ルカリオ 色 違い。 【ポケモン剣盾】ルカリオの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ルカリオ

ルカリオ 色 違い

244 なし ルカリオの詳細評価 優秀な複合タイプ ルカリオはかくとうタイプだけでなく、はがねタイプを複合タイプとして持つポケモン。 そのため他のかくとうタイプと違い耐性が多く、特に他かくとうタイプが弱点を突かれてしまうフェアリー技やエスパー技で弱点を突かれないのが特徴なポケモン。 グロウパンチを覚える ルカリオはかくとう技であるグロウパンチを覚える。 グロウパンチは、対戦時に使用することで自分の攻撃力を必ず1段階上げることができる技。 連続して使用することで対戦を有利にすることも可能な技となっている。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 132 2. 03 65 - 100 1. 82 55 - 120 2. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし ルカリオの進化系統.

次の

ルカリオ (るかりお)とは【ピクシブ百科事典】

ルカリオ 色 違い

ルカリオ はどうポケモン ガラルNo. 299 ぜんこくNo. 448 高さ 1. 2m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Lucario タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 相手の技で『ひるみ』状態にならない。 なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分の技も対象となる。 最後の技がダイマックス技の場合、元となった技が使われる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 『ダイウォール』は解除はできないが、貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 連続で使うと失敗しやすくなる。 第8世代からは、音系の技。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 3倍の効果もさらに加わる。 『グラスフィールド』の時は『くさ』タイプ、『ミストフィールド』の時は『フェアリー』タイプ、『エレキフィールド』の時は『でんき』タイプ、『サイコフィールド』の時は『エスパー』タイプの技となる。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 [Lv. 19 BW2 ,Lv. 5倍にする。 後攻になった場合や、相手の技が変化技や第7世代のZワザの場合は失敗する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。

次の

【ポケモンサンムーン】最強ルカリオ(リオル)の育成論・入手・進化・厳選・対策方法まとめ│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ルカリオ 色 違い

覚えるタイプの技は幅広く、相手をしたいタイプに合わせて技を選ぶ事ができます。 被ダメージの2倍のダメージを返すため、ほとんどのポケモンを倒すことができる。 タスキで確実に耐えつつ攻撃を上げられる。 高い素早さのおかげで能力上昇後も動きやすい。 炎タイプや飛行タイプに対する岩技。 ダイマックス時に起こす砂嵐でダメージを受けないため、タイミング問わず使いやすい。 覚える技のタイプは少ないものの、自身のタイプと同じ技は威力が高いものを覚えることができるため、アタッカーとして十分戦うことができます。 きあいのタスキのおかげで安定して放ちやすい。 物理アタッカーに対して放てる技。 被ダメージの2倍のダメージを返すため、ほとんどのポケモンを倒すことができる。 あくのはどうよりも使うタイミングは少ないが、ダイサイコで展開できるサイコフィールドが素早さの高いタスキ持ちのルカリオと相性は悪くないため選択肢として。 高火力の特殊鋼技。 使用後にHPの半分を失うため、使うタイミングに注意が必要。 ルカリオの役割と立ち回り 攻撃と特攻がどちらも高いアタッカー 「ルカリオ」は攻撃と特攻のどちらも高い高速アタッカーのポケモンです。 物理アタッカーにした場合でも特殊アタッカーにした場合でも、それぞれに対応した先制技を覚えたり、威力が高い自身と同じタイプの技を覚えることができたりできるため、非常に使いやすいポケモンです。 耐久は低めのため注意 「ルカリオ」は、鋼タイプを持つ事によって半減で受けることができるタイプは多いものの、種族値として防御や特防はそれほど高くないため、耐久力はそれほどありません。 ルカリオの対策 有利なタイプのポケモンで戦う 「ルカリオ」は耐久はそれほど高くないため、弱点のタイプで攻撃することで一気に倒すことができます。 ルカリオの技を安定して受ける事ができるポケモンであれば、倒すのに苦戦することは少ないです。 ルカリオは物理アタッカーとして育てられていることが多いため、物理受けとして育てているポケモンだと対応しやすい場合が多いです。

次の