ちばぎん アプリ。 ちばぎん<Web−EB>アプリ

ちばぎんID│千葉銀行

ちばぎん アプリ

ちばぎんIDとは• ちばぎんIDとは、インターネットで提供されるサービスを、共通のIDでご利用いただくためのしくみです。 (ちばぎんIDの登録については会費、手数料等の料金は一切かかりません)• ちばぎんIDをご利用いただくためにはユーザー登録が必要になります。 ユーザー登録後は、お客さまが登録したユーザー名または代表口座の店番号・口座番号とパスワードでログインが可能です。 ちばぎんIDを登録することで、通帳アプリがご利用いただけます。 ちばぎんIDの「口座情報連携サービス」をご利用いただくことにより、お客さまの口座情報を提携先企業のサービス(家計簿アプリなど)へ安全に連携できるようになります。 ユーザー登録を行うことができる方は、普通預金(総合口座を含みます)のキャッシュカードをお持ちの個人・個人事業主のお客さまとなります。 ちばぎんIDのご利用にあたっては、「」および「」が適用されます。 ちばぎんIDの仕組み• ご利用いただけるサービスは今後、追加していく予定です。 サービスメニューとご利用時間 サービスメニュー ご利用時間 ちばぎんIDの管理メニュー ユーザー 登録 24時間• 毎週日曜日21:00~月曜日8:00までの間はシステムメンテナンスのためご利用いただけません。 サービス利用口座登録 パスワード 再設定 退会 ログイン 24時間 ユーザー名変更、パスワード変更、メールアドレス変更 連携サービスの 確認・停止 口座情報連携サービス 24時間• 毎週日曜日21:00~月曜日8:00までの間はシステムメンテナンスのためご利用いただけません。 代表口座とサービス利用口座• 代表口座とは、ちばぎんIDでご利用いただくサービスの基本になる口座のことです。 ユーザー登録画面でご入力いただいた口座番号の普通預金口座が代表口座となります。 サービス利用口座とは、ちばぎんIDの各種サービスでご利用いただける口座のことです。 代表口座と同一名義・同一住所のご本人さまの口座が自動的に登録されます。 詳細は、をご覧ください。 債券、財形の口座および保険については、ご登録いただけません。 電話投票入金専用口座(競馬・競輪等)は、代表口座およびサービス利用口座にご登録いただけません。 ユーザー名とパスワード• ユーザー名とは、お客さまを特定するご本人さま確認のために使用いたします。 (ちばぎんIDにログインする際に必要となります。 )ユーザー登録の際、お客さまご自身で任意のユーザー名とパスワードを設定していただきます。 なお、メールアドレスをユーザー名として登録することもできます。 ユーザー名の代わりに代表口座の店番号と口座番号でもログインできます。 詳細は、をご覧ください。 0、5. 1、6. 0、7. 0、8. Safari「プライベートブラウズ」ウインドウやGoogle Chrome「シークレットモード」ではご利用いただけません。 注意事項• パスワードは第三者に知られたり盗まれたりしないようお客さまご自身で厳重に管理してください。 提携先企業が提供するサービスについては、各企業へお問い合わせください。 ご利用方法 ユーザー登録の流れは以下のとおりです。

次の

通帳アプリ|千葉銀行

ちばぎん アプリ

千葉銀行の公式アプリが登場!機能は口座照会・ATM検索・ちばぎんパートナーの紹介・コンテンツへ簡単アクセスの4つ。 「スマホで口座を確認するのって、ちょっと難しそう…」なんて人もご安心を。 初回のみ手元のキャッシュカードで登録を済ませれば、簡単に口座の明細を確認することができます。 アプリを開いたら「かんたん口座照会」をタップ。 パスワードを入力すると、前月1日以降の取引明細を見ることができます。 これなら毎月手を焼く家計簿の記入も、自宅で簡単に済ますことができそう。 さらに「zaim」や「MoneyForward」などの家計簿アプリと連携させれば、毎月の出費を自動で記入してくれることも可能! 地方銀行を使っていて大変なのは、旅先や出張先で店舗がなかなか見つからない時…。 このアプリがあれば、千葉県外や初めて訪れる場所でも「店舗・ATM検索」機能ですぐに調べることができるんです。 GPSで現在地から一番近い店舗またはATMを割り出してくれるので、あとは地図に従って歩くだけ。 千葉銀行を使っている人は常備しておきたい便利アプリです。

次の

通帳アプリ|千葉銀行

ちばぎん アプリ

千葉銀行の公式アプリが登場!機能は口座照会・ATM検索・ちばぎんパートナーの紹介・コンテンツへ簡単アクセスの4つ。 「スマホで口座を確認するのって、ちょっと難しそう…」なんて人もご安心を。 初回のみ手元のキャッシュカードで登録を済ませれば、簡単に口座の明細を確認することができます。 アプリを開いたら「かんたん口座照会」をタップ。 パスワードを入力すると、前月1日以降の取引明細を見ることができます。 これなら毎月手を焼く家計簿の記入も、自宅で簡単に済ますことができそう。 さらに「zaim」や「MoneyForward」などの家計簿アプリと連携させれば、毎月の出費を自動で記入してくれることも可能! 地方銀行を使っていて大変なのは、旅先や出張先で店舗がなかなか見つからない時…。 このアプリがあれば、千葉県外や初めて訪れる場所でも「店舗・ATM検索」機能ですぐに調べることができるんです。 GPSで現在地から一番近い店舗またはATMを割り出してくれるので、あとは地図に従って歩くだけ。 千葉銀行を使っている人は常備しておきたい便利アプリです。

次の