本好きの下剋上 完結後。 『本好きの下剋上 貴族院外伝』の感想。ローゼマイン様が不在でも面白い!

【アニメ】本好きの下剋上の相関図!登場キャラクターを一覧でまとめ!

本好きの下剋上 完結後

そして、ありがとう。 神に祈りを! 以下ネタバレのような何か 半年くらい前から読み始めて、 本編675話分・・・ドはまりしたおかげで、 正直短かった。 3月9日に感想一覧を見てて 「次のタイトル、これ最終回じゃない?」 とあったので、見直してみたら確かにそう思った。 そしてそうだった。 でもまだ話はあるんですよね。 卒業してないし、トゥーリとルッツの星結びしてないし、王子二人が不穏だし、 ジェルヴァージオの思考がかかれてないし、そもそも新領地が安定していない。 番外編が長いのか、伏せたまま終わるのか、それとも 続編となるのか・・・? ヒルデブラント王子は結構好きだったから、救われてほしいんだけどなぁ・・・。 立ち直れなければ、王命の婚約の影響でさらに辛いことに・・・。 ゲオルギーネの恨みの内容は書かれてないけど、たぶん書籍の短編にちょっとずつ収録されるのだと思う。 ずいぶん長い期間にわたってますからね。 つい先日発売されたはまだ登場してなかったっけ・・・? ジェルヴァージオが行った一件については、言ってることが全部本当なら 多分 ラオブルートの貴族的なやり方に振り回されたんじゃないかなーって思うんですけど。 さてどう語られるのか。 さらに後になるけど、レスティラウトの話もほしいなぁ。 嫁取りディッターの後~継承の儀式の後部屋に引きこもるまで。 どういう視線で見ていたのか気になります。 フェルディナンドはまだ知らない。 ルッツとも家族になるということを。 どういう反応するのか楽しみなんですが、描かれるんですかね。 追記 まだルッツの描写しかないけど、エピローグでやるとは思いませんでしたわ。 今後、他の視点が追加されるのを楽しみに待ちますよ。 そういえば、 "魔石恐怖症の設定"が必要だったのかどうかが微妙になってますね。 って、ちょっと前から思ってるんで、 続編に期待してるんですよ。 流石にギーベの騎士が数秒後に魔石になって落ちてきたところは読んでて 「ヒエッ」となった覚えありますね。 あぁ・・・楽しかったけどその分もう更新がないと思うと 辛い。 まだエピローグ、短編、きっと閑話もあるので、 月曜日になれば昼ごろに作者ページで更新をポチポチしてる自分の姿が見える見える・・・。 はぁ・・・平日の癒しでしたよ、本当に。 ただ、最近は無茶してましたね。 ちょっと前から、 ラノベ作家や漫画家が亡くなるニュースが多々あったので怖いんですよね。 う、売れたら適度に休んでください・・・。 しかし、 3年半の連載で約30巻はすごい速いですね。 達筆と聞くと、私の中では 川原礫先生が出てきます。 もしかして超えてる? 生息地がファミレスらしいので、あの人もちょっと怖いな・・・と思ってしまう。 しかし、これ最近のはずなのに思い出せないのは何故だろう・・・。 それと、まとめを見て初めて知りました。 土の眷属は一人もいないってことを。 このことは、気づくか、作者コメントを見てないとわからないという。 土だけは加護を得るのに苦労しそうですね・・・そもそも得れるのだろうか。 「感想述べるならコメントでいいじゃないか」 ええ? なろうに登録するのが面倒臭いんです。 がランキングに入っているのを見かけてから見始めているわけですが、 自分でもなんで読み始めたのかがわからない。 「これオススメです。 」「原作もいいぞ!」「あのシーンカットか」 なんてコメントがあって読むかい? いいや、読まないね。 散々オススメだの、面白いだのここで記事のジャンルを超えて書いてるけど、 ないね。 他にもニコニコ漫画で見ているラノベ原作があるけど、 やはり読んでない。 他にもアニメ化されて気になったのがあったけど、 読んでるほうが少ない。 そもそも小説は読書感想文で 嫌々読んでたのを思い出しますね・・・。 後にラノベだけは読み始めたとは言え、 片手で数えられる程度の種類ですよ。 「よくこのタイトルで読み始めたな・・・」と自分でも思うくらいですもん。 アニメ化すらされてないんですよ? ドレッファングーアのお導きなんでしょうねぇ。 これほど ググっとくる作品は、私的には 今後こないと思う。 それほどでした。 さて、今やってるをどうするか迷っていたけど、決心した。 TOブックスで全巻買おう。 ただ、違う問題が発生した・・・キャンペーンのために 何巻買うのか。 たまーに、購入キャンペーンがあるのでどれくらい弾を残すか・・・。 それと見落としていたけど、今回は SS付いてくるんですね。 買うしかないじゃないか・・・。 電子辞書にはないんですかね?.

次の

『本好きの下剋上』完結おめでとうございます!お疲れ様です!:資材置場

本好きの下剋上 完結後

ここでは、エーレンフェストの下町基準で季節を区切っている。 季節 行事 備考 春 春の季節 春は雪解けの水の季節で芽が息吹く 貴色は緑。 祈念式を行わないと収穫量が減る 直轄地は、各農村のを巡ってに魔力を満たす儀式を行い、村長達が持つ桶に魔力を配布する 儀式の他にも平民達が太鼓や笛や歌を奏でる祭が行われる 冬の館で冬籠りしていた住民達は祈念式後に個々の住居に帰る為、 春の訪れを喜ぶ祭であると同時に、しばしの別れを惜しむ場でもある。 ギーべ領は、各ギーべのを巡りを受け渡す。 受け取ったギーベ達が小聖杯を発動させて土地を満たす 元々はギーべ領の農村にも直接回って儀式を行っていたが、人手不足で形式が変わった。 豊かな実りに色付き、首を垂れる麦の色 冬支度が近づくと物流が盛んになる。 下町のご近所さんが近くの農村に集まって、豚肉を加工する日 保存を考えて、皆、冬になるギリギリに作りたがる 貴族の森で毎年開催される大規模な大会 獲物は冬の食料にもなり、狩った獲物の数で褒賞が出る 成人式 下町では、秋の最後の風の日に行われる 冬 冬の季節 冬は命が眠る土の季節 貴色は赤。 夏の成人式は平民、秋は貴族…だったような。 違っていたらすいません - 2015-06-20 01:57:19• 平民 季節の初めに洗礼式があり、季節の 終わりに成人式がある=街ではそれぞれ年4回ある 131話 、 貴族 貴族院の卒業式兼成人式=冬 228話 - 2015-06-20 12:26:38• 冬の成人式と 春の洗礼式 229話 、 春の成人式があり、夏の洗礼式 245話 、 夏の成人式と秋の洗礼式 196話 、 秋の成人式と冬の洗礼式 280話 - 2015-06-20 12:29:25• - 2015-06-20 12:25:37• 月が青く染まるライデンシャフトの夜や、真っ赤になるゲドゥルリーヒの夜もあるんだろうか - 2016-01-05 21:28:41• 暦に当てはめると、始まりの宴:立冬、奉納式:冬至、冬の主の討伐:大寒、春を寿ぐ宴:立春、フリュートレーネの夜:春分、星結びの儀式:夏至、シュツェーリアの夜:秋分、という感じかな? - 2016-03-05 00:14:59• 一年間は420日 - 2017-12-31 00:36:06• 鐘の音「カラーン、カラーン」 (エーレンフェストのお城) 2019-11-24 14:23:56• 擬音が描写されているかも不明なので、思いつく擬音を打ち込んで、俺Tueee. Net! ちなみに「カラーン」は、エーレンフェストの鐘の音 第625話 と、貴族院の鐘の音 第544、642、659話 が引っかかる。 2019-11-24 15:46:17• 音だけで頁をまとめるには種類が少ないかな。 2019-11-24 15:47:24• 鐘を鳴らす時間はどうやって計ってるんだろう、日時計?線香?それとも魔術具? 2020-05-29 23:24:23• エントヴィッケルンの際、街の守りの魔術具と同じ場所(城・外壁・神殿・東西南北各門等)に作られるそうなので魔術的に時間管理してるものと推定。 季節が変わるとその季節の貴色に切り替わる機能も付いている模様。 2020-05-30 00:02:14.

次の

「本好きの下剋上」12話感想!本見たマインがテンション高すぎ

本好きの下剋上 完結後

アニメ『本好きの下剋上』人物相関図とあらすじ! アニメ『本好きの下剋上』では原作小説第1章のストーリーが主に描かれていきます。 主人公の本須麗乃は文字通り【本の虫】で三度の飯より本を読むのが好き。 大学を卒業したばかりの女の子でした。 しかしある時自宅の書棚が倒れてきたことで死亡してしまいます。 次に目を覚ました時、麗乃はなんと異世界の見知らぬ少女マインとなっていました。 自分の状況に戸惑う麗乃でしたが、 とにかくこの世界でも本が読みたい! しかしこの異世界の文明レベルは現実世界と比べて大きく劣っており、本は羊皮紙制の貴族しか所有していないとても高価のもの。 とても平民の家の子供であるマインの手には届きません。 かくして【見た目は子供、頭脳は大人】のマインが異世界の経済をひっくり返すような知識をひっさげて、本を作る奮闘劇が始まります。 登場人物・キャラクター一覧 マイン(精神年齢:22歳 身体の年齢:5歳) 画像出典 本作の主人公。 元々は麗乃ではなく元のマインとしての人格が宿っていましたが、麗乃が転生して宿ってからは消失。 元人格の行方については不明なまま物語は進んでいきます。 麗乃の年齢は大学卒業したばかりという描写があったので22歳でしょう。 一方マインは5歳なので、5歳児の身体に22歳の女の子が宿っている状態ですね。 とても病弱な体をしており、本を作りたい麗乃の最大の障害となっています。 しかしトゥーリやルッツに手伝ってもらうことで少しずつできることも広がっていきます。 トゥーリ 画像出典 マインの実の姉。 とても活発な活発な少女で、マインとは打って変わって身体も健康そのもの。 そのため、病弱な妹マインの頼みをよく引き受けてあげたりしています。 また、カルラ一家の3男ラルフとは同世代であり、片想いされています。 基本的にマインの頼れるいいお姉ちゃんです。 ギュンター 画像出典 マインとトゥーリの実父。 エーレンフェストの門の兵士で班長を務めており、基本的に親バカで2人の娘たちを溺愛しています。 文字は基本的に読めるが、書く方は人の名前が書ける程度。 作中ではこれを内心マインに馬鹿にされるシーンがありますが、異世界においては実はすごい方なんです。 異世界では字は読めなく、自分の名前も書けない人がほとんどのためですね。 絵に描いたような子煩悩パパなので見ていて微笑ましいキャラです。 エーファ 画像出典 マインとトゥーリの実母。 平民で貧しいため身なりに気を使えていませんが、実は美人という設定なんです。 また、裁縫が得意で、仕事も主に針仕事で稼いで家計を支えています。 ルッツ 画像出典 カルラ一家の4男で末っ子。 マインと同い年の男の子です。 上の3人の兄がおり仲もいいんですが、末っ子で力関係で弱いためいつも我慢を強いられる立場におりそれを不満に思っています。 ただ、病弱なマインといると家庭とは違って自分が役に立つことが実感できるので、面倒を見て感謝されることを嬉しく思っているようです。 実は商人として町の外を旅することが夢なんですが、平民としては大それた夢であり周囲や家族からは反対されてしまいます。 しかしマインだけは夢を応援してくれており、商人になるためのきっかけということもあって マインの紙作りに協力するようになります。 オットー 画像出典 ギュンター(マイン父)の部下で門の兵士を務める青年。 元商人でこの都市(エーレンフェスト)の生まれではないんですが、コリンナに一目惚れし熱烈な求婚をしたことで定住するようになります。 門の兵士としては異色の元商人という経歴から、識字や計算という希少な能力を持っており、主に経理関係の仕事を一人で担当しています。 マインにとっては貴重な異世界での字に精通している人物で、 字を教えてもらう師匠のような存在となります。 また、作中ではマインとルッツに義兄の商人ベンノを紹介するキーキャラクターでもあります。 コリンナ オットーの妻でベンノの妹。 童顔で美人。 オットーの熱烈な求婚により結婚するも、オットーが旅する商人という仕事を諦めてしまったことを気にしています。 マインの発明したシャンプーに多大な興味を寄せており、オットーを通じてなんとかシャンプーなるものを手に入れられないかと考えています。 ベンノ 画像出典 コリンナの兄でベンノの義兄。 ギルベルタ商会の長でやり手の商人です。 オットーの紹介から マインとルッツの商売上の面倒を見るようになります。 マインの頭脳や話術に子供離れしたものを感じており、『子供にしては頭の回転が異常』『只者ではない』と考えています。 また、マインの持っている異世界経済を変えてしまうほどの発明に目をつけており、マインに交換条件を持ちかけて手に入れ利益を得ます。 ただ悪い人ではなく、基本的には善人でマインの商人としての成長を促してくれる人物です。 しかしギルド長などの既得権益には堂々とケンカを売る剛毅な性格も持ち合わせています。 マルク 画像出典 ギルベルタ商会におけるベンノの優秀な右腕。 マイン曰く、素敵執事。 ギルベルタ商会に先代のころから仕えており、かれこれ30年働いています。 しかし修業期間を終える寸前に先代が亡くなったため、ギルベルタ商会とベンノを守り抜くことになったという経緯があります。 ベンノに代わりマインとルッツの世話を焼いたり教育係となることも多いです。 特にマインに振り回されるルッツには自分の境遇を重ねることもあり、同情しています。 グスタフ 画像出典 商業ギルドのギルド長であり、オトマール商会の大旦那。 一見優しそうな風貌をしていますが、金にがめつく、貴族相手に商売をして稼いでいる人物です。 ベンノとは犬猿の仲で、マインが来てからというもの好景気に湧いているギルベルタ商会が目の上のタンコブとなっています。 孫娘のフリーダを溺愛しており、マイン曰く孫娘に対するグスタフはただのおじいちゃんにしか見えないそうです。 フリーダ 画像出典 ギルド長グスタフの孫娘。 お金を数えることや貯めることが趣味で、金にがめついところはグスタフによく似ています。 また、家から出ることが少ない生い立ちのため、長らく友達がいませんでしたが、マインが初めての友達となります。 フェルディナンド 画像出典 貴族として生まれながらも神殿にいるなど謎が多い人物です。 感情を表に出すことが苦手ですが、神官や騎士として仕事をこなし文武両道で楽器も嗜む完璧超人です。 後にマインの庇護者となります。 まとめ 今回はアニメ『本好きの下剋上』、原作小説1章の相関図と登場キャラ一覧をまとめました。 1章の魅力は異世界ではチートとなるマインの現実世界での科学知識と、それに振り回される登場人物達でしょう。 異世界ものとしては珍しいタイプの物語ですが、制限された状況から自分や周囲を豊かにしていく過程は街輿し系のゲーム 牧場物語とか に似た爽快感がありますね。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の