賜りますと幸いです。 「ご一報ください」は正しい表現?「ご一報」の意味と正しい使い方、例文を紹介!

「ご一報ください」は正しい表現?「ご一報」の意味と正しい使い方、例文を紹介!

賜りますと幸いです

「賜ります」を具体的にどう使えばよいのか、例文を交えてご説明しましょう。 「賜ります」を使うシチュエーションを覚えてください。 「幸いです」とセット使う表現 相手に敬意を示し何かのお願いをする時に、例えば「ご意見賜りますれば幸いに存じます」と表現することができます。 「幸いです」は、あまり固すぎず柔らかい表現にしたい場合には便利です。 注意点は、ビジネスメールで急ぎの時には使いません。 また、「ご意見を賜れれば幸いです」「賜りますようお願い申し上げます」など語尾によっては「賜れれば」「賜り」のように変化します。 「賜ります」と同じ表現で、ビジネスメールなどでは「頂きます(いただきます)」を使うことが多いでしょう。 その場合に「ご理解いただければ幸いです」という使い方ができます。 ビジネスではお客さまに対して「日頃からご愛顧を賜り誠にありがとうございます」と使われることをよく目にします。 お客様からのクレームに対して使う お客様からクレームをもらってしまった場合でも、「賜ります」は使えます。 たとえクレームでも、お客様への敬意と感謝の気持ちを伝えなくてはなりません。 「この度は大変貴重なご意見を賜り誠にありがとうございます。 今後、同じことのないよう社員一同、接客の向上に努力していく所存でございます。 」などの例文があります。 その他のシチュエーション別「賜ります」例文 「賜ります」を使う場面には、他にどのようなシチュエーションがあるのかをご説明します。 以下に例文を上げてみましょう。 「賜ります」と「承ります(うけたまわります)」の違いは、受動的と能動的な行いの両方の意味で使える言葉が「賜る」で、受動的な意味のみで使われる言葉が「承る」です。 そして「承る」は物品をもらう場合には使いません。 「結構なお品を承りありがとうございます」とはいいません。 それをいうなら「結構なお品を賜りましてありがとうございます」となります。 意見が欲しいと自分から働きかける時(能動的)には「ご意見賜りたく存じます」となり、意見を相手からもらった時(受動的)には「ご意見賜りありがとうございます」と使います。 承るの使い方・昔と今の違い 「承る」は、元々は相当身分の高い人に使っていました。 家臣が大名からの伝言を取り次ぐ際に「はい、しかと承りました。 」などと使いました。 現在では、オペレーターが注文を受け付けた時に「〇〇が承りました」などと使われます。 ビジネスシーンでも、使われることの多い言葉でしょう。 「賜ります」は、元々は身分の高い人に使う言葉でしたので、現代でも特にあらたまった場面で使うとよいでしょう。 そのため、ビジネスでも「賜ります」を多用することや同等の人には、かえって不自然となる場合があります。 日本語は時間とともに変化しているので、常に勉強するという姿勢も必要です。 しかし、相手が間違った使い方をしても目くじらをたてることはありません。 「賜ります」を使った方がうまくいくのか、「頂きます」を使った方がうまくいくのかは、相手によるでしょう。 本当に難しいのが日本語ですが、上手に使ってコミュニケーションを上達させてください。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「ご助言」とは?意味や使い方・注意点・「ご教示」など類語との違いも徹底解説!

賜りますと幸いです

「ご指導ご鞭撻」の「ご指導」は教え導く事、「ご鞭撻」は「ごべんたつ」と読み、鞭打って強く励ますという意味を持ちます。 言葉だけを見ると鞭打ってとあり、そこまで強く言わなくてもいいのではないかと思われるかも知れませんが、実際に鞭打つ訳ではありませんので気にしなくてかまいません。 どちらの言葉も「ご指導お願い致します」「ご鞭撻お願い致します」の様に単独でも多く使われますが「ご指導ご鞭撻のほど」は自分や自分の身内に対する相手の指導を敬って表現する言葉です。 いつどこで使うのが適切なのか「ご指導ご鞭撻のほど」は正しい敬語なのか、意味や例文、類語も含めてシーン別にご紹介いたします。 「ご指導ご鞭撻のほど」は敬語として使える? 「ご指導ご鞭撻のほど」は敬語として使えます! 「ご指導ご鞭撻のほど」は敬語として使えます。 この場合、ご鞭撻の鞭打つという意味は気にする必要はありません。 目上の人や顧客、結婚式の挨拶等で引き続き変わらないお付き合いを望む時等に使われます。 また今の時期では新入社員が目上の人や顧客等に、ご挨拶で使用する事も多いでしょう。 自分や自分の身内に対して相手の指導を敬って表現する言葉なので「ご指導お願い致します」等より、より丁寧な言い回しになります。 もちろん「ご指導ご鞭撻のほど」を付ければそれだけでいい訳でもありません。 敬語を使用し相手に尊敬の念を持って謙虚に接する事で、より一層あなたの気持ちが相手に伝わります。 敬語の種類と働きについて、より詳しく知りたい方は平成19年2月2日に公表された文化審議会答申や、文化庁の敬語おもしろ相談室等をご覧いただけると親しめると思います。 尊敬語・謙譲語・丁寧語が何かわからないといった方にもおすすめです。 これからお世話になる目上の人に丁寧に自分の気持ちを伝えるチャンスです。 自分(または自分の身内)は、まだまだ未熟な人間なので、あなたに迷惑をかけるかもしれないですが頑張りますという謙虚な気持ちも伝えることができます。 この度、入社いたしました〇〇と申します。 皆さま方が培ってきた伝統と歴史を大切に、日々努力してまいります。 ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 若輩者ではございますが、身を粉にして職務を全うする所存でございますので、皆様からのご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 「ふたりをどうぞよろしくお願いいたします」という意味を持つ、結婚式の挨拶として使われる大事な敬語のひとつでもあります。 また、結婚式などの改まった場では「ご指導ご鞭撻のほど」よりも、より丁寧な「ご指導ご鞭撻を賜りますよう」といった表現も多く使用されます。 例)両親や、あなたに近い目上の人から• まだまだ若輩者のふたりではございますが、皆様にはご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 新郎新婦に、今後も変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。 例)新郎新婦から• 未熟なふたりでありますが支え合って暖かい家庭を作っていきたいと思います。 これからも今までと変わらず、ご指導ご鞭撻のほど心よりお願い申し上げます。 世間知らずの2人でございますので、皆様にはこれからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 また、下記の内容が一部挙げられます。 どの言葉も似た内容ですが、それぞれ意味合いが変化しますので、その場に合わせて使い分ける事が出来れば、より社会人らしいスマートな挨拶になります。 例) 指南(しなん) 教授(きょうじゅ) 教示(きょうじ) 指導(しどう) 伝授(でんじゅ) 教導(きょうどう) 「指南」は武芸の手ほどき、「指導」は目的に向かって教え導くことを指し「教示」は比較的簡単な手順や知識を教えてもらう時、「ご教授」は教示よりも継続的に物事を教わる時に。 「伝授」は秘事や奥義、「教導」は理念や宗教思想などに基づいて教え導く事を指します。 上記は一部ですが、「教えを受ける事」「指示や管理を行う事」「人を望ましい方向へと導く事」など目的によって言い回しや言葉が変わりますので、挨拶のバリエーションを増やしておくと好ましいと思われます。 例えば「指南」はご指南お願いいたしますとなります。 今回の例は「ご」が頭に付く言葉が多いですが、一般的に和語には「お」がつき、漢語には「ご」がつくので「お+和語」「御+漢語」が原則となります。 例で言えば「お名前」は和語、「ご氏名」は漢語といった具合です。 お導きいただければ、幸いです。 ご指南いただきたく、お願いいたします。 ご指導のほど、よろしくお願いいたします。 フランス文学について、ご教授いただきました。 秘伝の技を、御伝授しましょう。 日時について、ご教示いただけますでしょうか。 ご教導を賜りましたこと、感謝いたします。 「ご指導ご鞭撻のほど」を正しく使って素敵な社会人になろう! 如何でしたか?日常では使用する事の少ない「ご指導ご鞭撻のほど」ですが、社会人としては使用する機会も多い言葉です。 また相手から「ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」と声をかけられた場合には「こちらこそ、よろしくお願いいたします」等と答えると、スマートな印象が与えられます。 どうぞ敬語としての「ご指導ご鞭撻のほど」の意味を理解し正しく使用して、素敵な社会人を目指して下さいね。 きっと、あなたなら出来ます!•

次の

「幸いです」の意味と正しい使い方|類語・同義語の解説付き

賜りますと幸いです

「ご用命」の意味と使い方 「ご用命」はご用を承るという意味 「ご用命」とは、「用命」に丁寧さや尊敬の意を表す接頭辞の「ご」を付けた言葉です。 「用命」の意味は、文字が示すとおり用事を命じるということで、商業取引の場面では商品を発注することを指します。 また言いつかった用事や注文の品そのもののことも、「ご用命」といいます。 「ご用命」は受け身で使う言葉 「ご用命」という言葉は、文書やメールでの使用でも使用できるため、ビジネスの場面でしばしば利用されます。 注意したい点は、「ご用命」は受け身の立場で使う言葉であって、自分が能動的に用事を言いつけたり、商品を発注したりするときには使用しないということです。 「ご用命させていただきます」「用命します」というような言い回しは誤用で、相手の言いつけや注文を受けて、「ご用命を賜ります」「ご用命の品をお届けします」というような使い方が、正しい用法です。 「ご用命」は目下の人には使わない 「用命」を受ける相手は自分より目上の方やお客様です。 さらに尊敬や丁寧の意味を示す「ご」がついた「ご用命」は、目下の人や同僚に使う言葉としてふさわしいものではありません。 ビジネスの場で目上の方や年配の方およびお客様などのように、立てるべき相手から承る要件や注文などに対して、「ご用命」は安心して使える言葉です。 「ご用命」の類語 「ご用命」の類語は「ご利用」「ご注文」など 「ご用命」はとても丁寧で尊敬の念を表すことができる言葉ですが、少し堅苦しい表現に感じられるケースでは、類語を使って言い換えることができます。 「ご用命」の代わりに使える類語とそれぞれの使い方には、以下のようなものがあります。 ご注文:「ご注文をお待ちしております」• ご利用:「ご利用いただきありがとうございます」• ご所望:「ご所望の品をご用意いたします」• ご要望:「ご要望にお応えできず申し訳ございません」 これらはすべて、「ご注文(ご利用)させていただきます」「ご要望をお伝えします」「お冷を一杯ご所望します」というように、自分の動作に対して使うことができます。 和語で言い換えるとソフトな印象に 「ご用命」はビジネスシーンでもよく用いられる固い印象がある言葉です。 書面ではなく口頭で伝えるときや堅苦しくないシーンなど、もう少しソフトな言い方をしたい場面では、日本古来の言葉である和語を使って言い替えると優しく柔らかな印象を与えることができます。 言い換えが可能な類語としては、以下のようなものがあります。 おあつらえ(お誂え):「おあつらえのお部屋をご用意いたします」• お申し付け:「ご用は何なりとお申し付けくださいませ」• 仰せ(付け):「仰せの通りにいたします」 「おあつらえ(お誂え)」と「お申し付け」は「お」を付けずに用いることで、「呉服屋で着物をあつらえたい」「出向を申し付ける」というように、自分の動作に対して使うことができます。 しかし、「仰せ(付け)」の「仰せ」は「おっしゃる」という意味を持った謙譲語であるため、自分の動作に対して使うことはできません。 もっと丁寧にしたいなら「ご下命」を 「ご用命」は充分に丁寧な言葉ですが、もっと丁寧にしたいときには「ご下命」を使います。 「用命」は用事を命じるという意味ですが、「下命」では命令を下すという意味になるため、承る側として強い謙譲の意味合いがあるからです。 「ご下命を拝し、光栄に存じます」「ご下命いただき次第、ご手配いたします」というように使います。 なお、「ご下命」は「ご用命」と同様に、自分の動作に対して使うことはできません。 ビジネスメールでの文例 「ご用命」は文書にも適した言葉 「ご用命」は文書に適した言葉であるため、ビジネスメールでの使用に適しています。 用法を誤らないようにするためには、「ご用命」は相手の動作に対して使う言葉であるということに留意しておくことが必要です。 この点をしっかり押さえておけば、きちんとしたメールをすばやく作成することができます。 「ご用命」を使ったメールの文例 「ご用命」を用いたビジネスメールでの文例には、下記のようなものがあります。 「ご用命いただいた件に関しまして、ただいま調査しております」• 「またのご用命をお待ちしております」• 「商品をご用命の際はお申し付けください」• 「なんなりとご用命賜りますよう、お願い申し上げます」 「ご用命」に続ける言葉は、謙譲語が適しています。 「いただく」「承る」「賜る」「申し上げる」などを続けると丁寧で敬意の表れた文章となり、礼を失するようなことにはなりません。 まとめ 「ご用命」は、ビジネスの場面でしばしば使われる言葉です。 目上の方や年長者に対して使ったり書面で使用したりしても、失礼になる心配はありません。 「自分に対して使わない」ということに注意しておけば使用しやすい言葉で、自分の動作に対して言及したいときには、類語で対応してください。 「ご用命」を上手に使って、ビジネスの取引や交渉を成功させていただければ幸いです。

次の