恋愛 中毒 ドラマ。 大人女子におすすめ!胸キュンの恋愛系海外ドラマ amazonプライムビデオ5選

恋愛中毒

恋愛 中毒 ドラマ

そこへジンピョンを慕う部下が配属され、夫婦が引っ越してくるのだが、誰にも言えない事情がある部下の妻ガフンにどんどんひかれていくジンピョン。 会ってはならない2人は、誰にも知られてはいけない情事にどんどんのめりこんでいく。 正直「ソン・スンホン大丈夫?」って心配していましたが…、 意外にもソン・スンホンの印象はあまり変わりませんでした。 彼の大ファンだったらショック受ける人もいるかもしれないけど、いやいや鼻血でちゃうかもしれないし、こればっかりは人によって違うので見てみないとわかりません。 とにかく、 ソン・スンホンが「自分に対する先入観を壊したかった」という体当たりの演技で話題になった作品。 普通は女優の方が体当たりの演技と言われるんですが、彼に関しては今まであまりに清廉潔白なイメージだったから特に注目されました。 もちろん、まだ新人だった女優 イム・ジヨンもこの作品が長編映画のデビュー作となり、一躍知られるようになりました。 エキゾチックな感じや、ちょっと慣れない演技がかえって華僑という配役に合っていましたね。 出典: 内容は 不倫なんですが純愛です。 ソン・スンホンのイメージが変わらなかったのも、ちょっと内気でかっこいいんだけど、 恋愛に不器用で純愛を貫く今までのイメージの延長線上だからでしょう。 2人の大胆な露出も、 男女ともにナイスバディでほれぼれしてしまいます。 (特に 男性の体をきれいに見せてくれてるのも、この映画の特徴かも) でも、あれだけ大胆なシーンであるにもかかわらず、いやらしすぎないのは2人が美しすぎるのか、BGMで生々しさを消してしまっているからか…。 あ、そうそう。 おせっかいな情報ですが、ソン・スンホンのはいていた 白いブリーフに幻滅…なんてコメントをちらっと見かけましたが、軍人は服だけでなく靴や下着まで軍用のものを支給されるので、おそらく軍用パンツの設定なんじゃないでしょうか。 また、背景となる時代、ベトナム戦争、エリート軍人、湿気が多い空気感、鳥かごに囲まれた異国な感じや、チークダンスにワイン、奥様たちの華やかな衣装など…、非日常的でエキゾチックな雰囲気がこの物語をより美しく見せていました。 (普通が星3つ基準).

次の

『愛の不時着』で韓国ドラマデビューする人続出!話題の“中毒性のあるおすすめ韓国ドラマ”3選

恋愛 中毒 ドラマ

恋愛中毒 恋愛中毒 2000. 1〜3 テレ朝・木曜日21:00- ・・・・・・・・ …マジで怖いです>薬師丸ひろこ。 途中、ゾクゾクしちゃったもん。 ストーリーは、弁当屋でバイトをする水無月美雨(薬師丸ひろこ)、実は前科一犯(但し執行猶予で済んだらしく、猶予期間は後3ヶ月)でバツイチ。 どうやら前の旦那さんの藤谷(寺脇康文)を愛しすぎてちょっと壊れてしまって犯罪をしてしまい…それが原因で離婚することに。 でも彼女はずっと彼のことが好き。 彼に2回の呼び出し音で切るイタズラ電話を繰り返して、秘かにある日かけてくれるもんだと期待。 でも電話番号変えられた日には彼のマンションまで押し掛けて…めちゃくちゃ怖がられてかえって傷つく彼女。 諦めたはずなのに。 (しっかし怖い。 )そんな風に絶望している彼女が出会ってしまうのが、高校の頃から憧れていた作家の逸路(鹿賀丈史)。 もう二度と人を好きにならない…と誓っていたのに、彼女は逸路の優しさに心が揺れてしまいます。 でも一緒に寝てしまった後、彼がプレイボーイと知って、またまた絶望の淵に。 脱力していたら…逸路が彼女の前に現れた。 さてはて美雨はこれからどうなるんでしょう。 そして編集部に入ると…電話を怖がっている男(大浦龍宇一)が。 どうやらしつこくてストーカーになってる彼女を避けたがっている彼だった。 美雨は彼女と話をつけに行く。 彼に会いたいとすがる彼女。 とりあえずエレベーターに乗せるんですが、途中で緊急停止する美雨。 彼女が犯罪をする前に止めてるんだ、と彼女は言います。 そして諦めたことは必ず諦める、会わないと決めた時は会わない、と約束させます。 男の方が彼女に感謝、という感じでつけ回しますが…彼女は厳しく、あんたが彼女をそうさせたのでしょ!そうなんですよ、うざい女は大抵男が悪いんだよっ(笑)。 とりあえず、美雨がどういう犯罪をしたのか…まだ判明してないんで、それがわかるまでとりあえずドラマ見てると思います(笑)。 とゆーより、美雨と藤谷の親友として岡本健一が出てるので(それもかなり普通の好青年役…珍しいっ!)そっちの方で見てるでしょうねー。 美雨(薬師丸ひろこ)よりも櫻井淳子の方が怖くない?(笑)んで、岡本健一は美雨の友達ヅラをしてながら…なんで彼女が不利になるように動こうとするわけ?彼女の過去のこと、彼女の癖のこと…これから彼女が好きになる人に言い触れ回ることが彼女のためになるの?うーん。 ちなみに彼女の犯罪は…どうやらストーカー行為だったようですねー。 ファックス送り付けるとかイタズラ電話するのはまだしも、勝手に郵便物を開けて燃やすのは立派な犯罪だからねー。 いやー、すごい怖い。 でもやっぱり悪かったのは藤谷(寺脇康文)だったんだ。 だって彼が浮気したから彼女が壊れたんじゃない。 んで、美雨は逸路(鹿賀丈史)を好きになったら、独占したくなってまた同じようなことをするだけだから…と、必死に好きにならないように頑張るんですが、彼の方が彼女を好きになっていて(但し5号さん?)引きずり回すので…とうとう彼女も彼を好きになっちゃいます。 但し、櫻井淳子が怖い。 過去における自分だけじゃなくて、今の、逸路(鹿賀丈史)に対する気持ちを確認した時も怖い…。 なんでそこまで怖くなれるんだろう。 上手いのかなぁ(笑)。 とにかくゾゾゾ、とするもん。 こっちが。 ただ、これだけ。 彼女が最初に壊れたのは…確かに旦那(寺脇康文)以外何も見えなくなっていた彼女も問題だけど、そういう彼女にしてしまったのは旦那に責任があるんじゃない?不倫はさておいて、いっつも見るばかりの彼女が重荷ならば…彼女が自分以外の何かの生き甲斐を見つけるために協力してあげればいいのに。 夫婦というか恋愛関係って、そういうもんでしょ?お互いをよりよい人間にするためにお互いを高めて行く関係…。 それを自分がちゃんとしてないからって一方的に突き放すなんて、責任放棄もいいところ。 あの旦那はめっちゃ問題だわ。 まっ、美雨が怖いのはさておいて、陽子(櫻井淳子)も…あれも相当な独占欲というか負けず嫌い精神というか…あっちもくせ者。 そうだよね、奥さん+愛人4人を抱えてる男を愛してしまうと嫉妬とかで狂ってしまいそう。 私?私は自分に愛を与えてくれない人はそもそも愛せないんですぅ〜。 先週、美雨(薬師丸ひろ子)が昔ストーカーしていた女性に謝っていたけど…あれ、一番怖いよー。 私がその女性だったら例え診療内科に通うまででもなくても二度と顔も見たくない、声も聞きたくない、近づいて欲しくない…。 ストーカーの存在そのものが気持ち悪いから自分の記憶、自分の世界から抹消したいもん。 サイテー。 荻原(岡本健一)にまで迫る彼女。 でも本当、荻原は何故にそこまで彼女のことを心配して守る?何だか過去にあったみたいだねー。 それよりも、あのダンナ(寺脇康文)は何でいきなり変わったんだろう?本人曰く、自分のワガママだった…って。 サイテー。 美雨に電話して会って話すという約束をしてしまう藤谷も藤谷だわ…。 美雨がはしゃいじゃうじゃないの〜。 でも結局藤谷は美雨との別れを決定的にするためだった。 警察に突き出したのは自分、と告白。 ショックを受ける美雨。 一方、美雨の過去を知った陽子は…逸路(鹿賀丈史)の妻に無言電話攻撃を。 本当に嫌な性格だわ……。 それも逸路は美雨がやったものと思い込んで(陽子の思うツボ)…美雨、大ショック〜。 ドラマチックに雨が降り出して…そこに傘を差して現れたのは…藤谷。 あぁ〜どうしてみんな美雨をもっと大切にしてあげられないのー。 おわーっ、怖いよー、マジで。 傘を差しだしてしまう藤谷(寺脇康文)にまた情がちょっと移ってしまいそうな美雨(薬師丸ひろ子)。 それでもちゃんと壊れないようにしようと頑張る美雨。 そこを…かき回すのが、もしかして美雨より怖いかもしんない悪女の陽子(櫻井敦子)。 彼女って…何のために美雨をいじめてるの?だって結局逸路(鹿賀丈史)は振り向いてくれないばかりか彼女をうざったがるだけなのに。 本当、自分を大切にしてくれる男を見つけて幸せになれば?と言いたい。 あんな美貌だったら誰でも相手にしてくれるでしょーに。 陽子のせいでせっかく藤谷が隠そうとしていた臨月に近い彼女の存在が美雨に知られてしまい、美雨は藤谷にウソをつかれていたというショックと自分と一緒の時は子供が欲しくないと言っていたのと違うというショックでついついその彼女を見に行ってしまいます。 止めて、止めて、と荻ちん(岡本健一)や逸路先生に助けを求めながら…藤谷が昔、一番大切な女性にあげるんだと言っていた真珠のネックレスをその妊婦な彼女がしているのを見たらプチッ、とキレテしまい…手が伸びてしまったところ、逸路に止められます。 (あれは線路に突き飛ばしたいというよりはネックレスを奪い返したい、って感じでしょうか?)ちなみに荻ちんは美雨にとって初めての男性だったらしい…。 じゃ、どーゆー関係?とにかく陽子をどーにかしてくれー。 気持ちがわからない訳じゃないけど。 美雨(薬師丸ひろ子)が壊れるようになってしまったのは、一番最初の男の荻原(岡本健一)が彼女を愛してなかったのに抱いてしまったから…らしい。 うわー、男を知らない人生をおくってると、こういうことになるのねー。 やっぱり若い若いうちにいっぱい恋とかしておかなくちゃ。 しかも、逸路(鹿賀丈史)とすれ違いになっちゃって、美雨はしつこく彼を追います。 その間、陽子(櫻井敦子)はクビになっちゃって。 ざまーみろ。 でもそれで引き下がる彼女じゃありません。 美雨と一緒に海外に行こう、という話になって、やっと仲直り?できた二人を成田で待っていたのは…逸路の正妻(とゆーか、戸籍上の妻)ののばらだった。 うわー。 美雨の航空券、破り捨ててしまったよー。 果たして逸路はそののばらを越えてまで美雨を愛することができるのだろうか。 バリに行けなくなった美雨(薬師丸ひろ子)。 のばら(宮本裕子)に連れ戻されたところ、待っていたのは保護観察司。 あと半月の執行猶予。 美雨は逸路(鹿賀丈史)のことをこれ以上好きになると危なくなると感じて、荻原(岡本健一)にも自分を止めるように頼む。 しかし、かの逸路は美雨に会いたいがため、早く帰国。 でも荻原に注意されて美雨に会わない逸路。 とりあえず数日は我慢できるものの…偶然逸路に会ってしまった彼女は、自分の誕生日だということで逸路に別荘に連れて行かれて祝ってもらう…。 しかし、この日は逸路の母親の命日。 そして逸路がのばらにプロポーズした日。 毎年一緒に祝っていたのばら、逸路がいないことで美雨に自殺めいたメッセージを。 さて、どうなる…。 とゆーよりさぁ、怖いよ>壊れかけの美雨。 あの爪を噛む仕草を見るとゾォーっ、とします。 怖いよー、怖いよー。 結局のばら(宮本裕子)の自殺は狂言に過ぎず、慌てて帰っておまけにベランダのガラスドアまで割った美雨(薬師丸ひろ子)は呆気にとられるだけ。 すぐ後に着いた逸路(鹿賀丈史)ものばらには手を焼いていたところ、そこに1本の電話が。 それは逸路の前妻との娘、奈々(野波麻帆)からだった。 ニューヨークから帰ってきて、逸路と会いたいというのだ。 喜ぶ逸路、しかし許せないのばら。 のばらは意を決して家を出て行き、離婚も。 どうしても美雨が許せないと言う彼女に陽子(櫻井敦子)は、彼女の執行猶予が1週間残ってると教える。 のばらは美雨を、家を出る時に犬のことでもめた時にできた傷のことで告訴することに。 また、自殺騒ぎを起こした時にベランダのドアを壊して入ってきたのを器物損壊と不法侵入で訴えた。 小さい時以来奈々と会ってなかった逸路は仕事を放り出して奈々と買い物デート。 でも奈々の本当の来日の理由は好きな男を追っかけるためだった。 逸路とのばらの離婚が成立したとしてお祝いをするはずだった日、その日に奈々はその男に振られ、逸路は電話にも出ずに慰める。 電話は、警察が玄関まで来ていて怯えてる美雨からだったのに…。 お祝いに来た荻ちん(岡本健一)にとりあえず「私はやってない!」と言い残して美雨は警察に。 取り調べを受けても一応「任意」なんで(どこが任意なんですかぁ、あのドアの叩き方、あの連行の仕方、あの質問の仕方。 あんなのは任意じゃないじゃん、強制やる範囲を広げるのはいいけど、その代わり任意は任意にしなくちゃねー)帰らせてもらうんですが…彼女は奈々を構う逸路の目に自分が映ってなかったと感じ、またふらふら〜と歩いて今度は荻ちんが出かけるのを見てそれを追って行ったら藤谷(寺脇康文)の結婚式で、相変わらず彼は彼女にびびるんですけど、彼女は心から「おめでとう」とお祝いの言葉をかけるだけ。 そして、逸路と荻原に説得された陽子(荻ちんはそろそろ美雨が幸せになってもいいんじゃないか、云々と陽子に説教)はのばらに逆襲し、のばらはあっさりと告訴を取り下げることにし、それをふらふらと歩いていた美雨に逸路が報告して、奈々と三人で山中湖の別荘へお祝いしに行くんですが、実は奈々の彼氏がそこのホテルに泊まっているから奈々は来ただけで、でもその彼氏は別の女と来ていて、奈々が壊れて行くのを感じた美雨は、逸路が仕事を思い出して東京に帰ってしまったので一人で奈々をトイレに閉じこめて奈々が犯罪者になるのを防ぐ。 でも美雨の執行猶予はまだ終わってなかったのよねー。 奈々が警察を呼んで美雨は逮捕されちゃいました。 執行猶予の最後の日。 んで、美雨は服役するんですけど、その時、荻ちん宛に書いた手紙が逸路の手に渡って、美雨の愛の大きさを知った彼は…美雨が出所した時に迎えに来る。 …というストーリーでしたが。 あのー。 最後の方、訳わからなくなっちゃいました。 奈々を監禁する辺りから。 あれは奈々のためにやったの?それとも自分のため?奈々はあれでスティーヴのことは諦めることになったの?んで、結局美雨は幸せなの?それとも不幸?仕方なく逸路と一緒にいるの?どうなの?な〜んだか釈然としなかった最終回……。 うーん。 私には難しすぎ??(それよりドラマがはしょり過ぎたような……。 )とりあえず優しい荻ちんを毎週見ることができただけ、幸せです、はい。 健ちゃん、大好き。 そして美雨、怖すぎ。 最後は正気なのか狂っていたのか、本当にわからないぐらい危ない目。 トホホ…。

次の

【女性向け】海外恋愛ドラマおすすめランキングTOP35【2020最新版】

恋愛 中毒 ドラマ

ときめき不足な乾きがちな心が瞬時に潤う! 『愛の不時着』は、パラグライダー事故で北朝鮮に不時着した財閥の娘、ユン・セリ(ソン・イェジン)と、北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)の恋物語を中心に進んでいきます。 「ここからどんな風に恋愛がはじまるの?」という出会い方をする2人ですが、見始めるとドキドキ、ハラハラ、ウットリ(主に、ヒョンビンにに)……の連続。 1話見始めたら最後。 「とにかく見たい! 続きが見たい!」スマホの画面を見つめながら、声を出して笑ったり泣いたりと大忙しのドラマです。 筆者的『愛の不時着』の最大の魅力は、なんといっても「大人のピュアな恋愛」。 話が進んでいく中で見えてくる2人の運命的な部分だけではなく、寡黙なリ・ジョンヒョクがユン・セリに対してどんどん愛情を溢れさせていくシーンを見るたびに、「私も~! 私もこんな風に愛されたぁぁぁぁい!」と叫びだしたくなるほど。 筆者は後半6話をほぼ泣きながら視聴したのですが、リ・ジョンヒョクのあまりの愛の深さに「心臓が止まるかもしれない」と感じるシーンもいくつかありました。 日本のドラマでここまでズキューン! と来ることがないので、 ときめき不足の方にはおすすめです。 見るだけで女性ホルモンが活性化してる気がします。 Netflix オリジナルシリーズ『愛の不時着』(全16話) パラグライダー事故で北朝鮮に不時着した財閥の娘でファッションブランドを経営するユン・セリと彼女を匿い愛してしまう北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク。 堅物の将校の家で、素性を隠して暮らすことになるが... 果たして絶対極秘の2 人の愛の行方は?偶然の出会いが、知らなかった世界の扉を開く。 韓流人気俳優のヒョンビン(「アルハンブラ宮殿の思い出」「シークレット・ガーデン」)とソン・イェジン(「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」「私の頭の中の消しゴム」の)の再共演ほか、他のキャストのコミカルなキャラクターも話題となった。 脚本家は「青い海の伝説」「星からきたあなた」のパク・ジウン。 Netflix オリジナルシリーズ『愛の不時着』は。 韓国ドラマデビューの人にこそおすすめ! 韓国ドラマデビューだった筆者には、1話80分以上ある韓国ドラマを16話全て見終えることができるのかという気持ちがありました。 でも、1話を見終えた時点でそれは無駄な心配だったと悟ります。 最後まで一瞬も退屈する時間がないのは、主人公の2人だけではなく、リ・ジョンヒョク率いる5中隊の部下4人や、社宅村の奥様たち、リ・ジョンヒョクの婚約者として登場するソ・ダン(ソ・ジヘ)や、実業家のク・スンジュン(キム・ジョンヒョン)と言った、脇を固める登場人物たちのキャラクターがどれも素晴らしいから。 「愛の不時着」16話を見終えた筆者は、すっかり沼にハマってしまった。 まさか、自分が韓国ドラマの沼にハマるとは……。 「これが世に言う「愛の不時着ロス」!」と衝撃を覚えつつ、1話からお気に入りのシーンを見返したり、関連記事をかたっぱしから読みまくったり、YouTubeでメーキングを漁り見る日々。 寝ても覚めても、ヒョンビン演じる軍人リ・ジョンヒョクと、ソン・イェジン演じる韓国の財閥令嬢ユン・セリが頭の中で微笑みかけてくるのです。 シングルマザーの新たな恋とサスペンスでドキドキが倍増! 「愛の不時着」をきっかけに韓国ドラマデビューを果たした人たちにおすすめしたい作品がNetflix オリジナルシリーズ『椿の花咲く頃 』(全20話)。 『椿の花咲く頃 』は、6月5日に開催された韓国のゴールデン・グローブ賞と言われる「第56回 百想芸術大賞」では、【テレビドラマ部門大賞】、ファン・ヨンシク役のカン・ハヌルが【男性最優秀演技賞】、ノ・ギュテ役オ・ジョンセが【男性助演賞】を受賞するほど、高い評価を得た作品なのです。 女手ひとつで息子を育てるドンベクに突然訪れた、新たな恋の予感と連続殺人犯の影。 シングルマザーへの偏見と差別に負けることなく、幸せをつかむことはできるのか。 「あなたは強くて、立派で、愛される価値がある」。 目の前に現れた男ヨンシクが繰り返すまっすぐな言葉はやがて、頑なな彼女の心を少しずつ溶かしていく。 涙あり笑いありのロマンチックでハートウォーミングなドラマ。

次の