ジョージ フロイド。 ジョージ・フロイドが息絶えるのを傍観していた、あのアジア系の警官は…

ジョージ・フロイドやらせ/ソロス財団による暴動 #ANTIFA

ジョージ フロイド

ニューヨーク州バッファローで4日撮影された映像では、夜間外出禁止令の取り締まりに出動した警官隊に男性(75)が接近。 警官隊が押し返すと、男性は後ろ向きに倒れ、地面に後頭部を打ちつけた。 横になったままの男性の耳から、血が流れ出しているのが確認できる。 男性は救急車で病院に搬送され、頭部に重いけがを負ったことが判明した。 <関連記事>• バッファローの警察は当初、男性が「抗議者たちが関わった小競り合い」の間に「つまずいて転んだ」とする声明を発表。 ソーシャルメディアで怒りの声が増幅した。 その後、警察のジェフ・リナルド報道官は、声明はこの件に直接関与していない職員が作成したものと説明。 動画の存在が明らかになったことを受け、男性を押した警官2人を無給の停職処分にしたと述べた。 アンドリュー・クオモ・ニューヨーク州知事は、「まったく正当化できず、完全に恥ずべきことだ」、「警察は法を執行すべきであり、乱用してはならない」とした。 配達員が外出禁止令直後に逮捕 同じ日の夕方、ニューヨーク市で撮影された動画には、夜間外出禁止令が実施されて27分後に、配達員が警察に逮捕される様子が記録されている。 夜間外出禁止令の27分後、マンハッタンの108丁目とセントラル・パーク・ウエストの交差点付近」、「市と州の当局はエッセンシャル・ワーカーは除外されるとしていた」、「少なくとも白シャツ(指揮官)が3人いる」と書かれている。

次の

ジョージ・フロイドさん暴行死、警察官も抗議活動に団結を示す。片膝をつき、デモに参加「一緒に歩こう」

ジョージ フロイド

「怒りを爆発させて破壊行為を行っても、何の役にも立たない。 そんなことをしても私の兄は帰ってこないんだ」とフロイドは、兄が警官に首を膝で押さえつけられて亡くなった現場で語りかけた。 彼は聴衆らに対し、彼の家族が平和を望んでいることや暴力からは何も生まれないことを訴えた。 「これでは同じことの繰り返しだ。 暴力的な抗議活動や破壊行為は変化を起こせない。 なぜなら、人々が破壊しているのは自分たちのコミュニティだからだ。 こんなやり方では何も変わらない」 そしてフロイドは「別の手段をとろう」と呼びかけた。 「自分たちが声をあげても無意味だなんて考えるのはやめて、投票するんだ。 選挙について学んで誰に投票すべきか考えろ。 そうやって敵を倒すんだ」 彼はスピーチの最後を「私の兄は暴力を望んでいない」という言葉で締めくくり、平和的な抗議活動の必要性を訴えた。 5月25日、ミネアポリスで武器を持たない黒人男性のジョージ・フロイドを取り押さえた白人警官のデレック・チョーヴィンは「息ができない」と悲鳴をあげるフロイドを、膝で9分近く押さえつけ、死亡させた。 その動画がソーシャルメディアで拡散すると、全米各地で抗議活動が発生し、一部の都市では暴動や略奪行為に発展した。 白人警官のチョーヴィンは29日の逮捕後に第3級殺人罪で起訴されたが、その後も抗議活動が沈静化する気配はない。 6月1日の情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」のインタビューでテレンス・フロイドは、「兄は心優しい巨人だった。 彼は平和と団結の尊さを示してくれた」と述べた。 「今起こっている事態を団結と呼ぶ人もいるかもしれないが、これは破壊のための団結だ。 これは兄が望んでいたものではない。 怒りのエネルギーを前向きなものに変えてほしい」 フロイドの発言は、全米の各都市で抗議活動を行う人々の間で広がる、暴力行為をやめて政治的変革をもたらそうという声につながっている。 ニューヨークのブルックリンでは31日、警官隊らが人々の前でひざまずき、団結と暴力的対立の抑制を呼びかける場面も目撃された。

次の

警察の暴力動画、アメリカに衝撃与える フロイドさん抗議行動

ジョージ フロイド

ミネアポリスで何が起きている?暴動の裏に隠された秘密【ジョージフロイトの死】の裏で起きていることを紹介します。 どうも、マーフィーブログのマーフィーです。 ちょくちょく、日本でも報道されている警察官が黒人男性を殺害したというニュース。 一見すると職権乱用だったりに見えるかもしれません、もしくは暴動部分だけ見えていて情報が偏っているように感じませんか? 例えば なぜジョージ・フロイト氏は警察官に押さえられたのか? なぜ警察官とそもそも一緒にいるのか? 暴動が各地で発生しているのはなぜなのか? 暴動も誰から構わず起きているところもあります。 暴動にもおかしな点がたくさんあったり、過去に類似の事件があったりすので、海外からの情報をまとめながらお伝えしていきます。 マーフィーブログはYoutubeもやってるよ!チャンネルも登録してね! ミネアポリスで何が起きている? アメリカの中でも真ん中の上側にあるミネアポリス 東部に位置するである。 ので、州最大の都市である。 人口はのでは382,578人 、の推計では410,939人。 市はがに合流する地点の北側に位置している。 ニュースでたくさん取り上げられています。 何が起きているのでしょうか? 各地で酷いことが起きている 小売店の窓ガラスが割られて、中の商品が持っていかれることが起きていたり、 パトカーを襲撃したりと なんでもあり状態のことが起きています。 家が燃やされたり、大手チェーン店が破壊されたりとしています。 実際に見てもらった方が早かもしれないです、店の一部はこんな感じです。 第三者から見た不自然な点 海外では、ものすごく話題になっている事件です。 有名人から一般市民までSNSを通じて色々な論争を巻き起こしていて、実際に街中でも物理的な論争が起きています。 しかし、この記事を書く前に情報収集ていると不自然な点が出てきます。 まだ、事件が起きて数日しか経っていないのにWikipedeiaができていて、それも完成度がかなり高いです。 ジョージ・フロイドの死 こんな速度で、出来上がるんですかね? 他の事件もこんな速度でできたことないと思います。 なんで暴動が起こっている? そもそもなんでここまで暴動が起きているのでしょうか? 一人の黒人男性の死 2020年5月25日にジョージ・フロイド氏(46歳)が警察官に取り押さえられて倒れているフロイド氏の首に膝をかけて息ができなくなり、死亡したのが発端です。 彼は取り押さえられている中でこう言いました。 実際の証拠はこの動画や警察のカメラのみですが、それらは押収されたようです。 警察官はどうなった? では、この警察官はこの事件の後にどうなったのでしょうか? 地元の検事が第3級殺人と故殺の罪で訴追したと発表。 さらにフロイドさんの死に関与したとされる3人の警察官も訴追されるとの見通しを示したが、その具体的な手続きについては言及を避けました。 状況も状況ですので、上層部も彼の身の安全の方が優先事項として高いでしょう。 そもそもジョージ・フロイドは何をした? 首に膝をあてられた理由はそもそも何だったのでしょうか? コンビニエンスストアの従業員が、後にフロイドと特定された顧客がタバコを購入するために 偽造された20ドル札を使用しようとしていたと警察に通報したのが始まりでした。 警察官がコンビニエンスストアに向かうとまだ、フロイトと同乗者がまだ車にいたので話しかけて取り押さえたところ事件が発生したということです。 この話しかけてから取りおさえるまでの一部の映像がこちらです。 youtube. 暴動を見たセレブリティたち ラッパーで有名なリル・ウェインはインスタライブを通してたくさんの発言をしています。 ただ、ラッパーだから激しい意見と言っているかと勘違いしてはいけません。 かなり冷静に今回の暴動や事件を見ていて、もっと事件を追求して大局的な全体への責任の押し付けをやめましょうとも言っています。 バッチをつけている警察官を一括りにして襲い掛か流のは何か違うなと思いますし、小売店を襲撃するのも違うなと。 ちゃんと原因追求をするべきではあるかなと感じます。 それでも、群集心理は論理的には判断できないのものなのでトップから指示していかないと難しい反面もあります。 リルウェインの実際の動画はこちらです。 This clip from the LA riots of 1992 is of a store owner who had his shop looted and set on fire, his truck was also set on fire. Almost 30 years later, it's still relevant. — Count Dankula🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿 CountDankulaTV ロサンゼルス暴動(ロサンゼルスぼうどう)とは、末から頭にかけて、・で起きた大規模な。 当時は黒人に取って代わり、韓国系が商売圏を制圧。 さらに、ラテン系を雇うということで黒人の仕事が奪われていた背景もあり、そこに黒人タクシー運転手が死ぬ寸前の警察による殴打をした事件が起き、 さらに韓国人店主の黒人少女殺害事件の刑罰が5年間の保護観察処分、およびボランティア活動400時間、罰金500ドルという殺人罪としては異例に軽いものがかなさり 暴動が勃発しました。 最初に紹介したハンマーを持った男性というのが、暴徒化した人たちが誰彼かまわずに襲うので動き出したのでしょう。 そして、今回の1992年の暴動と同じように暴徒化した人々は関係ない人々を巻き込んでしまっています。 この動画はこの黒人男性が一生懸命貯めたお金で始めたスポーツバーを襲われて、撮影中に金庫を盗まれていて、もう泣きながらインタビューに答えているところです。 「work so hard…」 こんなの見たら悲しくなってしまいます。 暴徒化はもうほとんど歯止めが効かなくなって来ています。 The Minneapolis chief of police just confirmed that many of the protesters that are burning down the city are NOT FROM MINNEAPOLIS. My guess: As he did with Antifa, Democrat George Soros has these thugs on payroll. He is funding the chaos via his Open Society Foundation. — Candace Owens RealCandaceO さらには市長までも同様の発言をしています。 果たして本当かどうかはわかりません。 現実として可能性はなくはないかな。 という感じですね。 ここにも反論があって、なるべくミネアポリスの責任を逃れようとしてるのではないか?とも言われています。 これから出てくる簡単にいうと左翼系の過激な組織です。 この組織が蔓延っているというのも出ています。 WATCH: BLM protester calls out white Antifa for vandalizing local Starbucks — Jack Posobiec 🇺🇸 JackPosobiec 現地でもこうやって違った視点で拡散しようとしてくれている人もいるのでこのような少数の意見も今後、拾っていきます。 他にも情報があればぜひツイッターで教えてください。 別のところまで広がる暴動 今度は暴動が破門していき、 ホワイトハウスまで来ます。 セキュリティサービスが対応してなんとか抑えていてる段階です。 ここまでくるとやっていることが本当に意味わかりませんが、色々溜まっていた不満を解放しだす人が地域別に出てきている可能性もあります。 ここまでくると何がなんだか分からなくなってきますし、インタビュー中に泣いていた黒人の男性も本当に悲しいことに巻き込まれたなと感じます。 今回の暴動の元事件のジョージフロイド氏の死亡からかけ離れて好き放題やっている気がします。 マーフィーの考察 各地で不自然な暴動が起きているのも事実です。 少数の人がSNSを通じて現地の不可思議な点を映し出しているものの、中々広がらずに暴動がすごいことになっているとしか報道されないのも事実です。 日本でも同様な暴動に乗じた現象が起きていますね。 プロパガンダの記事でも取り上げましたが、プロパガンダに必要なのは第三者による組織の立ち上げと運動なのです。 まだ、プロパガンダについて読めていない人はこちらです。 ジョージフロイド氏の死亡の原因を追求して改善・修正していくならデモや暴動は必要なく、まずは何が原因でどうしきゃいけないのか話し合わなければならないと思います。 今ままで不当に扱われてきた人たちもいるのでどこかしらで暴動やデモが起きてもおかしくないのですが、今回は小売店を襲って、物を盗み出す行為が関係ない小売店まで被害を与えていることに悲しいと感じます。 注意して欲しいのはどこの団体が関係していて、どんな人が暴動の中心にいるのか冷静に見なければなりません。 日本人も人ごとではない可能性がある理由 暴動の裏に隠された秘密のように日本にも同じような出来事がいくつもあります。 それらを知るためのいい方法は2つあります。 当事者にインタビューする• 当事者の書いた本を読む 当事者にインタビューするのが最もいい手法ですが、そんなの難しすぎると思います。 例えば、今回の当事者にインタビューする。 しかも、本音を聞き出すなんてほとんど無理でしょう。 でも、実は事件や出来事の裏のこととか。 政府の裏のことを1000円くらいで知ることができたらどうでしょう? かなりお得だと思います。 その方法が本を買うことです。 本を買うのは無駄と考えがちですが、知れることを知らずに過ごしてしまうなど読まないと損をしてしまうこともあります。 あらゆる著名人が人生をかけて書き上げた本を1000円以下で購入できて、今後のことを予測することができるなら。 多くの知識を蓄えることができるのなら、 かなりお得なかなと思います。

次の