モバイル suica 起動 中。 【Androidスマホも年会費無料】モバイルSuicaの使い方、登録クレジットカードはビューカードがお得な理由

【実録トラブル】iPhoneのApple PayでSuicaのアクティベートが終わらない!?(エラーコード:C102)

モバイル suica 起動 中

モバイルSuica(スイカ)についてお調べ中ですね? モバイルSuicaはJR東日本の交通系ICカード「Suica」がスマホで使えるアプリです。 鉄道はもちろん、普段のお買い物を スマホ一台で出来るのが一番の特徴。 かざすだけでお支払いが完了するので、QRコード決済やクレジットカードよりも楽に使えます。 さらに 利用金額の2%がポイント還元されるので、 キャッシュレス生活を送りたい方にとっては必須と言えます。 しかし交通系ICカードであるSuicaをスマホで使うとなると、どうやって使うんでしょうか。 特に忙しい朝、改札通ろうとして失敗するのは避けたいですよね。 この記事ではモバイルSuicaの特徴や従来のSuicaカードを踏まえて、メリットやデメリット、実際の口コミ、具体的な使い方まで徹底解説していきます。 これからキャッシュレス生活を始めるのに、モバイルSuicaは自分に合っているかどうか、はっきり判断できるようになっていますのでぜひご一読ください。 そんなモバイルSuicaはどんなアプリなのか、まずは一目で分かる表で確認していきましょう。 モバイルSuicaの詳細 モバイルSuica 運営会社 ・JR東日本 推奨動作環境 ・iPhone:iOS 10. モバイルSuica(スイカ)で出来る6つの機能 モバイルSuicaで出来ることは以下の通り。 モバイルSuica機能一覧• Android端末の方は年会費1,030円が必要ですが、 2020年2月26日から無料になります。 もし今からどうしても使いたいという方は、Google Payを使う方法があります。 Google Payに登録したクレジットカードからチャージすることで年会費を払うことなくモバイルSuicaが使えますよ。 iPhoneの方は• 乗車駅がJR東日本の駅であること• 大人用の定期券のみ対応(通学定期は大学、専門学校のみ対応)• お支払いはアプリに登録したクレジットカードのみ(iPhoneはApple Payでも可) 以上の条件があります。 既存のSuica定期券も登録可能 すでにSuicaカード定期券をお持ちの方は、アプリに登録して使うことができます。 ただしアプリダウンロード後の新規会員登録手続きの時に登録しないといけません。 このタイミングでお持ちの定期券を登録しないと、モバイルSuica内で新規発行するしかありません。 また登録後はお持ちのSuicaカード定期券は無効になります。 iPhoneの方はApple Payからもチャージ可能。 登録できるブランドは• 北海道(SAPICA、Kitaca、ICAS nimoca)• 仙台(odeca、icsca)• 新潟(りゅーとエリアは未対応)• 首都圏(PASMO)• 東海(TOICA、manaca)• 西日本(ICOCA、PiTaPa)• 九州(SUGOCA、nimoca、はやかけん) より詳細な使える方法はに記載されているので、お住いのエリアでSuicaがどこまで使えるか、ぜひ確認してみてください。 お買い物で使う コンビニやドラックストアなど、全国の電子マネーが使えるお店でお支払いできます。 使い方はお店のスタッフに「Suicaで」と伝え、専用端末にかざすだけ。 5秒もかからずお支払いが完了します。 またモバイルSuicaなら一部のネットショップでも利用できます。 ネットショップでも使えるのは嬉しいですね。 対応店舗はで確認できます。 新幹線のチケット購入 新幹線のチケットは• 東海道線• 横須賀・総武快速線• 宇都宮線• 高崎線• 湘南新宿ライン• 上野東京ライン• 常磐線 以上の在来線の普通、快速電車のグリーン券をモバイルSuicaから購入できます。 ただしモバイルSuicaのグリーン券は当日のみ有効であることに注意しましょう。 事前の予約購入はできません。 また購入できるのは一人分のみ。 二枚目を購入してしまうと一枚目が無効になります。 当時利用分は翌日に反映されるので、履歴は前日まで利用分が表示されます。 iPhoneの場合はカード毎に履歴が表示されます。 Suicaカードとの違い ここまでモバイルSuicaで出来ることを解説してきましたが、従来のSuicaカードとの違いはあるんでしょうか。 モバイルSuicaとSuicaカードの大きな違いはチャージ方法です。 モバイルSuicaの主なチャージ元はクレジットカード、Suicaカードは現金です。 Suicaで出来ることをスマホ一台にまとめたい• クレジットカードでチャージしたい• 在来線以外にもグリーン券や新幹線もよく利用する 以上の3点が当てはまる方は、モバイルSuicaを検討してみると良いでしょう。 モバイルSuicaの使い方 ここまでモバイルSuicaで出来ることを解説してきました。 次は具体的な使い方を見ていきましょう。 今回は必ず使う「チャージ」と「お支払い」について解説します。 一回のチャージの最低金額は500円。 それ以上の金額は1,000円から最大10,000円まで1,000円単位でチャージできます。 iPhoneの場合 ホーム画面下にある「入金(チャージ)」から、チャージする金額を設定します。 金額を設定したらチャージするクレジットカードを選び「入金(チャージ)」をタップすれば、約15秒後にチャージが完了します。 Androidの場合 ホーム画面中央にある「チャージ」をタップします。 ニュース一覧が表示されますが、そのままスクロールして画面下の「クイックチャージ」をタップ。 金額入力か一覧にある金額から選択し「入金する(クレジットカード)」をタップすれば完了です。 お支払い 鉄道 改札を通る際は、 スマホのスリープ状態を解除したりアプリを開く必要は一切ありません。 私も最初は不安に思いながら通ってみましたが、本当にスリープ状態のままスマホをかざすだけで改札を通過できました。 ただしiPhoneの場合は、事前に 「エクスプレスカード」に設定する必要があります。 スマホがスリープ状態でもSuicaが使える機能なので、必ず設定しておきましょう。 ただモバイルSuicaを発行した際に自動設定されますので、自ら設定する必要はありません。 もし設定を変更する場合は「設定」から「WalletとApple Pay」の「エクスプレスカード」から行えます。 実店舗 お店のレジでSuicaのマークがあることを確認し、お店のスタッフに「Suicaで」と伝えます。 iPhoneの場合は電源ボタンを2回押してApple Payを起動し、Suicaを選択。 セキュリティロックを解除したら、専用端末にかざしてお支払い完了です。 Androidの場合はそのままスマホをかざすだけで大丈夫です。 ここまで5秒もかかりません。 ネットショップ 一部のネットショップならSuicaでのお支払いができます。 お支払い方法は、お支払い方法選択時にモバイルSuicaを選ぶだけ。 対応店舗などの詳細情報はで確認できますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。 モバイルSuica(スイカ)を使う5つのメリット ここまでモバイルSuicaがどのようなアプリか解説しましたが、使うメリットはどのような所にあるのでしょうか? ズバリ、モバイルSuicaを使うメリットは以下の3つ! メリット一覧• スマホのスリープ状態やアプリを起動させる必要もありません。 Suicaカードを持ち歩かなくても、いつも持っているスマホで改札を通過できるのでとっても楽。 残高がなくなりそうでもスマホからチャージができるので、わざわざ券売機やレジに行く手間もありません。 全国チェーンのお店なら、むしろSuicaが使えないお店はほとんどありません。 つまりモバイルSuica一つで、日常生活で発生するお支払いが済ませられます。 キャッシュレス決済は便利な反面、種類の多さやお店によって使える種類が異なるのがとても面倒。 しかしモバイルSuicaなら電子マネーとして使えるお店がとても多く改札も通れるので、普段使いのキャッシュレス決済としてはこれ一つでOK。 便利なキャッシュレス決済だからこそ、なるべくシンプルにしたいという方にとっては打って付けの決済手段です。 モバイルSuicaはなんと、 利用金額の2%が還元されるサービスもあります。 通常利用で2%還元はキャッシュレス決済の中でも高還元率の方ではないでしょうか。 決済手段 ポイント還元率 モバイルSuica 2% PayPay 1. 5〜2% メルペイ 0% クレジットカード 1%前後 nanaco 0. 貯まるポイントはJR東日本が提供する「JREポイント」。 たまったポイントは1ポイント=1円としてモバイルSuicaの残高にチャージできるので、使い道にも困りません。 使える場所も多くお得にポイントが貯まるので、これは使わない手はありませんね。 ただしJREポイントはモバイルSuicaとは別サービスであることから、別途会員登録とモバイルSuicaの連携手続きが必要であることに注意しましょう。 具体的な手続きは「」で解説いたしますね。 つまり交通費用やお買い物用など、 用途別にモバイルSuicaを使い分けることができます。 Suicaごとに名前も付けられるので、使いたいモバイルSuicaを間違えることも防げます。 一つのモバイルSuicaだけだと、いつ何に使ったのか分かりにくい時がありますよね。 そんな時に用途別でモバイルSuicaを発行すれば、上手にお金の管理ができますよ。 もはやiPhoneすら取り出す必要もなく、手首を改札に近づけるだけ。 もちろんApple WatchもiPhoneと同様にエキスプレスカードとして設定できるので、一切の操作も必要ありません。 私もApple WatchでモバイルSuicaを使っていますが、手首を近づけるだけで改札を通過することができ、あまりにも楽すぎて思わず感動してしまいました。 Apple Watchをお持ちの方は、使わない手はありませんね。 モバイルSuica(スイカ)を利用する際の6つの注意点 一方、モバイルSuicaを利用する際に注意すべきことがいくつかあります。 以下の注意点を理解しておけば、より便利にモバイルSuicaを活用することが可能なのでぜひチェックしてください。 モバイルSuicaの注意点• 「View(ビュー)カード」というクレジットカードのみ自動チャージが可能です。 また自動チャージ機能を利用するには、 首都圏、仙台、新潟のSuicaエリア・PASMOエリアの自動改札機を通る必要があります。 改札機を通過した瞬間、残高が事前に設定した金額より少なくなった瞬間に自動チャージされます。 つまり、自動チャージ機能を使うには• Viewカードを発行すること• 首都圏、仙台、新潟のSuicaエリア・PASMOエリアに住んでいること 以上の条件が必要です。 もしどうしても自動チャージ機能を使いたい場合は、お住まいエリアで自動チャージが搭載された交通系ICカードを利用するしかありません。 iPhoneでよく見られるのが、 通信環境が良好であるにも関わらずチャージ時にエラー表示される現象です。 場合によっては、システム上は正常にチャージされたにも関わらず、アプリ上ではエラー表示される場合も。 実際に私もエラー表示されたので再度チャージを試みた結果、実際は正常にチャージされていて余計なお金をチャージしてしまいました。 最悪の場合チャージは完了しており利用はできるものの、 エラー表示が消えずチャージや履歴の確認ができない状態に陥ります。 これだとモバイルSuicaが使えなくなりますね…。 Androidの場合は、 アプリを終了しているにも関わらず「モバイルSuicaを起動中です」という通知がずっと表示されます。 そしてアプリ起動してみると、正しくアプリを終了したにも関わらず「起動エラー」と表示されます。 アプリの動作には支障がないものの、 スムーズにアプリを開くことができません。 同じような不具合が口コミで何件も見られ、未だ改善されていないようです。 このようなエラーが起こってしまうと、従来のSuicaカードよりも不便に感じて本末転倒ですね…。 これはガラケー用のアプリをそのままスマホに流用されているからです。 したがって操作もガラケーを想定したものなので• 画面が切り替わる度に読み込み時間が発生する• スワイプ操作ができない• 一つ前の画面に戻れず、TOP画面まで戻る必要がある 以上の様子が見られます。 スマホアプリに慣れてしまうと「使いにくいな」と思ってしまうかもしれません。 そして貯めたポイントをモバイルSuicaへチャージするには、 JREポイント会員ページで手続きしないといけません。 つまりポイントに関する操作は、モバイルSuicaアプリ上で一切できません。 モバイルSuicaとJREポイントはあくまで別サービス。 モバイルSuicaを発行すれば自動的にポイントが貯めることはないので注意しましょう。 具体的な手続きに関しては、最後の「失敗せずにモバイルSuica(スイカ)を始める3STEP」で解説しますね。 iPhoneに登録した場合Apple Watchでは使えません。 逆にApple Watchに登録した場合はiPhoneでは使えません。 つまりiPhoneのモバイルSuicaは、あくまで一つにつき一つの端末でしか使えないということ。 よって端末ごとに残高管理を行う必要があります。 私は普段Apple Watchで使っているのですが、充電が切れてiPhoneで使おうとしても使えなかったことがあり 面倒に感じました。 一つのモバイルSuicaは一つの端末でしか使えないので、場合によっては不便に感じてしまうかもしれません。 いくら使ったかは分かるものの、 どこで何を買ったのか履歴から分かりません。 レシートをちゃんともらっておく必要があります。 【結論】モバイルSuicaはキャッシュレス生活に必須アイテム! モバイルSuicaのメリット、デメリットを理解したところで、結局どのような人におすすめできるのでしょうか。 ズバリ、モバイルSuicaはキャッシュレス生活を送りたい方にとっては必須アイテムと言えます。 私がこう結論付けるのは、以下の理由があるからです。 モバイルSuicaをおすすめする理由• もちろん他の交通系ICカードも使えますが、 スマホで使えるのはモバイルSuicaのみ。 スマホ一台で鉄道、お買い物と日常生活で発生する決済がモバイルSuica一つで済ませられるのは、キャッシュレス生活では魅力的と言えます。 実際、様々なキャッシュレス決済が乱立している中、用途と使える場所を両立させられているのはモバイルSuicaのみではないでしょうか。 どれもメリット、デメリットがある中、私が一番キャッシュレス決済で大事だと思っているのが、 支払いが簡単かどうかです。 この視点から考えると、• 電子マネー• スマホのタッチ決済(Apple Pay、Google Pay、おサイフケータイ)• クレジットカードのタッチ決済 以上の2つがもっとも簡単な決済手段だと判断しました。 電子マネーとクレジットカードは、スマホとは別に持ち運ぶ必要があり、お財布から取り出す必要もあります。 スマホなら操作もほとんどなく、かざすだけと一番簡単に支払いが済ませられます。 ちなみに同じスマホ決済であるQRコードは、スマホを開いて、アプリを起動して…と何かと手順が多いです。 したがって一番簡単に支払いができるキャッシュレス決済は、モバイルSuicaが使えるスマホのタッチ決済だと判断しました。 キャッシュレス生活を送りながらも結局現金が必要であったり、毎回チャージしに行くのは面倒。 しかしモバイルSuicaは電子マネーの中で、誰でもクレジットカードチャージができます。 他の電子マネーもクレジットカードチャージできますが、チャージできるクレジットカードが限られています。 例えばメジャーな電子マネーであるnanacoは、MasterやAMEXでチャージできません。 一方モバイルSuicaなら 8. モバイルSuica(スイカ)の気になる口コミ・評判 ここまでモバイルSuicaの機能から、Suicaカードの違い、メリット、注意点を解説してきました。 「モバイルSuicaについてよく分かったけど、実際に使っている人の声を確かめたいな」 という方もいらっしゃるでしょう。 そこで、 モバイルSuicaを普段から使っている人の口コミ、評判を徹底リサーチして参りました。 TwitterやInstagram、App StoreやGooglePlayと合計1,000以上の口コミをチェックし、その中から参考になるものを厳選致しましたので、ぜひ参考にしてみてください。 モバイルSuica定期券にすれば、もうお財布は完全に必要なくなるかもですね。 モバイルSuicaだと、鉄道もお店もタッチするだけでお支払いが済むので、とても簡単ですよね。 いざお財布が必要という時に焦ってしまいますが、それだけ便利だと言えます。 便利すぎてむしろ後悔 モバイルSuica使ってなかった今までの自分、愚かだなって。 便利なサービス程、早く知っとけば良かったと思うことはよくありますよね。 評判が悪い口コミ チャージ時間が長い あ……モバイルSuica、使えそう。 よかった。 アプリ評価がかなり低評価だったから心配だった。 チャージが長いとか書いてあったけど30秒ほど読み込み時間はあったけど、そのくらいだし、普通にスンと使える。 口コミの方はそこまで気にしていらっしゃないですが、場合にとっては長いと感じる方もいらっしゃるでしょう。 エラーが発生する 最近モバイルSuicaエラー多すぎる…カードにしようかな — Dark Ruler Red Broker LostLawEsceday (引用:App Store) エラーが発生するという口コミです。 上記に限らず、非常にたくさんのエラーが起こるという口コミが見受けられました。 1日でも早く改善して欲しいところですね。 履歴が分かりにくい モバイルSuica、とにかくなんでも「物販」にするの改善してほしいし、それができれば天下取れるやろという気持ち — sugamasao sugamasao お買い物履歴が「物販」としか表示されないのを改善して欲しいという口コミ。 いつ何に使ったか、お金の管理をちゃんとしたい方にとってはちょっと困りますね。 モバイルSuica(スイカ)を使い始める前に解決したい疑問点 ここまでモバイルSuicaをリアルな口コミを踏まえて十分理解できたとはいえ、いくつか疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。 以下によくある質問を以下にまとめましたので、残っている疑問をぜひ解決してください。 疑問点一覧• 予備電源機能が使えるのは以下の機種です。 iPhone XS• iPhone XS MAX• iPhone XR• iPhone 11• iPhone 11 Pro ただし 「エクスプレスカード」に設定してなかったり、電源オフ状態だと使えません。 Androidの場合 Androidは電源オフ状態でも使えます。 もしバッテリーが切れそうになったら、電源オフにして温存するようにしましょう。 万が一iPhoneの予備電源すら切れてしまったりAndroidのバッテリーが切れてしまったら、が必要になります。 詳しくはを参照してみてください。 メールアドレス• ログインパスワード• 規約の同意チェック 「登録ポイントサービス選択」で「Suicaを登録される方」を選択し、連携できるSuicaカード一覧から「モバイルSuica」をタップ。 モバイルSuicaに登録した情報と会員情報を入力後「登録」をタップすれば連携は完了です。 これで鉄道やお買い物に利用すれば、翌月末に利用金額の2%のJREポイントが貯まります! まとめ モバイルSuicaはJR東日本の交通系ICカードであるSuicaがスマホで使えるアプリ。 鉄道はもちろんお買い物でも、 スマホをかざすだけでSuicaが使えます。 また従来のSuicaカードと違って クレジットカードでチャージ可能。 わざわざ券売機やお店のレジに行く必要がなくなります。 さらにJREポイントと連携すれば、 利用金額の2%ポイント還元されます。 一方、 アプリのエラーがときどき起こってしまったり、自動チャージの方法が限られるのが難点。 アプリの改善がいまだにされていないものの、 モバイルSuicaはキャッシュレス決済の中でも必須と言えるほど利便性が高いです。 ぜひあなたのキャッシュレス生活でSuicaの導入を検討してみてください。 その際、この記事が最高になれば幸いです。

次の

モバイルSuicaが使えないときにやったこと【1つだけ】

モバイル suica 起動 中

モバイルSuica、最近では使っている人がどんどん増えてきていますよね。 「使ってみたいけれど、勝手が分からずにうまく使えなかったらどうしよう・・・」と不安に思っている人もいると思います。 自動改札を通るとき、料金不足などで引っかかってしまうと困りますし、できるだけスムーズに使いたいですよね。 そこで本ページではそんな心配をしている人のために、 モバイルSuicaを駅の改札で利用するうえで最低限、知っておきたいことについて解説します。 基本はそのままタッチ! モバイルSuicaを駅の改札で利用するときは、そのつどアプリを起動することなくそのままタッチすれば通過できます。 JR東日本の公式動画でその様子を確認してください。 これを見ておけば安心ですね。 電源が入っていること• 「エクスプレスカード」としてSuicaが設定されていること(iPhone)• そのため画面が真っ暗なままで問題ありません。 スマホはパソコンのように電源を切らなくても差し障りのないことが多いので、普段ほとんど電源を切っていないという人も多いのではないでしょうか。 自動改札は多くの人が続けて利用するので、PayPayやLINE Payなどのコード決済アプリのように起動の手間が必要ないというのは大きなメリットです。 Apple Payで支払いをするときのような認証も必要ありません。 またSuicaが 「エクスプレスカード」として設定されていることが必要です。 エクスプレスカードに設定するには、設定アプリの「WalletとApple Pay」をタップしてください。 エクスプレスカードにSuicaを設定していない場合は毎回、リーダーにかざしたときに認証を求められることになり、自動改札をスムーズに通過できないので注意してください。 残高が足りないときはどうなるの? モバイルSuicaは先述のとおり、いちいち利用のたびにアプリを起動する必要がないのがメリットです。 そのためうっかりチャージを忘れて残高が十分でないときに利用してしまうことが起こり得ます。 電車に乗っている最中にそのことに気づいた場合はその時点でチャージをすれば問題ありません。 アプリの使用中(入場したあと)でも問題なくチャージが可能です。 入場時はどこまで乗るかということを登録するわけではないので、最短区間の料金分だけ残高があれば入場できるというわけです。 出場するときに残高不足で引っかからないようにするため、残高は常に一定の金額をキープしておきましょう。 そのために 最も有効なのはビューカードによるオートチャージです。 オートチャージなら一定の金額を下回ると自動的に指定した金額のチャージができるので便利ですよ。 以下の画像は残高が5000円以下になると5000円をチャージするという設定です。 なおオートチャージができるのは改札だけです。 店頭で使用する場合やバスの乗車ではオートチャージされませんので注意してください。 ビューカードについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。 関連記事: 充電が切れたときはどうなるの? スマホの充電が切れ、予備のバッテリーもないというときがありますよね。 改札の入場前なら切符を買えば済む話ですが、改札を通ってから切れてしまったときはちょっと面倒です。 そのような場合は 改札を出るときに駅員さんのところへ行き、スマホの充電が切れたことを説明すれば大丈夫です。 運賃を現金で精算することを求められるので現金で支払ってください。 そして次に乗る前に再度、駅員さんのところに行き前回の入場記録をモバイルSuicaから消去してもらいましょう。 なおiPhone Xs/iPhone Xs Max/iPhone XRでは 予備電力機能があるのでこの点の心配はいりません。 iPhone7やiPhone8を使用している場合は、なるべく入場後に使いすぎてバッテリーが切れることのないように注意しましょう。 JR東日本のエリア外に行くときはどうなる? JR東日本のエリアから入場し、JR東海やJR西日本などJR東日本の外のエリアまで利用する場合はどうなるでしょうか。 SuicaはJR東日本のサービスなのでエリア外に行くと利用できないイメージがあるでしょうが、実際はたいていの地域で利用できます。 Kitaca、ICOCA、nimoca、TOICA、PiTaPa、はやかけん、icsca、manacaなどの電子マネーが利用できるエリアは一部を除いてSuicaの利用が可能です。 詳細はJR東日本の公式サイトでご確認ください。 しかし エリアをまたぐ利用はできません。 入場だけならできるので入場については普段どおりに行い、目的地の駅で有人改札での精算が必要になります。 モバイルSuicaが他のエリアでも使えるのはとても便利ですよね。 なぜなら旅行や出張で一時的にエリア外に行ったとき、普段使っているモバイルSuicaがそのまま使えるからです。 そのため、JR東日本以外のエリアに住んでいる人がモバイルSuicaを使うということもできるというわけです。 ただし JR東日本のエリアでないとオートチャージはできませんので注意してください。 紙のチケットで新幹線に乗るときはどうする? 駅の券売機やみどりの窓口で新幹線のチケットを購入した場合はどうなるでしょうか(新幹線の区間のみ紙のチケットを購入し、新幹線の駅まで在来線で向かう場合)。 この場合、在来線の駅での入場については普段どおりモバイルSuicaで行ってください。 そして、 新幹線の改札で紙のチケットを通したあとSuicaをタッチすれば新幹線の改札から入場できます。 なおせっかくモバイルSuicaを使い始めるなら今後、新幹線(東海道・山陽のみ)に乗るときは紙のチケットではなく「スマートEX」を使いましょう。 スマートEXとはスマホ(ネット)から東海道・山陽新幹線のチケットを予約でき、改札もスマホで通過できるという便利なサービスです。 モバイルSuicaと併用することができます。 スマートEXについては以下の記事を参考にしてください。 関連記事: まとめ モバイルSuicaは利用できる場所がとても多いため、本当に便利なアプリです。 物理カードだとチャージが面倒ですが、モバイルSuicaなら手もとのスマホで簡単にできます。 しかもオートチャージを設定しておけば改札を通るだけで勝手にチャージしてくれます。 ビューカードならチャージをするだけで1. 5%という高還元率でポイントがたまります。 そのため他のクレカで登録しているならビューカードもこの機会に検討してみましょう。

次の

モバイルSuicaで改札を通る時、アプリは開いておかないといけないで...

モバイル suica 起動 中

こんにちは、かずけんです。 ぼくは、モバイルSuicaのヘビーユーザーです。 電車に乗る時やスーパー、コンビニで買い物するときなど、Suicaが使えるときには必ず利用するようにしています。 そのため、モバイルSuicaが使えないと、とても不便です。 そんな中、突然モバイルSuicaが全く反応しなくなりました。 過去に一度、反応が悪くなったことがあり、そのときは以下のことをやりました。 モバイルSuicaのアプリを最新のものにアップデートする• スマホカバーを外して、タッチする• モバイルSuicaを起動した状態(下記の画面を表示したまま)でタッチする 今回ばかりは、上記のことをやっても反応しませんでした。 困っていたところ、ネットで見つけた記事に助けていただきました。 結果的にある1つのことを行っただけで、無事に使えるようになりました。

次の