米津玄師曲。 結婚式で米津玄師の曲を流したい!BGMにおすすめ20曲を紹介

米津玄師の曲の特徴

米津玄師曲

米津玄師の「米津米津してる曲」が大好きなので米津が作る米津の曲の中でも特に米津が米津米津してる米津の曲を10曲選びました 米津米津=変な音がいっぱいきこえてこわい 駄菓子屋商売 10米津米津 米津が米津米津している米津曲のなかでも圧倒的米津。 頭から爪先まで米津が止まらない。 「エビで、エビで、タン塩」 意味不明なイントロ、意味不明な曲展開、意味不明な歌詞。 米津がなにを歌っているのか、米津になにを聞かされているのか。 「米津」とはなにか。 その答えは米津にしかわからない。 米津の曲は「迷路」のようなものだ。 聴けば聴くほど米津から抜け出せなくなる。 笛吹けども踊らず 8米津米津 中盤で米津がラリるのだが、聴いてるこっちまでラリってくる。 米津の曲を聴いていると目が回る。 米津の生み出す米津米津した音が耳に入ると三半規管がやられ平衡機能がおかしくなる。 グルグルバットならぬグルグル米津。 ポッピンアパシー 9米津米津 再生開始5秒でほとばしる米津。 米津の曲は耳がいくつあっても足りない。 終始耳の奥が気持ち悪くて気持ち良い。 米津はそういうことを「あえてする」。 上がりそうなところで上がらない、下がりそうなところで下がらない「次はこういうメロディ展開になるだろう」という予想を米津はことごとく外してくる。 誰も米津を捕まえることはできない。 鳥にでもなりたい 6米津米津 米津の曲を聴くとき、絶対に気を抜いてはいけない。 女性の一途な愛を歌った歌詞と森の動物たちと一緒にマーチングをしているようなメロディのハッピーソングかと思いきや、その動物たちはすべてキグルミで中には米津がいた。 不自然に半音下がる気味の悪いシンセ、不気味なカエルの鳴き声、もはや執念すら感じる歌詞。 おいでよ米津の森。 KARMA CITY 8米津米津 米津が増えた。 右耳から米津。 左耳から米津。 四方八方から米津が襲ってくる。 そして最終的にさまよっているたくさんの米津が一箇所に集まりひとつの大きな米津になる。 ペトリコール 7米津米津 米津が作り出す不穏すぎるサウンドに今にも消え入りそうな米津の声。 そんなギリギリの状態で保っていた米津ダムが後半の間奏で一気に崩壊する。 反町隆史のPOISONを聴かせると赤ん坊が泣き止むらしいが、米津を聴かせると大人が泣く。 ダークネス米津。 amen 8米津米津 イントロから胃がねじれる。 米津の音楽は臓器にクる。 そして途中で入ってくるノイズをきっかけに米津が自分の中に入ってくる。 少しずつ米津に寄生される。 米津によって脳は溶け、意識が遠のく。 神仏や死者が夢の中に出てくる「夢枕に立つ」という言葉があるが、この曲を聴いたあと米津が夢に出てくる。 米津はハチでハチは米津。 しかし、その2つは似て非なるものでもあった。 これは「もし米津がハチの曲を歌ったら?」という夢が叶った数少ない曲でもある。 ハチが本来持つ米津米津した変態的な部分を存分に出しつつ、米津になることで手に入れた普遍性を両立させている。 ハチと米津が一つになったとき、老若男女すべてが米津になる。 クランベリーとパンケーキ 6米津米津 甘い猛毒。 使っている音数自体はそこまで多くのないのにも関わらず、音の随所に米津がいる。 気だるいメロディに油断して気がついた時にはもう遅い、米津の毒は耳から全身に広がり脳の「米津」を感じる以外の機能が完全に停止する。 でしょましょ 10米津米津 歌の表現力が増し、元々の米津米津した部分がさらに際立った近年の米津。 明らかに米津ではない米津以外の声がいっぱい入っていて夜道で聴くと確実にオシッコ、いや米津漏らす。 もはや米津にとっては生きとし生けるすべての人間が「米津の楽器」と言っても過言じゃない。 米津が作る曲は「音楽」というより「米津」。 音楽と米津は完全に別物。 米津はこの世に「米津」というジャンルのエンタメを生み出した。 次に米津の曲になるのは自分かもしれない… まとめ 「米津」ってこんな字でした? ikdhkr.

次の

米津玄師 Lemon 歌詞

米津玄師曲

米津玄師の「米津米津してる曲」が大好きなので米津が作る米津の曲の中でも特に米津が米津米津してる米津の曲を10曲選びました 米津米津=変な音がいっぱいきこえてこわい 駄菓子屋商売 10米津米津 米津が米津米津している米津曲のなかでも圧倒的米津。 頭から爪先まで米津が止まらない。 「エビで、エビで、タン塩」 意味不明なイントロ、意味不明な曲展開、意味不明な歌詞。 米津がなにを歌っているのか、米津になにを聞かされているのか。 「米津」とはなにか。 その答えは米津にしかわからない。 米津の曲は「迷路」のようなものだ。 聴けば聴くほど米津から抜け出せなくなる。 笛吹けども踊らず 8米津米津 中盤で米津がラリるのだが、聴いてるこっちまでラリってくる。 米津の曲を聴いていると目が回る。 米津の生み出す米津米津した音が耳に入ると三半規管がやられ平衡機能がおかしくなる。 グルグルバットならぬグルグル米津。 ポッピンアパシー 9米津米津 再生開始5秒でほとばしる米津。 米津の曲は耳がいくつあっても足りない。 終始耳の奥が気持ち悪くて気持ち良い。 米津はそういうことを「あえてする」。 上がりそうなところで上がらない、下がりそうなところで下がらない「次はこういうメロディ展開になるだろう」という予想を米津はことごとく外してくる。 誰も米津を捕まえることはできない。 鳥にでもなりたい 6米津米津 米津の曲を聴くとき、絶対に気を抜いてはいけない。 女性の一途な愛を歌った歌詞と森の動物たちと一緒にマーチングをしているようなメロディのハッピーソングかと思いきや、その動物たちはすべてキグルミで中には米津がいた。 不自然に半音下がる気味の悪いシンセ、不気味なカエルの鳴き声、もはや執念すら感じる歌詞。 おいでよ米津の森。 KARMA CITY 8米津米津 米津が増えた。 右耳から米津。 左耳から米津。 四方八方から米津が襲ってくる。 そして最終的にさまよっているたくさんの米津が一箇所に集まりひとつの大きな米津になる。 ペトリコール 7米津米津 米津が作り出す不穏すぎるサウンドに今にも消え入りそうな米津の声。 そんなギリギリの状態で保っていた米津ダムが後半の間奏で一気に崩壊する。 反町隆史のPOISONを聴かせると赤ん坊が泣き止むらしいが、米津を聴かせると大人が泣く。 ダークネス米津。 amen 8米津米津 イントロから胃がねじれる。 米津の音楽は臓器にクる。 そして途中で入ってくるノイズをきっかけに米津が自分の中に入ってくる。 少しずつ米津に寄生される。 米津によって脳は溶け、意識が遠のく。 神仏や死者が夢の中に出てくる「夢枕に立つ」という言葉があるが、この曲を聴いたあと米津が夢に出てくる。 米津はハチでハチは米津。 しかし、その2つは似て非なるものでもあった。 これは「もし米津がハチの曲を歌ったら?」という夢が叶った数少ない曲でもある。 ハチが本来持つ米津米津した変態的な部分を存分に出しつつ、米津になることで手に入れた普遍性を両立させている。 ハチと米津が一つになったとき、老若男女すべてが米津になる。 クランベリーとパンケーキ 6米津米津 甘い猛毒。 使っている音数自体はそこまで多くのないのにも関わらず、音の随所に米津がいる。 気だるいメロディに油断して気がついた時にはもう遅い、米津の毒は耳から全身に広がり脳の「米津」を感じる以外の機能が完全に停止する。 でしょましょ 10米津米津 歌の表現力が増し、元々の米津米津した部分がさらに際立った近年の米津。 明らかに米津ではない米津以外の声がいっぱい入っていて夜道で聴くと確実にオシッコ、いや米津漏らす。 もはや米津にとっては生きとし生けるすべての人間が「米津の楽器」と言っても過言じゃない。 米津が作る曲は「音楽」というより「米津」。 音楽と米津は完全に別物。 米津はこの世に「米津」というジャンルのエンタメを生み出した。 次に米津の曲になるのは自分かもしれない… まとめ 「米津」ってこんな字でした? ikdhkr.

次の

米津玄師の曲の特徴

米津玄師曲

作詞・作曲: 米津玄師 編曲:米津玄師 蔦谷好位置 イントロとAメロのレビュー イントロはエフェクトを使ったエレキギターのフレーズです。 幻想的な雰囲気が出ていて、 期待を持たせてくれる印象を持ちましたが、わずか4小節で突然終えてしまいます。 もう少し長めのイントロにしても良かったと思います。 Aメロの歌のメロディーは及第点。 アレンジは良いですね。 特にストリングスのフレーズが聴いていて心地よいです。 リズム隊も良い働きをしています。 フレーズもいいですし、適切な音色が使われていて、 聴いていて心地よいです。 バランスが非常にいいです。 最初のAメロは少し押さえ目にするのがアレンジの基本です。 この曲はその点もしっかりと作られていて問題ありません。 Aメロを繰り返す際にはグロッケンの音で、少し彩りを与えていて良いです。 繰り返しのAメロではミュートのギターを入れていますが、変化が乏しいですね。 ストリングスのフレーズと一部重複させているので、埋もれている感じがします。 Bメロのレビュー Bメロはいまいちですね。 コード進行がAメロとまったく同じなんですよね。 おそらく意図してこのようなアレンジにしたのでしょうが、上手くいっていません。 平坦さが増していて、退屈なBメロになっています。 ハイハットの刻みのフレーズはまずまず良いです。 途中からエレピが入っていますが、 白玉のフレーズなので寂しいですね。 もう少ししっかりと作るべきです。 サビに入る前に4小節加えられていますが、これも意図がよくわかりません。 Bメロからサビへは自然な流れが入って行き盛り上げたいところですが、 小休止しているのでサビの冒頭がいまいち盛り上がらないのです。 サビに入る前にブレイクが使われています。 米津玄師さんの曲はブレイクの使い方に 課題があり、Lemonやアイネクライネでも失敗しています。 この曲のこの場面では使ってもいいのですが、その前に小休止しているので 入れる必要があるのかが疑問です。 ブレイクはこの後に何度も使われているので、ここでは控えたほうがいいでしょう。 ブレイクは1曲に何度も使うものではありません。 要所で使うからこそ効果を発揮します。 サビのレビュー 0:59 サビのメロディーはなかなかカッコイイですね。 アレンジですが、エレピとベースが2分音符を使った白玉のフレーズになっています。 意図して使っているのでしょうが、やや単調の感じもします。 曲調を考慮すると、ベースラインは8分音符で刻むフレーズは合わないでしょうが、 しっかりと作りこんだ方が良かったと思いますね。 ストリングスはフレーズを変えてはいますが、8分音符を使ったフレーズでイントロや A、Bメロで使われたフレーズと似ています。 これも単調さを生み出します。 それまでは短い音符を使っていたのであれば、サビでは長い音符を使ったフレーズに 変えたほうが明らかにいいです。 音域も、もう少し高い音を使えば華やかさが出ると思います。 Aメロに戻る際にブレイクが使われています。 2回目のA、B、サビのレビュー 1:30 2回目のAメロは1回目と同じではなく、アレンジに変化をさせるのが基本です。 この曲ではドラムの手数を増やしていますね。 これだけですが、十分でしょう。 それ以降は特に変わった点はありません。 間奏とDメロのレビュー 2:42 エレキギターにモジュレーション系のエフェクト(トレモロ)をかけたフレーズが出てきます。 曲の中盤以降には、今までに出てこなかった音色を出すのが効果的です。 エレピとベースはここでも2分音符のフレーズですね。 やはりいまいちです。 ストリングスのフレーズも曲に合っているのですが、ずっと似たようなフレーズが使われて いるので、飽きてしまいます。 ここでは違うフレーズを用意するか、ここで使うのであれば その前に使用するのを控えたほうがいいです。 Dメロの出来は悪いです。 歌のメロディーが良くありません。 Dメロはそれまでの世界観を壊さぬように新しい展開を繰り広げていくのですが、 この曲は世界観を壊してはいませんが、単純にメロディーが美しくありません。 3:10 後半、アレンジを少し緩めて静かな雰囲気を作っています。 これはいいですね。 SEの音色は曲の世界観に合っていて、非常に美しいです。 ストリングスのフレーズなどが徐々にクレッシェンドで音量を上げて行き、 最後のサビに対する期待感を高められています。 これも上手です。 サビに入る前にブレイクが使われていますが、クレッシェンドで音量を高めておいて、 そしてブレイクさせているので効果が倍増しています。 これは非常に上手です。 このブレイクを際立たせるために、他の部分ではブレイクを使わないほうがいいです。 そうすると、ここのブレイクが強調され、より強い効果が発揮されるのです。 最後のサビとアウトロのレビュー 3:37 最後のサビは前のサビの繰り返しではなく、変化を与えます。 この曲では後半にフレーズを加えています。 及第点ですね。 アウトロはストリングスとドラムのフレーズを抜いて、静かな雰囲気を作っています。 そして、歪み系のエレキギターのフレーズとSEを目立たせることに成功しています。 幻想的で退廃的な世界観になり、非常に良いと思います。 ただし、曲の終え方が悪いです。 なぜ、キメフレーズを使うのでしょうか。 キメフレーズは、ビシッと曲を締める効果がありますが、この曲のアウトロは 徐々に退廃的な雰囲気になり、静かに終えていく方が圧倒的に合っています。 この辺りのセンスもいまいちですね。 総評 ストリングスやエレキギター、SEなどを上手に、独特の世界観が表現できていて 非常に良かったと思います。 サビのメロディーもなかなかカッコよかったです。 アレンジにはいくつか難がありました。 ブレイクに関しては他の記事でも書いたので、 詳しく述べませんが、多用せずに要所で使うと効果が高まります。 ストリングスのフレーズも非常に良いのですが、多用しすぎですね。 1曲の中に何度も出すと新鮮味が薄まり、単調さが生まれます。 そのフレーズをどんなに気に入ったとしても、使うべき所を見極める必要があります。 このあたりは編曲の勉強をされている方は参考にするといいでしょう。

次の