ボラボラ 旅行。 オススメのホテルから費用まで完全ガイド|マイナビウエディング

タヒチ旅行の費用や時間はどれくらい?オススメの観光スポットは?

ボラボラ 旅行

タヒチ島をはじめボラボラ島やモーレア島など118の島々から構成される南太平洋有数のリゾート地で、正式名称は「フランス領ポリネシア」。 その魅力のひとつは何といっても青く透き通った海の上に建つ水上コテージ。 見渡す限り海という贅沢なロケーションは、世界中から究極のバカンスを求める人々が集まってくる常夏の楽園そのもの。 かの画家ポール・ゴーギャンがその美しさに魅了され晩年移り住んだ島としても有名です。 ロケーションのすばらしさから、新婚旅行・ハネムーンを兼ねて挙式を行うカップルも多くいます。 【言語】公用語はフランス語とタヒチ語ですが、観光地では英語が通じる場合がほとんど。 【通貨】通貨はフレンチ・パシフィックフラン(CFPまたはXPP)で、フランス圏であるもののユーロは流通していません。 ちなみに、基本的にチップの習慣はありません。 降り注ぐ太陽からの紫外線はかなり強力なので、帽子や日焼け止めクリームなどで一気に日焼けしないように注意が必要です。 また、日中はTシャツと短パンだけでも過ごせますが、日中と夜間では気温差があるので、長袖シャツや羽織れるものがあると便利。 レストランなどでは男性は衿のあるシャツと長ズボン、女性はサンドレスやワンピースなどの着用が推奨されます。 タヒチ・ボラボラ島でのハネムーンにかかる旅費は 6泊8日ふたりで70万円~80万円前後が平均的。 日本からの直行便が少ないことや、高級リゾートホテルが多いことからほかのエリアの旅費と比べると少し高め。 また、ハワイのような大型ショッピングセンターもないので、食事は基本的にホテルの中かレストラン。 昼食は5000円、夕食は1万円が相場になるので、滞在費の予算も多めに見積もっておく必要があります。 結婚式も含めると 総額では150万円~270万円程度の予算があると安心。 コテージはそれぞれが独立した建物で、スイートルームのような贅沢なつくりとなっているラグジュアリーな部屋がほとんど。 広さやグレードは何種類かあり、いずれも人気はプライベートコテージから階段やハシゴで直接海に入ることができるロケーション。 どの宿泊施設もステキすぎて迷ったときには、離島ツアーやマリンアクティビティ、スパなどタヒチ・ボラボラ島で新婚旅行・ハネムーンをどのように過ごしたいかで、どこのホテルが最適か比較検討してみるのもひとつ。

次の

『贅沢ボラボラ島!』ボラボラ島(タヒチ)の旅行記・ブログ by なおんちゅさん【フォートラベル】

ボラボラ 旅行

タヒチ島をはじめボラボラ島やモーレア島など118の島々から構成される南太平洋有数のリゾート地で、正式名称は「フランス領ポリネシア」。 その魅力のひとつは何といっても青く透き通った海の上に建つ水上コテージ。 見渡す限り海という贅沢なロケーションは、世界中から究極のバカンスを求める人々が集まってくる常夏の楽園そのもの。 かの画家ポール・ゴーギャンがその美しさに魅了され晩年移り住んだ島としても有名です。 ロケーションのすばらしさから、新婚旅行・ハネムーンを兼ねて挙式を行うカップルも多くいます。 【言語】公用語はフランス語とタヒチ語ですが、観光地では英語が通じる場合がほとんど。 【通貨】通貨はフレンチ・パシフィックフラン(CFPまたはXPP)で、フランス圏であるもののユーロは流通していません。 ちなみに、基本的にチップの習慣はありません。 降り注ぐ太陽からの紫外線はかなり強力なので、帽子や日焼け止めクリームなどで一気に日焼けしないように注意が必要です。 また、日中はTシャツと短パンだけでも過ごせますが、日中と夜間では気温差があるので、長袖シャツや羽織れるものがあると便利。 レストランなどでは男性は衿のあるシャツと長ズボン、女性はサンドレスやワンピースなどの着用が推奨されます。 タヒチ・ボラボラ島でのハネムーンにかかる旅費は 6泊8日ふたりで70万円~80万円前後が平均的。 日本からの直行便が少ないことや、高級リゾートホテルが多いことからほかのエリアの旅費と比べると少し高め。 また、ハワイのような大型ショッピングセンターもないので、食事は基本的にホテルの中かレストラン。 昼食は5000円、夕食は1万円が相場になるので、滞在費の予算も多めに見積もっておく必要があります。 結婚式も含めると 総額では150万円~270万円程度の予算があると安心。 コテージはそれぞれが独立した建物で、スイートルームのような贅沢なつくりとなっているラグジュアリーな部屋がほとんど。 広さやグレードは何種類かあり、いずれも人気はプライベートコテージから階段やハシゴで直接海に入ることができるロケーション。 どの宿泊施設もステキすぎて迷ったときには、離島ツアーやマリンアクティビティ、スパなどタヒチ・ボラボラ島で新婚旅行・ハネムーンをどのように過ごしたいかで、どこのホテルが最適か比較検討してみるのもひとつ。

次の

タヒチ旅行の費用や時間はどれくらい?オススメの観光スポットは?

ボラボラ 旅行

ハネムーンツアーの定番ともいえるタヒチのボラボラ島。 その魅力はなんといっても想像を超えた美しさが待ち受ける水上バンガローです。 どこまでも透き通った碧い海、夕日に染まっていく水平線のグラデーション、満天の夜空を埋め尽くす無数の星、現実とは思えないほどの絶景が広がるボラボラ島。 そんな美しい自然の中に建てられた水上バンガローでの滞在は、ハネムーン旅行をロマンティックに演出してくれると人気があります。 さらに、儀礼的すぎないながらも、きめ細やかなタヒチアンのおもてなしも、ハネムーンの素敵な思い出作りを手伝ってくれるでしょう。 また、タヒチの海に広がる美しいサンゴ礁と、そこに生息する生き物たちもタヒチ旅行の魅力のひとつ。 手つかずの自然が多く残るタヒチの海には、可愛らしい熱帯魚や海亀、マンタなど様々な海の生き物たちが遊泳しています。 もちろんシュノーケルだけでも、多くの魚たちと触れ合うことができますが、さらに満喫したい方には、天然水族館「ラグナリウム」でのアクティビティやモツ・ピクニックツアーがおすすめ。 より多くの海の生き物たちを間近で見ることができます。 ロマンティックな景色広がるボラボラ島で、ぜひとっておきの休日をお過ごしください。

次の