寝る 音楽。 音楽を聴きながらだと睡眠の質が高まる?寝る前や寝るときのBGMはアリなのか

寝るときに音楽を聞く?安眠のための聴き方と7つの音の種類

寝る 音楽

音楽を聴きながら寝るってアリなの? 寝つきを良くするための音楽CDやアプリは多く存在しますが、音楽を聞きながら寝ることは睡眠にどのような影響を与えるのでしょうか? 毎日の仕事や日々の生活のストレスから生じる睡眠障害に悩んでいる方は少なくありません。 睡眠時間を一定時間確保できたとしても、何だか寝たりないように感じてしまう方も多いようです。 忙しい現代人にとって、睡眠の質を改善することは健やかな生活を送る上で必要不可欠なことだと言えます。 音楽に癒しの効果があるのは、皆さんご存知の通りですよね。 ヒーリングミュージックが流行しているのも、世間がその効果を実感しているからです。 今回は脳のメカニズムを確かめながら、 音楽が睡眠の質に与える影響についてみなさんにご紹介してまいります。 周りがうるさい状態にも関わらず、すぐに眠りにつける方はそれほどいません。 というのも、人は音を聞くときに無意識に神経が集中し、脳の活性化が引き起こされるからです。 このことから分かるように、音は基本的に睡眠に悪影響を与えるものなのです。 ゆったりとした音楽を聞いて眠くなることは、ほとんどの方が経験済みですよね。 つまり、当然のことではありますが、私たちに リラックス効果を与えてくれる音もあるということです。 快適な睡眠には、脳の休息が必要不可欠です。 脳をリラックスした状態に導いてくれる音楽は、睡眠の質を上げるために効果的だと理解してよさそうですね。 かえって睡眠の質を下げないよう、タイミングに注意 ただし、音楽を聞きながら眠ることは、絶え間なく脳への刺激を与えることにもなります。 眠りにつきやすい音楽を聞いていたとしても、朝までずっと音楽を流しっぱなしにしてしまうと、睡眠全体で判断すれば睡眠の質は低下してしまうのです。 つまり、眠る前から眠りについた後しばらくは音楽を流しておいて、完全に眠りが深まった後に自動的に演奏が止まるようにするのが最適だと言えそうです。 また、使用する楽曲はどんな音楽でも良いというわけではありません。 次のような音楽が、睡眠用の音楽として最適です。 まくしたてるように話されると焦ってしまうのと同じで、テンポが速い曲が流れていると無意識下に気持ちが急いてしまいます。 難しく考えなくとも、「落ち着く曲だな」と感じられるものを選べば問題ありません。 脳が休息できないので、歌詞が入っていない音楽が最適です。 無意識的な脳の変化を避ける意味で、一定の曲調の音楽が最適です。 やはり寝る前の音楽としては、できるだけゆっくりとしたテンポで一定の曲調の音楽が良いようです。 この条件を満たす音楽として「クラッシック音楽」が挙げられます。 つまり、聞きながら眠る音楽として一番良いのはクラッシック音楽だということです。 睡眠の質を向上させたい方は、クラシックを聞きながら睡眠につきましょう。 クラシック音楽が苦手だという方は、「環境音」を聞きながら眠ると良いかもしれません。 川のせせらぎや、鳥のさえずり、雨音など日常の生活で落ち着ける音がおすすめです。 就寝中に流してはいけないのは、こんな音楽 眠りながら音楽を聞くことで逆に脳を刺激してしまい、眠りにつきにくくなってしまう場合もあります。 たとえば、テンポの速い曲や歌詞が入っている音楽、思い入れがあり特定の感情を呼び覚ましてしまう音楽、起伏の激しい音楽などは脳への刺激が大きくなるため、眠りながら聞く音楽としては相応しくありません。 睡眠中に流す音楽には、タイミングと選曲が重要 このように、音楽を聞きながら眠ることにはメリット・デメリットの両面が存在します。 なかなか寝付けない、睡眠の質が気になるという方は、眠る時に聞いている音楽やその状況に意識を向けましょう。 眠りにつきやすい適切な音楽であるか、あるいは時間が経過すれば自然と音が消えるようにしているか、そのような部分に注意を向けましょう。 タイマー機能がある音楽プレイヤーなどを使用し、時間が経過すれば自然に音がなくなるような工夫をしておくといいかもしれませんね。 関連する記事• 2015. 31 「睡眠時間は肥満と関係がある」と聞くと、驚く方も多いかもしれません。 しかし睡眠不足が肥満につながることは、科学的に証明されています。 睡眠不足が肥満につ[…]• 2018. 23 食後に少し休みたくなった時、寝る向きを間違えてしまうと体に悪影響を及ぼす可能性があります。 人間の内臓は左右対称にできていないため、負担のかかり方が変わ[…]• 2018. 19 眠り始めるとともに一気に深い睡眠に入り、そこからは浅い眠りと深い眠りを繰り返すのが、睡眠の流れです。 この間に、身体や脳の休息と疲労回復、成長に欠かせな[…].

次の

音楽を聴きながら寝ると睡眠の質は?就寝中のBGMについて調査 │ 熟睡研究所

寝る 音楽

1、赤ちゃんと睡眠の関係 それでは、赤ちゃんと睡眠の関係をみてきましょう。 (1)赤ちゃんの睡眠は成長と共に整う 私達は朝になると自然に目が覚め、夜になると眠くなりますよね。 しかし、赤ちゃんの睡眠は昼夜バラバラ!生後数日の赤ちゃんはほぼ一日中寝ていますし、生後数か月の赤ちゃんは一日のうち何度も寝たり起きたりを繰り返します。 このように、赤ちゃんの「睡眠リズム」はまだ整っていません。 睡眠リズムには、中枢神経の発達やホルモンの分泌などが関係しているのですが、赤ちゃんはこれが未発達なのです。 赤ちゃんの月齢 1日当たりの睡眠時間 1回当たりの睡眠時間 新生児~生後1か月 16時間~18時間 30分~1時間 生後1か月~2ヶ月 14時間~15時間 30分~2時間 生後2ヶ月~3ヶ月 13時間~14時間 30分~3時間 生後4ヶ月~6ヶ月 11時間~13時間 日によってまちまち こちらの表は、赤ちゃんの「1日当たりの睡眠時間」と「1回当たりの睡眠時間」の関係を表したものです。 3ヶ月頃までの赤ちゃんは1日のうち13時間~18時間も眠っているものの、1回当たりの睡眠時間はとても短いことが分かりますね。 また、赤ちゃんは生後半年~3歳頃まで1日11時間ほど眠り、この間に1回当たりの睡眠時間は徐々に長くなると言われています。 このように、赤ちゃんの睡眠は成長と共に徐々に整うため、その間、睡眠不足に悩まされる親も少なくありません。 しかし、それも一時!2~3歳頃には、ほとんどの子がまとまって寝るようになりますよ。 (2)赤ちゃんの睡眠には「個性」がある! 上の表を見て、「うちの子はもう1歳なのに、夜中に何度も起きて大変…。 」という人や、反対に「生後3ヶ月なのに、1回6時間以上寝ている!」という人もいるでしょう。 それもそのはず!赤ちゃんの眠りは十人十色と言われており、寝つきが良い子もいれば、なかなか寝ない子も少なくないのです。 寝つきが悪く寝るまでに1時間以上かかる• 1時間ごとに目を覚ますためママが寝不足• 夜泣きが続き精神的にも肉体的にも辛い など、赤ちゃんの睡眠はしばしばママを悩ませます。 しかし、赤ちゃんの眠りは個性です!「この子はこういうタイプの子」と認め、開き直ることも大切だと言われています。 ただし、ママを孤独にしてはいけません!夜中に泣きじゃくる子を抱いてあやすのは、パパが思う以上に重労働で心身ともに疲れます。 ママが赤ちゃんの睡眠の悩みを抱えているようなら、パパは是非協力して下さい。 子どもがママじゃないと泣き止まないなら、ママを労う優しい言葉を掛けてあげるだけでも嬉しく感じるものですよ。 2、赤ちゃんは音楽が大好き 赤ちゃんの睡眠で悩んでいるママに、是非取り入れて欲しいのが「音楽」です。 実は、赤ちゃんの「聴覚」は「視覚」に比べ各段に優位!一説では、赤ちゃんは妊娠20週頃から、お腹の中で「ママのお腹の音」や「外界の音」、「ママの声」などを認識していると言われています。 そのため、赤ちゃんは音によく反応し音楽も大好きです!泣いている時でも、音楽を聞くとピタッと泣き止むというのも、よく聞く話ですね。 さらに音楽は、赤ちゃん言語能力・コミュニケーション能力・精神安定にも良い影響を及ぼすという研究結果があり、中でも【精神安定=リラックス効果】は、私達大人も肌で感じた経験がありますよね。 さらに、リラックス効果には、赤ちゃんを眠りに導く作用があるとも言われており、「睡眠に効果的な音楽」も分かっています!赤ちゃんが寝てくれる音楽とはどんなものなのか?次で詳しくみていきましょう。 3、赤ちゃんの睡眠に効果的な4つの音楽 それでは、赤ちゃんの睡眠に効果的な「4つの音楽」について詳しくみていきましょう。 (1)ママの歌声 お腹の中にいる時から聞いていた「ママの声」は、赤ちゃんにとって安心以外の何物でもありません!赤ちゃんはママの声で気持ちが落ち着き、精神的に安定すると言われているのです。 赤ちゃんは、生後3ヶ月頃からママの声に何等かの反応を見せてくれます。 話しかけるとニコっと微笑んだり、声を上げたりすることもあるでしょう。 手足をバタつかせて、気持ちを表現することもありますよ。 このように、ママの声は赤ちゃんにとって特別な存在!そんなママの声で歌を聞かせてあげれば、赤ちゃんの心が満たされ、スーッと眠りについてくれることでしょう。 (2)オルゴール オルゴールの音色には、睡眠を促す効果があると言われています。 オルゴールの睡眠効果の秘密は、オルゴールの幅広い周波数にあります。 実は、オルゴールには【3.75~10万2千Hz】という幅広い周波数が含まれており、これが脳幹を刺激して血流を促し、自律神経の働きを整える効果があると言われているのです。 オルゴールのように高周波や低周波の音をもつ代表的なものは、川のせせらぎや鳥のさえずりです。 私達が疲れた時、ふと自然に足が向かうのはこのためなのかもしれませんね。 是非、オルゴールの癒しの音色を、赤ちゃんの寝かしつけに取り入れてみてはいかがでしょうか? (3)クラシック クラシックは赤ちゃんの胎教に良いと言われていますが、実は睡眠にも効果があるようです。 クラシック音楽は、アップテンポな音楽に比べ「副交感神経」が強く働くことが分かっています。 この「副交感神経」は、人がリラックスしたり落ち着いたりする時に働く神経で、「交換神経」と相反する役目を担っています。 そのため、クラシックを聞いて副交感神経が優位になることで、体はリラックスした状態に導かれ休息モードに入ります。 これが、クラシックが心地よい眠りをもたらすと言われる所以です。 実際に、赤ちゃんにクラシックを聞かせるとスムーズに寝てくれる!という話はよく聞くため、一度は試してみる価値がありそうですね! (4)ママが好む曲 赤ちゃんが寝てくれる曲を探すのも大切ですが、ママ自身が気に入らないなら無理をする必要はありません! ママ自身が好む曲を流し、親子共にリラックスした状態で睡眠の環境を整えましょう。 いかがでしょうか?ご紹介した4つの音楽は、リラックス効果が高いものばかり。 親子で聞くことで• ママと赤ちゃんの情緒の安定• スムーズな入眠• 親子の愛着の形成 を手助けする効果が期待できます。 次では、ご紹介した4つの音楽を中心に、赤ちゃんがよく寝る音楽を多数ご紹介していきますよ。 4、赤ちゃんがよく寝る!おすすめのYouTube13選 それでは、赤ちゃんの睡眠に効果的と言われる4つの音楽を、気軽に聞けるYouTubeからご紹介していきます! (1)【睡眠専門医監修】 赤ちゃんがぐっすり眠れる音楽 ver.1 睡眠専門医が監修した赤ちゃんがよく寝る曲を3曲収録!優しいオルゴールのような音色が、赤ちゃんに安心感を与えます。 パパでも寝かしつけに成功した!という声もありますよ。 (2)ゆりかごの歌 赤ちゃん寝る オルゴール 泣きやむ 子守唄 寝かしつけ 子守唄の定番「ゆりかごの歌」のオルゴールバージョン。 オルゴールの音色に合わせてママが子守唄を歌ってあげると、赤ちゃんは安心してすぐに眠ってくれますよ。 30分ギャン泣きだった赤ちゃんがコテッと寝た!という、嬉しい口コミもありますよ。 広告がないのも嬉しいポイントです。 先にご紹介した通り、自然の音はオルゴール同様にリラックス効果が高いと言われています。 赤ちゃんが寝てくれずイライラした時など、ママが気持ちを落ち着けたい時にもおすすめですよ。 (6)おやすみディズニー・穏やかな波音+ピアノメドレー【睡眠用BGM】Disney Lullaby Piano Collection Vol.2 Piano Covered by kno リトルマーメイドや眠れる森の美女など、ディズニーの名曲が穏やかな曲調のメドレーで流れます。 「赤ちゃん用」ではありませんが、曲と重なって流れる風や波の音が抜群に癒されると評判です。 きっと、あなたの赤ちゃんも落ち着いて眠りについてくれるはずですよ。 (7)【ディズニー】人気オルゴールメドレー【癒しの睡眠用・作業用BGM】 ~Disney Best Hits Music Box Medley~ こちらも、ディズニーの名曲のオルゴールメドレー!「ちょっと子守唄に飽きたな…。 」という時、親子で癒されますよ。 モーツァルトやショパンの静かな曲調の子守唄が収録されています。 1時間以上寝かしつけにかかっていた子が、この曲を聞いて10分ほどで寝た!という口コミもありました。 (9)育脳・胎教クラシック音楽BGM ママと赤ちゃんのためのモーツアルトリラクゼーションクラシック音楽 「モーツァルト」の曲を多数収録。 美しいメロディーは、聞いているママパパの心も癒します。 寝かしつけはもちろん、胎教にも活用できそうですね。 (10)赤ちゃんのためのクラシック音楽 — モーツァルト効果赤ちゃんの知性を刺激します こちらは、「ショパン」の曲を収録したクラッシックBGM。 美しいピアノの音色に、不思議と暴れん坊の子もスーッと眠りに落ちると評判です! (11)米津玄師オルゴールメドレー【癒し・睡眠用BGM】J-POP Music Box Cover クラッシックや子守唄はどうも性に合わない!そんなママパパにおすすめしたいのが、J-POPのオルゴールメドレーです。 (13)【宮崎駿コレクション ピアノとハープ】睡眠と作業 用ジブリ癒し ジブリの名作のオルゴールメドレー。 どこかノスタルジックなメロディーが、赤ちゃんの眠りを誘います。 赤ちゃんの気分によっては、音楽を聞かせても寝てくれないことがあるかもしれません。 しかし、ママが「何とか寝かしつけよう!」と必死の形相で赤ちゃんと向き合うよりも、癒しの音楽を流す方が、はるかに優しい気持ちで寝かしつけができるはずです。 是非、赤ちゃんのねんねにYouTubeを活用し、気軽に睡眠BGMを取り入れましょう。

次の

知ってた? iPhoneの標準タイマーで音楽や動画を「再生停止」できる

寝る 音楽

この記事の目次• どうしてクラシックを聴くと眠たくなるのか? よく、「クラシック音楽を聴くと眠くなる。 」といいますよね。 実際に、クラシックのコンサートでスヤスヤと眠っている人も見かけます。 退屈だから眠くなるんでしょ?という考えの人もいるでしょうが… 実はこれ、クラシック音楽の【効果】なんです! 音は空気を振動させることで伝わります。 音楽も、もちろん空気を振動させます。 この振動が、成分の大半が水でできている細胞に「 1/fゆらぎ」を与えます。 「1/fゆらぎ」とは… ヒーリング・ミュージックの効能の説明にも使われる言葉であり、規則正しい音とランダムで規則性がない音との中間の音で、人に快適感やヒーリング効果を与えると主張される。 引用元: この「1/fゆらぎ」が、人間をはじめ、あらゆる動植物にリラックス効果を与えるのです。 クラシックを聴くと、この『ゆらぎ効果』で眠たくなってしまうのです! クラシック音楽は睡眠以外にもスゴイ効果が! 眠くなる効果があるクラシック音楽の中でも、とりわけ別格でスゴイ!と言われている作曲家がいます。 それは、 モーツァルト。 しかもモーツァルトの曲は、眠くなるというだけではなく…• 不眠症の改善• ストレス解消• 慢性分裂症や自閉症の改善• 高血圧や脳血管障害の克服• 認知症の予防や治療• がん患者の延命効果 ここまで知ってしまったら、モーツァルトの曲を聴かずにはいられないですよね! なぜモーツァルトの曲が寝るときのBGMにいいのか? では、なぜモーツァルトの曲がいいのか? その秘密は、モーツァルトの曲に多く含まれる、 ある一定の周波数にありました。 人間の体は、交感神経と副交感神経が互いにバランスをとることで、オンオフの切り替えをしています 昼間、活動が多い時間帯は交感神経が活発に働いて、夜になると副交感神経が働いて体はリラックスモードに入ります。 しかし、ストレス過剰といわれる現代社会では、交感神経が過剰に働いてしまいがち。 結果、体はリラックスモードに入れなくなってしまい、興奮状態が続くことで不眠へとつながってしまうのです。 そんな時に、交感神経と副交感神経のバランスを保つために有効な周波数は、 3500~4500ヘルツの高周波といわれています。 この高周波音は、脊髄から脳にかけての神経系を効果的に刺激することで、体の生体機能に良い影響を与えます。 その高周波音がモーツァルトの曲には多く含まれているんです。 そんなモーツァルトの曲の中でも、弦楽器や、高周波の音を出す オーボエが使われている曲が効果的です。 眠る前にモーツァルトの曲を聴き、体に「1/fゆらぎ」を与えることは、まさに眠りのシャワーを浴びているようなものですね。 寝るときのBGMとして最適なクラシック音楽5選 クラシック音楽が睡眠にとって、有効的なことがわかったと思います。 ですが、クラシックといっても、沢山ありすぎ! どれが睡眠にとって良いのかわかりづらいですよね。 ということで~~ 数あるクラシック音楽の中でも、特に寝るときに良い!とされる曲を5つご紹介! バッハの『ゴールドベルク変奏曲』 寝るときに音楽をかけるときの注意点 寝るときに音楽をながす時は、いくら安眠効果が高いクラシックでも、方法を間違えると大変なことに。 音楽をながす時は、聴くという感覚ではなく、うっすら音楽が聴こえる程度に音量を調整するのがベスト。 間違っても、イヤホンやヘッドフォンを使って聞かないでくださいね。 それらを使用すると、逆に睡眠障害を招く可能性もあります。 まとめ 古代ギリシアの数学者ピタゴラスも「音楽は人の精神の乱れを癒すこともできる」と言っていたそうです。 科学が発達する前から、音楽が体に良い作用をもつことは人々に知られていたということですね。 皆さんも、そんな音楽の力を借りて、「眠りのシャワー」を浴びてみてはいかがでしょうか。 その他の眠れる音楽についての記事もありますので、よろしければご覧ください。

次の