秋葉原 ジャンク ショップ。 【秋葉原でカメラ】格安のジャンク品が探せるおすすめのお店まとめ

【秋葉原でカメラ】格安のジャンク品が探せるおすすめのお店まとめ

秋葉原 ジャンク ショップ

「秋葉原」は都内で時間を潰せる おすすめ観光スポット 秋葉原にはご存知の通り幾つかの顔があります。 電化製品の街・アイドルの街・アニメの街・メイドカフェの街などなど。 有名な電子部品を専門に扱うお店・ヨドバシカメラ・裏通りは海外製の面白ガジェットや激安パーツ・ジャンク品が充実しています。 東京駅からJR線 山手線・京浜東北 乗換なし5分ほどで行けるのでさらにアクセスも抜群です。 秋葉原で電化製品買うなら「電気街口」から出るべし! JR線を利用して秋葉原駅に着いたら「電気街口」で降りるのがおすすめ。 (中央通りのソフマップビルが多め) 街中に堂々とエロゲや露出多めのポスターが貼ってあるのは世界中どこを探しても秋葉原位でしょうね(笑) 「あきばお〜」は秋葉原に点在している周辺機器・中華ガジェットが豊富なお店 こちらは秋葉原に点在する「あきばお〜」です。 SDやUSBメモリやSSDなど記憶媒体がそこそこ安く買えるのと、中華ガジェットが豊富なお店です。 「あきばお〜」は秋葉原に複数店舗ありますが、1店舗ずつ扱っている商品が微妙に違うので、欲しい商品を探して店舗巡りするのもアリかも。 余談ですが、秋葉原で道に迷った時に聞いてダメなのが「ソフマップどこ?」「あきばおーどこ?」などチェーン店の名前で聞くのはNG。 何号店か分かっていれば良いですが、同じ地区に何店も構えているので間違いなく迷子になりますし聞かれても教えようがないのです(笑) 「ハードオフ秋葉原1号店」売り場は狭いけど掘り出し物があるかも!? 秋葉原にもハードオフがあります。 地下1階と2階・3階が売り場になっています。 地下1階にはジャンクパソコンをはじめカメラやゲーム機などが置いてあります。 2階は整備された保証付きの中古品が売られています。 「秋葉原買取センター」ハードオフ下にあるPCショップ 秋葉原ハードオフの下にある『秋葉原買取センター』がこちら。 パソコンがメインですが、タブレットの在庫も少々あります。 あと、記憶ストレージ HDDやSSDやメモリとか)も売っています。 基本は整備されたパソコンが売られている中古パソコンショップになりますが、店内一番奥側にジャンクパソコンが置かれています。 ジャンクパソコンより安価な中古ノートパソコンが欲しい方におすすめのお店です。 「ショップインバース」秋葉原でジャンクパソコンを探すなら欠かせない!? ジャンク街にある『ショップインバース』はデスクトップ・ノートパソコン・一体型・ディスプレイのジャンクが買えるジャンク専門店です。 1つの青色コンテナに10台ほどのノートパソコンが詰められていて、店内中にそれが置いてある感じです。 店舗奥にはジャンクデスクトップパソコンが置いてあります。 店舗においてあるパソコンのジャンク理由は様々ですが『通電しない』『液晶割れ』『電池NG』『傷・状態が悪い』『キーボード・マウスパッド大破』などがあります。 「R-mobile」安い携帯・スマホ・タブレットが欲しい方におすすめ! ジャンクiPadもある! こちらも秋葉原ジャンク通りにあるお店『R-mobile』です。 秋葉原の中でもガラケーやスマホやタブレットの在庫を豊富に抱えている店舗の1つです。 今は販売していないガラケーやバッテリーが豊富に売られているほか、iPhoneや中華スマホとiPadの取り扱いも豊富。 SIM下駄やパーツも売っています。 秋葉原でスマホやタブレットなどを買いたい場合はチェックしたいお店です。 そのほか、画面が割れたり凹んだジャンクiPadの在庫が豊富です。 私が知る限りR-mobileは秋葉原でも有数のジャンクiPad保有店だと思います。 価格は外の看板にも書いてある通り良心的です。 「PCNET パシフィックネット 秋葉原ジャンク通り店」は地下1階のジャンク売り場が充実している! こちらも秋葉原のジャンク通りに面しているお店『PCNET(パシフィックネット)』です。 店内に入るとルパン三世がパシフィックネット買取の案内しています(笑) 地上1階は整備済中古パソコン売り場です。 ちなみにMacの在庫もあります。 そして地下に降りるとジャンク売り場になっています。 HDDやメモリなどからノートパソコン・デスクトップ・サーバ・Macのキーボード・ワコムのペンタブ・プロジェクター・カメラまで豊富にジャンクが取り揃っています。 直せる技術のある人にとってここは宝の山。 保証のあるノートパソコンは楽天市場でも販売されています。 「ドスパラ 秋葉原本店」ゲーミングからハイエンドまで何でも揃う! 「ドスパラ」は全国展開しているPC周辺機器を販売するお店です。 「上海問屋」というブランドの取り扱いもあるので、根強いファンがいます。 PC周辺機器の販売数が多く、自作PCのパーツやゲーミングやプロ仕様のBTOパソコンまで揃います。 スポンサーリンク 「ドスパラ 2階フロア」には「上海問屋」があるよ! ドスパラ 秋葉原本店の2階フロアには「上海問屋」があります。 上海問屋とは、便利で面白い海外製ガジェットを多く取り扱うブランドです。 中華製のユニークな製品が多いので気になる方はぜひ立ち寄ってみてください! 「あきばU-SHOP」iPodやゲーム機・カメラの在庫が多め こちら『あきばU-SHOP』も秋葉原のジャンク通りにあるお店です。 中古のiPodやビデオカメラ・デジタルカメラ・一眼レフ・PSP・DS・PS Vitaなどが安価で売られている良心的なお店です。 とにかく安くiPodやビデオカメラ・デジタルカメラ・一眼レフ・PSP・DS・PS Vitaなどが欲しい方は在庫があるか一度確認して欲しいお店です。 初期型のPS-Vitaが以前11,000円程で売られていました。 最安値とはいきませんが、恐らく他の秋葉原のお店より安いです。 そのほか、小物ガジェットや雑貨・カバンや傘なども売っているので新卒社会人が一度入れば必需品が大概揃う?みたいな感じのお店です。 ちなみに2階はジャンクパソコンが豊富に売っているお店があるのであきばU-SHOP脇にある階段を登り2階のお店も覗いてみてください。 店員さんが親切な人だったのでおすすめです。 「あきばU-SHOP 2号店」中古パソコン・新品パソコンが安い!? あきばU-SHOPは2号店も近くにあります。 こちらは中古パソコンがメインですが、アウトレット(未使用)のパソコンなども安価で売られていたので他のお店と比較して良いものがあれば買いだと思います。 こちらでもiPodやゲーム機なども少し置いているので気になる方は要チェックです。 「じゃんぱら」中古Macが安く買える確率が高いお店 「じゃんぱら」は中古Macやスマートフォンなどの取扱量が多いお店です。 秋葉原の中央通りなど秋葉原に数店舗あります。 じゃんぱらは、スマホからタブレット・WindowsやMac・カメラやゲームまで幅広く扱っています。 「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」秋葉原で時間を潰したいなら おすすめ 東京とかから遊びに来てとにかく時間を潰したい方におすすめなのがヨドバシカメラ マルチメディアAkibaです。 値段はともかく、秋葉原のヨドバシカメラに来れば大抵のものは揃います。 秋葉原のヨドバシには、BOSEなどの音響ショールームもありますし、1本数百万円する超望遠レンズとかも売っているので見応えがあります。 さらに、秋葉原のヨドバシカメラにはLeica(ライカ)のショールームまであります。 1階フロアにはスマホや格安SIMコーナーも充実。 パソコンも国内モデルだけではなく海外モデルも多く売られていますので選択の幅は広いです。 アキバ特区は秋葉原のジャンク通りから1本離れた場所にあるのですが、ここはマジで優良店です。 たまに絶対に他が真似出来ないような価格で販売しています。 販売されているものはアウトレット品と新品が中心で一部商品はちゃんと保証も付いていますので安心して購入することができます。 ツクモはパソコン周辺機器からパソコン内部の自作パーツまで幅広く扱っていますが、なかでも記憶媒体の価格は秋葉原のなかでも安いものが多いです。 あと、種類がとにかく豊富。 店前だけでも品数が豊富です。 ただ安いだけでは不安ですが、親切な店員さんがいるお店なので個人的に安心だと思っています。 記憶媒体を安く買いたいなら、まずは「ツクモ」に行ってみては!? 【余談】秋葉原を1周すれば「激安アイテム」に必ず出会える 余談です。 秋葉原を1周すれば激安なアイテムが多数買えます。 ある日のsugiのお買い物はこんな感じでした。 USB3. 0ハブ 4ポート 980円 こちらはUSB 3. 0ハブ 4ポートタイプになります。 通常2,000円ほどする商品なのですが1,000円で買えました! Macで使えるUSB 3. 0対応のハブが欲しかったので得しました。 どこも美味いんですが、なぜ秋葉原にケバブ屋が点在しているのか謎。 今回はいつも行っている秋葉原のおすすめショップをまとめて紹介してみました。 秋葉原は買い物するにも時間を潰すにも最適な場所です!東京周辺で暇になったらぜひ遊びに行ってみてください。 では 【最後に】お願い 秋葉原には結構通っている方だと思いますが、まだまだ分からない場所や紹介しきれなかった場所があります。 もし、当ブログに掲載して欲しい店舗・紹介して欲しい店舗があれば連絡お待ちしています。 逆に写真撮られて迷惑している。 って店舗さんは速やかに写真消しますので連絡ください。 この記事の目的は初めて秋葉原に行く人が迷わず楽しめるように書いたものになります。

次の

アキバショップ探索ルート:ジャンクパーツショップ編 (1/2)

秋葉原 ジャンク ショップ

電子部品・パーツ• コンデンサ• 可変抵抗器 (ボリューム)• スイッチ• 回路保護部品• モーター・ファン• 電池ケース• 配線材料• 電池・充電器• サーボ• トランジスタ• 電源・ACアダプター• コネクタ・端子• RFコネクタ (高周波コネクタ)• ICソケット• フォトデバイス• 音響部品• リレー• コイル・インダクタ• 熱管理 (放熱器等)• キット関連• センサー関連• マイコン• ダイオード• LED• 太陽光発電関連• ジャンクパーツ• フェライトコア• 水晶 (オシレータ)• オペアンプ• 修理・買取・取付• アンテナ• ケース・シャーシ• 真空管• トランス• その他パーツ•

次の

ショップインバース秋葉原1号店のセール情報・アクセス情報 | 中古パソコン・ジャンクパソコン販売店ショップインバース

秋葉原 ジャンク ショップ

秋葉原駅から徒歩8分、末広町駅から徒歩5分の好立地にあるRmobile秋葉原店は、さまざまなメディアで紹介される話題の販売店だ。 マニアックな品揃えで定評のあるこのショップでは、 ジャンクスマホや ガラケー在庫に力を入れている。 ジャンク品の状態が書かれている 良心的な対応で知られるRmobile秋葉原店では、大半のジャンク商品に 破損箇所や通電の有無といったコンディションの記載を行っている。 こうした情報を確認した上で買い物をすれば、修理業者に持ち込むことで日常使いのできるジャンクスマホとも出逢いやすくなる。 特に人気の高いiPhoneなどについては 画面割れによってジャンク品扱いになってしまうケースも非常に多く見受けられるため、「 どこが壊れているのか?」をしっかり確認することで部品取り以外の用途に使えることもあると言えるだろう。 ジャンク品iPadの豊富さでも定評がある Rmobile秋葉原店のレジ横には、 ジャンクiPadを集めたコーナーもある。 その中では液晶割れの症状を抱えたSIMフリー版iPadが税込み 9,999円で販売されている。 一般的な修理店では8,000円~15,000円ほどで液晶ガラス交換修理を行っているため、Rmobile秋葉原店で買ったiPadをこうした専門店に持ち込む方法も賢い端末入手に繋がると言える。 液晶ムラのiPhoneには保証も付いてくる Rmobile秋葉原店では、画面ムラや液晶浮きの生じた中古iPhoneを 保証付きの9,999円で販売している。 こうした商品については、 ジャンクスマホと比べて遥かに動作面の問題が少ないと考えられる。 また保証があれば何らかのトラブルが生じた時に返金や返品、修理といった対応も受けられるため、大変お得と捉えて良いだろう。 ジャンクスマホのパーツも充実 Twitterアカウントで公開されている店内写真の中には、スマートフォンやガラケーのジャンクバッテリーや各種ケーブル、iPhone6のシェルカバーといった パーツや アクセサリーも多数並んでいる。 こうした専門店を利用するユーザの中には、掘り出し物とも言えるジャンクスマホとパーツを組み合わせて自分で修理してしまう方々も大変多く見受けられる。 またジャンクスマホの場合は Appleなどのメーカー保証が最初から付いていないため、改造や修理の練習をする皆さんにも気軽に扱いやすい存在になるだろう。 ゲオモバイル アキバ店 ゲオモバイル秋葉原店では、 水曜・土曜・日曜の週3回限定で10時~11時45分と17時~18時30分の2回、6階に ジャンクフロアを開設している。 このフロアのオープン日となった2016年9月17日には、掘り出し物を求めるユーザ向けに整理券も配布されていたようだ。 ジャンクスマホの整理券内容がスゴい 混雑を予想して配布された整理券には、1人10台までの販売台数と、1フロア15人まで10分交代といった入場制限が書かれていた。 オープン前から10人以上もの人々が並んでいた当日のジャンクフロアは、多くの罵声が飛び交い、戦争のような雰囲気だった。 こうした形で整理券の配布が必要になるほど注目されたゲオモバイル秋葉原店には、オープンから10ヵ月以上経った現在でも多くのユーザが訪れている。 ゲオモバイル秋葉原店におけるジャンクスマホの基準・条件 ゲオモバイル秋葉原店では、 「データ消去済み」かつ「電源が入る商品」のみをジャンクフロアで販売している。 何らかのトラブルを抱えたジャンクスマホには、当然保証はつかない。 しかし、それなりに動く上に前ユーザの使っていた形跡とも言えるデータが残っていないことを考えると、ゲオモバイル秋葉原店のジャンクスマホはかなり良質だと考えられる。 ゲオモバイル秋葉原店のジャンクスマホの価格とは? このショップで販売されているジャンクスマホの価格帯はかなり幅広いようだ。 壊れたスマホが大量に入っているワゴン内については、1台 1,880円ほどで販売されている。 比較的新しくコンディションの良いiPhone7やiPhone6などを入れたショーケース内は、ジャンク品であっても1台 30,000円前後の価格が付けられている。 実際にゲオモバイル秋葉原店を利用したユーザのブログには、5台で 23,000円だったという記事も掲載されているため、 普通の中古スマホと比べると安いことは明らかである。 ジャンクスマホの常設コーナーもある ゲオモバイル秋葉原の4階には、 ジャンクスマホの販売コーナーが常設されている。 フロアの一角に設けられているこちらのコーナーは、水・土・日開催のジャンクフロアと比べるとかなりこぢんまりとしている。 しかし4階に行けば曜日問わず質の良いジャンクスマホが手に入るため、このコーナーについても多くの人々が訪れているようだ。 イオシス アキバ路地裏店 中古スマホやアウトレットスマホの販売で知られるイオシス アキバ路地裏店でも、多くのジャンクスマホを取り扱っている。 参考: 常時100台以上の在庫がある イオシスは ジャンクスマホの在庫量が豊富な専門店だ。 このショップの取材記事の中には、人気の高いXperia A SO-04Eのジャンク品が大量にカゴに入った写真なども掲載されている。 2013年に発売されたこのモデルは、タッチパネルに若干の難があるものの 5,980円という大変リーズナブルな価格で販売されている。 仕様がきちんと書かれたジャンク品もある 良心的なサービスで定評のあるイオシスの店舗では、ジャンク品として販売するスマホにもOSやCPU、メモリといった スペック情報のカードを付けている。 こうした内容を確認すれば、動作面やコンディション以外の部分からジャンクスマホ選びができる。 タッチパネル不良のジャンク品が多い イオシスで多く販売されている 液晶割れや タッチパネル不良の商品は、 安値で買ったジャンクスマホを修理する上級者向けの存在とも言われている。 こうした形で有効活用しやすいジャンクスマホは、多くの販売店で早く売り切れる傾向がある。 また、イオシス アキバ路地裏店についてもジャンク品を求めるたくさんのユーザが訪れているため、少しでもより良い商品を狙いたいと思うなら 定期的に来店する習慣を付けてみても良いかもしれない。 中古Cランクならイオシスのサイトでも購入できる 塗装剥げや画面傷、充電キャップなしといった 外装面の問題を抱えたスマートフォンなら、 イオシスの通販サイトから購入することもできる。 ジャンク品ではない中古Cランクの商品は、多くの人にとって高いイメージがあるかもしれない。 しかし安さで定評のあるイオシスでは、ドコモなどの白ロムの中古Cランクを 1,980円~の価格で販売している。 また、多くの アウトレット品も取り揃えているため、気になる人はチェックをしてみて欲しい。 ソフマップ 中古スマホ市場で人気の高いソフマップでも、多くのジャンクスマホを取り扱っている。 ジャンクスマホの状態がわかる 良心的な対応で知られるソフマップでは、商品値札に ジャンクスマホになってしまった理由や症状などを紹介している。 このカードの中には、電源が入らない、SIMカードが認識しない、ボタン不良といった 14もの項目が並んでいる。 またこれらに該当しない場合は店舗側で詳細の記載をしてくれるため、「どうしてこのスマホはジャンク品扱いなのか?」といった疑問を抱く皆さんでもソフマップなら買い物がしやすいだろう。 ジャンクスマホの在庫を増やしている デジタル機器関連のメディアによると、ソフマップではジャンクスマホの商品在庫を増やしているそうだ。 その中には、部品取り目的のユーザに適した 水没反応のあるタブレットやスマートフォンも加わる予定と書かれている。 ここまで紹介したように、秋葉原には多くのジャンクスマホコーナーが登場しており、壊れたスマホ購入を検討している皆さんにとってこのエリアの活況は今後も続くと言えそうだ。 OS改造端末もある ソフマップで販売されているジャンクスマホの中には、 OS改造を行なった商品もある。 こうしたスマートフォンは、 修理専門店でパーツ交換を行なっても正常動作が難しい可能性もある。 しかし良心的なソフマップではこういったネガティブな情報もきちんと公開しているため、値札カードをしっかり確認した上で「 修理後の使用に適しているか?部品取り用なのか?」の判断をして欲しい。 中古デジタル館は中古スマホの在庫も豊富 大型店舗のソフマップ中古デジタル館は、 中古スマートフォンの種類が多いことでも知られる専門店だ。 ソフマップで公開している営業開始時在庫を確認してみると、2017年8月4日時点で 413件もの中古端末が販売されている。 その中には 5,000円以下で購入できる中古商品も大変多く見受けられるため、安くお得にスマートフォンを入手したい人にとってソフマップはジャンク品カテゴリ以外でも活用度の高い専門店になりそうだ。 営業開始時店舗在庫は日々更新されているので、気になる人はホームページをチェックしてみるといいだろう。 ジャンクスマホも買取してもらえる? ジャンクスマホだと買取に対応している店舗がごく少数であるため、なくなく売却を諦めている人も少なくない。 そこでオススメなのが、ネットでいつでもすぐにスマホを売却できる「」だ。 「スママDASH」では 水没したり、画面が割れてしまったジャンクスマホでも買取可能なので、査定に出してみる価値はあるといえるだろう。 スマホの種類と状態を入力するだけで査定金額が表示されるので 面倒な手続きも不要。 まずは無料査定から試してみてはいかがだろうか。

次の