川村 虹 花 ジム。 【DEEP JEWELS】川村虹花「連敗で自信を無くしそうになってしまう時があった」が、杉山しずからが後押し

川村虹花(ななか)のwiki経歴プロフィール!中学に高校や大学に所属ジムも調査!

川村 虹 花 ジム

格闘技を始めたきっかけは、母が幼少時にプロレスラーを目指していたことを知り、プロレスデビューを思い立ったそうです。 そして、2017年12月に女子総合格闘技団体・DEEP JEWELSでアマチュアとしてMMAデビューし、その結果や、試合後のマイクパフォーマンスが実り、2018年末のRIZINに参戦することになりました。 川村虹花さんは、仮面女子のメンバーとして活動しながら、総合格闘技ジム「リバーサルジム新宿 Me,We」に所属し、練習や試合を重ね、試合に臨みました。 試合開始後は、得意技のパンチで優勢に立ちながらも、山本キッドの愛弟子である相手選手にマウントを取られ、このような状況に。。 この動画だけを見ると、ボコボコにされていて、やはりアイドルだからかと思う方もいるかもしれませんが、川村虹花さんの試合を見れば、本気で格闘技と向き合っているということが分かります。 川村虹花の戦い振りに榊原委員長の評価は?唯一無二の二刀流ファイター? この試合は、RIZIN参戦のきっかけとなった一戦です。 川村虹花さんは、この試合で判定勝ちを収め、マイクパフォーマンスでこのように発言されました。 まだまだなところはたくさんありますが、強くなりたい気持ちは誰にも負けません。 だからお願いがあります。 開場時間でもオープニングアクトでも休憩時間でもいいので、年末のRIZINに私を出させてください。 この思いがRIZIN榊原委員長に伝わり、RIZINへの参戦が内定しました。 榊原委員長は川村虹花さんをこのように評価されていました。 「格闘技もエンターテインメント。 見ている人に感動とか興奮を与えられるかどうか。 それはアーティストの人たちも一緒だと思う。 歌が下手でも届くものはある。 格闘技も強いだけではダメ。 RIZINは勝つに越したことはないが、勝ち負けを超えたところで観客に思いとか感動を伝えられる選手かどうか。 そこを大切にしている。 川村選手とは1年半くらい前に初めて会った。 みんなが血も涙も汗も流しながらやっている。 そこに本当に行けるのかと思って見ていたが、DEEP JEWELSで思いを持って頑張ってきたのは評価している。 ただ強さという部分ではまだ出られる選手じゃないと思う」 強さで言えばまだまだですが、頑張りを評価されたということでした。 また、アイドルとして活動しながらも、決して中途半端に格闘技をやってきたわけではなく、二足の草鞋を履いてチャレンジする姿は、人を勇気づけたり元気づけたりするものとして、人の心に届くのではないかと感じたそうです。 川村虹花さんでしか伝えられないものがあると、評価をされているようです。 川村虹花の格闘家とアイドルの二刀流にネットの声は? RIZINでの戦いの前は、アイドルが格闘技?というネガティブな意見が多かったなか、試合後には川村虹花さんに対して、このような声が多数聞こえてきます。 川村虹花はプロ4戦して、いい試合見せて、ファンの支持をしっかり得てから、RIZINにオファーされて、それで出場するわけよ。 「アイドル」って肩書きだけで出るわけちゃうやん。 筋通ってるよね。 だから「アイドルなんか出すな」ってのは、それは筋通ってないよね。 — とっとこメチャクソ糞漏らし太郎 hasimotontonton 仮面女子の川村虹花、RIZINのリングで果敢に打撃で勝負した結果、逆にマウント奪われて顔面ボコボコ。 負けちゃったけど、オラは逆に好きになったよ。 アイドルなのに「命」である顔面を晒して戦うなんて、格好いいじゃん。 敗戦後の涙も美しかったと、オラは思った。 今日から応援します。 アイドルで顔面殴られながら格闘技するってとても素敵だと思う — 夢童 アンドロイドガール mudou03 川村虹花ちゃん 勝ち負けなんかきにしないよ。 逃げずに立ち向かう姿がほんとカッコいい また感動 ってRIZINをまた見て思った 立ち向かう姿がこの先アイドル活動にも出てくるんだろうなぁ。。 いやもう出てるかとっくに笑 — ぬのめんスノーボーダー nunomenakita.

次の

川村虹花のRIZIN顔ボコボコ動画!対戦結果はKO負けでも筋肉画像ヤバイ!

川村 虹 花 ジム

、、 のメンバー。 担当カラーは白。 プロの女子としても活動している。 総合格闘家としての所属ジムはリバーサルジム新宿 Me,Weである。 また、2017年10月16日にとしてデビュー。 当初は個人で動画を投稿することが多かったが、2017年末頃に(ももみん)とを結成してからは主にコンビで動画を投稿している。 愛称は なあちゃん。 略歴 [ ] 小学3年生から中学3年生の6年間は、バレーボールに打ち込む 高校1年時にに所属してアイドルとしてのキャリアをスタート。 2017年から総合格闘技ジムに通い肉体改造に目覚める。 ステージで疲れることが少なくなったことに加え、母が幼少時にプロレスラーを目指していたことを知りプロレスデビューを思い立つ。 同年2月8日、東京・竹芝プロレス道場で行われた「」のオーディションを受け合格。 2017年12月3日、女子総合格闘技「」で総合格闘家としてデビュー。 グランド状態でのパウンドなしのルールで、アマチュアボクシングでベスト4、全国選抜2位、ので2位という実績を持つREICAと対戦し、判定勝利。 2018年3月10日、東京・新宿FACE「DEEP JEWELS 19」では古瀬美月と対戦し、0-2で判定負け。 2018年6月9日、「DEEP JEWELS 20」では山崎桃子と対戦し、パンチの打ち合いでダウンを奪うと山崎が右肩を脱臼しTKO勝ち、プロ初勝利となった。 2018年12月1日、「DEEP JEWELS 22」で宗田智美と対戦。 判定勝ちを収め、マイクで「まだまだなところはたくさんありますが、強くなりたい気持ちは誰にも負けません。 だからお願いがあります。 開場時間でもオープニングアクトでも休憩時間でもいいので、年末のRIZINに私を出させてください」とRIZIN出場をアピール。 2018年12月31日、「」でと対戦。 スタンドでは積極的に打撃で攻めるも、テイクダウンを奪われるとの連打を浴びレフェリーストップにより1R3分1秒TKO負け。 2019年、abema TVの企画で山本圭壱とエキシビションで対戦し、見事飛びつきチョークスリーパーで締め落とす。 (ボクシングルールのため反則負け) 2019年10月22日、「DEEP JEWELS 26」で永尾音波と対戦。 1Rに永尾の左ハイキックがクリーンヒットし膝を付くダウンをするが、その後アグレッシブに打撃で攻め挽回しジャッジ3者とも19-19の引き分けとなるも、マスト判定により判定負けを喫した。 2020年2月24日、「DEEP JEWELS 28」で坂本美香と対戦。 1Rにテイクダウンされパウンドを受ける場面もあったが、その後スタンドパンチ連打によるレフェリーストップでTKO勝ちを収めた。 人物 [ ]• 「ボディで一番自信があるパーツ」に腹筋と答えている。 運動神経は・が絶賛しており、「頭で想像できることは難なくこなせるタイプ」と分析。 試合でも教えていない側宙を実践している。 コーチングをするは練習より本番で能力が出せるタイプ と分析している。 アイドルを襲った恐怖」(2017年6月22日、)• 世界怒りの法廷」(2017年7月5日、)• (2017年8月29日、9月20日、)• 浪費女子やってます。 (2018年1月8日、テレビ朝日)• 【世紀の一戦! メイウェザーvs天心! 無敗対決の行方は…】(2018年12月31日、)• 第3シリーズ(2019年7月、NHK)• 「腕立て伏せ」(7月29日)• 「スクワット」(7月31日) ウェブテレビ [ ]• (2019年12月3日 -、)3か月いつでも準レギュラー権獲得 執筆 [ ] 連載 [ ]• いけてるバイク女子になりたい!(「カススク125」2016年6月号 — 、造形社) 脚注 [ ] []• アリスプロジェクト. 2019年3月8日閲覧。 川村虹花. 2019年5月22日閲覧。 (インターネットアーカイブ). 2019年6月9日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社 2018年3月9日. 2018年5月11日閲覧。 耳マン 2018年8月28日• 東スポWEB. 東京スポーツ新聞社 2017年9月22日. 2018年5月11日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社 2017年12月26日. 2018年5月11日閲覧。 イーファイト. ヨシクラデザイン 2017年12月3日. 2018年5月11日閲覧。 東スポWEB. 東京スポーツ新聞社 2017年12月26日. 2018年5月11日閲覧。 eFight 2018年12月1日• nikkansports. com. 2018年12月31日閲覧。 イーファイト 2019年10月22日• GONG 2020年2月24日• APPY corp 2017年11月28日. 2018年5月11日閲覧。 1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報. ヨシクラデザイン 2017年11月28日. 2018年5月11日閲覧。 イーファイト 2019年6月9日• イーファイト 2018年3月10日• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年7月28日. 2019年7月29日閲覧。 AbemaTV 2019年12月3日. 2019年12月2日閲覧。 AbemaTIMES 2019年12月3日. 2019年12月6日閲覧。 外部リンク [ ]• NanakaKawamura3 -• - のプロフィール (英語).

次の

川村虹花の体重や戦績から実力を調べた!格闘技の実力とダイエットや所属ジムについて

川村 虹 花 ジム

2020年2月24日(月・祝)東京・浜松町のニューピアホールにて開催された女子総合格闘技『』。 その第4試合で坂本美香(Fight HOLIC)と対戦し、1R2分56秒、TKO勝ちを収めた川村虹花(仮面女子)が試合を振り返った。 川村はアイドルグループ「仮面女子」の現役メンバー。 ファイターとしての2019年は、DEEP JEWELSで3月の後楽園ホール大会は怪我で欠場、6月の復帰戦ではMAOに判定で敗れ、9月大会は首の怪我で再び欠場。 10月の後楽園ホール大会では永尾音波に敗れ、白星無しという厳しい年に。 通算戦績は2勝5敗となり、2018年大晦日のあい戦から3連敗となっていた。 「去年は悔しい1年だったので、今年一発目は必ず1Rで仕留めると自分で目標を決めていたので、こうして1RでのKOで決めることが出来て本当に嬉しいです。 ここから這い上がって、まだまだ連勝していきたいと思います」と、連敗脱出に安堵感を見せた川村。 右ストレートと得意の右ミドルで追い詰めるも、テイクダウンを奪われてパウンドを浴びる危ない場面もあったが、「あの時は自分でもヒヤッとしましたけれども、冷静に打たれてでも立って打撃で勝負しようと思って突き放して立ちに行くことができました。 課題でもあるんですけれど、これから寝技もまだまだ磨いていかないとなって思いましたね」と、冷静に対処することができたという。 立ち上がってからは怒涛の打撃ラッシュで一方的に攻め込み、勝負を決めた。 「最初の方もけっこうパンチとかヒザが入って効いているなというのがあったんですけれど、テイクダウンされてしまったのでフィニッシュにもっていかないといけない、というのがありました」と、テイクダウンの失点を取り戻すために倒しに行ったと明かす。 連敗脱出以外にも、練習のベースとしているリバーサルジム新宿Me,Weの仲間たちへの想いも原動力となった。 「ジムの選手の方々が、先週3人試合があってみんな1R、2Rで一本勝ちで決めていたので、その流れを崩したらダメだと思って。 来週はDEEPもあるし、次の選手に必ずバトンタッチしたいなと思っていたのでそれができて嬉しいです」と、チームの一員としての自覚はまさに格闘技選手そのもの。

次の