とうもろこし レンジ で 何 分。 トウモロコシを電子レンジで調理!チンする時間は何分?

とうもろこしをレンジで!2本や3本別の分数、皮なし皮ごとの美味しい作り方!

とうもろこし レンジ で 何 分

とうもろこしは、穀類なので栄養成分の中で炭水化物の割合が大きいです。 とうもろこしを粉にして主食としている食文化が多いのは、ある程度乾燥しやすい地域でも育つことやエネルギー源の栄養である炭水化物が多いことで、人間が生きていく上で必須の炭水化物を摂り入れることができるという面もあります。 白米の栄養成分と比較すると、ご飯100gには40g近い炭水化物が含まれていますが、 とうもろこしの炭水化物はおよそ25gになります。 炭水化物はエネルギー源として必要な栄養価ですが、ダイエットをしている人には、 カロリー過多になる栄養を抑えつつ、ビタミンやミネラル、食物繊維も摂れるので栄養バランスからみてもとうもろこしはおすすめです。 とうもろこしは、 カルシウム、マグネシウムといった骨の成型に必須の栄養価も含んでいます。 マグネシウムはとうもろこしといった穀類や海藻類、ナッツや豆類に多く含まれる栄養素で、かつては日本人も良くとれていた栄養素ですが、現代人は摂取量が減っているといわれています。 マグネシウムは便を柔らかくするという効能もあるので、 便秘気味な人にはエネルギー源としてとうもろこしを食べることで、ビタミン類と合わせてマグネシウムも摂取でき、快便が期待できます。 マグネシウムの栄養の期待したいからといって、とうもろこしで食べ過ぎになることはありません。 気をつけたいのはサプリメントなどの 栄養補助食品でマグネシウムだけを取り過ぎると、下痢になることもあるので、とうもろこしなど食品から栄養を摂るのがおすすめです。 とうもろこしの 栄養を逃さない調理法としておすすめなのが「蒸す」という方法です。 茹でるレシピでは、たっぷりのお湯を沸かし、とうもろこしを入れるのでビタミンなどの栄養が流れ出てしまう可能性がありますが、蒸す調理法は蒸気によってやわらかくするので、ビタミンなどが流れ出ることを抑えられます。 どうもろこしの基本の蒸しレシピは、とうもろこしの外皮とひげをとりのぞき、蒸し器にたっぷりの湯を沸かし、 蒸気が上がったろころでとうもろこしを2~3本セットして8~10分ほど蒸気が上がっている状態を保つ中火くらいで蒸すだけです。 より栄養価を逃さないためのレシピとして、皮を1枚残した状態で蒸します。 蒸しあがったらすぐに、冷水に1分ふど漬けるととうもろこしの粒がシワシワになりにくくなります。 生のとうもろこしは、皮つきのものであれば 皮の上から新聞紙でくるみ、ビニール袋にいれて野菜室で立てた状態で保存するのがおすすめです。 こうすることで、ある程度の甘味と栄養をのがすことなく5日ほどは保存可能です。 ただ、美味しく食べるためには2~3日以内に調理するのがおすすめです。 皮をすでにむいた状態で売られているとうもろこしであれば、ラップでとうもろこし全体を包んで、冷蔵庫のドアポケットの部分などに 立てて保存するのがおすすめです。 こうすることで2~3日は食べられる美味しさを保つことができます。 立てて保存するのは、とうもろこしは畑で育つときに立つように実り、横に倒れると自ら起き上がろうとして自らの糖分を栄養として使ってしまいます。 冷蔵庫の中でも立てて保存することで、とうもろこしにふくまれる美味しさの素である糖分の消費を抑えることができます。 蒸したり茹でたりしたとうもろこしは、 加熱直後にぴったりとラップで包み、粗熱がとれたら冷蔵庫で保存します。 こうすることで、とうもろこし表面の旨味や栄養を閉じ込めることができ、実の粒にシワがよることを防ぐことができます。 冷蔵庫内で保存して2~3日ほどは美味しさを残した保存が可能です。 生のままの場合とは違い、すでに加熱しているので、 横に寝かせた状態での保存で構いません。 また食べる直前に表面をすこし炙って塩や醤油を加えると簡単なおつまみにもなります。 加熱後のとうもろこしを冷凍する場合は、 冷蔵で保存する場合と同様に加熱してすぐにラップで包み、粗熱がとれてから適当な大きさに切ってラップで包みなおすか、冷凍用の保存バッグにいれて冷凍します。 手間ではありますが、粗熱がとれたらラップを外して、 実を軸からすべて外してしまい、小分けしてラップで包みなおして冷凍用の保存バッグにいれて冷凍するのがおすすめです。 こうしておくと、料理にも使いやすく、冷蔵庫で自然解凍させた後は、そのまま食べることもできます。 加熱後のとうもろこしを冷凍する場合は、なるべく空気をぬいてラップで包むか、保存バッグの空気を抜くようにして冷凍してください。 とうもろこしに霜がつきにくくなり、解凍した時にも水っぽくならずに美味しく食べることができます。 生のまま冷凍したとうもろこしも、解凍せずにそのまま使えるレシピです。 とうもろこしにはタンパク質が不足していますが、卵を合わせることでその栄養を補うことができ、栄養価の高いスープになります。 加えて、卵に含まれる必須アミノ酸が老化予防や生活習慣病予防にもつながり、とうもろこしのビタミンEなどと合わせて相乗効果を生みます。 また卵に含まれるコリンという栄養成分は、神経伝達物質にもなり、記憶力や学習能力を高める効能があります。 とうもろこしだけを食べるよりも、卵とスープにしたりオムレツにしたりすることで、トータルの栄養バランスが高まり、 学習期の子どもにも、認知症予防のための年配の方にもおすすめなメニューになります。 とうもろこしと同じ暑い季節に旬を迎えるオクラを使い、 疲労回復やエネルギーチャージにおすすめの栄養補給ができるレシピです。 とうもろこしは、生のまま実を外して冷凍保存したものであれば、オクラを茹でる前にとうもろこしをいれて1分ほどしたところでオクラも加ええて茹でてしまうと、時短料理になります。 オクラも栄養豊富な野菜で、ネバネバする特徴があります。 このネバネバは 水溶性の食物繊維によるもので、短時間茹でることで、食物繊維を逃さずたっぷりと粘りを味わえるレシピになります。 とうもろこしの 食物繊維とは種類が違い、腸内をゆっくりと移動するので腹持ちもよくなり、かつ食物繊維をたっぷりと摂れ栄養バランのよい副菜です。 両方を食べられることでさらに血色がよくなる効能も期待できます。 ここに ツナ、マヨネーズのタンパク質、すりごまのビタミンEも加わり、栄養価の高いメニューレシピです。

次の

とうもろこしの栄養価がすごい!ビタミンも!栄養を逃さない調理法と保存方法

とうもろこし レンジ で 何 分

とうもろこしは、普通サイズなら500Wの電子レンジで2分、裏返して2分、 大きめサイズなら、最初3分、裏返して2分でOK! 超簡単です。 とうもろこし、ラップは不要 とうもろこしの皮があれば、ラップは要りません。 とうもろこしを買ってくるとき、ゴミになるから皮を全部捨ててしまうという方もいるでしょうが、しっかりと実を覆う程度の皮を残して持って帰りましょう。 とうもろこしの皮で包んで蒸すので、とうもろこし本来の香りもギュッと閉じ込めて風味もアップします。 こんな風に、数枚の皮でぴっちり包まれた状態で、皮の上から良く洗います。 その濡れたままの状態で、耐熱のお皿に乗せ、ラップをかけずにレンジに入れ、加熱していきます。 ちなみに、電子レンジは少量のものを手早く加熱するのが得意なので、1本ずつ加熱すると失敗もなく上手にできます。 さて、今回はゴロンと大き目なので、500Wで3分加熱。 ちょっと皮がシナッとなりました。 今度は、お皿に接していた面が上になるように、くるりと回転させて、再び500Wで2分加熱します。 仕上がりは色と香りで判断 仕上がりは、色の変化と、漂う甘い香りでわかります。 これが最初の3分加熱後の写真。 まだ生っぽいような、薄い黄色ですね。 小ぶりのものなら時間を短めにしてみましょう。 たいだい合計5分程度の加熱が終わったら、レンジから取り出し、色をチェックしてみてOkなら、皮がついた、そのままの状態で冷まします。 1度、ひっくり返すだけ、2~3本なら楽々、レンジで茹でるととっても楽です。 ただし、5本以上にもなれば、大きな鍋で茹でるのが簡単で早いかも。 かな~り大きな鍋でないと入りませんけど。 茹であがったとうもろこしは、皮がついたままポリ袋などに入れて保管すれば、翌日まで美味しく頂けます。 ただ、出来立てが一番美味しいので、なるべく早めに食べるのがおすすめです。 とうもろこしがシワシワにならない方法ってあるの? とうもろこしが茹であがったらシワシワだった、なんてことありますよね。 これって見た目も悪いし、食感も悪くなってせっかくのとうもろこしが台無しです。 加熱しすぎるのもこのシワシワの原因のひとつ。 また、冷ます段階で、水分が蒸発してしまうのも、シワシワの原因になります。 レンジから取り出して冷ますときに、必ず皮を付けたままで、というのは、このシワシワを防ぐためでもあるのです。 皮がついたままレンジに入れて、その皮付きの状態で冷ますことで、とうもろこしの水分が蒸発せずにふっくらとなります。 とうもろこしの皮は少々多い分には問題ないので、なるべくしっかりと実を包んだままの状態でレンジにかけて、できるだけ皮に包まれた状態をキープしましょう。 あまりに皮の枚数が少ないと、加熱したときに、ヨレッとなって、実が露出してしまいます。 新鮮なものは、皮もしっかりと実にはりついていて、はがれにくいものです。 電子レンジでのとうもろこしの調理、 途中上下を返したりと、ほんのちょっとだけ手間はかかりますが、水にさらすこともないため、水っぽくならず、甘味が強く、とっても風味豊かなおいしいとうもろこしが食べられますよ^^ これからどんどんおいしいとうもろこしが出回る時期ですので、よかったら試してみてくださいね~^^.

次の

おうちで簡単!シャキシャキっと歯応えのあるとうもろこしの茹で方 | ガジェット通信 GetNews

とうもろこし レンジ で 何 分

とうもろこしは、穀類なので栄養成分の中で炭水化物の割合が大きいです。 とうもろこしを粉にして主食としている食文化が多いのは、ある程度乾燥しやすい地域でも育つことやエネルギー源の栄養である炭水化物が多いことで、人間が生きていく上で必須の炭水化物を摂り入れることができるという面もあります。 白米の栄養成分と比較すると、ご飯100gには40g近い炭水化物が含まれていますが、 とうもろこしの炭水化物はおよそ25gになります。 炭水化物はエネルギー源として必要な栄養価ですが、ダイエットをしている人には、 カロリー過多になる栄養を抑えつつ、ビタミンやミネラル、食物繊維も摂れるので栄養バランスからみてもとうもろこしはおすすめです。 とうもろこしは、 カルシウム、マグネシウムといった骨の成型に必須の栄養価も含んでいます。 マグネシウムはとうもろこしといった穀類や海藻類、ナッツや豆類に多く含まれる栄養素で、かつては日本人も良くとれていた栄養素ですが、現代人は摂取量が減っているといわれています。 マグネシウムは便を柔らかくするという効能もあるので、 便秘気味な人にはエネルギー源としてとうもろこしを食べることで、ビタミン類と合わせてマグネシウムも摂取でき、快便が期待できます。 マグネシウムの栄養の期待したいからといって、とうもろこしで食べ過ぎになることはありません。 気をつけたいのはサプリメントなどの 栄養補助食品でマグネシウムだけを取り過ぎると、下痢になることもあるので、とうもろこしなど食品から栄養を摂るのがおすすめです。 とうもろこしの 栄養を逃さない調理法としておすすめなのが「蒸す」という方法です。 茹でるレシピでは、たっぷりのお湯を沸かし、とうもろこしを入れるのでビタミンなどの栄養が流れ出てしまう可能性がありますが、蒸す調理法は蒸気によってやわらかくするので、ビタミンなどが流れ出ることを抑えられます。 どうもろこしの基本の蒸しレシピは、とうもろこしの外皮とひげをとりのぞき、蒸し器にたっぷりの湯を沸かし、 蒸気が上がったろころでとうもろこしを2~3本セットして8~10分ほど蒸気が上がっている状態を保つ中火くらいで蒸すだけです。 より栄養価を逃さないためのレシピとして、皮を1枚残した状態で蒸します。 蒸しあがったらすぐに、冷水に1分ふど漬けるととうもろこしの粒がシワシワになりにくくなります。 生のとうもろこしは、皮つきのものであれば 皮の上から新聞紙でくるみ、ビニール袋にいれて野菜室で立てた状態で保存するのがおすすめです。 こうすることで、ある程度の甘味と栄養をのがすことなく5日ほどは保存可能です。 ただ、美味しく食べるためには2~3日以内に調理するのがおすすめです。 皮をすでにむいた状態で売られているとうもろこしであれば、ラップでとうもろこし全体を包んで、冷蔵庫のドアポケットの部分などに 立てて保存するのがおすすめです。 こうすることで2~3日は食べられる美味しさを保つことができます。 立てて保存するのは、とうもろこしは畑で育つときに立つように実り、横に倒れると自ら起き上がろうとして自らの糖分を栄養として使ってしまいます。 冷蔵庫の中でも立てて保存することで、とうもろこしにふくまれる美味しさの素である糖分の消費を抑えることができます。 蒸したり茹でたりしたとうもろこしは、 加熱直後にぴったりとラップで包み、粗熱がとれたら冷蔵庫で保存します。 こうすることで、とうもろこし表面の旨味や栄養を閉じ込めることができ、実の粒にシワがよることを防ぐことができます。 冷蔵庫内で保存して2~3日ほどは美味しさを残した保存が可能です。 生のままの場合とは違い、すでに加熱しているので、 横に寝かせた状態での保存で構いません。 また食べる直前に表面をすこし炙って塩や醤油を加えると簡単なおつまみにもなります。 加熱後のとうもろこしを冷凍する場合は、 冷蔵で保存する場合と同様に加熱してすぐにラップで包み、粗熱がとれてから適当な大きさに切ってラップで包みなおすか、冷凍用の保存バッグにいれて冷凍します。 手間ではありますが、粗熱がとれたらラップを外して、 実を軸からすべて外してしまい、小分けしてラップで包みなおして冷凍用の保存バッグにいれて冷凍するのがおすすめです。 こうしておくと、料理にも使いやすく、冷蔵庫で自然解凍させた後は、そのまま食べることもできます。 加熱後のとうもろこしを冷凍する場合は、なるべく空気をぬいてラップで包むか、保存バッグの空気を抜くようにして冷凍してください。 とうもろこしに霜がつきにくくなり、解凍した時にも水っぽくならずに美味しく食べることができます。 生のまま冷凍したとうもろこしも、解凍せずにそのまま使えるレシピです。 とうもろこしにはタンパク質が不足していますが、卵を合わせることでその栄養を補うことができ、栄養価の高いスープになります。 加えて、卵に含まれる必須アミノ酸が老化予防や生活習慣病予防にもつながり、とうもろこしのビタミンEなどと合わせて相乗効果を生みます。 また卵に含まれるコリンという栄養成分は、神経伝達物質にもなり、記憶力や学習能力を高める効能があります。 とうもろこしだけを食べるよりも、卵とスープにしたりオムレツにしたりすることで、トータルの栄養バランスが高まり、 学習期の子どもにも、認知症予防のための年配の方にもおすすめなメニューになります。 とうもろこしと同じ暑い季節に旬を迎えるオクラを使い、 疲労回復やエネルギーチャージにおすすめの栄養補給ができるレシピです。 とうもろこしは、生のまま実を外して冷凍保存したものであれば、オクラを茹でる前にとうもろこしをいれて1分ほどしたところでオクラも加ええて茹でてしまうと、時短料理になります。 オクラも栄養豊富な野菜で、ネバネバする特徴があります。 このネバネバは 水溶性の食物繊維によるもので、短時間茹でることで、食物繊維を逃さずたっぷりと粘りを味わえるレシピになります。 とうもろこしの 食物繊維とは種類が違い、腸内をゆっくりと移動するので腹持ちもよくなり、かつ食物繊維をたっぷりと摂れ栄養バランのよい副菜です。 両方を食べられることでさらに血色がよくなる効能も期待できます。 ここに ツナ、マヨネーズのタンパク質、すりごまのビタミンEも加わり、栄養価の高いメニューレシピです。

次の