キャベツ と もやし 炒め。 味付けは2パターン!もやし炒めのレシピとコツ:白ごはん.com

キャベツと厚揚げの炒め物(味噌炒め)のレシピ:白ごはん.com

キャベツ と もやし 炒め

家で美味しいもやし炒めを作るコツは?? まず具体的なレシピの前に、材料や味付け、炒め方についてです。 家の火力で26センチ大くらいのフライパンで作るなら もやし1袋200gを一度に作るのをマックスにするくらいがよいと思います。 多すぎるとべチャッとなりやすいです。 また、もやしは料理によっては水に30分くらい浸けておくこともありますが、化学調味料を使わないシンプルな炒め物の場合は、水に浸けるとパリッと感は出るけれど、反面水っぽさも感じるので、水には浸けず、さっと洗う程度がいちばんよいと思います。 もやし炒めにも油は欠かせません。 ラードで作るとコクがあって食べ応えの出る仕上がりに。 ごま油で作ると香りよい、比べるとあっさりめの仕上がりになります。 また、 火力は常に強火です。 炒め物には非常に重宝すると思います。 野菜だけでも十分美味しくなるので。 フライパンにラードを入れ、塩、醤油は共に計量しておきます。 洗ったもやしの水気をしっかりと切り、材料をコンロの近くにすべて用意したら、コンロを強火で付けます。 ラードが完全に溶けて、フライパンが熱くなるまで熱します。 フライパンが熱くなれば、もやしを加えます。 『平らに広げて動かさずに10秒炒め、それからフライパンを振って(2回くらい)、また箸で平らに広げて10秒炒め、また振って』を繰り返します。 6セット終わったら、計量しておいた塩と醤油を加えて、手早く炒め合わせます。 味がまんべんなくいきわたれば、火を消して盛り付けに入ります。 こしょうを振るのは盛り付ける直前でOKです。 こしょうは好みの加減があるので、炒め途中に急いで振りかけるよりも、火から外してから落ち着いて振る方がよいと思います。 炒めたてを食卓へ!• こちらはラードに比べるとコクが弱いので、味付けは塩ではなく醤油をメインとし、味を補足するために砂糖もひとつまみ加えるとよいと思います。 工程はほぼほぼ上のラード炒めと同じです。 事前に調味料類は計量しておきます。 フライパンを強火で熱して熱くなれば、水気を切ったもやしを入れます。 上のラード炒めと同じように 平らにして10秒炒めて、振って、広げてまた10秒…を繰り返します。 6セット行って、平らな状態で炒めるのが計60秒になれば、調味料を加えて手早く炒め合わせます。 汁気が少し多いので、汁気が少なくなるまでフライパンを振って炒め、お皿に盛り付ける直前、火から外した状態でこしょうを振りかけて完成です。 余熱でももやしには火が通るので、調味料を入れる前に完全に火を通そうとしなくてもOKです(炒め方によっては6セットではなく5セットでもいいくらい)。 また、炒め物だからといってフライパンを振りすぎるのはNGです。 もやしを動かしすぎずに、強火で熱せられたフライパンの底面からの熱をもやしにちゃんと伝えるようにするイメージがポイントとなります。 前提として化学調味料使用せずのレシピとしていますが、もちろん化学調味料をちょっと合わせると、もやしの水っぽさを感じにくくなったり、青臭さをマスキングしてくれたり、味に広がりが出たり、といいこともたくさんなので、家にある調味料を使いつつ、いいとこどりで参考にしてもらえればと思います。 化学調味料を合わせるときは水に30分くらい浸けてパリッとさせるのもいいと思います。

次の

時間にしてわずか10秒。「もやし炒め」が超シャキシャキになる下ごしらえって?【筋肉料理人】

キャベツ と もやし 炒め

豚肉は一口大に切り、醤油で下味をつける。 えのきは硬い軸の部分を切り落とし、手でほぐす。 2.フライパンにサラダ油小さじ1程度(分量外)を敷き、中火にかける。 豚肉を入れて、箸でさばきながら火を通す。 全体がほぐれたらもやしとえのきを入れて、全体に広げる。 3.触らず3分間、中火のままで火を通す。 フライパンを観察すると蒸気が減ってくるので、底に焦げ目がついているかを確認する。 えのきに焦げ色がついていれば中濃ソースを加え、ざっくりと和え、器に盛り付ける。 好みで青海苔をかけてもよい。 冷蔵庫の意外な使い方 炒めものは水分のコントロールが鍵です。 よくある失敗は加熱しすぎです。 加熱しすぎると野菜から水分が出てきてしまうので、ベチャベチャした仕上がりになってしまいます。 以前を作ったときは、キャベツやもやしを湯通しすることで加熱のしすぎを防ぎました。 湯通しには火を通す以外にももう一つ、野菜の温度をあらかじめ上げておく、という効果がありました。 冷蔵庫から出したての冷たい野菜を一気に入れると、フライパンの温度が下がります。 結果として加熱時間が余分にかかり、水っぽくなってしまいますが、それを防ぐことができます。 湯通しは便利ですが、野菜の味が若干抜け、焦げ色がつきにくい、という弱点もあります。 そのため、今回のもやし炒めではまったく別のアプローチをとりました。 あらかじめもやしの表面の水分を飛ばしておくのです。 やり方はザルやバットにもやしを広げ、冷蔵庫に入れておくだけ。 (もやしは清浄された状態でパックに詰められているため匂いがある場合をのぞき、洗う必要はありません) 冷蔵庫は当たり前の存在すぎて、使い方があまり知られていません。 気をつけるべきは「野菜室」の使い方です。 野菜室に入れる野菜はトマトやきゅうり、なすやピーマンなどの寒さに弱い野菜。 寒さに強い大根やニンジン、ごぼう、キャベツやほうれん草などの葉物は野菜室ではなく、冷蔵室で保存したほうが長持ちします。 例えばブロッコリーなどの花の蕾を食べる野菜やきのこ類などはチルド室で保存すればかなり持ちます。 さて、もやしはどうでしょうか? もやしのような芽の野菜は成長を抑えるために温度が低いほうがよく、かといってチルド室では凍ってしまう恐れがあるので、冷蔵室が正解です。 野菜の保存にはもうひとつ、湿度が重要になってきます。 植物が生き伸びるためには水分が必要だからです。 冷蔵庫のなかは乾燥しているため、保存用のビニール袋に入れた状態で保存するのがセオリーです。 今回の調理法では乾燥した庫内の状況を利用し、もやしの水分を飛ばしました。 そうすることでもやし炒めが水っぽくなりません。 その理由は前回の野菜炒めと同様、フライパンの温度にあります。 水を蒸発させるにはたくさんのエネルギーを使います。 実は蒸気機関車はこの原理を利用して動いているわけですが、あらかじめ素材の表面の水を減らせばそれだけ効率よく加熱することができる、というわけ。 野菜をザルに上げた状態で冷蔵庫に放置し、水気をしっかりと切るのは大量調理する料理店などでも行われている手法です。 もやしとえのきを入れたら底に焦げ目をつくるように加熱します。 かき混ぜるとフライパンの温度が下がるので、豚肉を野菜の上に置いたら触らないこと。 そうすれば底は焼いたように上は蒸したようになり、上手に火を通すことができます。 また、調味料を加えると野菜から水が出てくるので、味付けは最後に。 ソースを入れたらあとはスピード勝負です。 ざっくりと和えて、器に盛り付けましょう。 ソースを使わず塩だけで味をつけてもいいでしょう。 その場合はたっぷりと黒胡椒を加えると風味がでて、よりおいしく味わえます。 おなじみの定番料理が100種類以上! これまでご紹介したレシピを肉料理、魚料理などメニュー別ににまとめました。 連載で取り上げてほしいテーマも募集しています。

次の

【これで激変】一人暮らしの定番料理 キャベツともやしの肉野菜炒めの作り方

キャベツ と もやし 炒め

家で美味しいもやし炒めを作るコツは?? まず具体的なレシピの前に、材料や味付け、炒め方についてです。 家の火力で26センチ大くらいのフライパンで作るなら もやし1袋200gを一度に作るのをマックスにするくらいがよいと思います。 多すぎるとべチャッとなりやすいです。 また、もやしは料理によっては水に30分くらい浸けておくこともありますが、化学調味料を使わないシンプルな炒め物の場合は、水に浸けるとパリッと感は出るけれど、反面水っぽさも感じるので、水には浸けず、さっと洗う程度がいちばんよいと思います。 もやし炒めにも油は欠かせません。 ラードで作るとコクがあって食べ応えの出る仕上がりに。 ごま油で作ると香りよい、比べるとあっさりめの仕上がりになります。 また、 火力は常に強火です。 炒め物には非常に重宝すると思います。 野菜だけでも十分美味しくなるので。 フライパンにラードを入れ、塩、醤油は共に計量しておきます。 洗ったもやしの水気をしっかりと切り、材料をコンロの近くにすべて用意したら、コンロを強火で付けます。 ラードが完全に溶けて、フライパンが熱くなるまで熱します。 フライパンが熱くなれば、もやしを加えます。 『平らに広げて動かさずに10秒炒め、それからフライパンを振って(2回くらい)、また箸で平らに広げて10秒炒め、また振って』を繰り返します。 6セット終わったら、計量しておいた塩と醤油を加えて、手早く炒め合わせます。 味がまんべんなくいきわたれば、火を消して盛り付けに入ります。 こしょうを振るのは盛り付ける直前でOKです。 こしょうは好みの加減があるので、炒め途中に急いで振りかけるよりも、火から外してから落ち着いて振る方がよいと思います。 炒めたてを食卓へ!• こちらはラードに比べるとコクが弱いので、味付けは塩ではなく醤油をメインとし、味を補足するために砂糖もひとつまみ加えるとよいと思います。 工程はほぼほぼ上のラード炒めと同じです。 事前に調味料類は計量しておきます。 フライパンを強火で熱して熱くなれば、水気を切ったもやしを入れます。 上のラード炒めと同じように 平らにして10秒炒めて、振って、広げてまた10秒…を繰り返します。 6セット行って、平らな状態で炒めるのが計60秒になれば、調味料を加えて手早く炒め合わせます。 汁気が少し多いので、汁気が少なくなるまでフライパンを振って炒め、お皿に盛り付ける直前、火から外した状態でこしょうを振りかけて完成です。 余熱でももやしには火が通るので、調味料を入れる前に完全に火を通そうとしなくてもOKです(炒め方によっては6セットではなく5セットでもいいくらい)。 また、炒め物だからといってフライパンを振りすぎるのはNGです。 もやしを動かしすぎずに、強火で熱せられたフライパンの底面からの熱をもやしにちゃんと伝えるようにするイメージがポイントとなります。 前提として化学調味料使用せずのレシピとしていますが、もちろん化学調味料をちょっと合わせると、もやしの水っぽさを感じにくくなったり、青臭さをマスキングしてくれたり、味に広がりが出たり、といいこともたくさんなので、家にある調味料を使いつつ、いいとこどりで参考にしてもらえればと思います。 化学調味料を合わせるときは水に30分くらい浸けてパリッとさせるのもいいと思います。

次の