銀のさら 渋谷。 銀のさら・釜寅 シニアアルバイト デリバリースタッフインタビュー

銀のさら渋谷店に関するクチコミ・データ・法人情報

銀のさら 渋谷

先月で銀のさらを辞めた大学生です。 店長は常にゲームをして、何も仕事をしません。 そして他のクルーに仕事を投げ、自分だけ煙草、お酒を飲んだりしていました。 また店内はとても不衛生な環境で、アピアランスや日付チェックシートを全くしていませんでした。 SVに注意されても、表ではいい顔をして、影では悪口を言ったりするような人でした。 アルバイトに対して、お正月は朝の5時から21時までを三日間続けさせられました。 高校生もです。 また常に人手不足なので「シフトに入れ!」と強制的に入れられました。 他の店舗から借りれば良いのにと毎度思っていました。 女性のクルーに対して、かなり卑猥な言動が見るに耐えられなくて辞めました。 低学歴で店長になる人が多いです。 仕事をちゃんとできて、なおかつ皆から信頼される店長であってほしいです。 銀のさらはブラックだと思います。 これから銀のさらに入る人、少し気になっている人へ、僕はなるべくおすすめはしません。 僕のようになって欲しくないからです。 銀のさらのメイクで約2年間働いていました。 高校生になると同時に始めたのですが、始めの1年間は同年代も明るい子ばかりで店長も丁寧に仕事を教えてくれました。 他の口コミでも拝見するように年末年始は確かに忙しかったですが、わたしのところでは面接時に店長からその説明はされており、対応も良かったです。 しかしつぎの1年間は新しい店長のもとで働いていたのですがこの店長が最悪でした。 私の店舗には副店長がもう1人の社員としていたのですが、その副店長が年下であるのをいいことに大変な業務や書類の整理、クローズの確認など何もかも押し付けていました。 店長が変わってから長くやっていた人もたくさんやめてしまい職場の空気も悪いです。 高校生も働けるので銀のさらでのアルバイト自体は否定しませんが、本当に店舗や店長の運だなと感じました。 高校を卒業して初めてのアルバイトで銀のさらのメイクを選びました。 業務内容は覚えることも少ないし楽だと思います。 だからなのかわかりませんが、社員バイト含めろくな人間がいないなと思いました笑 キッチン内では居ない人の悪口が飛び交い、店長はバックヤードでずっとゲームしてます。 私以外の他の社員バイトがバックヤードで談笑してる中、一人でキッチンを任される事もありました。 先輩から新人いびりも受けました。 そのことを店長に相談してシフトをずらしてもらえませんかとお願いすると「甘えるな」との事で、その先輩のせいで過去に何人も辞めていってるにも関わらず何の対処もしてくれませんでした。 真面目に仕事をしてる人も居ますが、本当に一握りです。 仕事ができる人に全ての負担が掛かってしまっているので、休憩中は疲れて寝てしまう人も居ます。 業務内容が楽で規則も緩いので、ダラッと仕事をしたい人にはオススメです。 私はもう辞めます。 労働保険(雇用・労災保険)の加入条件を満たせない労働者(副業として働いている人)が多い。 いや、正確にはなるべく労働保険を適用させない就労条件でしか、雇わないようにしている。 人件費を少しでも低く抑えるためだろう。 そのため、街中の店舗だと通勤費もかからない、近所のアルバイト希望者を優先的に雇用している場合が多い。 デリバリーは悪天候時だと事故が起きてしまう確率が高くなる。 雨や雪だと、重大事故が発生したこともなることも何度かあった。 労災保険なしでは、スリップして事故・怪我でもしたら大変だ。 REXのジャイロは積載量が大きく設計されているので、車体重量が重く、時には釜飯16個も積んで、一人で配達することもある。 当然、女性には難しいし、男性であっても、それでもしも人身事故を起こしたら、それこそ相手に重大な被害を与えてしまう。 相手が悪い場合でも自分が加害者となってしまうわけだから、事故を起こしたドライバーは精神的に参ってしまうそうだ。 ドライバー自身も会社規則により、1カ月間の出勤停止処分になる。 その間、収入も断たれるので、アルバイターの生活には大きく影響してしまう。 事故を起こすと全て、自己責任になるのである。 雇用契約書にも書いてある。 「第4条遵守事項 第8項乙の交通法規違反によって生じた事故の罰則・罰金は、乙の責任において履行・処理すること。 」 「交通法規違反によって生じた事故」は当然、本人の自己責任になっても仕方がないが、デリバリー・スタッフの話によれば、そういう場合でなくとも、自分の責任となると認識しているようだった。 時間までに必ず配達しなければならないというノルマもあるが、この仕事は安全第一だ。 というより、雪でも重くなった荷物を積んだジャイロを、通常タイヤで運転するなんて、危険じゃないのか? 事故を起こしたら、学生は人生をフイにしてしまう。 社会人だって、副業としてやるメリットより、デメリットの方が大きくなるだろう。 デリバリー中に後方から執拗なあおり運転を受けて事故誘発され、退職した人もいた。 土日祝日、ゴールデンウィーク、年末年始、お盆期間中は連日出勤で、一日たりとも休めない。 この条件は面接でも必ず聞かれ、休む人だとほぼ不採用になる。 繁忙時は疲労もたまるが、長時間拘束・労働の割には、ゆっくり仮眠できる休憩室もない。 (1)雇用契約書は上限が3カ月契約で、その都度、電子版を自分で作成しなければなりません。 これは面倒くさいです。 初回だけ手書き文書ですが、更新契約は電子版なので、全て自分でやらなければなりません。 会社のほうは自動ですが。 入店時は『誓約書』もあります。 初回『雇用契約書』に、連帯保証人1名の署名捺印が必要です。 (2)所定労働日数・時間がわからず、実態でも非常に曖昧にされています。 勤務時間は、下のいずれかよりの選択方式となっています。 「9~22時 うち実働6時間未満」 「9~22時 うち実働6~8時間未満 (休憩45分)」 「9~22時 うち実働8時間 (休憩60分)」 しかし、週所定労働日数と勤務時間数が明細に定められた契約内容ではないため、実態では、勤務時間も休憩時間もコロコロと変わることがよくあります。 暇な日は休憩時間を多く取らされます。 そのため、実働時間が減ることになります。 逆に繁忙時では休憩時間が減らされて、実働時間は増えます。 それでも、拘束時間は高校生でも10~12時間になることは、よくあるようです。 この指示は店長によってなされています。 責任が重い職位に就くクルーほど、指示が厳しくなっていくようです。 雇用契約書には、こうも書いてあります。 「各日における勤務時間および休憩時間は店舗で作成する1週間ごとのシフト表によります」 この意味と実態をズバリ言うと、シフトは繁忙期や閑散期によって、激変するということです。 大体忙しいのは土日祝日です。 特に、大型連休期間は、当然忙しいです。 年末年始、お盆、ゴールデンウィークは休めません。 その次に仕事が割合あるのは、釜飯食器の回収日(主に月曜日や、祝日の翌日など)です。 「シフトの波が荒いので」辞めていく人が多いです。 これだけではなく、急な大量注文が入って店がピンチになると、店長などから「今すぐ来れる?」なんて、電話が入る場合もあります。 とすると、逆に要らなくなった場合は、急にシフトから外されることもあるのかもしれません。 なぜなら、雇用保険に加入させていない労働者もいるからです。 そういう場合、法令により週20時間未満にしなくてはならないからでしょう。 週20時間以上になると、労働保険に加入する義務が、事業所にあるからです。 休憩時間も、状況により変則的に取らされています。 体力的にきつくなる場合もあります。 人がどんどん辞めていく理由は、「シフトの波が激しい」と言われるように、長時間労働になったり、短くされ過ぎたりとかもあります。 雇用契約書はこんなに曖昧になっているので、会社が労働者を都合よく使用できるようになっているわけです。 高校生を年末年始に朝4時半から働かせているなんて、労働基準法違反になるはずです。 勿論、バレないように出退勤データには、何らかの細工をしていると思います。 全員のハンコもなぜか店長が無断購入していて事務所に置いてあり、これがなぜなのか、異常なほど謎に感じています。 もしかして、雇用契約書の偽造なのではないでしょうか? 辞めていても正月だけでも出てきてほしいので、雇用継続にしておきたいのだろうと思われます。 2019年正月も、久しぶりに出てきた元クルーがちょっとだけ、いました。 2019年も元旦だけで400万円の売上を達成した秘訣は、法令違反にあることは間違いなさそうです。 厨房はメチャクチャ不衛生な状態でした。 実は、皆さんの知らないところで、『36(サブロク)協定』が労使間で締結されています。 協定書は就業規則のファイルにあるのですが、見やすいところに置かれていません。 協定書はクルーの代表者1名の署名のみで、全員に適用され、同意したものとみなされます。 ですから、この協定書により、変則シフトも違法とはならないようです。 それでも、18歳未満者の深夜労働(22時以降翌朝5時まで)に従事させることは法令上、禁止ですが。 ただ、『デリバリーで上手にサボタージュするコツ』があります。 うちの店舗の場合ですが、仕事を上手にサボっている先輩もいます。 例えば、配達時刻が「16:30-17:00」となっている商品・配達先があったとします。 その配達時間は約10分を要するとします。 すると、16:20にはもう店舗から出発してもいいことになります。 ところが、その担当者はまだ出発せず、厨房で皆と話をしたり、ブラブラしたりしているだけです。 僕が「配達に行かないの?」 と聞いたら、「いいの、いいの。 間に合うから」と言って、まだ話をしています。 そのうちに16:45頃になって、ようやく配達に出発しました。 そして戻ってきたのは、17:00頃でした。 客の指定時刻に配達できているので、問題はありません。 そのように仕事をしていれば、約1時間の間に1回、それもわずか15分しか、配達の仕事をしなくていいことになります。 それで時給1200円って、美味しくないですか? この方法で配達終了時刻を定時スレスレにずらしても、仕事を減らせます。 ノルマはありません。 サービス残業まで強制することは違法ですから。 見ていて、「僕もデリバリーの仕事をやりたかったなぁ」なんて思いましたよ。 もし早めに出発し、真面目に働いていたら、店舗に戻った直後、また別の配達先が振り分けられ、1時間に2回も3回も配達しなければならなくなるスタッフだっています。 あるいは、時間があれば待つことによって、もう一件、近くの配達先が出来たら、2件掛け持ちになるので効率が良くなります。 ただしそれでも、1件目の配達に間に合わなくなったり、万一何かあった場合には、遅れてしまう可能性も出てきますから、無理矢理そうすることはできません。 実際、2件掛け持ちで交通事故が起きてしまった事例がありました。 配達員が急いだのが原因だったのかもしれません。 確かに、新人は真面目に働くので、すぐに配達に出発している人もいます。 しかし、サボり性の先輩と比較するとやはり、真面目にやるほうが馬鹿なのかと思ってしまいました。 うちでは、長く働いている先輩はほとんど、何らかの方法で上手にサボっています。 皆、自分のやり方でいいのです。 結果、そんな先輩ばかりが長続きしているんです。 見ていて、先輩は自分のペースで自由にやれるのはいいですが、やはり下っ端の人だと、配達がない時間は洗い物、片付けや『銀のさら用』の箸セット、『釜寅用』の杓文字セット、包材補充、店舗内掃除、ポスティングなど雑用もたくさんやらされるので、大変だな、と思います。 一方、上の人は電話受注、厨房内でパソコンでの配達物の振り分けと商品準備、茶碗蒸し・唐揚げ・うどん作りや、メイクのサポートぐらいです。 (サポートといっても、彼らがやると、かなりいい加減です)その間ほとんど、メイクの女の子とかと、おしゃべりばかりしています。 下っ端にやらせている雑用は一切しません。 実際は、職位によって、かなりの業務量格差があります。 なので、働きやすいかどうかも、給料が労働量に見合っているかどうかも、一概には言えないんです。 店舗(店長)によってだけでなく、早く昇格で来た人ならばそれだけ早くラクになれる組織なので、他の人も書いているように、「運」もあります。 店長、副店長(半年から1年で異動してしまうケースが多いようです)にも、クルーに甘い人とそうではない人がいます。 そうはいっても、僕は尊敬できる店長と、まだ出会ったことはありませんが。 『みん評』での項目については、僕ならば、次のように評価します。 また、デリバリー・スタッフが暇な時間帯に宅配しているメニューにも、「アルバイト大募集」が書いてあり、募集は常時切れることがない。 人手不足ではなくても、繁忙時や、急に人が辞めた場合などに備えて、人手を確保しておくことが目的らしい。 この場合、最初はシフトにあまり入れてもらえない新人もいます。 採否は希望者の希望と店舗の条件とのマッチング次第で、採用までには至らないケースも多い。 店舗により業績がかなり異なっているためか、時給も店舗によっても違います。 面接官は店長、副店長、リーダークラスのクルーの誰かが担当になる。 なければ「作ります」と答える人でないと採用はできないようです。 希望収入が「20万円以上」とかのハードルを引っ提げて来る人も、不採用になる場合が多いようです。 どちらかといえば、フリーターは少なく、いてもダブルワークで、こちらが副業として軽くやっている人がほとんどです。 なので、学生のほうが重宝されているようです。 主婦もいますが、学生が春休み、夏休み、冬休みなどの時期は学生優先のシフトになりやすく、そのためにシフトを削られてしまいます。 驚くべきことに、ここでは未経験の学生がアルバイト稼業をするところであり、経験のある社会人のほうが、優遇されていないのです。 したがって、彼らの仕事ぶりは驚くほどレベルが低く、見ても社会勉強にはなりません。 社会人が未熟な学生先輩クルーの下で働くのですからねぇ。 学生の下で働いてもらうことになるため、店長も一緒に働く上での相性というものを考えるのか、社会人であっても採用率は意外に高くないですし、仮に入れても辞めてゆく人が多いです。 事実、寿司職人の希望者も不採用になっていました。 しかし、曖昧な返事をすると、不採用率が高くなります。 仮に入れたとしても、補欠扱いになるでしょう。 私の見た感じで言いますが、クルーでもレギュラー・メンバーと補欠メンバーに分かれていると見えます。 もっと詳細に、上位から順に言うと、クルーリーダー、レギュラー、サブ、補欠といった組織的な区別でしょうか。 当然、仕事内容も扱われ方、シフトも異なってきます。 一人一人が違うのです。 まぁ、このシステムを、あえて悪く言ったら、「差別」ということになりますよね。 しかし、上に上がれたならば、自分が優遇されたりすることになります。 かなり、好き放題な仕事をしている先輩も多いです。 他の人も書いているような状況は、こうした職人世界的な封建制が原因だと思います。 パワーハラスメントや職域差別の温床になりやすい職場環境だと思います。 自転車デリバリーならば可能ですが、シフトが限られると思います。 バイクだと長時間拘束・労働であるだけでなく、よほど体力のある人に限るし、業務の危険度も意外と高い仕事です。 去年の場合ですが、年間に30人以上が入店したのに、そのうちの20人以上が、1年以内に辞めていっています。 上の条件を全て満たしている人ならば、採用率は高いようですが、全体としては採用率がそれほど高くないし、それでも辞めていってしまう人が多いです。 原因は、たくさんあると思います。 (去年はほとんど毎日、しかも1日に数人が面接に来ていた場合もありました。 しかし最近になって不人気になり、面接希望者がなかなか来なくなりました) 面接時には聞かれませんが、採用時、入店時には提出書類がたくさんあります。 誓約書に署名する連帯保証人も必要です。 なので、交通事故など重大な事故を起こしやすいデリバリーの業務は、特に注意したほうがいいと思います。 会社は従業員の「健康管理」なんて口先だけはしていますが、本当はしていなくて、「自己責任」にしてしまっているのですから。

次の

【三軒茶屋駅】銀のさら 三軒茶屋店がオープン予定

銀のさら 渋谷

以前は、IT系の企業がプログラマーやSEを育成するための、教育研修カリキュラムをつくる会社で営業を担当していました。 そこを退職して独立事業者になったのは2年前で、業務内容は以前いた会社と同様に、教育研修カリキュラムの営業、企画、サポートです。 しかし起ち上げたばかりでまだ軌道に乗らず売上げが不足していたため、Wワークを決めました。 本業では、企業との打ち合わせや研修時の立会いなどが不定期にスケジュールに入ってきます。 だから自分にできることでシフトの自由度が高いこと、効率よく稼げること、家から通える場所であることが副業の条件でした。 それと本業は頭を使うので、副業は体を使い、また商材を使うユーザーと直接は会わないので、副業はお客様と直接会える仕事を考えました。 その条件を満たしていたのが求人サイトで出会った銀のさら 渋谷店のデリバリーの求人でした。 実際に銀のさらで仕事をしてみると、残業もありませんし、仕事の区切りが明確なので、本業との両立がきっちりでき、私にとっては働きやすい職場です。 仕事はデリバリーと呼ばれる配達スタッフです。 注文が入ったら、専用の地図を見て行き方などを確認して、ジャイロ(3輪スクーター)に商品を動かないようにセットして、お客様のところへ届けます。 仕事で気を遣っているのは、商品が出来上がったらすぐに出発できるように、効率よく準備すること、運搬中は商品を傾けないように走ること、そして安全運転でお届けすることです。 気候や天気で配達がしづらい日もあります。 また釜めしは金属のお釜やポットがセットになっているため重さがあるので、数があるときは注意が必要です。 入社時は、ジャイロの走行に対する研修はもちろんありますが、お客様との対話などの研修もあります。 例えばお釜とポットなど器具がセットになった、釜寅の釜めしについての説明の仕方などもその一つです。 仕事はもちろんデリバリーが優先ですが、店が立て込んでいるときは調理を手伝うこともあります。 銀のさらの仕事で一番うれしいのは、「わあ、きれい!おいしそう」「待ってました!」という率直な言葉が聞けることです。 お寿司のもつパワーというか、見ためが美しい日本食の力を感じます。 銀のさらの桶入りのお寿司、宴や瑞穂などは、お祝いの席のための注文がほとんどです。 華やかで、コミュニケーションツールとしての役割があり、付加価値のある商品だと感じます。 一瞬ですがそういうおめでたい場に立ち会えて、歓喜の声を聞くのは、仕事のモチベーションにつながります。 銀のさらのデリバリーの仕事は、本業ではほとんど会えない、色々な人に会えるのが楽しく、勉強になります。 また渋谷店のチームワークのよさも働きやすい理由です。 銀のさらのお客様はほとんど急いでいる方なので、調理補助はいかに早く仕上げて、デリバリーはいかにタイムリーに届けるかという連係プレイだと思います。 うまくいくには普段からコミュニケーションをとるのが大切です。 忙しい時に調理補助とデリバリーがお互いの仕事を手伝うシステムは、相手の仕事がわかることで、信頼関係が生まれると思います。 忙しい時は、やはり目や腰にきます。 目薬は必須です。 基礎体力は必要かもしれません。 でも私がこの仕事に向いていると思うのは、ちょっと人見知りで臆病なくらいの人です。 配達をしているときはいつなんどき、老人や子供が飛び出してくるかわからないし、商品は崩さないように意識して運ばなきゃいけない。 それとお客様の喜びを第一に考えなければいけない仕事なので、デリカシーのある人のほうがいいのでは、と思っています。 銀のさら渋谷店には10代から60代まで幅広い年齢層の人が働いています。 私より年長の62歳で東大出身のクルーもいます。 人生経験はどんなかたちでも活きるし、人間としての柔軟性もあると思います。 何かを口に出さなくても自然に若い人に伝わることがあると思います。 また私のようにWワークがしたいという人も、今は他人と比べる時代じゃないので、やりたいことがあるならダブルでもトリプルでもチャレンジしてみてください。 銀のさらでの仕事は、その両立を可能にしてくれますよ。

次の

銀のさらのアルバイトの口コミ・評判 4ページ目 | みん評

銀のさら 渋谷

水回りやエアコンの清掃を行っていただきます。 即日勤務OK• 未経験者大歓迎• 経験者歓迎• 留学生歓迎• 制服あり• 研修制度あり• 長期の仕事• 日払い・週払い応相談• 給与週払い可能• 給与即日払い可能• 髪型自由(要相談)• 交通費支給• 留学やマイホームなど、夢を叶えたい方を応援します!! 未経験者大歓迎• 制服あり• 研修制度あり• 長期の仕事• 超短期の仕事• 日払い・週払い応相談• サービスの内容は、掃除・ベッドメイキング・ごみ出し・洗濯・アイロンがけ・買い物・料理・お子さまの送迎などさまざま。 各ご家庭ごとのご希望に沿ったものとなります。 悪しからずご了承くださいませ。 未経験者大歓迎• 留学生歓迎• 制服あり• 研修制度あり• 長期の仕事• 週1日からでも可能• 交通費支給• 水回りやエアコンの清掃を行っていただきます。 即日勤務OK• 未経験者大歓迎• 経験者歓迎• 留学生歓迎• 制服あり• 研修制度あり• 長期の仕事• 日払い・週払い応相談• 給与週払い可能• 給与即日払い可能• 髪型自由(要相談)• 交通費支給• 正社員登用あり 最寄駅 (6件) (2件) 武蔵野市 (0件) (2件) 青梅市 (0件) (4件) (2件) (2件) (8件) (2件) (2件) (3件) (3件) (4件) 国立市 (0件) 福生市 (0件) (2件) 東大和市 (0件) 清瀬市 (0件) (2件) 武蔵村山市 (0件) (2件) 稲城市 (0件) 羽村市 (0件) あきる野市 (0件) (2件) 西多摩郡瑞穂町 (0件) 西多摩郡日の出町 (0件) 西多摩郡檜原村 (0件) 西多摩郡奥多摩町 (0件) 大島町 (0件) 利島村 (0件) 新島村 (0件) 神津島村 (0件) 三宅島三宅村 (0件) 御蔵島村 (0件) 東京都内その他 (0件) 八丈島八丈町 (0件) 青ヶ島村 (0件) 小笠原村 (0件).

次の