チェキ 風 加工。 イラレの使い方画像編!配置写真をポラロイド風に簡単加工!

チェキ風フォトを作ろう!お洒落で簡単な写真の作り方をご紹介!

チェキ 風 加工

デジタルカメラの台頭により、最近ではあまり見ることが無くなったポラロイドカメラ。 インスタント風の独特の雰囲気を持つ写真だけに、懐かしく感じる方も いらっしゃると思います。 そこでこのページでは 、パソコン上でデジカメ写真をポラロイド風に加工できる フリーソフト「Poladroid」をご紹介します。 6r0」のリンクをクリックします。 次に開いたページでWINDOWS Versionのものをダウンロードしましょう。 (2)ダウンロードしたファイルを解凍し、「POLADROID Installer. msi」を実行して、 ソフトをインストールします。 (3)完了後、ソフトを起動すると、画面上にポラロイドカメラの絵が表示されます。 そして、この部分にポラロイド写真風にしたい画像をドラグ&ドロップします。 (4)すると、ゆっくりとポラロイド写真風の画像が出来上がっていきます。 (5)写真がはっきり見えたら、その写真上で右クリックし、「I want・・・」をクリックすると、 出来上がったポラロイド風の画像を保存できます。 写真の出来上がり方までポラロイドカメラ風にしているところが、とても凝っていますね。

次の

『InSnap』

チェキ 風 加工

最近のチェキは高性能! 最近のチェキって、スマホで撮影した写真も印刷できたり高性能なんですよね。 スマホがリモコンに。 チェキ風写真の作り方 前置きが長くなりましたが、ここからは作り方の説明です。 SNOWアプリをインストールする 一時期顔の入れ替えで大ブームを起こしていたアプリ・SNOWを持っていない人はまず、アプリを無料なのでインストールして下さい。 そして、レトロっぽくなるフィルターをかけます。 私的にオススメなフィルターはA4かPureです。 エフェクトをかける エフェクトの中にチェキ風のエフェクトがあるので、そのエフェクトをかけて保存します。 余白をカットする SNOWで加工したままだと白い余白の部分があるため、カットします。 方法は画像加工アプリやデフォルトのアプリでカットするか、MacBookを使う人はプレビューで画像を開き、編集(マークアップ)を選択し、必要な部分だけコピペすればカットして保存しなくても使えます。 意味がさっぱり分からない人は、プレビューの編集機能についてググってみて下さい。 A4に貼り付ける コピペしたものかカットした画像をPages AndroidやWindowsでやる人はWordなど画像が印刷できたらソフトやアプリはなんでも良いです に貼り付けます。 しか自宅にない人は、画像を2枚ずつ印刷すればいいと思いますが私は何回も印刷するのが面倒だったのと、A4の印刷紙しかなかったためPagesでA4の白紙の用紙に画像を貼り付けて、作成しました。 画像サイズを全て統一する miniサイズのチェキ風にしたかったため、画像サイズを私の場合短い辺を5. 4cmに全部合わせました。 プリンターで印刷する 私はたまたま持っていたを使用して印刷しましたが、綺麗に印刷できたため、オススメです。 形通りにカットする 印刷できたら定規とカッターを使って綺麗にカットしましょう。 画像の写真はハサミで切ったため少し歪んでいます…気を付けましょう。 お疲れ様ですこれで完成です!! ちなみに「プリンターが家にないよ!」という方は、セブンイレブンがネットプリントできますので工夫してみて下さい。 詳細は(丸投げ)。

次の

イラレの使い方画像編!配置写真をポラロイド風に簡単加工!

チェキ 風 加工

こんにちは。 白石ふくです。 最近、レトロブームがきていますよね!「写ルンです」や「チェキ」のような、一昔前のカメラを使った写真をインスタグラムへ投稿する方も多いのでは。 しかし実際にこれらのカメラを使ってみるとわかりますが、スマートフォンでの撮影に慣れている方は意外と難しく感じてしまうこともありますよね。 そこで今回は、カメラを用意しなくてもアプリ上でレトロ加工ができる無料の写真撮影・加工アプリ「MolyCam」の使用方法をご紹介します。 難しい操作はなく誰でも簡単に使いこなせますので、レトロな写真に仕上げるならぜひ使ってみてくださいね! 「MolyCam」とは 「MolyCam」とは、ポロライド風のレトロな写真に仕上げることができる、無料の写真撮影・加工アプリです。 明るさや彩度などを細かく調節することができるほか、9種類のカラーフィルタと17種類のフレア加工も使用可能。 チェキのような撮影画面もかわいくておしゃれで、愛用者も多いアプリのひとつです。 レトロな写真に仕上げられるアプリは有料のものが多いですが「MolyCam」なら無料で使えて便利。 ただしフレームは白のみ 白以外は有料 でテキスト入力はできないので、例えばこのアプリを使ってまずチェキ風写真に仕上げたら、ほかの加工アプリでテキスト入力をしてみる、というのもおすすめです。 入手方法 「MolyCam」でポロライド風写真に加工してみよう まずアプリをインストールして起動します。 はじめに、アプリがiPhoneのカメラアプリへアクセスすることを許可するか問うメッセージが表示されますので「OK」をタップしてください。 続いて、アプリがiPhoneのカメラロールへアクセスすることを許可するか問うメッセージが表示されますので「OK」をタップします。 すぐに撮影画面が表示されます。 チェキを使用したことのある方なら直感的にどのアイコンでどのような操作ができるか把握しやすいと思いますが、ご紹介しておきますね。 「OR」はフィルターなしの状態です。 選択した画像を加工する場合は、黄色の丸いボタンをタップしてください。 アプリ内で写真を撮影した場合は、この画面は表示されません。 写真を撮影・選択すると、加工画面が表示されます。 画面下に表示されているメニューでできる作業については、以下を参考にしてください。 白以外のフレームを使用したい場合 有料 は、こちらのアイコンをタップして表示されたフレームの中から、使用したいものを選択してください。 選択する際にダブルタップすると左右に動くバーが表示され、フィルターをどれくらい適用するか調節することもできます。 こちらも選択する際にダブルタップすると左右に動くバーが表示され、調節することができます。 ほかのレトロ加工アプリではここまで調節することができないので、ぜひ試してみてもらいたい機能です。 アプリから直接インスタグラムへ投稿することができないので、一度カメラロールへ保存して通常通りインスタグラムへ投稿しましょう。 まとめ レトロな加工をすると、なんでもない写真が一瞬でおしゃれな写真に仕上がりますよね。 ぶれたりピントが合わなかったり、ちょっと失敗した写真でもレトロ加工をすれば雰囲気のある1枚になります。 無料なのに細かい調節もできる「MolyCam」。 ぜひ試しに使ってみては! 以上、白石ふくでした。 この記事を書いた人 時間 2017. 人気記事ランキング カテゴリー• 人気キーワード•

次の