ゲーム メモ。 【GENメモ公開】人狼ゲームでの「メモの取り方」をまとめてみる

ゲーム攻略メモ置き場TOP

ゲーム メモ

拳で語り合うヤンキーたちの青春物語。 地方から大都会「塔京」へと修学旅行にやってきた2人のヤンキーが全国の番長たちにケンカを売りまくりテッペンを目指す。 ケンカにはいつも心強いマブダチが一緒、アドホックモードでの2人協力プレイにも対応。 シナリオはミッションクリア型で手軽に遊びやすく、豊富な技や1000種を超えるコスチュームアイテムのコーディネートも楽しいバカゲー。 エリア最強といわれる男、阿久津栄一が通っている 阿久津を倒して一番強い男になるために紅南高校への入学を決めた主人公だが、ただの1年坊主では阿久津に会うことすらできない 阿久津は一年後に卒業してしまう。 数々の伝説、豊富なミニゲームなどやりこみ要素も従来通り抱負な3DS版1作目。 最凶の男と呼ばれた男がマブダチ達と出会い、最高の漢に成長していく3年間を描いた熱いストーリー。 有力者たちの私利私欲のため働く「悪忍」に対抗するため、政府によって育成される「善忍」 マンモス進学校のとある一室で人知れず、立派な善忍を目指して日々修行にはげんでいる5人の少女達。 みんなの悩みを解決してハッピーにしよう ほのぼの心あたたまるストーリー。 普通の生活に戻ったチョイ悪中学3年生「西村アクジ」の元にまたもや天使界からの指令が 今度の魔女探しの舞台は隣町。 その男は崖から飛び降りた。 なぜ?」 というように一見すると意味不明な話だが、質問して隠された情報を見つけていくと論理的なつながりが明らかになる 質問はキーワードをタッチしてつなげるだけ。

次の

とある女性が投稿した「亡き父親のゲーム攻略メモ」を見てゲームを攻略するということ。彼はなにを解き、わたしはなにを辿ったか

ゲーム メモ

6月5日発売のNintendo Switchソフト『世界のアソビ大全』感想レビュー。 面白かった所、良かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。 『世界のアソビ大全』面白かった所、良かった所 今作の特徴はなんといってもその「収録ゲーム数」の多さ。 51種類もののミニゲーム、ボードゲーム、カードゲームを楽しむことができ、これ一本あればミニゲーム系のソフトは「買わなくてもいい」と言い切れるほどのボリューム。 収録ゲーム一覧• ウサギと猟犬• ゴルフ• たこ焼き• 的あて• フィッシング• トイテニス• トイカーリング• トイボクシング• VSタンク• 協力タンク• 6ボールパズル これだけのゲームが手軽に、誰とでも楽しめるのはまさに「テレビゲーム」の醍醐味を凝縮したような作品になっているのではないだろうか。 オンライン対戦もタイムラグがほとんどなくサクサクどんどん遊んでいけるのでノンストレス。 フィギュア的なマスコット達が各ゲームの遊び方を面白おかしく教えてくれるので子供にも安心、大人、子供問わず遊べるまさに「全員に優しいゲーム」 値段も、4,000円を切るプライスでかなりコストパフォーマンスがいい。 ストーリーやクリアの概念がないのでいつでも気軽に気が向いたときに遊べるのは「やりこみ」「クリア」ありきのゲームばかりの作品が多い現代においてとても息抜きになる。 スマホなどと違い広告が出なく、UIも優秀で細かいストレスがないのはいいが、「3,980円」という値段を高いととるか、安いととるかはかなり人によるところ。 「世界のアソビ大全」の名前どおり普段触れてこなかったゲームを遊べるのはいいのだが、51種類も入っているわりにダウトやババ抜き、UNOなどが収録されておらず、なマイナーゲームが収録されていないのも賛否両論な点だと思った。 一部かなりクオリティが低く一度やればもう二度とやらないゲームなどもあり、残念。 モノポリーなどがあればなお良かった。 また、オンライン対戦で一部マナーの悪い人がいるのは仕方ないが、こんなゲームにまで切断厨がいるのかと呆れてしまった。 子供に今どきのゲームはあまり遊ばせたくないけど、、、と思っている親にもかなりおすすめ。 家族みんなで楽しめる、まさに「ゲーム」の象徴的作品だと思った。 Nintendo Switchソフト『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』Ver7. 0パッチでの特に強い「Sランク最強キャラ」のランキングをまとめました。 参考: 「スマブラSPVer. 0」Sランク最強キャラランキング ゼロスーツサムス• 安定感のすさまじさ• リーチの長さ• 逃げ能力• ガーキャン撃墜性能の高さ シュルク• 状況のリセット力が強い• 復帰阻止性能がバケモノ• 空後性能が最強• 弱点は技の発生の遅さ パルテナ• 火力の高さは圧倒的• 近距離での差し込みも優秀• 荒らし性能の高さ フォックス• 普通に強い、速すぎる• 軽い以外に弱点がない ジョーカー• 立ち回りが安定して強い• 遠距離、中距離、近距離、どこからでも戦える• アルセウスは弱体化された ルキナ• 弱体化されても安定して強い• 差し込み性能はピカイチ• コンボ性能も高く、一撃性もあるスキのなさ ワリオ• おならが強すぎる• 移動の遅さが気にならない強さ• 火力のバケモノ Mr. なにも強化されていないのに強い• (空前)(B)など崖の強さは随一• 弱点は撃墜能力の低さ ポケモントレーナー• 敵によって姿を変えられるのは大きい• 苦手な部分を他に任せられる強み• 特にゼニガメの性能がとにかく強い。 誰に対しても立ち回れる• 共通しての弱点は移動の遅さと、飛び道具相手への対応力の低さ ピカチュウ• 「小さい」だけで有利• 投げバースト性能が高すぎる• 弱点は空中での機動と判定くらい ロボット• 「サイズが大きい」以外のデメリットがない。 とにかく使いやすい技が多い。 コマ性能が凶悪すぎる。 近距離の強さ(下強)は随一。 復帰、着地の弱さはあるが、コンボ性能、火力はピカイチ。 低パーセントでも高火力を出すことができ、投げからでも撃墜を狙える状況が多い。 ピーチ・デイジー• 火力がとんでもなく高い。 空後、空Nなどノーリスクでふれる撃墜技が多い。 弱点としては「遅い」 スネーク• 荒らし性能が高く、実践値(最終的な勝率)が抜けている。 技がとにかく強い。 崖を掴むリスクがない復帰技が強い。 上手い人とヘタな人の差が面白いほど出る。 マリオ• リーチの短さ以外、弱い所がない。 火力(コンボ性能)も高く、空上から空前につながるなど早期撃墜も狙える。 崖上も強い。 空中移動も早い。 Patch 2. 9パッチの内容の和訳まとめ。 シーズンバフ Your character will occasionally every 2 minutes channel an elemental power which unleashes into the environment for a limited time: ・Meteors rain from the skies around you. ・Breathe lightning. ・A wall of flame engulfs everything. ・Release twisters of pure energy. ・Crush your foes under the weight of rolling snowballs. あなたのキャラクターは2分ごとにelemental power(エレメンタルパワー)を放出する ・メテオが周囲に降り注ぐ ・雷が放出される ・炎の壁に包み込まれる ・竜巻が生み出される ・雪玉が転がってくる 簡単に和訳するとこんな感じに。 おそらくフィールドなどの環境的な要因によって様々なバフがかかる仕様になる模様 新セット装備の追加 デーモンハンターとネクロマンサーの新装備が追加される デーモンハンター 新セット Gears of Dreadlands 2-Piece Bonus:Gain a Momentum stack when attacking with a Primary skill. Each Momentum stack lasts 2 seconds at a maximum duration of 10 seconds. While casting Strafe, you move faster per stack of Momentum. プライマリスキルはスタックごとに10%追加でダメージを与える 4セットボーナス:<ストレイフ>を使用すると、最後に使用したプライマリスキルが自動的に発射される。 また、<ストレイフ>中およびその後5秒間は、60%のダメージが減少する。 <ストレイフ>を使用している間、のスタックごとに移動速度が増加します。 Damage you take is split with your Simulacrums as well. Simulacrums gain triple this bonus. 2セットボーナス:<頑健なる鏡像>がダメージを受けなくなり、全ルーンが発動する。 <頑健なる鏡像>は3倍のダメージボーナスを受ける 感想 新ビルド、デーモンハンターがストレイフ(回転)しながらグレネードやボラを撒き散らして高速周回するビルド。 ネクロマンサーが鏡像から一撃性の高いボーンスピアを連発するビルド。 プレイしてて楽しいのはデーモンハンターで、高GRを目指せそうなのはネクロマンサーという印象。 PS4・Switch『聖剣伝説3 トライアルズオブマナ』の各キャラクターごとの最強クラスの一覧まとめ。 デュランおすすめ最強クラス「ベルセルク」 理由• 極めれば「ほぼ全ての攻撃がクリティカル」も可能。 全キャラ中最高火力• デスハンド経由で「エナジーボール」を取得すればボス瞬殺も夢じゃない。 リースおすすめ最強クラス「ミーティア」 理由• 専用アビリティ「救済の光」も強力。 バトル開始時に敵全員の攻撃力をダウンさせる「ダークゾーン」が強力• 強攻撃時に、10%の確率で即死させる「天誅」もザコモンスター戦においてはかなり役立つ シャルロットおすすめ最強クラス「カオスメイカー」 理由• バトル開始時、敵全員に魔法攻撃力・魔法防御力ダウン効果を付与できる「ヘルヘイム」が強力• クラス3のメイガスで「エインシャント」を取得させれば火力は圧倒的• 面白かった所、良かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。 『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』面白かった所、良かった所 スーファミ版の雰囲気はそのままにグラフィック、BGM、システムなどが正当進化した意欲作。 キャラクターボイスが追加され、イベント時はちゃんとフルボイスで進行される手抜きのなさ、一部だけテキストになったりすることなくしっかりと話が進むのでスーファミ版ではサラッと終わった部分もしっかりと追体験でき、 ・クラスチェンジは建材でちゃんと見た目も大きく変化するのも原作どおり。 クラスは光・闇によって異なり、クラスチェンジごとに上級職も用意されているので何回もやり込むポイントのひとうになっている。 ・ボス戦の歯ごたえが原作以上。 敵のギミックも多く追加され、頭を使ってボスを攻略する楽しさが増した。 ・ショートカット登録がものすごく便利。 4つまで技やアイテムの登録が可能。 また、対象キャラに切り替えなくても、十字下ボタンで特技リストを呼び出すことでその状態でR2かL2を押す事で仲間のリストに切り替わるので技の使用命令を出せる。 ・AIが優秀で「一緒に戦ってる感」がとても高い。 ピンチな時はHP回復をしっかり使ってくれるし、通常時も攻撃をしっかりと行ってくれる。 ・リメイク版から「アビリティの習得」が追加されている。 育成ボードに一定のポイントを振ることで、キャラごとにそれぞれアビリティを習得させることができ様々なパッシブ効果が得られる。 そのためスーファミ版よりも育成の幅が広がり自分だけのビルドを形成することがデキるのはとても楽しい。 ・クリア後の新たなエピソードや強くてニューゲームなどのやりこみ要素が追加されたのもありがたい。 周回が楽しいのがこの作品の強みのひとつだったのでかなり嬉しい ・難易度がハードからベリーイージーまで選べるのではじめてプレイする人はもちろんスーファミ版で慣れているプレイヤーもしっかりと楽しめる ・スーファミ版よりも圧倒的にレベルが上がりやすく、レベル上げのためにザコ敵を掃除する手間がほぼない。 次は難易度を3倍くらいにして3人マルチ仕様で出して欲しいな。 ・勝手に魔法を打ってくれるので魔法系のキャラの使い勝手が良くなった。 ・音楽が原曲ベースの良アレンジ ・サボテンくんかわいい。 — まさしげ Zerry594 聖剣伝説がやっぱり面白いんよ。 どんなパーティーにするかって考えるのが楽しい…。 あと、レベルもわりかしさくさく上がるから、そこにそんな苦痛ない。 あと、ルーラが無いとか、遠回りのおつかいとか、微妙にめんどくさいところがまた良い! じっくりやれる。 雰囲気は違うのでどちらが良いとは一概に言えないが、今のゲームに慣れている人は物足りなく感じる部分はあるかも。 ・良くも悪くも「正当進化のリメイク」。 いちおう「アクションRPG」の要素はあるが、あくまでも「RPGにアクションの要素が少し足されただけ」。 魔法とアイテム使用以外は基本的に通常攻撃と、強攻撃、回避、ジャンプ、長押しでタメ攻撃とアクション要素は少ない。 そのためキャラが強くなればなるほど通常の戦闘が単調になりダルく感じてしまうのは残念(スーファミ自体からのものなので仕方ない部分はある) ・人それぞれ好みはあるがフルボイスにしたことでキャラと声に違和感があると入り込めない。 ・3Dで一部キャラデザ劣化 ・次の目的地が常に表示されていて ダンジョンも 絶対に迷わない。 ゲームに誘導されている感がある。 — まさしげ Zerry594 ちょっと遊んだ聖剣伝説ToM。 カメラワーク以外はいい感じ。 カメラワークはどうにかならんかったんだろうかってくらい悪い。 敵見えなくなったりする。 ターゲット機能も微妙。 慣れていかないとダメだわ。 スーファミ版で一度プレイしたことのあるプレイヤーにとっては懐かしくも新しく感じる場面が多数あると感じました。 スーファミ世代、オーバー30以上の人にはぜひプレイしてあの頃を思い出してほしいと思う。 バトル中、リミットブレイクゲージが徐々に増える.

次の

とある女性が投稿した「亡き父親のゲーム攻略メモ」を見てゲームを攻略するということ。彼はなにを解き、わたしはなにを辿ったか

ゲーム メモ

拳で語り合うヤンキーたちの青春物語。 地方から大都会「塔京」へと修学旅行にやってきた2人のヤンキーが全国の番長たちにケンカを売りまくりテッペンを目指す。 ケンカにはいつも心強いマブダチが一緒、アドホックモードでの2人協力プレイにも対応。 シナリオはミッションクリア型で手軽に遊びやすく、豊富な技や1000種を超えるコスチュームアイテムのコーディネートも楽しいバカゲー。 エリア最強といわれる男、阿久津栄一が通っている 阿久津を倒して一番強い男になるために紅南高校への入学を決めた主人公だが、ただの1年坊主では阿久津に会うことすらできない 阿久津は一年後に卒業してしまう。 数々の伝説、豊富なミニゲームなどやりこみ要素も従来通り抱負な3DS版1作目。 最凶の男と呼ばれた男がマブダチ達と出会い、最高の漢に成長していく3年間を描いた熱いストーリー。 有力者たちの私利私欲のため働く「悪忍」に対抗するため、政府によって育成される「善忍」 マンモス進学校のとある一室で人知れず、立派な善忍を目指して日々修行にはげんでいる5人の少女達。 みんなの悩みを解決してハッピーにしよう ほのぼの心あたたまるストーリー。 普通の生活に戻ったチョイ悪中学3年生「西村アクジ」の元にまたもや天使界からの指令が 今度の魔女探しの舞台は隣町。 その男は崖から飛び降りた。 なぜ?」 というように一見すると意味不明な話だが、質問して隠された情報を見つけていくと論理的なつながりが明らかになる 質問はキーワードをタッチしてつなげるだけ。

次の