女性ホルモン ダイエット ダイエットチャンス。 生理周期に合わせてダイエット!生理直後の7日間がチャンス

月経周期に合わせた女性のダイエット!松江市のパーソナルトレーニングジム【VISIL】が女性の【痩せ期】を解説します!

女性ホルモン ダイエット ダイエットチャンス

本記事から2回に分けて、「生理周期に合わせたダイエット法」をお伝えしていきたいと思います。 おそらく、ダイエット情報に目を光らせている人なら、「女性が痩せやすい時期と生理周期は関係がある」と聞いたことがあるのではないでしょうか? 痩せやすい時期と生理周期がどのように関係しているのか… 「2つの女性ホルモン」に注目しながら、詳しく見ていきましょう。 ダイエットを左右する2つの女性ホルモン 女性のホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)という、2種類のホルモンがあります。 これらのホルモンの量は、おおよそ28日前後の周期で変化しています。 エストロゲン・・・女性らしさを作るホルモン! 生理の終わり頃から排卵日にかけて分泌が多くなり、基礎体温を下げる働きがあります。 エストロゲンの分泌が多い時期は、比較的体も心もお肌も安定し、体調が良好な時期です! プロゲステロン・・・妊婦を助けるホルモン! 排卵後から次の生理にかけて分泌され、基礎代謝を上げる働きがあります。 プロゲステロンの分泌が多い時期は、人によっては腹痛や頭痛が起き、精神的に不安定になる時期です。 また、食欲が増進したり、水分を保持する為むくみの症状を起こしたりします。 この2つのホルモンの変化で、痩せにくい時期と痩せやすい時期が出てくるのです。 痩せにくい時期にダイエットを頑張っても、かえってストレスで逆効果という事も… ダイエットの効果を上げていくためには、自身の生理周期を把握し、それに合わせたダイエット計画を立てることが重要となってきます。 そこでここからは、生理周期の時期に分けて「体の状態」、「食事の調整方法」をお伝えしたいと思います。 ダイエットにあたって、生理周期と同じく生理1日目から日数を数えていくことにします。 まずは、生理周期1週目である「月経期」から順に見ていきましょう。 月経期(1週目・低温期) 1. 体の状態 月経期で大切なのは、なんといっても無理をしないこと! この時期は、エストロゲン、プロゲステロン2つのホルモンが減少状態へ。 生理痛、頭痛、胃の痛みなどが起こり、人によっては痩せにくい傾向にあります。 体重が落ちないからといって、無理な運動や食事制限をしてしまうと体調を崩してしまいます。 体がリラックスできる程度のストレッチ、適度な運動をするのがオススメです! 2. 食事の調整 極度な調整は、かえって体調を崩してしまいます。 また、低体温で冷えとむくみといった症状が出てきますので、温かいもの(ハーブティ、ノンカフェインの飲み物など)を飲んでリラックスしていきましょう! また、生理中は貧血の症状も出やすい為、「鉄分」を意識的に摂るようにしましょう。 おススメの「鉄分」 鉄分を多く含む代表的な食べ物として、レバー、あさり、マグロ、ほうれん草、ひじき等が挙げられます。 卵胞期(2週目・低温期) 1. 体の状態 卵胞期(2週目)は、ズバリ!ダイエットのチャンスです! 生理が終わり、8日目からはエストロゲンの分泌が活発になり、脂肪燃焼が優位に働きます。 心身ともに安定する為、生理周期の中で最も結果が出やすい時期です。 この時期はダイエットに集中して、食事の調整や運動を積極的に取り入れ、ダイエットの効果を上げていきましょう!! 2. 食事の調整 卵胞期(2週目)は、頑張れば頑張った分だけ、効果が出やすい時期! 体脂肪に変換されやすい「糖質」はなるべく控え、腸内環境を整えてくれる「食物繊維」を多く摂るように心がけていきましょう! また、筋肉の材料となる「タンパク質」も意識して摂っていきましょう。 おススメの「タンパク質」 ・オメガ3といわれている青魚(マグロ、カツオ、サバ、イワシ等) ・脂身の少ないお肉(鶏:ささみ、胸肉/豚:ヒレ肉/牛:モモ肉) おススメの「食物繊維」 キノコ類、海藻類、アボカド、オクラ、納豆 等 おわりに いかかでしたか? 次回は、「生理周期に合わせたダイエット法【後編】」ということで、「排卵後(3週目)」「黄体期(4週目)」についてお伝えしていきたいと思います。 cocokara-next.

次の

生理後は痩せるダイエットチャンス!|このとき何をすれば痩せるのか?

女性ホルモン ダイエット ダイエットチャンス

知ってる?生理後1週間が痩せるのに良い理由 まず生理が終わる頃からだんだん気持ちが明るくなってきたり、身体が軽く感じられてきたりしますよね。 その時期がまさにダイエットにもってこいの時期なんです! 女性の身体はホルモンバランスが変化するようになっていて、時期によって体調や精神面が変わってきます。 このホルモンバランスについて確認していきましょう。 女性のホルモンバランスのサイクル 女性の身体は卵胞期、排卵期、黄体期、月経というサイクルを約20~40日周期で繰り返しています。 出典: 女性ホルモンの種類 女性ホルモンは2種類あり、 卵胞ホルモンのエストロゲンというものと、黄体ホルモンのプロゲステロンというものになります。 ホルモンの分泌サイクル 月経が終わる頃から排卵前の卵胞期に分泌されるホルモンはエストロゲンで、女性の排卵、妊娠の準備をつかさどるホルモンです。 卵巣や子宮の発達を促進し、女性らしいメリハリのある体つきを作り出します。 このホルモンが分泌されると 身体の調子が良くなり、精神的にも明るく落ち着いてきます。 ゆっくりリラックスして過ごすことがオススメです。 女性ホルモンと脂肪燃焼の関係性 卵胞期に分泌されるエストロゲンには、 脂肪の代謝を促進させ、燃焼を促す作用があります。 エストロゲンの分泌が増える卵胞期は効率よく脂肪を燃焼するのに適した時期なのです。 >> 食事のポイント 効果的にダイエットを進めるに当たって、食事の管理は重要なポイントです。 どんな点に気をつければ良いのでしょうか。 主食や甘いものは控える 主食や甘いものには炭水化物や糖分が含まれていますが、これらは体内に入ると糖質として利用されます。 糖質はエネルギーとして消費されるので大切な栄養素ですが、 消費しきれない分は脂肪に変換され体内に蓄えられてしまうのです。 卵胞期は黄体期に比べて食欲もコントロールしやすい時期です。 せっかく脂肪が付きにくい時期ですから、余分な脂肪が増えないように主食や甘いものは控えめにしましょう。 >> >> 鉄分、ビタミンB群を含む食べ物は良い 女性には鉄分とビタミンB群がとても重要な働きをしているのですが、不足しがちな栄養素でもあるのです。 鉄分は貧血を予防しますが、女性は毎月の月経のたびに多くの鉄分を失います。 鉄分を多く含む食品は、カツオ、マグロ、アサリ、イワシ、ぶり、レバーなどです。 また、ビタミンB群にはビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、パントテン酸、ナイアシン、ビオチンの8種類があります。 ホルモンバランスを整えてくれるものや肌を正常に保ってくれるもの、貧血を防いでくれるものなど女性にとって重要な効能があります。 ビタミンB群は水溶性のため体内にためておくことが出来ないので、食事によって補給することが大事です。 女性は排卵後に卵巣でビタミンを大量に消費されてしまうので、不足しないよう注意が必要です。 ビタミンB群を多く含む食品は、 ・ビタミンB1…豚肉、たらこ、ナッツ、うなぎなど ・ビタミンB2…牛レバー、豚レバー、鶏レバー、牛乳、うなぎなど ・ビタミンB6…マグロ、カツオ、牛レバー、サンマ、バナナなど ・ビタミンB12…牛レバー、鶏レバー、カキ、サンマ、アサリ、ニシンなど ・葉酸…枝豆、ほうれん草、菜の花、レバーなど ・ナイアシン…たらこ・かつお・レバー・びんながまぐろ・ピーナッツなど ・パントテン酸…レバー・鶏もも肉・にじます・子持ちがれい・納豆など ・ビオチン…レバー類・いわし・落花生・卵・にしんなど となっていて、どれも積極的に摂りたい栄養素です。 特に生理前後に有効なビタミンはビタミンB6で、イライラなどを鎮めてくれる効果があります。 タンパク質をしっかりと摂る 現代の女性は ビタミンやミネラルの摂取を重視しすぎて、たんぱく質の摂取がおろそかになりがちです。 成人女性の1日の推奨されるたんぱく質摂取量は50gで、可能であれば60gが理想とされています。 これらを組み合わせて1日50g~60gを目安に摂取を心がけましょう。 どんな運動をすれば良いの? 脂肪の代謝が高まる卵胞期。 この時期を有効に使うにはどんな運動が適しているのでしょう。 有酸素運動をする 有酸素運動とは長い時間継続できるぐらいの軽~中程度の付加をかけた運動のことです。 種類としては、、ジョギング、、、エアロビクスなどがあります。 運動を始めると体内では初めに糖質をエネルギーとして使っていきますが、貯蔵量が少ないので糖質がなくなってくると、今度は脂肪をエネルギー源として使い始めます。 この 切り替わりに要する時間がおおよそ20分とされていますので、30分以上は続けられる強さの運動をすることが大切です。 脂肪燃焼をアップさせる無酸素運動 無酸素運動は強い付加をかけた運動のことで、筋トレや短距離走などが含まれます。 糖質をエネルギーとして使いますが、筋肉を増やし大きくすることによって、代謝を高められる効果があります。 休んでいても、寝ている間でも、カロリー消費を高めてくれるのです。 オススメの筋トレをご紹介します。 有酸素運動をする前に無酸素運動をするメリット 有酸素運動をする前に無酸素運動をすることによって、効率よく脂肪の燃焼に切り替えられる他、筋肉を増強するので、カロリーの消費アップに繋がります。 また、 無酸素運動をすると脂肪を分解する成長ホルモンが分泌されます。 この成長ホルモンは、脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解してくれるのですが、このままにしておくと分解された脂肪酸とグリセロールはまた脂肪に戻ってしまいます。 分解して燃焼しやすい形になったところで有酸素運動を取り入れれば、効率的に脂肪を燃焼させることが出来るのです。 生理後1週間を過ぎると効果ない? しかし、この時期も無理せずにダイエットを継続させられれば効果は上がりますよね。 甘いものを大量に食べてしまったり、いつもよりも食べる量が増えがちなので、甘いものが食べたくなったらケーキやクッキーなどのカロリーの高いものより、 フルーツや寒天など低カロリーで食物繊維の入った腹持ちの良いもので補うのがオススメです。 >> 余り我慢しすぎると反動で余計に食べてしまいがちなので、我慢しすぎないことです。 この時期はリラックスして過ごすことが大事になります。 運動した方が気分転換になり体調が良くなるという人は、もちろん運動も取り入れてみてください。 特に生理中はデトックス効果がありますので、老廃物も排出しやすくなっています。 くれぐれも無理はせず、心地よさを優先させて下さい。 まとめ 女性の身体はホルモンによって様々な影響が出るのですね。 卵胞ホルモンのエストロゲンが分泌される卵胞期に運動、食事に気を付ける事で効率的にダイエットすることが出来ます。 気分的にも積極的になれる時期ですので、楽しくダイエットに取り組めます。 ホルモンバランスの波を上手く利用して味方につけ、1番きれいな時期をさらに磨きをかけて過ごしてください!.

次の

生理周期に合わせたダイエット法「女性が痩せやすい時期と生理周期は関係がある」(2020年6月16日)|BIGLOBEニュース

女性ホルモン ダイエット ダイエットチャンス

2017年6月14日• 生理中のダイエットとは? 生理中はやせにくい時期! 生理中はホルモンバンスの関係から、ダイエットをしてもなかなか体重が減りにくい時期であると言われています。 そのため、ダイエット成果が出ないとストレスになり、挫折をしてしまいがち。 しかし生理中こそ無理をせず体重を増やさないように意識したゆるいダイエットを行ない、ピンチをチャンスに変えていきましょう。 ストレスフリーなダイエットを! 生理中は、ただでさえストレスの溜まりやすい時期ですよね。 ストレスは、溜まり過ぎるとリバウンドの原因となる可能性があります。 そのため、ストレス解消もできてダイエットにもなるような日常生活を送れることが理想です。 それでは、生理中におすすめの食事法や運動法についてご紹介します。 生理中におすすめの身体を動かす方法は? 骨盤底筋を鍛えるストレッチを! 子宮や膀胱を支える筋肉である骨盤底筋を鍛えることにより、女性ホルモンがアップしたり、生理痛を軽減する効果が期待できます。 生理痛が辛い方は、ストレッチを行い生理痛を軽減してストレスを減らしましょう。 骨盤底筋を鍛えるストレッチは、四つん這いになり、お尻を突き出し背中をそらせる動きと、顔をおへそをみるように下げて背中を丸める動きを繰り返し行います。 生理痛の軽減に繋がる骨盤底筋や骨盤を鍛えるストレッチは、様々な方法があるので是非いろいろ試してみましょう。 軽いウォーキングを! 生理中には軽いウォーキングで身体を動かすこともおすすめです。 一定のリズムで身体を動かす事や、外に出て太陽の光を浴びることにより、セロトニンという幸せホルモンが分泌されストレスの解消にも繋がります。 マッサージもおすすめ! 生理中は分泌されるホルモンの影響で身体がむくみやすくなる時期でもあります。 そのため、むくみ解消のマッサージを行うことも大切でしょう。 リラックスできる自分の好きな香りのアロマオイルで、優しくリンパマッサージを行いましょう。 アロマの香りに包まれることで癒されますよ。 生理中のダイエットにおすすめの食べ物は? むくみの解消に繋がる大豆食品を! 大豆には、むくみを予防する効果の期待できるカリウムが含まれています。 また、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれているのも嬉しいポイントの1つです。 そのため、むくみの気になる生理中には意識してとりいれてみましょう。 生理中こそダイエットチャンスに変えましょう 生理中のダイエットは、ホルモンバランスの関係でやせにくくなってしまいやる気をなくし、挫折してしまうこともあるでしょう。 しかし、生理中こそダイエットを継続し、周りと差をつけることでダイエットチャンスに変えられるとダイエット成功への近道となるかもしれませんよ。 体重を増やさないということを意識して、ストレスフリーな緩いダイエットを行うこない、生理中を乗り越えましょう。

次の