美味しい カツ 丼 レシピ。 生しらすの美味しい食べ方!定番の生しらす丼から変わったレシピまで

親子丼のレシピ/作り方:白ごはん.com

美味しい カツ 丼 レシピ

1〜2㎝角か、1㎝幅ほどのそぎ切りなど、食べやすく火の通りやすい大きさに切ります。 切った鶏肉は 『前もってまとめて煮ておくこと』がポイントです。 まとめて煮ておけば人数が増えたときでも味がぶれず、スピーディーに作ることができます。 また、鶏肉に火が通っているので 「卵の火入れ具合にだけ集中できる」作り方でもあります。 まず、Aを鍋に合わせて沸かし、鶏肉を入れて火を通します(このレシピでは2人分をまとめて作っています)。 少しかつお節を濃いめにすると美味しいと思います。 親子丼の卵の溶き方 親子丼は2人前なら4個の卵を使います。 卵の溶き加減に関しては、生っぽい白身が好きかどうかで決めるとよいです。 *卵をあまり溶かなければ、表面つややか、生っぽい白身も少しだけ残るとろとろの仕上がりに。 *卵をしっかり溶けば、表面のつややかさは多少なくなりますが、ふわっと卵の食感も感じられる親子丼に。 白ごはん. comでは前者の作り方です。 卵をボウルに入れたら、箸で黄身を潰したあとに10〜15回くらい溶きます。 白身の塊も少し残して仕上げています。 また、卵と三つ葉は入れるタイミングは同じなので、溶いた卵に1〜2㎝幅に切った三つ葉も混ぜ合わせておきます。 1分ほどそのまま火にかけるのですが、ふつふつと鍋肌の煮汁が沸いて、まわりから卵が固まってくるので、 固まりかけた卵をやさしく中央によせてあげます。 余熱で卵に火を通すため、 蓋をして1分待ちます。 これで完成。 お玉で半熟に近い卵と煮汁を半量ずつ、あつあつのご飯にのせていただきます。 卵の大きさや調理器具で変わってくるので、それでも濃い場合は大さじ2まで減らして作ってみてください。 事前に鶏肉に火を入れるのは、仕上げの卵の火の入れ加減に集中できる!というメリット以外にも、鶏肉(玉ねぎを入れるときは玉ねぎ)にも味がしっかりついてくれます。 鶏肉とAを合わせて火を通したものは、冷凍可能です。 1人前ずつ親子丼専用の鍋で作る場合は、火加減と時間をそれぞれ少し加減してやってみてください(1人前の煮汁は75mlが目安です)。

次の

カツ丼のレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

美味しい カツ 丼 レシピ

焼肉丼の下準備とたれの作り方 はじめに肉についてですが、 この焼肉丼レシピは、豚肉でも牛肉でもどちらでも美味しく作れます。 また、 焼肉用の厚すぎる肉を使わない、脂身が多すぎるものを避けるのがポイントです。 豚肉なら薄切りか生姜焼き用くらいの厚みが美味しいですし、牛肉なら薄切りの切り落としやこま切れで十分だと思います。 肉が大きければ、包丁やハサミで切っておきます。 豚バラ肉で脂が多すぎるものだとくどくなりがちなので、脂が少ないものにするとよいです。 また、 肉を焼く前に焼肉丼のたれを作っておくことも大切。 はじめに容器にAのにんにくとしょうがを入れます(焼肉丼はチューブのもので十分美味しく仕上がります)。 軽く焼き色がついたものから順に裏返します。 たれを入れてからも少し加熱するので、少しくらい赤い部分が残っていてもOKなので、 8~9割の肉に火が通れば、たれを全量加えます。 箸で肉の上下を変えながら、たれを軽く煮詰めていきます。 たれを投入してから 1分~1分半ほど煮詰めるのが目安です。 たれが軽く煮詰まれば火を止め、どんぶりや茶碗にごはんをよそい、焼肉をのせ、フライパンに残ったたれをかけて出来上がりです!• 熱々をいただくのが美味しいですが、脂が適度な量であればお弁当にもぴったりです!•

次の

親子丼のレシピ/作り方:白ごはん.com

美味しい カツ 丼 レシピ

焼肉丼の下準備とたれの作り方 はじめに肉についてですが、 この焼肉丼レシピは、豚肉でも牛肉でもどちらでも美味しく作れます。 また、 焼肉用の厚すぎる肉を使わない、脂身が多すぎるものを避けるのがポイントです。 豚肉なら薄切りか生姜焼き用くらいの厚みが美味しいですし、牛肉なら薄切りの切り落としやこま切れで十分だと思います。 肉が大きければ、包丁やハサミで切っておきます。 豚バラ肉で脂が多すぎるものだとくどくなりがちなので、脂が少ないものにするとよいです。 また、 肉を焼く前に焼肉丼のたれを作っておくことも大切。 はじめに容器にAのにんにくとしょうがを入れます(焼肉丼はチューブのもので十分美味しく仕上がります)。 軽く焼き色がついたものから順に裏返します。 たれを入れてからも少し加熱するので、少しくらい赤い部分が残っていてもOKなので、 8~9割の肉に火が通れば、たれを全量加えます。 箸で肉の上下を変えながら、たれを軽く煮詰めていきます。 たれを投入してから 1分~1分半ほど煮詰めるのが目安です。 たれが軽く煮詰まれば火を止め、どんぶりや茶碗にごはんをよそい、焼肉をのせ、フライパンに残ったたれをかけて出来上がりです!• 熱々をいただくのが美味しいですが、脂が適度な量であればお弁当にもぴったりです!•

次の