ストック デール の 逆説。 「ストックデールの逆説」とは? 7年の拷問を耐えた男性が語る生き方

鋼(はがね)のメンタル【庚(かのえ)】メンタリストDaiGoさん・ストックデールさん・サッチャー元首相

ストック デール の 逆説

人生100年時代といわれています。 アクティブシニアという言葉は65歳~75歳を指して言うらしいですが、 それより若い世代は、「新大人世代」というそうです。 hakuhodo. 2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある 情報発信を目指します。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。 このブログについて : 2017年4月にこのブログを開設しました。 人生100年時代といわれています。 最近の座右の銘は「年齢は単なる数字だとしか思わない」です。 これは2020年時点で84歳のプログラマー若宮正子氏の言葉です。 この言葉の年のせいにせずに前向きに考える姿勢にとても共感しました。 2%の成長を目指します。 ・体験し、学び、感じたことをアウトプットし、新大人世代を中心に価値のある 情報発信を目指します。 某研究機関で翻訳の仕事をしています。 1stライフでは、企業でエンジニア、マネージャーを経験しました。

次の

【ストックデールの逆説】ビジョナリー・カンパニー 2

ストック デール の 逆説

ストックデールの逆説とは? ジェームズ・ストックデールさんは、ベトナム戦争時捕虜として7年を過ごしました。 彼は、その恐ろしい監禁状況を生き抜いたことについて「必ず乗り越えられると信じる気持ち、これは絶対になくしてはいけない。 その信念を、どんなものであろうと自分が置かれている現状の最も冷酷な事実に立ち向かう規律心と、決して混同してはならない」と言っています。 ひどい拷問を受けながら7年間を過ごしたストックデールさんには、国へ帰ることができるのかどうか、それが可能だとしてもいつになるのかはまったくわかりませんでした。 自分が生き延びられたのは、揺らがぬ将来への希望を、確固たる現実主義と組み合わせることができた能力のおかげだとしています。 これは今では「ストックデールの逆説」と呼ばれています。 「将来へ目を向けることはとてもパワフルです」と語るのは、コーネル大学のTom Gilovich心理学教授。 たとえ可能性は低くても現状は悲惨に思えても、前へ進むこと、たとえそれが想像上であったとしても、自分を鼓舞して1日1日前へ進んでゆくためのカギになりうるのです。 このように、予測もつかない困難の真っ只中にいてさえもです。 これからの数週間、数カ月は、個人としても社会としてもわたしたちが経験する最も困難な時になりそうです。 どんなに手を洗おうと表面を除菌しようと、どれだけ自宅に籠っていたとしても、感染して死ぬ可能性はなくなりません。 また愛する家族や友人がそうなる可能性もあるのです。 おまけに経済は崩壊しつつあります。 何百万という人たちが失業し、その一方では必要な食料や医療を提供するために毎日命がけで働いている人が何百万人もいます。

次の

7年の拷問を耐えた男性が語る、メンタルを強く持ち今を生き抜く「ストックデールの逆説」とは?(ライフハッカー[日本版])

ストック デール の 逆説

ストックデールの逆説とは ジェームス・ポンド・ストックデールさんの物語 この人はベトナム戦争で捕虜として7年半もの間、拷問につぐ拷問を生き抜いたことについて 「私は結末について確信を失う事はなかった。 ここから出られるだけでなく、最後は必ず勝利を収めてこの経験を人生の決定的な出来事にしあれほど貴重な経験はなかったと言える様にすると。 」と言っています。 明日殺されるかもしれない状況の中で常に自分を鼓舞し前を見る 「必ず乗り越えられると信じる気持ち、これは絶対に無くしてはいけない。 その信念をどんなものであろうと自分の置かれている現状を最も冷酷な事実に立ち向かう規律心と決して混合してはならない」と言っています。 「自分が生きて母国に帰ることができたのは確固たる現実主義と組み合わせることができたからだ」と。 これが今では「ストックデールの逆説」と呼ばれているざっくりとした内容です。 新型コロナより怖い7つのこと 飲食店オーナーの僕がやるべき事 僕の様な飲食店経営者に限らず、多くの人たちが現在新型コロナウイルスの影響を受け経済的ダメージを受けています。 しかし厳しい現実を受け入れながら明るい未来に向かって進み続けないといけません。 人間は新型コロナウイルスをコントロールする事はできませんが自分自身をコントロールする事はできます。 今は手洗いや除菌、営業の自粛をする事が完全な感染防止にはなりませんが拡散防止にはなり医療従事者たちの手助けになります。 今回の新型コロナショックで無傷な人はほぼいません。 いつどのような形で収束するかなんて誰にもわかりません。 ですが「ストックデールの逆説」を現実の今に例えてるなら終息をただ家で待っているなんて事は絶対にしてはいけません。 正解ない今、自分がやるべきことを信じてやり抜くことが明るい未来への進むただ一つの方法だと言えます。 「飲食店」休業中にできること 楽観主義を捨て次に向かう ストックデール・ジェームス・ポンドさんがあるインタビューで誤った楽観主義にしがみついてた捕虜たちは生き残れなかった。 と答えています。 「彼らはクリスマスまでに解放されると考えていた。 クリスマスが近づき、終わる。 次は復活祭までに解放されると考える。 そして復活祭は近づき、終わる。 次は感謝祭・・・・・そして次はまたクリスマス。 失望が重なり死んでいく」 多くの人が2020年の2月頃が新型コロナウイルスの影響を受け始め来月には収まっているだろうと言って2ヶ月もの間が過ぎ、 現在は緊急事態宣言の解かれる5月7日ごろには・・・・・夏が過ぎれば・・・・・来年になれば・・・・・と言っています。 本当に来年には新型コロナウイルスが収まっているでしょうか? 更に言えば来年また新型のウイルスが出てこない保証などどこにあるのでしょうか? 楽観主義を捨て次に向かうことが明日を生きる活力になると、僕は「ストックデールの逆説」から学びました。

次の