無限wifi どんなときもwifi。 よくばりWiFi登場!どんなときもWiFiと比較 どっちがいい?

本当に無制限?Mugen

無限wifi どんなときもwifi

いつか終わるだろうな〜って思ってたら、やっぱり。。。 という感じ・・・ 現在は20GB/30GBプランのみになってしまいました。 ただ、容量に上限はあるものの、Softbankの電波で全国ほとんどどこでも使えるし、とても安くていいWi-Fiルーターだと思います。 現状、• いまワイファイルーターの契約を検討してるなら、個人的には モバレコエアーがおすすめと言わざるを得ません。 ということでこの記事では、ついに無制限プランが終了してしまったネクストモバイルについて解説していきます。 そして、いまイチオシのワイファイルーターにについても軽く紹介しますね。 え、そうなんだ! そう、どんなときもWiFiが無制限で登場した後に、なぜか同じ会社なのにネクストモバイルにも無制限プランをつくって「ぶつけてきた」感があるんですよ。 どうしてかそんなことをしたのか、ちょっと憶測で語ります。 まず、どんなときもWiFiの契約が伸びて、ネクストモバイルの契約が取れなくなったんだと思います。 でも会社としては、まだまだ端末もあるし契約を取らないわけにはいかない。 今後の主流は今までのWiMAXから無制限Wi-Fiに移っていくのは間違いなく、どんなときもWiFiがメインになると考えている。 じゃあまだ端末があるうちに、無制限プランを一番安くして売り切ってしまおう!という考えなのではないかと読んでいます。 それが現実になっちゃったんだ! ということで、先日までイチオシだったネクストモバイルにはもう、無制限プランがありません。 もし今あなたが無制限Wi-Fiを検討しているなら、 モバレコエアーをおすすめしたい。 割と安い料金設定 まずは金額。 30GBが上限となりますが、全国ほぼどこでも持ち歩いて使えますので、そこそこ安いと言っていいでしょう。 月額はずっと2,700円(30GB)の2年契約。 それに初期手数料が3,000円。 合計して、総額67,800円。 ボクもこれはすごい!って思ったよネ でも実は、どんなときもWiFiの通信はほとんど、というかボクが認識している限りはずっと、ソフトバンク回線を使っています。 というサイトで、ネットの速度や、どの会社を使っているかを調べられるんですね。 で、ボクはこういったサイトやってますから、結構たくさん調べるんですよ。 このサイトでどんなときもWiFiの速度計測をして、いまのところソフトバンク以外につながったことはありません。 おそらく優先的にソフトバンクに接続するように設定されてるんだと思います。 あと、田舎でも計測してみたんですけど、ソフトバンクがつながらないところなんて殆どないわけで、結局どこにいってもソフトバンクなんですよ。

次の

どんなときもWiFiと限界突破Wi

無限wifi どんなときもwifi

ニュース! Mugen wifi(無限wifi)は、 2019年11月8日の料金改定で、一気に一人暮らしにおすすめする ポケットwifi第1位へ昇格! あなたは 「Mugen wifi(無限wifi)」と契約をしようか悩んでいますよね? なぜなら、完全無制限のポケットwifiは、これまで「どんなときもwifi」だけで独占状態が続いていました。 しかし、秋以降、続々と完全無制限のポケットwifiが登場しています。 Mugen wifi(2019年10月)• よくばりwifi(2019年9月)• 限界突破wifi(2019年10月)• どんなときもwifi(2019年春) つまり、完全無制限のポケットwifiの選択肢が、急に増えたことで、悩まれているのですよね? 今回は、サービス提供から1ヶ月(2019年11月8日)に、早くも、ありえない程の料金改定そしたMugen wifi(無限wifi)についてご紹介します。 この記事を読むと、気になる完全無制限wifiの「Mugen wifi(無限wifi)」が、あなたにとっておすすめなのか?、その他のポケットwifiと完全比較します。 <今なら 30日おためし全額返金保証> 目次• 料金比較:Mugen wifiが料金改定で圧勝!どんなときもwifi他全てをしのぐ! これまで、Mugen wifi(無限wifi)は解約料金が30,000円と高額で、本ブログでもおすすめはしてきませんでした。 しかし、2019年11月8日に突然の料金改定!、本ブログでも、おすすめするポケットwifiの1位にさせていただきました。 下記が今回の料金改定内容になります。 料金は、下記3つの項目に着目しました。 初期費用• 月額料金• 総額費用で比較してみた このような複雑なポケットwifiの料金比較をする際は、 解約するまでの総額費用で再計算すると非常に分かり易くなります。 ココでは、解約した場合の総額費用を、 29カ月間で調査しましたので、その結果をご紹介します。 どんなときもwifi よくばりwifi 限界突破wifi 1カ月 1,000円 25,480円 21,800円 21,500円 2カ月 15,280円 28,960円 21,800円 25,000円 3カ月 18,560円 32,440円 25,250円 28,500円 4カ月 21,840円 35,920円 28,700円 32,000円 5カ月 25,120円 39,400円 32,150円 35,500円 6カ月 28,400円 42,880円 35,600円 39,000円 7カ月 31,680円 46,360円 39,050円 42,500円 8カ月 34,960円 49,840円 42,500円 46,000円 9カ月 38,240円 53,320円 45,950円 49,500円 10カ月 41,520円 56,800円 49,400円 53,000円 11カ月 44,800円 60,280円 52,850円 56,500円 12カ月 48,080円 63,760円 56,300円 60,000円 13カ月 47,360円 62,240円 53,750円 63,500円 14カ月 50,640円 65,720円 57,200円 67,000円 15カ月 53,920円 69,200円 60,650円 70,500円 16カ月 57,200円 72,680円 64,100円 74,000円 17カ月 60,480円 76,160円 67,550円 77,500円 18カ月 63,760円 79,640円 71,000円 81,000円 19カ月 67,040円 83,120円 74,450円 84,500円 20カ月 70,320円 86,600円 77,900円 88,000円 21カ月 73,600円 90,080円 81,350円 91,500円 22カ月 76,880円 93,560円 84,800円 95,000円 23カ月 80,160円 97,040円 88,250円 98,500円 24カ月 83,440円 100,520円 91,700円 102,000円 25カ月 81,720円 90,500円 83,150円 87,500円 26カ月 85,000円 103,980円 96,100円 91,000円 27カ月 88,280円 107,960円 99,550円 94,500円 28カ月 91,560円 111,940円 103,000円 98,000円 29カ月 94,840円 115,920円 106,450円 106,500円 あなた Mugen wifi(無限wifi)が競合である全ての完全無制限ポケットwifiをしのいで、圧勝しているのが良く分かりますよね? 特に注目すべきは1ヵ月目で解約した場合です。 実際、ポケットwifiを契約すると一番最初に解約したいと思うのは1カ月目なんです。 なぜだか分かりますか? 理由としては、一番多く利用する場所(自宅など)で圏外になっていたり、通信速度が遅くて使い物にならないなどが分かるためです。 ポイント1 Mugen wifi(無限wifi)の 「30日おためし全額返金保証」があることなんです。 つまり、30日間以内であれば、Mugen wifi(無限wifi)は解約料金を支払わずに解約できるんです。 ちなみに、初期費用3,000円も戻ってくるので、ありがたいサービスです。 とは言っても、返却処理手数料として1,000円(税抜)が発生します。 この1,000円も実は凄いんです! 本ブログでもご紹介している初期契約解除(クーリングオフ制度)ですが、8日以内に解約すれば、解約料金が無料になる制度としてご紹介しています。 しかし、この初期契約解除では、初期費用が戻ってくることはありません。 Mugen wifi(無限wifi)の 「30日おためし全額返金保証」は、この初期費用も返金されて実質支払い料金は、返却処理手数料1,000円だけになるんです。 1カ月目で解約した場合の料金の安さは、 お客様の立場になって、ちゃんと考えてくれているのが、良く分かりますよね。 ポイント2 Mugen wifi(無限wifi)の特徴は25カ月を超えると、解約料金が永年無料になるんです。 ちなみに、ほとんどの解約料金は更新月が決まっていて、更新月を超えると自動更新(通常2年)されてしまうのです。 さらにMugen wifi(無限wifi)の嬉しいのは25カ月目以降は、wifiルーターの返却義務もなくなるんです。 つまり返送料や手間も発生しないので、嬉しい条件で素よね! さすが、全ての競合相手(完全無制限のポケットwifi)を見て料金改定しただけあって、料金面では、Mugen wifi(無限wifi)が圧勝しているのが分かりますね。 それでは、「Mugen wifi(無限wifi)」、「 」、「どんなときもwifi」、「限界突破wifi」の使用する 電波(周波数)について調べてみましょう。 バンド( 周波数帯) ドコモ au ソフトバンク Band1( 2. 0GHz) 〇 〇 〇 Band3( 1. 7GHz) 〇 〇 Band8( 900MHz) 〇 Band11( 1. 5GHz) WiMAX 〇 Band42( 3. 5GHz) 〇 〇 〇 「Mugen wifi(無限wifi)」と「「よくばりwifi」と「どんなときもwifi」と「限界突破wifi」は、全て4G回線を使用しているポケットwifiです。 勘違いされやすいのですが、この4G回線は、実は1種類ではなく、複数の周波数帯に分けられています。 使用しているwifiルーターのスペックから、黄色で塗った周波数帯を使用していると思われます。 この黄色の箇所の周波数帯が、いわゆる プラチナバンドと呼ばれている周波数帯です。 その特徴としては、 通信速度は遅めになりますが、地下や建造物の影でも、電波は回り込んでいくので、繋がり易いという特徴を持っています。 プラチナバンドとは? プラチナバンドとは高周波数帯の電波 1. 5GHz~2. 5GHz 帯の電波と比較すると遠くまで届き、さらに障害物への浸透性も高いのが特徴です。 よって、ビルの谷間、地下街、そして山間部等では高周波数帯よりも繋がりやすくなります。 またdocomoやKDDIが800MHz帯を押さえていたことから、希少価値のある帯域の意味を込めてプラチナバンドと呼ばれています。 総務省では「ゴールデンバンド」とも呼んでいる周波数帯です。 反対にWiMAXのように周波数の高い4G回線は、通信速度は速いものの、障害物などに弱く、圏外エリアが広くなってしまう特徴があります。 ポケットwifiの通信速度や圏内エリアを比較するサイトがありますが、使用している回線は同じなので、同じ結果になります。 またその結果は安定していないので、計測する度に数値は変わります。 つまり、その計測地点はあなたの生活圏ではないので、あまり参考にならないことを覚えておきましょう 「クラウドSIM」vs「softbank」 「Mugen wifi(無限wifi)」と「よくばりwifi」と「どんなときもwifi」と「限界突破wifi」は同じ周波数帯を使うことが分かりました。 しかし、 それぞれのポケットwifiで使用するキャリアが異なります。 種類 使用キャリア softbank回線のみ クラウドSIM採用(docomo、au、softbank) どんなときもwifi 限界突破wifi この使用キャリアだけを見ると、よくばりwifiは不利に感じますが・・・ 実際、クラウドSIMを採用した「どんなときもwifi」は、 ほぼsoftbankしか繋がらない等の口コミが多く、使用しているキャリアは、どれもsoftbankの4G回線と考えて良いでしょうう。 夜中だからかな? 過去最高値です。 ちょっと嬉しい。 豆知識 ポケットWiFiがどこのキャリアと繋がっているか確認する方法は、いくつかあります。 その中でも通信速度のテストもできてしまう、こちらのサイトがおすすめです。 「 」 あなた そして興味深いのは、限界突破wifiのwifiルーターです。 なんと スマホ型なんです! と言うか、実はスマホで 「jetfon P6」という機種になります。 ただし、スマホとしての機能は制約されていて、グーグルマップと翻訳のアプリだけ稼働します。 保証はいるの? 保証料金(月額) 500円 380円 どんなときもwifi 400円 限界突破wifi 500円 wifiルーターの故障と言えば、ほぼ液晶画面割れです。 よって、Mugen wifi(無限wifi)と、よくばりwifiと、どんなときもwifiのwifiルーターには、液晶画面がないため、故障の可能性は、あまり神経質に考えなくても良いでしょう。 またスマホ型のwifiルーターを採用している、限界突破wifiは、液晶画面があるのですが、よくばりwifi等と違い、wifiルーターの返却義務がないので、稼働すれば修理する必要はありません。 よって、限界突破wifiも、保証制度には加入しなくても良いよいうのが私の見解です。 Mugen wifi(無限wifi)は、保証に1度加入すると解約できないので注意が必要です。 とは言っても、液晶画面が無いので、保証には入らないことをおすすめします。 限界突破wifiの気になる口コミ スマホ型wifiルーターを採用した限界突破wifiも、現在、とても人気のあるポケットwifiです。 しかし、このスマホ型wifiルーターには、気になる口コミもあることを覚えておきましょう。 実際使ってないので本当のところはわからないですが、 スマホとして作られているものなので、ルーターとして使うなら常にデータ通信してしまうことによるバッテリーの寿命の心配や、使っている最中にフリーズ、シャットダウンするとかが予想されるので期待できないと書きました。 あと価格ドットコムの評判で書いてある発熱ってのも心配です。 引用元: 私の場合、ポケットwifiのルーターは、やはり専用のwifiルーターの方が良いと判断し、限界突破wifiの選択肢は無くなりました。 Mugen wifi(無限wifi)は、どんなときもwifiで高評価なwifiルーターと同じ! >> 通信規制は、全て完全無制限だけど常識ある使い方を! 「Mugen wifi(無限wifi)」と「よくばりwifi」と「どんなときもwifi」と「限界突破wifi」は、現在、とても人気のある完全無制限のポケットwifiです。 しかし、下記のような利用をした場合は制限されるので注意が必要です。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、 該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。 引用元:Mugen wifi(無限wifi)の公式サイト ネットワーク混雑時の通信制限等は現状ございません。 引用元:よくばりwifiの公式サイト 不正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信をされた場合のみ、制限がかかる場合があります。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合のみ、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。 上記のような利用でなければ制限をかけることはございません。 例えば、「長時間ゲームをする・動画を見続ける」といったご利用では制限がかかることはございません。 引用元:どんなときもwifiの公式サイト 他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。 引用元:限界突破wifi.

次の

Mugenwifi(無限ワイファイ)は容量無限・速度制限無しのモバイルルーター

無限wifi どんなときもwifi

画像引用元: WiMAXからどんなときもWiFiに変えたから誰も求めてないだろうけどレポ。 結論WiMAXはクソ。 私には全く合わない。 お金の無駄。 3日で10GB制限のせいで何も出来ない。 ネトフリでドラマや映画を数本見たりPS4やSwitchでソフトをDLしたら秒で終わる。 ネトフリはほぼ毎日見るので常に通信制限がかかってる状態 — ゆみ otokokimoshine どんなときもWiFiは『速度制限のかからない無制限WiFi』として非常に評判を呼んだポケットWiFiです。 速度も早く、限界突破WiFi同様に大手キャリアの3回線を使うため、繋がりやすさも文句なし、ということで人気です。 限界突破WiFiって? 限界突破WiFiも実はどんなときもWiFiとできることは全く同じです。 どちらも「クラウドSIM」という技術を採用しており、それによってどちらも• au・Docomo・SoftBankの回線を自動で切り替えることができ• 3日で10GBまでといった容量制限がないため• どれだけネット通信をしても速度制限がかからず• かつ海外での通信も1台あればできてしまう という大きな特徴を持っています。 (共に中国のという会社の技術を採用) その分、その差がよくわからないという人も多いのですが、細かく見ていくと実はかなり違いがあるんです。 限界突破WiFi VS どんなときもWiFi 金額では限界突破WiFiの方がお得 まず月額料金の違いですが、どんなときもWiFiが3,480円・限界突破WiFiが3,500円です。 (クレジットカード支払い) 端末補償サービスも400円と500円でどんなときもWiFiに軍配が上がっています。 しかし限界突破WiFiは事務手数料がかからないため、 2年間の総額で計算すると限界突破WiFiの方が安くなります。 (どちらも2年契約のため、最低2年は使う必要がある) またどんなときもWiFiは、2年目以降の値段が500円アップし、月額が3,980円になりますが、限界突破WiFiはずっと固定で3,500円です。 そのため同じ機能でありながら、 限界突破WiFiの方が安く使えると言えます。 どんなときもWiFiは端末の返却の必要がある どちらも端末をタダで使用することができますが、どんなときもWiFiは「レンタル」であり、限界突破WiFiは「プレゼント」である、という違いがあります。 どんなときもWiFiは、端末代がかからない代わりに、解約時には 『8日以内に端末を返却する義務』があります。 さらに、返却時に端末が故障していた場合には18,000円の代金を請求されてしまいます。 2年間以上、来た時のままで保管するのって結構ハードル高くないですか? どんなときもwifiはルーターがレンタルじゃなければ完璧だったと思う…(やめる時に返却めんどいなぁと思ってる) — くなに ayakuna Twitterでもこう言った声が結構多く見つかりました。 一方の限界突破WiFiは、 端末はプレゼントなので、返却する必要もないですし代金を請求されることもありません。 この違いは使用時の安心感にかなり大きな影響を及ぼすのではないでしょうか。 意外と見落としがち!同時接続台数の違い どんなときもWiFi速度は申し分ないんだけど同時接続台数が5台はネックだな。 1人で使う分には問題ないけど — アルトリア・ルーラーが欲しい RiverHalf WiMax更新月なので、どんなときもWiFiが気になってる。 難点は、端末が2年レンタルなのはバッテリー膨張など劣化が心配。 sim差し替えてのホームルーター併用ができなくなる。 USBでのネット接続やクレードル接続ができない。 同時接続台数が5台迄は足りない。 レビューみる限りWiMaxより実測が半減以下。 — 上様を語る不届きものめっ harimogura そして意外と見落としがちなのが、「同時接続台数」です。 「5台あれば十分じゃない」と思うかもしれませんが、スマホ・タブレット・PC・ゲーム機(PlayStationやニンテンドーSwitchなど)・Googleエコー(Amazonエコー)などに接続しようと思うと、 5台同時接続は一人暮らしでもギリギリの台数です。 これが同棲や家族共有となると、あっという間にいっぱいになってしまうので、 8台ある限界突破WiFiを使用した方が安心だと言えますね。 更新のタイミングと解約解除料の違い どんなときもWiFiは2年間の自動更新になっています。 これは大手キャリアの2年縛りと同じなので、 今後もっといい商品が出た時に2年縛りがネックになってしまう可能性も考えられます。 しかし、限界突破WiFiは最初の2年間こそ固定ですが、そのあとは3ヶ月の更新月と1年の自動更新を繰り返す形になります。 更新月が3ヶ月間もあるので、 限界突破WiFiの海外利用は自由にカスタマイズできる 一方の限界突破WiFiは、少しだけ複雑です。 あるいは上3つの組み合わせ を自分で考える必要があります。 そして行く国によって利用料金も変わります。 例えばヨーロッパに行く場合は、次のような違いがあります。 似たような割り振りが、アジア・オセアニア地域にもアメリカ・アフリカ大陸にも細かく設定されています。 それをこのような画面上で選択をして、つどつどクレジットカードまたはPayPalで決済していきます。 限界突破WiFiは、よく言えば「 使う日数とギガ数で最安値になるように選択が可能」なのですが、どんなときもWiFiと比べると「ちょっとめんどくさい」というデメリットがあります。 また、どんなときもWiFiにはない、国をまたいだ周遊プランもあるのが特徴です。 今、さんまさんがCMやってる翻訳機のやつとかもいらないの? と思われる方もいるかもしれませんが、『ポケトーク』などの翻訳機は翻訳言語の種類が限られます。 またGoogle翻訳の精度はかなり上がっていますので、日常会話くらいならGoogle翻訳アプリで十分で、翻訳端末にお金をかける必要はありません。 まとめ どんなときもWiFiと限界突破WiFiを比べると、総合点では限界突破WiFiに軍配が上がります。 一般的な無制限ポケットWiFiの機能で比べると、限界突破WiFiの方が明らかに便利でお得です。 しかし、一点海外利用の仕方だけが、どんなときもWiFiよりも少し複雑なので、そこに障害を感じる人ならどんなときもWiFiの方が良いでしょう。

次の