クリーニングどこが安い。 ムートンブーツはクリーニングに出すべき?安いところはどこ?長く履く為のケアを徹底検討!

【厳選9社】どこが安い?布団クリーニングの宅配や持ち込み料金相場を徹底紹介!

クリーニングどこが安い

宅配クリーニングで有名なリネットです。 衣類以外にも、布団のクリーニングも行っています。 ふとんリネットは、1枚だと8,800円と他より高額なのですが、 3枚と複数枚をクリーニングに出すと、かなり割安になる布団クリーニング店なんです。 3枚で12,800円なので、 1枚当たり4,266円で布団をきれいにしてくれます。 羽毛布団1枚で一番安いリアクアが、5,500円 送料込みだと、7,500円 送料込みの値段 1枚あたり リアクア 7,500円 ふとんリネット 4,266円 差額 3,234円 クリーニング店 1枚 2枚 3枚 4枚 持ち込み 1,050~ 2,100 3,150 4,200 ポニー 持ち込み 白洋舎 D 1,100 2,200 3,300 4,400 白洋舎 持ち込み うさちゃん 外注 896~ 1,792 2,688 3,584 うさちゃん 持ち込み 1,100 2,200 3,300 4,400 ホワイト 毛布のクリーニング方法には、• D:通常のドライクリーニング• W:水洗い ウェット クリーニング の2種類があります。 ドライクリーニングは、セーターなどの型崩れしやすい衣類を洗浄するクリーニング方法です。 油汚れを落とすのには、非常に優れています。 一方、 水洗いクリーニングは、汗汚れなどの水に溶けやすい汚れも一緒に落してくれます。 なので、 ドライクリーニングでは、毛布についた寝汗などの汚れは落とせないということです。 クリーニング店 毛布のみ 洗浄 1枚 2枚 3枚 4枚 リアクア OK 1,700 3,400 5,100 6,800 リアクア ふとんリネット NG 1,500 11,800 12,800 14,800 リネット しももと NG 980 11,800 13,800 ー しももと イオン カジタク NG ー 11,800 11,800 17,000 イオン ポニー NG ー 9,800 14,300 ー ポニー リナビス NG 11,200 11,200 13,800 13,800 リナビス ダスキン ー ー ー ー ー ダスキン• ふとんリネット• しももと は、 布団のクリーニングと一緒に、オプションとして毛布のクリーニングを依頼できます。 イオン• ポニー宅配• リナビス の3社は、布団クリーニングのオプションとして、クリーニングをお願いすることはできません。 2枚パックなら、 布団の代わりに毛布をお願いするといった利用方法です。 ただし、布団の代わりに毛布をお願いするとなると、いくらなんでも料金が釣り合わない、毛布のクリーニング料金取りすぎ!ということになってしまいます。 なので、各社、「 毛布は2枚で布団1枚分と換算します」といった形をとっています。 カウント数 イオン 2枚で1枚換算 ポニー 2枚で1枚換算 リナビス 3枚で1枚換算 なので、 リナビスは、毛布を1枚出そうが、2枚出そうがクリーニング料金は一緒ということになります。 リアクア 料金 毛布 1,700円 羽毛布団 5,500円 合計 7,200円 送料無料 送料無料は、クリーニング代金7,000円以上なので、クリア。 という訳で、毛布1枚&羽毛布団1枚を宅配クリーニングでお願いしたい人は、やっぱり「リアクア」ということになります。 クリーニング店 1枚 2枚 3枚 4枚 宅配 リアクア 5,500 4,800 11,000 16,500 22,000 リアクア 宅配 ふとんリネット 8,800 11,800 12,800 14,800 リネット 宅配 しももと 8,800 11,800 13,800 ー しももと 宅配 イオン カジタク ー 11,800 17,000 ー イオン 宅配 ポニー ー 9,800 14,300 ー ポニー 宅配 リナビス 11,200 13,800 15,000 18,300 リナビス 宅配 ダスキン 11,253 13,737 15,768 ー ダスキン リアクア以外、送料無料。 リアクアは、• 羽毛の敷布団:5,500円• 綿わた・ポリエステルの敷布団:4,800円 と、敷布団の種類によって、料金が変わります。 また、 低・高反発の敷布団マットレス トゥールスリーパーなど は、ここで紹介しているどのクリーニング店でも、 対応不可となっています。 ポニーでは、防菌・防ダニ加工も別途行ってくれます。 料金 1枚あたり 2枚パック 11,800円 5,900円 3枚パック 11,400円 5,700円 敷布団は、羽毛布団と違って、どうしても寝汗を吸収しやすいので、黒カビが発生しやすいです。 クリーニング店 料金 円 持ち込み うさちゃん 2,592~ 持ち込み 白洋舎 3,000 会員限定 コープ 関東エリア 6,760 会員限定 パルシステム 2,700 宅配 リアクア 5,500 宅配 ふとんリネット 8,800 宅配 しももと 8,800 宅配 リナビス 11,200 宅配 ダスキン 11,253 こたつ布団1枚をクリーニングに出すなら、 圧倒的に持ち込みタイプのクリーニング店が安いですね。 持ち込みタイプのクリーニング店の場合、個別にこたつ布団のクリーニング料金が設定されているので、安く利用できます。 一方、 宅配タイプのクリーニング店は、羽毛布団と同様の扱いになるので、値段も高くなってしまっているんです。 ベビー布団は、2枚で1枚としてカウント なので、• ベビー布団:2枚• 大人のシングル掛け布団:1枚 で、2枚パックの注文が可能。 ポニークリーニングは、ベビー布団1枚は、1枚としてカウント。 保管期間 1枚 円 2枚 3枚 白洋舎 最長1年 8,550 14,550 20,550 イオン カジタク 最長9カ月 なし 12,800 15,000 ベルメゾン 最長9カ月 なし 10,800 14,800 洗宅倉庫 最長9カ月 なし 15,280 19,780 白洋舎は、希望の保管期間によって保管料が変わります。 希望保管期間:4か月で1,700円 ひと月当たり425円 なので、 6ヶ月保管と仮定して、2,550円の保管料。 保管のみはNGなので、クリーニング後に保管してもらいます。 クリーニング代6,000円もプラスして計算しました。 \こちらで白洋舎を除いて/ \計6社の保管料金を細かく比較しています。 しももと• リナビス• カジタク イオン.

次の

料金の安い宅配クリーニングはどこ?

クリーニングどこが安い

そこで、 今回実際に宅配クリーニングを10社全て利用して、比較し、ランキング化してみました。 ネットに広がっている口コミも参考になるかもしれませんが、 1人の人間が複数のサイトを検証したほうが公平に比較することが出来るでしょう。 実際に利用してみないと分からないことはたくさんあります。 価格だけでなく、利便性、スピード、保証 トラブル対応 、品質、お得に利用する方法など細かく分析して本当におすすめ出来る宅配クリーニングを見つけたので是非ご覧ください。 この記事は詳細に分析しているため、10000文字程度の長文になっております。 長い文章を読むのが面倒な方は、是非もっともオススメできるリネットをご利用してみて下さい。 宅配クリーニングと店舗型クリーニングどちらが安い? 結論から言うと宅配クリーニングと街の店舗型クリーニングの価格に大した差はありません。 ですが、宅配クリーニングのサイトにも色々あるため、 ご自身に合ったサービスを選べるかどうか、お得に利用する方法を知っているかで大きく変わっていきます。 また利便性、スピード、 保証 トラブル対応 、品質などもサイトによってバラバラです。 店舗型もお店によって価格から保証まで違いがありますが、その点は宅配クリーニングも同じということですね。 まずここだけ覚えよう!単品衣類とパックコースの違い! 宅配クリーニングサイトは値段に比例してクリーニングのサービスが良くなる傾向にありました。 ただし、初回に限り安くしているところだったり、染み抜き特化など個性のあるクリーニングも複数あり、人によって選ぶべき宅配クリーニングサイトはバラバラです。 今回、見やすいようにランキング化しましたが、特徴を分かりやすく書いたのでご自身に合った宅配クリーニングを探して頂ければと思います。 ですが、その前に1点だけ確認して頂きたいことがあります。 それはクリーニングに出す衣類の種類についてです。 宅配クリーニングサイトは大きく分けて2種類あります。 単品衣類とパックコースの2種類です。 単品衣類 単品衣類とは、街のクリーニング屋さんと同じ単品毎の料金設定のクリーニングサイトです。 Yシャツは300円、ダウンジャケットは1000円などのように衣類の種類ごとに料金が定められているタイプです。 パックコース パックコースは、定額パックコース制のクリーニングサイトです。 5着パックなら5着何を入れても、10着パックなら10着何を入れても料金が一律なサイトです。 こちらはクリーニング代が高額になりがちなダウンジャケットやロングコートなどをクリーニングに出したい時に活用するとお得です。 どちらのタイプを選ぶべきなのかはクリーニングに出す衣類次第です。 クリーニングに出す衣類の半分以上が単価の高い衣類の場合はパックコースの方がおすすめです。 単価の安い衣類が多いのか少ないのかを意識してから宅配クリーニングサイトを選ぶと、失敗が減るでしょう。 宅配クリーニングサイトのチェックポイント一覧 価格 一番重要視したのは価格です。 価格は公平な客観的指標であり、多くの人が気になるポイントです。 なので今回は、ホームページ上の料金表ではなく、実際にかかった費用から判断しています。 利便性 ホームページが直観的に利用しやすいかどうか、郵送に使う梱包のバッグを自身で用意する必要があるかなどで判断しています。 保証 再仕上げは無料で対応しているのか、再仕上げの案内が分かりやすいか、返金に対応しているかなどで判断しています。 宅配に限らずですが、クリーニングはトラブルが怖いですしね。 スピード 衣類がクリーニング会社に届いてから自宅に戻ってくるまでの日数で判断しています。 保管サービス 保管サービスは長期間衣類を保管しておけるサービスです。 洋服が多すぎて困っている人は保管サービスを利用すると、使用したいシーズンだけ洋服を手元に置くことが出来て便利です。 スタッフはウエディングドレスや和服、舞台衣装などの特殊な服を専門に扱うグループ会社が運営している高級クリーニング店の出身者で構成されています。 手書きで案内用紙やメンテナンスレポートが書かれ、一人一人に丁寧に対応しているのが伺えます。 クリーニングの詳細までしっかりと記載があり安心感があります。 クオリティに関しては文句なし。 本当に新品のようになって戻ってきました。 ただし、、、 料金は本当に高い。 4点で16200円はかなり高額です。 実際に試した結果、発送から18日で手元に戻ってきたのでスピードも遅い。 クオリティは高いのでオススメしたいところですが、9位のピュアクリーニングの下位互換と言えるのでオススメしません。 クオリティNO. とにかく高く、とにかく質と保証が良いのがピュアクリーニングの特徴。 高級衣類以外をクリーニングに出しても問題ありませんが、とにかく高いため安価な衣類をクリーニングに出すのはオススメしません。 ユニクロなどのファストファッション品をピュアクリーニングにお願いすると、新しく1着買うより高い費用がかかる可能性があります。 ただし、それだけ高いだけあってクリーニングに対する力の入れようが凄く「 初めて袖を通した状態への復元」を目指すトータルメンテナンスがウリ。 その証拠に気に入らなければ全額返金の保証制度があります。 クリーニング屋さんは良心的なところでも「無料で再仕上げ」が限度であって「全額返金」はまずありません。 クリーニングにいかに自信があるのかが分かりますよね。 分かりやすく個性のある宅配クリーニングサイトなのでランキング上位にしたいところですが、正直言ってとても高いです。 自分なら利用することはないのでこの順位としました。 ですが、お金に余裕があって保証が欲しい人にはイチオシです。 10着パックならコートやダウンジャケットなどなにを入れても10着まで一律の価格になります。 クリラボは定額制の宅配クリーニングサイトの中では、比較的クリーニングに力を入れています。 なのでピュアクリーニングに似ていますね。 完全個別洗い 女性に好評 静止乾燥方式 衣類へのダメージが少ない アパレル仕上げ 風合いとシルエットを復元 などなど品質に拘っています。 ピュアクリーニングが定額制に変わったようなイメージです。 5点パックなので中身は何を入れても一律9504円になります。 他社さんと比較すると明らかに高額です。 その分クリーニングの品質は良いですが、個人的にはここまで高額だとちょっと手が出ません。 それでも保管サービスも込みの価格ですので、ピュアクリーニングに比べればやや割安です。 お金に余裕があって品質重視の人が単価の高い衣類をクリーニングに出したい時におすすめ。 ・全品手仕上げ ・綺麗な溶剤をキープ ・徹底された検品 ・染み抜き、毛取り、毛玉取りが無料 上記はネクシーのサービスです。 これらのサービスを行っている宅配クリーニングは、ネクシーだけでなくいくつもありますが、 ネクシーには無料の修理があるのが素晴らしいです。 ほつれがあったり、破れていたり、ボタンが取れていたりと気づかぬうちに洋服はダメージを負っているものですが、ネクシーにクリーニングに出せば修復して頂けます。 ほつれやボタンの修理は技術的に難しいことをしているわけではありませんが、自分でやると非常に手間ですよね。 クリーニング会社としても同様でこれらのサービスは基本的に有料オプションで受けていることが多いです。 でも、ネクシーだと全て無料。 実体験するととても嬉しいサービスです。 残念だったのは梱包が甘かったところ。 ダンボールではなく、袋に包まれて自宅に届きました。 袋は二重になっていましたし、実際のところは問題ありませんでしたが、丁寧に扱わない配送業者さんもいるのでダンボールのほうが安心です。 やや高めですね。 ほつれやボタンが取れかかっている衣類をクリーニングに出したい人におすすめ。 単品クリーニングと定額パックコースが選べたり、保管サービスもあったりと選択自由度が高いです。 定額パックコースで保管サービスも使いたい人におすすめしたいところではありますが、4位にした「せんたく便」が上位互換に思えて仕方ないのでこのランキングとさせて頂きました。 残念だったのは 定額パックコースを選ばない限り、発送時のダンボールを自分で用意する必要があることですね。 クリーニングに出すまでの準備がやや面倒です。 無料染み抜きサービスは色々な宅配クリーニングサイトで行っている定番のサービスですが、 クリコムの染み抜きは除去率98. 油性処理、水性処理、部分漂白、染色補正処理を駆使して古いシミや変色したシミにも対応します。 特に染色補正処理の効果が高く、生地に合わせて染色を使い分けて、ダメージが出ないギリギリを見極めて仕上げてくれます。 大切なお洋服にシミが付いてしまってどうしても取り除きたいときは、クリコムに頼るのがおすすめ。 コートが2着なので見た目ほど高くありませんが、安いわけでもありません。 現状利用しようとは思いませんが、将来シミに困ることがあれば利用したいと思い5位としました。 とは言え、安さに特化と言っても価格だけをみれば他にも安いところはあります。 ですが、せんたく便はサービスの質や保証がしっかりしています。 クリーニングにはトラブルがつきもの。 最低限のクリーニング力や信頼は欲しいところです。 その点大手宅配クリーニングサイトの1角であるせんたく便は安心。 従業員数280人を抱える老舗クリーニング会社です。 無料の再仕上げサービスは、何もせんたく便だけのサービスではありません。 ですが、ほとんどのサイトが再仕上げの依頼方法を分かりづらいという声が多く上がっています。 クリーニングをする側からすれば、再仕上げを頼まれたら損するだけですからね。 ここまで分かりやすく再仕上げの案内があるのは、せんたく便と1位のリネットだけでした。 合計3592円です。 宅配クリーニングの括りだけでなく、町のクリーニング屋さんと比較しても安い部類に入る価格帯です。 せんたく便はやや小さい程度。 価格を考慮すれば十分お得です。 保管サービスも安いので、保管サービスを利用したい人はせんたく便を選べば間違いないです。 せんたく便は 「 中単価以上の洋服を含む5着以上をクリーニングに出したい人におすすめ」です。 オプションとして、汗抜き加工やホワイトニング加工など手持ちの洋服に合わせた加工も可能で、ジャンル問わずお気に入りのお洋服をまとめて仕上げてくれるのも安心できます。 他社と比較してもクリーニングへのクオリティは圧倒的にこだわっています。 ランドリーバスケットを利用する上で忘れてはならないのが「初回半額クーポン」の存在です。 上述のクーポンを利用したので半額になっています。 このクオリティでこの価格ならば利用しない選択肢はないでしょう。 料金はコートやシャツ等アイテムの種類関係なく、パック単位となっています。 まずは初回クーポンを利用し、仕上がりやオプションなど気に入ったらリピートがオススメです。 初回はオススメなクリーニングサイト!! ホームページが面白く、おせっかいなおばちゃんおじちゃん達が非効率に愚直にクリーニングに取り組んでるのが良く分かります。 例えば衣類の乾燥。 普通は衣類の乾燥には乾燥機を使います。 その方が早く乾き、早く乾くほど量をこなすことが出来ますよね。 つまり乾燥機を使った方が儲かるわけです。 ですが、乾燥機を使うと衣類はダメージをうけるものです 極小ですが なのでリナビスでは土地代の安い田舎で費用を抑えて自然乾燥をおこなっています。 この他にも8大おせっかいサービスと名付けられた無料でボタンの修理やシミ抜きのサービスがあります。 会員を1万人に限定していて品質を維持しているのも特徴。 創業55年の確かな技術と一万人に限定することで他社に真似の出来ない、きめ細かな対応ができることが強烈なウリですね。 安くもなく高くもなくです。 定額パックコースを希望で、価格と品質のバランスが優れているものを選びたい人におすすめです。 1位 総合力NO. 1位にした理由は単純明快。 クリーニングのクオリティが高い• 保証が良い• 安い と 全てにおいて高評価だからです。 結局、宅配クリーニング最大手のリネットが1位で面白味がない結果となりすみません。 ですが、やはり大手が強いのは仕方のないことでしょう。 最速の宅配クリーニング 最短2日で自宅に戻ってきます。 これは宅配クリーニング業界最速。 文句なしに素晴らしいです。 ダンボールも用意して貰えますし素早く簡単に利用できます。 高品質なクリーニング リネットではリファイン加工のサービスがあります。 リファイン加工とは• 滑らかさ• ボリューム• 帯電防止• ジップの滑り• 小じわ防止• 毛玉防止 の7つの効果を衣類に与えるものです。 おまけに全品ダブルチェック体制で、仕上げ担当者とは別に品質チェック担当者が仕上がりをチェックして、納得のいかない場合は再仕上げを行います。 もちろん染み抜き、毛取り、毛玉取りも無料です。 認識相違による返金対応保証 リネットは認識相違による返金対応を行っています。 「ワイシャツ」だと思ってクリーニングに出したら「シャツ」扱いで思っていたよりも高い金額を請求をされた経験はありませんか? リネットではこのような認識相違があった場合は返金して頂けます。 おまけにせんたく便と同様に、ダンボールを開けると再仕上げの案内も同封されています。 7日以内に申し出れば、無料で再仕上げをしてもらえるので安心です。 家の近くのクリーニング屋さんだと、対面して認識相違や再仕上げ依頼を伝えにくいものですよね。 リネットでは発送時に送られたメールに記載されている専用URLから申し込めるので、電話や対面で伝える必要がありません。 シワが出来ないよう配慮してくれています。 1点あたり400円程度です。 白洋舎の半額なのでとても安いです。 ここまで良いことばかりのリネットですが、逆にイマイチな点は2つ。 保管サービスが弱い 単品衣類のクリーニングに関しては安くて品質も良く文句がありませんが、保管サービスは明らかに高いです。 1点あたり1300円ほどになるのでおすすめ出来ません。 プレミアム会員登録をする必要がある リネットを安く便利に利用するためにはプレミアム会員に登録する必要があります。 会員登録は初月無料で初月内に解約した場合は料金が発生しないため実質無料ですが、登録自体が面倒だと感じる人もいるでしょう。 強いてあげるならこの2点がデメリットになります。 しかしリネットは、洋服単品でクリーニングに出したい全ての人におすすめの宅配クリーニングサイトです。 あなたが選ぶべき宅配クリーニングはこれだ! ここまでご紹介した宅配クリーニングサービスについて、どのような方にはどのサービスがおすすめなのか、以下でまとめてお伝えします。 パックコースを利用しない人はリネット ほとんどの人はリネットを選ぶのが一番満足度が高くなるはずです。 これが実際に10社体験した私の結論です。 リネットは全てにおいて優れているので一番安全安心に利用することが出来ます。 定額パックコースで安さと品質のバランスを重視したい人はリナビス 高単価な衣類をクリーニングに出したい人かつクリーニングの質も求めたい人はリナビスがおすすめ。 価格もせんたく便と比べると高いですが、平均的な値段設定です。 初めての宅配クリーニングならランドリーバスケット ランドリーバスケットは初回だけは安く、クオリティも申し分ないため初めての宅配クリーニングには最適です。 リピートするかどうかはそのあと決めることをオススメします。 初回はオススメなクリーニングサイト!! 定額パックコースで安さを重視したい人はせんたく便 パックコースでの利用を考えている方は、せんたく便も検討してみましょう。 ニットやダウンジャケットやロングコートなど、単品でクリーニング依頼をすると高額になってしまう衣類をクリーニングに出したいなら、パックコースを選ぶべきです。 その中でも価格を重視したい人におすすめです。 どうしても染み抜きしたい大切な洋服がある人はクリコム 染み抜きの技術ならクリコムが一番です。 ですが、他社でも無料染み抜きのサービスはあるので、どうしても落ちないシミがある人におすすめ。 返金保証が欲しい人はピュアクリーニング 保証が欲しい人は全額返金保障があるピュアクリーニングを選びましょう。 その代わり価格は高めです。 宅配クリーニングを利用してストレスを軽減しよう! 宅配クリーニングを利用すると ・重い荷物を運ぶ必要がなくなる ・営業時間を気にしなくて済む ・時間を使わない というように、 クリーニングを利用する際にかかるストレスから解放されます。 衣類は重いですし運ぶのは大変です。 でも、家族のためにも定期的なクリーニングは欠かせません。 旦那さんやお子さんに汚い洋服を着て欲しくないですもんね。 宅配クリーニングサービスでオススメNo. 1のリネットなら、再仕上げも可能ですし失敗するようなことはありません。 何事も初体験は不安がつきまとうものです。 初めての宅配クリーニングは不安があるかもしれません。 ですが、これからもずっと街のクリーニング屋さんを利用していては、いつまでたってもクリーニングのストレスから逃れることは出来ません。 私は実際に宅配クリーニングサービスを10社利用しましたが、トラブルは一切ありませんでした。 その中でも、特にリネットは大手で人気があります。 ・大丸や伊勢丹、マルイなどとのタイアップ ・会員数30万人突破 ・CM100万回再生 このように、リネットは宅配クリーニング界の最大手サービスで安心できるので、最も多くの人に利用されています。 penta0602.

次の

宅配クリーニングの料金表【激安・安い宅配クリーニングを比較】

クリーニングどこが安い

宅配クリーニングで有名なリネットです。 衣類以外にも、布団のクリーニングも行っています。 ふとんリネットは、1枚だと8,800円と他より高額なのですが、 3枚と複数枚をクリーニングに出すと、かなり割安になる布団クリーニング店なんです。 3枚で12,800円なので、 1枚当たり4,266円で布団をきれいにしてくれます。 羽毛布団1枚で一番安いリアクアが、5,500円 送料込みだと、7,500円 送料込みの値段 1枚あたり リアクア 7,500円 ふとんリネット 4,266円 差額 3,234円 クリーニング店 1枚 2枚 3枚 4枚 持ち込み 1,050~ 2,100 3,150 4,200 ポニー 持ち込み 白洋舎 D 1,100 2,200 3,300 4,400 白洋舎 持ち込み うさちゃん 外注 896~ 1,792 2,688 3,584 うさちゃん 持ち込み 1,100 2,200 3,300 4,400 ホワイト 毛布のクリーニング方法には、• D:通常のドライクリーニング• W:水洗い ウェット クリーニング の2種類があります。 ドライクリーニングは、セーターなどの型崩れしやすい衣類を洗浄するクリーニング方法です。 油汚れを落とすのには、非常に優れています。 一方、 水洗いクリーニングは、汗汚れなどの水に溶けやすい汚れも一緒に落してくれます。 なので、 ドライクリーニングでは、毛布についた寝汗などの汚れは落とせないということです。 クリーニング店 毛布のみ 洗浄 1枚 2枚 3枚 4枚 リアクア OK 1,700 3,400 5,100 6,800 リアクア ふとんリネット NG 1,500 11,800 12,800 14,800 リネット しももと NG 980 11,800 13,800 ー しももと イオン カジタク NG ー 11,800 11,800 17,000 イオン ポニー NG ー 9,800 14,300 ー ポニー リナビス NG 11,200 11,200 13,800 13,800 リナビス ダスキン ー ー ー ー ー ダスキン• ふとんリネット• しももと は、 布団のクリーニングと一緒に、オプションとして毛布のクリーニングを依頼できます。 イオン• ポニー宅配• リナビス の3社は、布団クリーニングのオプションとして、クリーニングをお願いすることはできません。 2枚パックなら、 布団の代わりに毛布をお願いするといった利用方法です。 ただし、布団の代わりに毛布をお願いするとなると、いくらなんでも料金が釣り合わない、毛布のクリーニング料金取りすぎ!ということになってしまいます。 なので、各社、「 毛布は2枚で布団1枚分と換算します」といった形をとっています。 カウント数 イオン 2枚で1枚換算 ポニー 2枚で1枚換算 リナビス 3枚で1枚換算 なので、 リナビスは、毛布を1枚出そうが、2枚出そうがクリーニング料金は一緒ということになります。 リアクア 料金 毛布 1,700円 羽毛布団 5,500円 合計 7,200円 送料無料 送料無料は、クリーニング代金7,000円以上なので、クリア。 という訳で、毛布1枚&羽毛布団1枚を宅配クリーニングでお願いしたい人は、やっぱり「リアクア」ということになります。 クリーニング店 1枚 2枚 3枚 4枚 宅配 リアクア 5,500 4,800 11,000 16,500 22,000 リアクア 宅配 ふとんリネット 8,800 11,800 12,800 14,800 リネット 宅配 しももと 8,800 11,800 13,800 ー しももと 宅配 イオン カジタク ー 11,800 17,000 ー イオン 宅配 ポニー ー 9,800 14,300 ー ポニー 宅配 リナビス 11,200 13,800 15,000 18,300 リナビス 宅配 ダスキン 11,253 13,737 15,768 ー ダスキン リアクア以外、送料無料。 リアクアは、• 羽毛の敷布団:5,500円• 綿わた・ポリエステルの敷布団:4,800円 と、敷布団の種類によって、料金が変わります。 また、 低・高反発の敷布団マットレス トゥールスリーパーなど は、ここで紹介しているどのクリーニング店でも、 対応不可となっています。 ポニーでは、防菌・防ダニ加工も別途行ってくれます。 料金 1枚あたり 2枚パック 11,800円 5,900円 3枚パック 11,400円 5,700円 敷布団は、羽毛布団と違って、どうしても寝汗を吸収しやすいので、黒カビが発生しやすいです。 クリーニング店 料金 円 持ち込み うさちゃん 2,592~ 持ち込み 白洋舎 3,000 会員限定 コープ 関東エリア 6,760 会員限定 パルシステム 2,700 宅配 リアクア 5,500 宅配 ふとんリネット 8,800 宅配 しももと 8,800 宅配 リナビス 11,200 宅配 ダスキン 11,253 こたつ布団1枚をクリーニングに出すなら、 圧倒的に持ち込みタイプのクリーニング店が安いですね。 持ち込みタイプのクリーニング店の場合、個別にこたつ布団のクリーニング料金が設定されているので、安く利用できます。 一方、 宅配タイプのクリーニング店は、羽毛布団と同様の扱いになるので、値段も高くなってしまっているんです。 ベビー布団は、2枚で1枚としてカウント なので、• ベビー布団:2枚• 大人のシングル掛け布団:1枚 で、2枚パックの注文が可能。 ポニークリーニングは、ベビー布団1枚は、1枚としてカウント。 保管期間 1枚 円 2枚 3枚 白洋舎 最長1年 8,550 14,550 20,550 イオン カジタク 最長9カ月 なし 12,800 15,000 ベルメゾン 最長9カ月 なし 10,800 14,800 洗宅倉庫 最長9カ月 なし 15,280 19,780 白洋舎は、希望の保管期間によって保管料が変わります。 希望保管期間:4か月で1,700円 ひと月当たり425円 なので、 6ヶ月保管と仮定して、2,550円の保管料。 保管のみはNGなので、クリーニング後に保管してもらいます。 クリーニング代6,000円もプラスして計算しました。 \こちらで白洋舎を除いて/ \計6社の保管料金を細かく比較しています。 しももと• リナビス• カジタク イオン.

次の