たけのこ レシピ 保存。 たけのこの保存方法、農家さん直伝で!

たけのこのレシピ

たけのこ レシピ 保存

たけのこは傷みやすいので、冷蔵庫でも日持ちがしません。 そこで食べきれないときにオススメしたいのが冷凍保存。 美味しく冷凍保存するコツを野菜ソムリエプロの根本早苗先生に教えてもらいました。 茹で方(アク抜き)の方法もおさらいしましょう。 美味しく冷凍するポイントは「繊維を分断して薄く切る」「水分が外に逃げないように閉じ込める」の2つです。 これらのポイントをおさえたオススメの冷凍方法を紹介します。 水分を保持できて風味が抜けにくいので、この方法が最もおすすめです。 だし汁ではなく、コンソメスープや水に浸してもOKです。 1 たけのこを小さく切る アク抜き済みのたけのこを切る。 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りまたはいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 冷凍用保存袋にだし汁と一緒に入れ、冷凍する たけのこを冷凍用保存袋に入れ、だし汁を全体が浸かるくらい加え、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこだけ使ってもよいが、だし汁もそのまま煮ればスープなどに使える。 解凍後はほとんど甘みを感じないのでどんな料理にも使えますが、気になる人は煮物などにしましょう。 1 たけのこを小さく切る 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りかいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 砂糖をまぶしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍する 砂糖がたけのこの表面をうっすらと覆うように、両面にまんべんなくまぶす。 1回使用分ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこの茹で方(アク抜き)の方法 たけのこを冷凍するときは、事前にアク抜きしておく必要があります。 ここでは米ぬかと赤唐辛子を使う方法を紹介します。 米ぬかはたけのこのえぐみを抜きながらやわらかくする役割、赤唐辛子はぬか臭さを和らげ、保存期間を長くする役割があります。 1 穂先と根元を切り落とし、切れ目を入れる 穂先5cm程度と根元のかたい部分を切り落とし、縦に深さ2cm程度の切れ目を入れる。 切れ目を入れることで、火が通りやすく、アクも抜けやすくなる。 また、茹でた後に皮をむきやすくなる効果もある。 たけのこの根元に紫色のイボがあればそぎ落とす。 2 鍋にたけのこ、米ぬか、赤唐辛子、水を入れる たけのこ2~3本に対して、米ぬか1カップと赤唐辛子2本が目安。 水はたけのこがかぶるまで入れる。 米ぬかの代わりに生米(たけのこ2〜3本に対して大さじ4杯)を入れてもよい。 3 落としぶたをして強火にかけ、沸騰したら弱火で1時間茹でる 落としぶたをするのは、たけのこが浮いて空気に触れると酸化して色が悪くなるため。 沸騰後は、吹きこぼれないように弱火にする。 4 鍋のまま冷ます たけのこの根元の太い部分に竹串を刺してみて、スッと通れば火が通っている。 鍋のまま徐々に冷ますことでアクが抜ける。 流水などで急激に冷やすとアクがきちんと抜けないので注意。 粗熱が取れたら料理に使用できるが、しっかり冷ますほうがよりアクが抜ける。 5 皮をむき、不要な先端を切り落とす たけのこを水で洗ってぬかを流し、切れ目から皮を5枚程度むく。 穂先部分はさらに数枚皮をむく。 穂先を切り落とす。 そのとき、先から包丁でトントンと叩いていき、刃先がスッと入った場所で切る。 落とした部分はかたい皮なので食べない。 やわらかい皮は食べられるので、すべて取り除く必要はない。 根元の粒が写真右のように黒や紫に変色している場合はそぎ落とす。 (写真左は変色していないのですべて食べられる).

次の

あく抜きしたたけのこの保存方法や使い方:白ごはん.com

たけのこ レシピ 保存

たけのこは傷みやすいので、冷蔵庫でも日持ちがしません。 そこで食べきれないときにオススメしたいのが冷凍保存。 美味しく冷凍保存するコツを野菜ソムリエプロの根本早苗先生に教えてもらいました。 茹で方(アク抜き)の方法もおさらいしましょう。 美味しく冷凍するポイントは「繊維を分断して薄く切る」「水分が外に逃げないように閉じ込める」の2つです。 これらのポイントをおさえたオススメの冷凍方法を紹介します。 水分を保持できて風味が抜けにくいので、この方法が最もおすすめです。 だし汁ではなく、コンソメスープや水に浸してもOKです。 1 たけのこを小さく切る アク抜き済みのたけのこを切る。 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りまたはいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 冷凍用保存袋にだし汁と一緒に入れ、冷凍する たけのこを冷凍用保存袋に入れ、だし汁を全体が浸かるくらい加え、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこだけ使ってもよいが、だし汁もそのまま煮ればスープなどに使える。 解凍後はほとんど甘みを感じないのでどんな料理にも使えますが、気になる人は煮物などにしましょう。 1 たけのこを小さく切る 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りかいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 砂糖をまぶしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍する 砂糖がたけのこの表面をうっすらと覆うように、両面にまんべんなくまぶす。 1回使用分ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこの茹で方(アク抜き)の方法 たけのこを冷凍するときは、事前にアク抜きしておく必要があります。 ここでは米ぬかと赤唐辛子を使う方法を紹介します。 米ぬかはたけのこのえぐみを抜きながらやわらかくする役割、赤唐辛子はぬか臭さを和らげ、保存期間を長くする役割があります。 1 穂先と根元を切り落とし、切れ目を入れる 穂先5cm程度と根元のかたい部分を切り落とし、縦に深さ2cm程度の切れ目を入れる。 切れ目を入れることで、火が通りやすく、アクも抜けやすくなる。 また、茹でた後に皮をむきやすくなる効果もある。 たけのこの根元に紫色のイボがあればそぎ落とす。 2 鍋にたけのこ、米ぬか、赤唐辛子、水を入れる たけのこ2~3本に対して、米ぬか1カップと赤唐辛子2本が目安。 水はたけのこがかぶるまで入れる。 米ぬかの代わりに生米(たけのこ2〜3本に対して大さじ4杯)を入れてもよい。 3 落としぶたをして強火にかけ、沸騰したら弱火で1時間茹でる 落としぶたをするのは、たけのこが浮いて空気に触れると酸化して色が悪くなるため。 沸騰後は、吹きこぼれないように弱火にする。 4 鍋のまま冷ます たけのこの根元の太い部分に竹串を刺してみて、スッと通れば火が通っている。 鍋のまま徐々に冷ますことでアクが抜ける。 流水などで急激に冷やすとアクがきちんと抜けないので注意。 粗熱が取れたら料理に使用できるが、しっかり冷ますほうがよりアクが抜ける。 5 皮をむき、不要な先端を切り落とす たけのこを水で洗ってぬかを流し、切れ目から皮を5枚程度むく。 穂先部分はさらに数枚皮をむく。 穂先を切り落とす。 そのとき、先から包丁でトントンと叩いていき、刃先がスッと入った場所で切る。 落とした部分はかたい皮なので食べない。 やわらかい皮は食べられるので、すべて取り除く必要はない。 根元の粒が写真右のように黒や紫に変色している場合はそぎ落とす。 (写真左は変色していないのですべて食べられる).

次の

【たけのこ】冷凍保存するときは、薄切りにして下味をつけるのがポイント!

たけのこ レシピ 保存

たけのこの旬は春、夏、秋! たけのこの旬はいつかご存知ですか? 春は有名ですが、実は 夏や秋にも採れるたけのこがあるんです。 春に私たちが食べている 円すい形のたけのこは、日本に多い 「モウソウチク」と種類のものです。 夏には、 「カンザンチク」という鹿児島県などで採れるものがあり、エグミがなく、そのまま炒めて食べられるのが特徴です。 また、秋は10~11月中旬に採れる 「シホウチク」という切り口が四角で細長いものがあります。 ちなみに、竹は60~120年に1度、 花を咲かせるのですが、花を咲かせたら一斉に枯れてしまうそうです。 竹が花を咲かせるなんて聞いたこともありませんでしたが、見れる機会もほとんどく珍しいので、見れたら何かいいことが起こりそうですよね。 たけのこは鮮度が大事! たけのことは、地面に埋もれていて 姿を出していない、または かろうじて姿が見えている若い竹を差します。 そういったものが 苦みやえぐみが少ないと言われています。 収穫が遅れると筍の繊維が増えて、苦みやえぐみが増して おいしくなくなってしまいます。 たけのこは 鮮度が命で、賞味期限が短く 日持ちしないことでも知られています。 掘ってから時間がたつと 香りも抜けてしまい、固くなってしまいます。 ですので、たけのこは買ってきたり、もらったりしたら、エグミや苦味を取るためにも、 できるだけ早く調理、下茹でをしてアクを抜いておくのがおすすめです。 確かに採れたてのたけのこの煮物や天ぷらは柔らかくて風味もよく、ほんとにおいしいですよね。 ところで、新鮮な竹の子は 生でも食べることができるのをご存知ですか?まだ、私も食べたことはないのですが、 たけのこ掘りをして獲れたてのものに出会ったら、生食してみるのもいいですね。 ただ、販売されているたけのこは収穫してから時間が経過してることが多いので、 生食は無理です。 掘りたてのもの以外は、えぐみを少し残しながら 灰汁抜きをして 茹でる必要があります。 その エグミを取る方法があく抜きで、一般的なあくの抜き方は、米ぬかを使う方法です。 ぬか以外でぬかを使わない方法もあり、 重曹や お米、大根おろし、お米のとぎ汁を使ったあく取りの仕方もあるんですよ。 お鍋を使った生のたけのこの煮方、下処理の方法はこちらをご覧ください。 皮のむきかたや下処理の仕方、あくの取り方、ゆがき方やゆで時間、圧力鍋での下茹での方法もご紹介しています。 水が濁ってくる前に1日、2日に1回、水を こまめに変えると 約2週間、保存は可能です。 ちなみに水煮に 白い粉がついていることがありますが、これはカビではなくむしろ 効果効能のある「チロシン」という栄養成分です。 神経や脳の働きをサポートする効果があるんですよ。 たけのこの栄養はこちらをご覧ください。 保存法は乾いた 新聞紙でくるんで 冷蔵庫で保存します。 たけのこは冷凍できる?保存法は? たけのこは食物繊維を多く含むため、あまり適していませんが 冷凍保存も可能です。 冷凍の仕方は、あくとりをして下ごしらえしたたけのこは適当な大きさに切って、空気に触れないようにラップに包んで、密閉容器に入れて保存します。 少し大きめにカットした場合は、煮汁も一緒にフリーザーバックに入れて保存します。 このとき冷凍前に味付けをしておくのもおすすめです。 保存期間は約1ヶ月です。 解凍方法は、細かく切った場合は、 凍ったままたけのこご飯やお味噌汁、煮物や炒め物に使えます。 大きめのものは凍ったままでも解凍してからでも、煮汁と一緒に加熱して煮物などに使えます。 たけのこの塩漬けの方法は? たけのこをすぐに使わない場合や大量にある場合は、迷わず 塩漬けをしておきましょう。 長期保存が可能な塩漬けだと、保存期間は長いと 1年ほど保存が可能です。 たけのこがしっかりつかるように 塩をたっぷり使います。 最後は塩をかけて蓋をします。 調理に使うには、 塩抜きが必要です。 塩抜きしたたけのこは、炊き込みご飯や春巻き、煮物などに使えます。 一度にたくさん保存しておけば、その都度、たけのこを使えるので年中楽しめますね。 おいしい新鮮なたけのこの選び方、見分け方は? たけのこはどれも同じように見えますが、たけのこにもやはり 新鮮なものの選び方があります。 たけのこを買うときは次のようなことを確認してみてください。 皮の色が薄く、あまり伸びすぎていないもの、適度に湿り気があって、皮につやがあり大きさは太いものがいいようですね。 そうなると、 アクやえぐみが強く、固くなっています。 また、 穂先が黒くなっているものは、地上に出てしまってから収穫されたものなので味が落ちます。 穂先は黄色でしまっているものを選びましょう。 また、あく抜きをして保存しておいたものも、傷むのも早くて、あまり日持ちがしないです。 たけのこは腐りかけや腐ると酸っぱいと感じたり、臭いやぬめりが出てきますので、こういった状態になったら食べるのはやめて処分しましょう。 たけのこもいろんな効果が期待できますよ。 たけのこの栄養や効能はこちらをご覧ください。 煮たり、炒めたり、揚げたりといろんな調理法で使える春を感じる食材のたけのこ、ぜひ旬の季節には、おいしいたけのこを堪能してください。 スポンサーリンク•

次の