宝塚 公演 中止。 宝塚全公演6月末まで中止、スケジュール見直しも

宝塚歌劇、公演中止を6月末まで延長 雪組、月組トップコンビの退団日も延期

宝塚 公演 中止

宝塚歌劇団は9日、歌劇の全公演について、中止期間を6月末までに延長すると発表した。 劇団では3月の兵庫・宝塚大劇場での花組公演、東京宝塚劇場での星組公演以降は、一切上演できていなかった。 ともなって、7月以降の公演予定は宝塚、東京ともにスケジュールの見直しも含めて検討するという。 これにより、10月11日付での退団を発表している雪組トップ望海風斗(のぞみ・ふうと)、トップ娘役真彩希帆(まあや・きほ)と、来年2月14日付で卒業する月組トップ珠城(たまき)りょう、トップ娘役美園さくらの退団日も、それぞれ延期されることが決まった。 現在、生徒は稽古を取りやめ、自宅待機しているという。 劇団では、3月に宝塚の星組公演千秋楽、東京では雪組公演千秋楽を一部上演するなどしたが、花組新トップ柚香光の本拠地お披露目だった宝塚の花組公演「はいからさんが通る」は3月13日に開幕予定だったが、全公演中止に。 星組新トップコンビの本拠地お披露目だった東京宝塚劇場の星組公演「眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~」「Ray-星の光線-」は同27日に初日予定も、先送りになったままだった。 新型コロナウイルス感染防止の政府対応などを受けて都度、公演中止を発表してきたが、4月7日には、緊急事態宣言が発令される状況を鑑みて、中止期間を「当面の中止」とし、この日、その期限が「6月末」と発表された。 また、4月24日からは、宝塚で、月組「WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-」「ピガール狂騒曲」の幕開けを控えており、同公演には、106期初舞台生が出演し、毎年恒例のラインダンスを披露予定だった。 劇団では、初舞台生の今後についても「まだ検討中で何も決まっていません」と話したが、再考されることになりそうだ。 また、スケジュール再考となるのは、東京特別、大阪公演や、全国ツアーも対象になっているが、同じく現状では「どの公演がいつとか、などは、まったく何も決まっていません」とした。

次の

宝塚公演再度中止に……😣

宝塚 公演 中止

宝塚歌劇では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月12日(日)までのすべての公演を中止させていただいておりましたが、その後の感染拡大の状況に加え、地方自治体の対応や政府の緊急事態宣言の発令などに鑑み、各公演の中止期間を 6月末まで延長させていただくことといたしました。 ご観劇を心待ちにしておられたお客様には深くお詫び申し上げます。 7月以降の公演予定につきましては、今後の状況を慎重に見極めながら、宝塚大劇場および東京宝塚劇場の公演スケジュールの見直しも含め、改めて検討のうえ、追って当ホームページにてご案内いたします。 お客様にはご不安とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。 なお、以下の公演中止に伴うチケット料金の払い戻し方法につきましては、後日、当ホームページにてご案内いたします(振替公演の予定はございません)。 払い戻しの際には、お手持ちのチケットが必要となりますので、大切に保管くださいますようお願いいたします(チケットを発券されていない方は、発券の必要はございません)。 ZOOM ME!! 5月23日(土)~28日(木) 神戸国際会館こくさいホール ・全国ツアー公演『炎のボレロ』『Music Revolution! また、宝塚友の会先行販売について、結果照会前の抽選申込を全て取消とさせていただきます。 販売再開後のスケジュールは、改めて「宝塚友の会 チケット先行販売のお知らせ」および当ホームページにてご案内いたします。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中止となる公演が相次ぎ、お客様には大変ご心配をおかけしておりますこと、重ねてお詫び申し上げます。 現時点では、新型コロナウイルスの感染拡大の状況が明確に見通せる状況ではございませんが、公演を実施できる環境が整いました際には、より良い舞台をお届けできるよう、出演者・スタッフ一同全力で努めてまいりますので、何卒ご理解のほど心よりお願い申し上げます。

次の

宝塚の公演が中止になりました!

宝塚 公演 中止

東京雪組公演について 東京宝塚劇場の雪組公演は、「本日の13:30公演」を上演して、 明日から中止となります。 雪組公演は、昨日の「貸切公演」と「18:30」公演の2回の公演を上演しているので、合計3回の上演のみで中止ということになってしまいました。 初日 21日 から28日まで上演して「公演中止」になってしまったので、その間上演できたのは、 11公演です。 望海・真彩コンビが10月11日で退団されることが発表されてから、初の『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』東京公演だったので、ファンの方々にとっては かけがえのない公演でした。 まだ14公演の上演しかされていないことは、望海さんをはじめ雪組生たち、そして観劇予定のファンの方々のことを思うと、本当に残念でなりません。 宝塚大劇場公演について 柚香光くん率いる花組は、 3月13日 金 の初日に向けて、「はいからさんが通る」の舞台稽古を頑張っていたところでした。 初日が延期になるという形になりました。 舞台稽古を重ねて、初日の披露となるところなのに、「お披露目公演」の「初日」が延びてしまって、柚香光くんはじめ花組生たちも残念な気持ちでいっぱいでしょう。 公演の再開日について 20日から公演を再開する予定になっていますが、今回は下記のような案内になっています。 3月20日(金)より公演を再開する予定ではございますが、今後の新型コロナウイルスの感染状況や、政府方針等によっては予定が変更となる場合がございますので、何卒ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 引用() 「20日公演再開」ということを強調しないで、 政府の方針に従う構えのようです。 20日より前に再度公演自粛の延長を要請されたら、それに従うということなのでしょう。 感染が蔓延してきている状況なので、次の政府の要請を今から予想することはできませんが、 「経済の流れ」も大切なので、そんなに延々と中止要請を延ばしていくとも思いません。 舞咲りんさん、早花まこさん、美華もなみさんが退団されます。 万が一中止が長引いたとしても、 千秋楽の舞台は上演できればと思います。 花組大劇場公演 初日予定だった13日から1週間おくれの初日になります。 公演中止に思うこと 「新型コロナウィルス」という目に見えない未知のものに対して、社会全体が「恐怖」に包まれています。 テレビをつければ朝から晩まで「コロナ情報」が流れ、否が応でも不安感が煽られます。 さらに経済情勢までおかしくなって、先行き不安が募っています。 こんな中で社会全体が一種の集団パニック、ヒステリーに陥りやすくなっています。 宝塚としては、 小林一三翁の「大衆娯楽」に対しての精神を引き継いで、理にかなったできる限りの感染対策を行いながら 公演を再開をされましたが、格好の バッシング対象になってしまいました。 今回「公演中止」という選択をされたことは、英断だと思います。 元気の素の宝塚 宝塚ファンにとっては舞台から元気をもらうことが一番の 元気の素です。 その 元気の素がしばらくお休みになることは残念ですが、 元気の素の宝塚には舞台以外に、映像でも、音源でも、本でも、気軽にふれることができます。 元気の素をもっている宝塚ファンは、そういうものを持っていない方々に比べて、とても幸せだと思います。 何かが壊れたり、誰かが病気になったりしたのではなく、 何も変わらない中、感染防止対策として、公演が中止されただけです。 時を待てば必ず再開されます。 時を待つ間、 元気の素の宝塚で、パワーを補い、免疫力を高めて、明るい気持ちで過ごすことができます。 タカラジェンヌたちも、公演中止の残念な気持ちを、「お客様に楽しんでもらいたい」という思いをより膨らませて、レッスンやお稽古に励んで、より素晴らしい舞台を披露してくれると思います。 ファンも宝塚パワーで明るい気持ちで過ごして、免疫力を高め、元気に、公演の再開に備えれるといいですね。 ここまで読んでくださってありがとうございます。 ランキングに参加しています。 スポンサーリンク•

次の