マスカット 語源。 マスカット、名前の由来は?【ことば検定】 答え林修

サッカーの歴史・誕生から150年、その起源を10分で振り返る

マスカット 語源

サッカーと呼ばれるスポーツが誕生したのは1863年、実に今から約150年前のこと。 テレビやインターネットのおかげで、今では世界中のサッカーを手軽に楽しめるようになりましたが、このスポーツがどのようにして誕生したのか、どんないきさつがあって現在のサッカーの形になっていったのか、その歴史をご存知の方は決して多くはないはず…。 サッカーの発祥の地はどこ?• サッカー誕生はいつ?• サッカーという名称の語源は? そこでこの記事では、現代サッカーの誕生までの歴史を振り返り、これらの謎を解き明かしていきましょう。 この記事を読むことで、サッカー誕生の歴史はもちろん、その起源を詳しく知ることができますよ。 この記事を書いたサッカーバカな僕の誕生秘話?はこちらです。 >>>• サッカーの語源 まずはサッカーの語源からです。 サッカーのスペルは「soccer」で、Association Football(アソシエーションフットボール)が転化したものです。 「アソシエーション?なんだそれ?」という人も多いでしょう。 この聞き慣れない言葉が、現代のサッカーというスポーツを表しています。 サッカーの歴史を振り返るにはまず、この語源を知っておく必要があります。 しかし、 それさえわかってしまえば、なぜサッカーという名称なのか、なぜ手が使えないのかということまで簡単に覚えられてしまうのです。 サッカーの母国はイングランドと言われていますが、その真相は果たしてどうなのか…。 まずはその起源から順を追って見ていきましょう。 サッカーの起源 サッカーと言えば思いつくのはやっぱり、FIFA(国際サッカー連盟)ですよね! FIFAのホームページでは、中国の「蹴鞠・しゅうきく」という遊戯をその起源としています。 その歴史は、紀元前300年以上前の中国が斉(せい)と呼ばれていた時代に始まります。 当時は、宮廷内で遊戯として楽しまれていたようですが、蹴鞠に熱中しすぎて仕事をさぼる人が続出し、たびたび禁止令が出されるほどの人気だったようです。 そうして禁止令が出され続けた結果、蹴鞠は清(しん:1644年~1912年)の時代にはほぼ廃れてしまうことになります。 その「しゅうきく」ですが、 日本には600年代に「蹴鞠・けまり」として伝わり、現在でも伝統行事として伝承されています。 「けまり」なら知っている人も多いかも? ということで、 FIFAによればサッカーの起源は中国です。 フットボールの普及 「しゅうきく」が廃れていってしまう頃、近世のヨーロッパ各地では違ったアプローチの競技が行われており、イタリアでは「カルチョ」、イングランドでは「フットボール」という名称で発展していきました。 イングランドで行われていたフットボールのルーツは、中世のイングランド国内で行われていた「年に1度の村全体を巻き込んだお祭り」のようなもので、1個のボールを奪い合って先に目的地に運んだものが勝ち、というルールだったそうです。 まさに争奪戦ですね。 ただ、この当時のカルチョやフットボールに「競技規定という名の制限」は存在しておらず、日本の伝統行事である蹴鞠(けまり)のイメージとはかけ離れたものでした。 手でボールを持って運んでいい• 相手に対してパンチ、キック、ショルダーチャージをしてもいい このように、殺人以外なんでもありの荒々しい競技だったため、時には死者が出ることもあり、そのあまりの危険性の高さから、禁止令が何度も出されます。 しかし、人々はストレスを発散できるこの祭りにこぞって参加し、村や自分自身の名誉・名声を得ようと、やめることはありませんでした。 フットボールがスポーツとして確立するまでの道のりは、幾多の禁止令という壁を乗り越えて普及してきたという歴史があったわけですね。 村の祭りからスポーツへ そんな荒々しいフットボールが、現代のサッカーのようなスポーツに進化したのは、 イングランドのパブリックスクールでプレーされるようになったのがきっかけです。 パブリックスクールは、元々紳士を育てるためのエリート校。 現在のサッカーでも、紳士的行為、非紳士的行為といった言葉を聞くのはこのためです。 パブリックスクールにおけるフットボールでは乱暴なプレーが禁止され、プレーするエリアやフィールドが決められて、レクリエーションとして他校と交流試合を行うようになります。 ただ、明確なルールが決まっていなかったため、試合の度に話し合いをして調整をするという手間がありました。 そこでルールをハッキリさせるために協議が行われ、 1846年、ケンブリッジ大学で「ケンブリッジルール」というものが立案されます。 これによって、おおまかなルールの統一化はできたんですが、• イートン校を中心とする、手を使うことを制限するルール• ラグビー校を中心とする、手を使うことを許可するルール という2つの勢力に別れていきます。 簡単にいえば手を使いたい派か、足を使いたい派か、ということですね。 この隔たりを解消すること、そしてスポーツとして運用する協会を設立するため、1863年、ロンドンで会議が行われます。 この会議では、1846年に考案されたケンブリッジルールをベースに協議が行われました。 その結果、• ボールを持って走る• ボールを運んでいる相手にハッキング(すねをけること)• トリッピング(引っ掛けてつまずかせること)• ホールディング(おさえること) が禁止となり、ラグビー校を中心とする手を存分に使いたい派の代表らは「合意できない」として協議は物別れに。 結果、 手を使うことを制限するルールを主張した代表者らによって、フットボール・アソシエーション(The Football Association=FA)が創設されます。 FA(The Football Association)の誕生 この FA誕生こそが、現代サッカー誕生の瞬間なのです! サッカーの母国がイングランドと言われる理由は、 スポーツとして確立するための会議がロンドンで開かれたという事実によるものだったわけですね。 ただし、フットボールは大変人気のある競技だったので、この頃にはすでに、パブリックスクールや大学とは無関係にクラブがたくさん設立され、様々なルールでプレーされていた状況でした。 とくに中部の工業都市シェフィールドでは、FAのルールとは少し違う「シェフィールドルール」というフットボールの方が人気があり、FAは最終的にこのシェフィールドルールを取り込んで国内のルールを統一、いよいよ現代サッカーのルールが完成することになるのです。 ちなみに、先ほどの会議で物別れに終わってしまったラグビー校ですが…。 そう、その学校名の通り、 手を使うルールを推していたラグビー校などの代表者らは後に、ラグビー協会(ラグビーフットボール・ユニオン)を設立することになるのです。 これはつまり、 手を使うか使わないかがサッカーとラグビーの境界線になったとも言えますね。 イングランドサッカーの歴史は「」で詳しくまとめています。 サッカー「soccer」という名称の由来 では、なぜサッカーという名称になったのか、その由来についてです。 アソシエーション(Association)の訳は「協会」。 つまり、 FA・フットボールアソシエーションのルールを基にプレーする競技は、協会式フットボール(Association Football)と呼ばれます。 rugger(ラガー)ラグビー選手• farmer(ファーマー)農家• writer(ライター)作家、筆者、著者 などなど、挙げればキリがないほどたくさんありますが、1990年代後半、日本でも大流行し(アムラー、シノラー、ハマダーなど)、現在でも日常的に使われているものもたくさんあります(フリーター、マヨラーなど)。 サッカーの場合は、ルールを統率する協会・Associationの略称 「assoc. 」の語尾に 「-er」をつけることで、 「soccer」となるわけです。 日本がサッカーをフットボールと呼ばないのは歴史的背景があった 世界各地のサッカーの呼び方 サッカーという呼び方は日本では一般的ですが、国や地域によって呼び方が大きく異なります。 下はほんの一例。 フットボールの本来の意味は、ボールをゴールに入れるというスポーツ全般のことを指します。 つまり、 村の祭りである フットボールから細分化して生まれたスポーツの1種がサッカーというスポーツであり、ラグビーであり、アメフト(アメリカンフットボール)であるということですね。 ポイントは、単に「フットボール」と表現した場合、 どのフットボールを意味しているのかは国・地域によって違いがあるということです。 フットボールから連想するスポーツと言えば… ではなぜ、日本ではフットボールと呼ばずにサッカーと呼ぶのでしょうか。 その理由は、アメリカの文化が浸透したためです。 1945年、第二次世界大戦の敗戦でアメリカに占領された日本。 その当時の日本国内では、フットボールやアソシエーション、蹴球、ア式蹴球など、サッカーの呼び方がまだハッキリしていませんでした。 しかし、敗戦国となった日本には、勝戦国であるアメリカの文化がどんどん流入してくることになります。 その結果、 世界では少数派のアメリカの呼び方(soccer)が定着化 していき、フットボールと言えばアメフトという常識が築き上げられた のです。 その証拠に、 FIFAに加盟している国・地域は現在「211」 ですが、その211のうち、サッカー協会名にsoccerが入っているのは、わずかに「3(アメリカ・カナダ・米領ヴァージン諸島)」しかありません。 ちなみに、我らが日本サッカー協会の英語表記名はなぜか、「 Japan Football Association」 となっています。 サッカー誕生までの歴史のまとめ サッカー誕生までの歴史をおさらいします。 起源は中国、スポーツとしての母国はイングランド• 手を使うか使わないかでラグビーと分裂し、サッカーが誕生する• サッカー=協会式フットボール「Association Football」• 「assoc. +-er=soccer」サッカーの語源はアムラーと一緒• 世界では「サッカー」ではなく「フットボール」と呼ぶのが一般的 サッカーというスポーツの誕生には、禁止令が出されてもなお続けたいと願う人々の情熱が大きく関わっていました。 次回は、誕生後から現在までの150年の歴史を10分で振り返ります。 >>> サッカーというスポーツを「文化」として見事に描いた2005年の名作映画「GOAL!」は要チェックしておくべきですよ。 運営者:ゆんず• 2000年・海外サッカーに出会う• 2016年・WordPressに出会う• 2017年7月・Googleアドセンス取得• 2017年11月・月間1,000PV• 2018年5月・月間10,000PV• 2018年6月・月間40,000PV&累計10万PV• 2018年9月・累計20万PV• 2018年11月・ブログタイトルを「あずらい」から「真面目に遊んで生きてくレシピ」に変更 マイペースブロガーのゆんずです。 このブログの運営は2017年から。 開設から1年ほどは気が向いた時だけ記事を書く「ゆるゆる更新」。 2018年から心機一転、「世の中に欠けている情報の提供」を日々更新してます。 新着記事.

次の

果物の英語一覧|よく使うフルーツの英語名34選!

マスカット 語源

マスカット アジア アジアの地図を表示 マスカット特別行政区の範囲 : 行政 市 マスカット 地理 市域 3,800 市街地 8. 099 km 2 人口 (2010年現在) 市域 775,878人 204. にのぞむオマーン最大の都市で、政治、経済、文化、教育の中心。 なお、「マスカット市」(旧市街)自体は人口2万人と非常小さく、(事実上の都市圏)が「マスカット」として機能している。 都市圏(行政区)には、、などを含み、面積は3,800km 2、人口は775,878人と国内最大級のものとなる。 一方のマスカット市は8. 1km 2、20,272人である(2010年国勢調査 )。 地名の由来 [ ] の学者(頃 - 頃)が記した"Map of Arabia"には Cryptus Portus と Moscha Portus の2つの地域が定義されているが、2つのうちどちらが現在のマスカットと関連があるかについて研究者の意見は分かれている。 に活躍したローマの歴史家( - )の著書には Omanaと Moschaという地名が見られる。 アッリアノスの著書の翻訳を行った ()とJean Baptiste Bourguignon d'Anville()は、Omanaはオマーン、Moschaはマスカットを示していると結論付けた。 マスカットの語源については、諸説分かれている。 の moscha(膨れ上がった皮)• 「停泊地」もしくは「錨を下ろす場所」• の muscat(強い香り)• アラビア語の「落ちる場所」 「山が海に落ちるところ」 - オールド・マスカットの背後にある岩山が海に面していることに由来する。 アラビア語の「隠れる」 歴史 [ ] 当時のマスカット港と市街 マスカットは中東でも最も古い都市の一つである。 その存在は西暦にはすでに知られており、アラビアとやを繋ぐ貿易都市であった。 中世までは西のが重要な交易地として繁栄し、マスカットは船舶の補給地となっていた。 オマーンに上陸した初期の外国人としては、の探検家がいる。 ポルトガルの軍人がマスカットに上陸したときには、マスカットはすでにアラビア半島沿岸部の中心的な港湾都市の一つになっていた。 にポルトガルはマスカットを征服し、町の発展が始まる。 ポルトガルによって港が整備され、砦と旧市街の建設が行われる。 ポルトガル来航以前からマスカットに存在していたミラニー砦とジャラリー砦は改修され、丘陵地にマトラ砦が建設された。 、のであるスルターン・ビン・サーイフがポルトガル勢を打ち負かし、マスカットを奪回する。 その後、ヤアーリバ朝はマスカットを拠点にをはじめとする全域に進出し、マスカットはオマーン海上帝国の要として繁栄する。 には首都をマスカットへ移転し、インド洋交易の中心となる。 の時代に王国の中心はに移り、さらに彼の死後、にオマーンとザンジバルに国土が分割されるに及んで、マスカットは急速に衰えた。 1870年代にはオマーン国王に敵対するオマーンの豪族が2度にわたってマスカットを攻撃した。 にはザンジバルのスルターンに呼応するオマーンの主要部族によってマスカットの王宮は一時的に占領される。 その後、石油の発見ならびにオマーンの成長に伴い、のの即位後から再び首都として発展する。 石油の収入によって町の再開発が行われたが、土地が狭く発展の余地が無いオールド・マスカットとマトラ地域に代えて、バーティナ平原方面の開発が進められた。 バーティナ平原には、マスカット国際空港、ルサイル工業団地、スルターン・カーブース大学などの施設が建設された。 カーブースの方針によって、新たに開発された市街地には他の諸国のように高層ビルが立ち並ぶ風景は見られず、伝統的なアラブ様式に基づいた建物が並んでいる。 コルニーシュの風景 マスカットは天然の良港として知られ、港の周囲を岩山に守られている。 の出入り口に位置するマスカットは戦略的に重要視され、軍事拠点とされている。 マスカットには「小マスカット」と呼ばれる、オールド・マスカット(Old Muscat)、 マトラフ、Muttrah 、ルイ ルーウィー、Ruwi の3つの市街地がある。 岩山に囲まれ、増加する人口の収容と発展に限りのあるオールド・マスカットに代えて港湾機能と流通機能がムトラに移り、近郊のルイ、ワッタヤ、クルム、スルターン・カーブース・シティに新興住宅地や商業地が形成された。 オールド・マスカットと周辺の都市は、「拡大マスカット」といえる都市を形成している。 オールド・マスカット [ ] マスカットというと本来オールド・マスカットを指し 、旧市街と新市街は城壁によって隔てられている。 旧市街にはアラム宮殿、ポルトガルの支配時代に完成したミラニー砦とジャラリー砦が建ち 、夜間になると、アラム宮殿、ミラニー砦、ジャラリー砦はライトアップされる。 州庁は宮殿と同じく旧市街に建てられているが、省庁は新市街に置かれている。 オールド・マスカットの港は現在は使用されていない。 ムトラ [ ] マトラ、マトラフともいう。 オマーン最大の港であるスルターン・カーブース港がある港湾地区。 オールド・マスカットの北西部に隣接する港町として形成され、かつては小規模ながらオールド・マスカットの積み荷を国内に向けて出荷する商人で賑わっていた。 ムトラ内のラワティヤには、インド系の商人が多く居住する。 オマーン最古のスークの一つであるマトラ・スークや 、コルニーシュの美しい夜景が有名。 コルニーシュは中級のホテルや安宿が密集する地域としても知られている。 ルイ [ ] 内陸にある、マスカット随一の商業地区。 ルイ・ハイ・ストリートには商店が立ち並び、電化製品、香水、時計などが売られている。 中央郵便局やONTC(オマーン・ナショナル・トランスポート)バスターミナルなどがある。 気候 [ ] マスカットはに属し、長い酷暑に襲われる夏と温暖な「冬」の2つの季節がある。 4月から10月にかけての気温は非常に高く、平均気温は40度に達し、最高気温が50度を超えることもある。 また、海に面しているため湿度も高い。 一方、11月から3月にかけての平均気温は20度前後と過ごしやすい。 1 77. 2 26. 4 79. 5 29. 5 85. 1 34. 7 94. 5 39. 6 103. 3 40. 0 104 38. 0 100. 4 35. 6 96. 1 35. 6 96. 1 34. 6 94. 3 30. 3 86. 5 26. 8 80. 2 33. 02 91. 7 62. 1 17. 8 64 20. 3 68. 5 24. 2 75. 6 28. 7 83. 7 30. 3 86. 5 30. 1 86. 2 28. 2 82. 8 26. 8 80. 2 24. 2 75. 6 20. 8 69. 4 18. 3 64. 9 23. 87 74. 96 mm inch 13. 2 0. 52 14. 0 0. 551 16. 4 0. 646 11. 3 0. 445 0. 0 0 10. 9 0. 429 3. 4 0. 134 1. 6 0. 063 0. 0 0 0. 8 0. 031 1. 6 0. 063 16. 5 0. 65 89. 7 3. 532 平均降雨日数 3. 2 2. 7 1. 9 1. 4 0. 1 0. 1 0. 3 0. 6 0. 0 0. 2 0. 7 1. 4 12. 6 出典: World Weather Information Service -Muscat Seeb 交通 [ ] 主な空港として、(旧名:シーブ国際空港)が都市から40kmほど離れたところにある。 をはじめとして、多くの国際便が就役している。 この他に、港湾があり、高速道路も発達している。 市内の公共交通機関は鉄道がないため、バスとタクシーが中心である。 ルイのアル=ジャーム・ストリートにあるONTCバスターミナルは、国内外の都市に向かう長距離バスの発着地となっている。 文化 [ ] スポーツ [ ] 開催のため、を建設。 施設 [ ] 2001年5月にオマーン最大のであるカーブース王大モスク Sultan Qaboos Grand Mosque が建立された。 マスカットにはモスク以外にキリスト教徒の寺院も存在する。 主な観光施設 [ ]• マスカット・ゲート博物館• オマーン国軍事博物館• 文化遺産博物館• ベイト・アル=バランダ - 1930年代に建てられた邸宅を改修した博物館。 ベイト・アル=ズベール - 伝統工芸品を所蔵する博物館。 オマニ・フレンチ博物館 - 1896年から1920年まででフランス領事館として使用されていた建物を改修した博物館。 1989年にオマーンとフランスの友好を記念して開館した。 - 2001年開園。 マスカット近郊のナシーブ・マスカット公園の敷地に位置する。 GCC諸国では最初の。 ギャラリー [ ]• Foster 1844 、241頁• Foster 1844 、173頁• Foster 1844 、173頁• 468頁• Hailman, John 2006. University Press of Mississippi. 49頁• Phillips, Wendell 1966. Unknown Oman. McKay Co.. 4 、4頁• 蟻川明男『世界地名語源辞典』(新版, 古今書院, 1993年12月)、217頁• Room, Adrian 2003. McFarland. 246頁• 遠藤 2009 、87頁• 後藤、木村、安田 2010 、112頁• 菊地 2003 、86頁• 『ドバイとアラビア半島の国々』2013-2014年版、181頁• (2012年6月閲覧)• 遠藤 2009 、200頁 参考文献 [ ]• 遠藤晴男『オマーン見聞録』(展望社, 2009年4月)• 菊地彩『OMAN』(東京図書出版会発行, 星雲社発売, 2003年7月)• 後藤明、木村喜博、安田喜憲編『西アジア』(朝倉世界地理講座 大地と人間の物語, 朝倉書店, 2010年9月)• 地球の歩き方編集室編『ドバイとアラビア半島の国々』2013-2014年版(地球の歩き方, ダイヤモンド・ビッグ社, 2013年3月)• 松本弘「マスカット」『世界地名大事典』3収録(朝倉書店, 2012年11月)• Foster, Charles 1844. Duncun and Malcolm. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 マスカットに関連する および があります。

次の

マスカット・オブ・アレキサンドリア(Muscat of Alexandria)ぶどう:旬の果物百科

マスカット 語源

マスカット アジア アジアの地図を表示 マスカット特別行政区の範囲 : 行政 市 マスカット 地理 市域 3,800 市街地 8. 099 km 2 人口 (2010年現在) 市域 775,878人 204. にのぞむオマーン最大の都市で、政治、経済、文化、教育の中心。 なお、「マスカット市」(旧市街)自体は人口2万人と非常小さく、(事実上の都市圏)が「マスカット」として機能している。 都市圏(行政区)には、、などを含み、面積は3,800km 2、人口は775,878人と国内最大級のものとなる。 一方のマスカット市は8. 1km 2、20,272人である(2010年国勢調査 )。 地名の由来 [ ] の学者(頃 - 頃)が記した"Map of Arabia"には Cryptus Portus と Moscha Portus の2つの地域が定義されているが、2つのうちどちらが現在のマスカットと関連があるかについて研究者の意見は分かれている。 に活躍したローマの歴史家( - )の著書には Omanaと Moschaという地名が見られる。 アッリアノスの著書の翻訳を行った ()とJean Baptiste Bourguignon d'Anville()は、Omanaはオマーン、Moschaはマスカットを示していると結論付けた。 マスカットの語源については、諸説分かれている。 の moscha(膨れ上がった皮)• 「停泊地」もしくは「錨を下ろす場所」• の muscat(強い香り)• アラビア語の「落ちる場所」 「山が海に落ちるところ」 - オールド・マスカットの背後にある岩山が海に面していることに由来する。 アラビア語の「隠れる」 歴史 [ ] 当時のマスカット港と市街 マスカットは中東でも最も古い都市の一つである。 その存在は西暦にはすでに知られており、アラビアとやを繋ぐ貿易都市であった。 中世までは西のが重要な交易地として繁栄し、マスカットは船舶の補給地となっていた。 オマーンに上陸した初期の外国人としては、の探検家がいる。 ポルトガルの軍人がマスカットに上陸したときには、マスカットはすでにアラビア半島沿岸部の中心的な港湾都市の一つになっていた。 にポルトガルはマスカットを征服し、町の発展が始まる。 ポルトガルによって港が整備され、砦と旧市街の建設が行われる。 ポルトガル来航以前からマスカットに存在していたミラニー砦とジャラリー砦は改修され、丘陵地にマトラ砦が建設された。 、のであるスルターン・ビン・サーイフがポルトガル勢を打ち負かし、マスカットを奪回する。 その後、ヤアーリバ朝はマスカットを拠点にをはじめとする全域に進出し、マスカットはオマーン海上帝国の要として繁栄する。 には首都をマスカットへ移転し、インド洋交易の中心となる。 の時代に王国の中心はに移り、さらに彼の死後、にオマーンとザンジバルに国土が分割されるに及んで、マスカットは急速に衰えた。 1870年代にはオマーン国王に敵対するオマーンの豪族が2度にわたってマスカットを攻撃した。 にはザンジバルのスルターンに呼応するオマーンの主要部族によってマスカットの王宮は一時的に占領される。 その後、石油の発見ならびにオマーンの成長に伴い、のの即位後から再び首都として発展する。 石油の収入によって町の再開発が行われたが、土地が狭く発展の余地が無いオールド・マスカットとマトラ地域に代えて、バーティナ平原方面の開発が進められた。 バーティナ平原には、マスカット国際空港、ルサイル工業団地、スルターン・カーブース大学などの施設が建設された。 カーブースの方針によって、新たに開発された市街地には他の諸国のように高層ビルが立ち並ぶ風景は見られず、伝統的なアラブ様式に基づいた建物が並んでいる。 コルニーシュの風景 マスカットは天然の良港として知られ、港の周囲を岩山に守られている。 の出入り口に位置するマスカットは戦略的に重要視され、軍事拠点とされている。 マスカットには「小マスカット」と呼ばれる、オールド・マスカット(Old Muscat)、 マトラフ、Muttrah 、ルイ ルーウィー、Ruwi の3つの市街地がある。 岩山に囲まれ、増加する人口の収容と発展に限りのあるオールド・マスカットに代えて港湾機能と流通機能がムトラに移り、近郊のルイ、ワッタヤ、クルム、スルターン・カーブース・シティに新興住宅地や商業地が形成された。 オールド・マスカットと周辺の都市は、「拡大マスカット」といえる都市を形成している。 オールド・マスカット [ ] マスカットというと本来オールド・マスカットを指し 、旧市街と新市街は城壁によって隔てられている。 旧市街にはアラム宮殿、ポルトガルの支配時代に完成したミラニー砦とジャラリー砦が建ち 、夜間になると、アラム宮殿、ミラニー砦、ジャラリー砦はライトアップされる。 州庁は宮殿と同じく旧市街に建てられているが、省庁は新市街に置かれている。 オールド・マスカットの港は現在は使用されていない。 ムトラ [ ] マトラ、マトラフともいう。 オマーン最大の港であるスルターン・カーブース港がある港湾地区。 オールド・マスカットの北西部に隣接する港町として形成され、かつては小規模ながらオールド・マスカットの積み荷を国内に向けて出荷する商人で賑わっていた。 ムトラ内のラワティヤには、インド系の商人が多く居住する。 オマーン最古のスークの一つであるマトラ・スークや 、コルニーシュの美しい夜景が有名。 コルニーシュは中級のホテルや安宿が密集する地域としても知られている。 ルイ [ ] 内陸にある、マスカット随一の商業地区。 ルイ・ハイ・ストリートには商店が立ち並び、電化製品、香水、時計などが売られている。 中央郵便局やONTC(オマーン・ナショナル・トランスポート)バスターミナルなどがある。 気候 [ ] マスカットはに属し、長い酷暑に襲われる夏と温暖な「冬」の2つの季節がある。 4月から10月にかけての気温は非常に高く、平均気温は40度に達し、最高気温が50度を超えることもある。 また、海に面しているため湿度も高い。 一方、11月から3月にかけての平均気温は20度前後と過ごしやすい。 1 77. 2 26. 4 79. 5 29. 5 85. 1 34. 7 94. 5 39. 6 103. 3 40. 0 104 38. 0 100. 4 35. 6 96. 1 35. 6 96. 1 34. 6 94. 3 30. 3 86. 5 26. 8 80. 2 33. 02 91. 7 62. 1 17. 8 64 20. 3 68. 5 24. 2 75. 6 28. 7 83. 7 30. 3 86. 5 30. 1 86. 2 28. 2 82. 8 26. 8 80. 2 24. 2 75. 6 20. 8 69. 4 18. 3 64. 9 23. 87 74. 96 mm inch 13. 2 0. 52 14. 0 0. 551 16. 4 0. 646 11. 3 0. 445 0. 0 0 10. 9 0. 429 3. 4 0. 134 1. 6 0. 063 0. 0 0 0. 8 0. 031 1. 6 0. 063 16. 5 0. 65 89. 7 3. 532 平均降雨日数 3. 2 2. 7 1. 9 1. 4 0. 1 0. 1 0. 3 0. 6 0. 0 0. 2 0. 7 1. 4 12. 6 出典: World Weather Information Service -Muscat Seeb 交通 [ ] 主な空港として、(旧名:シーブ国際空港)が都市から40kmほど離れたところにある。 をはじめとして、多くの国際便が就役している。 この他に、港湾があり、高速道路も発達している。 市内の公共交通機関は鉄道がないため、バスとタクシーが中心である。 ルイのアル=ジャーム・ストリートにあるONTCバスターミナルは、国内外の都市に向かう長距離バスの発着地となっている。 文化 [ ] スポーツ [ ] 開催のため、を建設。 施設 [ ] 2001年5月にオマーン最大のであるカーブース王大モスク Sultan Qaboos Grand Mosque が建立された。 マスカットにはモスク以外にキリスト教徒の寺院も存在する。 主な観光施設 [ ]• マスカット・ゲート博物館• オマーン国軍事博物館• 文化遺産博物館• ベイト・アル=バランダ - 1930年代に建てられた邸宅を改修した博物館。 ベイト・アル=ズベール - 伝統工芸品を所蔵する博物館。 オマニ・フレンチ博物館 - 1896年から1920年まででフランス領事館として使用されていた建物を改修した博物館。 1989年にオマーンとフランスの友好を記念して開館した。 - 2001年開園。 マスカット近郊のナシーブ・マスカット公園の敷地に位置する。 GCC諸国では最初の。 ギャラリー [ ]• Foster 1844 、241頁• Foster 1844 、173頁• Foster 1844 、173頁• 468頁• Hailman, John 2006. University Press of Mississippi. 49頁• Phillips, Wendell 1966. Unknown Oman. McKay Co.. 4 、4頁• 蟻川明男『世界地名語源辞典』(新版, 古今書院, 1993年12月)、217頁• Room, Adrian 2003. McFarland. 246頁• 遠藤 2009 、87頁• 後藤、木村、安田 2010 、112頁• 菊地 2003 、86頁• 『ドバイとアラビア半島の国々』2013-2014年版、181頁• (2012年6月閲覧)• 遠藤 2009 、200頁 参考文献 [ ]• 遠藤晴男『オマーン見聞録』(展望社, 2009年4月)• 菊地彩『OMAN』(東京図書出版会発行, 星雲社発売, 2003年7月)• 後藤明、木村喜博、安田喜憲編『西アジア』(朝倉世界地理講座 大地と人間の物語, 朝倉書店, 2010年9月)• 地球の歩き方編集室編『ドバイとアラビア半島の国々』2013-2014年版(地球の歩き方, ダイヤモンド・ビッグ社, 2013年3月)• 松本弘「マスカット」『世界地名大事典』3収録(朝倉書店, 2012年11月)• Foster, Charles 1844. Duncun and Malcolm. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 マスカットに関連する および があります。

次の