カネスエ 宮西。 カネスエ宮西店(一宮市宮西通)|エキテン

「カネスエ 宮西店」(一宮市

カネスエ 宮西

求人内容は データの入力作業、全社通知連絡事務作業等のパソコンを使用 した作業、消耗品管理等です。 「おいしいもの、いいものだけを」をモットーに、安心・ 安全にこだわった鮮度の高い商品を、お値打ち価格でご提供。 ゆったり歩ける店内をはじめ、お客様の立場から見やすく買い やすい店舗づくりをしています。 主婦・主夫の方 等で経験者の方について大歓迎をいたします。 一人ひとりのライ フスタイルに合わせて働ける環境をご用意しています。 お仕事内容は先輩がしっかりサポートするので大丈夫。 みんなで助け合う風土があるのもカネスエの魅力です。 全従業員の満足がお客様の満足に つながると考え、誇りを持って薦められる商品ラインナップ、 働きやすい環境の整備に取り組んでいます。 事業内容 スーパーマーケットチェーン「カネスエ」「Felna」の経営• 勤務時間 13:00〜 祝日になる月曜日は出勤です。 週4~5日、1日4~5時間勤務出来る方 学生不可 勤務地 氏永サービスセンター 資格 ・1年以上の長期勤務できる方歓迎! ・月~金 勤務時間 13:00〜 祝日になる月曜日は出勤です。 週4~5日、1日4~5時間勤務出来る方 ・総務事務:データ入力、集計 ・消耗品管理 全社通知連絡等 **上記、経験者大歓迎** もちろん未経験の方でも大丈夫です! ・その他電話応対もあります。 待遇・福利厚生 ・有給休暇 ・要履歴書 面接について 面接は、カネスエ氏永サービスセンター 応募頂きましたら、カネスエ採用事務局 よりご連絡いたします。 面接当日は、勤務可能な時間帯や ご希望を伺います。 分からない点、不安な点…など、 なんでも、聞いてくださいね。 応募情報 応募方法 求人情報を最後までお読みいただきありがとうございます。 ご興味のある方は「応募する」ボタンより必要事項を入力の上、ご応募ください。 応募後のプロセス 応募いただいた内容を確認の上、求人担当者より追ってご連絡いたします。 その際面接日時を設定させていただきます。 面接後、概ね7日~10日の間に採否をお知らせいたします。 代表問い合わせ先 カネスエグループ採用事務局 0120-083-224 鮮魚・精肉加工(アルバイト・パート) 1~5時• アクセス名鉄「妙興寺駅」から車で5分• 給与時給1,000円~1,300円 曜日別加給別途あり• 勤務時間1時~5時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 鮮魚・精肉加工(アルバイト・パート) 20~24時• アクセス名鉄「妙興寺駅」から車で5分• 給与時給1,000円~1,300円 曜日別加給別途あり• 勤務時間20時~24時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 鮮魚・精肉加工(アルバイト・パート) 18~22時• アクセス名鉄「妙興寺駅」から車で5分• 給与時給1,000円~1,300円 曜日別加給別途加算• 勤務時間18時~22時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 鮮魚・精肉加工(アルバイト・パート) 13~17時• アクセス名鉄「妙興寺駅」から車で5分• 給与時給1,000円~1,300円 曜日別加給別途加算• 勤務時間13時~17時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 鮮魚・精肉加工(アルバイト・パート) 9~13時• アクセス名鉄「妙興寺駅」から車で5分• 給与時給1,000円~1,300円 曜日別加給別途加算• 勤務時間9時~13時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 鮮魚・精肉加工(アルバイト・パート) 5~9時• アクセス名鉄「妙興寺駅」から車で5分• 給与時給1,000円~1,300円 曜日別加給別途加算• 勤務時間5時~9時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 惣菜の製造補助(アルバイト・パート) 21~5時• アクセス名鉄「玉野駅」から車で3分• 給与時給960円~1,238円 曜日別加給別途あり• 勤務時間21時~5時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 惣菜の製造補助(アルバイト・パート) 0~5時• アクセス名鉄「玉野駅」から車で3分• 給与時給960円~1,238円 曜日別加給別途あり• 勤務時間0時~5時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 惣菜の製造補助(アルバイト・パート) 20~24時• アクセス名鉄「玉野駅」から車で3分• 給与時給960円~1,238円 曜日別加給別途あり• 勤務時間20時~24時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 惣菜の製造補助(アルバイト・パート) 16~20時• アクセス名鉄「玉野駅」から車で3分• 給与時給960円~1,238円 曜日別加給別途あり• 勤務時間16時~20時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 惣菜の製造補助(アルバイト・パート) 7~11時• アクセス名鉄「玉野駅」から車で3分• 給与時給960円~1,238円 曜日別加給別途あり• 勤務時間7時~11時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 惣菜の製造補助(アルバイト・パート) 5~9時• アクセス名鉄「玉野駅」から車で3分• 給与時給960円~1,238円 曜日別加給別途あり• 勤務時間5時~9時 上記以外の時間帯でも随時募集して おります。 お気軽にご相談下さい。 店舗スタッフ(契約社員)• アクセスJR「今伊勢駅」から車で7分• 給与時給1,200円~1,450円 曜日別加給別途加算• 平日のみの希望は受け付けておりません。 レジ・商品補充(アルバイト・パート)• アクセスJR「今伊勢駅」から車で7分• 給与時給1,000円~1,170円 曜日別加給別途加算• 勤務時間シフト制での勤務となります。 店舗スタッフ(契約社員)• アクセス名鉄「江南駅」から車で15分• 給与時給1,200円~1,450円 曜日別加給別途加算• 平日のみの希望は受け付けておりません。 レジ・商品補充(アルバイト・パート)• アクセス名鉄「江南駅」から車で15分• 給与時給1,000円~1,170円 曜日別加給別途加算• 勤務時間シフト制での勤務となります。 店舗スタッフ(契約社員)• アクセスJR「今伊勢駅」から車で14分• 給与時給1,200円~1,450円 曜日別加給別途加算• 平日のみの希望は受け付けておりません。 レジ・商品補充(アルバイト・パート)• アクセスJR「今伊勢駅」から車で14分• 給与時給1,000円~1,170円 曜日別加給別途加算• 勤務時間シフト制での勤務となります。 店舗スタッフ(契約社員)• アクセス名鉄「開明駅」から車で4分• 給与時給1,200円~1,450円 曜日別加給別途加算• 平日のみの希望は受け付けておりません。 レジ・商品補充(アルバイト・パート)• アクセス名鉄「開明駅」から車で4分• 給与時給950円~1,170円 曜日別加給別途加算• 勤務時間シフト制での勤務となります。 店舗スタッフ(契約社員)• アクセス名鉄「一宮駅」から車で3分• 給与時給1,200円~1,450円 曜日別加給別途加算• 平日のみの希望は受け付けておりません。 レジ・商品補充(アルバイト・パート)• アクセス名鉄「一宮駅」から車で3分• 給与時給1,000円~1,170円 曜日別加給別途加算• 勤務時間シフト制での勤務となります。 レジ・商品補充(アルバイト・パート)• アクセスJR「尾張一宮駅」から車で7分• 給与時給1,000円~1,200円 曜日別加給別途加算• 勤務時間シフト制での勤務となります。

次の

クリーニング青山クリーンランド青山 カネスエ宮西店は一宮市エリアのクリーニング店。クリーニングのクリーンランド青山は愛知県名古屋市、昭和区、中区、岐阜県などで展開中。

カネスエ 宮西

のカネ末岩部商店の従業員たちの休日。 、岩部末次郎( - )が海産物商「マルト安藤商店」の次男として生まる。 に岩部家の後継ぎとしてになり 、に一宮市の本町通沿いに"いさば屋の末さん"の愛称で店をかまえた 、海産物(一部鮮魚)・乾物類の小売、卸売商「カネ末岩部商店」がカネスエの起源とされている。 (1892年創業とされていたが、記念史を刊行する際、1902年創業でないとつじつまが合わない部分があるが、現在証明できる人物、資料がない。 ) 創業者の末次郎が1920年に39歳で死去した後は、妻の岩部きょう( - )が後を継ぐ。 「情なんてものは当てにならん。 信じられるものは金だけや」と口にし実践し続け「一宮一番の女傑」と称され、初期には市内で有数の店になった。 薄利多売を基本として漬物、佃煮、調味料、贈答品、酒と販売品目を増やしていったり、より安く仕入れるため「八友会」という同業者8軒による共同仕入れ(の近い手法)を行っていた。 に牛田桂(後述)が「魚が食いたかった。 いさば屋なら魚が食えると思ったんだがな。 」とに入り 、にへ昇格。 桂が6人中5番目の番頭だった当時、42坪の広さの店に20人以上の奉公人が平台に、、の塩漬けの干物、棚に、、などが並べ、常時ではないが生の魚を売っていた。 買い物客、小売・卸売商などさまざまな客に対し、それぞれに異なった売り方をしていた。 戦争のため物資不足となった。 売上高が減少していったが、当初は商品価格が上昇し、利幅が上昇した。 きょうは納入や商売の保護についての便宜を期待して、陸軍へ物資献納、献金を熱心に行っていたが、仕入れができなくなり閉店休業となった。 1950年代、1960年代 [ ] カネスエ本町店跡地(2007年8月2日撮影) かつて「総合食品のデパート」と称していた。 戦後の、牛田桂( - )により「旧カネ末岩部商店」から数十メートル離れた一宮市本町4丁目に丸井医院から15坪くらいの土地を借り従業員7名で再開。 その2年後の従業員11名、45万円で「株式会社カネスエ岩部商店」を設立し、社長に牛田桂が就任。 株式会社として会社設立後、売上高はに2,000万円、に2,497万円と伸びていった。 には売上高が3,720万円に達し 、会社設立当初15坪の本町店を40坪に増床した。 に売上高が1億1,638万円に達し、1億円の大台を初めて上回った。 には3階建ての木造店舗を増床し 、に前年増床した3階建ての木造店舗の東隣に、5階建てのビルを建設した。 、牛田桂はのスーパーマーケットを視察しに行った。 帰国後、を導入し卸売りと変わらない値段での小売を実行した。 しかし、他の小売業者の怒りを買い関係が悪化して卸売で売掛金未回収が多発した。 に野菜、精肉およびインスタント食品の販売を始め 、売上高は2億3,700万円、1坪あたりの売り上げが557万円、卸売りの売上高は1億1,500億円で小売が卸売りの売上げを初めて上回った。 1963年に売上高は5億2,766万円に達し 、に日本初の形式の小売店を東京のに開業した の代表取締役社長の増井徳男が日本全国の小売商店をまわり、セルフサービスの意義を説いたことがきっかけでセルフサービス方式を導入した。 その直後、卸売からの撤退を牛田桂が決断するもまで存続した。 、1坪あたりの売上げが634万円に達し、小売業店舗単位面積当たりの売り上げが日本一となった。 「どうしたらそんなに売れるか?」と日本全国の小売業者、食品会社の幹部が本町店へ視察に来るようになった。 当時の本町店の来店客数は約1万人。 どれほどの盛況ぶりかを例えるなら、バナナを補充するために箱を青果売り場へ持ち運んでいる間に箱が空になってしまうほどだったという。 前半、店頭でパンの販売を始めようとしたが、既存のルートは押さえられていて参入できなかった。 しかし当時、中部・関西地方に進出を考えていたから仕入れを始め、当時のカネスエ本町店を訪れた創業者は感動し、当時懸案中のカエスエ駅西店の開店に、飯島延浩(現在の山崎製パン代表取締役社長)ら社員を研修のため派遣し、、設立に活かされた。 その後、山崎製パンと親交が続き、2002年の牛田桂の葬儀の席で飯島延浩は彼を「 カネスエの大将」と弔辞をささげた。 ドンブリ勘定が基本で正確な申告をへしておらず、税務署の格好の標的となったが、経理処理を明確にし、1967年には「優良申告法人」として一宮税務署から表彰を受けた。 1967年に完全セルフサービスの駅西店の開店し化。 売上高が11億8,231万円に達した。 売り上げの増加とともに人手不足となり 、から一般応募へ変更し、それに伴いの支払いを会社管理の貯金型、手渡し型に変更、 就業規則の制定した。 100人収容、300坪の独立した女子寮の完成。 1970年代、1980年代 [ ] カネスエ宮西店(2007年) 4月、から1974年までへ期限付きで入社した牛田彰(1949年 - )がカネスエに入社した。 同年、仕入れの合理化、品揃えの統一、配送コスト低減のため流通センターと総工費3億6,000万円で本社機構を建設し、これと同時に製の大型を導入した。 6月郊外型「」が開店。 その影響を受け 61億円から59億円と会社設立以来初めて売り上げが前年比で減少した。 本社機構、流通センターを同時に建設したが、売上高の減少にともない借入総額が9億8,000万円に達し 、「カネスエは危ないらしい」とささやかれた。 1977年の売上高は65億円で、は71億5,000万円、は80億円、には売上高が105億円に達した。 に共同仕入れによる低価格化を目指し「東海セルコ」を設立し、その後「」へ加盟した。 の売上高は66億円。 同年社名を「株式会社カネスエ岩部商店」から「株式会社カネスエ」へ改称し、それと同時に本社所在地を現在の一宮市下川田町へ移転した。 に牛田彰が最高責任者となり 、同年、コーポレートコピーを「ベストクォリティー ベターライフ」と制定し 、メバチマグロの販売、多種多様なスパイス専用売り場の設置、輸入食品の充実を開始した。 、フランス語で「燭台」を意味するインストアベーカリー「ランヴァドール」が発足した。 設備に3,000万円を投資し、は高かったが、稲沢店、八幡店、開明店の売り上げは悪く、自主開発製造をやめてテナント方式となった。 コーポレートコピー制定から5年後のに、社会に対して何を提供するかという問いかけから(CI)を導入した。 コーポレートコピーを「おいしいもの、いいものだけを」とし、はを斜めに切った形をとった。 この楕円は躍動感を、切り口は新鮮さと個性を表している。 このCI導入にともない看板等の改変に1億円近く要した。 1990年代 [ ] 1992年開店の東員店(2007年撮影) に三重県に東員店、に岐阜県(大野店)と愛知県外に出店拡大した。 同年店舗数17、売上高265億円、従業員数1039名に達した。 1989年に日配品配送センターを建設し 、1995年には5億円を投資して、店舗のバックヤードで行う鮮魚や精肉のパック詰めなどの加工をすべて一箇所に集約したプロセスセンターのが稼動。 どの店にも最短で配送できるよう本社・流通センターの敷地内に設けられた。 1月に本格稼動し、同年7月に全店をカバーした。 カネスエを核店舗とし、のなどのテナント4店舗を擁した瀬部店 ガラスの反射の関係で実際の並びと逆に映っている。 なお、ドラッグストアのセガミは2010年に撤退し、現在はシューズショップのエルパスが入店している。 1995年、の主宰する経営塾「盛和塾」へ入塾。 5月、稲盛和夫の提唱による「」をもとに経営理念、考え方、目指すべき方向性を検討し、「カネスエフィロソフィー(企業哲学)」としてまとめ、同年7月に「アメーバ経営」を導入した。 カネスエフィロソフィーには社是を「善きことを思い、善きことを成す。 」と定め、経営理念(何のためにカネスエはあるのか)は、牛田彰が「社員が幸せでないのに、どうしてお客様を幸せにできようか」と、従業員の幸福と社会への貢献を同等に置いた「全従業員の物心両面の幸福(しあわせ)の追求と社会の発展に貢献する」とされている。 、社長に牛田彰、会長に牛田桂がそれぞれ就任した。 に店舗数20、従業員数1,600名、売上高280億円に達した。 同年12月にカネスエ1号店の本町店が1948年以来53年の歴史に幕を閉じた。 2000年 - [ ] 岐大前店 に創業100周年を迎え、次の100年を見据えるため 、新業態としてからインターネットや電話を通しての宅配サービス「あーすワン」 、からナチュラルフードストア「旬楽膳」を展開した。 6月、品質保証を含んだ、顧客満足の向上を目指すためのによる規格の認証取得を目指し、に取得 、11月20日には環境マネジメントシステムのを取得した。 総資本の回転を促進させ経常利益を上げるという改革を、2006年から4年計画で実行。 にを中心に展開しているスーパーマーケット・の、の配布を中止しその経費を商品売価に反映する手法を取り入れ、低価格路線を打ち出し始めた。 その一例が、合計1,000円以上買い上げた場合に限りレタスや大根などが1円になるサービスであった。 一方で競合店のも野菜類を1円で販売していたため価格競争が起きた。 売り上げは、改革前の2006年期は263億円だったが、2009年3月期には408億円となった。 この間、店舗数は増えていない。 店舗 [ ] 浅井店 現在カネスエは大型スーパーマーケットの「カネスエ」、専門のスーパーストア・マーケット「旬楽膳」、小型スーパーマーケットの「フェルナ」を運営しており、までの「あーすワン」も展開していた。 カネスエ [ ] 創業から本町店の1店舗のみで事業展開をしていたが、に駅西店が開店してからは、本部のある一宮市を中心に多店舗化していった。 に開店した宮西店、稲沢店の成功以後、郊外立地、100台以上の駐車場完備で出店するようになった。 一方、からにかけて雑貨店の瀬戸末広店、商店街立地の犬山店、日本毛織店の閉店、瀬戸店の改装、名鉄丸栄店の食品売り場からの撤退など、店舗のを進めていった。 に開店した浅井店ではかつて牛田彰が泊り込み、アオキスーパー浅井店との間での価格競争の指揮に当たっていた。 には、一宮市内のカネスエとアオキスーパーで前述の1円野菜商戦が繰り広げられた。 に三重県に東員店、に岐阜県に大野店、と愛知県外へ出店した。 にスーパー・スーパーマーケット(SSM)形態の店舗1号店である国府宮店が開店した。 カネスエを核店舗としてさまざまなテナントを擁したネバフッド・ショッピングセンター(NSC・郊外型複合店舗)形態の店舗1号店・瀬部店が開店した。 旬楽膳 [ ] 旬楽膳一宮八幡店 愛知県一宮市 旬楽膳は有機食材専門のスーパーマーケットである。 、「昨年創業100周年を迎えたのを機に、次の百年を見据えた新しい方向性を見いだしたかった」 という思いのもと、また、そのころ食品の、により食品への信頼が失墜したことを受け、「メーカーだけでなく、店の責任はないのか?」 「食を扱うスーパー自体も消費者に安心できる食品を提供しなければ」 というスーパーマーケットとしての使命感も相まって、2002年5月に閉店した八幡店を改装し一番美味しい「 旬」のものを「 楽」しく、ワイワイと家族で「 膳」(食卓)を囲む というコンセプトの新業態ストア「旬楽膳」1号店の一宮八幡店が9月9日開店した。 「自然のものを、自然のままに」 を大原則とし、認定オーガニック食材、本当に美味しい食材を、市場を経由せずに日本全国の百軒以上 の有機野菜生産者から直接購入し、生産者名、栽培・飼育方法、流通経路などを詳しく表示。 また生産者と消費者の双方の情報交換の場も用意し、両者の信頼関係の構築を進めている。 にレジ袋を有料化し、その有料化による収入は「全国有機農業推進協議会」へ寄付されることとなった。 惣菜、店内併設レストラン「ダイニング膳」では店内で販売中の食材を使用しており、その栄養から食べ方までを提案しの実現 を目指している。 、初出店となる「旬楽膳 名古屋地アミ店」では 、1月の発覚以後、客数が約1. 2倍、売上高が1. 5倍増加した。 あーすワン [ ] 「」も参照 あーすワンは、かつてカネスエが運営していた、食品、雑貨など約2,000品目の商品を取り扱った、インターネットや電話を用いた宅配サービスである。 ににより出店が思うようにできなくなったことを受けた 、旬楽膳事業の中で培われたノウハウを生かした、無着色、など「健康と安全」をうたった業態であった。 キャッチコピーは「大地の実り キッチンまで」。 料理レシピ、調理方法、食品の組み合わせなど「いかに食べるか」 の情報提供にも踏み込んでおり、幼い子供がいる家庭や足腰の弱ったお年寄り世帯など買い物へ行くのが大変な人を対象とした。 、サービス終了。 フェルナ [ ] フェルナは、大型スーパーのカネスエに対して「近くにある利便性」「買いやすさ」を追求した、小型の店舗。 を中心に、名古屋市やや、やなどにも出店している。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 株式会社カネスエ 創業百年プロジェクトチーム 今尾幸造 杉野康夫『』株式会社カネスエ、愛知県一宮市(原著2005年6月)、217ページ。 私ども現役は 先代先々代より「明治25年創業」として代々聞いてきておりましたが、今回記念史を刊行するにあたり過去の資料をつき合わせてみたところ、明治35年でないとつじつまが合わない部分があり、おそらく35年ではないかと思っておりますが、残念ながらこれを証明できる方も既に生存しておられなく資料も見つかっておりません。 代々様々な場所において「明治25年」と表明していたことも事実なのでそのままにしてあります。 そのような訳で曖昧な部分になっている次第です。 — カネスエ総務部の返答より• VillageJapan 2009年10月5日. 2010年4月3日閲覧。 『帝国データバンク会社年鑑第82版西日本』帝国データバンク、2001年10月、1487頁。 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 33—34• 今尾幸造、杉野康夫 2005: pp. 51, 72• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 129• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 112• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 113• 115• 119• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. e-kinokuniya. com. 2010年3月24日閲覧。 kanesue. 2008年2月4日時点のよりアーカイブ。 2010年3月24日閲覧。 122• 113• 135—136• 123• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 143• 139• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 138• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 140• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 141• 148• 172—173• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 156• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 126• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 155• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 166• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 160• 169—170• 今尾幸造、杉野康夫 2005: pp. 174• 181• newzealand-beef. 2010年3月25日閲覧。 今尾幸造、杉野康夫 2005: pp. 188—189• 今尾幸造、杉野康夫 2005: pp. 190, 193• earthone. 2008年1月24日閲覧。 kantei. 2008年3月8日閲覧。 binnet. 2010年3月25日閲覧。 209• 207• kanesue. 2010年3月25日閲覧。 kanesue. 2010年3月25日閲覧。 nissyoku. 2008年1月28日閲覧。 jicqa. 2008年4月26日閲覧。 「スーパーに広がるエコ得作戦」『』2008年3月8日付朝刊、12版、20面、尾張版• job. mynavi. 2008年1月24日閲覧。 job. mycom. 2008年2月16日閲覧。 b-support. net. 2008年1月24日閲覧。 binnet. 2008年1月24日閲覧。 shun-rakuzen. com. 2008年1月24日閲覧。 「」『月刊い~ち(each)』(2008年6月号・73号) 2008年6月15日閲覧。 「有料レジ袋で有機農業応援 一宮のスーパー「旬楽膳」」『』2008年3月22日付朝刊、12版、23面、尾張版• shun-rakuzen. com. 2008年1月24日閲覧。 binnet. 2010年3月25日閲覧。 2008年3月1日閲覧。 tv-aichi. jp 2007年8月16日. 2007年11月17日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

カネスエ

カネスエ 宮西

のカネ末岩部商店の従業員たちの休日。 、岩部末次郎( - )が海産物商「マルト安藤商店」の次男として生まる。 に岩部家の後継ぎとしてになり 、に一宮市の本町通沿いに"いさば屋の末さん"の愛称で店をかまえた 、海産物(一部鮮魚)・乾物類の小売、卸売商「カネ末岩部商店」がカネスエの起源とされている。 (1892年創業とされていたが、記念史を刊行する際、1902年創業でないとつじつまが合わない部分があるが、現在証明できる人物、資料がない。 ) 創業者の末次郎が1920年に39歳で死去した後は、妻の岩部きょう( - )が後を継ぐ。 「情なんてものは当てにならん。 信じられるものは金だけや」と口にし実践し続け「一宮一番の女傑」と称され、初期には市内で有数の店になった。 薄利多売を基本として漬物、佃煮、調味料、贈答品、酒と販売品目を増やしていったり、より安く仕入れるため「八友会」という同業者8軒による共同仕入れ(の近い手法)を行っていた。 に牛田桂(後述)が「魚が食いたかった。 いさば屋なら魚が食えると思ったんだがな。 」とに入り 、にへ昇格。 桂が6人中5番目の番頭だった当時、42坪の広さの店に20人以上の奉公人が平台に、、の塩漬けの干物、棚に、、などが並べ、常時ではないが生の魚を売っていた。 買い物客、小売・卸売商などさまざまな客に対し、それぞれに異なった売り方をしていた。 戦争のため物資不足となった。 売上高が減少していったが、当初は商品価格が上昇し、利幅が上昇した。 きょうは納入や商売の保護についての便宜を期待して、陸軍へ物資献納、献金を熱心に行っていたが、仕入れができなくなり閉店休業となった。 1950年代、1960年代 [ ] カネスエ本町店跡地(2007年8月2日撮影) かつて「総合食品のデパート」と称していた。 戦後の、牛田桂( - )により「旧カネ末岩部商店」から数十メートル離れた一宮市本町4丁目に丸井医院から15坪くらいの土地を借り従業員7名で再開。 その2年後の従業員11名、45万円で「株式会社カネスエ岩部商店」を設立し、社長に牛田桂が就任。 株式会社として会社設立後、売上高はに2,000万円、に2,497万円と伸びていった。 には売上高が3,720万円に達し 、会社設立当初15坪の本町店を40坪に増床した。 に売上高が1億1,638万円に達し、1億円の大台を初めて上回った。 には3階建ての木造店舗を増床し 、に前年増床した3階建ての木造店舗の東隣に、5階建てのビルを建設した。 、牛田桂はのスーパーマーケットを視察しに行った。 帰国後、を導入し卸売りと変わらない値段での小売を実行した。 しかし、他の小売業者の怒りを買い関係が悪化して卸売で売掛金未回収が多発した。 に野菜、精肉およびインスタント食品の販売を始め 、売上高は2億3,700万円、1坪あたりの売り上げが557万円、卸売りの売上高は1億1,500億円で小売が卸売りの売上げを初めて上回った。 1963年に売上高は5億2,766万円に達し 、に日本初の形式の小売店を東京のに開業した の代表取締役社長の増井徳男が日本全国の小売商店をまわり、セルフサービスの意義を説いたことがきっかけでセルフサービス方式を導入した。 その直後、卸売からの撤退を牛田桂が決断するもまで存続した。 、1坪あたりの売上げが634万円に達し、小売業店舗単位面積当たりの売り上げが日本一となった。 「どうしたらそんなに売れるか?」と日本全国の小売業者、食品会社の幹部が本町店へ視察に来るようになった。 当時の本町店の来店客数は約1万人。 どれほどの盛況ぶりかを例えるなら、バナナを補充するために箱を青果売り場へ持ち運んでいる間に箱が空になってしまうほどだったという。 前半、店頭でパンの販売を始めようとしたが、既存のルートは押さえられていて参入できなかった。 しかし当時、中部・関西地方に進出を考えていたから仕入れを始め、当時のカネスエ本町店を訪れた創業者は感動し、当時懸案中のカエスエ駅西店の開店に、飯島延浩(現在の山崎製パン代表取締役社長)ら社員を研修のため派遣し、、設立に活かされた。 その後、山崎製パンと親交が続き、2002年の牛田桂の葬儀の席で飯島延浩は彼を「 カネスエの大将」と弔辞をささげた。 ドンブリ勘定が基本で正確な申告をへしておらず、税務署の格好の標的となったが、経理処理を明確にし、1967年には「優良申告法人」として一宮税務署から表彰を受けた。 1967年に完全セルフサービスの駅西店の開店し化。 売上高が11億8,231万円に達した。 売り上げの増加とともに人手不足となり 、から一般応募へ変更し、それに伴いの支払いを会社管理の貯金型、手渡し型に変更、 就業規則の制定した。 100人収容、300坪の独立した女子寮の完成。 1970年代、1980年代 [ ] カネスエ宮西店(2007年) 4月、から1974年までへ期限付きで入社した牛田彰(1949年 - )がカネスエに入社した。 同年、仕入れの合理化、品揃えの統一、配送コスト低減のため流通センターと総工費3億6,000万円で本社機構を建設し、これと同時に製の大型を導入した。 6月郊外型「」が開店。 その影響を受け 61億円から59億円と会社設立以来初めて売り上げが前年比で減少した。 本社機構、流通センターを同時に建設したが、売上高の減少にともない借入総額が9億8,000万円に達し 、「カネスエは危ないらしい」とささやかれた。 1977年の売上高は65億円で、は71億5,000万円、は80億円、には売上高が105億円に達した。 に共同仕入れによる低価格化を目指し「東海セルコ」を設立し、その後「」へ加盟した。 の売上高は66億円。 同年社名を「株式会社カネスエ岩部商店」から「株式会社カネスエ」へ改称し、それと同時に本社所在地を現在の一宮市下川田町へ移転した。 に牛田彰が最高責任者となり 、同年、コーポレートコピーを「ベストクォリティー ベターライフ」と制定し 、メバチマグロの販売、多種多様なスパイス専用売り場の設置、輸入食品の充実を開始した。 、フランス語で「燭台」を意味するインストアベーカリー「ランヴァドール」が発足した。 設備に3,000万円を投資し、は高かったが、稲沢店、八幡店、開明店の売り上げは悪く、自主開発製造をやめてテナント方式となった。 コーポレートコピー制定から5年後のに、社会に対して何を提供するかという問いかけから(CI)を導入した。 コーポレートコピーを「おいしいもの、いいものだけを」とし、はを斜めに切った形をとった。 この楕円は躍動感を、切り口は新鮮さと個性を表している。 このCI導入にともない看板等の改変に1億円近く要した。 1990年代 [ ] 1992年開店の東員店(2007年撮影) に三重県に東員店、に岐阜県(大野店)と愛知県外に出店拡大した。 同年店舗数17、売上高265億円、従業員数1039名に達した。 1989年に日配品配送センターを建設し 、1995年には5億円を投資して、店舗のバックヤードで行う鮮魚や精肉のパック詰めなどの加工をすべて一箇所に集約したプロセスセンターのが稼動。 どの店にも最短で配送できるよう本社・流通センターの敷地内に設けられた。 1月に本格稼動し、同年7月に全店をカバーした。 カネスエを核店舗とし、のなどのテナント4店舗を擁した瀬部店 ガラスの反射の関係で実際の並びと逆に映っている。 なお、ドラッグストアのセガミは2010年に撤退し、現在はシューズショップのエルパスが入店している。 1995年、の主宰する経営塾「盛和塾」へ入塾。 5月、稲盛和夫の提唱による「」をもとに経営理念、考え方、目指すべき方向性を検討し、「カネスエフィロソフィー(企業哲学)」としてまとめ、同年7月に「アメーバ経営」を導入した。 カネスエフィロソフィーには社是を「善きことを思い、善きことを成す。 」と定め、経営理念(何のためにカネスエはあるのか)は、牛田彰が「社員が幸せでないのに、どうしてお客様を幸せにできようか」と、従業員の幸福と社会への貢献を同等に置いた「全従業員の物心両面の幸福(しあわせ)の追求と社会の発展に貢献する」とされている。 、社長に牛田彰、会長に牛田桂がそれぞれ就任した。 に店舗数20、従業員数1,600名、売上高280億円に達した。 同年12月にカネスエ1号店の本町店が1948年以来53年の歴史に幕を閉じた。 2000年 - [ ] 岐大前店 に創業100周年を迎え、次の100年を見据えるため 、新業態としてからインターネットや電話を通しての宅配サービス「あーすワン」 、からナチュラルフードストア「旬楽膳」を展開した。 6月、品質保証を含んだ、顧客満足の向上を目指すためのによる規格の認証取得を目指し、に取得 、11月20日には環境マネジメントシステムのを取得した。 総資本の回転を促進させ経常利益を上げるという改革を、2006年から4年計画で実行。 にを中心に展開しているスーパーマーケット・の、の配布を中止しその経費を商品売価に反映する手法を取り入れ、低価格路線を打ち出し始めた。 その一例が、合計1,000円以上買い上げた場合に限りレタスや大根などが1円になるサービスであった。 一方で競合店のも野菜類を1円で販売していたため価格競争が起きた。 売り上げは、改革前の2006年期は263億円だったが、2009年3月期には408億円となった。 この間、店舗数は増えていない。 店舗 [ ] 浅井店 現在カネスエは大型スーパーマーケットの「カネスエ」、専門のスーパーストア・マーケット「旬楽膳」、小型スーパーマーケットの「フェルナ」を運営しており、までの「あーすワン」も展開していた。 カネスエ [ ] 創業から本町店の1店舗のみで事業展開をしていたが、に駅西店が開店してからは、本部のある一宮市を中心に多店舗化していった。 に開店した宮西店、稲沢店の成功以後、郊外立地、100台以上の駐車場完備で出店するようになった。 一方、からにかけて雑貨店の瀬戸末広店、商店街立地の犬山店、日本毛織店の閉店、瀬戸店の改装、名鉄丸栄店の食品売り場からの撤退など、店舗のを進めていった。 に開店した浅井店ではかつて牛田彰が泊り込み、アオキスーパー浅井店との間での価格競争の指揮に当たっていた。 には、一宮市内のカネスエとアオキスーパーで前述の1円野菜商戦が繰り広げられた。 に三重県に東員店、に岐阜県に大野店、と愛知県外へ出店した。 にスーパー・スーパーマーケット(SSM)形態の店舗1号店である国府宮店が開店した。 カネスエを核店舗としてさまざまなテナントを擁したネバフッド・ショッピングセンター(NSC・郊外型複合店舗)形態の店舗1号店・瀬部店が開店した。 旬楽膳 [ ] 旬楽膳一宮八幡店 愛知県一宮市 旬楽膳は有機食材専門のスーパーマーケットである。 、「昨年創業100周年を迎えたのを機に、次の百年を見据えた新しい方向性を見いだしたかった」 という思いのもと、また、そのころ食品の、により食品への信頼が失墜したことを受け、「メーカーだけでなく、店の責任はないのか?」 「食を扱うスーパー自体も消費者に安心できる食品を提供しなければ」 というスーパーマーケットとしての使命感も相まって、2002年5月に閉店した八幡店を改装し一番美味しい「 旬」のものを「 楽」しく、ワイワイと家族で「 膳」(食卓)を囲む というコンセプトの新業態ストア「旬楽膳」1号店の一宮八幡店が9月9日開店した。 「自然のものを、自然のままに」 を大原則とし、認定オーガニック食材、本当に美味しい食材を、市場を経由せずに日本全国の百軒以上 の有機野菜生産者から直接購入し、生産者名、栽培・飼育方法、流通経路などを詳しく表示。 また生産者と消費者の双方の情報交換の場も用意し、両者の信頼関係の構築を進めている。 にレジ袋を有料化し、その有料化による収入は「全国有機農業推進協議会」へ寄付されることとなった。 惣菜、店内併設レストラン「ダイニング膳」では店内で販売中の食材を使用しており、その栄養から食べ方までを提案しの実現 を目指している。 、初出店となる「旬楽膳 名古屋地アミ店」では 、1月の発覚以後、客数が約1. 2倍、売上高が1. 5倍増加した。 あーすワン [ ] 「」も参照 あーすワンは、かつてカネスエが運営していた、食品、雑貨など約2,000品目の商品を取り扱った、インターネットや電話を用いた宅配サービスである。 ににより出店が思うようにできなくなったことを受けた 、旬楽膳事業の中で培われたノウハウを生かした、無着色、など「健康と安全」をうたった業態であった。 キャッチコピーは「大地の実り キッチンまで」。 料理レシピ、調理方法、食品の組み合わせなど「いかに食べるか」 の情報提供にも踏み込んでおり、幼い子供がいる家庭や足腰の弱ったお年寄り世帯など買い物へ行くのが大変な人を対象とした。 、サービス終了。 フェルナ [ ] フェルナは、大型スーパーのカネスエに対して「近くにある利便性」「買いやすさ」を追求した、小型の店舗。 を中心に、名古屋市やや、やなどにも出店している。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 株式会社カネスエ 創業百年プロジェクトチーム 今尾幸造 杉野康夫『』株式会社カネスエ、愛知県一宮市(原著2005年6月)、217ページ。 私ども現役は 先代先々代より「明治25年創業」として代々聞いてきておりましたが、今回記念史を刊行するにあたり過去の資料をつき合わせてみたところ、明治35年でないとつじつまが合わない部分があり、おそらく35年ではないかと思っておりますが、残念ながらこれを証明できる方も既に生存しておられなく資料も見つかっておりません。 代々様々な場所において「明治25年」と表明していたことも事実なのでそのままにしてあります。 そのような訳で曖昧な部分になっている次第です。 — カネスエ総務部の返答より• VillageJapan 2009年10月5日. 2010年4月3日閲覧。 『帝国データバンク会社年鑑第82版西日本』帝国データバンク、2001年10月、1487頁。 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 33—34• 今尾幸造、杉野康夫 2005: pp. 51, 72• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 129• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 112• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 113• 115• 119• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. e-kinokuniya. com. 2010年3月24日閲覧。 kanesue. 2008年2月4日時点のよりアーカイブ。 2010年3月24日閲覧。 122• 113• 135—136• 123• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 143• 139• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 138• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 140• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 141• 148• 172—173• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 156• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 126• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 155• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 166• 今尾幸造、杉野康夫 2005: p. 160• 169—170• 今尾幸造、杉野康夫 2005: pp. 174• 181• newzealand-beef. 2010年3月25日閲覧。 今尾幸造、杉野康夫 2005: pp. 188—189• 今尾幸造、杉野康夫 2005: pp. 190, 193• earthone. 2008年1月24日閲覧。 kantei. 2008年3月8日閲覧。 binnet. 2010年3月25日閲覧。 209• 207• kanesue. 2010年3月25日閲覧。 kanesue. 2010年3月25日閲覧。 nissyoku. 2008年1月28日閲覧。 jicqa. 2008年4月26日閲覧。 「スーパーに広がるエコ得作戦」『』2008年3月8日付朝刊、12版、20面、尾張版• job. mynavi. 2008年1月24日閲覧。 job. mycom. 2008年2月16日閲覧。 b-support. net. 2008年1月24日閲覧。 binnet. 2008年1月24日閲覧。 shun-rakuzen. com. 2008年1月24日閲覧。 「」『月刊い~ち(each)』(2008年6月号・73号) 2008年6月15日閲覧。 「有料レジ袋で有機農業応援 一宮のスーパー「旬楽膳」」『』2008年3月22日付朝刊、12版、23面、尾張版• shun-rakuzen. com. 2008年1月24日閲覧。 binnet. 2010年3月25日閲覧。 2008年3月1日閲覧。 tv-aichi. jp 2007年8月16日. 2007年11月17日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の