陸上 自衛隊 高等 工科 学校。 陸上自衛隊高等工科学校の偏差値を教えてください。

やる夫が陸上自衛隊少年工科学校に入るようです

陸上 自衛隊 高等 工科 学校

現在は高等工科学校と言いますが、私は少年工科学校を19期生として卒業しました。 ある日、父親がこんな学校が横須賀にあると話を持ちかけたのがきっかけでした。 自衛官になるというより給料がもらえる職業学校というイメージでしたので行くことには抵抗はありませんでした。 ちょうど反抗期が始まる頃でもあり「家を出れる」が何より魅力でした。 私の父は血がつながっていますが母は継母です。 父は自動車セールスをしていました。 ふた事目には勉強しろと言っていましたが、勉強しろと言われてした勉強が役に立つとは思いません。 たまに家にいるかと思えばいつも怒ってばっかりで嫌いでした。 継母はそれを知ってか、私が何か悪いことでもしようものなら「お父さんに言うよ」が口癖でした。 家には自分の居場所がないと思っていましたので少年工科学校は救いの神だったのです。 陸上自衛隊高等工科学校に入学するまで 受験勉強 高校受験は八女工業高校を目指していました。 父が嫌いと言いながらも車が好きでしたので自動車科がある工業高校に行きたかったのです。 当時通っていた中学校に自動車クラブを作り、近所の鉄工所に通って自分で鉄骨を溶接してフレームを作り、安く手に入れたカブのエンジンを移植してゴーカートのようなものを作りました。 何も考えない私は、田舎道なら大丈夫だろうとエンジンをかけて道を走らせていたところ対向車を避けきれずに田んぼに転落させてしまうという失敗をしたこともあります。 そんな私でしたが、少年工科学校も将来いろんな仕事ができるようにパンフレットに書かれていましたので、「どちらに行ってもいいかな。 でも家から離れられる方がいいかな。 」などと考え受験勉強を始めました。 勉強は特別なものはなく公立高校入試の勉強そのものでした。 まだ中学生ですから自衛隊の過去問を見たいとか傾向はどうかとか何も考えていませんでした。 中学校の先生に相談したら一言「難しいよ、君の成績では多分無理」と言われました。 全国から受験しますので競争率は高いのです。 しかし、成績のいい人は進学高に行って大学に行く普通のコースを歩みます。 高等工科学校はやや訳ありの中学生がそこそこの勉強をして受験しますので、競争率が高くてもすこし頑張って抜き出れば合格すると思います。 結果発表 受験会場は久留米の幹部候補生学校でしたので、発表当日、授業に遅れる連絡をして自転車で発表を見に行きました。 結果は合格、何人かの名前を貼りだされていました。 中学校の教室に行くと、みんなが心配そうな顔で後ろを振り返りましたので「合格」とマルを手で作ったところみんなワーッと喜んでくれました。 先生は「授業中だ、静かに」とか言って取り合わなかったのが不思議でしたが、教師は自衛隊をよく思っていないのではということを感じました。 卒業後の進学先の一覧にも私の事は書いてありませんでしたから。 八女工業高校も合格しましたが、横須賀に行くと決めていましたのでキャンセルをお願いしました。 少年工科学校は発表が早い上に入校願書を書いて送るのを求められます。 高校のすべり止めにされると最後まで入校者が確定できないからです。 合格発表が終わったら、「入校します」の意思表示をしなければならないのです。 入校時身体検査 少し心配があるとすれば入校する時に身体検査があることです。 若いので尿タンパクなどすぐ出ます。 尿タンパクが出ないようにコーラをがぶ飲みしたらいいなど言われて再検査前に飲みましたが効果はなく、私は入校時身体検査で不合格になりました。 辞めて帰る前に自衛隊中央病院で精密検査を受けるように指示され、検査を受けて夜行列車に乗って帰ったのです。 帰っても高校は断っているしどうしようなどと考えましたが、君は無理と言った中学の先生には連絡する気になれず、小学生時代の先生に電話したところ、八女工業高校に入れるように言ってあげるよと言っていただきました。 もう何年も前に亡くなられましたが本当にあのときはお世話になりました。 精密検査の結果は異常なしでした。 再合格の連絡を受け、トンボ帰りに少年工科学校に戻りましたがすでに入校式が終わっていました。 私だけ入校日が遅くなりましたがどうにか入校はできたのです。 待遇 私の時代は自衛官としての階級がありました。 それに応じて給料をもらっていたのです。 今は学生身分ですので学生手当(月額96000円)が支給されます。 多いようですが、休暇で家に帰る旅費やクラブで使うジャージ・靴など買っているとすぐなくなります。 私もそうですが家が貧しい家庭から来た人などは仕送りをしていました。 生活に必要なものは貸与されます。 制服はもちろん、靴下や長袖のシャツ、ズボン下なども貸与ですので自分で準備するのは下着のシャツ・パンツくらいです。 陸上自衛隊高等工科学校に入学後 毎日の生活 もともと怠け坊主なので朝起きるのが辛かったです。 6時にラッパが鳴ると泣きたい気分でした。 もっとゆっくりしたいのですが、起床と同時に忙しい一日が始まります。 ベッドはきれいに畳まなければ先輩からひっくり返されます。 私の時代は約40名全員同じ部屋に2段ベッドで寝ていました。 今は6人とかもっと少人数で生活していると思いますが、自衛官を育てる寮生活ですので規律は厳しく躾けられます。 窮屈な生活がいやで辞める人もいました。 しかし、2年間が頑張りどころです。 3年生になれば天下ですから。 ご飯は食堂で食べますが育ち盛りに十分なカロリーとメニューですので満足できると思います。 私はひょろひょろの中学生でしたので、今の私に育ててくれたのは自衛隊のご飯だと思っています。 精神面の強さも自衛隊のおかげです。 自衛隊は人間を育てることにはピカイチの場所なのです。 お風呂に入るのは少し恥ずかしいものがありました。 大勢が一緒に入る中でまだ毛も生え揃っていませんでしたから。 それもすぐに慣れましたが。 楽しみなこと 食堂の横に売店があっていつもマスクをしたきれいな店員さんがいました。 マスクを外したところを見た学生はとても羨ましがられていました。 私は最後まで見ることはできませんでしたが透き通るようにきれいな瞳が今でも忘れられません。 何か買いに行って言葉を交わす時の喜びは初恋と言ってもいいものだったと思います。 当時、テレビは娯楽室に1台あって、毎日朝食の後のわずかなひと時に集まって見ていました。 天気など各地の様子が映されるニュースを見るのですが、自分の町が映されると「ウォーッ俺の町だ」と喜んでいたのです。 あの頃は、小泉今日子や松田聖子などがテレビに出ていると聞くと慌てて集まり、たまらなく大騒ぎして喜んで見ていました。 実家からみかんやリンゴ、栗などを送ってくるとロッカーにしまって仲のいい友達にだけお裾分けをしていました。 私も一度したくて柿を送ってくれと頼み、みんなにお裾分けをしたことがあります。 継母は離れてみると優しいところがあると思いました。 高等工科学校は早くに親元を離れるのであまり反抗したりすることがないことも良いところだと思います。 外出 体育クラブの試合や休みの日の練習があるとなかなか外出は思うようにできませんが、何とか理由をつけて遊びに出ていました。 私は田舎者で東京に行くのが好きでした。 京浜急行に乗って品川から山手線で新宿に友達と何度か行きました。 外泊許可を取って行ったこともあります。 夜中にうろついていると警察に呼び止められて署まで来るように言われるのです。 「持っているものを全部出しなさい。 」などと言われて身分証明書を得意げに見せるのですが、なんでこんな時間にうろついているのだと説教を受けました。 変な店に入ってぼったくりにやられた人もいましたし、私も呼び込みに誘われて暴力バーに入り、身分証明書を取り上げられ、金額は忘れましたがいくらか持ってくるよう言われました。 東京に住んでいた親戚のおじさんに頼み込み、お金を借りて払いに行ったことがあります。 おじさんには後日給料で返しましたが、コテンパンに叱られましたのであまり感謝の気持ちはありませんでした。 勧誘に引っかかって年間有効の映画券など怪しいものを買ってくる人もいました。 当時どんなルートがあったのかよく覚えていませんが女の子とデートをする機会もありました。 興味はあったのですが女の子と話す話題もなく離れて歩くのが精一杯でした。 少年工科学校は、YTSカットと言ってスポーツ刈りの前髪だけ少し長めのヘアスタイルでしたので外出ではすごく目立つので、何人かでウィックを買って使い回しをしていました。 それをかぶってサングラスをして街を歩くのですからかえって目立っていたかもしれません。 バスや電車に乗ると女の子がくすくす笑っていましたから。 休暇 夏休みには友達に家に何人かで遊びに行くのが流行りました。 私の家にも何人か泊まりに来ました。 みんなで列車に乗って「次はお前の家だ。 」などと旅行するのはとても楽しいものでした。 おばあちゃんなどが話す田舎の方言が分からないのもよその国に来たようで新鮮でした。 バレーボールが得意なA君はすでに他界しましたが、冬休みに私を雪がしんしんと降る新潟の家に招いてくれて、ちゃんちゃんこを着たかわいい妹と遊んだことを覚えています。 退職 シャバに戻ると言って辞める人もいました。 営内の2段ベッドは上下の学生がベッド親友といって何かとペアを組む機会がありましたが、そのベッド親友は高校中退の1年年上でしたが何をするのかはっきりしないで辞めていきました。 ミシンのセールスマンになると言って辞めた人はとても仲良しでしたので本当に残念でした。 喧嘩をして何十人もごっそりやめることもありました。 当時は1学年が500人いましたので、ほんとにいろんな人がいてちょっとしたことで喧嘩もありましたし、卒業までに100人くらいは辞めていったと思います。 こっくりさん 夜中にこっくりさんをする人がいました。 字を書いた紙を広げて目をつぶり、何か唱えると乗り移るというのです。 確かに十円玉に乗せた指が字の上をなぞって何かを表しているようでした。 オカルト物は怖くて好きではありませんので触らぬ神に祟りなしと離れて見ていました。 溺死事故 昭和43年生徒12期の話ですが、航空自衛隊基地を作るために土が必要になり学校内の敷地を掘る工事がありました。 掘った跡が大きな穴となり雨が降ると溜池のようになったのです。 この溜池にロープを張り渡河訓練をしたところロープが弛みつかまっていた生徒が溺れました。 銃を担いでいましたしヘルメットに半長靴の重装備でしたので泳ぐこともままならず、助けに入った生徒を含め13名が溺死したのです。 毎年、慰霊祭を行いますが大変な大雨の日になります。 夜になると不寝番といって交代で建物の入り口に立って警備をしますが、鏡に人が映ったとか誰かが洗面所で顔を洗っていたとか怖い話が続きましたので、学校挙げて慰霊式、除霊式をしました。 その後そのような話を聞かなくなりましたが慰霊祭は今もしていると思います。 クラブ活動 体育クラブはいろいろあります。 私はラグビーをやってみたかったので希望しましたが、教官からは、私は体が小さかったのでやめとけと言われました。 どうしてもやるなら途中で辞めるなよと言われ、辞めない約束でラグビー部に入部しました。 案の定ラグビーができる体ではなく、試合もろくに経験しませんでしたし、毎日の練習が苦痛でしたが、辞めない約束だったので3年間我慢して辞めませんでした。 卒業後に自分にはもっと合ったクラブがあったのではと少し心残りでした。 やってみて自分に合わないと思えばクラブをかえてもいいと思います。 やってみなければわかりませんから。 授業 2年生までは高校の勉強が主体です。 自衛隊課目もありますが比率はほとんど高校の授業と言ってもいいくらいです。 英語や数学、物理などは高校教師が職員として学校にいますので自衛隊らしくない普通の授業風景です。 女の英語の先生がとてもきれいに見えてみんな憧れていました。 中には手鏡で見ようとする生徒もいましたが自分もしたいと思うくらい興味がありました。 3年生になると職種に分かれます。 通信、武器、航空、施設、特科など専門職の勉強をします。 私は通信でしたので久里浜にある通信学校で基礎電子教育を受けました。 自衛隊課目 戦闘訓練や射撃、演習などもあります。 私の時は富士演習場だったと思いますが、夜露で戦闘服も濡れる中、全員で朝方まで歩きました。 歩いていると前の方から何か手渡しで渡ってきました。 なにかと舐めてみると氷砂糖でした。 真っ暗な中を歩く怖さの中でみんな一緒の心強さ、団結心が生まれたと思います。 射撃は300m先の的を狙って撃ちますが、小銃ですのですごい音と反動でびっくりして当たりはしませんでした。 自衛隊観閲式 制服を着て銃を携行し自衛隊観閲式に参加しますが、きれいな行進を見せるためにかなり練習をします。 左右の人とぴったり合うまで何度でもやり直します。 参加者は2年生から3年生のほぼ全員だったと思います。 航空機の飛行や戦車、装甲車を身近で見られますし、大勢の観客の前でぴったり合った雄姿を見せるのは気持ちがいいものです。 ただ待ち時間が長いので倒れそうになります。 貧血気味の人は注意して下さい。 趣味 当時は、ソニースカイセンサーやクーガというラジオが流行しました。 戦闘機の計器みたいというと言い過ぎでしょうか、格好よかったのです。 ソニーリトルジョンなどというCB無線機も流行りました。 「ハローCQ・・」などとアマチュア無線のように呼び掛けてそれを聞いている人と取りとめのない話をして楽しんでいました。 相手が誰なのか分らないところが新鮮でした。 当時は、吉田拓郎、泉谷しげる、南こうせつなどフォーク界が誕生した時代でしたのでフォークギターも大流行りでした。 夕ご飯を食べてお風呂に入り、一息ついてから自習開始の19時までのわずかな時間に何人かでギターを弾いて歌ったりして楽しんでいたのです。 自己流なのであまり上達はしませんでしたが。 卒業してから 3年間の教育を修了すると卒業します。 その後、各方面隊で陸曹教育、特技教育などを受け4年で3等陸曹に昇任します。 もう学生ではありません。 自衛官として部隊に配置されるのです。 ここからが活躍の場となります。 部隊はとても期待しています。 一番若い3等陸曹ですが、各分野での技術のプロとして技を磨き部隊を支える力となるのです。 車の大型免許を取得したり部隊によっては大型特殊や牽引免許も取得すると思います。 活躍の場面はたくさんあります。 運動が得意な人は競技会の主力選手として活躍する人もいるでしょう。 調理が好きな人は駐屯地食堂で臨時勤務をして調理の腕を磨く機会もあります。 空挺隊員やレンジャーなど特殊隊員を希望する人もいると思います。 私のようにヘリパイになる人もいると思います。 苦しくても負けないで どんな仕事をするにしても下積みから大変な努力が必要なものです。 高等工科学校は何も知らない中学卒業生が高校の勉強や自衛隊の事を勉強し、体を作り精神を鍛える、まさに自衛隊の基礎を作るところです。 故郷の中学生の同級生は楽しく高校生活、大学進学をしている人が大半だと思います。 そんな中、高等工科学校で窮屈な苦しい生活をするのがいやになる人もたくさんいます。 しかし、入学する前にそのことは覚悟していたことと思います。 なんのために高等工科学校に入ろうと思ったのか思い出して下さい。 ただ家を出たいからですか、お金がほしいからですか、それだけではないと思います。 卒業後の自分を描いて見て下さい。 自衛隊にはあらゆる道があります。 試験を突破すれば更に道は広がります。 陸曹から幹部への道、航空学生になって戦闘機に乗る道を歩いた人もいます。 防衛大学校や防衛医科大学校だって夢ではありません。 高等工科学校を目指すあなたへ 私には大学に通っている子供がいますが、将来何になるか2年生の今でも決まっていないようです。 働かなければいけない事はわかっていますが、何をしたいのか何に適しているのか分らないようです。 大学生でもそうなのですから中学を卒業して高等工科学校への入校を考えている人に将来を考えてといっても難しいでしょう。 はっきり言えるのは、高等工科学校は、自衛官を育てる学校ですので自衛隊で国を守る仕事をするのは間違いありません。 その中で何をするのかは、3年生で職種に分かれる時が一つの分かれ道です。 通信などはいろんな職種に道が開けますがそのほかの職種はその道のプロになる教育をします。 適性なども考慮されますので、自分ができるだろうかと心配になるような職種に指定される心配はありません。 どのような仕事でも身につければプロとしてやっていけます。 私のようなひょろひょろの中学生でも、体力・技術・精神力をつけた3等陸曹に育ててくれた少年工科学校に感謝しています。 お陰でヘリパイの仕事ができたのですから。 ライター:元航空学校教官 - ご長男が受験されるとのことで今が一番苦しい時かと思います。 数学、物理、英語は基本がわかっていないと過去問も解けませんので、見慣れた参考書を繰り返し解いてみて出来ない所をなくす事が必要だと思います。 過去問は、何年分か解いてみると何の知識を要求されているのかだんだんわかってきますので、是非やってみて下さい。 あまり真剣にのめり込むと試験前に体調を壊したり、眠れなくなったりして努力が水の泡になりますので、試験の1週間前まで頑張ったなら、あとは「ドンといこう」と気楽な気持ちで普通の生活をするように助言してあげて下さい。 私は工科学校を卒業して3曹からパイロットの道を歩みました。 元自にーのさん「ヘリパイ」記事は私の投稿ですので何かの参考にして下さいね。 初めまして。 興味深く読ませていただきました。 素晴らしいエリートですね。 私の息子も高等工科におりましたが、1年生で退校させて再受験し、今は地元の国立で勉強しております。 読んでいて、良い話が多かったように感じましたので…。 書き添えたい事がありメール致しました。 お気を悪くさせてしまうかもしれませんが、真実です。 私が1番に言いたい事は、自衛官になりたい子供が入学して下さい。 アーミーオタクでも何でも自分は、自衛官になりたいんだ!という気持ちを持った子供が入学して下さい。 何となくとか、将来の夢が無いとか、頭が良いから、お金が貰えるから、そんな事を理由に入学しては、いけない学校だと思います。 入って後悔する子もたくさんいます。 でも、辞めて再受験する勇気も無く…親子で悩む方も多いのです。 表に出ないだけで自殺未遂も多いのです。 お金もほとんど手元には、残りません。 部費ひとつき2万とか、授業料も自分で払います。 官品以外は、だいたい定価で自分で買います。 なので少ししか残りません。 確かに仕送りする偉いお子さんも居ますが、少年工科の時代と比べると親孝行で入学するお子さんは、仕送りをすると長期休暇も田舎に帰れない感じになります。 防大、航空大は、はっきり言って狭き門です。 トップ8に入らなければムリです。 訓練しながら、眠気とたたかいながら、食事を作る事以外は、全部自分でします。 そして、気の合う仲間とワイワイします。 ストレス発散に休日は、外出します。 別に成績が落ちても何も言われません。 そんな環境で成績は、たいがいガタ落ちします。 だから、3年間トップ8にいれる子は、授業を聞いているだけで頭に入ってくる子、又は、大変な努力家でボッチ(失礼な言い方すみません。 )でも平気な子かと思います。 でも、24時間団体生活なので協調性コミュニケーション能力が高くないとキツイと思います。 防大などに行きたい場合は、普通の進学校へ入学して、受験の方が良い方法です。 それと区隊長と班長と確か4名付きますが…当たり外れがあります。 (これもまた失礼な言い方で、すみません。 ) ハズレは…子供も親もかなりキツイものとなるでしょう。 と、悪い真実ばかり書いてしまいましたが、良い点もたくさんあります。 同期(同級生)と深い固い絆ができます。 現代では、経験できない事。 携帯を1年生は、持てないので手紙を書いたり、アイロンがけができるようになったり、入学して5ヶ月くらいジュース類が禁止だったり、マンガが禁止だったり、お菓子禁止だったりは、なかなか経験できる事でないので良いと思いました。 私の子供は、同期と別れるのが1番イヤだったと思います。 いろいろ書きましたが、(まだまだありますが…)よく考えて入学して下さいね。 とても貴重なご意見ありがとうございます。 ご指摘のように入校後の学科成績はあまり問題にされません。 しかし、次のステップがあります。 幹部になるにはまた別の勉強を自分で始める必要があります。 私のようにヘリパイになる人は年に30人程度の狭き門ですがそれでもなんとかなります。 ブログに「ヘリパイ」という投稿欄の中に「 」は、私がパイロットを目指したきっかけなどですので参考にしてください。 自衛官になるという漠然とした目標を中学生の子供さんはなかなか実感として持てないと思いますが、その次の目標のためにまず生徒課程を卒業するのも一つの手段になります。 しかし、幹部になったからといって決して楽しい生活があるわけではありません。 むしろ、陸曹に徹して現場で働くことも人生の生き方かと思います。 「ヘリパイ」記事欄の「 」は、私が経験した幹部自衛官を「やめたい」と思ったことを綴ったものですので、何かの参考になればと思います。 定年を迎えて会社勤めをしていますが、20歳代の若い会社員を見ると「一度自衛隊に入って鍛えてもらえ」と言いたくなる人もおります。 自衛隊は見識も狭く井の中の蛙と言われがちですが、会社勤めをしてみると自衛隊の良さも分かってきます。 防大を卒業後に自衛官になろうが生徒卒業後に幹部になろうが、幹部自衛官に変わりはありませので同じような人生を歩むことができます。 定年で2佐か1佐かの違い程度でしょうか。 悩み多き人生を歩むことにも変わりないと思います。 いずれ1回しかない人生ですので自分の信ずる道を歩めればと思います。 ご指摘の中で区隊長、助教のことがありましたが、同感です。 私は航空学校で教官をしていましたが「ヘリパイ」のブログ中の「ヘリパイを志したが途中で辞めていく若き才能たち-航空学校教官が考えていること 」に思いを綴っていますので、自衛隊の教官にもこんな人がいるのだと思っていただければ幸いです。 はじめまして、こんにちは。 上の子は高等工科学校に行くか、普通の高校を卒業してから自衛隊入隊するか考え中です。 ただ、起立性調節障害があります。 起立性調節障害があれば、高等工科学校も自衛隊の試験もダメなのでしょうか? 下の子はまだ小学生ですが高等工科学校入りたいと言ってます。 中高生の体験入隊があるのを昨日しりました。 小学生はないのでしょうか? 昔、近所に自衛隊に入って精神的に病んで辞めて仕事も出来ない状態の方がいました。

次の

中卒で自衛隊に入隊するための方法

陸上 自衛隊 高等 工科 学校

陸上自衛隊高等工科学校(横須賀市御幸浜)。 理系の勉強を存分にしたいと競争率16倍の難関をくぐり抜けて入学したAさんは、たちまち失望する。 暴力といじめに満ちた陰惨な世界だった。 「陸上自衛隊高等工科学校」という防衛大臣直轄の機関がある。 中学校を卒業した少年が入校し、高校の勉強をしながら自衛隊の訓練を行う。 卒業後は中堅幹部にあたる「3等陸曹」に昇任する。 入学試験の競争率10数倍という狭き門の中堅エリート養成学校だ。 しかし同校出身者によれば、教官である自衛官らのモラルは低く、陰惨ないじめと暴力が横行しているという。 その荒廃ぶりは、「学力低下学校」「武山(たけやま)少年院」と内部でささやかれるほど。 高等工科学校の前身である少年工科学校では1968年、完全武装で池を渡るという無謀な訓練を強行した結果、13人が溺死するという大事件が起きた。 命を軽んじる校風はいまも改まっていないようにみえる。 執拗ないじめで精神的苦痛を受け、退校に追いやられたとして国家賠償請求訴訟を起こした元生徒の青年を取材した。 別段自衛隊に興味があったからではない。 好きな物理の勉強がしたかっただけである。 併願で受けた私立高校にも受かった。 工科学校は16倍と超難関だった。 どちらにしようか悩んだ末、難しい方を選んでみた。 その程度の理由だった。 〈将来陸上自衛隊において、高機能化・システム化された装備品を駆使・運用するとともに、国際社会においても自信をもって対応できる自衛官となる者を養成するために、中学校卒業予定者等を対象に採用する制度です。 そのため、個人の適性に応じて、幅広い教養と豊かな人間性を養い、将来陸上自衛官として大きく進展できる基礎を作ります。 〉 募集案内のうたい文句には格好良い響きがあった。 その好印象にも惹かれた。 また、工科学校に行けば全寮制で9万円ほどの給料がでる。 経済的に親を助けることができるのは魅力だった。 だが入学してすぐに、とても静かに勉強できる場所ではなかったことを知る。 入学3日目の夜、Aさんは8人部屋の2段ベッドの上で寝る準備をしていた。 10時半に消灯したとたん、下のベッドにいた「模範」と呼ばれる3年生のIが、やおらベッドの柱を蹴ってすごんだ。 「おい、おきろや」 Iはバレーボールの選手で体が大きい。 何だろうとAさんは不安な気持ちでベッドから降りた。 部屋を出て近くの洗濯室に連れていかれた。 そこでIが威圧的な口調で命令した。 「姿勢とれ」 入学早々、Aさんは「模範」と呼ばれる先輩から「シメ」(制裁)を受ける。 洗濯室に洗剤を置き忘れたというのが理由だった。 摂氏40度はあろうかという洗濯室内で、深夜2時間にわたって腕立ての姿勢を取り続けるよう強要されたという。 学校も黙認していた。 当時の状況を再現してみせるAさん(上)と洗濯室(下=高等工科学校のHPより)。 腕立て伏せの格好をとらされた。 なぜこんな目に遭うのか、続くIの話でようやく事態を悟った。 Aさんは洗濯室で洗濯をした際、自分の洗剤を置き忘れていたのだ。 慣れておらずうっかりしていた。 腕立てはその失態に対する制裁なのだ。 腕立ての姿勢のままじっとしているように命じられた。 じきに針がさすような痛みが、二の腕と手の平のあたりを猛烈に襲った。 5分が限度だった。 我慢できずに立ち上がった。 とたんに模範がすごんだ。 「なんで立ち上がってるんだ!」 また腕立ての姿勢に戻った。 再び痛みが襲う。 耐えられなくて立ち上がる。 怒号が飛ぶ。 同じことを何度か繰り返し、とうとう体力が尽きて床にへばってしまった。 「起きろ! 何やっとんじゃ」 Iは怒鳴った。 洗濯室は乾燥機も設置されている。 摂氏40度はあろうかという熱気と高い湿気に包まれていた。 頭がクラクラする。 それでも延々と「腕立て」は続く。 ようやく解放されのは深夜12時30分すぎ。 2時間が経っていた。 最期のほうはほとんど床に倒れっぱなしだった。 これが「シメ」と呼ばれる私的制裁なのだとまもなく知った。 浴場の前に座っていた3年生の先輩に敬礼したとたん、足を蹴られて倒されるという事件もあった。 浴場の前のベンチや浴場内の椅子に、1年生は原則として座ってはいけないという奇妙な伝統があったという。 夕方6時ごろ、風呂に行こうと浴場前を通りかかった。 3年生の先輩がベンチに座っているのが目に入った。 「お疲れ様です」 上級生や「職員」には敬礼するよう教えられていたAさんは、敬礼し、挨拶した。 次の瞬間、足を強く蹴飛ばされた。 不意をつかれたAさんは地面に倒れた。 相手はさらに、乱暴な口調で怒鳴った。 「おい、ふざけてんじゃねえぞ。 声が小さい、なめてんのか!」 恐怖を覚えた。 まるで映画に出てくるヤクザのようだ。 理不尽だったが、反論できる空気ではない。 じつは声が小さいというのは口実で.

次の

陸上自衛隊高等工科学校を受験しようと思っている、今年から中学3年生の...

陸上 自衛隊 高等 工科 学校

校風の碑 高等工科学校生徒(旧 )の教育を行なう施設として、(平成22年)にから改編された。 施設の位置づけ(の指揮監督を受ける防衛大臣直轄の機関)及び所在地は旧校と変わらない。 1学年あたりの生徒数は約300人。 中学校を卒業し、採用試験を経て高等工科学校生徒に任命された者が入校する。 ではないので、生徒が高等学校卒業資格を得るためにであると技能提携している。 学費や寮費は無償であり、所定の給与が生徒に支給される。 原則的に、本校卒業後の4月1日に陸上自衛官となり、の階級を与えられ、約1年間の教育を経た後にに昇任する。 本校に在校中の身分はではなく 「定員外の職員」たる である。 生徒制度の改編に際しては生徒の募集を停止しなかったため、当初は旧制度の生徒と新制度の生徒が混在していた。 旧生徒の身分は自衛官であった。 少年期から専門的なを施し、卒業後は早々にに任官して自衛隊の業務を正式な職業とする者となり、また多くの出身者が制度を通しを目指すなど共通点が多いことから、本校はにおける・・(・陸軍少年戦車兵・陸軍少年通信兵)に類似する。 教育内容 [ ] 本校の教育内容は、一般の高校に相当する「一般教育」、専門分野を教育する「専門教育」、自衛官としての素地を作る「防衛基礎学」の3分野に分けられ、それぞれの専門教官が授業を行う。 一般教育 に準拠した内容で、普通科高校と同様のカリキュラムのもとで教育を行う。 この一般教育とレポート作成など通信制の教育により、生徒は本校卒業と同時に横浜修悠館高等学校卒業の資格を得る。 3学年では選択科目の違いによって「教養」「理数」「国際」の三つの専修コースに分かれる。 度からは、防衛の専門家の養成を目的として、などを学ぶ新たな専修コースを設置する予定。 専門教育 現在の陸上自衛隊で使用される高度に高機能化・システム化された装備品の能力を発揮させるため、その素地を養う。 内容は「電子機械()工学」「」および「ロボット制作等を通じての教育」に大別される。 防衛基礎学 陸上自衛官として必要な基礎的事項の教育。 法令等を学ぶ「服務及び防衛教養」と野外における基礎的な行動を学ぶ「戦闘及び戦技訓練」に大別される。 射撃訓練と戦闘訓練は2学年・3学年で行う。 学生生活 [ ] (度総合予行)で行進する生徒隊 教育理念 「技術的識能を有し、知徳体を兼ね備えた伸展性ある陸上自衛官としてふさわしい人材を育成する」 校風 「明朗闊達・質実剛健・科学精神」 制服 の制服に酷似した、詰め襟の短ジャケット型の制服に一新された。 陸上自衛隊91式制服以前にあった赤ラインが復活し、伝統を継承する形となっている。 生徒の服制の詳細は、施行規則()によるが冬服は濃灰色でえんじ色の飾線を入れた二つポケット、前面ファスナー留めの詰め襟短ジャケットの上下。 ズボンはサスペンダー使用。 夏服1種上衣は冬服同様、2種上衣は白のスタンドカラーで襟にえんじ色の飾線のシャツ。 帽章は、飛桜馬及び若葉の組み合わせたものと独自のデザインのものになる。 制服着用時の靴下は黒。 それ以外は白。 組織編成 [ ]• 企画室• 総務部• 教育部• 教務課• 第1教官室(一般教育を担当。 旧第2教育部)• 第2教官室(専門教育を担当。 旧第1教育部)• 生徒隊(防衛基礎学を担当) 主要幹部 [ ] 官職名 階級 氏名 補職発令日 前職 陸上自衛隊高等工科学校長 兼 武山駐屯地司令 岩名誠一 2020年 03月18日 幕僚副長 副校長 兼 企画室長 渡邉俊明 2019年 03月23日 主任教官 副校長 兼 防衛教官 山田高明 2014年 04月 01日 総務部長 1等陸佐 武藤伸治 2020年 03月23日 陸上自衛隊高等工科学校勤務 教育部長 1等陸佐 久守直紀 2019年12月20日 陸上自衛隊教育訓練研究本部総合企画部総務課長 生徒隊長 1等陸佐 上薗誠司 2020年 08月 01日 本部高級幕僚 歴代の陸上自衛隊高等工科学校長 (陸将補(二)・武山駐屯地司令兼補) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 01 山形克己 2010年 03月26日 - 2010年 03月28日 生徒15期・ 20期 長 兼 司令 退職 02 市野保己 2010年 03月29日 - 2012年 03月29日 生徒19期・ 防大24期 幕僚副長 長 03 菊池哲也 2012年 03月30日 - 2014年 03月25日 中央大学法学部 副師団長 兼 司令 04 小和瀬一 2014年 03月26日 - 2016年 03月22日 生徒24期・ 第4師団司令部幕僚長 陸上幕僚監部 05 滝澤博文 2016年 03月23日 - 2018年 03月26日 生徒24期・ 防大29期 中部方面総監部防衛部長 副師団長 兼 司令 06 堀江祐一 2018年 03月27日 - 2020年 03月17日 生徒26期 ・ 副師団長 兼 司令 幕僚副長 07 岩名誠一 2020年 03月18日 生徒27期・ 防大32期 東北方面総監部幕僚副長 陸上自衛隊生徒出身の著名人 [ ] 高級幹部自衛官(将官)のほか実業家や作家なども輩出している。 を参照。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2019年8月14日時点のよりアーカイブ。 2019年1月27日閲覧。 2019年8月14日時点のよりアーカイブ。 2019年1月27日閲覧。 附則第2条• 高等工科学校. 2020年3月30日閲覧。 高等工科学校. 2020年3月30日閲覧。 2019年8月14日時点のよりアーカイブ。 2019年8月14日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (公式ページ)• (防衛省・防衛施設庁情報検索サービス)• (防衛省公式ページ)• ] -• ] -•

次の