文化 シャッター bx ホール。 よくある質問|文化シヤッターサービス株式会社|

文化シヤッター『手すり・笠木シリーズ』 製品カタログ

文化 シャッター bx ホール

主な対応工事 天井や壁、床などを作る内装仕上工事は、建物の最終的な仕上がりを決める大切な仕事です。 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、間仕切り工事、床仕上工事、畳・ふすま工事、防音工事などが内装仕上工事になります。 軽天工事とは、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。 建物の骨組みを作った後、最初に入る内装仕上工事なので、この作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性が大きく変わります。 昔の家には天井などはありませんでしたが、天井にはほこりやチリの落下防止や明るさの調整など様々な役割があります。 天井が剥がれ落ちたりすると被害が大きくなるため、細心の注意をもって内装仕上を行います。 壁に貼る壁材にはクロスや塗り壁、木材、タイルといったものがあり、それぞれに費用や工期、耐久性などの特徴があります。 使用する壁材のメリット・デメリットを把握し、目的に応じたものを選びましょう。 間仕切りは壁とは違ってレイアウト変更や移設などに容易に対応出来るうえに再利用も可能です。 間仕切りにもLGSやガラス、スチール、アルミなどの様々な材質のものが用意されていますから、特徴を把握して最適なものを選んでください。 屋外の騒音が建物の中に聞こえないようにする防音工事は、落ち着いた生活には欠かせない大切な工事です。 窓や壁、床や天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れる事が出来ます。 見た目にはあまり分かりませんが、決して手を抜けない内装仕上工事です。 最近では畳やふすまにも様々なバリエーションが用意されており、好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。 和室がなくても洋室にフィットする畳もありますから、自分には関係ないと思わずに参考にしてみてください。 建具工事の内容について説明しています。 建具には金属製の建具や木製の建具があり、施設や住宅の機能を安全に、快適にする役割があります。 ここでは、カーテンウォールやシャッター、サッシ、ふすま、パーテーションなどの、建物に取付けるパーツの解説です。 自動ドアを導入することで、福祉施設や病院、商業施設などの機能性、利便性を向上します。 ここでは、自動ドアの仕組みと導入メリット、取付け工事の概要を紹介しています。 シャッターの役割、種類、取付け工事の流れを説明しています。 施設の種類によって、目的に応じたタイプの違うシャッターを施工することが可能です。 和ふすまを張り替える時の工程を、解説しています。 ふすまはちょっとした衝撃で敗れやすく、経年劣化しやすい建具です。 そのため、定期的なメンテナンスや修繕が必要となります。 サッシの取付け工事についての説明をしています。 建物の築年数が経過すると、アルミサッシが劣化してしまいますので、窓のたてつけが悪くなっていきます。 そのため定期的な点検と、交換が必要な部分です。 フロアを仕切って有効にスペースを活用できるパーテーションの種類と設置工事を説明しています。 簡単に取付けができるため、短いスケジュールで工事を行うことができます。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

文化シヤッターサービス株式会社|文化シヤッターグループ

文化 シャッター bx ホール

名前 必須 姓をご入力ください。 名をご入力ください。 ふりがな 必須 姓(ふりがな)をご入力ください。 姓(ふりがな)は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 名(ふりがな)をご入力ください。 名(ふりがな)は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 会社名 必須 法人格を選択してください。 会社名をご入力ください。 会社名は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 事業所名 事業所名は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 部署名 部署名は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 国内外 必須 国内 海外 郵便番号 必須 郵便番号をご入力ください。 正しい郵便番号をご入力ください。 住所 必須 住所をご入力ください。 住所は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 住所 国名 を選択してください。 電話番号として認識できません。

次の

文化シヤッター BXホール-イベント会場 アクセス地図

文化 シャッター bx ホール

主な対応工事 天井や壁、床などを作る内装仕上工事は、建物の最終的な仕上がりを決める大切な仕事です。 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、間仕切り工事、床仕上工事、畳・ふすま工事、防音工事などが内装仕上工事になります。 軽天工事とは、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。 建物の骨組みを作った後、最初に入る内装仕上工事なので、この作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性が大きく変わります。 昔の家には天井などはありませんでしたが、天井にはほこりやチリの落下防止や明るさの調整など様々な役割があります。 天井が剥がれ落ちたりすると被害が大きくなるため、細心の注意をもって内装仕上を行います。 壁に貼る壁材にはクロスや塗り壁、木材、タイルといったものがあり、それぞれに費用や工期、耐久性などの特徴があります。 使用する壁材のメリット・デメリットを把握し、目的に応じたものを選びましょう。 間仕切りは壁とは違ってレイアウト変更や移設などに容易に対応出来るうえに再利用も可能です。 間仕切りにもLGSやガラス、スチール、アルミなどの様々な材質のものが用意されていますから、特徴を把握して最適なものを選んでください。 屋外の騒音が建物の中に聞こえないようにする防音工事は、落ち着いた生活には欠かせない大切な工事です。 窓や壁、床や天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れる事が出来ます。 見た目にはあまり分かりませんが、決して手を抜けない内装仕上工事です。 最近では畳やふすまにも様々なバリエーションが用意されており、好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。 和室がなくても洋室にフィットする畳もありますから、自分には関係ないと思わずに参考にしてみてください。 建具工事の内容について説明しています。 建具には金属製の建具や木製の建具があり、施設や住宅の機能を安全に、快適にする役割があります。 ここでは、カーテンウォールやシャッター、サッシ、ふすま、パーテーションなどの、建物に取付けるパーツの解説です。 自動ドアを導入することで、福祉施設や病院、商業施設などの機能性、利便性を向上します。 ここでは、自動ドアの仕組みと導入メリット、取付け工事の概要を紹介しています。 シャッターの役割、種類、取付け工事の流れを説明しています。 施設の種類によって、目的に応じたタイプの違うシャッターを施工することが可能です。 和ふすまを張り替える時の工程を、解説しています。 ふすまはちょっとした衝撃で敗れやすく、経年劣化しやすい建具です。 そのため、定期的なメンテナンスや修繕が必要となります。 サッシの取付け工事についての説明をしています。 建物の築年数が経過すると、アルミサッシが劣化してしまいますので、窓のたてつけが悪くなっていきます。 そのため定期的な点検と、交換が必要な部分です。 フロアを仕切って有効にスペースを活用できるパーテーションの種類と設置工事を説明しています。 簡単に取付けができるため、短いスケジュールで工事を行うことができます。 お問い合わせはコチラへ!.

次の