ウーバー イーツ 出前 館。 Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?儲けの仕組みを解説!|デリバリー配達ナビ

出前館とUberEatsどっちが最強なのか!?体験からのフードデリバリー比較|ワンダフルライフ WONDERFUL LIFE

ウーバー イーツ 出前 館

ちなみにウーバー・テクノロジーズ社は日本ではまだまだあまり有名ではありませんが、欧米では知らない人がいないほどの急成長起業です。 もともとはタクシーの配車(ライドシェアリング)事業が本業でしたが、出前サービスのウーバーイーツも成功をおさめ、近年は自動運転や空飛ぶタクシーなどの技術でも注目されています。 日本企業では、トヨタが自動運転技術などでウーバー社と提携をしています。 また、ウーバー社の筆頭株主は、ソフトバンクグループです。 出前の仕組みをイノベーション 今までの出前と言ったら、「 料理店の従業員がお客さんのところに配達する」と言うのが普通でしたよね。 蕎麦の出前だったら、そば屋さんの店員が配達に行きます。 ピザ屋に電話したら、ピザ屋の店員が配達に来てくれました。 しかし、ウーバーイーツはこの仕組みを変えたのです。 今までの出前システムの課題 今までの出前のシステムには、大きな問題がありました。 簡単に言うと、 料理店が自前で出前をするには負担がかかるのです。 料理店が自前で配達をするには、当然、自前で配達の人員を抱えなければなりません。 また、配達をするためのバイクなどの設備の維持費もかかりますし、注文を受ける際の電話応対などの手間もかかります。 お客さんからお金をもらったり、お店が閉店した後に現金を数えたりといった精算も手間になります。 料理店はランチタイムや夕食時などに忙しさがピークに達しますから、忙しいときにはなかなか出前の応対もすることができません。 また、せっかく出前の人員や設備を抱えても、万が一注文が入らなかったら人件費や設備費の無駄になってしまいます。 出前を自前で用意するのはリスクがあるのです ウーバーイーツは、配達パートナーとレストランのマッチング・プラットフォーム この状況を、ウーバーイーツは変えました。 ウーバーの本業のタクシーの 配車事業のノウハウと先進的システムを、出前に応用したのです。 ウーバーイーツでは、配達を行う一般の人のことを「配達パートナー」と呼んでいます。 配達パートナーは出前が本業と言うわけではなく、本当に一般の人で、いつでも仕事の依頼を受けたり断ったりすることができます。 バイトや副業のような感じで働くことができます。 もちろん、 この記事を読んでいるあなたも配達パートナーになれます。 ウーバーイーツに料理の注文があった時、ウーバーイーツのシステム(人工知能)は、数多くの配達パートナーの中から 最も最適なひとりを選択し、料理の配達依頼をかけます。 ダイナミックプライシングと言うのは、需要と供給に応じて 値段をリアルタイムに変動させる手法のことです。 ウーバーイーツでは、天候が悪い時やイベントが行われている時など、配達パートナーの数に対して注文の数が非常に多い場合、 配送手数料を値上げします。 このような仕組みによって需要(注文数)と供給(配達パートナーの数)をマッチさせ、ウーバーイーツと言う仕組みがスムーズに動くようにしています。 三方良し、Win-Win-Winのシステム ウーバーイーツにより、すべての人にメリットが生まれました。 料理店のメリット 料理店は、自前で出前のシステムや設備を用意することなく、出前を行うことができます。 自分で出前を行えないような非常に小さなお店でも、お店に直接来られないお客さんにまで簡単にお店のことを知ってもらったり、料理を売ることができるのです。 出前を行うことで、 売上がお店のキャパシティ以上に上がります。 例えば店内に10席しかない店舗であれば、普通であれば10席分の売上しかありませんが、出前を行うことでその店のキャパシティーを超えた売上を確保することもできます。 お客さんと現金をやり取りしたり、現金を精算する手間もないので更にらくちん。 軽減税率という後押し 2019年10月の消費税増税と軽減税率の導入により、料理店に新たなメリットが生まれました。 今までテイクアウトやデリバリーを始めてこなかった料理店でも、ウーバーイーツを導入すれば一発です。 配達パートナーに評価 配達パートナーにも評価をつけることができ、評判の悪い配達パートナーには配達がいかなくなります。 評判の良い配達パートナーから配達を受けることができるのです。 配達パートナーの現在位置がわかる 他にも小さなメリットとしては、配達パートナーの位置を リアルタイムでスマホで確認することができるので、大体いつごろ料理が到着しそうか、把握することが簡単です。 ウーバーイーツの仕組み ウーバーイーツの仕組みは、このような流れになっています。 順番に解説しますので、数字の順に見ていきましょう! 黒い矢印が注文の流れ、 黄色い矢印がお金の流れです。 ウーバーイーツの注文者は、ウーバーイーツのアプリを見ながら好きな料理を検索して注文することができます。 このとき、注文者はクレジットカードで支払いを済ませます。 ちなみにこのときはまだ実際にお金は引き落とされません。 クレジットカードの枠の確保(オーソリ)だけ行われます。 配達が完了した後、引き落としが行われます。 もちろん、食材が売り切れになってしまったり、人手不足などで忙しかったりすれば、依頼を断ることもできます。 なるべく早く料理が配達できるよう、レストランの近くにいたり、良い配達実績があったりする人に優先して依頼を出します。 もちろん断ることも可能です。 レストランは配達パートナーに料理を渡します。 このとき、ウーバーイーツは手数料を得ていて、これがウーバーイーツの収益になっています。 ウーバーイーツのサービスエリア 当初は2016年に東京の渋谷区と港区のみで開始されたウーバーイーツですが、現在は日本のいろいろな地域でサービスを展開しています。 特に世界的に問題になっているのは、 配達パートナーの権利保護です。 ウーバーイーツの配達パートナーは、ウーバー・テクノロジーズ社と契約を結んで、個人事業主として働きます。 つまりウーバー社の 従業員ではないため、労働基準法など法的な面で強く保護されないというのが、日本のみならず世界的に問題になっています。 安全配慮義務(台風など危険な状況で仕事をさせてはいけない)• 失業保険の受給資格(ウーバーイーツ配達を辞めたら失業手当が出るように)• 賞与の付与(フルタイムで働いているなら賞与も支払われるべき)• 職業訓練(配達パートナーはドライバーとしてきちんと勤務できるような訓練を受けられるように)• 労災(万が一業務中に怪我をしたら補償されるように) 海外では訴訟が起こされたり新しい法律ができるなどして、労働者の権利保護が進みつつあります。 日本でも労働組合が結成されたり、ウーバーイーツの配達中に事故を起こした際に保険がおりるようにはなりました。 もちろん個人事業主であることのメリットも デメリットだけではなく、もちろん個人事業主であることにもメリットがあります。 好きなだけ働いてたくさん稼ぐことができる• 逆に、働きたくないときには一切働かなくて良い• 会社や組織に縛られない• 節税の手段がたくさんある• 総じて自由である• などなど バイトより自由なウーバーイーツ配達の仕事を始めるには ウーバーイーツ配達の仕事は、普通のアルバイトのようなシフトはなく、 いつでも自由に働ける・面接も履歴書も 不要・資格スキルいらず・出勤もいらず・うるさい上司もおらず・ノルマもなく・ 報酬は週払い(即日払いなことも)・服装髪型も自由!・仕事中もスマホが使える!・登録費用はもちろんかからない・なのに 稼げる!という、何拍子も揃った素晴らしい副業・仕事です。

次の

宅配・デリバリー【出前館】のおすすめポイント!ウーバーイーツとの違いや注文方法を簡潔に解説

ウーバー イーツ 出前 館

今だからこそできる! 自宅で名店のグルメを堪能 新型コロナウイルス感染拡大で、不要不急の外出を避けるため自宅で過ごす時間が増えていると思います。 こんな時に家でゆっくり料理を楽しむのも良いと思います。 でもやっぱりたまにはプロの料理が食べたい!という気持ちも出てきてしまいますよね。 そんな方に朗報!今、休業要請を受けている飲食店の多くがテイクアウトや出前・宅配を初めたり、ウーバーイーツや出前館に登録してデリバリーで営業を続けてくれているのです。 プロのお料理を食べることは巣ごもりのストレス解消にたまには解消にもなりますよね。 今回は、いつもはお店に行かないと食べられないような名店のデリバリー情報をご紹介します。 UberEATS(ウーバーイーツ) 今、話題のUberEATS(ウーバーイーツ)は、もともとタクシーの位置情報を利用した配車サービスUberが始めたUberデリバリーサービスです。 UberEATS(ウーバーイーツ)が話題になったのは、そのデリバリーをする仕事という面でも話題になりました。 UberEATS(ウーバーイーツ)は利用者は登録して、届けてほしい住所を登録すると、注文可能な店舗を見ることができ、好きな店舗を選び、注文ができます。 注文が入ると、そのお店の付近で待機していたデリバリースタッフに通知が行き、デリバリースタッフはお店に料理をピックアップして、料理を運ぶのです。 UberEATS(ウーバーイーツ)が特徴的なのは、配送料が店舗や距離、曜日や天気、その時のデリバリースタッフの待機状況によっても変わることがあることです。 いわゆる新幹線やホテルのように需要に合わせた価格設定になっているのです。 また、出前館では多くの登録店がチェーン展開をしているのに対し、UberEATS(ウーバーイーツ)は個人経営の店舗も多く、気になっていたお店やUberEATS(ウーバーイーツ)で出会えるお店があるところが非常にうれしいところです。 また、UberEATS(ウーバーイーツ)はアプリで注文状況を確認できます。 レストランが注文を受け付け、調理を開始、調理完了、配達員がピックアップ後の配達状況をマップ上で確認状況がリアルタイムで見ることができます。 また、アプリには配達員の名前と顔写真が表示されます。 UberEATS(ウーバーイーツ)では、すでに登録している人から3回目まで750円引になるプロモーションコードを受け取ることが出来ます。 紹介者も1500円引のクーポンコードがもらえるので、お互いにオトク!注文する時はプロモーションコードを活用してみましょう。 UberEATS(ウーバーイーツ)のおすすめポイント UberEATS(ウーバーイーツ)では届けてくれたドライバーさんにアプリにチップを渡せる仕組みがあります。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大でウーバーイーツの需要が高まっている中、ドライバーさんはリスクを追って配達してくれているので、チップという形で感謝を伝える事ができる仕組みはとても良い仕組みだと筆者は感じています。 しかも、ウーバーイーツのチップは本部が何%取るなどという事も無く、そのままドライバーさんの収入になるところも良いですよね! fineDINE(ファインダイン) 食のプロが運営するfineDINE(ファインダイン)は、最短30分でできたてのお料理をご自宅やオフィスにお届けしてくれます。 地元レストランのおいしさをそのまま楽しめるデリバリーサービス。 毎日のおかずから、ちょっと豪華なディナーまで、地元のレストランから選りすぐってラインナップが魅力です。 デリバリーの最低注文金額はお店によって異なりますが、平均2000円程度のようです。 また、昼食時、夕食時、休日などは配達までの時間が長くなりますが、お届け時間の目安がサイト上でわかるのはありがたいです。 ちなみにfineDINE(ファインダイン)は、まだ東京都・神奈川とサービス範囲が狭いのが残念。 広範囲にサービスが広がると嬉しいですよね。

次の

宅配・デリバリー【出前館】のおすすめポイント!ウーバーイーツとの違いや注文方法を簡潔に解説

ウーバー イーツ 出前 館

1.ウーバーイーツの収入は運任せ!出前館は時給制。 私は、最初に始めやすいウーバーイーツからお仕事を開始しました。 ただし、ここで問題が起こります。 ウーバーイーツ、あまりにも売上の上がる日とそうでない日のばらつきが激しいのです。 例えば、月曜は2000円。 火曜日は5000円。 水曜日は2000円。 日曜日は10000円。 もちろん配達稼働時間は違いますが、仕事が取れる日と取れない日が本当に読めません。 ですので、2時間稼働して全然だめだから諦めて帰ったり、はたまためちゃくちゃ忙しくて10時間配達が止まらなかったりという稼げる日と稼げない日の差が激しいのです。 時給でいうと、1000円を超える日もありますが、時給500円になる日もあります。 一方、出前館の場合、福岡県では時給1000円です。 そうです。 つまり、出前館では時給が1000円未満になるという恐ろしい事態になることはありません。 また、ウーバーイーツと違って労災も降りますし、ガソリン代も払わなくていいというのは、収入の面からすると非常に魅力的ですね。 労働によって良い点悪い点は様々です。 ここで、ウーバーイーツと出前館のどこにストレスがかかるか?(悪い点)という違いについて説明します。 ストレスにも耐えれるストレス、耐えることができないストレスがありますので、ぜひご参考になれば幸いです。 ・ウーバーイーツの悪い点(ストレスポイント):お客さんの民度が低い ・出前館の悪い点(ストレスポイント):レストランの民度が低い どういうことかというと、ウーバーイーツではお客さんに指定された住所に向かって自転車をこぎます。 ですが、 恐ろしい事に5軒に1軒はその住所(ロケーション)がズレていたり、もしくは住所が記載されていなかったりするので、スムーズに食事を運ぶことができない点です。 また、お客さんの家が分からずに電話をしようにも、モラルがない、人格が著しく欠如しているため、パンツ一丁で出てきたり、無言だったり、キレていたりすることが多々あるので、それがストレスになります。 ただし、ウーバーイーツの場合、自分が嫌ならやらなきゃいい、という根本的な考えがある為、働かないとお金は稼げませんが、仕事中の気分は楽です。 ここで、出前館です。 出前館も、ウーバーイーツと同様にレストランに食事を取ってからお客様のもとへ配達します。 ですが、 この出前館、レストランの店員の態度が悪いこと、悪いこと。 ただの配達員バイトに向かって、やたらと文句を言います。 ウーバーイーツの場合、配達員の態度が悪いなどの問題があればサポートセンターが対応します。 ですが、出前館の場合は、苦情はバイト先の出前館に直接電話が掛けられるため、上司から直々に怒られるのです。 また、雇用条件がアルバイトなので、嫌ならやめるということのハードルがウーバーイーツの個人事業主より高いため、むかつくレストランの店員、お客さんにもヘコヘコしなければなりません。 つまり、 時給という安定を貰う代わりに、嫌なことがあっても辞められない、文句を言えないのです。 正直、やっていることは出前館もウーバーイーツも同じですが、私にとって出前館のストレスはかなり大きいものになっています。 ですが、家族もいるため、安定した時給を得ることの魅了を一瞬で捨て去ることはできないのは問題です。 これは驚くべきことであり、アメリカのテクノロジー企業の英知が詰まっていて、非常に感心させられます。 一方、出前館。 どの配達員が、どの配達をするのか? 恐るべきことに、人力で行っているです 笑 2019年、テクノロジーが世の中を支配している世の中で、出前館は「人の手」で、配車を決めているのです。 もちろん、出前館は日本国内のみを市場としてるため、人力で配車をするのは理解できますが、本当に世界とのテクノロジー技術の差を感じざる追えません。 ということで、 出前館ではただアプリをみて配達をすればいい、というだけではなく、LINEを使って、誰がどの配達を担当するのか?という連絡をいちいちしないといけないのです。 これは慣れれば問題ありませんが、日本企業のウンコさをヒシヒシと感じるのです。 人間が配車を決めているわけではないので、鬼のような無理ゲー配達がぽ~んと放り投げられてくるのです。 また、一つ目の配達が終わそうになれば容赦なく、次の配車を指示してきます。 実際に働いてみると分かりますが、本当に疲れますし、できるだけ多く稼ぐために、一分一秒が大事になってきます。 一方、出前館。 時給制です。 例えば、レストランに食事を取りにいった場合、店員が忙しかったり、まごまごして食事を準備するのが遅れようが早かろうが、関係ありません。 なぜならば、時給、だからです。 忙しくバタバタ食事を配達する必要性がないのです。 なので、店員が「すいませ~ん!すぐに作りますう!」 とドタバタしていても、 「どうぞ、ゆっくり作っていただいて結構ですよ!」 となるのです。 なので、 配達に関するストレスは出前館の方がウーバーイーツよりも軽くなります。 なので、 事務所に行って出勤退勤の手続きをしたり、バイクを取りにいったりしなければならないため、ざっくり1時間は無駄になると考えて頂いて結構です。 また、休憩も1時間、2時間と働く時間によって法律に決められているとおりに取らないといけません。 それにプラスして、1週間前、2週間前に自分の予定を調べて、シフトを提出しなければならないので、かなり面倒です。 一方、ウーバーイーツはいつ始めようがやめようが、それを運営にいちいち伝える必要はないので、本当に気楽にお仕事できるのが魅力的ですよね。 ですが、 出前館の場合、本当に感心させられるのですが、家のロケーションが正確に示されているため、家周辺でうろうろと迷ったりすることがないのです。 これは、出前館から注文する際のUIが良いからかもしれませんね。 出前館のテクノロジーを少々ディスってしまいましたが、正確にお客さんの家を示してくれるという点に関しては出前館は非常に優れています。 まとめ 正直、大学生にはウーバーイーツをオススメします。 なぜなら、ウーバーイーツは自由に働けますし、体力がある若者に分があるからです。 また、 私のように家庭持ちの方の場合は、出前館をオススメします。 なぜなら、出前館は安定しているから、です。 アルバイトという雇用契約上、出前館のストレスはウーバーイーツより高いですが、家族がいるから仕方がありませんよね。 丸一日ウーバーイーツをして3000円しか稼げなかった、というのはあってはならないのです。 以上、ウーバーイーツと出前館、どちらも一長一短ありますが、ご参考になれば幸いです。 では、また。

次の