みずほwallet for android。 最大10,000円もれなく還元!!みずほWallet 「Smart Debit」新規発行&ご利用で最大20%キャッシュバック!|株式会社みずほ銀行のプレスリリース

みずほ銀行のスマホ決済アプリ「みずほWallet」を使うメリットは何か?

みずほwallet for android

みずほwalletの特徴 まず、みずほwalletとはどのようなアプリなのか特徴についてご紹介してみます。 みずほwalletの最大の特徴は銀行口座から直接チャージできること。 そのため、引き落とし金額が銀行口座に即座に反映されるのが便利です。 また、アプリの中でお金の管理ができるため、予想以上に請求額が多かったとか、つい使いすぎてしまった…などという心配がありません。 誰でもすぐにカンタンに決済できるので、レジ前で小銭やカードを出す手間や時間がいりませんし、ATMでわざわざお金を引き出す必要もありません。 さらに、みずほwalletはPayBやみずほダイレクトなどといったみずほ銀行のさまざまなサービスにも対応しています。 みずほwalletが使えるお店 では、便利なサービスみずほwalletが使えるお店ってどんなお店があるんでしょうか? 詳しいことはみずほ銀行などの公式サイトで確認していただければと思いますが、 一般的に使えるお店をまとめておきたいと思います。 コンビニエンスストア ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セブンイレブン、セイコーマート、デイリーヤマザキ…など。 スーパー、ショッピングモール アピタ、イオン、オーケー、イトーヨーカドー、ふじ、中央スーパー、まいばすけっと、マックスバリュ、メガ、フクハラ、アリオ、グランフロント大阪、なんばCITY、近鉄百貨店、HEPナビオ…などが主なところです。 ドラッグストア ドラッグストアだとコクミン、スギ薬局、ウェルネス、マツキヨ、ウェルシア…など、大手ドラッグストアならどこでも使えます。 レストラン、居酒屋 レストラン、居酒屋はほとんどの大手のお店ならどこでも使えます。 たとえば、グラッチェガーデンズ、さくら、ステーキガスト、築地日本海、タリーズコーヒー、なごやか亭、藍屋、回転寿司花まる、MKレストラン、海鮮三崎港、木曽路、コメダ珈琲店、CoCo壱番屋、魚べい、バーガーキング、ナガハマコーヒー、鈴のれん、すき家…で利用可能です。 その他 他にも、京セラドーム大阪、アドベンチャーワールド、マクセルアクアパーク品川、東京ディズニーシー、ナゴヤドーム、ユニバーサルスタジオジャパン、チェッカーキャブ、宝交通、エディオン、コナカ、ビックカメラ、快活クラブ、東京無線タクシーなど日頃の生活に欠かせないサービスでも利用ができます。 みずほ walletのとメリット みずほ walletのメリットについてここでご紹介してみたいと思います。 現金もカードも必要ない また、現金やカードを持ち歩かなくても口座にあるお金を利用できるので非常に便利です。 支払いの際、わざわざアプリを立ち上げる必要はなく、クイックペイでと伝えれば即座にお金が引き落とされる仕組みです。 現金やカードを出す必要は全くなく、スマホをかざすだけで銀行口座から即座にお金が引き落とされるため使いすぎる心配も全くありません! 交通機関で使える まず、iPhone版みずほ walletとして挙げられるものに、交通機関で使用できるというのがあります。 そのため、日頃から交通機関を利用する方でウォレットで支払いたいという方におすすめです。 複数の口座を一括で管理できる また、iPhone版みずほ walletのメリットに複数の口座を一括管理できるというのがあります。 みずほ銀行の口座を複数開設されている方にとって、これはかなりメリットではないでしょうか? AppleWatchに対応している AppleWatchをお使いの方も使えるのはかなり便利かと思います。 もし、AppleWatchをお持ちの方はぜひ利用してみていただきたいです。 口座情報を入力するだけで使える もし、みずほ銀行の口座をすでに開設されているなら、口座情報を入力するだけですぐに利用できます。 みずほ walletのデメリット では、みずほ walletにデメリットってあるんでしょうか? さまざまな情報を調査したところ、多少デメリットもあるようですね。 土曜深夜に使えない みずほ walletは土曜の夜から日曜の朝にかけて使用できないというのがあります。 みすほ銀行は基幹システムに大きな課題を抱えていると言われていますが、まさにそれがネックになっているのでしょうね。 現代社会では朝昼晩に関わらず、コンビニやネット通販などで買い物をすることがあります。 ですが、土曜の深夜から日曜の朝にかけて使えないというのはかなり致命的かもしれません。 ですが、それを上回るメリットが多いと言っていいでしょう。 ポイント還元率が低い みずほWalletはポイント還元率が低いと言われています。 一般的なデビットカードを比べても低くなっており、メインの電子マネーとして使用する場合どうかな?と思われている方も多いのが現実です。 ですが、プリペイド式電子マネーの場合だとチャージするのが面倒ですし、お金の流れが複雑なポストペイ式電子マネーはちょっと…という方にとってみずほWalletは今のところ、銀行口座から即座に引き落としされるため、メリットの方が上回るかと思います。 みずほ walletのセキュリティ ただ、気になるのはみずほ walletのセキュリティ面ではないでしょうか? みずほ walletではいざという時のために利用限度額設定や利用時のメール通知機能などがあるため、口座残高の引き落とし状況やお支払状況などを常に確認できるようになっています。 みずほWalletの登録方法 では、実際にみずほWalletを登録するとなった場合の登録方法についてご紹介します。 みずほWalletを利用する場合みずほ銀行の普通預金口座を開設しなければなりません。 もちろん、スマホがないと使えないのでこの2つが必要となってきます。 みずほWalletをダウンロードしアカウントを仮登録します。 この時、メールアドレスを入力。 メールが届いたらそのメールに書かれているURLをクリックすれば本登録が可能です。 本登録の画面に進んだら、氏名や携帯番号、性別、パスワード、生年月日などを入力後、みずほ銀行発行のJCBカードデビットカードをお持ちの方はそのカード番号なども入力しましょう。 その後、メールかSMSメッセージで認証する過程がありますが、指示どおりに行えば誰でもカンタンに登録できます。 みずほWalletを使った感想 実際にみずほWalletを使ってみた感想はどうかと言うと、ネットなどの情報では決済に時間がかかるとありますが、そうでもありませんでした。 コンビニエンスストアローソンでみずほWalletを使用しレジで使用してみるとすぐに決済でき特に問題ありませんでした。 ただ、QUICKPayだからなのか分かりませんが、SuicaやiDなどと比べた時に決済の認証に多少時間がかかるような気がします。 とは言え、5秒程度なので気にするほどでもないかと思います! アプリでのチェックが非常に便利 ローソンでみずほWalletを使用後みずほWalletアプリを開いてみたところ、アプリのトップページに口座の残高、最後に使った金額が表示されました。 また、最近のWallet支払いをタッチすれば、普通口座の取引履歴が表示される仕組みのようですね。 みずほWalletを使用するまで口座残高をチェックするのにわざわざみずほダイレクトにログインする必要がありましたが、その必要がなくなったので非常に便利です! また、明細でQUICPayで支払ったものについてはJCBデビットとお財布型のアイコンが表示されるのでひと目見ただけですぐに分かるようになっています! 他に便利だなと思った点は関東以外に住んでいる場合でイオン銀行やみずほ銀行のATMが近くになくても、月1回以上みずほWalletを利用するとコンビニATMの手数料が無料で利用できるメリットがあるため、かなり利便性の高いサービスではないでしょうか? みずほWalletのオトクなキャンペーン みずほWalletがオトクな理由にさまざまなキャンペーンがあることが挙げられます。 たとえば、使えば使うほどキャッシュバックがある…など、アプリ内にキャンペーン情報が届くようになっているので、日頃からこまめにチェックするようにしましょう! みずほWallet20%キャッシュバックキャンペーン みずほWalletのオトクなキャンペーンにみずほWallet20%キャッシュバックキャンペーンがあります。 このキャンペーンの期間は、 2019年8月29日~2019年12月15日 となっており、 2020年3月下旬にキャシュバックが行われます。 キャンペーン参加手順としては次の4つのステップを満たしていなければなりません。 また、Androidスマホのみ参加でき、iPhoneからは参加できませんので要注意です。 キャンペーンへの参加手順は次のとおりです。 いっぽうで、みずほJCBデビットで登録した場合は専用ページにアクセスし、カード番号またはMy JCB IDを選び、必要事項を入力しましょう。 これでエントリーできるなんて、すごくカンタンですよね? スマホの盗難や紛失時はどうすればいい? もし、スマホを盗まれたり、落としたりした場合どうすれば良いのでしょうか? みずほダイレクトヘルプデスクに電話をすれば、利用停止してもらえるので安心です。 ちなみに、電話番号は 03-3211-9324または0120-3242-99です。 焦らずすぐに電話して利用停止にしてもらってください。 みずほWalletの退会方法 使ってみたけれど、どうも使いにくい、使う機会がない…などの理由でみずほWalletを退会したい場合の方法は アプリからカンタンにできるようですね。 わざわざ書類などを送付する必要がないので気軽に退会できますね! みずほWalletについての口コミ スマホを変えた時少し面倒 みずほWalletを残高確認のために使っています。 特に便利なのがQUICPayの機能だと思います。 ただ、申し込む際ちょっと面倒だったのですが、一度申し込んでしまえば他に面倒なこともなく使用時アプリを起動する必要もないので非常に便利です。 先日コンビニに買い物に行った際お財布を忘れてしまい困っていたところ、このみずほWalletのことを思い出しスマホでカンタンに決済できました。 ただ、残高表示を行う場合の設定がスマホを変えた時に一からやりなおす必要があるため多少面倒かもしれません。 現在、かんたん残高照会アプリと併用しているのですが、データ連携が可能で複数の口座明細を全て確認できれば、さらに利便性が高まると感じます。 (20代 会社員 男性) キャッシュレスの便利さを満喫できます 利用するまでの手続きが多少面倒であるものの、セキュリティ面を考えると仕方がないかと思います。 また、実際に使ってみたところ非常に使いやすくキャッシュレスの便利さを味わうことができました。 最大のメリットは銀行口座からお金を動かさずに済むことです。 ただ、今後の要望としては使用したお店や何に使ったのかなどが表示されればいいな…と思います。 今のところ、スマートデビットとしか表示されないため、何を買ったか分からないからです。 (30代 主婦 女性) 今後使用を検討します スマートデビットには非常に期待をしているため、今後使用を検討しています。 今のところセキュリティなどの面でキャッシュレスは怖い…というイメージがあり使っていませんが、近々このみずほWalletを利用してみたいなと思っています。 みずほ銀行の公式ホームページを見てみると、非常に詳しく書かれているのでとても参考になります。 ちょっとコンビニ…という時にわざわざ財布を持って行かなくていいのは魅力的ですね! まとめ みずほWalletの登録方法やメリット、デメリットなどをまとめてみました。 みずほWalletはメリットがあるものの多少デメリットもあるようです。 ただ、そんなデメリットをはるかに上回るメリットが多いので、利用して損はなさそうですね。 実際に使ってみても特に問題はなさそうですので、またみずほWalletに登録していない方はこの機会にぜひ登録してみてはいかがでしょうか?.

次の

みずほWallet(ウォレット)の特徴と便利な使い方

みずほwallet for android

QUIC Payを Google payで使っていました。 同じようなことをしている人が多いと思います。 で、 みずほ銀行のJCBデビットカードではなく、みずほWalletアプリで Mizuho Smart Debitを使おうと考えていたのですが、 Mizuho Smart Debitは結局のところQUIC Payで支払うものです。 今現在はGoogle PayでQUIC Payを使っているので、1台のスマホにふたつのQUIC Payを入れておく状態になるわけです。 なので、みずほWalletに切り換えるためには、Google Payの中でカードを切り換えた時とは違う操作をしなければなりません。 その方法です。 やること: QUIC PayをGoogle Pay使用からみずほWallet使用に変える 前提: みずほWallet fot AndroidをインストールしてSmart Debitで使う銀行口座を設定済み みずほWalletアプリのインストールと設定は簡単なので、ここ見てやってください。 では、切り換え手順を 確認:Google PayのクイペとみずほWalletのクイペは別モノ どちらも QUIC Payでひとつのスマホに入っていても、ふたつは別々に動いているもので、 みずほ銀行口座から引き落とすスマートデビットのクイックペイ決済はGoogle Payではできませんし、逆もできません。 実はそれぞれに固有の番号が振られています。 どこに書いてあるのかを下に説明していますが、そんなことはいいから早くみずほからGペイに変える方法教えろという方は、 へ飛んで下さい。 GooglePay、みずほWalletそれぞれ固有のQUICPayナンバー Googleペイの QUICPayバーチャルアカウント番号は、 GペイホームからQUIC Payをタップして「 最近のアクティビティ」の下の方へスクロールすると出ている「 バーチャルアカウント番号」です。 みずほWalletでは、 ウォレットホームに表示される カード画像右上の i アイコンをタップすると出る「 カード詳細」の一番上にある「 QUICPay番号」です。 ひとつのスマホ端末に複数のQUIC Payが入っていても、 アクティブな状態にしておけるのはひとつだけなので、G Payからみずほに変える等の場合にもG Payを削除する必要はありません。 両方入れっぱなしで大丈夫。 最初に Google PayのQUIC Payのメインカード設定をはずして、 みずほWalletをメインに設定することになります。 Google Payでの作業 G Payホームからクイックペイをタップすると現在設定しているメインカードが表示されます。 カード画像の下にある「 QUICPayのメインカード」をタップしてください。 選択肢の中に「 なし」というのがあります。 そこをタップ これでGoogle Payのクイペは非アクティブな状態になりました。 下のように 「QUICPayのメインカード」がグレーになっていればOKです。 みずほWalletでの作業 今度は みずほWalletアプリで Mizuho Smart Debitをメインカードに設定します。 こちらはアプリを立ち上げると赤くでかでかと「 メインカード設定」という帯状ボタンがあるので、そこをタップします。 「メインカードに設定しますか?」と聞かれるので「 設定」をタップ 「少し時間がかかりますよ」というガイドが消えたら、 みずほWalletがメインカードに設定されています。 店頭では「クイックペイで支払います」と言えばOK。 「みずほWalletで」とか「Mizuho スマートデビットで」とかは言う必要ないです。 というよりお店の人が混乱するかもしれないので「クイックペイで」とだけ言う方がいいです。 端末にかざすスマホは、みずほのほうのクイペを使うように設定済みなので、 Google Payを使っていた時とまったく同じ支払い手順で、今後はみずほWalletが使用されます。 20%還元キャンペーンへのエントリーを忘れずに! みずほWalletの20%還元キャンペーンはエントリーしないと適用されません。 必ずエントリーしてください。 ちゃんとエントリーしたかどうか確認するのもここで。 追加情報:みずほWalletはみずほ銀行「うれしい特典」条件変更後のランクA条件です みずほマイレージクラブの「 うれしい特典」、みずほ銀行の利用度によって振込手数料やATM利用手数料が優遇されるアレは、 2020年から条件が変更されます。 みずほWalletの利用はAステージの条件に入っています。 みずほWalletでの決済があると翌月はAステージになります。 とりあえずお伝えしたいのはみずほWallet利用は、Aステージ条件ですよということです。 QUICPayをみずほWalletのMizuho Smart DebitからGoogle PayのJCBカード払いに変える手順は まずみずほWalletのメインカード設定をはずします。 みずほWalletでの作業 みずほWalletアプリで カード画像の右上にある i のアイコンをタップ 「 メインカード解除」をタップ GooglePayでの作業 続いて GooglePayアプリを立ち上げて「 QUICPayのメインカード」をタップ 支払元として使おうとしているカードが表示されてメインカードボタンがアクティブになっていればOKです。 Gペイに表示されているカードとは違うカードを使う場合は、アクティブの状態で もう一度「QUICPayのメインカード」をタップすると登録しているカードがすべて表示されるので、使用するカードを選んで下さい。 店頭では「クイックペイで支払います」で。 「Googleペイで」と言うとお店の人が混乱するかもしれません。 「クイックペイ」と言った方がいいです。 スマホでGペイ側のクイペを使うように設定してあるので、みずほWalletの時と同じようにリーダーにかざせばGペイのクイペが使われて、セットしているカードからの支払いになります。 じぶん銀行スマホデビットをQUICPayに設定する手順はこちらに.

次の

みずほWallet みずほ銀行の口座直結スマホ決済アプリ

みずほwallet for android

キャッシュバックに関する情報はこちら: みずほ銀行は、Android端末のスマートフォンで、みずほ銀行口座直結のお支払いを実現させたスマホデビット決済サービス「Smart Debit」を2018年3月から展開しています。 また、同年8月から、Apple Pay対応のiOS端末で、みずほ銀行口座から直接チャージができる電子マネー「Mizuho Suica」を提供開始。 両サービスはリリース後、ダウンロード数100万件規模、決済件数1,000万規模を突破するなどサービスご利用者数が順調に拡大しています。 さらに、本日2019年8月29日よりiOS端末でも「Smart Debit」の提供を開始します。 Smart Debitのご利用で最大10,000円キャッシュバック!! iOS端末をお持ちの方は「Mizuho Suica」の新規発行とチャージで20%キャッシュバックも! この度、「みずほWallet」のご利用に感謝し、またさらなるご利用拡大を目的にキャッシュバックを実施します。 また、iOS端末で「Smart Debit」を新規発行したお客さまが、「Mizuho Suica」も新規発行しチャージすると、さらにチャージ金額の20%(最大1,000円)がキャッシュバックされます。 ぜひこの機会に新規ご利用ください。 ・対象条件: [みずほWallet for iOS] みずほWallet for iOSをダウンロードのうえ、「Smart Debit」を発行。 [みずほWallet for Android] みずほWallet for Androidをダウンロードの上、「Smart Debit」を発行、または「みずほJCBデビット」のカード情報を初回登録。 ・注意事項: *みずほWallet キャッシュバックはご利用者1人対して、各々の条件ごとに1回までのキャッシュバックとなります。 Suicaへのチャージ、インターネットショッピング(Apple Payに対応しているアプリケーションやウェブサイトでのお支払いを含む)などのご利用分は対象外となります。 ・注意事項: *「Mizuho Suica」のキャッシュバックは2019年11月下旬の予定です。 *対象期間以前にMizuho Suicaを既に発行しご利用いただいているお客さまは、Mizuho Suicaのキャッシュバック対象とはなりません。 対象期間以前からMizuho Suicaをご利用いただいているお客さまが、新しくSmart Debitを発行しご利用された場合はSmart Debitのキャッシュバック対象となります。 の商標です。 iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。 のOS名称です。 IOSは、Cisco Systems,Inc. またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり、ライセンスに基づき使用されています。

次の