テラハ まとめ。 『テラハ』出演の木村花さんが死去 22歳 所属のスターダムが発表|秋田魁新報電子版

テラハ木村花の自殺疑惑は炎上が理由?炎上からリスカまで時系列まとめ

テラハ まとめ

出典:modelpress ロンさんは、2018年6月に来日し、現在は日本を拠点にタレント活動をしています。 子どもの頃から日本のアニメやドラマが大好きで、よく見ていたそうです。 とくに、 ドラマ「花より団子」が大好きで、出演していた小栗旬さんの大ファンになり、「栗子」というハンドルネームにするほど! 小栗旬さんのファン歴は10年以上らしいです。 また、日本でデビューする前年の2017年には、4回も日本に来たというから相当な親日家ですね。 中国では、中国中央テレビの 人気オーディション番組『来吧!灰姑娘』(おいで!シンデレラ)でグランプリを獲得。 その後、インスタに投稿した写真が「新垣結衣にそっくり!」と2017年末頃から日本で話題になり、2018年6月に日中両国でのデビューが決まりました。 人口約200人、160世帯の小さな農村で育ちました。 デビュー前のオーディション番組の映像(次項)では、川で洗濯していたり、古民家のような実家が映し出されています。 自宅にテレビもないような片田舎で育ちましたが、いとこが好きだった日本のアニメやドラマがきっかけで日本のことを知ったそうです。 転機となったオーディション 2014年(19歳)、人気オーディション番組「来吧!灰姑娘」(おいで!シンデレラ)に出場。 数カ月にわたる審査課題を経て、2015年にグランプリを獲得しました。 国内のテレビや雑誌のオファーが殺到し、 中国版SNS「微博」(weibo)ではフォロワーが10万人を超える人気者に。 グランプリ獲得後は、モデルと両立しながら学業に専念していたため、精力的な芸能活動はなかったようですが、インスタグラムのフォロワーもじわじわと増えていったそうです。 2018年1月16日放送の「PON! 」(日本テレビ)で受けたテレビ電話取材で、 オーディションに出たきっかけについて語っていました。 PON! 「自分から応募したんですか?」 ロン「農作業を手伝ったり川で遊んだり、それが私の日常です。 ある時、川で洗濯していると、急に出演者とスタッフが来ました。 突然私のもとへやってきたんです。 最初は嘘かと思いました」 PON! 「なぜその番組に出たのですか?」 ロン「今までの人生はすごく平凡で、この番組に参加したことでスターや女優になりたいとかではなく、違うことをしてみたくて 人生経験のひとつとして参加しました。 必ず有名人になりたいとかは考えたことないですが、やってみてもいいかなと思いました」 【動画】オーディションの時の様子(2014年) こちらが、オーディション番組のスタッフが突然やってきた時の映像と、実際のオーディションの様子です。 透明感があって、ただただかわいいですね。 とにかくかわいいロンさんだけに、テラハのメンズとはくっついて欲しいような欲しくないような……!?

次の

テラハ(2020/05/23 18:00)

テラハ まとめ

不意打ちキスの後「突然じゃない?」というものの、普段通りに接する夢さんでしたが、女子部屋に帰ってから早速花さんとビビさんに報告していました。 「キスして欲しくなかった」「別に好きとはなんない」と、語る夢さん。 男子部屋では、同じく夢さんが気になっている志遠さんにキスをしたことを報告。 そこで社長は「花さんと快さんを2人きりにさせてあげよう」という口実で、夢さんと2人きりで京都タワーに行くことに成功! そこでロマンチックな雰囲気にのまれたのか、社長はしつこく夢さんにキスをねだります。 性欲がなければ浮気しようとも思わないでしょ?」• 童貞率95%の男子校だったけど」• 普通の笑いじゃウケないから、いかに自分が気持ち悪くなれるかが一番面白かったから」 キモイと言われていることも知っていて受け入れている社長から、「 キモイって面白いだから」という名言も生まれました 笑。 「人生で一番恥ずかしかった出来事」や「A V男優と自宅でぶっちゃけトーク」など、正直ここに書けない話題もぶっちゃけています 笑。 ちなみにチャンネル名「ビンスイTV」は、インスタと同様間接キスが由来の「ビンスイ」からですね。 更に、ファンからの質問に真面目にカッコいい答えも返していく社長。

次の

テラハのロンちゃん(ロンモンロウ)がかわいい!画像まとめ【2020年最新】|ゆるぴっく

テラハ まとめ

名前:新野俊幸(にいの としゆき) 生年月日:1989年10月21日 出身地:神奈川県鎌倉市 趣味;海外ドラマ鑑賞 好きな異性のタイプ:面白い人、おしゃれな人 嫌いな異性のタイプ:怒ると怒鳴る人 スキル:目の付け所がシャープ 職業:会社経営 テラハ社長(新野俊幸さん)は、平成元年生まれの会社社長です。 好きな女性のタイプには、「おしゃれな人」をあげていますが、社長もおしゃれが好きなようで、インスタグラムでは社長の私服が見れます。 テラスハウス初登場時は「キングコング・西野亮廣さん」に似てると言われましたが、ネットでは「千葉雄大」にも似ていると言われるほどのイケメンです。 テラハ社長・新野俊幸の経歴 2008年:私立伊豆開成高等学校 卒業 2012年:青山学院大学文学部英米文学科 卒業 2012年:ソフトバンク株式会社 入社(翌年退社) 2014年:株式会社リクルートテクノロジーズ 入社(翌年退社) 2016年:株式会社サイバー・バズ 入社(翌年退社) 2017年:センシエス合同会社設立 2018年:EXIT株式会社を設立 テラハ社長(新野俊幸さん)が卒業した私立伊豆開成高等学校は男子校です。 青山学院大学を卒業後には、ソフトバンクに入社するも1年で退職。 『テラスハウス』放送内では、新卒で入社した会社の上司と折り合いが悪かったと話しており、そのときの経験から、のちに起業した退職代行会社の着想を得たと話しております。 ソフトバンクを退社後は、ニートやフリーターを経験し、リクルートテクノロジーズ、サイバー・バズなど大手企業を渡り歩き、退職代行会社のEXIT株式会社を設立しました。 テラハ社長(新野俊幸さん)さんのテラスハウス入居前インタビューはこちらです。 EXIT株式会社の主な事業内容は2つです。 退職代行サービス (会社を退職したいと考えた労働者に代わって退職の処理を行う)• 転職サポート 退職代行費用は、以下の通り。 株式会社は退職代行サービスを始めたパイオニア。 社長(新野俊幸さん)が退職代行のコンセプトを考案し、小学校の同級生である岡崎雄一郎さんに声をかけ、2017年にセンシエス合同会社、2018年にEXIT株式会社を設立しました。 EXIT株式会社は、今までに数千件近くの依頼を受け退職を成功に導いています。 さらに毎月300人以上の方の退職代行を成功させています。 NHKの『クローズアップ現代+』を始め、ヤフーニュースや東洋経済オンラインなどに掲載されるなどメディアにも多く出演しています。

次の