バカリズム。 download.pocketinformant.com: バカリズムライブ「サスペンス」 [DVD]: バカリズム: DVD

バカリズム、自身のオリジナル脚本ドラマ「殺意の道程」で井浦新とW主演

バカリズム

「殺意の道程」のバカリズムと井浦新 芸人のと俳優のが、11月9日から放送されるWOWOWオリジナルドラマ「殺意の道程」(全7話)で、W主演を務めることが明らかになった。 本作は、とある段ボール加工会社の社長の息子・窪田一馬(井浦新)が、父親を自殺に追い込んだ取引先の社長を殺すため、従弟の吾妻満(バカリズム)と共に、完全犯罪を企てる復讐劇。 一度も犯罪に手を染めたことのない二人が、信頼する人たちの協力を得て、悪戦苦闘しながら殺害方法を探るさまを描いた新感覚コメディーだ。 [PR] ドラマ「素敵な選TAXI(センタクシー)」「住住」「架空OL日記」など、脚本家としても多彩な作品を手がけるバカリズムは、本作について「普通のサスペンスドラマでは省略されるような部分を、細かく描いたら意外と面白いんじゃないかと思って書いてみました」とコメント。 企画段階から一馬役には井浦を想定し、正式決定前から勝手に当て書き。 「引き受けていただいてほっとしています。 井浦さんとは年齢も近いので、空き時間に漫画やテレビの話をしたり、とても楽しく撮影しています」と語っている。 一方の井浦は、脚本について「タイトルの『殺意の道程』から重々しい印象を受けて、1ページ1ページ息をのみながら読み進めていくと、次第にこの会話劇はどこに向かっていくのだろうと。 最後までひたすら楽しんで読ませていただきました」とお気に入りの様子。 「生きる喜びや目的をどこかに置き忘れてしまった男たちが、復讐を通して知らず知らずのうちに少しずつ『人生のきらめき』を取り戻していく物語でもあります。 最後まで観終わった後に、登場人物から『小さな喜びや希望』を感じ取っていただける作品になれたならと思います」と語っている。 全7話の演出を務めるのは、「住住」「架空OL日記」でバカリズムとタッグを組んだ監督。 『』『』『』などのが音楽を担当する。 (編集部・入倉功一) WOWOWオリジナルドラマ「殺意の道程」は11月9日放送開始 毎週月曜深夜0時WOWOWプライムにて放送(全7話・第1話無料放送).

次の

バカリズム脚本『殺意の道程』、バカリズム&井浦新W主演で11月放送決定 /2020年8月2日 1ページ目

バカリズム

シンガー・ソングライターで俳優のが、2016年から18年にかけて雑誌『AERA』で連載していた「星野源 ふたりきりで話そう」が、6日発売の『AERA 7月13日号』で復活を果たす。 今回は、とW主演のドラマ『MIU404』の監督・塚原あゆ子氏をゲストに招き、連載当時と同様に「ふたりきり」で雑談を行う。 同連載では、スタッフが誰ひとり同席せず、星野とゲストが文字通りふたりきりで雑談するというもの。 2年にわたる連載終了後は、AERAMOOK『星野源 ふたりきりで話そう』という一冊にまとまった。 星野と綾野のW主演ドラマ『MIU404』の放送をきっかけに、今回『星野源 ふたりきりで話そうリターンズ』として期間限定で復活。 塚原監督との雑談を、前後編で掲載する。 今号に掲載するのは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う2ヶ月の撮影休止で生じた「伝わり方のズレ」についてのやりとりから始まる前編。 ふたりの雑談はそこから、それぞれの「情報源」「思わぬ出会い」などに広がっていく。 ICレコーダーだけが聞いていた「素」のやりとりを、互いに撮り合ったインスタント写真とともに掲載する。 6日発売号の表紙は。 そのほか、による「放談バカリズム」にのを迎えた2回目も掲載。 「春日の原型」となった人物が明らかになる。

次の

バカリズム脚本の新感覚サスペンスコメディ、井浦新とW主演「変なドラマ」

バカリズム

バカリズムが脚本を手がけ、俳優の井浦新とダブル主演を務めるドラマ『殺意の道程(みちのり)』(WOWOWプライム/毎週月曜24時)が、11月より放送されることが決定した。 本作は、復讐(ふくしゅう)のための殺人計画というシリアスな設定の中で、普通の映画やドラマでは省略されるであろう、どうでもいい部分をやたら細かくリアルに描く、全7話の新感覚サスペンスコメディー。 演出は、『住住』『架空OL日記』でバカリズムとタッグを組んだ住田崇監督。 ある日、小さな段ボール加工会社の社長・窪田貴樹が自ら命を絶った。 彼を自殺に追い込んだのは貴樹の会社が下請けをしていた取引先の社長・室岡義之。 室岡の口車に乗せられた結果、貴樹は多額の負債を抱え、会社は倒産。 全てを失い絶望した貴樹はビルの屋上から投身した。 遺族たちの訴えもむなしく、一切罪を問われることなく、まるで人ごとのようにその後ものうのうと裕福な生活を続ける室岡。 貴樹の息子・窪田一馬(井浦)は、司法では裁かれない室岡への復讐を心に誓う。 そして、貴樹が息子のようにかわいがっていた一馬のいとこ・吾妻満(バカリズム)と室岡殺人の完全犯罪を企てる。 しかし、人を殺すにも準備は必要。 これまで一度も犯罪に手を染めたことのない2人は、信頼する人たちの協力を得て悪戦苦闘しながら、「殺害計画の打ち合わせ」や「必要な物資の買い出し」、「殺害実行のシミュレーション」など殺害方法を探っていく。 果たして、一馬と満は復讐を成し遂げることができるのか。 脚本・主演のバカリズムは本作について「普通のサスペンスドラマでは省略されるような部分を、細かく描いたら意外と面白いんじゃないかと思って書いてみました」と説明。 初共演の井浦については「企画書の段階で一馬役は井浦さんにやっていただきたいと思っていて、正式に決定する前から勝手に当て書きで脚本を書いていたので、引き受けていただいてほっとしています」と明かしている。 井浦はバカリズムとの共演について「基本ベースにシリアスさがありながら、二人がどんどんズレていって、どこまでも転がっていきます。 満を演じるバカリズムさんのぶれない独特なテンポを一馬として、どう受け止めてキャッチボールしていくかを楽しみながら演じています」と話している。 WOWOWオリジナルドラマ『殺意の道程』(全7話)は、WOWOWプライムにて11月9日より毎週月曜24時放送。

次の