ローハン デニス。 ローハン・デニスの移籍発表まじかか?

逆境を跳ね返したオーストラリアのローハン・デニスが世界選TT2連覇を達成

ローハン デニス

この男、変人につき。 ローハン・デニス:「すべてが5の倍数でなくてはならない」 「もし(ドアから)椅子まで8歩だったら、その場で2歩足踏みする」 無意味なギヤ・チェンジの正体 ローハン・デニスはツアー・ダウンアンダーが開催されるアデレード出身の29歳。 3大グランツールの全てでステージ勝利を上げ、昨年は世界選手権個人タイムトライアル2連覇を果たすなど、現在世界最速のタイムトライアリストである。 デニス:「例えば橋がわかりやすいかな。 橋の間のペダリングが9回転だとすると、ギヤを変えてケイデンスを速めて10回転にする」 ゲラント・トーマス:「レースでも?」 「ロードレースだったら一日中ね」 ゲラント・トーマス:「 君のことおかしな奴だとは思っていたけど、変人だな」 「まぁね。 何の理由もなくギヤを変えるんだからね」 窓まで何歩? BMCからバーレーン・メリダ(当時)に移籍した際には、グランツールのポディウムを狙うべく総合系に移行を目指していたが、イネオスではこれまでのように個人TTとチームメイトのアシストに尽力すると語っている。 ルーク・ロウ「さっき窓って言ったけど、どういうこと?」 デニス「家の窓だよ。 窓までの歩幅が、毎回キッチリ同じなのさ」 「歩幅がキッチリ5の倍数になるようにしてるんだ」 「だけど、他のルールもある。 23は大丈夫とかね。 2+3は5だから」 トーマス&ロウ「マジかーーーーーーー!!!!!!!」 悪化する数字へのこだわり ツアー・ダウンアンダーにイネオスのエースとして出場しているデニスは、地元紙のインタビューで昨年ツールで突然のリタイアした理由を「チームスタッフとの人間関係」と語った。 具体例までには言及しなかったものの、バーレーン・メリダとの関係は日に日に悪化していき、その状況はデニスを家族が望んでいない性格に変えてしまったために、ツールを去ったと語った。 無に帰する」 「(5の倍数への執着は)徐々に酷くなってるんだ。 ラジオやテレビの音量(の数字)まで気になるようになってしまった」 ルーク・ロウ「つまりボリュームを17や19にはできないってこと?」 「19は大丈夫。 足すと10だから」 その後、自身が夢遊症であり、一緒に寝ていた彼女の足首を掴んで十字を作ったエピソードなども披露した。 ポッドキャストでは笑い話にしているが…あんま笑えない。

次の

”配慮の男”ローハン・デニスによる神インタビュー(ある意味)

ローハン デニス

Photo Rohan Dennis instagram 以下同様 身体の細部にわたるまで、採寸して彼の納得にいくまで突き詰めているのだろう。 もう、完璧主義者の彼にとっては天国のような場所といえるはずだ。 ポットキャストの中では、バーリーン・メリダとの確執についても語っている。 家族の為に起こした行動 ツール・ド・フランスから抜け出すという彼の決定について尋ねられたとき、彼は次のように語った。 結局、家族のためにそこにいるのは良くなかった。 私は精神的に苦労していたが、最終的に家庭生活にまで影響を及ぼすほどまでに悪化してしまった。 だから、家族に最適なものもとめて走り出してしまったんだ。 ローハン・デニスは、を少し持っていると本人も語っているように、物事がうまく進まないとイライラしてしまう。 その被害を一番受けるのは家族であり、幼い赤ちゃんを抱える妻だった。 彼は、自分の信念を守るため家族のために抜け出したと言う。 事件のあとには、とにかく静かにすることだった。 スボーツ心理学の専門家の意見も取りいれて、たった一人のトレーニングによって世界選手権も家族と共に勝ち取った。 TEAM DENNISとして。 驚きの計画 ローハン・デニスはイネオスに参加する理由についても語っている。 オリンピックとタイムトライヤルの願望をサポート出来る場所だと思っている。 一般的にこのチームは、常に細部への注意に焦点をあてているようだ。 何かできることを言うと、[一部のチーム]は肩をすくめて、「わざわざできない」と言う。 だけど、ここではそれは起こらない。 そうだ、彼の思いの全てを叶えてくれる魔法のチームなのだ。

次の

ロハン・デニス

ローハン デニス

デニスは5シーズン所属したBMCの解散とともに今年バーレーン・メリダに移籍し、2年契約を1年残しての退団となった。 バーレーン・メリダの公式発表によると 契約解除は9月13日で、発表がこの時期になった理由を「世界選手権への準備の妨げにならないようにするため」と説明した。 デニスのBMCへのこだわり 来年の所属チームを探すことになったローハン・デニスだが、世界選手権2連覇し、今季ツアーオブカリフォルニアでは総合2位につけるなど、総合系選手へ転身の可能性もある同選手へは引く手あまただろう。 そこで、元USポスタル監督でランス・アームストロングのツール7連覇を参謀として支えた ヨハン・ブリュイネールが、その移籍先について興味深い考察を披露した。 「これは僕の個人的な見解だけど、彼はとても BMCのTTバイクにこだわっているように見えた。 その上、今日のロードレースではBMCのバイクに乗っていた。 それをヒントに考えるに、彼は BMCを使用しているチームに移籍するんじゃないんだろうか?」 デニスは2連覇を決めた29日の個人TTを黒塗りしたBMCで、そしてマイケル・マシューズのアシストとして出場した 29日のロードレースを、今度は ロゴが顕になった状態のBMCで走行した姿が撮影されている。 「もしかしたらオフシーズンに(BMCがスポンサードするチームが)変わるかもしれないが、現時点でBMCに乗っているワールドチームは ディメンション・データ(来季NTT)だ。 だから、彼の次の行き先はそこかもしれない。 しかしTTではともかくとしても、ロードでは今シーズン乗り慣れたメリダで走ることも可能だったはずだ。 移籍先はディメンション・データ? 昨年チームを失ったBMCは、今季よりディメンション・データのスポンサーとなっている。 しかし、ディメンション・データと言えばワールドツアーの最下位が定位置の弱小チーム。 個人タイムトライアルならばチームの強さは関係ないとはいえ、サポート体制などデニスが万全の状態で、近々の目標である東京五輪金メダルを目指せるかには疑問が残る。 BMCもメリダも、デニスには関係ない デニスに関する今回の一連の騒動は BMCとしては最高の、そして メリダとしては最悪のキャンペーンになってしまった。 だが、意外にもブリュイネールは 自転車の細かい差異はデニスの走りには関係ないと言う。 「両方のバイク(BMCとメリダ)が素晴らしいというのが僕の意見だ。 自転車メーカーとはフレームのことだ。 (フレームとは)コンポーネントをつなぎ合わせる2つの三角形。 一方がより空力性能がよく、頑丈ということはあるかもしれないが、それぐらいの違いだろう。 」 「つまり僕の意見としては、 ローハン・デニスにどのメーカーの自転車を与えたとしても、それがまとも(なTTバイク)ならば(同じ様に)世界選手権で勝利しただろう。 メーカーによる先入観を持たせないようにデニスにロゴを隠した自転車を与え、同じポジションに調節すれば、同じタイム差で優勝しただろう。 もちろん良いシマノのコンポーネントやホイール、チューブやタイヤ、適切なハンドルバーは必要だけどね。 」 つまり ブリュイネールは 今回の 問題はバーレーン・メリダとデニスの問題であり、メリダのTTバイクに原因はあまりないと示唆しているように受け取れる。 それを裏付けるように、バーレーン・メリダによる契約解除の発表の中で、 デニスがUCI調停委員会に付託したとも明かしている。 「(レースとは)身体だけじゃない。 頭と身体があってうまくいくものなんだ。 」 最近のバーレーン・メリダで言えば、チーム発足の理由にもなったヴィンチェンツォ・ニバリがチーム側の再三の契約延長オファーに対し、頑なに固辞をみせトレック・セガフレードへの移籍を決めている。 多額の資金を有する中東のチームに、いま不穏な空気が流れている。 Thanks as always :.

次の