李 び おう 中国 ドラマ。 麗姫と始皇帝(中国ドラマ)のあらすじやネタバレは?キャストも!

<ネタバレ注意>「王女未央

李 び おう 中国 ドラマ

シルクロード交易が盛んとなり、経済も文化も栄華を誇った中国・唐の時代。 そんな唐代には則天武后や楊貴妃など、日本でもよく知られる人物が少なくない。 しかし、2017年に中国で大ヒットしたドラマ『麗王別姫(れいおうべっき)~花散る永遠の愛~』の主人公、沈珍珠(しんちんじゅ)ついて知る人は少ないのではないだろうか。 沈珍珠が生きたのは8世紀の中国。 絶世の美女として知られる楊貴妃を寵愛する玄宗の孫として生まれた李俶(りしゅく/のちの第11代皇帝・代宗)が妻として迎えたことから歴史の表舞台に登場する。 そして、沈珍珠は、李俶の長男となる李かつ(のちの第12代皇帝・徳宗)を産む。 果たして、沈珍珠の身に一体何が起こったのか… 歴史書によると、皇帝に即位した李俶は、沈珍珠の行方を捜したが、彼女の行方を知ることはできなかったという。 李俶の死後は、皇帝となった李かつが母親の捜索を再開したが、何十年も結果は出なかった。 ただ、李かつが一度、母親らしき人物を探し当てたエピソードは残されているそうだ。 その女性は容貌も指の特徴も母親に似ていたが、高力士の養女で別人だったという。 それでも李かつは「百度騙されても一度の真実に出会えればいい」と、捜索をあきらめなかったと伝えられている。 そんな歴史ミステリーをドラマティックに脚色した中国ドラマが『麗王別姫~花散る永遠の愛~』だ。 本作では、沈珍珠が勇気ある聡明なヒロインとして登場し、幼馴染の安慶緒(あんけいしょ/安禄山の息子)の求婚を断って、政略結婚の相手である李俶に嫁ぐ。 そして、同じく李俶に嫁いだ崔彩屏(さいさいへい/楊貴妃の姪)の嫌がらせに耐えながら、朝廷の陰謀に巻き込まれて暗殺された両親の仇敵を突き止めようと奮闘する。 さらに、李俶と真の愛を育むようになっていくが、歴史の荒波にはあらがえず、彼女もまたその権力闘争にのみこまれてしまうのだった…。 歴史書では沈珍珠がたどった運命は不明のままだ。 しかし、もしも美しくも切ないロマンスがあったとしたら?そんな想像をかきたててくれる歴史ロマンが中国時代劇ドラマには詰まっている。 中国ドラマ『麗王別姫~花散る永遠の愛~』のDVDレンタル&発売中。 4月9日(月)23時よりチャンネル銀河にて日本初放送開始。 シルクロード交易が盛んとなり、経済も文化も栄華を誇った中国・唐の時代。 そんな唐代には則天武后や楊貴妃など、日本でもよく知られる人物が少なくない。 しかし、2017年に中国で大ヒットしたドラマ『麗王別姫(れいおうべっき)~花散る永遠の愛~』の主人公、沈珍珠(しんちんじゅ)ついて知る人は少ないのではないだろうか。 -クランクイン!は、映画、TVドラマ、海外ドラマ、アニメ、コミック、海外セレブ・ゴシップ、イベントの最新情報をお届けする総合エンタメニュースサイトです。 インタビュー、コラム、特集、体験レポートなどのオリジナルコンテンツも満載。 試写会やグッズのプレゼントもあります。

次の

放送ラインアップ

李 び おう 中国 ドラマ

李未央(り・びおう)・馮心児(ふう・しんじ)/ティファニー・タン• 拓跋濬(たくばつ・しゅん)/ルオ・ジン• 拓跋余(たくばつ・よ)/ヴァネス・ウー• 拓跋迪(たくばつ・てき)• 李敏徳(り・びんとく)/リャン・ジェンルン• 李長楽(り・ちょうらく)/リー・シンアイ• 李常茹(り・じょうじょ)/マオ・シャオトン• 叱雲柔(しつ・うんじゅう)/リリー・ティエン 美男美女のキャストが勢揃い 復讐を胸にちかう主人公、亡国の王女(馮心児)を演じるのは、中国にて『 現代テレビドラマ部門 最優秀女優賞』を受賞した美人女優のティファニー・タンさんです。 そんな彼女に強く惹かれていく二人のイケメン皇子を『 三国志~Three Kingdoms~』で知られる俳優ルオ・ジンさんと、俳優そしてアーティストとしても幅広く活躍するヴァネス・ウーさんが熱演します。 他にもチェン・ユーチーさんにリャン・ジェンルンさん、リー・シンアイさんやマオ・シャオトンさんを始めとする美しすぎるキャストが集結しているドラマです。 聡明で勇敢なヒロイン 馮心児(ふうしんじ)は、かつては天真爛漫な涼の王女でした。 しかし尚書府(しょうしょふ)の陰謀により家族と祖国、そして名前までもを奪われてしまうのです。 全てを失った彼女は、尚書府の娘で命の恩人でもある李未央 (り・びおう)に成り済まし、屋敷に入り込むことを決意します。 そこで待っていたのは、尚書府(しょうしょふ)夫人の叱雲柔(しつ・うんじゅう)やその娘の李長楽(り・ちょうらく)からの陰湿な仕打ち、さらに従弟の叱雲南(しつ・うんなん)や義兄の李敏峰(り・びんほう)などからも命を狙われてしまいます。 どんなに窮地に立とうとも、知力と勇気を兼ね備えて真っすぐに立ち向かっていく姿から目が離せません。 「愛」に生きる このドラマの醍醐味といっても過言でないのが、主人公・李未央(り・びおう)と二人の皇子、拓跋濬(たくばつしゅん)と拓跋余(たくばつよ)を中心に巻き起こる三角関係です。 互いに運命を感じ愛し合う李未央と拓跋濬(たくばつしゅん)ですが、その愛にはいくつもの過酷な運命が待ち受けています。 一方で冷酷かつ残虐な皇子の拓跋余(たくばつよ)は己のみを信じ、皇位のためならば手段を選ばない性格です。 しかし聡明で真っ直ぐな李未央(り・びおう)に段々と惹かれはじめ、身体を張って彼女を守る一面もあるんです。 最終的に李未央が下す決断とは? 王女未央の評価 王女未央(おうじょびおう)は、とても続きが気になってしまうドラマでしたね。 最初は「あれ?こんなものか」と感じるかたも、8・9話目くらいにはどっぷりハマっているかもしれません。 特に李未央(り・びおう)と拓跋濬(たくばつ・しゅん)の互いを想い合っているのに上手くいかない、はがゆくて切ない場面が何度もあり、なんともいえない気持ちになることでしょう。 100%ハッピーエンドという終わり方ではないですが、納得のいく結末でした。 まとめ 王女未央(おうじょびおう) は、家族も身分も失った亡命国の王女が愛と復讐に揺れ動きながらも皇后の座に上り詰める宮廷歴史ドラマです。 中国で動画再生回数230億回を叩き出した大ヒット作なだけに、見る者を夢中にさせるドラマです。 歴史物の宮廷劇が好きな人にはもちろん、初めて見るというかたにもおすすめのドラマですよ。 そして王女未央を配信で見るならU-NEXTで見ましょうね。 王女未央の他にも沢山の韓流・華流ドラマが視聴可能ですよ。 いつでもどこでも.

次の

放送ラインアップ

李 び おう 中国 ドラマ

生涯 [ ] 北方の長官 [ ] 元々は趙の北方、代郡・雁門郡に駐屯する国境軍の長官で、国境防衛のために独自の地方軍政を許され、に対して備える任についていた。 警戒を密にし烽火台を多く設け、間諜を多く放つなどし、士卒を厚遇していた。 匈奴の執拗な攻撃に対しては徹底的な防衛・籠城の戦法を採ることで、大きな損害を受けずに安定的に国境を守備していた。 兵達には「匈奴が略奪に入ったら、すぐに籠城して安全を確保すること。 あえて討って出た者は斬首に処す」と厳命していたからである。 そのやり方は匈奴だけでなく、趙兵にさえも臆病者であると思われてしまうこととなる。 趙王は李牧のやり方を不満に思い責めたが、李牧はこれを改めなかったので任を解かれた。 李牧の後任者は勇敢にも匈奴の侵攻に対して討って出たが、かえって被害が増大し、国境は侵された。 そのため趙王は過ちに気付き、李牧に任を請うたが、李牧は門を閉じて外に出ず、病と称して固辞した。 それでも将軍に起用されたので、李牧は「王がどうしても私を将軍にしたければ、前の方針を変えないようにさせて下さい」と言い、これを許された。 そして李牧は元通り、国境防衛の任に復帰することになった。 ある日、匈奴の小隊が偵察に来た時、李牧は数千人を置き去りにして偽装の敗退を行い、わざと家畜を略奪させた。 これに味をしめた匈奴のが大軍の指揮を執ってやってきたが、李牧は伏兵を置き、左右の遊撃部隊で巧みに挟撃して匈奴軍を討った。 結果、匈奴は十余万の騎兵を失うという大敗北に終わった。 その後、さらに代の北にいたを破り、を降したため、単于は敗走し、匈奴はその後十余年は趙の北方を越境して来なくなった。 、の命でを討ち、やなどに侵攻した。 斜陽の趙を守る [ ] で秦を破った名将を亡くし、政治外交で秦に対抗し得た藺相如が病で伏せていた趙は、にで秦に大敗し、その後藺相如も世を去り衰亡の一途をたどっていた。 また、折りしもに廉頗がと争い出奔したことから、秦の侵攻が激しくなり、には趙将が指揮を執る軍勢が武遂で敗れ、10万人が犠牲になった。 そのため、北辺の功を認められた李牧は同年、幽繆王の命により大将軍に任じられ、中央に召還された。 、秦は趙の赤麗およびを攻めたが、李牧はこれを破り退けた。 その際、宜安を攻めた秦将をで討っている(あるいは敗走させた)。 この功績により李牧は武安君に封じられた。 、秦は趙のを攻めたが、李牧は秦軍を再び撃破した()。 さらに李牧は秦から・の国境まで領土を奪還した。 当時、秦の攻撃を一時的にでも退けた武将は李牧とののみである。 最期 [ ] 、秦の王翦・・が大軍を以て趙を攻め、王翦がを降した。 そのため、趙は李牧と(の父)に応戦させた。 苦戦した秦は李牧を排除するため、幽繆王の奸臣に賄賂を送り、趙王と李牧との離間を画策した。 郭開は趙王に「李牧と司馬尚が謀反を企てている」と讒言した。 趙の軍事を掌握し功名の高い李牧を内心恐れていた幽繆王はこれを疑い、郭開の言を聞き入れ、李牧を更迭しようとした。 だが、李牧は王命を拒んだため、幽繆王によって密かに捕らえられて誅殺され、司馬尚も解任・更迭された。 李牧の死因については、史料の記載が多く存在している。 李牧の死後、趙軍はと斉将が指揮を執る事になったが、彼らは間もなく王翦に大敗し、大勢の趙兵が殺害された。 邯鄲は秦軍によって陥落、幽繆王も捕らえられ、趙はついに滅亡した()。 『趙策四』によると、趙が滅んだのは李牧が殺害されて3カ月後(あるいは5カ月後)だったという。 家族 [ ] 李牧の祖父は李曇、父は李璣。 兄は李雲、弟は李霽。 また、子に李汨・李弘・李鮮、孫(李汨の子)に李諒・・李仲車がいる。 脚注 [ ].

次の