秋水 ゾロ。 【ワンピース】ゾロの刀の最終形について&名刀・業物・大業物一覧!

【ワンピース】ゾロの刀の最終形について&名刀・業物・大業物一覧!

秋水 ゾロ

Contents• 刀に覇気を纏わし続けると、次第に刀が黒くなり普通の刀から 「黒刀」が完成するとのことですが、 単に覇気だけを纏わし続けるだけでは黒刀にならない気がします。 なので、未だに黒刀の秘密を考察するため、個人的にまとめてみました。 この時はミホークの持っている 黒刀「夜」が世界最強の剣として登場しています。 次に黒刀の特徴について説明していたのは、スリラーバーグにてゾロが「剣豪・リューマ」との戦闘に勝利し、 「秋水」を手にしたところです。 「恐竜が踏んでも1ミリも曲がらない」と黒刀の特性について語っており、黒刀は 「頑丈な硬さ」「物質の違い」があると読者は考えていました。 しかし、原作937話での「牛鬼丸」の登場後の発言で、 黒刀の秘密が明らかになったのです。 牛鬼丸は 「秋水は黒刀だぞ!リューマの歴戦にて成った刀!」 と発言しており、この意味は 「元々は普通の刀だったけど、覇気を纏い続けて戦った結果、黒刀になったのだ!」 という意味に聞こえてきます。 これが本当なら、秋水以外の2本の刀も覇気を纏い続けて戦っていくと、刀の色が黒くなっていき、黒刀になっていくのではないかと考えられるのです。 あくまで予想ですが、刀が黒刀になるヒントが出てきたのは間違いないと言えます。 秋水が黒刀になった要因を考察 ゾロがスリラーバーグにてリューマとの戦闘で獲得した、秋水ですが元々は黒刀ではなく覇気を纏っていない刀でしたが、 黒刀になったのはリューマの生前が関係しているみたいです。 生前のリューマは 「数百年前当時黄金の国として栄えたワノ国を外敵から守り、侍の国として世界に知らしめたきっかけを作った」 とワノ国の伝説の侍として知られています。 あまりにも業績が大きい為、噂では ミホークや海軍大将クラスの強さがあるのではないかとされています。 リューマは生前に秋水に覇気を纏わせ続けて歴戦を戦い抜いて来たとの歴史があるので、これだけ聞くと、単純に覇気を纏わせ続けただけに聞こえますが、それでは簡単すぎるのです。 ドレスローザで武器に覇気を纏える事が発覚した 「錦えもん」ですが、 彼は20年前の過去から来ているので、彼の武器も覇気を纏わせ続けて戦い抜いていれば、黒刀になっているはずです。 共に、元ロジャー海賊団・副船長レイリーやシャンクスの武器も、彼らの戦闘経験を考えてみれば、黒刀になっていてもおかしくはありません。 ミホークの「全ての刀は黒刀に成り得る」発言を考察 上記の項目で「秋水」の黒刀化について話しましたが、作中では もう一人黒刀を持っている人物がいます。 それが 王下七武海の一人「鷹の目・ミホーク」です。 ミホークの武器は 最上大業物12工の1つ「夜」という武器ですが、実際に存在した武器としては「ツヴァイヘンダー」に見えなくもないです。 ミホークはゾロに修行を付ける際に 「全ての刀は黒刀に成り得る」 と、武器に武装色の覇気を纏わせて武器の強度やロギア系の能力者にダメージを与える手段を学ばせます。 ただ、ここで疑問になることがあり、ミホークの持つ「夜」は 「元々黒刀だったのか?」 という疑問が私には浮かぶのです。 ミホークが世界最強になる前のストーリーは、シャンクスが若い頃に決闘していたころに判明しそうですが、詳しいことは分かりません。 しかし、ミホークはどこかのタイミングで武器に覇気を纏わすことをし始めて、 途中で「夜」を獲得し、その時から「夜」の黒刀化が出来たのではないかと考えられます。 また、「夜」以外にもミホークは兎を狩るための武器(ナイフ)に扱いなれていたいので、夜以外の武器も黒刀化が出来るかもしれないとも考えられるのです。 詳しいことは分かりませんが、ミホークは刀の黒刀化の秘密について知っていることは間違いないでしょう。 和道一文字は黒刀に成る条件を満たしている? 最上大業物12工の一つ「夜」、大業物21工の一つ「秋水」、どちらも作中に出てきた黒刀ですが、噂では ゾロの愛用している「和道一文字」が黒刀化するという情報が出てきています。 和道一文字とは、ゾロの幼馴染「くいな」の父親である 「コウシロウ」が所有している大業物21工の1つであり、死んだくいなの形見としてゾロが愛用しているものです。 そんな和道一文字ですが、なぜ噂で黒刀になるのかを個人的に解説していきます。 まず、和道一文字を所有していた「コウシロウ」ですが、この人は ワノ国出身で「武装色の達人」の可能性があるからです。 物語の序盤に登場したコウシロウは「ゾロの先生として稽古をつける」「和道一文字を受け継がせる」などをしています。 ゾロがアラバスタで全身刃物人間の「ダズボーネス」に苦戦し、瀕死の状態だったものの、コウシロウから教わった 「呼吸」を理解し、ダズホーネスを倒します。 戦闘中にゾロがコウシロウから呼吸を教わるまでの回想シーンが入りますが、コウシロウは 「世の中には何も切らない事が出来る剣士がいる」 と話しているのです。 ここから分かることは、コウシロウがワノ国で有名な侍であり、何かしらの経緯があって村に道場を建て、本当の正体を隠しながら過ごしていると思われます。 和道一文字を所有しているのですから、ここまで話が進むと コウシロウがただの道場の先生ではないと予想できます。 もう一つが、和道一文字が数々の歴戦をくぐり抜けてきたことです。 ゾロは12年間、和道一文字を一日欠かさずふるっていましたが・・・ 覇気を浴びせたのは、ほんのわずかの期間です。 しかし、コウシロウがもしも、和道一文字に覇気を纏わせ歴戦を勝ち抜いて来たのなら、 黒刀になる可能性が高くなります。 単純にゾロが覇気を使わずに戦闘しただけの話で、覇気を習得して戦闘をしている今なら、「和道一文字の黒刀化」が出来ることも考えられなくないです。 ゾロの和道一文字が黒刀になる日も近い!? 今回はゾロの愛用する和道一文字が覇気によって黒刀になる考察を書いていきましたが、結論から言うと、 ワノ国編でゾロが自分で黒刀化する1本目が和道一文字だと思っています。 この考察では和道一文字についての事しか書いていませんが、ワノ国で和道一文字を黒刀化した後、 他の刀も黒刀化させるに違いないと考えられるのです。 ゾロが「えびす町」で牛鬼丸に秋水を盗まれ、 「あるべき場所へ返した」と言われ、ゾロの刀が二本になってしまいますが、ルフィが天狗山飛徹から借りた「二代鬼徹」が秋水の代わりになるかもしれないのです。 あくまで例えですが、ゾロがカイドウ一味達との戦闘の中で初の苦戦をする中で、 ミホークとの修行中の回想シーンが入り、和道一文字が黒刀化して強敵を倒すようなシーンになると思われます。 色んなアニメでも、主人公が強敵に苦戦する中で武器や技の真の力が発揮し、敵を倒すというような 「あるあるネタ」が存在するので、多分ですが、和道一文字の黒刀化はこれに含まれると思うのです。 ワノ国編もまだ序盤の方だと思うので、的確な事は言えませんが、読者的にはワノ国編で和道一文字が黒刀化する可能性無くはないと思います。 今後のゾロの動向を待ちましょう。

次の

ワンピース937話ネタバレと考察「秋水は黒刀だった!小紫はゾロを好きになる」

秋水 ゾロ

そこでルフィたちは不思議な歌声を耳にします。 歌声をたどった先には、後に彼らの仲間となる紳士なガイコツ、ブルックの姿がありました。 ブルックは仲間との約束を胸に数十年間、一人でこの深い霧に覆われた海を漂流していました。 ブルックは自身の奪われた影を取り戻すため、かつて敗北を喫した彼の影が入れられたゾンビである剣豪リューマに再び挑みに行きました。 ブルックの対峙する剣豪リューマは特別な肉体を持つ将軍 ジェネラル ゾンビあり、ワノ国の侍でした。 それもただの侍ではなく、ドクトル・ホグバックによれば大昔ウソか本当か空飛ぶ竜を斬り落としたと語り継がれる伝説の侍です。 ブルックは果敢に挑むもののリューマには敵わず、ゾロとフランキーは戦闘中の二人の元に駆け付け、ゾロがブルックへと向けられていた攻撃を止めます。 新たな刀を探していたゾロは剣豪リューマの持つ刀に目をつけます。 「業物 わざもの 」とは世界に数ある刀 剣・槍等 の中で名工たちの作った武器のことであり、上から「最上大業物12工」「大業物21工」「良業物50工」に分類されます。 そしてその影はついに本来の持ち主であるブルックのもとへと戻りました。 牛鬼丸の説明によって、リューマは数百年も昔に亡くなった侍であり、いかなる手合も一閃の内に斬り伏せたという生涯無敗の大剣豪であり、大昔ワノ国が「黄金の国」と世界に認識されていた頃、それを欲する海賊たちや国を支配しようとする世界の貴族たち、つまり海外からの並み居る敵に歴々たる強さを見せつけ「ワノ国に侍あり」と世界に言わしめた男だということが判明します。 その後、光月日和はゾロにある提案をします。 ゾロの「秋水」を「ワノ国」に返す代わりに、日和が亡き父である光月おでんから譲り受け、カイドウに唯一傷をつけた伝説の刀である「閻魔」をゾロに与えるというものです。 モモの助には「天羽々斬 あめのはばきり 」、日和には「閻魔 えんま 」です。 「秋水 しゅうすい 」を奉納してほしいという日和の言葉に、替わりの刀をくれるのなら、とゾロは了承します。 そして天狗山飛徹というワノ国の刀鍛冶により、おでんのかつての愛刀である天をも切り落とす「天羽々斬 あめのはばきり 」、そして地獄の底まで切り伏せる「閻魔 えんま 」がモモの助と日和に返納されることになりました。 モモの助は「天羽々斬 あめのはばきり 」をひとまず天狗山飛徹にそのまま預かってもらうことにしました。 そして「閻魔 えんま 」が日和からゾロに譲られましたが、この国で閻魔を手なずけられたのは後にも先にも「光月おでん」ただ一人だと説明を受けます。 いかがでしたでしょうか? ここまで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

ワンピース質問秋水を和の国に返さなければならない理由は何です...

秋水 ゾロ

2019-01-13 21:00 ワノ国でゾロに起こりそうなこと• 新しい刀の入手• ワノ国の国宝「秋水」の返還• ワノ国の将軍「黒炭オロチ」を倒す• 百獣海賊団の大看板を倒す• 新世界編で初めて本気を見せる• 懸賞金が再びサンジを超える 現在の麦わらの一味懸賞金(サンジ奪還編まで) 『ビッグマム編』が終わり、ルフィとサンジの懸賞金が上がりました。 ヴィンスモーク・サンジと手配書の名前が変わったことから、 ヴィンスモーク家の王子であったという事実の発覚により懸賞金が跳ね上がったことが分かります。 ここで気になってくるのは、ルフィだけ断トツで懸賞金が高いことです。 現在麦わらの一 味で 最も高いルフィと2番目に高いサンジを比較しても10億以上の差があります。 ルフィの経歴を考えるとしょうがない気もしますが、これではさすがにワンマンチーム過ぎます。 そこで、 ワノ国編では全体的に懸賞金が上がるのではないでしょうか。 特に2番手は大きく上がるような気がします。 723話「変更作戦」で、バルトロメオがゾロに対し 「一味を支えてきた副船長の呼び声高き(おれの声)海賊」と言っていることからも、2番手はゾロだと思っているので、ここでは ゾロの懸賞金が大きく上がるのではないかと予想しています。 ここから予想できるゾロが倒す相手は2名。 将軍、黒炭オロチ• 名前から予想するに 『ヘビヘビの実 幻獣種 モデル〝ヤマタノオロチ〟』ではないかと予想しています。 〝黒炭〟というのは、全てを焼き尽くし、炭にしてしまう。 というところから来ているのではないでしょうか。 ワノ国編では、ゾロがリューマの 〝竜のぶった切り伝説〟を再現するのではないかと予想しており、その相手こそ「黒炭 オロチ」なのではないかと考えています。 災害と呼ばれる幹部、 その中の1人をゾロが倒すのではないかと予想しています。 理由としては、ワノ国の将軍を倒しても懸賞金が上がるかどうかが分からないからです。 侍たちは強いと言われてはいるものの、ワノ国は鎖国しているため、 世界政府や海軍からすると、ほとんど情報がなく未知の存在です。 そんな中、 未知の存在を倒したからと言って懸賞金が上がるとは考えにくいです。 そこで、世界政府や海軍が懸賞金を上げる基準にしやすい百獣海賊団の大看板を倒すのではないかと予想しています。 どちらを倒すにしても、これまで 新世界であまり苦戦をしていないゾロの本気がようやく見れるのではないでしょうか。 別記事で取り上げる レイリーとお揃いの片目の謎もワノ国で分かると嬉しいですね。 2019. 18 追記:オロチの能力判明! 933話「侍の慈悲」にて正式にオロチの能力が 『 ヘビヘビの実 幻獣種 モデル〝八岐大蛇〟』であることが発覚しました。 2019-02-18 21:00 3本の刀のうち、どれかを変更する ゾロがワノ国突入時に愛用している刀は以下の3本。 和道一文字 大業物 21工 秋水 大業物 21工 三代鬼徹 業物 くいなの形見である 〝和道一文字〟を手放すことはまずないと思いますので、変更があるとすれば〝秋水〟か〝三代鬼徹〟かと思います。 ワノ国において 〝国宝〟とされている〝秋水〟を返還して、新たな刀を「貰う or 鍛えてもらう」かも知れませんし、戦いのさなかに〝三代鬼徹〟が折れてしまい、新たな刀を「貰う or 鍛えてもらう」かも知れません。 〝竜のぶった切り伝説〟の再現 したゾロに、そのまま〝秋水〟は使い続けて欲しいとモモの助などが言いそうなので、唯一の業物である〝三代鬼徹〟が 〝大業物〟の新しい刀になるのではないかと思っています。

次の