勉強 やる気 が 出る 言葉。 勉強はやる気が全て!?勉強のやる気を引き出す方法10選

【やる気がない時に】勉強やる気が出る!「相田みつを」の名言・格言

勉強 やる気 が 出る 言葉

Contents• やる気を引き出す3つのポイント 具体的な「言葉」をご紹介する前に、やる気を引き出す言葉の3つのポイントを、簡単にお伝えします。 「認める」「励ます」言葉が効果高し! 大阪府茨木市で行われた調査結果によると、小学生が「やる気が出た」と感じた言葉は、認められた!励まされた!と思える言葉が上位を占めたとのこと。 筆者の経験からもそう感じます。 他にも「寄り添ってもらえて安心感から頑張れた」内容も多いそうです。 脅したりお金でつったりして頑張らせるケースもあるでしょうが、これは育児や教育の専門家もよしとしていません。 やるべきことや時間を具体的に! 子どもへの声がけは、わかりやすく! NGな言葉として、「早くやりなさい」「ダラダラしないで」など…。 「早く」「ダラダラ」が案外わかりにくいのですね。 他にも「いいかげんにして!」「なんでできないの?」などの言葉や、長くてわかりにくい声がけ…。 どんどんやる気がなくなります。 子どもの様子をしっかり見ながら 「やる気が出る言葉」は、子どもによって、あるいは状況によっても変わってきます。 また、すぐにやる気を引き出せる場合もあれば、時間がかかる場合もあります。 ぜひ、お子さんに効果がありそうな言葉を見極めていきましょう。 また、学年が上がるにつれ、言葉や声がけの仕方を変えた方がよい場合も出てきます。 「認める」型のやる気につながる言葉 子どもにとって「認めてもらえた!」と思える言葉って、どんなものがあるのでしょうか? 認める「一言」、どんなものがある?• 「すごい!」• 「やったね!」• 「かっこいい!」• 「えらいね!」• 「さすが!」• 「これからもこの調子!」• 「前より上手になっているね」• 「こんなにできていて、びっくりしたよ」• 「頑張っている 頑張った ね」• 「努力している 努力した ね」• 「一生懸命取り組んでいる 取り組んだ ね」• 「助かったよ、ありがとう」 よい結果に対して認める言葉と、結果はどうあれ努力の過程を認める言葉があるのがわかりますね。 どんなに小さなお手伝いでも、たとえ嫌々やったのだとしても、「助かったよ」「嬉しい」「ありがとう」は次のやる気につながります。 大人の世界でも同じですよね。 具体的に認めるのも効果的 上記の認める言葉を、具体的に表す方法です。 特に中高学年は、納得できることでやる気につながりやすくなる印象です。 「漢字テストの勉強を頑張っていたよね。 高得点がとれてよかったね」• 「なわとびの二重とびが50回もできたなんて驚いたよ」• 「ピアノの練習、今日はすぐに取り組めてえらかったね」 学年が上がるにつれ「はっ?みんなできているし」「別にたいしたことじゃないし…」などと反抗的な態度のお子さんもいるかもしれません。 それでも、「認めてもらえた言葉」は脳に刻まれ、「認めてもらえたこと」は心に残っていきます。 お子さんの自己肯定感を高めることにつながるのです。 自己肯定感が高い子どもは、あるがままの自分を認めることができます。 生きる意欲や物事に対する「やる気のもと」にもなるのです。 ちなみに誰かと比較しての結果で褒めると、自己肯定感が高まりにくく、場合によっては劣等感につながることも…。 その子自身の物差しで、褒めて認めるようにしましょう。 「励ます」型のやる気につながる言葉 「頑張れ!」だけが励ましの言葉ではありません。 しかも「頑張れ!」は、すでに頑張っている子にはプレッシャーになることもありますね。 「〇〇 子どもの名前 は、やればできる!」• 「あと少しでできそうだね」• 「もっと自信をもって大丈夫!」• 「前よりもできている!もう一息だよ」• 結果に対しての非難や指摘でなく「次に、また頑張ろう!」• 「自分にできることから始めよう」• 「応援しているよ」 茨木市が小学校6年生の児童にとったアンケート結果によると、「あなたはやればできる!」「一生懸命やればできる!」などの言葉でやる気が出た、という回答が目立ちました。 案外、難しい言葉は必要ない、難しく考える必要はない、のかもしれませんね。 「一位になれるように頑張ろう!」「〇〇さんには絶対に勝とう!」という言葉で頑張れる子もいるかもしれません。 しかし、「誰かに勝つこと」だけが目的の価値観が植え付けられると、本当の意味での「生きる意欲」「生きる楽しさ」からかけ離れがちになります。 「寄り添う」型のやる気につながる言葉 寄り添うことでやる気が出るタイプのお子さんもいます。 特に低学年で、その傾向があるようです。 「一人でできてえらい!でも、たよってもいいのだよ」• 難しい問題などは「一緒にやってみようか」• 「何か手伝えることがあれば言ってね」• 「間違えてもいいからやってみようか」• 「結果は気にせず自分のベストを尽くして!」• 「お母さんがついているから焦らず頑張ろう」 不安でやる気が出ない、怖くて実力が発揮できないなどのタイプには、かなり効果があるでしょう。 「安心」も、お子さんの自己肯定感=意欲・やる気のもとにつながります。 わかりやすく具体的な言葉を! 「やる気がない。 親の言っていることがよくわからないから、もっとやる気がなくなる。 」…これでは意味がありません。 声がけは「わかりやすく」を心がけましょう。 たとえば勉強や宿題であれば、以下のような声がけはどうでしょうか?• 「5時になったら始めようか」• 「まずは、この3問だけやってみる?」• 「このページが終わったら教えてね」• 「宿題が終わったら好きなことができるよ」 特に低学年に言えますが、かける言葉が「子どもにとってわかりやすいか」を見直しましょう。 高学年の場合「何時になったら始める?」など、自分で考え決めさせるのがオススメです。 上記の声がけには、もう一つポイントが!語尾が「やりなさい」などの指示・命令になっていないことです。 他にも「今やっちゃおうか?」「これだけやっちゃう?」などもよいですね。 運動や習い事、手伝いなどの場合も、声がけは具体的に。 何かを教える時も、説明だけでなく実践して見せたり、本やサイト、動画なども上手に活用できたりするとよいでしょう。 効果が出やすい声がけの仕方 どんな言葉を選ぶ?どんなタイミングや表情で声がけをする? …実はやる気を引き出す言葉そのものよりも、大事だと言えるかもしれません。 やる気の出ない理由は? 「やる気を引き出す言葉」を調べ、ただやみくもに言うだけでは効果が期待できないことも…。 効果が出やすい言葉を考えましょう。 まず、お子さんの「やる気がない理由」は何でしょうか?• それが楽しくない。 それ以外のことをやりたい。 難しい。 やり方が理解できない。 一生懸命頑張っても、誰も認めてくれない。 学校生活で心や体が疲れている。 親への反抗心 もちろん複数の理由が複雑に絡み合っている場合もあります。 理由がよくわからないケースも、あるかもしれませんね。 しかし理由がわかったり想像できたりする場合には、それに応じた言葉や対応を選びましょう。 お子さんのやる気をより引き出しやすくなります。 たとえば、解き方が理解できずつまずいているのであれば、一緒に取り組むことでやる気が出るかもしれませんね。 学校生活で疲れている場合は、まず親御さんとティータイム。 学校の話を聞いてもらうなど、少しでもくつろぎの時間を持つことで、やる気が出る場合もあるようです。 反抗的なお子さんには、上から押さえつけるような声がけは逆効果。 認める、励ます、寄り添う声がけに「うざい」「うるせえ」と言われたとしても、内心は嬉しいということも多いようです。 子どもの目を見ながら 親御さん自身も、人から褒められたり声をかけられたりする時、きちんと目を見て言ってくれる方が心に響きませんか? いくら子どものやる気を引き出す言葉を使っても、スマホやテレビを見ながらでは効果半減。 親御さんが適当に言っているのか真剣に言っているのか、子どもは敏感なものです。 家事などで忙しい時もあるでしょうが、お子さんの目を見て話しかけるようにしましょう。 タイミングや表情も大事 何かと忙しい親御さんも多いと思いますが、極力「その時」に声をかけましょう。 特に褒めたり認めたりする言葉は、• 自分から宿題に取りかかれた「その時」• 何かを披露してくれた「その時」• 頼んだ手伝いを終えた「その時」 に、きちんとかけられるとベストです。 無愛想や、つまらなそうな表情で声がけされても、なかなか「やる気」にはなりませんよね。 疲れている時もあるでしょうが、口角を上げることを意識して言葉をかけてみましょう。 環境づくりも効果あるかも 取り組む場所の環境を整える。 環境を変える。 …その上で言葉をかけると、やる気が出る場合もあります。 取り組む部屋や机の上などの整理整頓• 学習机でなくリビングのテーブルで• 自分以外の誰かから声をかけてもらう 無駄な物があると気が散る原因に…。 きれいに片付いた環境は、集中力が高まりやすいという実験結果もあるのです。 勉強の場合は机を変える、運動や習い事の練習の場合は場所を変えるなど、環境を変えることがピタリとハマることもあるようです。 また、他の家族や習い事の先生などに協力を仰ぐ方法も…。 自分以外の人から声がけしてもらうことで、やる気を引き出せる場合もあります。 ほんの小さな「やる気」も喜んで! 今日から早速、試してみましょう。 ほんの少しでもお子さんの「やる気」が出たら、すぐに認めて素直に喜ぶ…。 それがさらに、お子さんのやる気につながりますよ! 使う言葉も大事ですが、親子の信頼関係が築けていることも、やる気のもとに!親御さんに否定ばかりされていると、自信とやる気がどんどん失われていきます。 意欲が低い児童に、繰り返し褒めて認める言葉をかけ続けたことで、物事に対する取り組み方が変わった…。 筆者の体験でも、こんな例が一つや二つではありません。 子どもを認めて励まし、子どもに寄り添いながら…。 仮にすぐに効果が出なくても、根気強く試していきましょう。 ある日やる気がぐんと高まっている!…そんなことが起きるかもしれません。

次の

高校受験でやる気が出ない悩みの<<解決策と勉強方法>>

勉強 やる気 が 出る 言葉

どうやったら勉強をやる気にさせることができるのかしら? お母さん もしあなたがこんな風に考えていたら、ちょっと危険かもしれません。 中学校のテストが近づいているのに、勉強しない我が子の姿を見ていたら、思わずスマホを手に取って、 「 勉強 やる気にさせる方法」 と検索したくなる気持ちはめーーーーーちゃくちゃ分かります。 人は、押しつけられるとやる気が下がってしまうことが分かっているから。 (きっとそんな経験ありますよね?) 特に中学生ともなれば、反抗期の真っ只中です。 押しつけられることを最も嫌う時期でもあります。 だからこそ、 「やる気にさせる」というよりも「やる気を引き出す」という意識が大切ですし、そのためのテクニックやコツを身につけたいところ。 というわけで、 「中学生のお子さんのやる気を引き出す方法やテクニック」に関するこれまでの記事を総まとめにしてみました。 どんな記事なのか? どのように活用できるのか? についても一言コメントを添えたので、使えそうなテクニックから使ってみてください。 最初に読んでほしい2つの記事 まず始めにこの2つの記事を読んでみてください。 なぜ勉強しないのか?子どもの勉強のやる気が出ない理由を理解してから対策を考えよう 勉強のやる気を引き出す前に、まずは「勉強しない理由」を突き止めておきたいですよね。 「原因」が分かれば、自然に「解決策」が浮かび上がってくるからです。 この記事では、を突き止めるためのチェックポイントがまとめられています。 まず始めにどうぞ。 中学生の勉強のやる気を上げる親の関わり方7つのポイント この記事では、がまとめられています。 料理で言えば、レシピの解説というよりも、料理の「さしすせそ」について解説されています。 この基本をしっかりと押さえておけば、後から紹介する記事にある 「やる気を引き出す方法やテクニック」がなぜ有効なのか? について理解が深まるはずです。 要するに、モチベーション理論の基本をサクッとまとめてある記事です。 子どもの勉強のやる気を引き出す方法とコツ・テクニック ここからは勉強のやる気を引き出す方法について具体的なコツやテクニックについて書かれている記事を紹介します。 勉強のやる気を引き出すためにご褒美はアリ?いろんな研究から分かった5つのポイント どうやって褒めたら良いかよく分からない お母さん という声を、たまにお母さんからお聞きしますので、。 褒めるということは「これが良いことですよ、これが正しいことですよ」という価値観の基準を与えることでもあります。 褒めるポイントを間違えると、思ってもいない価値観を身につけてしまう場合も・・・。 勉強の質も量も成績も上げるためには「マインドセット」と言われる「価値観の基準」を整える必要がある ということがスタンフォード大学の研究によって分かっています。 つまり「褒め方によって成績はもちろん、その子の成長を引き出すこともできれば、止めてしまうこともあるんですよ」ってこと。 もちろん、やる気も成績もアップできたらいいので、そのあたりの 褒め方のポイントをこの記事にまとめてあります。 たったこれだけ!?子どもから勉強のやる気を引き出す褒め方のコツ こちらも褒め方の記事。 上の記事との違いは、この記事にはについてまとめられています。 その中でも特に大切な、最初にやるべき2つのコツについてお伝えしています。 お手軽に効果が出やすいのではないか、と思います。 基本テクニックですので、どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、もし聞いたことがないという方は、まずはこの2つから取りかかってみることをオススメします。 中学生のテスト勉強のやる気を引き出すために親が最初にすべきこと こちらは テスト前に使える「やる気の引き出し方」です。 普段は勉強のやる気が無くても、テスト前になると、「あぁ、そろそろテスト勉強しなきゃいけないなぁ」と子どもは思っているもの。 でも・・・ なかなか「行動に移せない」のはもう何度も何度も何度も何度も目にしているはずです。 笑 (自分自身でもそんな経験はたくさんあるのですが・・・笑) このあたりは人間だからある意味仕方がなくて、だからこそ「意志の力」に頼らずに勉強するための工夫が必要になるんですね。 よく生徒さんには、 「がんばる!という気持ちだけではダメ。 人間はなまけてしまう生き物だからこそ、 気持ちに頼らず行動するための工夫が大事なんだよ。 」 とお伝えしています。 で、わたしとのレッスンでは、実際に工夫づくりを一緒に進めていくわけですが、その際のポイントをサクッとまとめてあります。 要するに、ですね。 人それぞれ合う合わないもあるので、全部やらなくても構いませんが、こうした工夫が行動を変えてくれるはずです。 ぜひ親子で一緒に取り組んでみてください。 勉強のやる気を引き出す!テスト後の言葉がけを4ステップにまとめました。 良いときは褒める、悪いときは叱る。 これが一般的なテスト後の言葉がけですが、これはあまり効果的とは言えません。 テストが良くても悪くても、実は基本的にはやるべきことは同じなんですね。 次回の点数アップにつなげるためにも、をしたいところですが、どうしてもテスト結果に目が言ってしまう・・。 でも、テスト結果は過去ですから、コントロールしようがありません。 コントロールできるのは未来の過程だけ。 この記事では 未来の過程をより良いものにしてあげるための、「言葉がけ」のポイントと手順をまとめてあります。 全然勉強しない!困ったうちの子のやる気を引き出すには? 全然勉強しなくて「イライラ」する・・・。 そんな親の姿を見て、子どもはさらに「負のスパイラル」に陥ってしまうこともあります。 ある意味、ときでもあります。 このスパイラルから抜け出すために、そもそも、ここに入らないために、 「こんなポイントに気をつけて、子どもを見てあげてくださいね」ということをまとめた記事です。 「勉強しろ」って言い過ぎた・・。 一秒たりとも勉強しない中学生のやる気を引き出す方法とは? こちらの記事は「勉強しろ」と言い過ぎてしまったり、よろしくない対応が積み重なった結果、すでに負のスパイラルに陥ってしまっている場合の対処法についてまとめてあります。 親子関係は難しいものではあるんですけど、やっぱり人間同士ですから、根っこにあるのは愛情ですよね。 その 愛情の伝え方と、子どもの感じ方にズレがあるから、うまくいかないわけです。 このズレを修正するために重要なポイントをまとめています。 がうまくいっていないなぁ、と感じる方はぜひ読んでみてください。 勉強を三日坊主で終わらせないための3つのポイント」 テストの結果が悪かったりすると、「急にやる気が高まる」タイミングってありませんか? そんな姿を見て、 ついに勉強のやる気を出してくれた! お母さん と喜んでいたら、それも束の間のこと・・・。 1週間もすればその勢いは少しずつ下火になってきて、最終的にはがっかりさせられることも多々あるかなと思います。 この原因は「頑張るという気持ちだけで乗り切ろうとすること」にあるわけです。 を避けたかったら、環境面での工夫が必要になるんですね。 この工夫について、手っ取り早くて効果的なポイントをまとめたのがこちらの記事です。 これも親子で一緒に取り組んでみてください。 番外編 少し主旨から逸れますが、色んな角度からやる気を捉えるために参考になる記事です。 番外編として紹介します。 やる気を引き出したその先に、どんな未来が待っていますか? 教育は「子どもの未来のため」であるのは当たり前なんですが、大前提として 「子どもの幸せのため」ですよね。 「未来」と言っても、 数十年前に考えられていた「未来」と、 今私たちが考える「未来」の姿は大きく違います。 今の教育の常識をもう一度、 それって本当に子どもの未来のため、幸せのためになっているの? お母さん という視点で振り返ってみたのがこの記事。 勉強のやる気を引き出した先に、どんな未来が待っているのか? お子さんにどんな人生を歩んでほしいのか? 少し立ち止まって、そもそも論から振り返ってみたい方は目を通してみてください。 おわりに 中学生のお子さんの勉強のやる気を引き出すための方法やテクニックに関する記事をまとめてきました。 すぐに実行できるもあれば、長期戦になるのを覚悟でじっくりと取り組むべきものもあったと思います。 「こんなの全部はできない…」 と思うかもしれませんが、あまり肩肘張らずに「できるものから一つずつ」取り組んでみてください。 一気に成果が出るなんてのは幻想で、日々の小さな積み重ねだけが未来を変えてくれます。 焦らずにコツコツいきましょう! おうちSTUDYは「できない」を「できる」に変える 正しい勉強の仕方が身につくオンラインスクールです。 詳細は以下のボタンからご覧ください。

次の

【受験】勉強のやる気が出る動画【名言など】

勉強 やる気 が 出る 言葉

もっと熱くなれよ!熱い血燃やしてけよ!人間熱くなったときが、ホントの自分に出会えるんだ!! まとめ いかがでしたでしょうか。 若干、1名ほど「偉人」と言っていいのか微妙な方がいましたが、 名言の内容は、感動的で熱い気持ちにさせられますよね。 読者の方も、この中から、お気に入りの言葉を見つけていただき、 紙に書いて目立つ所に貼るなどされてみてはいかがでしょうか。 それでは、お勉強を頑張って、是非合格をつかみ取ってください。 ありがとうございました!• ライセンス スティーブ・ジョブズさんの写真についてのライセンス表示です。 Matthew Yohe, the copyright holder of this work, hereby publishes it under the following licenses: This file is licensed under the license. Attribution: You are free:• to share — to copy, distribute and transmit the work• to remix — to adapt the work Under the following conditions:• attribution — You must attribute the work in the manner specified by the author or licensor but not in any way that suggests that they endorse you or your use of the work. share alike — If you alter, transform, or build upon this work, you may distribute the resulting work only under the same or similar license to this one.

次の