しょういんしん 黒ずみ。 小陰唇肥大・腫れ・小陰唇の黒ずみについて

クリニックでの女性器の黒ずみ治療

しょういんしん 黒ずみ

女性器のビラビラと言われる小陰唇が大きい場合、もしくは変形している場合、これは美容婦人科の手術で理想の形に整えることができます。 ビラビラがなぜ大きい、左右非対称になるのかは、明確な原因がわかっていません。 ただ、これは手術によって悩みを解決できますし、パートナーに手術をしたとわかりづらいぐらい傷跡も小さく、比較的に回復も早い手術です。 ビラビラを気にされる背景は、パートナーとの関係を良くしたい、セックスを心から楽しみたい、お仕事の関係などさまざま。 お伝えできることは、適切にビラビラの形を計画し、手術し、縫合することで、それらで悩みを解決できるということです。 今回は、ビラビラに対しての悩みを解決するために、具体的な手術内容など具体的にお伝えしていきたいと思います。 ビラビラ(小陰唇)とは? 一般的に表現される女性器にあるビラビラは、小陰唇(しょういんしん)と呼ばれる場所になります。 この部分は、大陰唇と呼ばれる膨らみを持った部分の内側にあるヒダの部分になります。 このビラビラの役割は、尿道口や膣を保護する役目があります。 人によって形も違いますし、大きさもバラバラ。 明確な基準もないので、どのくらいの大きさであれば小さい、大きいという判断がしづらいものです。 ただ、一般的には、大陰唇からビラビラが少し出るぐらいの大きさであれば正常であり、大幅にはみ出す、下着にこすれてしまって痛む場合は、大きすぎる可能性があります。 またビラビラが肥大することで、大陰唇とビラビラの間に恥垢という分泌物の腐敗したアカが溜まってしまい、臭くなってしまう原因になることがあります。 もしパートナーなどに「あそこが臭い」と言われたことがある方は、もしかすると大陰唇とビラビラの間が清潔に保たれていない可能性があります。 ビラビラが大きい場合は手術をすれば小さくできる ビラビラが大きい場合、もしくは変形がある場合、まず患者様と相談して形をある程度決めていきます。 そして、計画したその形になるように手術をしていきます。 いきなり計画して手術をするという流れではなく、できるだけ私は患者様が本当に求めているもの、背景をしっかりとお聞きしたいと考えています。 「お前のあそこの形、やばくない?」そうやってパートナーに言われて、男性は何気なく言ったつもりでも言われた側は本当に傷つくと思います。 「私のビラビラってそんなに変なのかな?」「パートナーにみられるのもう嫌だ」「誰かに言われて笑われたら嫌だ」「彼氏に嫌われたらどうしよう・・・」「介護の時に迷惑にならないようにしておきたい」「友人と温泉に気持ちよく入りたい」 いろんな不安、葛藤、誰にも言えずに苦しんでいた時間も少なからずあったと思います。 私はその部分も取り除き、本当に心からすっきりした状態で手術を終え、これからの人生を過ごしていただきたいと思っています。 この小陰唇という部分は血液量も多く粘膜状の組織のため、非常に回復も早く傷跡も残りにくいんですね。 ですので、パートナーとのセックス時に、「もしかして手術した?」とみつかる心配もありません。 それぐらい傷の治りも早いのですが、そこには手術をする私や医師の技術が必要になります。 非常に繊細な部分であり、適切な手術ができると女性としても大きな悩みを解決することができます。 手術の内容ですが、非常にシンプルで大きい部分を切除し、そこから計画した通りの形に整え、できるだけ縫合の回数を少なくし、傷が目立たないように縫合していきます。 そもそもなぜビラビラは大きくなってしまうのでしょうか?遺伝性の可能性や出産時に傷ついてしまい左右の大きさが異なるなどが考えられますが、まだはっきりとした原因が分かっていません。 ですので、根本的な解決をするということは今は難しいと思います。 その中で、私が今考える最善策は、この手術です。 ある意味即効性というか、比較的短期間で悩みを解決できますし、パートナーやお仕事上でもあまり支障が出にくい。 もちろん手術をした後に、特別なことがなければ再度変形することもありませんので、こういった手術を受けることがビラビラが大きいと悩んでいる方の悩みを解決する方法だと考えています。 ビラビラが大きくて悩んでいる方に伝えたいこと 一人の女性としてビラビラが大きくて悩んでいる方にお伝えしたいことは、手術をすることがすべてではないということです。 どういうことかというと、パートナーから言われた一言で傷ついている方がいれば、もしかすると何気ない一言だったかもしれません。 「お前のあそこの形、変だぞ?」 もしそう言われてしまったら、傷ついていると思いますし、同時に不安や次にセックスするときにも同じことが言われるのではないかという恐怖感に近いものも味わっているかもしれません。 本当に大好きでこれからも一緒にいたいパートナーであれば、言言いづらいとは思いますが、一度正直にどうしてほしいかを話合ってみてください。 本当に信頼できるパートナーであればそういった話も聞いてくれるはずです。 それでパートナーから治してほしいと言われたら、手術を考えてみることをおすすめします。 ですが、女性の身体にメスを入れるということは、それだけのことだということも同時に感じていただきたいと思います。 もし、そういう状況になくいろんな背景があり、早くビラビラの形を整えたいという方は、手術を受けるという選択肢を選んでいただければと思います。 他にも素晴らしい医師の方はいます。 信頼できる医師がいれば、お近くで手術を選択していただくことが最善のことだと思います。 ただ、私があえてこのブログでお伝えする理由は、美容婦人科に特化している産婦人科の専門医だからです。 10~80代と幅広い年齢の方がいらっしゃり、年齢によっても身体の変化は異なります。 妊娠、出産などさまざまな条件で女性の身体は変化しています。 だからこそ女性器の解剖やその時々の変化を認知しているからこそより詳しくお伝えすることができます。 これまで手術を行ってくる中で見えてきたことがあるからこそ、いろんな情報をお伝えしています。 声を大にお伝えしたいことは、手術をするかどうかよりも、より幸せな人生、よりこれから過ごす時間が自分にとって良い時間になるようにお手伝いができればと思っています。 ビラビラが大きくて悩む女性の、何かこれからの人生のヒントになる内容であればうれしく思います。 ビラビラや女性器が黒ずむ原因とは? 女性器の黒ずみはパートナーの印象を変えてしまう可能性があります。 例えば黒ずみがあれば「もしかすると遊んでるのでは?」と疑いを持たれてしまうこともあるかもしれませんが、セックスをすることで黒ずみができるのではないということは医学的にも照明されています。 ビラビラなどの黒ずみの主な原因は、摩擦やメラニン、またホルモンバランスなどの影響だと言われています。 摩擦が原因で黒ずみができる 脂肪が多くなってしまって、例えば内ももが擦れ合ってしまって痛くなって、それがずっと続くと黒ずんでしまう。 下着が合わなくて、なんか気持ち悪くてかゆくなったりして、気にしたりかいたりしていると、知らないうちに黒ずんでしまっている。 そんな経験がある方もいると思いますが、こういった摩擦を感じると皮膚の中にあるメラトニンが攻撃されているのでは?と認識してしまい、黒ずみの原因であるメラニンを多く分泌します。 すると、摩擦が起きている部分が黒ずんでしまいます。 ですので、女性器が黒ずんでいる原因のひとつに下着のサイズが合っていないことや、ナプキンの問題が考えられ、それらは摩擦が起こることで結果的に黒ずみの原因となります。 メラニンが原因で黒ずみができる メラニンという言葉を聞いたことがある方は多いと思います。 そもそもメラニンとはどのようなものなのでしょうか? メラニン melanin は、ヒトを含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において形成される色素である。 :Wikipediaより引用 いわゆる色素であり、メラニンは体内にあります。 このメラニンが体内で増加することで、顔のシミなんかそうですよね。 その他にもシミができてしまい、女性器の黒ずみもメラニンが増加し、色素沈着することでなります。 このメラニンの量も人それぞれで、人よりも多い方の場合、粘膜が黒っぽくなるため、それによって女性が黒ずんで見えることがあります。 ホルモンバランスが乱れることで黒ずみができる 先ほどからお伝えしている黒ずみの原因のメラニンですが、このメラニンはホルモンとの関係が強いと言われています。 妊娠や加齢などによってホルモンバランスが崩れることで、正常なターンオーバーと言われる細胞などの入れ替わりが起こらなくなり、メラニンの量が増える可能性があると言われています。 そのため、ホルモンバランスが乱れてしまい結果的にメラニンの量が増えることで女性器が黒ずんでしまう可能性があります。 このように原因はさまざまですが、主な原因は摩擦です。 こういったビラビラの黒ずみも解決することができますので、女性器の黒ずみで悩まれている方は、こちらを参考にしていただければと思います。 この手術をご希望の方は、こちらの詳細についてご覧いただければと思います。 手術の内容 小陰唇縮小術については、上記でお伝えしたように、小陰唇と呼ばれるいわゆるビラビラの部分をご希望とする形に切除し、縫合していきます。 当クリニックでは、私、辻ゆかりが責任を持って行います。 私は産婦人科の専門医でありこれまで数万件の症例と向き合っており、安心してお任せいただければと思います。 手術に適している方や症状• 女性器の外側にある大陰唇という部分からビラビラがはみ出している• ビラビラが大きい、変形している、左右の大きさが非対称など• パートナーに「あそこの形が変」などと言われた方• 女性器にかゆみがある• 女性器周辺からのにおいがきつい• 尿が出づらい、出方がおかしい• 介護を受けるときに、綺麗な女性器でいたい• 他の病院で小陰唇縮小術を受けたことがあるが、まだ気になっている• パートナーとセックスを心から楽しみたい、幸せになりたい方• 自信を持ってパートナーとお付き合いしたい方 このような方に、小陰唇縮小術をおすすめします。 これまで小陰唇縮小術を受けられた方の目的• パートナーにあそこが臭いと言われたから(20代)• 彼氏にビラビラの形が変と言われたから(30代)• 初セックスを迎えるにあたって形を整えておきたい(10代)• 介護を受けたときに恥ずかしい想いをしないため(30代)• 自転車をこぐとサドルに当たって出血したり、痛みが出たため(50代)• 仕事で裸になることがあり、見た目として綺麗に保っておきたかったから(20代)• お客さんから見られるため、幻滅させないため(30代)• 女性として見えない部分も綺麗に保っておきたかったから(60代)• 下着になったときにかなりの臭いがしたから(40代) これは一部のご紹介ですが、みなさんはこのような目的で小陰唇縮小術を受けられています。 料金は変更になる場合がございます。 手術後の注意点• 傷をきれいに治すため、縫合はできるだけ強く締めつけないよう行うようにしています。 そのため、手術後出血することがありますが、数日で出血はなくなりますので、心配ありません。 シャワーは手術当日より可能ですが、入浴は医師の指示があるまで控えてください。 自転車、バイクなど、直接患部に刺激となるようなことは3週間控えてください。 内出血をして傷が異常に腫れて、仕上がりに影響がでることがあります。 激しい運動は、4~6週後から可能です。 性交は4週目までお控えください。 腫れは4週目くらいでほぼ落ち着きます(個人差があります)。 治療の流れ 大きな流れとしては、• 診察予約• 小陰唇のデザインの相談と手術日の決定• 手術当日-麻酔、切除、処置• アフターケア このような流れで、ご相談いただいてから、手術後を迎える流れになります。 1、診察予約 手術のご相談、ご予約はお電話で受付しています。 メールでご連絡を希望される方は、下記にお問い合わせ欄がございますので、そちらからお問い合わせいただければと思います。 TEL:078-391-7887• お電話・メールでご予約いただいた時間での診察予定ですが、当日の診察状況などによってご予約いただいたお時間通りに診察できないことがございますが、ご了承いただければと思います。 小陰唇縮小術は、金曜日の午前中に、完全予約制で行っております。 もしそれ以外での手術をご希望の場合、ご相談いただければと思います。 2、小陰唇のデザインの相談と手術日の決定 ご予約いただいた診察時に、小陰唇の大きさや形、手術をご希望の理由などをお聞きし、実際に診させていただきます。 このときに、患者様がご希望とする小陰唇の形や大きさなどをご相談ください。 診察当日に、手術のご予約も可能ですので、お悩みの内容をお気軽にご相談ください。 3、手術当日 当日の流れは、まず麻酔をしてから切除などに移行していきます。 麻酔について 麻酔は、表面麻酔と局所麻酔があります。 手術後の痛みを緩和するためと血を止める止血効果を上げるために、局所麻酔を行います。 手術を受ける際に一番不安や心配になるのが痛みだと思います。 ご安心ください。 手術の痛みを感じさせないように局所麻酔を行いますが、この局所麻酔の痛みを和らげることもできます。 ご希望の方は、手術前に表面麻酔と言われる局所麻酔の注射の痛みをとるための麻酔のクリームをご自身で塗っていただきます。 痛みが怖く、どうしても痛みを感じたくないという方は、静脈麻酔(50,000円/税別)を併用していただく方法もありますので、もしご希望方はご相談ください。 切除と処置 麻酔の後は切除などを行っていきます。 診察時にご相談して決めた小陰唇、ビラビラの形や大きさなどに合わせるように、現在の小陰唇を切除し、理想の形を形成していきます。 そして、切除した部分などの縫合を行いますが、一度に一気に縫合するわけではありません。 これだけと傷跡が残りやすく、せっかく手術をしても跡が残りやすくなります。 当クリニックでは、高周波機器を使用しなるべく縫合を少なくしています。 そうすると、傷跡も残りづらく傷跡の心配もほとんどありません。 抜糸もないですし、術後に傷跡が残りにくくなり、局所の炎症を最小限にすることができます。 4、アフターケア 手術を受けられた後、当クリニックでは術後最低2回の検診を受けていただきます。 検診費用は手術料金の中に含まれていますので、この検診時のお支払いはありません。 術後7日以内の検診は、必ず受けていただいております。 遠方の方もお手間をおかけしますが、必ずお越しいただくようにお願いしております。 基本的にはこのような流れで診察から術後までの流れを送っていただきます。 最後に ビラビラの大きさや形が生まれもって少し大きかったり、変形していることで、女性としては人生が大きく変わってしまう方もいると思います。 パートナーの何気ない一言で心に大きな傷を負ってしまったり、自分でも形が変だと気になってしまい、彼氏はいるけどセックスができないと悩んでいる方もいます。 パートナーと愛し合い、そこで幸せを感じる大切な時間のはずなのに、その時間が奪われてしまう。 そういった時間を過ごしてしまうことは私としては非常にもったいないと思いますし、これは解決できる悩みでもあります。 だからこそ、私のクリニックでなかってもいいので、そういった悩みは解決できることなので、お近くの信頼できるクリニックにまずはご相談だけでもしていただきたいと思います。 誰かに相談することで心の負担も軽減され、それだけでも楽になることもあります。 そういった方が一人でも多くなるきっかけの内容になっていればうれしいなと思います。 今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

しょういんしん縮小手術 保険適用

しょういんしん 黒ずみ

デリケートゾーン全体が黒ずんで見える原因の一つに・・・ 「小陰唇肥大症(しょういんしんひだいしょう)」 と呼ばれるものがあります。 小陰唇肥大症とはその名の通り、デリケートゾーンのビラビラが大きいことを言います。 小陰唇が大きいことは病気ではないですし、彼氏や旦那さんに「大きいね」と言われてしまうほどでなければ、特に気にする必要はないと思うのですが… ただ、小陰唇が大きいと感じて悩んでいる女性たちは口をそろえて、 「小陰唇に黒ずみがあって、しかもペロ~ンと大きくハミ出てるから、すごく目立つ…(泣)」 と、嘆いているのです。 そのせいで自分のデリケートゾーンに自信が持てず、男性とのお付き合いに消極的になってしまう方もいます。 なかには、黒ずみのある小陰唇が目立つのが恥ずかしくて、VIO脱毛を諦めている…なんていう方も。 でも…まさに手術で切ってしまうんです!アソコのビラビラを…!! 小陰唇が大きすぎて摩擦で炎症が起き、生活に支障をきたすほどの痛みが・・・っていう場合はもちろんですが、小陰唇の黒ずみを気にして切除に踏み切る女性が増えてきているようです。 実際に、大きめの小陰唇の黒ずみ部分を切ることで、 デリケートゾーン全体の印象が明るくなるのは、考えてみればなんとなく想像がつくかと思います。 それから、小陰唇の外側部分を 「大陰唇(だいいんしん)」といいます。 現在、小陰唇の場合は手術しか確実な治療法がありません。 それに対し、大陰唇の黒ずみは切らずともキレイにすることが可能ですので、小陰唇縮小手術とあわせてケアしてあげましょう。 (その方法はもう少し下のほうで解説しますね。 ) 小陰唇に黒ずみができる原因や、小陰唇縮小手術に関して以下の記事が詳しいです。 ぜひ参考にしてください。 小陰唇縮小手術を受ける前に確認したい3つのコト いざ、小陰唇縮小手術を受けると決めたら。 後悔しないためにも、あらかじめ確認しておくべき費用やリスクのこと、賢いクリニックの選び方など、知っておいていただきたい重要なことを3項目に絞ってみました。 まず、 小陰唇縮小手術は自費診療にあたるため、健康保険の適用とはなりません。 費用の相場としては、両側でだいたい20万円前後といわれています。 このほかにオプションとして、麻酔の費用等が別途加算される場合もあります。 両側同時の手術に比べると基本的に割高にはなってしまいますが、左右にある小陰唇のどちらか片側だけの手術も可能です。 なんと驚くことに、手術経験があまりにも少なくて患者さんに依頼されたくないがために、わざと相場より高く設定しているクリニックもあるんだとか。 (そのようなところは、集客するために小陰唇縮小手術をメニューに入れているそうです。 ) 詰まるところ、 小陰唇縮小手術の費用は 安すぎるのも当然心配ですが、 高ければ良いというものでもないのです。 まれに小陰唇の左右が非対称(異なること)になったり、いびつな形に仕上がってしまうことがあるようです。 そんな、再手術するような事態にならないためには・・・ 小陰唇で「どのように困っているのか」と「希望のデザイン」を医師にしっかり伝えることが大切です。 手術後にしてはならないことや、気をつけることもたくさんあります。 テニスなどの激しい運動は1ヶ月後から。 患部を清潔に保つことで、感染症などを防止。 最短で1週間、長くて1ヶ月ほど。 手術後のアフターケアについては、きちんと担当医の支持にしたがってくださいね。 症例数が多いほど、これまでにたくさんの小陰唇縮小手術を行ってきて経験豊富。 つまり、失敗の心配が少ないだけでなく、アドバイスの質も高いものと考えられますし、安心して手術を受けられることでもあるでしょう。 小陰唇が大きいというのは女性特有の悩みであることから、男性医師よりも女性医師の方が小陰唇の手術経験が豊富な傾向にあります。 しかしながら、男性から見てベストな小陰唇のデザインを求めて、あえて男性の医師に依頼する方もいらっしゃるようです。 小陰唇だけの手術を望んでいるのに、なかには、「他の部位(大陰唇など)も手術した方が良い」とか「脂肪注入もした方が良い」などと、黒ずみとは関係ない手術まで強くすすめるクリニックも存在します。 カウンセリングの段階で、 「これって勧誘かも…?」と不安を感じるようであれば、別のクリニックにも相談した方が安心です。 小陰唇の悩みを真剣に聞いてくれて信頼できる担当医を見つけ、満足いくまで相談できると良いですね! 大陰唇の黒ずみケアには専用のクリームを 小陰唇を小さくすることも、大きいことによってできた黒ずみのケアも、今のところ小陰唇縮小手術でなければ不可能か、非常に難しいと言われています。 でも、 大陰唇(デリケートゾーン)の黒ずみはセルフでのケアが可能なんですよ。 めったにないと思いますが、お医者さんが首をかしげるほどの深刻さでなければ、 わざわざ手術する必要はありません。 筆者もデリケートゾーンの黒ずみには苦い思い出がありまして…。 昔お付き合いしていた恋人から、 「お前のアソコ黒いよねw」 と、超ストレートに言われたんです!(泣) 当時、もともと軽くは気にしていたのですが、デリカシーの無いその一言がものすごくショックでした。 でもその言葉に駆り立てられるように、「見返してやるー!!(怒)」という思いでデリケートゾーンのケアを始めた結果・・・ 黒ずみがきれいになっただけでなく、自分のデリケートゾーンに自信が持てるまでに!! 私がどうしてそうなれたのか?というと、 デリケートゾーン用の黒ずみケアクリームで、念入りにお手入れしていたからなのでした。 それはすぐに効果が現れるモノではなく個人差もあるので、続ける努力が大切です。 といっても使い方はすごく簡単で、毎日の朝と夜に、デリケートゾーンにそのクリームを塗り込むだけ。 私は黒ずみがきれいになったのを実感できた後も、 「黒ずみの予防薬」みたいな感じでクリームを塗り続けていて、 現在もデリケートゾーンのキレイを維持できています。 そういうわけで、大陰唇の黒ずみの方は、デリケートゾーン用黒ずみケアクリームでなんとかなる!はず。 小陰唇の黒ずみ、まずは相談から! 今回は、小陰唇の一部(黒ずみ部分)を切る小陰唇縮小手術の解説と、大陰唇の黒ずみを解消する方法のご紹介を中心とする内容でした。 この2つを実践することで、デリケートゾーン全体の黒ずみをさっぱりキレイにすることができるでしょう。 けれど、手術となるとやっぱり戸惑ってしまいますよね~。 ご自身の小陰唇が「大きいかも…」とお悩みの方、いきなり手術に踏み切るのではなく、まずは軽い気持ちでカウンセリングだけでも受けてみると良いかも。 カウンセリングの結果によっては、「アナタの場合は大きいうちに入らないですよ。 なので、手術するほどではありませんね。 」と診断されることも大いにありえます。 黒ずみだと思っていたものが、塗り薬で治る炎症だった…という可能性だってあるかもしれません。 「小陰唇の黒ずみなんてどこに相談したらいいのよ~(泣)」と泣きたいほど悩んでいる方が、この記事で一人でも多く救えたら…と思います!•

次の

【男性向け】股の黒ずみの原因と自宅でできる改善方法の全知識!

しょういんしん 黒ずみ

小陰唇(しょういんしん) 性教育のおはなし 小陰唇(しょういんしん) 小陰唇を広げた図 小陰唇を広げてない図 小陰唇は、外性器の割れ目に沿った部分、大陰唇の内側にあるひだ状の皮膚(ひふ)です。 小陰唇は、大陰唇と違い肌の色ではなく、口の中のほっぺたのような色をしています。 小陰唇は、子どものときは小さく目立たずピンク色、薄い赤色をしていますが、思春期の頃から成長し大きくなり色素が沈着し黒ずんできて、赤黒くなっていきます。 小陰唇は、非常に弾力性に富み、ひっぱると数cm位伸びます。 陰毛は、はえません。 性的に敏感な部分で、さわったりすると充血し、膨張します。 ・小陰唇の大きさ 小陰唇の大きさは、人それぞれです。 ふっくらとした大陰唇におおわれて割れ目の中におさまり、外部から見えない場合もあれば、割れ目からはみ出し垂れ下がっている場合もあります。 また、左右の形が対称的で同じ形であることは少なく、形が違うことが多いです。 片側だけが大きく垂れ下がっているということもよくあります。 男性の陰嚢(いんのう)のようにしわしわで黒ずんでいる状態の小陰唇も多いです。 ・小陰唇の黒ずみやこすれ 小陰唇が大きかったり、黒ずんでいると、セックスの回数が多かったり、オナニーのし過ぎだといわれますが、そのようなことはありません。 遺伝的な影響が大きく、だれでも、大人になれば大きく広がり、メラニン色素の沈着により黒ずんできます。 色素の薄い人は大人になってもピンク色のままだったりします。 思春期の頃になり、性器が成長してくると、小陰唇も大きく広がってきます。 子どもの時には割れ目(陰裂)しかなくても、しだいに小陰唇が成長するので割れ目からはみ出してくるようになります。 大きくはみ出していて、座るときに下着とこすれて痛みがあったり、ぴったりとしたズボンをはいて歩くとこすれて痛むなど日常生活で支障を感じる場合は、簡単な手術で切り取ることができます。 小陰唇が大きくて悩んでいて、誰かに相談したい場合は、産婦人科、形成外科、ウイメンズクリニックなどの病院を訪ねてください。 手術や治療をしてもらえるようです。 病気ではないので、医療費はかさみます。 小陰唇肥大に対応した、手術を行っているところもあります。 デリケートな部分の手術になるので、小陰唇肥大手術、小陰唇縮小手術、治療などを行っている評判の良い病院を探してください。 ・小陰唇のはたらき 小陰唇のはたらきは、左右の小陰唇がぴったりくっつき割れ目を閉じることで、内側にある膣などへ細菌の侵入を防ぐことです。 小陰唇は、皮脂腺(ひしせん)などからの分泌液により常にしっとり湿っており、指などで広げなければ、左右の小陰唇はぴったりくっついています。 こうして小陰唇の内側にある尿道(にょうどう)や膣(ちつ)に細菌が入るのを防いでいます。 また、おしっこ(尿)が飛び散らないようにしているとの説もあります。 性的に興奮すると小陰唇は充血して膨張し、いつもはぴったりくっついている膣口付近が広がり陰茎を挿入しやすくするのと同時に、陰茎にピッタリ密着し、性的快感を得ると共に男性に射精を促すようになります。 ・小陰唇付近は清潔に 小陰唇と大陰唇の境目や、陰核付近はくぼんでいるため、体の中で洗いにくい部分です。 このため、老廃物(恥垢・ちこう)などがたまりやすくなります。 そこに細菌などが繁殖して、臭いの原因や膣炎などになる場合があるのでお風呂などで気をつけて洗いましょう。 特に1人でお風呂にはいるようになる年頃の女の子には、保護者の方が教えてあげましょう。 ・小陰唇付近の黒ずみや臭いが気になり、改善したい方へ。 成長するにつれて色素の沈着が起こるので、小陰唇などのこすれやすい部分には黒ずんできます。 また、思春期から性成熟期にかけては分泌物の量も多く、臭いの原因になる物質の分泌も盛んですが、それほど気にする必要はありません。 肌の黒ずみや臭いが気になるのであれば、リンク先のような商品もあります。 一週間程度の使用で、きつい臭いも感じなくなり、黒ずみも薄らいでくるようです。 わきの下などにも効果があるみたいです。

次の