チンパンジー 狂暴。 動物図鑑/絶滅危惧種

※ピグミーチンパンジー(ボノボ)の特徴と性行動について解説!

チンパンジー 狂暴

霊長類。 そしてその中でも人間に近いとされているのが類人猿です。 この類人猿には、ゴリラ、チンパンジー、オラウータン、シロテテナガザルなど有名な霊長類の仲間が属していますが、そのなかでも異色であるのが「ボノボ」でしょう。 photo by LaggedOnUser スポンサーリンク 作家の貴志祐介さんの作品に、「新世界より」という作品があります。 この作品の中で出てくるのは1,000年後の日本人なのですが、今の日本人とは少し違うのです。 この未来の日本人の暮らす世界では、「ケンカ」、「争い」、「同族を殺すこと」などは起こりません。 「しない」のではなく、「起こらない」のです。 その代わり、小学校を卒業するくらいの年齢になると、同性愛の文化が始まります。 親友をつくるような感覚で、同姓でまるでカップルがするようなコミュニケーションを取ります。 手をつなぐことやキスはもちろん、その先まで発展します。 ・・・この1000年後の日本人たちは、実は「ボノボ」の遺伝子を組み込まれている、という設定なのです。 ボノボは、ある種の同族間での緊張状態になると、相手とのコミュニケーションによってそれを緩和します。 photo by LaggedOnUser 子孫を残すため以外にそういった行動をとるのは人間とボノボだけだそうです。 同じ霊長類、似た見た目であるチンパンジーなどは同族であろうとも殺すことを厭いません。 知性がある分、子どものような遠慮のない残酷さを見せます。 しかし、チンパンジーと同様に高い知能を持つボノボではありますが、「争いを避ける」本能が働くのです。 ちなみにこのチンパンジーとボノボ。 どちらも道具を使うことができ、仕組みを覚えることができる賢い類人猿。 しかし、その目的が少し違うのです。 チンパンジーは例えば「餌をとるために道具を使う」という類のことには大変長けていますが、協調性を伴うことには向いていません。 逆にボノボは、協調性を要するようなことに長けています。 そのかわり野生のボノボはほとんど道具を使うことはみられません。 photo by Jeroen Kransen 争いを避け、協調性を重んじるボノボ。 他の世界であれ、こんな生き物は他にいません。 この特長は、ボノボの生態にもヒントがあるのではないかといわれています。 ボノボの赤ちゃんは他の霊長類よりも頼りない時期が長く、また大人になると、二足歩行の時間が長くなります。 そう、人間にどこまでも近いのです。 この奇跡の猿は、実験でも巣晴らしい知能を見せてくれています。 たとえば、通常動物が怖がる火をマッチでつけて焚き火をする。 さらにその火でマシュマロを焼く。 キーボードの仕組みを理解する、ビデオゲームで遊ぶ・・・ まるで人間の子どものような知能です。 このボノボ、今から数千年後、数万年後まで生き残ったとしたら、いったいどのような進化を見せてくれるのでしょうか。 それまでどうか、絶滅などせずに生きながらえて欲しい人間の親戚です。

次の

【動物・ペットなめんなよ…死ぬぞ‼】実際にあった悲惨すぎる動物襲撃事故30

チンパンジー 狂暴

ついつい忘れてしまいますが、私たち人間も 「 ヒト属」という分類に分けられる 猿の仲間です。 我々ヒト属は、今から約600万年前に「チンパンジー属」との共通祖先分岐し、知能を発達させる独自の進化を遂げることに成功しました。 また、それより前の今から約800万年前にはゴリラ属との共通祖先から分岐し、約1,700万年前にはオランウータン属との共通祖先から分岐しました。 このように、すべての猿は最終的に同じ祖先に行きつき、その中で最も知能を発達させたのが、我々「ヒト属」だったのです。 そして、現存している猿の中で、最も人間に近いといえるのが、チンパンジー属の猿達ですが、 そのチンパンジー属は• チンパンジー• ピグミーチンパンジー という2種から成り立っており、 この ピグミーチンパンジーは、現在は「 ボノボ」と呼ばれています。 このピグミーチンパンジーと、一般的なチンパンジーは、 今から 約90万年ほど前に分岐したと考えられていて、 ピグミーチンパンジーは、 チンパンジーよりも平和を愛する動物として進化してきました。 そして、このピグミーチンパンジーの大きな 特徴の1つが、他の類人猿には見られない、 変わった性行動にあります。 ピグミーチンパンジーは、性行動を繁殖のためだけではなく、平和的な解決のためにも用いるのです。 ピグミーチンパンジー(ボノボ)の特徴、変わった性行動とは? ピグミーチンパンジーは、その特徴として一般的なチンパンジーよりもやや小柄で、 一般的なチンパンジーが時にかなりの狂暴性を見せるのに対し、ピグミーチンパンジーは同属同士の争いがほとんどなく、非常に温厚な猿として知られています。 このピグミーチンパンジーも、以前はチンパンジーの中の亜種として扱われていました。 実は、ピグミーチンパンジーはただ1種のみですが、 チンパンジーは、 亜種も含めると計5種類いるのです。 しかし、その後ピグミーチンパンジーは、同じチンパンジー属の猿ではあるものの、種類としてはチンパンジーとはまったく別であるということがわかり、 さらに、現在では「ボノボ」と呼ぶ方が一般的です。 このボノボは極めて知能が高く、平和を好み、ほとんど争いを起こさないことが分かっています。 そして、不思議なことに、このボノボは疑似的な 性行動によって、コミュニケーションをとるという珍しい習性を持っているのです。 例えば、メス同士のボノボは、美味しい餌を見つけた時や、他の群れが近づいてきたときには興奮してしまうのですが、互いの性皮をこすり合わせる疑似的な性行動を行うことによって、その興奮を抑えます。 この行動は「 ホカホカ」と呼ばれています。 また、2匹のメスのボノボがいて、片方が餌を持っていた時、エサが欲しいボノボは相手をホカホカに誘い、そのあとに餌を分けてもらいます。 このように、疑似的な性行動は、絆を深めるためのコミュニケーションとして利用されるのです。 以下の動画では、1分40秒あたりからそのホカホカを見ることができます。 足で相手を小突いているのは、喧嘩をしているのではなく、ホカホカに誘っているのです。 スポンサードリンク ボノボはオスもメスもほぼ対等 チンパンジーや、ゴリラ、オランウータンなど、我々人間と比較的似た遺伝情報を持つ猿の仲間は 類人猿と呼ばれますが、それらの類人猿のほとんどは、その特徴としてオスの方が絶対的な優位に立っています。 そして、性行動に関しても、 時には嫌がるメスに対してオスが無理やり行うことがあります。 しかし、 ボノボではそういった強姦が起こることはないといいます。 オスはメスを交尾には誘いますが、相手が乗り気では無ければそれ以上は何もしません。 オスもメスも対等な関係を築いているのです。 そして、いざ争いが起こりそうなときにも、ホカホカなどによって同属での争いを避けます。 本当に平和的な動物なのです。 他の群れと出会ってしまったら… ボノボはオスとメスが集団となって暮らしていますが、餌を探している途中で、他の群れとばったりと出会ってしまうことがあります。 この場合、一般なチンパンジーだったらその争いがまさに殺し合いにまで発展してしまうことがあります。 チンパンジーは大変気性が荒く、相手の群れを襲って殺してしまい、その相手の群れの逃げ遅れた子供を食べてしまうこともあります。 さらに、チンパンジーは時に群れの中からも反乱がおこり、仲間や子供を殺してしまうことがあるのです。 これを、人間の感覚で残酷だと判断することはできませんし、人間も無益な殺生を行うことがありますが、 そのように同属間での争いが起こることから、チンパンジーが温厚ではないことがわかります。 そして、ボノボがもし知らない群れと出会ったらどうなるでしょうか? まさに一触即発の場面ですが、 実はこの場合でも暴力的な争いは起こりません。 それどころか、その2つの群れの間でさえ多様な性行動をとり、群れ同士で混ざり合って、仲良くなってしまうというのです。 そして、自分の群れのメスが相手の群れのオスと性行動をとっていても、オスは特に怒ることもなく、ただ傍観しているだけだといいます。 このように、同じ群れの中だけではなく、種としてその性行動を仲良くなるために利用しているのです。

次の

パン君の凶暴化の事件と末路!死んだ説や引退の理由は?|コココム.com

チンパンジー 狂暴

「」も参照 内戦で疲弊したシエラレオネでは、住民は子供のチンパンジーを捕獲しそれを売却することで外貨収入を得ていた。 その際、住民は母子のチンパンジーを捕獲し、商品価値の低い親のチンパンジーは殺害することが一般であった。 シエラレオネ政府はチンパンジーの親子を密漁者から守るために保護区を設定したが、住民が行う無計画な森林伐採によりチンパンジーが人間から隠れ逃れることが困難になった。 ブルーノの生い立ち [ ] 1988年、保護区の経理担当職員バーラ・アマラセカランと妻のシャルマイラは、の首都の北部150キロに存在する小さな村の市場で幼い一匹の弱弱しい幼いチンパンジーが売られているのを発見し、20ドルで購入した。 その子ザルは本当に弱弱しく、もし夫妻が購入を決断しなかったならばじきに衰弱死したであろうと今日では考えられている。 夫妻はその子に元気に育ってほしいと願い、当時と戦った英国のヘビー級のボクサーにちなんでブルーノと名付けた。 このとき夫妻にはそのかわいい子猿が将来、人間を襲うことになるとは知る由もなかった。 生後数年間、夫妻は自宅でブルーノを家で檻に入れずに育てたが、二匹目のチンパンジーのジュリーを引き取る際に手狭になり、庭に檻を設置し二匹を収容した。 保護地が設営されたとき、ブルーノは大きくなりすぎたので他のチンパンジーとは別に檻にとどめ置かれた。 1998年電気フェンスで囲んだ囲いが設置され、その中に彼も解き放たれた。 ブルーノの身体能力と知力 [ ] 巨大に成長した体長は180cm、体重は90kgを優に超えた。 そして口腔には2インチ 5. 08cm)の鋭い犬歯を有していた。 平均的な雄のチンパンジーが体長85cm、体重40-60kgであることを考えるとその巨体は群れの中でひときわ際立っていた。 ブルーノは長ずるに及び巨大な体躯と体力、優れた運動能力とリーダーシップによってボスとして群れを完全に支配し、彼らの上に君臨することに成功したのであった。 その一方、彼は人間のもとで育ったがゆえに、人間が高い上背に比して鈍い反射能力、惰弱な顎の筋力など非常に脆弱な身体能力しか有さないことを学び取っていった。 彼は野生種ならば恐れて決して近づかないであろう人間を完全に見下していた。 例えば、一般にチンパンジーの投擲能力は限られたものであるが 、ブルーノに限っては優れた投擲の能力を有し、自分が気に入らない観客に対して正確に糞や様々な大きさの石を投げつけ当てることができた。 だが彼は闘争本能をむき出しにして人間を自分に対し警戒させるような愚かなまねはしなかった。 彼は人間とのコミュニケーション能力に長け、身近な人間には表面上は友好的な態度を示し、舌を丸めたり捩じったり、投げキス、笑うといった人間が行う高度な身体表現を示すことが可能であった。 ブルーノはときに愛嬌を振りまき、人間たちに対して好意を持っていると信じ込ませることに成功した。 そして彼は人間たちの愛情が自分に向けられるように振舞った。 失踪 [ ] チンパンジーの生育地は二重のフェンスで囲まれ、それに加え電気柵が設置されていた。 生育地内への出入りには複数の鍵を開けるという複雑な工程を経なければならなかった。 管理側は類人猿には理解できない複雑な開錠操作と電気ショックによるにより完全にチンパンジーの集団を管理出来ていると信じていた。 だがチンパンジーの知恵は人間の想像を超えたものであった。 チンパンジーたちは日頃人間たちがどのようにゲートの鍵を開錠するのか冷静に観察し、その方法を学習していったのである。 2006年、ブルーノはゲートの扉を開くことに成功し、部下を連れて保護地を脱出した。 このチンパンジーの集団脱走に対し、アマラセカラン夫妻を含め保護区の職員は当初楽観的見通しを持っていた。 チンパンジーらは野生のチンパンジーのグループに迎えられて彼らと同化していくと考えたのである。 だが後述のように人間に育てられたチンパンジーが野生の集団に溶け込むことはできなかった。 襲撃事件 [ ] 2006年4月、本保護区から約3キロ離れたレスター・ピーク・ジャンクションに新しい米国が建設されていた。 4月23日の日曜日、建設現場で働くキャドル・コンストラクション・カンパニーから派遣され働いていたアラン・ロバートソン、ゲアリー・ブラウン 、リッチー・ゴッディーらの三人の米国人の下請け会社の労働者とシエラレオネ人のメルヴィン・ママーが、地元出身のアイサ・カヌー運転のタクシー(社製の)を借り切って本施設を見学に来ようとしていた。 途中、暗い藪の中の間道に差し掛かり、観光客たちがふと車中から外を眺めると、チンパンジーの群れが静かに自分たちをじっと見つめているのに気が付いた。 彼らは自分たちが置かれている危険な状況を理解できず、好奇心からカメラを取り出してそれらを撮影しようとした。 しかしながら地元出身のカヌー は、チンパンジーがいかに危険な存在であるかを熟知していたので、ただちに彼らを制止し、すぐに窓を閉めるように指示し、とにかくその場を急いて離れようとした。 しかしながら、カヌーはチンパンジーの恐ろしさを知っているがゆえに恐怖のあまり冷静さを失い、運転操作を誤り保護区のゲートに車体を突っ込んでしまい、鉄製の檻に引っかかり抜け出ることができなくなってしまったのである。 群れのボスのブルーノはこの機を逃さなかった。 彼に長い間胸の奥に秘めていた人間への憎しみと恨みを晴らす機会が訪れたのである。 彼はさっそく計画的に「人間狩り」を開始した。 このあと採ったブルーノの戦略は実に巧妙なものであった。 まず先制し一人の人間を襲い、人間たちをパニックに陥れ車外へ追い出し、そしてバラバラに分散させ、そのあと総計30匹の部下たちからなる複数の小グループに各個に襲わせるというものであった。 チンパンジーの残忍さ [ ] そしてこのとき見せたブルーノの残酷さと陰湿さは人間の想像をはるかに絶するものであった。 彼はこぶしで車のフロントガラスを叩き割り、運転手のカヌーを車体から引きずり出し、首根っこをつかみ、頭部を地面に何回も叩きつけ失神させ、手と足の指の爪を剥がし、そのあと四肢のすべての指を噛み切って切断した。 こうして予め抵抗の能力を封じておいて、次に、あたかも果実を齧るように生きたまま彼の顔面を食いちぎり始め、時間をかけて、もてあそぶようにして死に至らしめた。 目前で繰り広げられている想像を絶する光景を目にし、残りの四人の人間はただただ茫然自失するのみだった。 彼らのうち危険を冒してカヌーを救い出そうとしたものは誰もいなかった。 そして正気に戻った彼らの脳裏に浮かんだのは、次に自分が攻撃の対象にならないことだけだった。 彼らは自己保身と恐怖心から他人のことを構う余裕はなく、ただ自分だけが助かりたいばかりに蜘蛛の子を散らすようにバラバラの方向に逃げ出したのであった。 恐怖心で判断力を失った単独で逃げる人間たちを集団で背後から襲うことは、群れから逸れた年老いて弱ったを狩るより容易いことであった。 人間たちはチンパンジーの狩猟本能の赴くまま個別に捕まりサディスティックに甚振られた。 被害状況から判断すると、チンパンジーたちは常に自分たちを迫害してきた現地人 黒人 と、外来者の人間 白人 を区別し対処している。 彼らの憎しみは主に黒人に向けられている。 シエラレオネ人のママーは腕に重傷を負わされ、後に病院に搬送されたが切断手術が必要となった。 これらの惨劇は朝の8時から同45分までのわずか45分間の間に起こったことである。 教訓 [ ] 本来、肉体的パワーに勝るチンパンジーに人間が対抗するには協力して対処しなければならなかったが、愚かにも人間たちはブルーノの策にはまり個人単位で行動してしまった。 道具の使用という人間の利点を生かすこともできなかったことも状況を決定的に不利にしている。 車載工具などを効果的に利用し、身を守ることはできたはずである。 これらの不利な条件が重なって人間は組織的な反撃の機会を逸し、チンパンジーの集団から個別に無防備のままいたぶられるという最悪の事態を招いた。 人間たちは身体能力ばかりか知力においても完全にチンパンジーの劣位に立っていた、と捉える意見もある。 捜索 [ ] 事態の重大さに驚愕した政府は直ちに事態の収拾と対策に乗り出した。 いつもならばスローモーなアフリカの行政府が迅速に動いた理由のひとつに、被害者に主要な経済援助国の民が多数含まれたことも関係していると考えられる。 政府は直ちに警察隊を現場に派遣し、脱走したチンパンジーたちの捜索に取り掛かったが、彼らを見つけ出すことはできなかった。 警察が地域住民に対し行ったことは、チンパンジーに遭遇したときは近づかない様に警告することのみであった。 本気で自分たちを守ろうとしない警察に住民は苛立ち、怒りと恐怖のあまり暴動状態に陥った。 警察は彼らを静めるために、拳銃を空に向けて威嚇射撃をせざるを得なかった。 業を煮やした政府は次にで武装した兵士からなる増援部隊を送り込み、作業員に対する厳重な護衛のもと現場一帯をで刈り取る作業を行い、森林と居住地域との間に緩衝地帯を設けた。 保護区当局はジャングルのいたるところに赤外線感知の自動カメラを設置してチンパンジーの動きを察知しようとしたがその効果は限定的であった。 脱走したチンパンジーのその後 [ ] 保護区から逃亡することで一度は自由を満喫したチンパンジー達であったが、人間の手で育てられ、野生の中で生きる術を学んでこなかった彼らは野生の集団に迎え入れられることはなく、やがて窮し、9匹は自発的に保護区に戻ってこざるを得なかった。 結果的に27匹は捕獲されたが、残りの4匹はいまだ捕らえられずにいる。 そのなかにブルーノが含まれる。 彼は幾たびか自動カメラに姿が捉えられることはあったが、現在に至るまで捕獲はされていない。 ブルーノの伝説化 [ ] 事件のあとのシエラレオネ政府の対応は次の様なものであった。 Paul Glynnの『King Bruno覇王ブルーノ King Bruno 』もブルーノに対する同情的な記述がみられる。 観光大臣はフリータウン郊外の現場を訪れ、警察はチンパンジーを探し出し、保護区に連れ戻すために捜索を行っていると語った。 警察はに対して、自分たちの目的はあくまでも捜索であり、チンパンジーを傷つけるつもりはないと声明を出している。 書籍 [ ]• Paul Glynn 2013 King Bruno. Gola Books. 関連項目 [ ]• -幼少期にとしてテレビ出演の経験があるのチンパンジー。 成長して狂暴化し、に飼い主の友人に重傷を負わせ警官に射殺された。 - 幼少期にとしてテレビ出演の経験があるのチンパンジー。 成長して一時狂暴化し、に女性の飼育研修生に重傷を負わせた。 日本で起きた類人猿の収容施設からのチンパンジーの脱出と人間への襲撃事件はを参照の事。 脚注 [ ] []• MIKE SHANAHAN. 2016年7月11日閲覧。 この額についてはStandard Times Press 23 April 2006 の記事ではMike Shanahan記者は購入した金額を30ドルとしている。 Tacugama Chimpanzee Sanctuary. 2016年7月9日閲覧。 First. news24archives. 2016年4月25日閲覧。 Primate and Monkey News!. 2016年8月13日閲覧。 山極寿一 「チンパンジー」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社、2000年、148-149頁• Sid Perkins. Baseball players reveal how humans evolved to throw so well ---A catapult-like mechanism allows energy to be stored in shoulder and torso, a video study of pitchers reveals. Nture Nature doi:10. 2013. 13281• Gary Brown• ブラウンはテキサス出身の51歳で、のちPrimate and Monkey News! のインタビューに応じ、詳細に事件について語っている。 Theophilus S. Gbendaによればカヌーは米国人たちの滞在中キャドウェル社に長期契約により専属の運転手として雇われていた。 ただしMike Shanahan 2013,Feb. 4 は失われた指の数を3本と記している。 BBC News. 2016年7月9日閲覧。 BBC News, 24 April 2006では脱走した数が24匹としている。 外部リンク [ ]• YouTube Tacugama Chimpanzee Sanctuary• - 襲撃の再現動画.

次の