せん ごく おとめ パチンコ 設定 示唆。 P戦国乙女5 パチンコ スペック ボーダー 設定判別 解析まとめ

P戦国乙女6 暁の関ヶ原

せん ごく おとめ パチンコ 設定 示唆

パチンコ&パチスロのオリジナルコンテンツは数あれど、抜群の知名度と人気を誇る戦国乙女シリーズ。 今回はわたくし川本2Dが、「パチスロ戦国乙女2」の魅力を解説して参ります。 しばしのお目汚しを。 1)戦国乙女の世界観 実在の戦国武将をモチーフに美少女たちが戦いを繰り広げる平和オリンピアのオリジナルコンテンツとして登場。 舞台は日本であって日本ではない戦国時代での物語。 この世界では女性が中心となって戦う乱世で、名立たる戦国武将達は手にすれば覇権を握ることができると伝えられる伝説の勾玉「榛名」を巡って熾烈な争奪戦を繰り広げるっていうのが大まかなあらすじ。 まぁ、ありがちな設定だけど、シンプル・イズ・ベストだから、な? 端的にいうと萌えスロならぬ萌えパチの先駆け的な存在であった戦国乙女シリーズ。 その魅力的なキャラクターやゲーム性から多くのパチンコファンから絶大な支持を受けたわけですよ。 パチンコは現在3作がリリースされており、本機はパチスロ版のシリーズ2作目。 パチスロ版では足利ヨシテルを主人公に据え、パチンコ版よりも以前の世界観を描いているのが特徴。 戦国乙女ZEROとして描かれたパチスロ版ならではのシリアスなストーリー展開も本機の魅力を加速させた要因のひとつかなと。 なんでもそうだけど、大好きなシリーズのZEROって燃えるよね? ちょっと暗めのお話が多いけど、だがそれがいい。 2)シリーズのストーリー 記念すべきパチンコ版の1作目は榛名を巡る争奪戦が描かれております。 続く2作目は新たな3人の武将が加わり、11人の戦国乙女たちとオウガイが激突。 そして、シリーズ3作目は、世界全滅を目論む闇の呪術師・カシン居士に乙女たちが立ち向かうというストーリー。 ちなみに居士は「こじ」と読むよ。 ひとつお利口になった気がするでしょ? 対するパチスロ版・戦国乙女は、前述したようにパチンコ版よりも少し過去の世界のお話。 苦悩を抱く足利ヨシテルを主人公に据え、幕府に反旗を翻した松永弾正久秀と対立する。 ヨシテルと各国の乙女たちが共闘し、松永との戦いを描いたのが前作までのあらすじとなりまする。 激戦の末、松永を討ったヨシテルだったが松永亡き後も乱世は続く。 疲弊する民のため、一刻も早い和平を願うヨシテル。 「対話」か、それとも「力」か…。 パチスロ版の2作目にあたる本機は、そんなヨシテルの葛藤を描いたストーリーとなっております。 あれだ、某青王みたいな感じ。 そんなヨシテルの葛藤を描いたストーリーは、真乙女ボーナス中のストーリーを通じて楽しむことが出来るようになっております。 【第一幕】 松永弾正を倒した前作のエンディングからストーリーが始まり、終わらない戦乱をヨシテルが予期している事が描かれる。 【第二幕】 二条御所に戦乱の火の手が伸び、弟の義昭を戦火から守る為、ミツヒデに託して御所を脱出させる。 各地に魔物が出現し、古の鬼「前鬼・後鬼」が復活。 【第三幕】 ヨシテルの深層心理で「まだわからないのか、力なき理想など無意味だと」と、語りかける松永弾正。 本作では、このヨシテルの葛藤を前兆ステージである「黒き情動」、「黒き胎動」として収録されている。 【第四幕】 避難させた弟、義昭の死をユウサイから告げられ、「弟さえ守れず、何が民の為だ」と絶望するヨシテル。 「理想だけでは最早限界にきております」というユウサイの甘言を受け入れ、ヨシテルは黒く変貌していく。 【第五~七幕】 ケンシン・シンゲンを自ら圧倒的な強さで討伐し、第六幕では、ユウサイ率いる足利軍が各地の乙女達を倒していく。 第七幕では最強の武将ノブナガをも激闘の末、討伐に成功し「力」による統一を成し遂げる。 【第八幕】 ユウサイとの最後の戦いに挑むヨシテル。 このストーリーの詳細はストック獲得の特化ゾーンである「ユウサイバトル」にて再現。 そして、一回の連チャンで真乙女ボーナスを9回引くかユウサイバトル中に特定条件を満たせば、感動のエンディングへ。 果たしてヨシテルは黒幕、細川ユウサイを倒せるのか、そして天下平定は成されるのか…。 感動のエンディングは一見の価値ありを通り越して必見です。 3)制作スタッフ キャラクターデザインに夷遼司、そしてコンテンツ&映像を担当するのは映像制作会社「白組」。 白組はTVアニメはもちろん、CMや映画など多彩な映像製作に携わっているそうな。 映画の寄生獣を観ていたらエンディングテロップに「白組」の二文字があって、ちょっとニンマリしました。 4)メディアミックス 戦国乙女は過去にTVアニメやコミックス化されている他、PS Vita専用ソフトのゲーム化も決定。 また、楽曲も豊富で本機には全16曲が収録されております。 ボーナス中は好きな曲を選曲できるので、みなさんもお試しあれ。 個人的に好きな楽曲は「乱~Run~」と「茜さす契り」の2曲かなぁ。 オリジナルサウンドトラックも発売中なので気になる方はこちらも要注目です。 これからも、メディアミックス展開から目を離せませんな。 第2回 キャラクター紹介 今回は魅力的な登場キャラクターの一部をご紹介。 主要キャラが13人もいればあなたの好みの娘さんも見つかることでしょう。 今回もわたくし川本2Dの独断と偏見で紹介していきますのでお付き合いくださいませ。 登場キャラも多いので相関図もあるよ! 室町幕府の十三代将軍にして、瞬速の抜刀術の使い手。 瞬速の抜刀術による卓越した剣さばきで「白き剣聖」と称される。 基本的に笑わないクールビューティーなおねいちゃん。 破天荒な性格で、豪快にして豪胆。 全キャラの中でも最強クラスの力を有している…という特徴を活かして過去作品の連続演出やリーチはそれなりの期待度を誇ったのだけど、今回はそこまでアツくない。 でも、やっぱりイメージが強キャラなんだよなぁ。 その際、ノブナガに命を救われ織田家の家臣として以後仕えることに。 初代ではロリ担当として多くのおにいちゃんたちから注目を浴びていたが、ソウリンの登場によってその牙城が崩されたとかいないとか。 「榛名」にまつわる秘密を握っているようだが、本人は気づいていない模様。 カシンとも何らかの関連があるようだが…。 はい、気の強いおねいさん方が多い中で、ゆるふわ癒し系の彼女の存在は非常に大きいところですな。 小柄ながら出るところは出ているのも素晴らしい。 ヨシモトの代わりにイチャイチャしたいよ! にこやかでおおらかだが、プライドが高く自信家で高飛車な面も見せるおちゃめさん。 ノブナガからは「お譲」と呼ばれ犬猿の仲。 パチンコを打ち込んでいる方にはわかると思うけど、とにかく弓が当たらないというイメージ。 まぁ、今回も滅多に当たらないんですけどね! 「越後の龍」の二つ名で呼ばれ、シンゲンとは幾度となく合戦を繰り広げてきた宿命のライバル。 長槍を操り正確無比な連続攻撃で敵を討つ。 基本的にシンゲンとセットで出てくるイメージ。 そして、連続演出の期待度が最弱クラス…だったわけだけど、今回は大活躍。 最も仲間にしたい武将No. ケンシンのことを最高の喧嘩相手だと思っており、彼女との戦いをライフワークとして楽しんでいる。 ケンシンと共に競演する協力系連続演出でトップの期待度を誇る。 つまり彼女たちを連れてこられるかどうかで、ボーナス期待度が天と地ほど変わるわけ。 現金なもので今作から大好きになりました。 カモン! 無愛想でクールな性格だが、情にもろく心優しい。 かつてオウガイに敗北した過去があり、その雪辱を晴らすために一人厳しい修行に励んでいる。 マサムネはチャンスパターンの人というイメージ。 小役ナビでもそこそこチャンス役に期待できたり、連続演出もそこそこ期待できる印象。 中途半端で影が薄いなんて思ってはいないよ…いないよ…たぶん。 パチスロ版ではヨシテルに仕え、将軍家の復興を願っている。 クナイを武器に敵を四散させる攻撃スタイル。 なんだろう、キャラ云々とうよりはCVがくぎゅだったことに衝撃を受けた。 いつもとまったく演技が違うので、プロの声優さんてすごいなーって。 三魂爪は毛利家に代々伝わる3本の妖刀を使用しており、戦国乱世で散っていった者たちの無念が宿っているという。 毛利輝元の行方を追っているが…。 はい、やってまいりました。 モトナリちゃんは乙女シリーズにおける僕の嫁。 そのお胸で顔を埋めたいのです。 一回…逝ってみる? 手にした大斧を振り回し、敵を蹴散らすさまはまさに鬼神の如し。 珍しいものや面白そうなことに目がない性格のため、興味本位で「榛名」の争奪戦に参加している。 天下統一モード中の連続演出である「肝試しだ! 戦国乙女」の彼女は一見の価値あり。 強気な娘さんの泣きそうな表情ってグッとくるよね。 普段は信仰深く清楚でおしとやかな性格だが、一度自慢の武器を手に持つと性格と口調が激変する。 乙女シリーズの実質的人気No. 1のキャラ(川本調べ)。 好みではないけどまぁ、わかるよ。 ちっちゃくて可愛いキャラはみんな大好きだからね。 ソウリンの教育指南役として仕えるカラクリ人形。 普段は毒舌なツッコミでソウリンをぞんざいに扱い、本当の危機になるまでは手助けをしないが、基本はソウリンのことを第一に考えている。 新キャラということで登場の機会は随一。 脚のきれいなおねいさん。 実際には優秀で忠実な家臣としてヨシテルに信頼されていたが、カシンに取り憑かれヨシテルを裏切る事になった。 本編のラスボスでございます。 CVがカシンと同じ花澤さんなんだけど、当初は「CV:??? 」になっていたんだよね。 で、声を聞いて納得。 なるほど、カシンを連想させたくなかったのかな。 ネタバレごめんよ。 その強大すぎる力を御しきれなかった彼女は、「榛名」にその力を封じた。 出番があるようで、その実ほとんど出番のない彼女。 確定パターンや復活パターンでお馴染みですね。 天下の支配などに興味はなく、世界そのものを破滅に導こうとする。 見た目はこんな禍々しい感じだけど、スピンオフ(? )の『CR熱響!乙女フェスティバル』はノリノリでしたね。 嫌いじゃないですよ、ああいうのも。 最終的にヨシテルに反旗を翻し、前作のエンディングでヨシテルに討たれる。 前作はフリーズでも引かん限り、そうそう対戦することはできなかったので、一度手合わせをお願いしたかった。 保証回数で終わりそうだけど! 自慢の斬馬刀で並みいる居敵を粉砕する。 パチンコの乙女アタックにて、出現したらまず勝てないと諦めるほどの難敵。 そんなプレイヤーから付けられた二つ名が「オウガイ無双」…だったのに公式がそれをまんま演出名に使ってくるとはニクい! 治まらぬ戦乱に苦悩するヨシテルを常に心配している。 ヨシテルに会いたい一心の行動により、運命の歯車が大きく動き出す…。 エンディングくらいしか出番がないので、気付かなかったけどCVがオウガイの人だったのかよ! ホントプロってすごいよね。 お祭り風景・白ヨシテル お祭り風景・黒ヨシテル お祭り風景・ノブナガ お祭り風景・ヒデヨシ お祭り風景・イエヤス お祭り風景・ヨシモト お祭り風景・ケンシン お祭り風景・シンゲン お祭り風景・マサムネ お祭り風景・ミツヒデ お祭り風景・モトナリ お祭り風景・モトチカ お祭り風景・ソウリン お祭り風景・ドウセツ お祭り風景・乙女全員集合 第3回 設定推測ポイント どんなに大好きな台でも、やはりそこはパチスロ。 勝てなきゃ面白くもなんともない。 というわけで、今回もわたくし川本2Dがパチスロ戦国乙女2の注目すべき設定推測要素をご紹介致します。 1)特殊リプレイからのボーナス当選率 「特殊リプレイとは何ぞや? 」と思う方も多いと思うけど、実はこれ左リールから停止させちゃうと通常リプレイとの区別が付かないという厄介者。 そこで中押しの出番となります。 最初に中リールに枠上から上段くらいにBAR絵柄を狙ってみてくださいな。 リプレイの大半は中段一直線に揃うのだけど、稀に斜めにリプレイが揃うことがあるのよ。 そう、この斜めリプレイが特殊リプレイってわけ。 ここからのボーナス当選率には大きな差があるため、その当選率から設定を推し量ろうという塩梅でございます。 奇数・偶数設定で特徴が異なり、特殊リプレイからの当選率は偶数設定が優遇。 設定6は顕著な差があるので、半日もプレイすればまぁわかるんじゃなかろうか。 とにかく設定1だけは絶対に避けたいという場合は、特に重宝するはずですよん。 ちなみに、中押し時の大半は中段にベルが停止するので残りはフリー打ちでOK。 中段スイカはスイカ揃い濃厚なのでこちらも残りはフリー打ちでOK。 BARが下段に停止した場合はチェリーとなるので左リールにチェリーを狙ってくださいな。 その際、右リール中段にリプレイが止まらなければ強チェリーでございます(右に2連7を狙うのもアリ)。 スイカハズレ&リプレイハズレはそれぞれチャンス目となるので、法則を覚えておけばスムーズにプレイをすることが可能。 そうそう、特殊リプレイからの当選時は大半が「謎の紋章演出」を経由します。 2)鬼神討伐終了画面のキャラ 鬼神討伐終了後には必ずいずれかのキャラが出現。 このキャラの選択割合には設定の高低や奇数・偶数示唆が盛り込まれているので要チェック。 全員集合画面ならその時点で設定5・6が確定となるので、あとは思う存分ブン回してやりましょう。 」というように判断できちゃうの。 もっとも設定6を視野に入れつつ設定1だけは避けたいというプレイヤーが大半だと思うので、「ヨシモト&イエヤス」と「ソウリン&ドウセツ」が出るに越したことはないんですけどね。 なお、「卑弥呼」出現時は復活確定。 他のキャラでも復活する可能性はあり、その場合はサンプルに加えることができるので若干お得となります。 いずれにせよ、「黒ヨシテル」が頻発するようなら早めの撤退が無難。 むしろ全力で逃げてください。 ちなみに「卑弥呼」が出た場合は復活確定。 他のキャラで復活した場合は、設定推測のサンプルになるので忘れずにチェックしておきましょう。 こちらも特殊リプレイからのボーナス当選率と同様に偶数設定が優遇されているので、併せてチェックしておいてね。 設定1だと約4%なのに対し、設定6は約12%でヒット。 早い段階で引き戻しを確認できた場合はしばらく様子をみたいところですかにゃあ。 ちなみに、オウガイ無双に突入しただけではNGなので注意してくださいな。 あくまで「勝利」が条件となりますゆえ。 4)鬼神討伐・初当り時のモード振り分け 鬼神討伐には4種類のモードがあり、それぞれ継続率が異なります。 早い話、上位のモードが選ばれるほど連チャンしやすくなるというわけ。 で、ここから重要となるんだけど、鬼神討伐が開始したらメニュー画面の十字キーを押してみて。 ここで筐体上部の勾玉が白以外に変化すればモードB以上が確定となるのです。 緑ならB以上、赤ならばC以上、そして紫に変化すれば最上位のDが確定。 もしも虹に変化した場合はモードDに加え、真乙女ボーナスも確定する至福の瞬間となります。 ちなみに奇数設定はモードAの選択率が下がるため、偶数設定よりも連チャンに期待できる仕組み。 特に設定5はモードC&Dの選択率が最も高いので、初当りこそ設定4に劣るものの一撃の出玉に期待できる仕様となっているのも特徴ですかね。 5)その他・設定推測ポイントとまとめ 基本的にいずれも分母が大きかったり、サンプル自体を得ることが難しかったりするため、設定推測のスピードは決して速くはありません。 なので設定推測は総合的にみることが大事。 設定1を匂わす要素があれば、深追いせずに撤退するのも戦略のひとつなのかと。 第4回 攻略&立ち回り 今回でラストとなる、わたくし川本2Dコラムシリーズですが、最後は本機における立ち回りに役立つ小ネタをご紹介。 空き台からの狙い目ポイントや朝イチの特典などを把握して参りましょ。 1)天井狙い まずはハマリ台を見つけることができれば実践できるお手軽な立ち回り、天井狙いについて。 本機の天井はボーナス間999Gハマリとなっており、天井到達でボーナスに当選するというもの。 現実的なラインとしては700G以上ハマっていれば狙い目ですかね。 あとはボーナスに当選するまで打ち続け、連チャン抜けで即ヤメすればOK。 メリットは低投資で勝負ができるので、短時間勝負には持ってこいなわけですよ。 2)初当り良好=高設定狙い ボーナスの初当りは偶数設定が優遇されているので、空き台をチェックする際は初当り出現率に注目。 設定差のある契機で当選したのかどうかはわからないので、250分の1前後で初当りを射止めているようなら狙ってみる価値アリかなと。 設定6でも連チャンが延びないと意外にヤメられちゃうこともあるので、思わぬお宝台をゲットできる可能性もありますぜ。 ちなみに大半のデータカウンターはビッグの欄が総ボーナス回数、REGの欄が初当り回数となっているタイプ。 通っているホールがどういったタイプのデータカウンターなのかは事前に把握しておきましょう。 3)天下ポイントMAX狙い 液晶左下にあるポイントが10000ptに達すると天下統一モードというチャンスゾーンに突入します。 最大3戦する可能性があり、勝利していくごとに特典が大きくなるので一発長打も期待できるのが魅力のひとつ。 初戦は期待度50%で勝利できれば乙女ボーナス、続く2戦目は期待度40%で勝利できれば真乙女ボーナス。 ここも勝てばラストの3戦目は期待度30%、勝利できれば80%継続の真鬼神討伐の権利をゲットできちゃうのです。 もちろん、初戦に負けた場合は何もナシとなるけど、恩恵を考えれば無視できない要素ですかね。 個人的な狙い目のポイント数は8500pt以上とややハードルを高く設定しています。 また、宵越しで狙ってみるのもありですかね。 設定変更されていたら…という心配があると思うけど無問題。 リセット判別は比較的容易だし、旨みもあるのです(下記に続く)。 4)リセット判別 (100Gごとの天下pt獲得や高確スタート) リセット時は挙動が特徴的なため、すぐにボーナスを引くなどのイレギュラーがなければ概ね変更の有無を判断することが可能。 天下ポイントの獲得は100Gごとに100pt以上獲得するため、周期のズレが確認できれば据え置きが濃厚となるわけです。 ただし、必ずしも100Gピッタリで加算されるわけではないのでご注意ください(一旦貯め置かれるかケースもアリ)。 また、リセット時は状態移行抽選が行われるため、チャンス役を引かずに桜舞う城や封印の塔に移行した場合もリセット濃厚となるので併せてチェックして下さいな。 5)リセット時の天下ポイント獲得 (リセット判別にも使える) リセット時は特典として最低でも3500pt以上の天下ポイントを内部で獲得した状態からスタートする特徴があります。 6000pt以上を獲得している割合は約7割にも及ぶため、リセット時は普段よりも大幅に早いタイミングで天下統一モードに期待できるのですよ。 これは早い段階でボーナスを引いてしまった場合にリセット判別として活用することも可能。 液晶上では4000ptでも内部で6000ptを獲得してれば、4000pt到達時に一気にMAX到達となる仕組み。 また、6500ptを超えてもMAXに到達しなければ、その時点で据え置きが確定しちゃいます。 6)立ち回りポイントまとめ というわけで、朝から立ち回るならリセット確認が最重要。 上げ狙いにせよ、高設定の据え置き狙いにせよ、朝イチの挙動なくして立ち回ることは困難です。 自分の経験上ですが、上げ狙いで挑みリセット挙動が確認できたなら天下統一モード突入まで打ち続けてみるのも大いにアリ。 もちろん、高設定を掴むに越したことはないけれど、たとえ低設定だとしても天下統一モードという「保険」があるのは実に心強いのです。 実際、設定推測材料が集まるには時間のかかる機種ですので、まさかの低設定を掴んでしまった場合でも最小限のリスクで乗り越えることができるはず。 また、全台リセットされているようなホールなら、最も選択率の高い6000pt獲得を見越して3500~3999ptまでの台をピンポイントで狙うのも有効な戦略になるんじゃないですかね。 そして、夕方からの勝負や高設定を掴めなかった場合には、天井狙い&天下ポイントMAX狙いで最後の勝負に挑みましょう。 それがダメならまた明日、朝から打てばいいんです。 高設定がなくなるその日まで、僕たちの戦いは終わらない! 777NEXT攻略情報公開中!.

次の

『パチスロ戦国乙女TYPE

せん ごく おとめ パチンコ 設定 示唆

概要 [ ] 歴史上、実在したのの武将をモチーフにした登場人物が活躍する内容のデジパチ。 武将達は全て女性キャラクターとして登場し、名前は苗字が漢字で名前がカタカナで統一されている。 また、オリジナルであるパチンコから派生したタイアップ作品として、『』にて3月号から3月号まで漫画『〜百花繚乱〜 戦国乙女』が連載されていた。 漫画版の設定やストーリー展開は『戦国乙女2』以降のパチンコ版に逆輸入される形で使われている。 キャラクターデザイン及び原画は、同人サークル・が行っている。 また、漫画版のオリジナルキャラクターの原案も担当している。 漫画版の脚本・キャラクターデザインは、漫画はがそれぞれ担当している。 主題歌・大当り中の楽曲を各キャラクターの声優が担当している。 やなどが歌っており、が平和の携帯サイトで配信されている。 またサントラCDは2011年末頃より平和のECサイト及び携帯サイトで通販されているが、田村ゆかりの歌唱分はレコード会社間の契約関係上収録されていない。 2011年より、系にて本機を原作とした『』が放送された。 シリーズ機種 [ ] CR戦国乙女2 [ ] 2011年6月にシリーズ第2弾機種『CR戦国乙女2』が登場。 新キャラクターが3人加わった他、平和としては初となる携帯電話との連動サービス・「打-WIN」(ダーウィン)を提供する。 発売に先駆けて5月に東京のにて戦国乙女ファン感謝イベントも開催された。 同年9月には、バージョンの『CR戦国乙女2 9AX』も登場した。 CR戦国乙女3〜乱〜 [ ] 2013年5月、シリーズ第3弾となる『CR戦国乙女3〜乱〜』が登場。 演出面ではCR戦国乙女2で登場した新武将が図柄に組み込まれたほか、新たな敵としてカシン居士が登場。 同年9月には、遊パチバージョン『CR戦国乙女3 9AW1』も登場。 イエヤス以外の乙女たちも筐体全面にデフォルメされたイラストで描かれている。 パチスロ戦国乙女〜剣戟に舞う白き剣聖〜 [ ] シリーズ初のパチスロ。 2013年8月に登場。 製作はスロット版のシリーズやシリーズを手掛ける。 足利ヨシテルの初登場作品で、ストーリーは「乙女たちによる榛名の争奪戦が始まる少し前」と説明されており、時間軸としては最も古い話となる。 敵キャラとしてシリーズ初の男性武将である松永弾正久秀が登場した。 また明言されてはいないものの「魔獣を創り出した呪術師」という『戦国乙女3』に登場したカシンの存在を匂わせる部分がある。 パチスロ戦国乙女〜剣戟に舞う白き剣聖〜西国参戦編 [ ] 2014年4月登場。 上記の機種にパチンコ版『2』の新武将3人を加え、一部の演出とスペックを変更したバージョン。 パチスロ戦国乙女2〜深淵に輝く気高き将星〜 [ ] 2016年1月登場。 新武将として立花ドウセツ、細川ユウサイが加入。 前作のエンディングでヨシテルと松永の闘いに決着がついたところからストーリーが始まる。 CR戦国乙女〜花〜 [ ] 2017年1月登場のシリーズ第4弾。 パチンコではおよそ3年半ぶりの新作となった。 演出面では新武将として前田トシイエ、千リキュウ、小早川ヒデアキの3人とスロット版から足利ヨシテルと立花ドウセツが加入。 確変モードでは武将3人1組の合戦「天下統一BATTLE」が繰り広げられる。 平和はこの台から、『CRルパン三世~I'm a super hero~』で使用された専用筐体「SUPER HERO」をモチーフにした新筐体「王者」を採用している。 同年5月より遊パチバージョンが登場した。 パチスロ戦国乙女 Type-A [ ] 2017年8月より登場した、 シリーズ初のAタイプ機。 これまでの作品と異なり、純粋にボーナスでメダルを増やしていく。 通常時は、バトルにより当否を判別する「乙女アタックモード〜バトルジャッジ〜」、リール左右の乙女ランプ及びその色でチャンスを告知する「乙女ランプモード〜チャンス告知〜」、カットインが発生すれば問答無用でボーナスが確定する「萌えカットインモード〜完全告知〜」、前述の3つのどれが来るか分からない「ミックスモード〜演出混合告知〜」の4モードがある。 告知モードは上下ボタンで選択可。 方向キーの左もしくは右を長押しすることで「レア役完全告知」「告知無し」の隠しモードも選択できる。 ビッグボーナス時は、これまでの戦国乙女シリーズからの楽曲に加え新曲がプラスされた全23曲を随時切り替えて楽しめる。 それぞれのボーナスに攻略要素が有り、ビッグボーナス時は予告音発生時に逆押しで最後に白7をビタ押しで狙って成功すれば最高311枚獲得。 終了後は、30ゲームのRT(リプレイタイム)に突入する。 レギュラーボーナス時は紋章と白7をビタ押しで狙い、ビタ押し成功回数によって終了後に発生することがある萌えカットインで設定示唆を行っている。 9号機)。 これまでの作品との繋がりは全く無く、ゴルフをモチーフにしたパラレルワールドになっている。 パチスロの前作(Type-A)と異なり、ストック型のRTでボーナスを待ちながら3種のボーナス(状態に応じてボーナス名とRTストック性能が変化)で増やしていくゲーム性に変わっている。 1(いずれも公式ホームページ及びパンフレット発表値)と軽め。 CR戦国乙女5〜10th Anniversary〜 [ ] 2018年8月から稼動を開始したパチンコ第5弾。 名前の通り乙女シリーズ10周年記念作品でもある。 また、外装は通常の物に加えて戦国乙女総選挙での結果を基にしたキャラクター機種パネルバージョンが追加されている。 2019年7月にはシリーズ初の設定搭載機版(通称P版)も登場した。 モードは、前作同様通常4と隠し2の計6つのモードから選べ、それぞれ「乙女アタック」「告知音」「予告音無し」「完全告知」、隠しが「MIX」「告知無し」。 ボーナスも2タイプから3タイプ(真乙女・乙女・レギュラー)に増え、最上位の真乙女ボーナス(バー揃い)では、目押し無しで最大獲得枚数の416枚を獲得し、かつRT100ゲームに突入する。 乙女ボーナス(ビッグ)は、予告音発生時に逆押しで紋章の下にある白7を枠内に目押しして、400枚越えを目指す。 終了後はRT30ゲーム。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年10月)() パチンコ 日本であって日本でない戦国時代での物語。 この世界では女性が中心となって戦う乱世の世。 名立たる戦国武将達は天下統一への近道のためあるものを探し求めていた。 それを得た者は天下の覇権を握ることができると伝えられる伝説の勾玉「榛名」。 一騎当千の猛将達は熾烈な争奪戦を繰り広げていた。 そして人々は美しくも屈強な彼女達をこう呼んだ、「戦国乙女」と…。 漫画版 この国の創世期。 あらゆる事象を予言する力「刻読の眼(ときよみのめ)」を用い、世を治めた初代女王・卑弥呼。 彼女は自らが没する直前、その先見(さきみ)の力を勾玉に封じ「榛名」と名づけ何処かに封納した。 しかし時の流れとともに「榛名」の存在は風化し、もはや伝承にも満たぬものへとなっていく……。 時は戦国の世。 卑弥呼の力の系譜かそれぞれが一騎当千の力を持った女性武将たちがこの国に現れ、乱世を駆け抜けていた。 そんな美しくも屈強な彼女たちを人々はこう呼んだ。 「戦国乙女」と。 登場人物 [ ] 戦国乙女 [ ] 声 - 1図柄 身長:145cm 好物: 趣味:木登り 必殺技:天翔槌打岩撃(てんしょうついだがんげき) 小柄な体系からは想像も出来ない怪力の持ち主で、巨大な型のハンマーを軽々と振り回し邪魔するものを粉砕する。 やんちゃで子供っぽく天真爛漫かつ好奇心旺盛な乙女。 明るい性格のため、設定画の段階では豊富な表情が作成されていた。 SDキャラ時には、ひょうたんハンマーに「じぇのさいど」と書かれている。 一人称は「あたし」。 漫画版 ノブナガと共に主役級の扱いで、榛名の守人の一族の出で幼少の頃は尾張にある山奥の村で生活を送っていたが、ムラサメとその部下の襲撃を受けて両親を亡くしている。 その際にノブナガに命を助けられて以来、「お館さま」と呼び行動を共にする。 ノブナガの家臣となってからはひょうたんハンマーを持ち戦場に立つようになったが、戦場の恐怖から戦うことが出来ずノブナガを困らせていた。 また今でも仲間や他人が戦で死んでいくことに慣れておらず、困っている人もほっておけない性格をしている。 心底ノブナガに惚れこんでおり、感情的になってノブナガに反発した際も後々激しく後悔していた。 ノブナガの天下統一と争いの無い天下泰平の世を夢見て、両親が守ろうとした榛名をノブナガの天下統一の役に立ててほしいと榛名を探し求めている。 声 - 2図柄 身長:175cm 好物: 趣味:修行 必殺技:雷光連撃槍(らいこうれんげきそう) 何事にも常にポーカーフェイスでマサムネ同様、クールに見られる乙女。 普段は物静かだが胸に秘めた熱い想いを見せる情熱派で信心深い性格の持ち主でもある。 中央に家紋でもある「毘」と書かれた鉢巻きを巻く。 長槍の使い手で、その連続攻撃は正確無比。 本機最大の予告、萌えカットイン予告が他の乙女達よりも注目される。 広告でも銀玉に埋もれるセクシーな姿が見られる。 SDキャラ時には、鉢巻の「毘」が「び」となっている。 漫画版 越後の龍の二つ名で呼ばれ、シンゲンとは幾度となく合戦を繰り広げる宿命のライバル関係にある。 しかし、本当はシンゲンを信頼しており、ムラサメとの対決の際には息の合った攻撃を繰り出している。 言葉遣いはクールながらも女性的なもので、口数自体も多い。 声 - 3図柄 身長:153cm 好物: 趣味:日向ぼっこ 必殺技:光魔葵ノ陣(こうまあおいのじん) 徳川の家紋を付けた錫杖を武器にする魔法少女。 口数が少なく無表情で人見知りも多い恥ずかしがり屋。 マイペースな性格をしている。 見た目に反して大食いでありヒデヨシとまんぜう(饅頭)の大食いを競うというシーンも存在する。 無限の魔力から発動される魔法は攻撃力が高く、相手の攻撃から身を守る防御技としての転用も可能。 榛名にまつわる秘密を握っているようだが、本人はあまり気づいていない。 何かと謎の多い人物とされる。 SDキャラ時には、武器の錫杖の家紋の部分がひらがなの「と」になり、腰のリボンも大きくなっている。 草稿の段階では長めの日本刀を武器にしていた。 漫画版 今川家に身を寄せている。 ヨシモトのことを「お姉さま」と呼び慕っているようだが、彼女からの行き過ぎた愛情には少々困惑気味。 時折、何者かに取り憑かれたかの様な様子で、普段使用する魔法とは異なる不思議な力を使う場面が見受けられる。 声 - 4図柄 身長:168cm 好物: 趣味:舞 必殺技:烈風真空波(れっぷうしんくうは)、非情の短剣(ひじょうのたんけん) 弓矢を武器とする良家育ちの清楚なお嬢様。 公家と陰陽師と甲冑をミックスした衣装を身にまとい全体が緑と白色で統一されている。 お嬢様育ち特有の丁寧な言葉遣いでプライドが高く高飛車な一面を見せる。 自分のスタイルに自信がありひけらかすことも。 近距離戦や乙女アタックでは非情の短剣(花嫁修業で習ったドス)を使用する。 非情の短剣という名前はノブナガの必殺技を捩ったもので、『戦国乙女3』以降では乙女アタックの必殺技名として公式に採用されている。 設定画の段階では二つのを手にしていた。 一人称は「わたくし」。 漫画版 ノブナガから「お嬢」と呼ばれており、度々合戦を繰り広げる間柄。 自身もノブナガたちを「野蛮な人」と称していたが、榛名を探す旅に同行してからは一緒に遊ぼうとするなど、それなりに仲良くやっている。 イエヤスを妹のようにかわいがっており、溺愛するあまり暴走することも少なくないが、物静かな彼女の意思を察し尊重する面もある。 必殺技の「烈風真空波」にイエヤスが魔法をかけることで、「烈風翠嵐 鏃光波」という合体技が発動する。 や着せ替え()が趣味で、この設定は『戦国乙女2』以降の原作やアニメ版に逆輸入された。 声 - 5図柄 身長:169cm 好物: 趣味:暴飲暴食 必殺技:炎竜軍配撃(えんりゅうぐんばいげき) 足もとに届くほどに長い髪と、両頬にある十字の傷が特徴。 また、武田信玄が本来被っていた兜に酷似した兜を被る。 手にしたの軍配を使って炎をまとった竜巻を起こすことができる。 性格は猪突猛進タイプで、細かいことにはこだわらず感情的で乱暴な面が見られる。 しかし情に厚く家臣に優しい面もあって、部下からの信頼も厚い。 細身ではあるが暴飲暴食を趣味とする。 萌えカットインではその大食い振りが確認できる。 一人称は「俺」。 漫画版 甲斐の虎と呼ばれ、ケンシンと互角の戦いを演じるライバル関係にあり、最高の喧嘩相手と思っている。 彼女にとってはケンシンとの戦いはライフワークとして楽しんでいる。 また、過去の縁からノブナガと協力関係にあり、目的を同じくして榛名が隠されている封印の塔を独自に探しているが、榛名自体がどのようなものなのかは詳しくは知っていない様子。 単行本のおまけ漫画ではケンシンと共に出番の少なさを嘆く様子が描かれており、このやり取りは『戦国乙女3』のセリフ演出に使われている。 声 - 6図柄 身長:162cm 好物: 趣味:料理 必殺技:双竜連斬(そうりゅうれんざん) どのリーチも信頼度が高からず低からずため大当たりに絡みやすいキャラ。 彼女の乙女ロングリーチ発展時に役物稼働とSEのズレが発生した場合、ハズレ確定となる現象が起こる。 本来の伊達政宗同様、右眼に眼帯を着けて額に三日月模った兜を被る独眼竜の乙女。 青竜刀に似た双剣を優美に操る二刀流の使い手。 沈着冷静な性格と戦闘スタイルではあるが、情にもろく心優しい性格をしており料理が得意という家庭的な面もある。 実はな性格という設定がある。 料理に関しては得に魚料理が得意。 設定画ではかなり露出が少ない鎧を身に着けていた。 漫画版 ムラサメの策により窮地に陥ったヒデヨシを助けている。 また、過去にオウガイに敗れ、右目を潰された因縁があり、ヒデヨシを助けた際、ムラサメにその居場所を問い詰めていた。 その後、再登場時にオウガイに雪辱戦を挑むが再び敗北する。 ヒデヨシからは伊達っちと呼ばれ懐かれている。 オウガイとの因縁の設定は原作にも逆輸入されている。 声 - 、(『乙女マスターズ』以降 ) 7図柄 身長:175cm 好物: 趣味:お風呂 必殺技:非情ノ大剣(ひじょうのたいけん) 本機の主役的扱いのキャラクター。 戦国乙女のロゴマークにノブナガの目元が確認できる。 ノブナガの武器となる大剣が本機の画面右側の役物として採用されている。 他の乙女達よりもリーチの信頼度が高く、封印の塔リーチは発展した時点で大当たり確定となる。 そのためリーチになること自体が少ない。 漆黒の鎧(所謂、ビキニアーマー)に内側が赤色・外側が黒色のマントを身に纏う乙女。 いかなる時もキセルを銜えているほどのたばこ好きで、天下布武と大きく書かれた大剣を武器に次々と敵をなぎ払う。 気が短く物事をあまり深く考えず、相手を力でねじ伏せようとする荒くれ者。 大胆不敵かつ面倒くさがり屋。 基本的にはお気楽な性格をしているが、がさつで乱暴な面が目立つため、周りから近寄りがたいと思われることが多い。 喋る時に語尾に「〜じゃ」を付ける癖がある。 一人称は「ワシ」。 漫画版 天下統一を目的として旅を続けている。 榛名を手に入れようとしているが、その力を使役するつもりはなく、自分やヒデヨシ以外のつまらない者の手に渡ること、榛名を使って自分の天下統一の邪魔されることが気に入らないだけであり、己の力で天下統一を目指している。 榛名は南蛮の逸品と一緒に飾るつもりでいる。 あまり態度に見せることは無く普段は「サル」と呼んでいるが一番の家臣としてヒデヨシをとても大事にしている。 声 - 8図柄、身長:163cm 好物: 趣味:読書 必殺技:朱雀剛爆砕(すざくごうばくさい) ショートリーチの信頼度が乙女一、高い。 そのため彼女の場合、ロングリーチへ発展する方が多い。 無数の特殊を武器に遠距離から敵を殲滅する乙女。 丸眼鏡を掛け、その風貌や雰囲気からも知的な面が伺え、実際に智略と策略で物事を計算どおりに進める知将である。 目的のためには手段を選ばない冷酷な一面やニヒルな面もあり、自意識過剰で口が悪い。 設定画の段階ではやに似た武器を手にしている。 漫画版 足利義昭の配下だったが、榛名を手に入れることを目的としてノブナガのもとに使者として赴き、そのまま行動を共にすることになる。 ノブナガから義昭の事を慕っている節をからかわれたりする。 ヒデヨシからは、「ミッチー」と呼ばれたり、おっぱいが大きいと憧れのまなざしを受けたりと親しまれている。 実は絵が下手で他乙女の絵を描いた時も皆おかめ顔になっていた。 敵武将 [ ] 室生オウガイ 声 - 身長:200cm 好物: 趣味:不明 必殺技:極王斬(ごくおうざん) 女性でありながら男性以上のたくましい体格を持つ「巨漢」。 右目周りに刺青がある。 斬馬刀を武器とする。 榛名を手に入れて無双の存在になることを目的に足利義昭の後見人として将軍家を利用している。 『戦国乙女3』にはオウガイが主役のST「オウガイ無双モード」があり(甘デジは非搭載)、ここでしか見られないリーチ演出もある。 漫画版 足利義昭の後見人。 野心家で将軍も含め相手を全て呼び捨てにする。 マサムネを隻眼にした張本人でもあり、その強さは漫画版でも変わらず。 ノブナガと互角以上の戦いを繰り広げる。 榛名を求め封印の塔に向かう乙女武将を一網打尽にしようと企む。 斉藤ムラサメ 声 - 身長:170cm 好物: 趣味:不明 必殺技:神威霜天結晶(かむいそうてんけっしょう) の上に甲冑を装着した装いをする女剣士。 柄にも刃を取り付けた双刃刀を使用する。 冷酷でプライドが高く挑発的な態度やしぐさを取ることが多い。 漫画版 何者かの命により榛名を探し暗躍を続ける。 かつて榛名捜索時にヒデヨシの両親を襲撃、殺害している。 利害関係の一致からオウガイとは協力関係にある。 シンゲンからはエロねーちゃん呼ばわりされている。 相田コタロウ 声 - 身長:146cm 好物: 趣味:不明 必殺技:気合の一撃(きあいのいちげき) 幼い少年にも見える風貌や名前から男性にも見えるが、れっきとした女性。 自分を「僕」と呼ぶ。 強がりで頑張り屋さん。 責任感があり、まじめだがいつも報われない。 足利家に仕える武将であるが、オウガイのとしてこき使われている。 一般的な野太刀を武器に戦う。 漫画版 足利軍の雑兵の一人としてゲスト扱いで出てくる。 このため、自己紹介を含め名前が出ておらず、榛名の争奪戦にも直接関わることはない。 シロ 書状予告や乙女アタックに登場する兜を被った白い犬。 骨を武器に戦う。 出現した時点で大当たりが確定するプレミアキャラ。 『パチスロ戦国乙女2〜深淵に輝く気高き将星〜』からデザインが一新され 、被り物も兜からヘルメットになった。 設定上では新デザインが真の姿とされている。 漫画版 1話ごとに必ずどこかに描かれている(『電撃大王』連載時には何話か描き忘れられ、コミック版で加筆されている)。 CR戦国乙女2に登場するキャラクター [ ] 声 - 9図柄(CR戦国乙女3のみ)身長:140cm 好物: 趣味:不明 必殺技:(ドン・フランキーほう)、神慈裂鋼尖(しんじれっこうせん) 新しいもの好きなシスター風の格好をしたで、腋やへそを露出している。 普段は清楚でおしとやかな性格だが、自身の身の丈ほどある大砲「弩・佛狼機砲」を手に持つと性格と口調が変わり、辺り構わず撃ちまくるようになる。 近距離戦、乙女アタックではを使用する。 民と世の安寧のため榛名を求めている。 漫画版 後ろ姿でのみ登場 声 - 10図柄(CR戦国乙女3のみ)身長:163cm 好物: 趣味:不明 必殺技:黒葬の舞(こくそうのまい) 物静かで物憂げな性格の武将。 左手に備えた鉤爪「三魂爪(みこんそう)」を操り、舞を舞うかのようにして敵を切り裂く。 この爪は毛利家に伝わる妖刀であり、それぞれに「」「」「」と銘が刻まれている。 戦で散っていった者達の無念が宿るとされ、それを鎮めるために榛名を求め戦う。 また同時に毛利輝元の行方を追っているが、その理由は不明。 漫画版 後ろ姿でのみ登場 声 - 11図柄(CR戦国乙女3のみ)身長:158cm 好物: 趣味:不明 必殺技:喜鬼斬山(ききざんざん) 活発でお祭り好きな体育会系。 一見しっかりしていそうに見えるがおっちょこちょいな一面も。 珍しいものや面白そうなことに目がなく、榛名の争奪戦にも興味本位で参加している。 使用する武器は大斧。 酒好きでミツヒデとは飲み友達。 しかし酒乱の気があるようで、ステップアップ予告ではそれをたしなめられている場面が見られる。 漫画版 後ろ姿でのみ登場 声 - 身長:175cm 好物:不明 趣味:不明 必殺技:焉りと創りの祈り(おわりとはじまりのいのり) 全国制覇後登場する謎の人物。 徳川イエヤスをグラマー化した姿をコンセプトに描かれている。 必殺技発動時の武器は鏡。 予告として登場すると大当たりの期待がかなり高いため、登場頻度はかなり低い。 続編の『戦国乙女3』にて、彼女の闇の部分といってよいカシン居士が登場する。 漫画版 かつて「刻読の眼」を用いて世を治めた初代女王。 自らのその力を勾玉「榛名」に封じて没した。 特定話数にシンボル的に登場する。 服装や髪型等が登場するたびに異なっている。 CR戦国乙女3に登場するキャラクター [ ] 声 - 身長:146㎝ 好物:なし 必殺技:滅界(めっかい) かつて卑弥呼が榛名に封印しきれなかった闇の力が具現化した存在。 強大な妖力を操る呪術師。 生きる者すべてに憎しみを抱き世界を滅ぼそうと企む。 鬼灯 声 - 身長:170㎝ 好物:なし 必殺技:なし カシンに付き従う女忍者。 紫苑の姉。 沈着冷静で達観的な思考をしている。 紫苑 声 - 身長:162㎝ 好物:なし 必殺技:なし 鬼灯の妹で同じくカシンに付き従う。 姉とは対照的に敵対する者には考えなしに突進していく性格をしている。 CR戦国乙女〜花〜に登場するキャラクター [ ] 声 - 身長:160㎝ 好物:茶そば 必殺技:雲心月性 華嵐の舞 うんしんげっせい はなあらしのまい 「茶聖」の異名を持つ当代随一の。 常に微笑みを浮かべており、胸中は誰にも窺い知れない。 何事にも動じないおっとりとした性格の持ち主で、意外にもを好む。 普段は目を閉じているが、天下統一バトルの3人合体攻撃「光廉翠瀑 三重奏(こうれんすいばく さんじゅうそう)」では開眼するところが見られる。 声 - 身長:151㎝ 好物:鍋料理 必殺技:黒葬の滅多斬(こくそうのめったぎり) 黒髪をに結わえた乙女で、他の武将たちと異なりは非常に小さく、髪飾りのように載せているだけである。 ゴスロリドレスのような派手な和服を着ており、小柄だがプロポーションは悪くない。 武器はモトナリより拝領した妖刀「隆景」であり、柄を刺して(史実の秀秋が着用していた陣羽織に描かれた鎌がモチーフ)にしている。 臆病で泣き虫であり、敵に怯えて鎌を振り回していたらいつの間にか生き残っていたらしい。 声 - 身長:148㎝ 好物: 必殺技:恐犬千手槍(きょうけんせんじゅそう) ノブナガの下に仕官してきた活発な性格の少女で、ノブナガからは「」と呼ばれている。 犬の手形を模した髪飾りを付けている。 尊敬するノブナガのために働きたいという野心が強く、何かとヒデヨシをライバル視している。 柄に鎖を仕込んだ二本のを軽快に操り闘う。 一人称は「オイラ」。 声 - 身長:163㎝ 好物: 必殺技:黒鋼迅雷脚(くろがねじんらいきゃく) 南蛮により作られた。 両脚には仕込み刃が組み込まれ、巧みな足技で闘う。 ソウリンの教育指南役であり、互いの事を家族同然に信頼しているが、のためやや歯に着せぬ発言が目立つ。 一人称は「わたくし」。 『Legend Battle』の京都編では事実上のヒロインとして登場。 久秀により操られ、将軍御所を襲うも、ソウリンに破壊される。 その後に豊後で修復を受け、記憶が一時的にリセットされたことでソウリンに仕えた。 ドウセツの名は道に咲くの花のように「異国から持ち込まれて日の本で可憐に花を咲かす」という出自からソウリンが名付けた。 すらりとした体格の為、ソウリンとは母子と勘違いされたこともある。 声 - 身長:168㎝ 好物:卵かけご飯 必殺技:天剣一刀雲切(てんけんいっとうくもきり) 十三代将軍。 正義感が強く清廉潔白な性格。 大太刀 を携えた凄腕の剣豪。 編み込まれた長いと純白の鎧が特徴。 長いマントやなど他のキャラに比べ洋風のデザインをしている。 動乱の世を収めるべく、考えている。 パチスロでは初代機種より登場している。 また『戦国乙女3』では覚醒ボーナス当選時に流れるムービーに登場している。 CR戦国乙女5~10th Anniversary~に登場するキャラクター [ ] 声 - 身長:165㎝ 好物:かまぼこ 必殺技:不明 困っている者を放っておけない世話焼きな性格で、ケンシンとシンゲンの喧嘩の仲裁役になることもしばしば。 小田原の地で穏やかな日々を送っていたが、毛利輝元に捕らえられて人体実験を施されてしまい過去の記憶や人格を喪失。 自身の城に幽閉され、近づく者をただ本能的に攻撃するだけの存在となってしまう。 戦闘の際は左目側が割れた黒い狐の面を着用し、を2つに分けた扇で戦う。 人体実験によって得た力が開放されると全身が青白い肌になり、頭部には角が生え、背中から六本の腕が生えたのような姿に変貌する。 パチスロ版に登場するキャラクター [ ] 声 - 身長:180㎝ 好物:不明 必殺技:黒雷滅砕刃(こくれいめっさいじん) かつては室町幕府の重臣として政を担っていた。 ヨシテルと同じく国の行く末を憂いているが、理想を追い求める姿に業を煮やし離反。 武力による国の平定を目論み、魔獣 刃頭雨流を尖兵とし各地へ侵略の手を伸ばす。 刃頭雨流(ばずーる) 体長:5. 6m 好物:不明 必殺技:不明 とある呪術師が創り出した三つ首の魔獣。 口から吐き出す火球と額の紋章から放つ光線で破壊の限りを尽くす。 声 - 花澤香菜 身長:146㎝ 好物:不明 必殺技:滅びの雷(ほろびのいかずち) 足利将軍家に仕える。 優秀で忠実な家臣としてヨシテルから全幅の信頼を寄せられている。 松永を倒した後も戦乱が続く中で武力による平定をヨシテルに進言。 迷うヨシテルを説得(洗脳)し呪術で強大な力を与える。 その真の目的はヨシテルを操り国を滅ぼすことであり、駿河・豊後に戦車隊を送り込み、自身は尾張へ赴きノブナガを扇動してヨシテルと潰し合いをさせようと画策する。 武器は巨大な。 描いたから攻撃・防御の魔法を繰り出す戦い方はイエヤスによく似ている。 (ぜんき、ごき) 体長:不明 好物:不明 必殺技:鬼岩爆(きがんばく)、鬼岩屑(きがんせつ) かつて鬼丸国綱の力で二条御所の地下に封印された2体の鬼。 ヨシテルの武力平定の決意に呼応するように封印が解かれ人々を襲いだすが、背中に刺さった法輪の力で何者かに操られているという。 前鬼は巨大な体躯と剛力にものを言わせた戦い方をし、後鬼は俊敏な動きで相手をかく乱する戦い方をする。 前鬼は赤い太身の2本角、後鬼は青い細身の1本角が特徴。 前鬼は『戦国乙女~花~』にも登場する。 足利ヨシテル[黒] 声 - 小清水亜美 身長:168㎝ 好物:卵かけご飯 必殺技:極天一刀 真・雲切(きょくてんいっとう しんくもきり) 武力平定を決意したヨシテルにユウサイが呪術により力を与えた姿。 両眼が碧から赤に、鎧とマントが純白から漆黒に変わっている。 性格も好戦的になり戦闘力が大きく増しているが、それと同時に禁忌の力により精神と肉体が徐々に蝕まれつつある。 そのことはヨシテル自身も理解しており、一刻も早く事を成すため川中島を皮切りに自ら各地の平定に乗り出す。 パチスロ版では性格と見た目が変わっているだけの同一人物であるが、『戦国乙女~花~』では元のヨシテルから分離した別の存在として現れ、本物のヨシテルと対峙することになる。 漫画版オリジナルキャラクター [ ] 声 - 長谷川静香 身長:130㎝ 好物:不明 足利将軍家の血をひく10歳の少年。 その健気さと可愛さで(本人に自覚はないが)ミツヒデの心を捉えている。 基本的に漫画版のキャラクターだが、パチンコ・パチスロ版のミツヒデのカットインにも登場している。 『パチスロ版2』で初めて声と身長が設定された。 ストーリーにも深く関わっており、ヨシテルが武力平定を決意するきっかけも「民を、そして弟を守りたい」と想うが故となっている。 声 - 身長:不明 好物:不明 足利義昭の側近で同僚のミツヒデからも信頼されている。 パチンコ版では『戦国乙女2』の頃からモトナリとミツヒデのセリフの中に名前が出ていたが、本編に登場したのは5が初。 穏やかな雰囲気の美形中年男性だが、その正体は榛名の力を狙い暗躍する闇の一族の者。 ムラサメがヒデヨシの村を襲い両親を手にかけたのも輝元の命令によるものだった。 榛名の力を使いでノブナガと相対するが、力を制御できずに敗れ逃走する。 榛名を完全に我が物とするために時間稼ぎとしてカシンを利用し、さらにカシンが乙女たちに敗れるとウジマサを使い足止めを図ろうとする。 1共通 - CR戦国乙女(2スペック共通)• 1ミドル - CR戦国乙女M9AX• 1甘デジ - CRA戦国乙女9AX• 2共通 - CR戦国乙女2(2スペック共通)• 2ミドル - CR戦国乙女2 M9AX• 2甘デジ - CRA戦国乙女2 9AX モード [ ] 通常画面(1共通) 通常時の画面は、液晶右上部に文字表記がない。 5つの場面を図柄回転開始のタイミングで不定期に変化する。 なお、この背景変化は後述する戦国モード、および乙女モードでも同様に変化する。 通常画面(2共通) 常に動き回る4つの場面を不定期に発生するステージチェンジ予告の1枚絵が出るのを契機に変化する。 なお、この背景変化は後述するチャンスタイムでも同様に変化する。 新武将参戦モード(2共通) ステージチェンジ予告の1枚絵が新武将3人組であった場合に突入するモード。 まれに先読みを伴って突入することがある。 乙女アタック(1甘デジ) 通常モードあるいはときめきモードでの5Rによる大当たり終了後に移行する確変状態のモード。 電サポは作動しない。 8人の戦国乙女が図柄の番号順に敵武将と対決する。 敵武将を倒せば大当たりとなる。 倒せなかった場合は確変終了と同時にときめきモードへ移行する。 乙女アタック(2甘デジ) 通常モードあるいはときめきモードでの5Rによる大当たり終了後に移行する確変状態のモード。 電サポが作動する。 原則的に8人の戦国乙女が図柄の番号順に敵武将と対決するが、まれに新武将の誰かが対決に参加することがある。 敵武将を倒せば大当たりとなる。 倒せなかった場合は確変終了と同時にときめきモードへ移行する。 確変状態かどうかは画面から知ることはできない。 3つのモードがあり、襖の開閉を境にしてモード移行する。 各モード間の移行時に電サポが終わる可能性がある(ただし電サポが終わっても潜伏確変になる場合もある)。 内部で確変状態になっている場合はモード途中に天下統一ロードへ突入することがある。 ただし、大当たりを引き当てた場合は保留を減らすことなく天下統一ロードに一度突入してから天下統一ロード内でリーチがかかる。 戦国モード(1ミドル) (確変)が確定しているモード。 液晶右上部に「戦国モード」と赤い文字で表示される。 残り回数は表示されない。 突入条件は次のいずれかになる。 1,3,5,7による大当たり• 大当たり中に「戦国モード突入」告知が発生する• 「乙女モード突入」を一度見せた直後に「戦国モード突入」告知が発生する• 合戦モードでの大当たりの演出で敵武将に勝利する• 合戦モードでの大当たりの演出で敵武将に敗北するも継続示唆の演出が入る 戦国モード(1甘デジ) (確変)が確定しているモード。 液晶右上部に「戦国モード」と赤い文字で表示される。 残り回数は表示されないが、8回転までに限定される。 突入条件は次のいずれかになる。 乙女アタックで勝利する(大当たりする)• 戦国モードまたは乙女モードでの大当たり• 滞在モードを問わず15Rでの大当たり 天下統一ロード(2ミドル) 確率変動(確変)が確定しているモード。 次の大当たりが出るまで続く。 突入条件は次のいずれかになる。 電サポ動作中に確変を引き当てる• 「天下統一」図柄で大当たりする• 潜伏確変で2R確変を引き当てる 天下統一図柄で大当たりすることができれば15Rの確変と共に相手武将の領地を占領することができる。 自陣も含め14箇所を占領し、かつ卑弥呼を撃破できれば以後天下泰平モードへ移行する。 相手武将に攻撃をかわされると乙女BONUSとなり、実質5Rの確変となる場合がある(昇格して確変15Rになる場合があり、この場合は相手領地も占領できる)。 図柄に対応した乙女リーチで大当たり(通常図柄での大当たり)した場合は飛竜乗雲モードへ移行する場合がある(昇格して天下統一ロードが継続する場合がある)。 天下泰平モード(2ミドル) 天下統一ロードで全ての領地を制圧し、天下統一することに成功した場合に突入するプレミアムモード。 背景が異なる場合を除いて挙動そのものは天下統一ロードと同じである。 天下統一ロード(2甘デジ) 2連目以降の大当たり後または15R大当たり後に8回転限定の確率変動(確変)が確定しているモード。 通常のリーチアクションの他、図柄が「天下統一」に変化して武将対決のリーチとなる可能性がある。 2ミドルと異なり、天下統一を目指すことがほぼ不可能になっている。 乙女モード(1ミドル) いわゆる。 液晶右上部に「乙女モード」と緑の文字で表示されるとともに、残り回数も併せて表示される。 2,4,6,8各図柄で大当たりし、かつ大当たり中に「戦国モード突入」告知がなかった場合、または合戦モードの大当たり中の演出で敵武将に負けたまま大当たり終了した場合に突入するモード。 平時は電サポつき100回の時短になる。 100回転回しても大当たりが出なかった場合は液晶右上の「乙女モード」表示が消滅し、通常モードへ移行する。 ただし、潜伏していた場合は101回転目開始時に次の2つのいずれかの動作が発生する。 見かけ上、乙女モードが持続され、電サポ動作も継続される。 この時「乙女モード」表示は残るが残り回数は表示されない• 剣役物が動作すると同時に液晶右上の表記が「戦国モード」に変化する 乙女モード(1甘デジ)・チャンスタイム(2甘デジ) いわゆる時短。 液晶右上部にその旨表示されるとともに、残り回数も併せて表示される。 戦国モード・天下統一ロード中に8回転しても大当たりが出なかった場合に自動的に突入するモード。 92回転まで滞在する。 92回転回しても大当たりが出なかったら、ときめきモードへ移行する。 飛竜乗雲モード(2ミドル) 天下統一ロード中の大当たりで確変にならなかった場合に移行する70回転の時短。 天下統一図柄で大当たりすれば相手陣地を占領することができる。 ときめきモード(1共通) ミドルでは小当たりまたは2R確変の当選時に移行する。 通常モード中に扇子予告からSDキャラが飛び出して来る演出が発生する。 契機が2R確変当たりの場合は潜伏確変となる。 甘デジでは乙女アタックまたは乙女モード終了後に移行するので常に通常状態になる。 いずれも、このモード中は図柄の戦国乙女がSDキャラに変化する。 ときめきモード突入後16回転目以降のリーチでハズレた後に通常画面へ戻る。 ときめきモード(2共通) 飛竜乗雲モード・チャンスタイム終了後に移行する通常状態の演出になっている他、新たに保留先読み演出として通常時から突入することもある。 オウガイ城潜入モード(2ミドル) 通常時の小当たりか2R確変の当選、または乙女アタック、どきどきチャンス、出陣準備モード抜け後に移行するモード。 電サポがつかず潜伏確変の可能性があるが、この場合でもモードが抜けて通常モードへ移行しても潜伏確変の状態は変化することがない。 このモード中に新たにオウガイ城潜入モードに当選すると新武将による乙女アタックが発生する。 合戦モード(1ミドル) 特定条件で2R確変を当てた場合に突入する。 このモード中は図柄がモード専用のものに変化する。 大当たり中に発生する敵将との対決演出の勝敗で結果がわかる。 このモードで大当たりした場合は後述の楽曲は適用されず、専用のBGMが流れる。 突入条件は次の通りで、いずれも2R確変を当てた時に発生する演出となる。 潜伏を含む確変中に2R確変を当てた場合• SDキャラ登場による右図柄の再回転後に図柄がそろわなかった場合(全回転演出による大当たりになる場合もある)• 榛名リーチ演出でハズレ目を見せた後に演出が続いた場合(図柄が戻って大当たりになる場合もある) 使用曲 [ ] CR戦国乙女• 「戦国乙女」 作詞: 作曲: 編曲:・宮崎京一 歌:徳川イエヤス(千葉紗子) - 確変大当たり時(CRA戦国乙女9AX:2〜4連チャン目)• 「ぷれぜんと」 作詞:中原涼 作曲・編曲:清水永之 歌:徳川イエヤス(千葉紗子) - ときめきモード中の大当たり時• 「剣戟乱舞」 作詞:milktub 作曲:斉藤悠弥 編曲:ms-jackey・斉藤悠弥 歌:織田ノブナガ(田村ゆかり) - 5連チャン以上の大当たり時 CR戦国乙女2• 「百花繚乱」 作詞:milktub 作曲:宮崎京一・水城新人 編曲:musik 歌:大友ソウリン(加藤英美里)• 「乙女Rising」 作詞: 作曲・編曲:清水永之 歌:長宗我部モトチカ(井上麻里奈)• 「虹の架け橋」 作詞:アキレスKEN 作曲・編曲:森藤晶司 歌:毛利モトナリ(能登麻美子)・長宗我部モトチカ(井上麻里奈)・大友ソウリン(加藤英美里)• 「トキメキ一途〜CHERRY MY LOVE」 作詞:斎木蔵葉 作曲・編曲:清水永之 歌:今川ヨシモト(山本麻里安)• CR戦国乙女3• 作詞・作曲: 編曲:Integral Clover・宮崎京一・清水永之 歌:カシン居士(花澤香菜)・鬼灯(結城アイラ)・紫苑(上坂すみれ)• 作詞: 作曲・編曲:宮崎京一 歌:徳川イエヤス(千葉紗子)・今川ヨシモト(山本麻里安)・大友ソウリン(加藤英美里)・毛利モトナリ(能登麻美子)・長宗我部モトチカ(井上麻里奈)• パチスロ戦国乙女~剣戟に舞う白き剣聖~• 「INORI~聖なる想い~」 作詞:葉月ゆら 作曲:森 慎太郎 編曲:斎藤悠弥 歌:足利ヨシテル(小清水亜美) パチスロ戦国乙女~剣戟に舞う白き剣聖~西国参戦編• 「乙女ハ強ク麗シク」 作詞・作曲・編曲:堀江晶太 歌:大友ソウリン(加藤英美里)・毛利モトナリ(能登麻美子)・長宗我部モトチカ(井上麻里奈) パチスロ戦国乙女2~深淵に輝く気高き将星~• 「IDEALIST」 作詞・作曲・編曲:堀江晶太 歌:足利ヨシテル(小清水亜美)• 「闘志の華」 作詞: 作曲・編曲: 歌:大友ソウリン(加藤英美里)・立花ドウセツ(生天目仁美) CR戦国乙女~花~• 「天に舞う花の如く」 作詞・作曲:Yo-Hey 編曲:宮崎京一 歌:千リキュウ(堀江由衣)・前田トシイエ(阿澄佳奈)・小早川ヒデアキ(内田真礼)• 「Light My Way」 作詞:石野彩未 作曲・編曲:kAi 歌:足利ヨシテル(小清水亜美)・大友ソウリン(加藤英美里)・立花ドウセツ(生天目仁美)• 「唄エヤ踊レ夢宴」 作詞:相良 心 作曲:宮崎京一・石井真之 編曲:宮崎京一 歌:織田ノブナガ(田村ゆかり)・豊臣ヒデヨシ(新名彩乃)・前田トシイエ(阿澄佳奈)• 「もっと、ずっと、ぎゅっと」 作詞:宮崎京一・相良 心 作曲・編曲:清水永之 歌:徳川イエヤス(千葉紗子)・今川ヨシモト(山本麻里安)・千リキュウ(堀江由衣)• 「暁」 作詞・作曲:出口 遼 編曲:飯田涼太・出口 遼 歌:伊達マサムネ(中原麻衣)・毛利モトナリ(能登麻美子)・小早川ヒデアキ(内田真礼)• 「純白リスタ」 作詞・作曲・編曲:jina 歌:斉藤ムラサメ(結城アイラ)• 「闇灯篭」 作詞:葉月ゆら 作曲・編曲:森慎太郎 歌:細川ユウサイ(花澤香菜)• 」 作詞:分島花音 作曲・編曲:堀江晶太 歌:徳川イエヤス(千葉紗子)・今川ヨシモト(山本麻里安)・大友ソウリン(加藤英美里)・毛利モトナリ(能登麻美子)・長宗我部モトチカ(井上麻里奈)• 「色褪せない Starry Sky」 作詞・作曲・編曲:堀江晶太 歌:徳川イエヤス(千葉紗子)・今川ヨシモト(山本麻里安) CR戦国乙女5~10th Anniversary~• 「日本晴レ」 作詞・作曲:出口遼 編曲:飯田涼太 歌:豊臣ヒデヨシ(新名彩乃)・徳川イエヤス(千葉紗子)・織田ノブナガ(小松未可子)• 「10回目のありがとう」 作詞:相良心 作曲:足土貴英 編曲:長田真之・宮崎京一・足土貴英 歌:豊臣ヒデヨシ(新名彩乃)・上杉ケンシン(植田佳奈)・徳川イエヤス(千葉紗子)・今川ヨシモト(山本麻里安)・武田シンゲン(高橋美佳子)・伊達マサムネ(中原麻衣)・織田ノブナガ(小松未可子)・明智ミツヒデ(釘宮理恵)• 「Re:剣戟乱舞」 作詞:milktub 作曲:斉藤悠弥 編曲:ms-jackey・斉藤悠弥 歌:徳川イエヤス(千葉紗子)・織田ノブナガ(小松未可子)• スペック [ ] いずれもメーカー発表値。 CR戦国乙女 [ ] CR戦国乙女M9AX• 51)• 大当たり - 15ラウンド9カウントまたは2ラウンド0カウント• 確変図柄 - 1、3、5、7• チャンス図柄 - 2、4、6、8• 出玉 - 1570個(15ラウンド時)• なお本機ではヘソ・電チューを問わず保留は入賞順に消化する。 CRA戦国乙女9AX• 15)• 大当たり図柄 - 1、2、3、4、5、6、7、8• 時短 - 初当り後0回、15ラウンド大当たり又は ST中、時短中の大当りで92回転• 出玉 - 520個(5ラウンド時)または1570個(15ラウンド時) CR戦国乙女2 [ ] CR戦国乙女2 M9AX• 大当たり - 15ラウンド7カウントまたは2ラウンド0カウント 乙女BONUS当選時は実質5ラウンド7カウント• 確変確定図柄 - 天下統一、乙女BONUS• チャンス図柄 - 1、2、3、4、5、6、7、8• 時短 - 大当たり終了後、9 or 19 or 29回転(潜伏確変あり)or 70回転(通常確定)• 電チュー優先消化 CRA戦国乙女2 9AX• 大当たり図柄 - 1、2、3、4、5、6、7、8、天下統一• 時短 - 初当り5R後8回転、15R大当たり又は ST中・時短中の大当りで100回転• 電チュー優先消化 CR戦国乙女3〜乱〜 [ ] CR戦国乙女3 H9AY• 大当たり - 16ラウンド9カウントまたは4ラウンド9カウント• 大当たり図柄 - 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11• 特殊図柄 - 乱舞BONUS、覚醒BONUS、乙女BONUS、無双BONUS• 時短 - なし• 電チュー優先消化 CR戦国乙女3 M9AY• 9 その他の要素は『CR戦国乙女3 H9AY』と同じ。 CRA戦国乙女3 9AW1• 大当たり図柄 - 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11• 特殊図柄 - 乱舞BONUS• 時短 - 初当り5R後11回転、16R大当たり又は ST中・時短中・電チュー保留消化の大当りで100回転• 電チュー優先消化 CR戦国乙女~花~ [ ] CR戦国乙女4 H1BY8• 特図1大当たり ヘソ - 下16ラウンド・上7ラウンド・7ラウンド 出玉無し ・4ラウンド 出玉無し• 特図2大当たり 電チュー - 下16ラウンド・上16ラウンド・上13ラウンド・上10ラウンド・上7ラウンド• 大当たり図柄 - 1、2、3、4、5、6、7、8、乙女(特殊図柄)• 時短 - 100回転• 特図1大当たり ヘソ - 下15ラウンド・上6ラウンド・上2ラウンド 出玉有り• 特図2大当たり 電チュー - 下15ラウンド・上6ラウンド• 時短 - 初回6Rは24回転、初回2Rは無し、15R大当たり又はST中・時短中・電チュー保留消化の大当りで100回転 その他の要素は『CR戦国乙女4 H1BY8』と同じ。 CR戦国乙女5~10th Anniversary~ [ ] CR戦国乙女5 H1BZ1• 特図1大当たり ヘソ - 7ラウンド・2ラウンド 出玉有り• 特図2大当たり 電チュー - 16ラウンド・7ラウンド• 大当たり図柄 - 1、2、3、4、5、6、7、8• 特殊図柄 - 小田原征伐RUSH• 時短 - 通常大当たり時100回転• 電チュー優先消化 ゲーム [ ] 戦国乙女〜LEGEND BATTLE〜 [ ] 2016年8月にから発売された、用ゲームソフト。 戦国乙女〜天下無敵の乙女バトル〜 [ ] 2016年のモバイルゲーム。 漫画 [ ] 『』()2009年3月号より2012年3月号にかけて、『百花繚乱 戦国乙女 -榛名伝承編-』のタイトルにて連載。 漫画は、脚本・キャラクターデザインはが担当。 第1巻 初版発行• 第2巻 初版発行• 第3巻 初版発行 脚注・出典 [ ] []• - 平和(2018年6月22日閲覧)• 『CR戦国乙女』には旧芸名となる「松本彩乃」で記述される。 『CR戦国乙女2』より現芸名で記載される• 『CR戦国乙女2』における該当箇所の画は差し替わっているが、『CR戦国乙女』で使われていた画は大当り演出中にて見ることができる。 名字は『CR戦国乙女』になく、『CR戦国乙女2』になって設定された。 新デザインは姉妹機の『CR銀河乙女』が初出。 外部リンク [ ]• この項目は、やに関連した です。 などしてくださる()。

次の

P戦国乙女6 暁の関ヶ原

せん ごく おとめ パチンコ 設定 示唆

動画・画像をピックアップ• プレミアム乙女アタックは、内部コタロウでも表示はオウガイになることもあるのでしょうか? 本日周期を数えてなくて天井かわからないのですが、860Gくらいで乙女アタックにいき、7人コタロウでした。 6人目までレア役なしでコタロウだったのでPOAかなと思ったのですが、7人目でオウガイが出現しました。 オウガイには負けたのですが、対戦するときにレア役は引いてませんが大カットインがでました。 ボーナスを最終告知にして左第一ナビの時に逆押しした時にカード取得した場合、7揃いリプならストック、フェイクリプレイなら外れになるのか気になった為試してみました。 結果、カード取得した当該ゲーム時に7揃いしたにもかかわらず外れでした。 レア役引いたゲーム時にカード取得するのでこれを基準に考えた場合、内部で7揃い時のストック当選時は即ストックすると考えていいですよね? 7揃いしてるにもかかわらず外れなのはいかがなものかと思いました。 7揃いの1部でストックですがわざわざ内部で7が揃っているゲーム時にカード取得する必要ないですよね?ちょっと今更ながら不審に思いました。 乙女アタックからでも決戦に刻に入ることがあるのでしょうか? ちなみに30G乗せたところで押し順ペナってしまい普通のART画面にもどりましたw 皆さんペナルティだけは気をつけて!w• 5%でVS松永復活勝利 プレミアム乙女アタック時の全敗は復活確定 となり決戦の刻に突入します。 試したことはなかったですが、リプをペナると仕様上 下段リプが揃ってしまうので やっぱ被弾してしまうんですね。 約700000回転で達成できました。 20スロでは厳しいですが、2スロ、5スロではメインで打てる数少ない台なので残して欲しいです。 台枠のみ替えてリメイクしてくれると最高ですが?• の件、 西国は. 2020年04月27日 初代は2019年06月23日 まどマギは2019年10月27日 まだ検定期間が残っている機種も前倒し認定が可能なので前倒し認定を受けることにより上記3機種は店にもよるが需要あれば「2021年1月31日」まで設置が可能となる見込みだそう。 ただし遊戯協加盟ホールなら下記要件を満たす必要有り。 現状バラ1台とかなら他の機種を残すため撤去もあり得る。 残るもバラに1台とかか?• 設定なんて期待できるわけないけど、久しぶりに打ちたくなり触った。 案の定ズタボロになった。 私養分でいいから、しばらく置いといてくれないかな〜• 貸しコインのレートで設置期限は変わらないです。 地域による設置期限の違いはありますよ。 東京の期限を表示するサイトが多いですが、10日くらい違うところもあります。 あと大変恐縮ですが、このなかにある前倒し認定の話は誤情報ですね。 前倒し認定は2018年2月1日 規則改正日 で終了していますし、そもそも5. 0号ART機は 前倒し認定対象じゃないので。 西国の期限はこのなかでお書きになられているとおり2020年04月27日で、地域により10日 くらい差はあるということになります。 周期消化後で表示されるキャラクターは、設定と関係ありますか?例えばシロやグミ、卑弥呼カードは設定6濃厚とか?あと、金、銀カードの出現率が体感ですがデカイ印象です。 オカルトでも構わないので?のカードは奇数、偶数、高設定があれば教えてください。 あとは、昇格チェリーでの直撃、二段目ロックからの直撃が多く、短い周期で乙女アタックがたくさん来れば高設定を意識します。 うん、要は初当たりがバンバン来れば設定自体は上ですよ笑 まぁ、Artがうまくなければ6でも負けますし、1でもフリーズとか絡めば3000枚いきますけど、それはどのArt機でも一緒ですからね〜。 低玉貸し専門で打ち込んでいるから基本設定1で割りきっているから撤去が先か、クリアが先か競争している。 まだ、ボーナス中のフリーズと60ポイント消化、8人全員ストックがまだ体験していないので最期までみてみたいです。 こんな場合そう感じました。 ただ、白からの昇格 1セット乗せ は、白確定画面からロック2など確定時以外経験ありません 1回か2回しか経験ありません。 タイトルの件、1回目の昇格で白7へ、2回目で「ART確定」とかなんとかのテロップが発生し、そのART消化後、ストックART発動しました。 結構長い事打ち込んでいると自分では思ってる割には、この現象は初めてで、昇格した後も襖演出が出るのはこういう事があるためか、、と自身納得しましたが、、。 さらに昇格が重なると、その分ストック個数が増えるという認識でよろしいでしょうか。 まぁ、そうそう起こるとも思えませんけど笑• そもそも白7が確定した状態で 弱レア 5% 強レア 25% 確定役or強ロック 100% を引かなきゃならんので確認できる機会が稀すぎるんですよね。 初代よりは昇格率が大分現実的ではありますが。 今でも新スレが立つと、登場してくださるんですね〜 昇格動作なしでも、揃えて見たら白ボというケースがあるので、昇格1回でも白ボ+ストックARTっていう幸運パターンもあるかもですね。 撤去まで、まったり打ち続けようと思います。 うまく下段にチェリー来て、第一リール停止時にやけにチェリーが動くんで何かなと思ってたら7が2枚揃って直ARTへ。 1回転でARTまで行ったのこの機種では初めてかも。 しかし100枚で終了。 むなしい・・・・ その後乙女アタックでオウガイRUSHに遭い(7人オウガイむらさめ1)まさかの決戦復活。 なんだかんだで最終的に700G弱で1400枚前後ゲット。 出陣や決戦フリーズでも最低このくらいは出てほしいですよねーひどい時は500枚届かないし・・ トータルで1200回転(ART中回転も含む)以上は回したけど今回は珍しくロック1すらでませんでした。 メルアド登録変更に伴いハンネ変更 旧 戦国マギカ しました。 しかし100枚で終了。 むなしい・・・・ 乙女チェは、ART中に引かないと様々な恩恵にあずかれないというが私は必ずしもそうは思いません。 通常時の乙女チェは、即ARTに入るわけで大きく嵌る可能性を回避してくれます。 何周目で当選したかあるいは突入時の西国参戦での獲得ゲーム数次第ですが嵌ってマイナス分を考慮すると恩恵は妥当だと思います。 これらの恩恵自体は通常時より若干優遇だが際立ってるわけでもないですね。 直乗せは状況次第で後乗せになるが付いてきます。 あと乙女参戦中も特化ゾーンのストックは無かったと思います。 ストック内容について乙女チェだからといって優遇とかは無いです。 以上より、西国での乙女チェはどの状態で引いてもめちゃくちゃ酷い恩恵の差は無いと考えます。 超レアではあるがこの程度の確率なので恩恵としてはそれ程強くなくても仕方ないですね。 通常時ならOA中か早い周期で引きたいですね。 ART当選してからなら少なくとも突入時の西国参戦中とボナ準備中は避けたい 自分で避けられないが… 所ですね。 」 ヒデヨシ 「係長 お疲れ様です。 」 織田係長 「いつも定時に帰るのに、どうしたとゆうのじゃ?」 ヒデヨシ 「明智先輩に、一度でいいから三桁をやってみろ と言われて・・・」 織田係長 「ほぉそれは感心じゃ、あまり無理するでないぞ。 」 ヒデヨシ 「ありがとうございます、お腹すいた〜 あー忙しい。 」 ピピピピー+5G ピピピピー+5G 織田係長 「あのヒデヨシ君がねぇ」 遠くから二人を見ていた松永課長 「西国商事が終わる前に出来てよかったな ヒデヨシ」• 特殊乗せ1回のみは割とあるが複数回は意外に少ないです。 この参戦自体はマジで敬意に値します。 おめでとすー。 こちらは最近上位キャラのイエヤス、マサムネ、ノブナガ、ミツヒデが「〜〜参上」以外のセリフなのにほぼ3G以内に帰宅するという大惨事に・・ 逆にケンシンで100G,シンゲンでは多分初の強カワで200G乗せとか仕事しない子が仕事して、するはずの子がさぼるという・・・・・・ 「魔王降臨じゃ〜〜〜」「おおお初めてかも!!。 」 5G,5G終了。 「・・・・・・・」• 戦国マギカさん、いろんな事ご存じですね、参考にさせていただいております。 ジーン・メルトさん、熱い! ですね、うらやましいです。 いつかまた打ち込める機種に出会うまで、様々なセブンを狙います。 そして、その掲示板でお二人にお目にかかりたいです。 それでは。 おら「・・・・・」 ノブナガ2回引けて1回目は「面白くなってきた」から5G5G終わり・・・・・ 2回目は「ノブナガ参上」から20回も続いて強カワ50Gを2回引けて合計240G。 継続率抽選示唆のセリフが全然機能していない・・・• 御三方の場合、逆に中間セリフ以外の方が熱いあるいはセリフ関係ないと思われます。 実際私の場合、最高はマサ参上で800くらい乗せたことあります。 ART中レア役からの参戦は体感セリフ不問だと思います。 10G到達で高継続を確信してます。 魔王降臨など最高継続示唆は嬉しいけど私の場合期待しすぎてあまり結果良くないです。 まどマギみたいに復活ないんで過度の期待は禁物!だけどごく稀に30〜40継続する時ってあるよね?なのでまどマギのワルプルみたいに途中レア役で継続確定だけでなく数回継続確定みたいなものもあるかもしれません。 あるいはテーブル管理かも? まぁ解析情報にないのでないんだろうけどオリ平の機種は怪しい出方多いからあるかもですね!• 逆に高継続率示唆なのに実際は低継続率が選択されていて3〜4Gで転落する場合があります。 また、内部的に継続率高くても続くかどうかは別問題です。 西国の場合、セリフは参考程度に、転落音発生時のゲームに注目しましょう!転落音は聞きたくないですがここで複数回転落回避するようであればセリフ不問で高継続率が選択されかつ継続率に見合った仕事をしている!といえます。 以前マサムネで事故った時は転落音何度も回避してその間にレアで特殊乗せやら乙女ストック連発しました。 転落回避は数回回避すると延々と回避し途中しばらく転落音聞かなくなったりもあるのでやはり継続率とは別の概念でなんらかの強制継続確定フラグあるいは途中数G保証追加 まどマギのワルプルで歌が流れるとそこから3回勝利確定みたいなもの があるのではと思います。 ホント事故ると100G近くなりますよ。 ここでCBを引きましょう!リールロックあるいは昇格チェリーを引きましょう! [ 次ページ ] [ ].

次の