いきもの がかり ワニ。 Yakult ミルミル Presents いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2020 〜結成20周年だよ!! WE DO!!!〜 全公演延期について

いきものがかり嫌い?!100日後に死ぬワニとコラボの新曲「生きる」に賛否両論!

いきもの がかり ワニ

3月21日に最終回を迎えた漫画『 100日後に死ぬワニ』が、インターネット上で爆発的な話題となった。 『100日後に死ぬワニ』は、漫画家きくちゆうき氏が2019年12月12日から自身のTwitterアカウントで1日にひとつ公開してきた4コマ漫画だ。 連載開始から100日目の3月20日、それまでとは違う少し長めの最終回が公開されると、『100日後に死ぬワニ』はTwitter上のトレンドで世界1位となるなど、高い関心を集めた。 話題となった理由は、ニコニコ生放送で『「100日後に死ぬワニ」の最後をみんなで見守る放送』という配信が行われたほか、さまざまなメディアで紹介されたこともある。 だが、その高い注目度が災いを招いた。 最終回が公開された3月20日に、いきものがかりと同作のコラボムービーがYouTube上に公開されたが、その企画に電通のCMプランナーや電通関連会社の社員がかかわっていたことが指摘され、「ステマだったのではないか」と批判の声が高まったのだ。 その後、ネット上では瞬く間に「電通案件」というワードが駆け巡り、いきものがかりの発表した先のコラボムービーにも「低評価」が殺到した。 人気アーティストのオフィシャル作品で、「低評価」ボタンが多く押されることは珍しい。 だが、このムービーには1万2000件(23日14時時点)を超える「低評価」が押されている。 批判を受けて、 いきものがかりのリーダー水野良樹は21日、Twitter上で対談動画を配信し、「今回のコラボをはじめ、映画化や書籍化に電通はかかわっておらず、もっとも巨大プロジェクトで動いていたわけではない」と疑惑を否定。 きくち氏も「個人的に漫画を始めたことであり、(プロデュース会社の)ベイシカが作品のメディア展開を始めたのは(連載から約1カ月が経過した)今年1月以降であるにもかかわらず、『電通案件』で裏が大きいとか言われるのは、やっぱり悲しい」と語った。 早々に水野ときくち氏が疑惑を否定したことで、炎上の速度は弱まった。 だが、物語上で主人公が死去し、本来は読者が余韻に浸るような時間が与えられることもなくコラボムービーが公開され、翌日にはタワーレコードとのコラボグッズが発売されたほか、4月8日には小学館から同タイトルの書籍が発売されることが発表されるなど、矢継ぎ早に事業展開を進められている様子を知って、げんなりとするファンが多かった。 『100日後に死ぬワニ』は最終的に200万人のフォロワーを抱えるほどに注目を浴びていた。 その集客力に企業が目をつけたわけだが、拙速な急展開によって批判を呼ぶかたちとなってしまった。 新型コロナウイルスの影響で、中国からの物資は輸入が困難な状況下にある今、大量のメイドインチャイナグッズを販売できるのは、物流が停滞する以前から用意していたためだろう、とみられているからだ。 この指摘に対して、きくち氏やベイシカ、そして電通はどのような釈明をするのだろうか。 (文=編集部).

次の

いきものがかり×『100日後に死ぬワニ』コラボムービー公開

いきもの がかり ワニ

「100日後に死ぬワニ」は、作者・きくちゆうき氏が、主人公のワニくんの何気ない日常を描いた4コマ漫画で、ワニ君が死んでしまう日までのカウントダウンも毎回記載される・・・という2019年12月12日から2020年3月20日まで毎日一話ずつTwitterで投稿されていた作品です。 3月20日に100日目の最終回を迎え、SNSやトレンドでは悲しみの声とそれぞれのワニ君の「死」に対する考察が繰り広げられています。 誰もが、「 ねずみくん」、 「ワニくん」の立場にになり得る話は多くの人の共感をよび、様々なことを考えさせられる作品でした。 2時間でつくいいねの数じゃないw こんなにもワニくんを見つめていた人がいたんですね 生きる。 という三文字が重くて切ない。 もしかしたら自分のカウントダウンが始まってるかもしれないと思うと1秒も無駄にしたくないし日々の行動の優先順位が変わる。 『この作品は重い作品である』『実体験に基づいているのではないか』とすぐに感じたのだそうです。 (実際に、きくち氏の子供のころから仲良しだった友人が20歳の時に事故で亡くなられたことも作品のメッセージとして込められています。 きくち氏の作品への想い きくち氏は自身の経験から、大切な友人を失って気づいた、自分があの時こうしていれば・・・という「葛藤」や、「限られた時間」の中で後悔しないように周りの人との時間を大切にして欲しいことを漫画を通して伝えられています。 今回最終回を迎えて、本意ではない様々な憶測が飛びかいコメントを出されることとなりましたが、きくち氏の優しそうな人柄と読者への想いは読者へも素直に届いたのではないでしょうか。 みんなの反応 水野ときくちさん — 水野良樹 いきものがかり、HIROBA mizunoyoshiki きくちさん生放送まとめ。 PVに電通の大石さんが関わっただけで、電通は関わってない。 現場が盛り上がって早く仕事しすぎて 曲が早くできた 、逆に疑われたっぽい。 むしろ電通のような大企業が関わってなく、弱小ベンチャーだけで運営したせいで炎上したっぽい。 — kz tkz539 「生きるとは」というテーマを伝えるのに手塚治虫は何年もかけて『火の鳥』を描いてきたというのに、『100日後に死ぬワニ』は100日を通してそれを多くの読者に伝えることができて、たぶん天国の父は今猛烈に嫉妬してると思う😅 — 手塚るみ子 musicrobita 友を思い当時何も動けなかった自分をネズミくんに託し行動させる事によりこの作品を通して作者さんは友を弔ったのかなって思いました。 だから主人公のワニくんは人の心が動く力を持っていて生きてる作品になったのかなって思いました。 — おはよう Ohayo00000 はじめまして。 個人的には有料に文句を言ってる人より、もっと作品の切ない余韻に浸りたかったのにぶち壊された事にモヤモヤしたり怒ってる人が多い印象です。 商業的には正解ですし私も作家さんに沢山稼いで欲しいのです。 ただワニの喪に服したかったのに宣伝のタイミングがあまりにもと思いました。 素晴らしい作品を届けてくださってありがとうございました。 — hiro nobu173 まとめ 「限られた時間」にフォーカスさせてもらったことで、何気ない日常や、友人や好きな人との他愛もない会話ができる時間がいかに大切なことかに気づかされた人が沢山いたことも、漫画最終回のアクセス数が3.3万件(3月21日現在)を超えていることでもわかりました。 とはいえ、否定コメントを出さないといけない状況になってしまうほど炎上してしまったことは、大切な人が亡くなったときに「喪に服す」風習を持つ日本人の死生観によるものなのかもしれません。 大切な人を失って伝えたかった事がある作者と、ワニ君を失って静かに偲びたかった読者の想い、どちらもわかるような気がします・・・。 新型コロナで閉塞的な状況が続いている中、「それでも前向きに進もう」というメッセージを漫画と楽曲からもらったような気がしました。

次の

生きる (いきものがかりの曲)

いきもの がかり ワニ

3月21日に最終回を迎えた漫画『 100日後に死ぬワニ』が、インターネット上で爆発的な話題となった。 『100日後に死ぬワニ』は、漫画家きくちゆうき氏が2019年12月12日から自身のTwitterアカウントで1日にひとつ公開してきた4コマ漫画だ。 連載開始から100日目の3月20日、それまでとは違う少し長めの最終回が公開されると、『100日後に死ぬワニ』はTwitter上のトレンドで世界1位となるなど、高い関心を集めた。 話題となった理由は、ニコニコ生放送で『「100日後に死ぬワニ」の最後をみんなで見守る放送』という配信が行われたほか、さまざまなメディアで紹介されたこともある。 だが、その高い注目度が災いを招いた。 最終回が公開された3月20日に、いきものがかりと同作のコラボムービーがYouTube上に公開されたが、その企画に電通のCMプランナーや電通関連会社の社員がかかわっていたことが指摘され、「ステマだったのではないか」と批判の声が高まったのだ。 その後、ネット上では瞬く間に「電通案件」というワードが駆け巡り、いきものがかりの発表した先のコラボムービーにも「低評価」が殺到した。 人気アーティストのオフィシャル作品で、「低評価」ボタンが多く押されることは珍しい。 だが、このムービーには1万2000件(23日14時時点)を超える「低評価」が押されている。 批判を受けて、 いきものがかりのリーダー水野良樹は21日、Twitter上で対談動画を配信し、「今回のコラボをはじめ、映画化や書籍化に電通はかかわっておらず、もっとも巨大プロジェクトで動いていたわけではない」と疑惑を否定。 きくち氏も「個人的に漫画を始めたことであり、(プロデュース会社の)ベイシカが作品のメディア展開を始めたのは(連載から約1カ月が経過した)今年1月以降であるにもかかわらず、『電通案件』で裏が大きいとか言われるのは、やっぱり悲しい」と語った。 早々に水野ときくち氏が疑惑を否定したことで、炎上の速度は弱まった。 だが、物語上で主人公が死去し、本来は読者が余韻に浸るような時間が与えられることもなくコラボムービーが公開され、翌日にはタワーレコードとのコラボグッズが発売されたほか、4月8日には小学館から同タイトルの書籍が発売されることが発表されるなど、矢継ぎ早に事業展開を進められている様子を知って、げんなりとするファンが多かった。 『100日後に死ぬワニ』は最終的に200万人のフォロワーを抱えるほどに注目を浴びていた。 その集客力に企業が目をつけたわけだが、拙速な急展開によって批判を呼ぶかたちとなってしまった。 新型コロナウイルスの影響で、中国からの物資は輸入が困難な状況下にある今、大量のメイドインチャイナグッズを販売できるのは、物流が停滞する以前から用意していたためだろう、とみられているからだ。 この指摘に対して、きくち氏やベイシカ、そして電通はどのような釈明をするのだろうか。 (文=編集部).

次の