に提出し、個人型確定拠出年金(iDeCo)の資産を転職先の企業型DCへ移すことができます。 詳しい手続き方法は、転職先企業の担当者に確認し、きちんと手続きを行うようにしましょう。 個人型確定拠出年金(iDeCo)には、自身が転職または離職した場合にも、現在保有している年金資産を持ち運び ポータビリティ することが可能という点が大きなメリットがあります。 上記で説明したように、会社員から自営業者に転職など、転職パターンによってその資産の持ち運び方法は異なります。 この 資産の持ち運びをするための手続きを「移管」手続きといいます。 転職した場合、速やかにこの移管手続きを行う必要があります。 しかし、企業型確定拠出年金 企業型DC に加入していた人が転職・離職し、6カ月以内に個人別管理資産を個人型確定拠出年金(iDeCo)または転職先の企業DCに移管しなかった、または脱退一時金の要件を満たすのに手続きを行わなかった場合には、その資産は国民年金基金連合会に自動移管されます。 もしも自動移管された場合でも、自身が契約している個人型確定拠出年金(iDeCo)の運営管理機関のコールセンターに連絡し、自動移管された自分の資産を取り戻したい旨を伝えるだけで手続きを行うことができます。 ただし、この自動移管された資産の手続きにはおよそ1,000円程度の手数料が必要となりますが、そのまま放置していても、1か月あたり51円の手数料が毎月かかりますし、資産運用されないままとなります。 資産の取り戻しに手数料がかかるとしても、自動移管された資産を放置していても資産運用されないまま資産は減るばかりですので、手続きを行う方がいいですよね。 また、このように余分にお金を失わないようにするためにも、転職・退職の際には6カ月以内にきちんと移管手続きを行うことをおすすめします。 企業型確定拠出年金 企業型DC と個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者の中で懸念されている、「DC難民」という方が多くいることをご存知でしょうか。 このDC難民とは、転職や退職などで企業型DCを脱退後、6カ月以内にiDeco加入などの手続きをせずに放置している人のことを指します。 先述したように、企業を転職・退職した人が6カ月以内に移管手続きをしていない場合、その資産は自動移管されてしまいます。 自動移管された場合、その資産は現金化され、ただの預金状態となります。 ただの預金状態となった資産は、運用資産されませんので資産が増えることもなく、また月々51円の手数料が引かれていきます。 このように、自動移管とはデメリットが大きくなるので、転職などで個人型確定拠出年金(iDeCo)に移す場合には忘れずに申請を行うようにしましょう。 個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、将来の年金を充実させるための制度ですので、現在年金の未納がある場合、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入はできません。 しかし、過去に年金の未納があったとしても、個人型確定拠出年金(iDeCo)加入時点できちんと未納を解消していれば、加入することができます。 個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できたからと言っても、加入後も年金の未納がないかを国民年金基金連合会によってチェックされます。 企業に勤めているサラリーマンや公務員は、厚生年金を給料から天引きされているので年金の未納となることはほぼありませんが、注意しなければならないのは国民年金加入者となる自営業者です。 もしも国民年金保険料の未納月があった場合、その月の個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金は返金され、その月の掛金は無効となります。 企業勤めから自営業者へ転職し、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する場合には、国民年金保険料の未納には注意しておきましょう。 転職する際の個人型確定拠出年金(iDeCo)の手続きについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• 転職先によっては、現在加入中の個人型確定拠出年金(iDeCo)の継続ができず、転職先の企業型DCへ加入しなければならない場合もある。 転職先の企業型DCへ加入することになっても、これまで加入していた個人型確定拠出年金(iDeCo)の資産を加入する企業型DCへ移すことができる。 転職や退職により資産の持ち運びをする際、6カ月以内に移管手続きを行わなければ自動移管され、資産運用されず資産が増えないというデメリットが発生する。 以上です。 個人型確定拠出年金(iDeCo)は、将来受け取れる公的年金に上乗せできる老後のための頼もしい制度です。 しかし、きちんと制度を理解し、また転職や退職時には手続きを行っていない場合、受け取れる予定のお金が受け取れない可能性がありますので、制度について常に新しい情報を入手しておくようにしましょう。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

次の