ユーチューバー 収入 ランキング 日本。 YOUTUBER(ユーチューバー)の年収給料や最新版年収ランキング1位~100位、ジャンル別【ゲーム実況・キッズ・有名ユーチューバー】年収|平均年収.jp

ユーチューバーの収入・年収ランキング

ユーチューバー 収入 ランキング 日本

ユーチューバーの収入は? YouTubeに独自で撮影した動画を公開し、 広告収入を収入源として活動するユーチューバー。 その平均年収は、 約800万円とされています。 一見、サラリーマンや公務員よりも高い年収ですよね。 ただし、この800万円という数字は、 動画再生回数ランキング100位の人の推定年収です。 つまり、800万円稼いでいるユーチューバーは 上位100人のみということになります。 ユーチューバーの収入源は 広告収入の他にも、 スーパーチャット、 YouTubeチャンネルメンバーシップ、 企業案件、 グッズ販売 といった方法もあります。 スーパーチャットとは? 視聴者がユーチューバーに 直接寄付できる機能です。 主に生配信の時に、視聴者が コメントにお金を乗せて投稿できます。 スーパーチャットであれば、 動画の再生回数は関係ありません。 魅力ある内容の生配信を行えば、 そのたびに視聴者から直接お金が貰えます。 YouTubeチャンネルメンバーシップとは? 月額490円で 好きなユーチューバーを支援できる機能です。 ユーザーは月額料金を払うことで、 バッジや絵文字といった 様々な特典をチャンネルから得られます。 企業案件とは? YouTubeアドセンスに次いで有名な収益化の方法が、 企業とのタイアップ動画(企業案件)です。 企業案件の報酬は、 1本あたりが150万円〜、 トップクラスのユーチューバーだと 1本あたり300〜500万円くらい入ります。 企業案件が受けられるのは、 チャンネル登録者数10万人前後くらいからです。 企業は影響力のあるユーチューバーに商品やサービスを体験してもらい、 その対価として報酬を支払います。 筋トレ系ユーチューバーには プロテインの商品広告などが出たりしますよね。 グッズ販売とは? インフルエンサーのような有名ユーチューバーなら、 「 オリジナルグッズを作った」と告知するだけで売れることもあるようです。 ファンにオリジナルグッズを着用、使用してもらうことで、 宣伝効果も狙えます。 LINEスタンプなどもその主な例と言えるでしょう。 ユーチューバーの再生回数の条件は? YouTubeで広告収入を得るには 1つのボーダーラインがあります。 パートナー・プログラムを組むことで 自分の動画にGoogleアドセンス広告を表示させることができるようになるのですが、 再生回数が10,000回以上ではないと 広告収入を得られないようになっているのです。 収入を得る仕組みは? パートナー・プログラムを組んだ後、収入が入る仕組みは 動画に表示される広告がクリックされたときです。 ユーチューバーの単価相場は、 1再生あたり0. 1円という基準だといわれています。 1再生あたり0. 1円であれば、 1000回再生されれば100円、 10万回再生されれば10,000円です。 この計算で大まかな収益の予測が出来るようです。 ただし、本当に1再生あたり0. 1円であるかは 確定的なことは言えません。 動画の長さや再生回数に応じた報酬額を公開することも、 YouTubeの規約違反とされているため、 多くのユーチューバーは口をつぐんではぐらかしており、 0. 5円だったり、 0. 02円だったりと様々な意見があります。 さらに、この報酬額は常に一定というわけではなく、 時期や季節によって変動します。 単価自体は1円に満たないとても小さな金額ですが、 動画の再生回数が何万回にもなると、 単価の大小が報酬の差にかなり影響を与えてきますよね。 高年収ユーチューバーランキングは? それでは、そんな群雄割拠の ユーチューバーの収益ランキングを見ていきましょう。 1位 Hikakin ヒカキン 推定年収予想:約11. 言わずと知れた 日本のユーチューバーの草分け的存在、「 ヒカキン」。 ヒカキンはメインの「 HikakinTV」だけでなく、 ゲーム実況専門の「 HikakinGames」や「 HIKAKIN」「 HikakinBlog」の合計4つのチャンネルを運営しています。 その 飽きさせない工夫と、何より 継続力で 今や 国内で知らない人はいないほどの有名人となりました。 2億円 動画再生回数:約85億回 登録者数:非公開(2020年現在) 動画本数:4,104本 デビューからの年数:8年(2011年11月に登録) 「 こうくん」と「 ねみちゃん」の 姉弟ユーチューバーです。 2人がおもちゃで遊んだり、お出かけしたりする光景を撮影しています。 チャンネル登録数は、2020年現在非公開となっています。 ユーチューバーの収入と再生回数の条件は?収入ランキングをご紹介! おわりに いかがでしたでしょうか。 年収平均800万円ときくと、 毎日満員電車に揺られて早朝から深夜まで働いている人は 羨ましい・・・と思ってしまいますよね。 でも、本当にそうでしょうか。 ユーチューバーはサラリーマンや公務員のように 失敗しても給与が振り込まれるような仕組みではありません。 上司からの指示待ちでは稼げないうえ、 自分で企画を練って撮影、編集を行い、 動画を投稿し続けなければなりません。 しかも毎日です。 サラリーマン以上の 自己管理能力、 セルフプロデュース能力が必要なことは言うまでもなく、 60歳や70歳まで 高年収が維持されるかどうかはわかりませんし、 面白いネタや商品が いつまでも浮かんでくるとも限りません。 しかし、ひとたび視聴者の心をつかみ、興味を持ってもらうことで 継続的にお金が入ってきたり、 世界中のユーチューバーと繋がってコラボできたり、 一獲千金のような夢があるのは、 狭い会社内で人生を終えていく会社員たちとの違いかもしれません。 あなたがもし副業が許されている会社に所属しているのであれば、 会社員の安定というメリットを享受しつつ、 ユーチューバーにも挑戦してみてはいかがでしょうか。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

YOUTUBER(ユーチューバー)の年収給料や最新版年収ランキング1位~100位、ジャンル別【ゲーム実況・キッズ・有名ユーチューバー】年収|平均年収.jp

ユーチューバー 収入 ランキング 日本

ユーチューバーの収入は? YouTubeに独自で撮影した動画を公開し、 広告収入を収入源として活動するユーチューバー。 その平均年収は、 約800万円とされています。 一見、サラリーマンや公務員よりも高い年収ですよね。 ただし、この800万円という数字は、 動画再生回数ランキング100位の人の推定年収です。 つまり、800万円稼いでいるユーチューバーは 上位100人のみということになります。 ユーチューバーの収入源は 広告収入の他にも、 スーパーチャット、 YouTubeチャンネルメンバーシップ、 企業案件、 グッズ販売 といった方法もあります。 スーパーチャットとは? 視聴者がユーチューバーに 直接寄付できる機能です。 主に生配信の時に、視聴者が コメントにお金を乗せて投稿できます。 スーパーチャットであれば、 動画の再生回数は関係ありません。 魅力ある内容の生配信を行えば、 そのたびに視聴者から直接お金が貰えます。 YouTubeチャンネルメンバーシップとは? 月額490円で 好きなユーチューバーを支援できる機能です。 ユーザーは月額料金を払うことで、 バッジや絵文字といった 様々な特典をチャンネルから得られます。 企業案件とは? YouTubeアドセンスに次いで有名な収益化の方法が、 企業とのタイアップ動画(企業案件)です。 企業案件の報酬は、 1本あたりが150万円〜、 トップクラスのユーチューバーだと 1本あたり300〜500万円くらい入ります。 企業案件が受けられるのは、 チャンネル登録者数10万人前後くらいからです。 企業は影響力のあるユーチューバーに商品やサービスを体験してもらい、 その対価として報酬を支払います。 筋トレ系ユーチューバーには プロテインの商品広告などが出たりしますよね。 グッズ販売とは? インフルエンサーのような有名ユーチューバーなら、 「 オリジナルグッズを作った」と告知するだけで売れることもあるようです。 ファンにオリジナルグッズを着用、使用してもらうことで、 宣伝効果も狙えます。 LINEスタンプなどもその主な例と言えるでしょう。 ユーチューバーの再生回数の条件は? YouTubeで広告収入を得るには 1つのボーダーラインがあります。 パートナー・プログラムを組むことで 自分の動画にGoogleアドセンス広告を表示させることができるようになるのですが、 再生回数が10,000回以上ではないと 広告収入を得られないようになっているのです。 収入を得る仕組みは? パートナー・プログラムを組んだ後、収入が入る仕組みは 動画に表示される広告がクリックされたときです。 ユーチューバーの単価相場は、 1再生あたり0. 1円という基準だといわれています。 1再生あたり0. 1円であれば、 1000回再生されれば100円、 10万回再生されれば10,000円です。 この計算で大まかな収益の予測が出来るようです。 ただし、本当に1再生あたり0. 1円であるかは 確定的なことは言えません。 動画の長さや再生回数に応じた報酬額を公開することも、 YouTubeの規約違反とされているため、 多くのユーチューバーは口をつぐんではぐらかしており、 0. 5円だったり、 0. 02円だったりと様々な意見があります。 さらに、この報酬額は常に一定というわけではなく、 時期や季節によって変動します。 単価自体は1円に満たないとても小さな金額ですが、 動画の再生回数が何万回にもなると、 単価の大小が報酬の差にかなり影響を与えてきますよね。 高年収ユーチューバーランキングは? それでは、そんな群雄割拠の ユーチューバーの収益ランキングを見ていきましょう。 1位 Hikakin ヒカキン 推定年収予想:約11. 言わずと知れた 日本のユーチューバーの草分け的存在、「 ヒカキン」。 ヒカキンはメインの「 HikakinTV」だけでなく、 ゲーム実況専門の「 HikakinGames」や「 HIKAKIN」「 HikakinBlog」の合計4つのチャンネルを運営しています。 その 飽きさせない工夫と、何より 継続力で 今や 国内で知らない人はいないほどの有名人となりました。 2億円 動画再生回数:約85億回 登録者数:非公開(2020年現在) 動画本数:4,104本 デビューからの年数:8年(2011年11月に登録) 「 こうくん」と「 ねみちゃん」の 姉弟ユーチューバーです。 2人がおもちゃで遊んだり、お出かけしたりする光景を撮影しています。 チャンネル登録数は、2020年現在非公開となっています。 ユーチューバーの収入と再生回数の条件は?収入ランキングをご紹介! おわりに いかがでしたでしょうか。 年収平均800万円ときくと、 毎日満員電車に揺られて早朝から深夜まで働いている人は 羨ましい・・・と思ってしまいますよね。 でも、本当にそうでしょうか。 ユーチューバーはサラリーマンや公務員のように 失敗しても給与が振り込まれるような仕組みではありません。 上司からの指示待ちでは稼げないうえ、 自分で企画を練って撮影、編集を行い、 動画を投稿し続けなければなりません。 しかも毎日です。 サラリーマン以上の 自己管理能力、 セルフプロデュース能力が必要なことは言うまでもなく、 60歳や70歳まで 高年収が維持されるかどうかはわかりませんし、 面白いネタや商品が いつまでも浮かんでくるとも限りません。 しかし、ひとたび視聴者の心をつかみ、興味を持ってもらうことで 継続的にお金が入ってきたり、 世界中のユーチューバーと繋がってコラボできたり、 一獲千金のような夢があるのは、 狭い会社内で人生を終えていく会社員たちとの違いかもしれません。 あなたがもし副業が許されている会社に所属しているのであれば、 会社員の安定というメリットを享受しつつ、 ユーチューバーにも挑戦してみてはいかがでしょうか。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

YouTuber(ユーチューバー)年収/収入ランキング!世界1位と日本1位は?

ユーチューバー 収入 ランキング 日本

YouTuber収入ランキングTOP10! 早速本題のYouTuber収入ランキングを説明していきます。 ただしYouTubeの規約上、正確な収入を知ることはできません。 そのため、 チャンネル登録者数と総再生回数を中心に収入ランキングを組んでみました。 概ね収入のランキングと比例するはずですので、参考にしてみてください! 前置きが長くなりましたが、本題の「 YouTuber収入ランキング」は下記です。 第1位:HIKAKIN 第2位:はじめしゃちょー 第3位:フィッシャーズ 第4位:東海オンエア 第5位:Seikin 第6位:水溜りボンド 第7位:米津玄師 第8位:ヒカル 第9位:SUSHI RAMEN【Riku】 第10位:木下ゆうか 1人ずつ詳細を説明していきましょう。 HIKAKIN まずは言わずと知れたYouTuberの王、HIKAKIN氏です。 メインのチャンネル登録者数ははじめしゃちょーに負けますが、 所有しているチャンネルを総合すると日本トップの登録者数を誇ります。 総再生回数も日本トップ。 まさにキングオブYouTuberです。 収入は年間数億円〜10億円以上もらっている、なんて噂もあります。 高額商品の購入動画やガジェット(iPhoneなど)のレビュー、最近は飼い猫の動画などがメインコンテンツです。 子供向けの動画作りが得意で、チャンネル登録者数の多くは小・中学生となっています。 とにかくネットリテラシーが高く、炎上することがほとんどありません。 周囲のYouTuberが炎上して好感度が下がるなか、相対的にHIKAKIN氏の好感度が上がるという現象も度々起こります。 動画作りはもちろん、普段の振る舞いも気を抜かないことから人気があるのだと推測されます。 さらにYouTuberのプレイヤーとしても優秀なHIKAKIN氏ですが、YouTuberの事務所UUUMの最高顧問としての顔も持ち、役員報酬もあることから、収入はさらに増えることでしょう。 YouTuberを目指すなら、 最も参考にするべき人で間違いありません。 はじめしゃちょー 第2位ははじめしゃちょーです。 チャンネル登録者数単独では日本1位を誇ります。 動画コンテンツは実験系が多く、 とくに人数の多い実験や予算をかけた動画が見所です。 ルックスも平均以上でイケメンYouTuberとしても人気があります。 過去に炎上したこともありますが、それから人気を持ち直し、今の地位に登りつめました。 企業からの仕事を受けることも多く、動画再生に伴う広告費と合わせて高い収入を得ていることが推測されます。 流石にHIkAKIN氏には及びませんが、日本トップクラスのYouTuberであることは間違いないでしょう。 フィッシャーズ 第3位はフィッシャーズ。 7人体制のグループYouTuberのトップです。 7人いることから収入が分散するため、HIkAKIN氏やはじめしゃちょーに比べると収入は少なくなります。 それでもグループYouTuberのトップに変わりありませんので、一般的なYouTuberよりはるかに高額の報酬を得ている事でしょう。 動画はアスレチックなどの体を動かすものが基本で、他にもドッキリや心霊関係の動画など幅広く展開しています。 人数が多い分、 アイデアや企画の規模が大きく見応えのある動画が多い印象。 ワイワイしている動画が好きな方におすすめできます。 東海オンエア 第4位は東海オンエアです。 東海オンエアもグループYouTuberで、 全員が動画編集できるという特徴があります。 動画編集を分担することで労力を分散するという方法で動画を大量に生産しているのが特徴。 グループYouTuberとしてフィッシャーズに並ぶ成功を収めています。 ただし、とある動画でリーダーのてつやにストーカーができてしまい、一時騒然となりました。 現在は落ち着いており、動画も淡々とアップされています。 グループでYouTuberを目指すのであればフィッシャーズと東海オンエアは押さえておきましょう。 Seikin 第5位はSeikin氏です。 Seikin氏はHIKAKIN氏の兄で、作曲家・歌手としても活躍しており、HIKAKIN氏と共にオリジナルの楽曲を作成し、ミュージックステーションに出演するなどの活躍も。 チャンネル登録者数もHIKAKIN氏に及ばずも、かなりの人数を誇ります。 単独のYouTuberでは HIKAKIN、はじめしゃちょーに次いで成功していると言えるでしょう。 UUUM所属です。 Seikin氏の成功は大半が弟のHIkAKIN氏によるものですが、Seikin氏も 音楽の才能、芸を持っており、また人の良さがわかる動画作りによってファンは多い。 知人に力のあるYouTuberがいるなら、Seikin氏の立ち回りを真似してみるのもありかもしれません。 結局はチャンネル登録者、そして再生回数を稼ぐのがYouTuberとしての成功につながりますからね。 水溜りボンド 第6位は水溜りボンドです。 コンビのYouTuberとしてはトップの再生回数、チャンネル登録者数を誇ります。 動画の内容は ドッキリや実験系が多く、予算をかけた動画が見所。 1人では自信がない、動画作りに不安があるという場合は水溜りボンドを参考に動画作成、企画を行ってみることをおすすめします。 米津玄師 第7位はアーティスト米津玄師です。 米津玄師はYouTuberではありませんが、そのチャンネル登録者数と総再生回数は圧倒的です。 特に 動画lemonでは1つの動画で4. 5億回も再生されており、日本人の動画ではトップクラスとなっています。 もちろん YouTubeの収益だけでなく、楽曲販売、印税等が収入として入ってくるわけですから、もしかしたらHIKAKIN氏レベルの報酬を得ている可能性もあります。 ヒカル 第8位はヒカル氏です。 ヒカル氏は 炎上系の動画や高額なお金を使う動画を得意としており、度々問題になりながらもチャンネル登録者数が増えていきました。 現在でもそのスタンスは変わらず、お金に興味のある視聴者に刺さるコンテンツ作りをしています。 自称「 億を稼いでいる」と言っています。 実際のところ、チャンネル登録者数と総再生回数を計算すると累計で億の報酬をもらっているのは事実と言えるでしょう。 SUSHI RAMEN【Riku】 第9位はSUSHI RAMEN【Riku】です。 大規模な実験系の動画を得意としています。 お金が非常にかかった動画作成をするため、 初心者には真似できません。 その独自性から人気になったといえるでしょう。 予算が潤沢にあり、これからYouTuberを始めたい人にとっては参考になるチャンネルです。 木下ゆうか 第10位は木下ゆうか氏です。 大食い動画をアップしており、チャンネル登録者には外国人も多くいます。 それだけ 大食い動画は海外需要もあるということ。 大食いが特技な人なら、木下ゆうか氏の動画作りを参考にすることをおすすめします。 ただし単調な動画になりがちで、チャンネル登録者数に対して再生回数が少なめなのが注意点です。 YouTuberになるには独自性、センス、編集スキルがいる ここまでYouTuberのランキングを解説してきました。 YouTuberの トップクラスになると年収億を超えることが可能です。 しかし YouTubeで成果を出すにはそれなりの覚悟が必要なことを覚えておいてください。 また覚悟があってもスキルやセンスがないと難しいのもYouTubeです。 高い独自性、センスが必要な上に、丁寧に動画を編集することも重要。 とにかく YouTuber として成功するにはハードルが高いということ。 それでも挑戦したいという場合はカメラやパソコンなどの機材には妥協せず用意するようにしましょう。 そして 誰もやっていない独自の企画を打ち立てて動画を投稿し続けることが大切です。 諦めないように頑張ってくださいね。 YouTuber収入ランキングTOP10のまとめ 改めてランキングをおさらいすると下記です。 第1位:HIKAKIN 第2位:はじめしゃちょー 第3位:フィッシャーズ 第4位:東海オンエア 第5位:Seikin 第6位:水溜りボンド 第7位:米津玄師 第8位:ヒカル 第9位:SUSHI RAMEN【Riku】 第10位:木下ゆうか やはり1位はHIKAKIN氏でした。 圧倒的なチャンネル登録者数、再生回数を誇ります。 これからYouTubeを始めるのであれば、HIKAKIN氏の編集スタイルや動画の企画を参考にしてみてくださいね。 ぜひYouTuberで一攫千金を狙いましょう!.

次の