は や かわ こころ の クリニック 一 社。 機器紹介

千代田区の心療内科・精神科、九段下の九段こころのクリニックより企業の人事・労務担当の方へ

は や かわ こころ の クリニック 一 社

ネットで調べて見つけました。 ホームページを見ての第一印象が優しい雰囲気を感じてここに決めました。 そもそも、としかわ心の診療所に通院するきっかけは駆け込みという形です…。 前医の診... ネットで調べて見つけました。 ホームページを見ての第一印象が優しい雰囲気を感じてここに決めました。 そもそも、としかわ心の診療所に通院するきっかけは駆け込みという形です…。 前医の診療所に発達障害を疑って通院していましたが、うつ状態で仕事を二日間休んでしまいすぐにでも診断書が欲しかったので貰おうとしたところ…何とその日は昼の11時までとのこと。 困り果てた私は他院を受診するしかないとネットで検索。 としかわ心の診療所を見つけて即日予約し駆け込みという形で受診したのです。 そんな状況にも関わらず、利川先生は私のこれまでの経緯を聞き出してくれました。 「何故この先生は自分が言いたいことを上手く引き出してくれるのだろう?」 と思うくらい、これまでの常識を覆す診察でした。 前医ではADHDと言われ、大ショックを受けましたが、経過観察、経過を聞いてからの、薬を出してはい終わり。 ということばかりで薄々ながらも不審に思っていました。 また、診察時にも言いたいことも言えない、もしくは言う時間さえ与えてくれないこともありました。 しかし、利川先生は違います。 まず患者さんの悩みを聞き、これまでの経緯を辿って聞き出し、そこからこれからどうするか一緒になって考えて下さる。 それが利川先生のやり方だと思います。 また、薬を出すことは基本的にはないそうです。 前医ではADHDの治療薬コンサータに睡眠薬など合計4種類も出されました。 長期にわたってあまり薬を飲むと必ずと言って良いほど体調を崩します。 ちなみに、利川先生の診断の結果は… ADHDよりもASDの疑いが強い、性格的にかなり真面目に頑張りすぎて疲弊してしまう、など本当に自分の悩んでいることを見事に当てはめていました。 前医と同じように発達障害の疑いがあると言われたものの、利川先生だとホッとして安心しました。 駆け込みとはいえ、その日のうちに自律神経失調症ということで、一か月休職の診断書を書いて貰いましたが、本当に感謝しています。 発達障害の検査を勧められて納得し、別病院からの検査結果待ちですが、これからも定期的にお世話になると思うのでよろしくお願いします。 また、診療所の雰囲気もインテリアにこだわりがあるようですね。 オシャレなカフェ…といっても良いでしょうか。 待ち合いにある椅子が一つ一つ違っていて、患者さんは一人一人違うという先生のこだわりだそうです。 書籍も古臭い漫画とかではなく、発達障害関連をはじめ京都の街、オシャレな飲食店の情報、図鑑、美術関係など興味をそそられる書籍ばかりです。 まさに癒しの空間です。 ストレスで体の不調があったので受診しました 予約制になるので事前の予約が必要です 精神科ははじめてで、電話予約をするのに、他病院にも電話しましたが、精神科だからか、受付の方の対応が悪く早口で空... ストレスで体の不調があったので受診しました 予約制になるので事前の予約が必要です 精神科ははじめてで、電話予約をするのに、他病院にも電話しましたが、精神科だからか、受付の方の対応が悪く早口で空いてません! と断られる所も多かったので、予約を取るのも億劫でしたが、こちらは電話の時点でとても落ち着いてきちんと対応してくれる受付さんでしたので好印象でした クリニックに入ると、カフェのようなギャラリーのような空間で、建築やデザイン等の本がたくさん置いてあり、良い意味で病院らしさがないので気負いせずに待てました 先生も優しく落ち着いていて、話をよく聞いてくれました 私の場合は仕事のストレスが原因でしたので、仕事を休むよう診断書を書いてもらい、投薬などは無しでした 私のように精神科に行くのは少し抵抗があるけど、ストレスで不調がある…という方のはじめのクリニックとしてとても良いと思います 何かまた不調があればこちらを受診したいと思います.

次の

こころクリニック船橋 千葉県船橋市の心療内科・精神科・神経科クリニック

は や かわ こころ の クリニック 一 社

急性期には休息、抗うつ剤の内服が主となり、寛解期には再発を防ぐ生活指導、カウンセリングが重要です。 必要な場合には認知療法、リワーク通所に回っていただきます。 抗うつ剤は元気になっても6~7ヶ月はそのままの量を続け、それから慎重に少しずつ減らすのがよいといわれています。 ともかく 早期に受診し、うつのエピソードを完全に治しておくことが大切です。 うつと更年期障害は? ー閉経期とその前後はうつ病がよく起こる時期ですー 以前より更年期うつ病と呼ばれ、これはいら立ち、不安(いわゆる焦燥)が強いのが特徴的だといわれ、一般のうつ病から区別されることもありますが、現在は若干状態に特徴があっても通常のうつ病と同じと見られています。 焦燥は老年期のうつ病でも、若年者でもみられます。 しかし更年期はうつ病の好発期であることは確かです。 心理的状況とホルモン分泌の変化はうつ病に陥るきっかけになります。 通常の更年期障害を超えた気分の落ち込み、不安、食欲不振、胸部圧迫感などがあるときは、一度精神科を受診されることをおすすめします。 軽症うつ病• かつての自律神経失調症 うつ病に特有の抑うつ気分が軽く、不定愁訴的な身体症状が目立つ軽いうつ病があります。 従来、仮面うつ病、自律神経失調症といわれてきました。 軽症うつ病の特徴、本格的うつ病との違い よくある症状は、不眠、動悸、背部痛、肩こり、頭痛、胃部不快感などです。 本格的なうつ病に特有の悲観的な考え、死んでしまいたいという願望はほとんどありません。 なんとなくある時から気分がすっきりしない、積極性が出ないといった状態になります。 軽症うつ病の治療 それでも日常生活に対してはかなり影響があり、仕事の能率が低下し、楽しむ能力も低下します。 一部は本格的なうつ病に移行するといわれています。 抗うつ剤の少量の内服、環境調整でこのような軽症うつ病はたいてい軽快します。 パニック障害• どのような症状があるか? パニック発作を主とする病気です。 ストレスが契機になったり、あるいはきっかけなく突然発作に襲われます。 動悸、息苦しさ、胸痛、吐気、めまい、発汗、震えなどの身体症状と、死ぬのではないかというくらいの強い不安感があります。 長くとも数十分しか続きませんが、繰り返すとまたおきるのではないかという 予期不安が強くなり、一人での外出や電車、自動車、飛行機に乗ることに対する 乗り物恐怖を合併することもよくあります。 うつ病、うつ状態を合併することもあり、逆にうつ病にパニック発作を来たすケースも珍しくありません。 パニック障害の診断 これも病歴と精神ー身体症状についての問診が主ですが、身体疾患、とくに心疾患を否定するために心電図、血液検査なども行います。 心疾患とパニック障害が合併している場合もあります。 パニック障害の治療 セロトニン系の 抗うつ剤、抗不安剤の内服が効果的です。 発作中の誤った認知、思考を矯正する認知療法、起こりやすい状況に繰り返し直面させ耐性をつける行動療法なども行われます。 思い込み・誤解・誤診に注意 パニック障害は、実はかなり ありふれた病気です。 しかしながら、その症状から特に狭心症などと取り違え、救急外来を受診されることも珍しくありません。 このような軽躁のときは仕事も普段よりはかどることが多く、本人は好調だと思い込み、病感を持ちにくいようです。 昼間の眠気、過眠、対人的な敏感さ、夕方悪くなる日内変動を特徴とする非定型うつ病もこのカテゴリーの一種です。 他との合併症 パニック発作、強迫、対人恐怖などの 不安性障害の合併が多く、リストカット、アルコール乱用などの問題行動が比較的よく見られ、過食もほとんどのケースであります。 抑うつ状態にあっても 気分変動が激しく、急に激しく落ち込むかと思うとすぐに回復したりします。 見過ごされてしまうケースが多い 精神科医の間でもまだ認知度が低く見逃されることが多いのですが、非常に 有病率が高く、報告によっては通常のうつ病に匹敵する程度であるといいます。 自傷行為などのために境界性人格障害と誤診されることもありますが、この人たちはうつ病の病前性格を共有しており、決してわがままな人ではありません。 むしろ必要以上に他人に気を配り、人前でがんばりすぎて、その後落ち込むことがよくあります。 抗うつ剤だけでは気分変動を招き、状態を不安定化しますので、気分調整剤の投与は必須です。

次の

としかわ心の診療所の口コミ・評判(2件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

は や かわ こころ の クリニック 一 社

2018年5月の開院から白内障と緑内障の治療に力を入れている、あさひかわ眼科クリニック。 19年に厚生労働省先進医療認定施設となり、多焦点眼内レンズ手術(老眼矯正手術)を先進医療で実施。 20年からは選定療養となり患者の費用負担が発生するようになるため、より手術に対して満足感が得られるよう道北地区初(旭川唯一)、道内で4施設目となる最先端白内障手術システムを導入。 全国的にも「新しい令和時代の白内障手術」において欠かせない装置となっている。 「最先端技術を活用し、手術前のみならず、手術中にも目の状態を測定し、150万以上のデータから最適な眼内レンズを瞬時に選び出し、眼内へ挿入することができます。 さらに、手術中に乱視の矯正具合も知ることができるなど、術後問題となる眼内レンズの度数ずれを最小限に抑えることもできます」と川井基史院長。 札幌や東京へ行かなくても、地元旭川で最先端の白内障手術が受けられる設備を整えている。 ほぼ毎日手術を実施しているため、手術は申し込みから1カ月以内に受けられ、運転免許証更新が近い患者にも好評だ。 アイステント手術など緑内障手術に定評 また、川井院長は旭川医大病院時代、緑内障専門外来の責任医師を務め、開院2年目は毎日30~50人の緑内障患者が通院。 今後もさらに増加する見通しという。 19年の緑内障手術数は全道7位で大学病院や総合病院を除くクリニック部門で全道2位(北海道新聞社発行・『北海道の病院2020』調べ)、道北地区では旭川医大病院に次いで2位となった。 同院の緑内障手術は、主に白内障との同時手術で、「視力が上がり、眼圧が下がる」ことが期待できる。 手術時間は「白内障手術+5分程度」で終了。 眼内には房水と呼ばれる液体が循環しており、その排水溝に相当する網状の組織に小さなステントを挿入したり(アイステント手術)、その部位を金属製の細いフックで切開するなどして目詰まりを解消し、房水の流れを良くすることで眼圧を下げる方法。 道内では17年に川井院長が旭川医大病院で初めて実施。 緑内障診療は、細やかな緑内障管理に正確な眼圧測定が欠かせないため、川井院長が自ら眼圧を測定するなど、オーダーメイド緑内障治療が好評だ。 また、緑内障レーザー治療も積極的に行っており、手術を回避できた患者も少なくない。 医師2人体制でスムーズな診療と、安全第一の治療を実践.

次の