ナイトブラ 毎日 洗濯。 【ナイトブラのお手入れ方法】長持ちする洗い方と洗濯時の注意点ナイトブラabcラボ

【ナイトブラ効果】実際に試して比較!本当におすすめのナイトブラランキングと口コミレビュー!評判を調査

ナイトブラ 毎日 洗濯

ナイトブラの使用頻度は 7割超の人が毎日使っている! 胸の形が崩れるのを未然に防止したい女性は意外と多いんです。 その証拠になんと女性の7割以上がナイトブラなどの補正下着を付けて寝ています。 女性がそれだけ気にしている理由はバストの支えている靭帯は一度でも伸びると元に戻らないからです。 ナイトブラを着けて眠れば、寝ている最中にバストの靭帯に無用な負荷がかるのを未然に防ぐことができます。 少しでも胸のことを考えるなら毎日ナイトブラを着けるのが常識なんです。 毎日使うなら、3枚がおすすめ 毎日洗濯するなら1枚でもOK 毎日気持ちよくナイトブラを使いたいなら3枚購入するのがおすすめです。 2枚では梅雨や雨が続くと洗濯物が乾かず生乾きのまま着ることになります。 3枚を3日でローテすれば必ず乾くので嫌な臭いに悩まされることもありません。 お風呂の後すぐに洗って乾燥機のかかった部屋で干すなら1枚でやっていくこともできます。 しかし1枚を酷使するので生地が痛みやすいデメリットがあります。 また早く乾かそうとドライヤーやヒーターを使うのは控えてください。 型崩れの原因になります。 ナイトブラっていつ買い替えればいいの? こんな状態になったら買い替えどき ナイトブラも下着ですから基本的に消耗品です。 時期が来たら交換しないと型崩れを起こしてバストを正しい形にキープする機能が低下し役割を果たせなくなります。 替えるタイミングは生地が伸びて戻らなくなった時や、カップの形状が歪になった、バスト覆う生地がごわついてきた時などです。 洗濯や乾燥機の影響でベルト部分が歪んだ場合もすぐ替えるべきです。 下着は100回洗ったらが目安 ナイトブラの寿命は一般的な下着と同様に洗濯100回と言われます。 毎日使って洗っていればブラの生地が傷むだけでなく伸縮性も劣化して、バストと周囲の脂肪を補正する力が弱くなっていきます。 補正力の低下はバストの靭帯にかかる負担を軽減できないことを意味しますから100以上洗濯したものは利用を控えてください。 3枚でローテしているなら10ヶ月を目安に交換するといいでしょう。 ナイトブラを長持ちさせる 優しく洗える手洗い ナイトブラを長持ちさせたいなら手洗いが絶対におすすめです。 洗濯機は羽の力が強すぎて生地がダメージを受けてしまいます。 ぬるま湯を使って洗面台で丁寧に手で洗ってください。 洗濯に使う水は冷たすぎると汚れが落ちませんし、熱すぎると化成繊維がダメージを受けて縮むことがあります。 水は人肌以上にしないのが無難です。 洗濯機で洗う時は、ネットに 手洗いがベストな洗い方と分かっていても、仕事がある方だと毎日続けるのは難しいです。 そこで洗濯機に頼ることになります。 洗濯モードは「手洗い」か「ドライ」を選んでください。 手洗いほどではありませんが生地を傷めずに洗えます。 ブラをネットに入れることも忘れてはいけません。 生地にかかる負担を和らげ型崩れを防ぎます。 乾燥機やアイロンはNG ナイトブラの繊維にはコットンだけでなく伸縮性に富んだ化学繊維が用いられています。 乾燥機やアイロンを使ってしまうと、その熱でナイトブラの繊維が変形してしまいます。 一度熱で変形した化学繊維はもう二度と元には戻りません。 取り返しがつきませんのでドライヤーも含めて急速にナイトブラを乾燥させるのは絶対にやめましょう。 まとめ ナイトブラは100回洗濯するとバストの補正や保護の機能が実用的じゃないほど低下します。 100回洗ったらストンと機能が低下するというより、徐々に低下していきますから交換は早めが懸命です。 前と同じ用に着けたのに緩く感じる場合は買え時が近づいていると考えて間違いありません。 洗濯の仕方によっては早く傷んでしまうことも十分ありえますから、ナイトブラのつけ心地は十分に気を配りましょう。

次の

ナイトブラは何枚必要?毎日使うなら3枚以上がおすすめ!

ナイトブラ 毎日 洗濯

ナイトブラは型崩れや伸びで効果がなくなる! ナイトブラは、せっかく自分にピッタリなものを選んでいても、間違った洗濯方法や干し方をすることで、伸びや変形を起こしやすくなります。 ナイトブラはバストにジャストフィットすることにより、 寝ている間のバストの流れを防止しながら、集めた脇肉もバストに定着させるという役割を担っています。 そのため、伸びて緩んでしまったものやカップの形が崩れているナイトブラを着用しても効果がないばかりか、反対にバストの形を崩す原因になってしまいます。 そのようになってしまったナイトブラ(日中用のブラジャーも同じことがいえる)は、その役目が終わった(寿命がきた)ということなのです。 ナイトブラはそのつくりから(ノンワイヤー・ソフトカップなど)日中用のブラジャーほど注意して扱われないことが多いように思います。 もちろん、ナイトブラは就寝中の動きに対応できるように伸縮性に優れた素材を使用し丈夫につくられていますが、正しい洗濯方法や干し方で、できるだけ長くナイトブラの効果を持続させましょう。 ナイトブラを洗う頻度は? 「 ナイトブラは寝るときに着けるだけで、あまり汚れないから数日着用しても大丈夫」なんて思っていませんか? 寝ている間は活動しないため汗も多くはかかないと思いがちですが、深い睡眠に入るには体温を下げる必要があります。 この眠るための体温調節などによって、 一晩に200ml〜600ml程度の汗をかくといわれています。 高温になる夏はもちろん多くの寝汗をかきますが、冬でも布団や毛布などで暖かくして眠るため夏よりも寝汗が多くなることもあるとか。 女性は特に生理中や妊娠中は体温が上がるため寝汗も多くなります。 さらに 皮脂は、夏よりも冬の方が多く分泌されます。 特にナイトブラと接触する肩や背中・胸などの皮脂の分泌量は夏の4倍以上になります。 一晩の間にしっかり汗や皮脂を吸い込んだナイトブラは、毎日着替えるようにしましょう。 また、汗や皮脂汚れは時間が経つほど取れなくなってしまい、ナイトブラが黄ばみや変色を起こしやすくなります。 まとめて洗濯するのではなく、一晩着用したものはなるべく早く洗うことでナイトブラの変色を防ぐようにしましょう。 理想的な洗濯頻度は、お風呂に入るときに朝脱いだナイトブラと日中着けていたブラジャーを一緒に洗うことです。 少し面倒と思うかもしれませんが、ブラジャーを長く美しく保つためにも習慣にすることをおすすめします。 ナイトブラの正しい洗濯方法と干し方 ナイトブラも日中用ブラジャーと同じように手洗いが基本です。 洗い方と干し方の手順は以下の通りです。 ナイトブラに挿入されているパッドを取り外す(脱着可能な場合)。 洗い桶にぬるま湯をはり、中性洗剤(おしゃれ用洗剤ならベスト)をよく溶かし、ナイトブラと取り出したパットを入れる。 洗い方は振り洗いと押し洗いが基本(もみ洗いやつかみ洗いは不要)。 洗剤成分がなくなるまでしっかりすすぎをする。 ネットに入れて洗濯機で軽く脱水する。 脱水後はブラの形を整え、ナイトブラのアンダー部分の2箇所を洗濯バサミでとめて日陰に干す(ショルダー部分が下になるように)。 パットも形を整えて日陰干しする。 新洗濯表示記号の意味 JISによる洗濯表示はISO(国際規格)との整合を図るため、平成28年12月以降から変更になっています。 新しい洗濯表示は、洗濯記号が41種類になり(従来までは洗濯記号の種類が22種類であった)、繊維製品の取り扱いに関するきめ細かい情報が提供されるようになっています。 ラディアンヌのナイトブラは、背中の内側部分に新しい洗濯表示が明記されています。 ナイトブラを正しく洗濯していただくためにも、新しい洗濯表示とその意味を理解していただければと思います。 参考: 桶のマーク 桶のマークは洗濯処理記号です。 ラディアンヌのナイトブラの洗濯処理記号は桶に手の記号が付加されていますが、手洗いによる洗濯処理ができるということです。 これは、漂白処理ができないということです。 アイロンのマーク アイロンのマークはアイロン処理マーク。 ほとんどのブラジャーでアイロン処理はできなくなっています。 以上5つの洗濯表示内容から、ラディアンヌのナイトブラは、手洗い・漂白剤不可・日陰干し・ノーアイロン・ドライクリーニング不可ということがわかります。 消費者庁, 洗濯表示(平成 28年12月1日以降) ナイトブラの保管方法 ナイトブラは日中用ブラジャーと同じく毎日着用するものなので、できるだけ取り出しやすい場所に収納しましょう。 以下はナイトブラの保管方法です。 パッド付きナイトブラの場合 収納の際は、十分に乾燥しているか確認することが大切です(特にパッドは乾燥が遅いため注意)。 湿り気があると、カビや悪臭の発生につながります。 収納するときは、外していたパッドを元に戻し形を整えます。 パッドを取り出したまま収納してしまうと、着用の際にパッドを入れる手間が面倒になります。 また、どのパッドがどのブラジャーのものかわからなくなってしまう可能性もあります。 たたみ方は日中用のブラジャーと同じように、ショルダー(肩紐)や背中部分とカップ横(サイドベルト)部分をカップ内にきれいにたたみ込みます。 なるべくカップの形を維持したまま引き出しなどに収納しましょう。 収納のコツは、詰込み過ぎないことです(ブラジャー専用ボックスなどを使用すると便利)。 詰込み過ぎると取り出しにくくなり、ナイトブラの型崩れの原因にもなります。 パッドなしナイトブラの場合 ほとんどのナイトブラにはパッドが挿入されていますが、中にはパッドなしのナイトブラもあります。 パッドがないナイトブラは、ナイトブラを真ん中で二つ折りにして、ショルダー部分やベルト部分をカップの中に収めるようにきれいにたたみ込みます。 なるべく立てて収納すると、取り出しが簡単で便利です。 最後に ナイトブラは日中用のブラジャーと同じで、女性のバストを美しく保つための大切なアイテムです。 ナイトブラも、正しく洗濯して正しく干す、そして正しく保管することで型崩れや素材の伸びを防ぎ、ナイトブラの機能を維持し長持ちさせることができます。 日中用のブラジャーと同じようにナイトブラも大切に扱い、できるだけ長く着用しましょう。

次の

ナイトブラメンテナンス講座①|洗濯の頻度

ナイトブラ 毎日 洗濯

ナイトブラを長持ちさせるための洗い方は? ナイトブラを長持ちさせるための一番良い洗い方は、ずばり手洗いです。 ナイトブラが痛む理由は、繊維に身体の汗や皮脂、ボディクリームなどがしみ込んで、劣化してしまうところにあります。 実はあまり気づきませんが、就寝時の真冬でも汗をかいているのです。 その量はなんと、コップ1杯分!!真冬でもそのくらい汗をかくのですから、それ以外の季節ではもっと汗をかいていますよね。 ナイトブラは直接肌に触れるものなので、毎日キレイに洗いましょう。 ナイトブラは、レースが使われているものや、フロント部にホックがついているものなど、種類によってさまざまです。 毎日使うものですから、洗濯機でサッと洗ってしまいたいところですが、レースやホックが他の衣類と混ざってしまって傷んでしまう可能性があります。 そのため、基本的には手洗いが一番良いんです。 まず、それをしっかり読んで、お持ちのブラに合わせた洗い方を心がけましょう。 品質表示のマークについて 品質表示が分からない!という方はを参考にしてください。 「手洗い」や「洗濯機OK」なども品質表示には記載されています。 パットも、ナイトブラと同じように汗や老廃物を吸収し、汚れています。 カップからパッドを取り外し、手で軽く押し洗いをしましょう。 ここで大切なのは、中性洗剤を使用することです。 アルカリ系や塩素系の洗剤は、汚れをしっかり落としてしまいますが、生地への負担が強くなります。 ナイトブラの劣化にもつながりやすいので、中性洗剤を使用するようにしましょう。 洗い方は、ストラップ部分を手で持ち、優しく「押し洗い」や「もみ洗い」をします。 ごしごしと、生地同士を合わせたくなりがちですが、摩擦は生地が傷みやすくなってしまいます。 優しくバストを包み込んでくれるナイトブラです。 ナイトブラの汚れは、「汗」や「皮脂」などの老廃物です。 これらは、冷たいお水で洗うよりも、ぬるま湯で洗う方が汚れが落ちやすくなるのです。 また、洗剤は水よりぬるま湯の方が溶けやすい性質を持っています。 ここで注意が必要なのは、熱すぎるお湯は使わないこと!ナイトブラの中では、40度以下のお湯で洗うように指示されているものもあります。 熱すぎるお湯は、生地の劣化につながってしまいがちなので注意しましょう。 あまりすすぎ過ぎると、洗剤に含まれる補修成分が流れたり、防ダニ・防虫効果などの効果も薄れてしまいます。 すすぐのは3回程度がベストです。 ここで注意してほしいのは、雑巾絞りなどを行わないこと。 ナイトブラは摩擦に弱いので、雑巾絞りを行ってしまうと、生地の劣化が早くなります。 しかし、ブラに水分が含まれた状態で干してしまうと、水分の重さで生地に負担がかかってしまいます。 少々手間がかかりますが、タオルで優しく水分を吸収させてあげましょう。 ナイトブラに負担をかけない干し方は? ナイトブラをタオルドライしたら、形を整えながら干していきます。 ここでは、ナイトブラの記事に負担をかけない干し方をご紹介していきます。 ナイトブラは、「陰干し」が基本です。 ナイトブラを紫外線に当ててしまうと、生地を傷めてしまいます。 そのため、風通しの良い場所で陰干しをするようにしましょう。 また、 干す際にはナイトブラの形を本来の形に整えて干すことがポイントです。 洗濯物は、干した時の状態からそのまま形状記憶されてしまうことが多く、乾いたときに驚くことがありますよね。 ナイトブラが型崩れしないように、カップの形をキレイな状態にして干すようにします! オススメの干し方 ナイトブラで傷みやすい場所は、ストラップの部分です。 そのため、できるだけストラップに負担をかけないよう、アンダーの部分を洗濯ばさみでつるす干し方がオススメ! その他、型崩れしにくい干し方として、ハンガーにストラップをかけ、ホックを止め、ナイトブラを装着している状態で干す方法もあります。 この干し方は型崩れはしにくいのですが、ストラップの部分が伸びやすくなってしまう可能性があるので、アンダーを洗濯ばさみでつるす方がオススメです。 また、パッドがついているナイトブラは、干すときも別で干しましょう。 干すときに一緒に着けてしまうと、干すときにナイトブラの質量が重くなり、生地の負担につながります。 形が崩れないように、洗濯ばさみで吊るし、ナイトブラと一緒に干すと良いでしょう。 どうしても洗濯機で洗いたい!そんな方には? 手洗いでナイトブラを洗いたいけど、手間がかかって大変!子育て中でそんな余裕がない!そんなあなたに、洗濯機での洗い方をご紹介しちゃいます! 摩擦をふせぐ!洗濯ネットにしっかり入れて 一番注意しなくてはいけないのは、「必ず洗濯ネットに入れて洗う」ことです。 ナイトブラをむき出しのまま洗濯機に入れてしまうと、生地が傷んだり、ホックが引っかかったりして、劣化が早くなってしまいます。 必ず、洗濯ネットを使うようにしましょう。 また、 「できるだけ他の洗濯物は入れずに洗うこと」がオススメです。 毎日の生活が忙しいと、洗濯物もたくさん詰め込んで1度で済ませてしまいたいですよね。 しかし、ナイトブラを他の洗濯物と一緒に洗ってしまうと、たくさんの摩擦によって生地が傷んだり、押しつぶされることで型崩れが起きてしまいます。 下着のみや、タオルなど少ない量で洗うことがオススメです。 洗濯機は弱い力で短く 洗濯コースは、「ソフト」や「ドライ」などの弱めのコースがベスト。 ナイトブラは、本来手洗いするのがオススメです。 そのため、洗濯機で洗う場合もなるべく手洗いに近いように、弱めのコースが良いでしょう。 洗濯機を長時間回転させていると、ナイトブラが傷みやすくなるので、短い時間で弱めのコースが理想的です。 脱水、乾燥は避けて 脱水はタオルでふき取りましょう。 洗濯機で洗ったら、そのまま脱水したいところですが、なるべく大きめのタオルで水分を取ることがオススメです。 絞らずに軽く水切りをしてタオルで包み込んで水気を吸い取りましょう。 乾燥機は厳禁!ナイトブラは洗い替え用に2~3枚準備しましょう。 ここまで読んでくださったあなたなら、「ナイトブラは優しく大切に扱う」ことが分かっていると思います。 そう、ナイトブラは、「摩擦」「熱」に弱いのです。 そのため、乾燥機は絶対にNG!乾燥機の熱で生地が縮んでしまう場合もあるのです。 そうするとサイズも変わってきてしまうので、余計な出費を招くことも。 焦らずにナイトブラの洗い替え用を2~3枚準備し、自然乾燥を心がけましょうね。 大切な自分のバストを支えてくれるナイトブラなので、取り扱いは大切に行いましょう。

次の